ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:花を仕事にするということ ( 401 ) タグの人気記事
新郎新婦様からのメール ジャスミン 宝 シェ松尾松濤レストラン様の装花
a0042928_20272864.jpg


忘れられない、結婚式の装花という日もあります。
すべての日がある意味そうなのですけれど、
同じような話題が出ると
最初に、あああのとき、あの日、ああだったな、
こうだったな、このとき新婦様がこう言って
新郎様はこうかえしたな、とその日の空気まで
いちどきにたちかえってくるような。




a0042928_20274440.jpg


このブログで、以前アンケートをつのったところ、
「花嫁さんを褒めすぎではないか、
後に続くもののやりにくさを察していただきたいものだ」
というご意見が散見されたので、
そうか、とそこではじめて得心しまして
ついつい書きたくなるのを自制しまして
あんまり、ほめすぎないようにしていたのですが、
でもこの花嫁さまは、本当にキュートだったのです。


a0042928_20284271.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当日は本当にありがとうございました。
岩橋さんには私が支度中だったせいで、
一言しかご挨拶出来なくてとっても残念でした。
夫はお仕事中の岩橋さんにご挨拶出来たようなんですが、
実は私も岩橋さんと装花を見ながら
ワーワー喋りたい気持ちの高ぶりを抑えながら
支度をしてました。

私の支度中に、暇な夫はレストラン内の花を
デジカメで撮りまくってた様です。
カメラマンさんにも『お花撮って下さい!!』と
お願いしてあったので、夫とカメラマンさんの
撮ってくれた装花の写真が沢山です!
弟からもらった写真にも、沢山の花と、
緑の多いこのレストランの写真が
ホントに沢山入っていて、
花と緑の印象の強いアルバムになってるんですよ。

ジャスミンの花を見たの初めてでした。
『へぇ~、コレがジャスミンの花なんだぁ~!』と
家族で言ってました。

そこで、忙しい岩橋さんに申し訳ないのですが、
お願いがあります。
出来たら、装花で使用したお花の名前を教えていただきたいです。
急ぎのことではないので、
岩橋さんの気の向いた時にお願いします。
写真見せると花の名前を聞かれることが多くて、
『たぶん…バラだと思う…?』
みたいな変事しか私も出来てないので。

夫と私の両親へのプレゼントの花束なんですが、
好きな色合いでの花束だったらしく、
とっても喜んでました。
家で活けたら予想以上にひらき、
一輪一輪の大きさに驚いてました。

二次会後に装花の花をゲストに
お持ち帰りしてもらったので、
私の手元に残ったのはブーケとウェルカムボードの装花
だけだったのが少し淋しかったのですが、
ゲストの一人がアイビーを増やしていてくれてました。
まだ受け取っていないのですが、
『植え替えて可愛くして
プレゼントしてあげるね』と言ってました。
『増やす』とかいうことに思いもつかなかった私には驚きで、
一会さんのものがっ!!、
結婚式の思い出がぁっ!!、
こんな形で残せることに凄く嬉しくて、
凄く素敵でテンション上がっているところです。

夫も、ブーケや装花の様子を見てとっても満足し、
夫が選択した色合いのセンスの良さ!?に調子づき…、
一会さんに感謝してました。ホントに感謝してました。
私ももちろん、感謝もですが、感激!超感激!でした。

式用の花を素敵にブーケにして下さった、
アシスタントの方にもよろしくお伝えください。
二次会の支度に取り掛かってたので、
アシスタントの方にも、ろくなご挨拶も出来ず、申し訳ないです。

一会さんに出会えて良かったです。
ホントに涙が出るほど幸せです。
ありがとうございました。

皆様、お身体に気をつけてお仕事頑張って下さい。
沢山の人を幸せにして下さい。応援してます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そう、このときの新郎様と新婦様です。

髪を縦ロールにしたいな、という新婦様に
「おめ、そりゃキャバ嬢だろ?!」と突っ込む
ご新郎様の容赦なさ加減に
本来フォローすべき立場でいながら
うまい言葉を思いつけず、
ひたすらうけてしまった記憶ばかりです。


a0042928_20291341.jpg


愛くるしい新婦様と、
シビアだけどとてもあたたかなご新郎様との
その日の会話と、当日のお二人を、
これからもきっと、何度も思い出します。
自分には、それも宝ものみたいです。

結婚式の仕事は、たいていいつも一度限りです。
リピートはない。
きっと、もうお会いできることはないけれど、しかし、
お二人のご多幸を心からお祈り申し上げております。


ではみなさま今日もお疲れ様でした。

一会
by ichiecd | 2009-09-01 20:58 | 会場装花 | Comments(0)
砂漠の水 オアシス社様のカタログと一会クリスマスレッスン2009
a0042928_20305052.jpg


一会はブライダルの花をメインにしている
地味なアトリエなのですけれども、
ときどき、こういう撮影のお仕事もあります。

この時の写真が数ヵ月後・・・

a0042928_20311832.jpg


こんなふうに。

オアシス社さんのカタログの撮影でした。

ウォークマンとかホッチキスがそうであるように、
花を挿す「吸水性スポンジ」の
代名詞のようになっているオアシス、
そのカタログのお仕事をさせていただいて、

a0042928_2275769.jpg

ギャランティ(対価)をいただいて、
クレジット(名前)まで載せていただいて、

わーい。

と、両手をあげて思いきり喜んでいるあたり、
小者っぷり満載です。


ここはクールに、
 ああ、ありがとうございます、
とか
 はい、恐れ入ります、
とか
さらり、と流せばよいものを。


でも実はちょうどこのころ、久方ぶりに
「やっぱり一会さんは高いんで、
他の花屋さんにします」
というキャンセルがあり、それで
ちょっとばかし、へこんでいたのでした。


今でもやっぱり、そういうこともあります。
それは、確かに激安ではないですけど・・・
スーパーのお寿司は1パック598円でも
回転寿司だったらその何倍かするし、
カウンターで食べたら10倍以上はするだろうし
同じアナゴでも同じ玉子でも
同じではない。
安い材料を買ってきて安く作ればいいじゃないと
いうのも一案ではありますけれども、
使っている水が違う、焼き方が違う。
たかだかが、花ひとつ。
でも自分にできることは手を尽くしたい、
たった数時間のために咲く花だからこそ、
そのためにできることがあれば、全部したい。
かける気持ちは違う。





アンケートで、何人もの新婦様が
「けして高くはないですよ!」と
励ましてくださる言葉を
かみしめております。



花、という好きなことが日常の仕事になって、
花を売ることで食べていく糧を得て、
さらに花そのものではなく、
デザインを売る、ということもできるようになった、
ちゃんと、仕事として、
対価をいただけるようになったんだー。
それは私には、やっぱりしみじみ、嬉しいことです。


a0042928_2032632.jpg


これはカラーワイヤーで作ったクリスマスリース。
自由という意味で、実に適当に曲げられるので、
自分のような粗忽者にはとても向いています。




a0042928_2032203.jpg


その試作品。もうちょっと色が派手なほうが
写真映えするかも、と、こっちはボツにしましたが
作る作業もなかなか楽しく、
今年の一会クリスマスレッスンのひとつは
これにしようかと。

もうクリスマス?などとのけぞってしまいますが、
ギョーカイとはそういうものでございます。


a0042928_20325573.jpg


カラフルなオアシスで
ウェルカムボードをつくったのは、
ゴールデンウィークまっただなかのことでした。


a0042928_20313357.jpg


大変お世話になりましたM様にも
この場よりお礼を。

本当に、ありがとうございました。



a0042928_21478100.jpg


おまけの写真、バラのジェリービーンズ。
かわいかったので。

では皆様今日もお疲れ様でした!
by ichiecd | 2009-07-10 21:47 | carpe diem | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 名古屋まで
a0042928_2341833.jpg



この春に、名古屋までブーケをお届けしたお二人から
文字入りで、お写真をいただきました。
(写真をクリックすると拡大されます。)

a0042928_23422490.jpg


小物やアクセサリは前もって宅急便で、
本番用の生花のブーケは、品川駅で御受渡しして
そのまま新幹線で名古屋まで。


a0042928_23425558.jpg
a0042928_23431573.jpg

a0042928_23393071.jpg


何がシアワセかといって、
作り手としてこれ以上の、幸いがあるでしょうか。


a0042928_23432529.jpg


いいえ、ありません。


プリザーブドのリストレットとヘアアクセサリで
お色直しをしてくださって、
そのお写真はまた明日に続きます。

では皆様、今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-06-30 23:56 | ブーケ | Comments(1)
シェ松尾松濤レストラン様の装花 レース
a0042928_21393038.jpg


5月になりました。
眩しい季節がきて、
ああ今年もまた初夏へ移っていくんだなあと
思います。

レースのドレスにあわせて
作ったブーケは、
レースフラワー、というその名も麗しい花を
最後にさしいれて仕上げました。

「彼女は、この花がかわいいって言ってました」
と新郎様が嬉しそうに言ってくださいます。



a0042928_2140571.jpg


エントランスから続く小道、
わずか十歩あまりの距離ですが
いつもスタッフの方が、時には、支配人自ら
ほうきを持ってくまなく清められる小道。

少しの時間の間にも葉が舞い落ちるのを
はいていらっしゃるので、
私がしますと申し上げたところ
もうすぐ写真撮影だからね、と
笑顔で答えられました。


a0042928_21401684.jpg

その小道には、バラの花びらを撒いて、しあげました。

 「彼女が、この花びらの散った感じがいいそうです」

にっこりほほ笑む新郎様も新婦様も
初夏の光の中、どんなにかわいらしくて素敵だったか、


a0042928_21395628.jpg


気づいたらカメラ小僧になっておりましたが、
この美しい日の背景のひとつに
自分の花がそこにあって、
お二人を飾っていられたことが、とても、
・・・うれしかったのでした。

ありがとうございました。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-05-10 21:53 | 会場装花 | Comments(0)
旅 
a0042928_13546100.jpg


冬苺と、姫やしゃぶし。

今日は携帯で撮った自分の稽古の写真です。

たとえば、
薄を生けるときに、
「どんなふうに薄が風になびくかを
実際に見たことがあるか?」と
問われたりします。




たとえば、水引という草花を
水に自らの手で生けようとするとき。
自然の中で実際に水引がどんなふうに揺れるか、
私はたぶん、人よりも少しは、
見てきた回数が多いはずです。

たったひとつの趣味が旅なので、
ある真昼の小道、角をまがって現れる薄暗い下葉に
灯のように光るその水引の赤を、
少なからず実際に見ている。

でもその景色を何度も見たことと、
それを水の上に自らの手で生けることは、
また別の話です。


実際に花が咲く様子を
見ていなくても生けられる人はたくさんいるだろうし
見たからといってちゃんと生けられるわけでは
けしてないのですが、
ただ、時々こういう景色を見て
それを取り込んでおかないと
自分の場合には
いつかは花を生けられなくなる気がします。

私にとって旅とは、景色を
自分の内側に蓄える作業です。

a0042928_136231.jpg


旅先で歩きはじめると、10分やそこらは
人に会わないこともざらにあります。
平日の午前ともなればなおさらのこと、

数日前に降ったらしい初雪が、音をたてて落ちるのに
本気で驚いては
道端の雪が、少しとけてきらきらする様を見ます。

その上に再び散る紅葉を見ます。



旬の花で、とリクエストされて
冬らしい花にしよう、というとき、
実際の冬の匂いを知らない人に
足元の枯れ葉をどう踏みしめたか、
いくら語っても伝わりません。
逆に、自分の生ける花に、
その葉裏に、自分が見てきた
「冬」を、こめられたら、どんなにいいことだろう。

と、思います。





というわけで、だから
経理担当のアシスタントMさんへ、
上の写真のときの草津への交通費を
経費につけてもいいですか?
・・・ダメですか。
ええと、そもそも、旅というのは(以下省略&繰り返し)


 枯蘆の中すでに枯蘆退路断つ 
             
                   橋本多佳子




数日前のしょうもないクイズの記事が
一部の方々にうけたようで、ではと
また懲りずにこの冬も
「季節労働者の岩橋はどこに旅に行くのか」クイズを
やろうと思います。
もうひとつやりたいクイズがあります
のでそれとあわせてまた後日。

では皆様今日もお疲れ様でした。

華妃さんへ、本当にありがとうございました。
おめでとうございました、
そんなに、よいしょしてくださって、
華妃さんが読んでくれるのだったら
それだけでもいいかと簡単に木に登ってます。

これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

では皆様今日もありがとうございました。
by ichiecd | 2008-12-10 23:19 | carpe diem | Comments(1)
ベッセラ・エレガンス つきじ治作様への装花
a0042928_1958737.jpg


東京築地にある、治作(じさく)という老舗の
料亭へ、お届けした装花。
(*2016年現在、装花のお持込はできなくなっていますので
ご了承くださいませ)

この日はこの秋一番の立て込み具合で、
早朝にセッティングに伺いました。
新婦様からいただいたコメントにもあるように
ご挨拶もできず、申し訳ありません。


このオレンジのベルのような不思議な花は
「ベッセラエレガンス」といいます。


a0042928_20333476.jpg
ゲストテーブルには、
おふたりがご家族総出で折ったという折鶴を
一緒に飾る予定にしていました。
a0042928_202546.jpg


その日、市場で見つけて、
なんだか折り鶴に似合いそうだと思って、
その場であるだけ仕入れました。

a0042928_2045168.jpg



「この花、なんて名前なんですか?」と
尋ねるアシスタントさん。
だからベッセラエレガンスだってば。

 「ベ・・・」
 「・・・ベッセ・・・」
 「ベッセラ?エレガンス?」
 「・・・なるほどー。」
 「ベッセラ。 エレガンス。」

まあ気持ちは分かるけど、皆で復唱すんな。


a0042928_20133382.jpg



昨日の記事に書いたことは、
本心ではありましたが、今日は撤回します。


「満足をもらえる仕事をすることが、同時に
一会という花屋の利益にもなること。
だから存続していけること。

赤字にはしないことは、当然の前提である。

提供する仕事に一定の満足をいただけることも、
すでに、前提である。


そのうえで、さらに自分自身が
ひとつの卓上装花にも
満足できること、
その製作を楽しいと思えること。
それが今、目指すべき到達点ではないのか」


それは、この数か月ずっと考え続けてきた
結論のひとつでした。


一会という名前で花の仕事をはじめてから
8年たってやっとここまでたどりついた、
という気さえしていました。

探して探してやっと自分なりに出した答え。


昨日、この治作の新婦様からコメントを
いただくまでは、疑いもなく本心だったと思います。

でも今はあっさり撤回。

そんな自分の紆余曲折は本当にどうでもよくて
お二人からの「ありがとう」の一言が
やっぱりこんなに嬉しい。

やっぱり、これ以上のことはない。


10月ごろからいただいたお客様のメールには
お返事できておりませんというのは
以前書いたとおりです。

自分からはお礼のメール一本さえまだ出さないくせに
この日のこの新婦さんから、まだメールがこないなあと
指折り数えて、待っていたりします。

待ち焦がれていた
「花、よかったです」といただくメールは何度も読み返します。
また今週のおふたりに
喜んでいただけるような仕事をしようという
私の、確かな糧になります。

良い仕事をすることが
またご恩返しだと思うので、
嬉しいメールをくださったおふたりへ、
お返事は12月の半ばまで、どうぞご容赦ください。




12月15日の単発クリスマスリースレッスンは
閉め切りました。今回は6人だけで。
でも半分以上が過去の新婦様です。

これ以上のことはない。

といいながら案内が遅れておりまして
申し訳ありません。

では皆様、今日もほんとうに、おつかれさまでした。
本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2008-11-27 20:28 | 会場装花 | Comments(0)
花だけで パレスホテル様の装花
a0042928_23202873.jpg


この日一日、
「そばにいてフォローしてよ」と
なかば無理やりに頼み込んだ
アシスタントナウシカさんが、
次の会場に向かうために、
私と一緒に走ってくれながら、
「すごく、一会っていうかんじの新婦さんですね!!!」と
言います。

 一会らしい新婦さん・・・


「ブーケは、一会風で」とおっしゃってくださって
「花に力をいれたいんです、」とおっしゃってくださって、


半年とか数か月に一度くらい、
こういうお二人がいらっしゃいます。

 一会の花で、結婚式をあげたいんです、

と、奇特なことをおっしゃってくださる方。


そんな大きなご期待に
どうかえしたらいいかというと
結局は、花だけです。

a0042928_23114822.jpg


当日のご列席の人数はわずか10数名。

人数分をご用意したナフキンフラワーは、
それぞれの席札の間にはさみました。

a0042928_23145952.jpg


実は、
そのナフキンフラワーは、
列席者全員の方のイスに飾った
チェアフラワーと、一対をなしています。

テーブルの上の装花からちょっとずつ花を選んで
5パターン作りました。


途中で、ゲストのみなさんが気づいて、
それを楽しんでもらえたらいいなと思って。

そしてつくる側の一会も、そのほうが楽しいから。




おんなじ花を、数十個、何百個と作るのは
在る意味苦行になってしまう。

でも少しずつパターンを変えて、
それに気づいてもらった時の
ゲストの方の驚き、
新郎新婦様にそれを伝えるときの様子を
想像しながら作るのは、
楽しみです。


a0042928_2320623.jpg


頭の中で、
あるいは布団の中で、
あるいは市場で歩きながら、
何度も予想図を描いて
迎えた当日。


a0042928_23333948.jpg


茶色と黄色のまじったコスモスみたいな不思議な花は
ガイラルディアといいます。

市場をうろついていて
3回くらいその前を行き来して、
そうして思わず買いこんだら、
市場の方が
「そう、オレこの花かわいいと思ってたんですよ」と言います。

 「今日の中で一番と思ってたんすよ」
 「なかなかでも売れなくて」
 「いいっすよね、この花」


そう、いいっすよ。
この花。

思わずその両手を握りたいくらいでした。
ハイタッチしたいくらいでした。

ろくに言葉をかわしたことがなくっても、
そう、この花かわいいですよね?

だからとりわけたくさん話をしなくても
日頃とくだんに会話を交わさなくても
たとえ十分に言葉が通じなくても
花だけで、
通じるだけで、
ただそれだけで。


午後はパレスホテルからまた品川方面へ移動。
パスモをなくしてしまったと青ざめていると、
ナウシカさんが、切符買ってきますから!と
ダッシュして息をきらせながらなお

 ああいう身内だけ集めた式で
 まさに、アットホームって感じで、
 ほんとにいいウェディングですよね!
 私もああいうのがいい!

と演説しています。
演説しながら、電車の時間を確認し
降りる駅を確認し、ホームを確認し
ひとつ納品がおわって抜けがら化している私を
「こっちこっち」とひっぱっていってくれます。

一緒にいてもらってよかった・・・
とほんとに感謝しています。








では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-11-06 23:39 | 会場装花 | Comments(2)
「けいこさん」のこと 
a0042928_0274496.jpg


写真は数年前に作った、
ご両親贈呈用の花束です。

きっと、そのときの新婦様も
そのとき手伝ってくれたアシスタントさんも
この赤いバラのことは覚えていないと思います。


小さいけれど強さを持つ、
まるでルビーのピジョンブラッドみたいなバラは、
「ラバグルド」、といいます。
このバラの写真を、ここ数日ずっと探していました。
よく使っているのにいざ探すとなかなか写真がない。


私がはじめて、このバラを見たのは、
花の先輩である「けいこさん」の部屋に
みなで泊めてもらった夜でした。

酔って騒いで、こたつに座りながら、
テレビの上に一輪飾られた
このボルドー色のバラに、釘付けになりました。
「ラバグルドっていうバラなんだあ!」と
教えてくれた当の「けいこさん」も、
きっと、そんなことは覚えていないでしょう。

今日は、長いですので折りたたみます。

More
by ichiecd | 2008-09-17 23:26 | carpe diem | Comments(2)
七並べ 
a0042928_039869.jpg


9月に入りました。

アシスタントさんにお願いして、
ブーケ写真を並べて整理しているところを
撮っておいてもらいました。


お知らせのひとつ。

この秋に開催される幕張の展示IFEXで
あるブースで少しお仕事させていただくことになりました。

「一会さんもパンフレットなど置いてかまいませんよ」と
ありがたいお言葉をいただいたにもかかわらず、
パンフレットもチラシもない、ということに気づく毎回。
提携先のレストランへのアルバムすら
十分には作っていない。
オープン8年目なのに・・・
不案内で恐縮です。

今のところ、皆様からいただくお金には
広告費は、あまり含まれていないとご理解ください。
開き直る。

でもせめて写真くらいは整備しないと、
そろそろこのPCがめいっぱいです。


で、そんな今日、私が何をしていたかというと
恵比寿のイタリアン、カーサリンガで形だけレッスンして
おいしいお料理をいただいておりました。
あーおいしかった。

その生徒さんの一人、
以前から写真がお上手だと思っていたのですが
こんなブログを書いていらっしゃるとは
今日はじめて知りました。
ご紹介の許可をいただいたので、

http://blog.goo.ne.jp/atelier-aya-flowers/d/20080726

このレッスンの記事はまたあらためて。

一会アシスタントさんを、
このカーサリンガにうっかり連れていったところ
この白金周辺に乱立するレストランの中でもなお、
「あのイタリアンにまた行きたい!
ちゃんと予約していきたい!」
とリクエスト。

なんか、しだいしだいに
口が肥えているんじゃないでしょうか

それは、私も行きたいのはやまやまですが、
こないだ寿司で散財したんだし、
あの分で当面せっせと仕事してもらえませんでしょうか。

タダほど高いものはないのだ。
ということを骨身にしみていい年ごろです。皆さん。





では、今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-09-02 23:30 | ブーケ | Comments(0)
単発レッスン  一度 会う
a0042928_23222061.jpg



今日は昼と夜、2回単発レッスンを行いました。
昼のレッスンは生花のラウンドブーケでした。

この写真はその生徒さんのものです。

「良いですね」、と一言そう申し上げて
写真を撮ろうとしたところ、
「あの、なにかアドバイスを」と、求められました。


そこで数分、このブーケを見つめて考え込んで、
でもいうべきことは何も無いことに気づいて
それを、そのときどう言葉に変換すればいいのか
わからなかったのです。


きっと細かい注意をあげれば、いくらでもある。

でも、このブーケ、この花は魅力的です。
(・・・と、皆様、思われませんか?)

この生徒のかたは、花のお仕事をされています。
そういう、仕事として花をなさっている方に対しては
また特別に、言葉が慎重になります。

その人の花は、その人だけのものなので、
その勢いをそがないように、
その魅力を最大限にできるように。
と気をつけてレッスンしています。



a0042928_23304483.jpg


ベージュ、アンティーク、紅茶。
このふたつのブーケは、それぞれのベージュ。
似て非なるようで、でもそれぞれの「絶対」です。
その人にとって、今日一度だけ会う花。

a0042928_23305768.jpg


左の方は、ブーケを作るのが今日はじめてという方。
右の方は、花を続けていらしてでもこれから
一会のレッスンに参加してくださる方。

どのブーケにも、それぞれの魅力があります。
そう私が今更書かなくてもいいだろう、というくらい。



夜は、花屋さん限定の花をいけるレッスン。
・・・こちらは気づくと写真を一枚も撮りませんでした。

今さら気づいて申し訳なかったですが、
でもそういう花も、あっていいですよね。

今日一度だけの花。

所詮、私のような素人の写真には撮りきれない。
こんな文章では伝えきれない。


にしても皆様が帰り支度しているのに、つい、
花について、演説してしまい、
思いのほか遅くなってしまって恐縮でした。
迷惑じゃなかったらいいのですけど。。。赤面。



(ついでに、もうひとつ書いていいですか。
「花の市場で姿を見かけましたが、
結構ぼーっとしていましたね」と
対面してしみじみ言うのはやめていただきたいです。
そこで、そうそうと横で同意するのもやめてほしい。

けっこう、よく言われます。

「市場で見かけたけど声かけませんでした」とか。
「ブログの印象よりぼーっとしてました」とか。
そういうときは、遠巻きに気の毒そうに見るのではなく、
一言、つっこんでもらえませんでしょうか。
ぼーとしてますとも。と開き直ります。
朝には弱いんです。・・・弱いんです、てば!)




ではみなさま、今日もお疲れ様でした。

昼から夜まで、一日、しゃべりたおしましたが
存分に演説できて私には楽しい一日でした。
ほんとに、迷惑なほどでした・・・



あ、最後にもうひとつ。まだいうか。
この写真のいずれも、生の花のほうが
何倍も素敵でした。
ほんとうに。たぶん、伝えきれない。




では今度こそ、おつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-08-12 23:42 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。