ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:花を仕事にするということ ( 403 ) タグの人気記事
ラウンドブーケ 綱町三井倶楽部さまへ シャクヤクと薄い紅茶のバラをアクセントに ゴールはどこ?
a0042928_21284823.jpg

ラウンドブーケ、綱町三井倶楽部の花嫁様へ。
白いバラの中に、数輪のシャクヤクと、
数輪のうすい紅茶色のバラをアクセントに。

さきほど丁寧なお礼のメールをいただいて、
「インスタに紹介してもいいですか?」
と書いてくださっていて、

そっ
そんなことっ・・・!
いいにきまってるじゃないですかっ!

「やーだもう!!」
と、アシスタント気ままさんの口癖を
口走りたくなってしまった。


ピーク中につきお返事がたぶん週明けになってしまいますが
先にブログで御礼を。
ほんとうにありがとうございました。

どこがゴールか?
というならば、

ここ。


花を作ってるわけではない。

ただ、花を届けてるわけではない。

ワイヤーをかけるのが仕事じゃなくて、
花を束ねるのが仕事じゃなくて、

受け取った花嫁様が、笑顔になれますように。


花をうけとる人が、自分の大事な人だと思って
仕事をしてくれたら嬉しいな。

と、今日アシスタントさんに伝えそびれたので、
それも書いとこ。
ていうかおまえが一番がんばれ。と言う話ですが。


では皆様今日もほんとうにおつかれさまでした!



1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回6月2日10日7月14日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-05-18 21:46 | ブーケ | Comments(0)
2019年にむけて 花時間さんバラカレンダーと12ヶ月の花カレンダーの撮影
a0042928_23092093.jpg

素晴らしい大輪のバラは、
市橋ローズナーセリーさんのジャンヌロリオとイヴォンヌロリオ。
a0042928_23323994.jpg

花時間さんの来年のカレンダー撮影で、
送ってくださったバラたちでした・・・

が!!

a0042928_23200065.jpg

まさかの宅急便の事故!
えっさかさまにしちゃダメだろそれ!

「ああ良いバラなのに・・・なんてもったいない・・・
すごい良いバラなんですよ!!この箱で何万もしますよ・・・」
と、箱にすがりつきたかった!

しかしすぐに、さらに良いバラたちを、
どっさりと送り直してくださった市橋ローズナーセリーさんには
御礼の申し上げようもありません。

a0042928_23103453.jpg


バラの小物をなにかないかな、と探して、数年前


おフランスのバラの村で買った布張りボックスとか

a0042928_23105629.jpg


探してたら、
おおまさにバラのカレンダーあるじゃん、いいじゃん!

と思ったら、バラじゃなくて、これシャクヤクの絵だった。
と、すべての撮影が終わってから気づいた図。

編集者の方、ライターの方、デザイン担当の方、
カメラマンさんまたご一緒させていただいたO先生、
お庭に咲いていたバラを切ってくれて
かつアシスタントを務めてくれた生徒さん、
そして素晴らしいバラを咲かせてお送りくださった
市橋ローズナーセリー様、
本当にありがとうございました。
https://hanajikan.jp/

この撮影後、新潟までエブリで行った話はまた後日。

では皆様今日もおつかれさまでした。

1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回5月3日6月2日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-04-29 23:02 | ブーケ | Comments(0)
お客様の声(ほんもの!)
a0042928_11010458.jpg


ブーケや装花をお届けした、花嫁様花婿さまが
一会のために作ってくださったアルバムやフォトブック、

a0042928_11010947.jpg

一面に広げて撮ってみました。

a0042928_11012926.jpg

いただいたお手紙たち。
最近のものは別の箱にあって、あと、まだ半分くらいあります。

いわゆる「お客様の声」は、
実はライターさんが書いてたりすることも多いそうで、
お金をもらってSNSでよいしょ記事を書くといった、
アフィリエイトも盛んな昨今。

口コミってどこまでほんとなの?

いえ、一会はガチですよ?!
やらせじゃないですよ!

という会話を、先日、某所でしまして、
「じゃあそのお客様の声、ちゃんと見せたほうがいいですよ」と
アドバイスをいただいて、床一面に広げて撮ってみました。
が、
a0042928_11014591.jpg

広げ過ぎて

a0042928_11015029.jpg

多すぎて、
a0042928_11015637.jpg

拡大しようとしたら、ぼけてしまっていた!

・・・ボケはおまえだ!
とは、まさにこういうことかと。

うーん、全部をいっぺんに写したあと、
細部を少しずつ撮るべきだったね!
と、学習しました。

ここに載せられなかったお手紙も含め、
いずれまたリベンジできれば。


・・・母の日どうなったんだよ!きゃーすみません!!!


1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回5月3日は満席、6月2日の13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-04-16 11:00 | ブーケ | Comments(0)
ブートニアって必要なのか?問題! ブーケとブートニアの由来について
a0042928_17154525.jpg

ブートニアとは、ブーケとお揃いの、
新郎の胸に挿す小さな花のことです。
ぶっちゃけ、このブートニアって要るの?なくてもいいの?

というご質問にお返事すべく、過去のブートニアの写真をさがしていたら
えんえんと過去の花嫁様みなさまの笑顔の沼にはまってしまった!
以下長文です。

さて、一会では、
現在フルオーダーのブーケの場合には
1時間以上の打ち合わせカウンセリングを行っております。

そこで丁寧にヒアリングを行って、
花嫁様の、深層心理にひそんでいるまだ花嫁様自身もわからない
理想のブーケの形、を、掘り起こしていきます。

で、全部聞き終わって、
「あーすっきりした・・・」というかんじで
満足な吐息を漏らし、そしてふと思い出したように、
「あっ!新郎のブートニアもお願いします!」と、
我に返る花嫁さん、多数。

あるいは、
「あと、お揃いのブートニアも一緒に要りますよね?」と
こちらからお伺いするまで、

「・・・そうでした!!」とすっかり忘れてる花嫁さんも多数。
a0042928_17070275.jpg

そんな影の薄いブートニアですが、
よほどのことがないかぎりは、必須アイテムです。

このばあい、よほどのことというのは、
1新郎が和装である。
a0042928_19195948.jpeg

2新郎が制服である。
a0042928_17265862.jpg

というような、物理的に難しい場合には、
割愛されることがあります。


その、ブートニアの由来とは、
a0042928_16514628.jpg


1 男性が、恋人の家へプロポーズしにいく道すがらに
咲いていた花たちを、一輪ずつ摘んでいきます。

2 ドアを開けた恋人に、その摘んだ花束を差し出して、
片膝ついて(お約束)、求婚!

3 恋人の女性、両頬に手をあてて驚き(お約束2)、
差し出された花束を受け取る! ←これがブーケの由来

4 受け取った花束から、一輪を抜いて
プロポーズを承諾したという印に
男性の胸にさしてあげる!←これがブートニアの由来。

5 二人で喜びのハグ!プロポーズ大成功!!大団円!!!
a0042928_18493520.jpg

6 そして、ふたりはずっとずっと仲良く暮らしました。
a0042928_18494414.jpg

(*上記内容には多少、想像上の演出が含まれております)

というわけで、ブーケとブートニアは基本、同じ花で。

ブートニアは、たとえば和装の懐剣みたいなもので
様式美として、すっとばすわけにはいかないというイメージでしょうか。

a0042928_17523025.jpg

a0042928_17565896.jpg

a0042928_17564405.jpg

a0042928_18255656.jpg

並んだ時に、お揃いに見えるように。
a0042928_18014042.jpg

ちなみにこのブートニアには、うさぎがひそんでおりまして

a0042928_18031084.jpg

なぜならば花嫁さんのボールブーケにも、
うさぎがひそんでおりまして、
a0042928_18033446.jpg

お揃い!
なわけなのでした。
a0042928_18044803.jpg

後日飾ってくださってる様子。
a0042928_18050921.jpg

一会の名前を印刷してくださったCDとお手紙、宝物です。

ちなみに、お父様につける小さなコサージュは、
お母様への贈呈用花束とお揃いでつくることが多いです。
a0042928_17304008.jpg


このお母様、あるいはご両家贈呈用お花と、お父様コサージュのお話は
また後日。

このブログにおいて、花嫁様花婿様から頂いたメールを
ご紹介する記事の最後に、よく自分が書き添える言葉、

「お二人の、これからの、長い長い道のりに、
その道端に、いつもたくさんの花たちが
ずっと咲き続けますように。」

という、その一言を書くとき、

いつもこの、
プロポーズの道端に咲いていただろう花たちのことを、
思い浮かべます。

その花こそが、自分が作るブーケである。

ちなみに上から、
目黒雅叙園、
松山道後温泉、

では皆様今日もお疲れ様でした。


1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回4月15日、5月3日は満席となり受付終了しました。6月2日土曜日13時から開催予定です。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-04-12 18:07 | ブーケ | Comments(0)
クラッチブーケ ホテルニューオータニ様へ シャクヤクとアネモネ 希望を叶えようと

a0042928_2236585.jpg

ホテルニューオータニ様の花嫁様へのブーケでした。
シャクヤクとアネモネ、
甘すぎずピリッとした感じで。



翌日に、長い長いメールをいただきました。
許可をいただいていないので、一文だけ。

・・・・・・・・・・・・・・
私たちの希望を100%以上にかなえようとしてくださる
気持ちが伝わり本当に嬉しく
素敵なお花たちから岩橋様のお花に対する
愛情も情熱も感じることができました。
・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_2236815.jpg


そう書いてくださいました。

愛情も情熱も、葛藤と逡巡と、

一つの小さなブーケに、
直径20センチくらいの世界に、
その日持てるだけのチカラを、
全部つめこんで、
届ける花を

届けたら、


こんな風に、伝わるんだなと思うこと。


ウエディングカメラマンさんdapandaさんからの
ご紹介のお二人でした。
いつも素敵な花嫁様花婿様をご紹介くださる
dapandaさんに感謝・感謝ばかりです。

/

ブーケをお届けして、花婿様にお会いした
アシスタントさんが
「すごく仕事できるって感じのご新郎様でした!」
といっておりました。

では皆様今日もおつかれさまでした。






1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回4月15日は満席です、その次は5月3日13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-04-08 22:46 | ブーケ | Comments(0)
クラッチブーケ 明治記念館様へ シャクヤクとアネモネ、かっこよく!
a0042928_21293691.jpg

明治記念館様へのブーケでした。
今年はじめてのシャクヤクのブーケ、
アネモネの黒い芯の花と、アクセントの水色で。

花嫁様から
「岩橋さんに頼んで本当によかった」と
メールをいただきました。

実はプリザーブド含め、ほかの花屋さんとも
迷われていただけに
ほーっとしています。
よかった。

インスタにも書いてましたが
1本2000円のシャクヤク35本、

自分にとっては
渾身の一撃!

それでも、
よかったと思ってもらえるかどうかは、
自分がどんだけやったかとはまた別の話なので、
いつも心配です。


アシスタントさんに今日もこんこんと言っております、

最終の目的は何なのか?
それを踏まえて仕事をしなければ、
それは「仕事」ではない。

早く仕事をすることじゃなくて、
きれいな花をつくることじゃなくて、
お金を出した人に、満足してもらえること。


そこにむかって、ボールを投げよう。


ではみなさまきょうもおつかれさまでした。



1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回4月15日は満席になりました。5月は3日13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

by ichiecd | 2018-04-06 21:41 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からの手紙 ENEKO東京の花嫁様花婿様より 夜間飛行
a0042928_21502769.jpg

ENEKO東京での結婚式の花嫁様と花婿様、
許可をいただいて、お手紙とお写真をご紹介させていただきます。

当日の記事はこちらです。


季節は冬から春にうつり、
しばらくして、その装花のことをすっかり忘れてたある日。

また今週の花嫁様と花婿様の装花とかブーケのことで
頭がいっぱいになって、
間違いがないように、コンディションを整えて万全にできるように
段取りでせわしなくて、
a0042928_21495257.jpg

日常にくたくたになってしょぼしょぼになってる、
ある日、
とりあえず開けた郵便ポストの暗がりに、
その一通のちょっとふくらんだ封筒が入っていて、


ヘルシンキのおいしいお茶と、

a0042928_16271341.jpg

花嫁様からの心打つ言葉と、
お守りでした、という一文と、
右上に書いてくださった花のイラスト、
そして最後にご新郎様からの、ばしっとした一言も

全部がじいいんとして、

全部が、胸に来ました。

お二人は、本当はもう少し前の日程で余裕をもって
レッスンの予定だったのですが、
別の方から、その日ではなくこの日なら参加できる、
というリクエストがあって、それで一会からのお願いで
挙式一週間前にレッスン日を快く変更してくださいました。

ところがその日に、急な事情で来られないことになって、
そのドタキャンを、
本当に申し訳ないと何度も謝ってくださって、
「キャンセル料をお支払いします、
挙式前日に休みをとれるので、夜に一言お詫びに伺います」
そうとまでおっしゃってくださったのでした。

「もしいらっしゃれるなら、
そこでレッスンしますので、せっかくなので作りませんか?」と
ダメ元で、お誘いして、
お二人でご両親贈呈用のお花を1時間で仕上げていかれました。

考えてみたらそのあとDVDを作るというのに、
そんなにも忙しい中に、
それなのに、わざわざお詫びにきたいとおっしゃってくださったんだ。

と、後から思い当たりました。

当日、ブーケを見て思わず涙がこぼれるくらいに、
いろいろ頑張ってきた、
大変だった数日間、あるいは数週間だったんじゃないかと思う。



a0042928_21580652.jpg

ありがとうございます、
お二人の大事な大切なその一日に、
花を飾らせていただいたこと。

お二人の、その誠意と真摯なお気持ちに、
今自分がこの場所でちょっとかえせるだけの小さな気持ちは、


a0042928_21552530.jpg

それは、ものすごくたくさんじゃない、
贅を尽くしたというほどじゃない、
かもしれないけど、
でもこの小さな花たちが、

お二人のこれからに、ずーっと、よりそって、
命が果てるまでも、

これからの長い長い道のりの、その道ばたに咲いて、

それがまるで、
夜間飛行で舞い降りる滑走路の灯火みたいに、
ひとつなぎの小さな明かりになって、

ある日、
暗がりの中を互いに手を握りしめて歩く、何十年後かの
お二人の、
足下を照らすような、
どうか小さな灯火たちになりますように。

そんな大それた望みを、

そんな万感のエールを、

ここから。

心から。

たった一瞬、半日、袖振り合って行き過ぎる。
ただ仕事させてもらった結婚式の一業者にすぎない、
自分から、
心からのエールを。

ブーケ写真はこちらです。



では皆様今日もほんとうにおつかれさまでした。



1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回4月15日、5月3日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-03-31 22:08 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール TERAKOYAの花嫁さま、アシスタントこよいちゃん
a0042928_13512547.jpg

お色直しのドレスはラベンダーカラー、
それにあわせての、クラッチブーケを。

a0042928_13512124.jpg

昨年秋にTERAKOYAさんで結婚式を挙げた
花嫁さんはアシスタントこよいちゃん、

a0042928_13511078.jpg

沢山の人から、はよ続きを書け、と
愛されているこよいちゃんの結婚式写真、前編はこちら。
https://ichiecarpe.exblog.jp/238394335/
a0042928_13513654.jpg


前回記事を書きつつ、胸にきちゃって
これはもういかん。
と、昼間にブログを書くことにしました。
a0042928_13515620.jpg

近しい人、思い入れのある人ほど
なかなか記事には書きにくく、
a0042928_13514032.jpg


どう書いても言い表せない気がするし、
何を書いても全然足りない気がするし、
a0042928_1451085.jpg


全くの未経験で一会にきて、
一生懸命花を練習して、
自分の片腕になってくれました。

a0042928_142364.jpg

教えてるつもりだったけど、
実は、たくさんのことをもらったんだった。

a0042928_14232521.jpg

自分の仕事を裏打ちしてくれるような、

一番嬉しい言葉まで、全部。

a0042928_13513419.jpg


これからの長い長い道のりに、
二人の頭上に、その足元に、
たくさんの光と花とが満ち溢れますように。

お祈りしています。

では今日も皆様本当におつかれさまでした。



1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回3月31日、4月15日、5月3日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

by ichiecd | 2018-03-29 14:32 | 会場装花 | Comments(0)
春の装花 東京女子大学様の結婚式へ 3月、雪の日の魔法に
a0042928_15524163.jpg

本日、東京女子大学の結婚式で、3月の、雪の日に。

a0042928_15494974.jpg

a0042928_15502195.jpg


a0042928_15492846.jpg

ご家族と親しいご友人だけのご結婚式で、

a0042928_15501857.jpg


ドレスの裾を持ち上げるのは、お二人のお母様。


降りしきる雪の中、
「はい、では撮りまーす!」
というカメラマンさんの声に
a0042928_15501980.jpg

あわててその場を小走りに離れて、並んで見守るお母様の後ろ姿が
a0042928_15494504.jpg

かわいくて。

なんか、いとしいような気持ちで。

a0042928_15493337.jpg

この日、チャペルでの挙式を終えて、さあと片付けようとしたら、
今日担当のカメラマンさんが
「これから外で、雪の中で撮影です、お二人がご希望されていて」。


思わず、
「ドレスはレンタルなんでしょうか」
と、真っ先に心配してしまうあたり、
今思い出すだに
我ながら、ウェディング業界どっぷり長いなあ。

そして心底、花嫁さん好きだなあ、自分。
だって後からすごいクリーニング代を請求されたら、花嫁さん、
たいへんじゃん!
と、とっさに思ってしまった。


「いえ、ドレスは花嫁さんの、ご自分のなので」と
カメラマンさんが教えてくれて、
「え、じゃあ、行くしかないでしょう!」と即答。
春の雪の中庭に、レッツゴー!
ざます!!!

a0042928_15563036.jpg


ご新郎様、雪の中で思わずバンザイしちゃう
ここらへんから、
だんだん楽しくて自分もテンションだだあがりで、笑いっぱなし、

a0042928_15574072.jpg


なんかね、本当に素敵な結婚式だったんです。
a0042928_15583866.jpg

ああ、結婚式の花の仕事しててよかったな、

a0042928_21120651.jpg

幸せだなあと心からおもえるような、
お仕事を、
ありがとうございました。

この3月、桜のころ、
思いもかけない雪の日の結婚式に。
a0042928_15583928.jpg


当日の朝、ユリを山ほど積み込んで
東京女子に向かう高速の上で、雨は激しくなる一方。
「せめて花嫁さんの写真の時くらい、雨やんでくれないかなあ」と
アシスタントさんに、何度もグチグチいってました。

a0042928_15584039.jpg

都内に戻った夜、
雪は雨にかわって、もうすっかり溶けて、
まるであの一瞬は、まぼろしのようなのでした。
a0042928_15502015.jpg



結婚式の神様が見せてくれた、
まるで、雪の魔法のようでした。



最初はもっと小規模な装花でしたが、やっぱり最後列まで飾ろうと
ふんぱつしてくださったお二人、
喜んで持って帰ってくださったおかあさま、
雪の中のお二人を思わず撮ってしまってらしたご友人のみなさま、
お声をかけようとしたら赤い目をしてらしたお父様、
手が空いてるからとリボンをまくのを手伝ってくれたご親族さま。


「ご新郎様もなんかすごく良い感じの方でしたねえ」と、帰りながら、
アシスタントさんがいいます。
「花嫁さんもほんとに感じがよくてかわいらしくて、
もうめっちゃかわいかったよ!」といい返す自分。

写真見返してたら、涙が出そう。

たった一日の花、だけど一生記憶に残る花を。
それは一会のキャッチフレーズ。

そしてたぶん自分も一生忘れないと思う。

今日の結婚式のこと。

後日花嫁様から頂いたメールはこちらでした。


では皆様今日も本当におつかれさまでした。


1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回2月18日日曜日12時~開催決定しました!みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2018-03-21 21:16 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール TERAKOYAの花嫁様 アシスタントこよいちゃんに伝えられたら良いな、と思うこと
a0042928_21521719.jpg


TERAKOYAの花嫁さん、つまりそれは
昨年の9月、アシスタントこよいちゃんの結婚式で。

a0042928_21542869.jpg

ぽかばかりで
ダメダメだった上司に、自分に
一会に、
いつも一生懸命仕事をしてくれて
a0042928_21560201.jpg

先日、一枚だけ写真を載せてお茶を濁したら
生徒さんから
「もうひっぱらないで、早く載せてくださいよ!」
と関わったみなさんに、絶大な人気をほこる、アシスタントさんでした。

a0042928_21555003.jpg

あんまりにも、良い子なので、
なんか感謝感謝で、うまい言葉がうまく見つからないので、
ずっとコードネームをつけられなくて、


ようやく、ようやっとつけた
アシスタントコードネームは
よい子ちゃんをひっくりかえして
アシスタントこよいちゃん。

なのでした。

a0042928_21591173.jpg


あのね、
とここで
あらためて
背筋をのばして、
正座をしてただひとつ今お伝えしたいことは、

自分はあなたのように人を大切にできないし、
いい人でもないし、
社交的どころか、
一人でいることに安住を見いだすような、

相当な非社交的で
なにせブラジルの秘境に一人で旅してそれでもたりなくて
わざわざ、ただただ広い場所で
たった一人になるために
大枚6万円以上を迷いもなくはたいて
プライベートツアーを組み込むような
それほどの、ダメダメな棒人間な自分なのですが、

a0042928_22024401.jpg


あのね、
もしもこの先、何十年と続くあなたの人生において、
もしかしたらもしかして、
ああもう全部が嫌でもう全部を投げ出したくて、
もうダメだというような
絶体絶命の瞬間が訪れた場合、
そういう一世一代のピンチがもしきたらね。

もし、きたらね。


a0042928_22041524.jpg

この今日の記事を思い出してね。


こんなにもだめだめな、非社交的な自分が、
あなたに心から、ほんとに、感謝してること。
うまく伝えられなかったけど、
どうかうまく伝わりますように。

自分は、
花以外はてんでダメな人間だってくらいには自覚があって、
そんな自分をまごうかたなく、あの日助けて救ってくれたこと。


アシスタントこよいちゃんが、
たくさんの花嫁さんを笑顔にできたんだよということ。

たくさんの生徒さんに愛されたアシスタントさんだったんだよということ。

a0042928_22062299.jpg


大好きな姪っ子ちゃんのことを、
かわいいと言いまくってやまない、

愛情あふれるあなたへ、

今自分にいえる、最大限の祝辞を。


うーんやっぱり一記事にまとめられないので
色ブーケのお話はまたこの次回ね

ありがとね。
ほんとにありがとねー!
と、手をふる今日の自分でした、


十分のお給料も十分の待遇もできなかった、
それなのに、
アシスタントこよいちゃんが混じりけなしに、
捧げてくれた数年間に、

今自分ができることを、
それだけだけどさ、

最大の祝辞を。

ご結婚おめでとうございました。




では皆様今日もほんとにおつかれさまでした。
>

1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回3月31日、4月15日、5月3日です。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2018-03-16 22:15 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。