ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:紫 ( 129 ) タグの人気記事
新郎新婦様からのメール  菊の「てまり」 ウラク青山様
a0042928_2051285.jpg


4月の花嫁様からお写真をいただいて、
何度も何度も読み返します。
なんてキュート。なんて浪漫。すてき!


長いメールをいただきました。
ブログ掲載の許可が文中にあったので、
お返事を差し上げると同時に掲載の荒業を。

この髪飾りはクラウンにするか、クラウンにするのは
あまりに無謀では?とすごく悩まれました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カメラマンさんから写真をもらってから
お礼メールを出そう…と考えているうちに、
生まれて初めての主婦業にてんてこ舞いで
気付いたら式後2ヶ月も経ってしまっておりました。
あんなにもお世話になったのに、すみません。。。
よろしければ、お写真をブログに
使っていただければ嬉しいです。

今思い返すだけでも、たくさんご面倒を
おかけてしてしまったなと思います。
髪飾りに至っては、コサージュとクラウン
どちらにするか悩んだ挙句、
「自分で選べないから、岩橋さんのプロの目で
どちらがいいか決めてください!」
などと丸投げするような形でお願いしてしまったり。
結局メリアのコサージュを作っていただきましたが、
この髪飾りがもう、本当に可愛くて。
箱から出した瞬間、その場にいた女子全員
(自分、メイクさん×2、カメラマンさん×2、
プランナーさん)が、声をそろえて
「かわいいー!」
と叫んでしまっておりました。
a0042928_21121622.jpg

着物でしたから、和風の飾りっぽく
「房」みたいなものをつけてください、
とはお願いしておりましたが、
まさか小さなお花や木の実で
あんな「しゃらしゃら」を作っていただけるとは、
思ってもいませんでした。
メイクさんと一緒に、
「どこにつけてもかわいいから、悩みますねー」
と、お支度の時間にきゃっきゃとはしゃいでしまいました。



a0042928_20543477.jpg


それに、会場装花もすっごくかわいくて、たくさんの人に
「これって菊だよね?菊ってこんなにかわいかったんだ!」
と驚かれました。
一会さんのおかげなのに、まるで自分の手柄のように、
「でしょ?菊ってこんなにかわいいのよ?まいったか!」
と、丸く愛らしく整えられた菊のくす玉を前に、
鼻高々でした。
a0042928_21131230.jpg

a0042928_2112395.jpg


好きだから、という理由で選んだ菊でしたが、
今ではただ好きなだけではなく、「特別」なお花になりました。
きっと、いままでお花をお願いした
花嫁さんたちにとっても、当日使われた
お花たちはみんな「特別なお花」として、
幸福な記憶となっているのでしょうね。
会場装花には本当に悩んで、
自分の希望を叶えてくれる
お花屋さんを色々探しましたが、
たくさんあるお花屋さんの中から
一会さんにめぐり会うことができて、本当によかったです。

お忙しい大変なお仕事だと思いますが、
どうかお体にお気をつけて。
これからも、たくさんの花嫁さんに
その人だけの「特別なお花」を作ってあげてくださいね。

それでは、岩橋さんをはじめ
一会のスタッフの皆々様、どうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い、メール。


好きな菊の花を使って、くす玉のように仕立ててください
というリクエストでした。
和装の着物のその柄にあわせてというご注文で
選ばれた深い紫や茶色、緑の菊たち。

準備の途中、新婦様からいただいたメールには
この丸いお花の形に仕立てたいと彼とバトル中!と
お茶目に書かれた後に、続けて、
なぜこの丸い形にこだわるか、を
教えてくださいました。それは、

 「平安時代に端午の節句で
 無病息災不老長寿を願って飾られたもので、
 当日お集まりいただいたお客様が
 そうありますようにという願いを込めたいと
 考えたからなのです。」

素敵だな、と思いました。
a0042928_21212489.jpg

本当に、ありがとうございました。
おめでとうございました。

では皆様、今日もお疲れ様でした!


明日は素敵なものが届くので、わくわくです!
またこのお話も、記事にしますね。
by ichiecd | 2008-06-30 21:07 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール センチュリーハイアットの新婦さま
a0042928_2228871.jpg


6月、センチュリーハイアットへお届けしたブーケ。
お色直しは、この時のグランブーケです。
新婦様からとても嬉しいメールを頂戴しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その節はとてもステキなブーケをありがとうございました。
プロのカメラマンが撮ってくださった写真が
ようやく届きましたので早速送信させていただきたいと思います。
最後のおまけ写真は新婚旅行先のモルディブです(^^;

思えば、花時間を買い始めた時から
一会さんのブーケは私の一番の好みのものばかりで
うっとりしながらみていました。
ピンクの百合のメリアや淡い色合いの薔薇のブーケなど
ロマンチックなブーケが印象的でした。
いつか一会さんのブーケで式を挙げたいという
夢がかなって本当に私はラッキーだったと思います。

期待どうりのブーケでした。
挙式で持った淡いグラデーションのブーケは、
花時間で一目ぼれしたもので、大好きな薔薇が
贅沢に使われているところと
なによりも色合いのセンスのよさに惹かれました。

本から飛び出してきたようなそのままのブーケで、
手にできた瞬間とても幸せに感じました。
自分でいうのはなんですがプリンセスラインの
甘い雰囲気のドレスだったのでかわいらしい
このブーケはぴったりだったと思います。
彼が「かわいいね。よかったじゃん。」と
じっとブーケを見ていてくれてとても嬉しかったです。

お色直しのグランブーケは、岩橋さんが
「重いです。」と忠告してくださった通り重かったですが、
その分とてもボリュームがあってゴージャス!
沢山の人達からブーケを褒めていただきました。
実はラウンドのブーケだとボリュウムがたりないなぁと
以前から思っていたので、たとえ重くても
あのブーケを手にすることができてよかったと思います。

ダリアを使って綺麗にまとめていただいたブーケは迫力があって、
あとから写真をみてもとても映えていました。
そういえば、挙式のブーケは
本に載っていたとうりにオーダーしたので最初からイメージが
あったのですが、お色直しのブーケはわからなかった分、
見るまでとてもわくわくして楽しかったです。
このブーケも写真をみると
つくづくドレスに本当に合っているなぁと感心しました。

流石です。

ブーケプルズをして最初のブーケは勤め先の一番仲の良い同僚に。
お色直しのブーケは一番の親友に渡しました。

押し花や加工をして自分でとっておきたい気持ちもありましたが
以前自分がそのままのブーケをもらったときに
とても感動したのが忘れられなくてすべて渡すことにしました。
その分綺麗に写真で残せばいいかなと。
そう思っていたので後日
一会さんにブーケの写真をいただけたとき大変嬉しかったです。

さっそく大きめにプリントをして
一会さんの名刺と一緒にアルバムに入れさせていただきました。
あの写真を見るたびにブーケへの思い入れが思い出されます。
お心遣い感謝いたします。

とても長くなってすみません。
私たちのためにブーケを作ってくださって本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブーケに使われた花の名前を教えてください、
というお話も出て、

a0042928_22283447.jpg


書いてみました。
おとなしく、味のありすぎる手書きはやめて活字にしました。

a0042928_22274633.jpg


お顔写真ではない写真なら掲載可、ということで、
そのほかの写真は一会の引き出しにしまっておくことに。

この元になったブーケは、もうじき発売される
『花時間』さんの別冊に再収録されます。

心に残るお仕事でした。
本当に、ありがとうございました。



なお、昨日の引用部分、眠くて「中略」にしてしまっていた部分を
書き足しました。
志村ふくみさんのこの本を読み返すと。
果たしてほんとに同じ日本語なのか?!と、
ぼーぜんとしてしまいます。

数日、涼しい日。
「一雨ごとに秋になる」(中原中也)なのでしょうか。

では皆様、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-08-30 22:47 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ ティアドロップ 紫~ピンク
a0042928_23395683.jpg



今日、ある会場のコーディネーターの方より
突然のように、お電話がありました。
3年前、たった一度お持込させていただいた会場の方。

今回ご縁があって、お客さまの御意向により
また装花を担当させていただけることになりました。

「お持込先が一会さんと聞いて、その折はとても、御世話になったので」
とわざわざ、お電話をいただきました。


「お打ち合わせに御一緒したかったのですがかなわなかったので」
「今回もぜひどうぞよろしくお願いします」
そうおっしゃいます。


都内でも一等地にある会員制の会場さま。
そこで長くウェディングコーディネイトのお仕事をされている方に
そうおっしゃっていただけるのは、花屋として
やはりこれ以上なく嬉しく、そして誇らしい思いです。


数々の会場様で、「以前持ち込みの花屋さんがちょっと
ひどかったので」と、禁止にされてきています。

ウェディングの花はやっぱりちょっと特別で、
花がある程度マトモなのは当然で、
時間厳守であることとか
掃除をきちんとできることとか、
連絡をきちんとするとか、
そういうことのほうが100倍大事だったりします。
当たり前のことばかりですが・・・
毎回きちんとそうしたことをやり続けるには
意志がいります。

新郎新婦様だけではなく、会場の方に、
よい花屋さんでしたねと言っていただけること。
それも一会の仕事だと思っています。
そこまでふくめて、はじめてお仕事終了です。

ではみなさま
今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-08-17 23:55 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ラウンドキャスケード 紫という色
a0042928_23574179.jpg


先日お届けしたブーケ。
新婦様も、御紹介くださった方も
ともに喜んでくださったということを聞いて
ほっとしています。
実はこの写真はまだ途中のもので、
写真が撮れるかどうか危ぶまれたので、先に撮っておいたもの。

a0042928_0195376.jpg


ハードかずらを束ねてゆれる尻尾?をつけて、こんな感じです。
色は上のほうがきれいに出てるなあ・・・


東京は、一日曇り空が続いて
夜にはついに降り始めました。

今日、昼と夜はプリザーブドで作るブーケ、
一会の定期スクール。

ジャスミンもメリアもローズブーケも、
皆さんがきれいに仕上げたそれぞれのブーケが
雨に降られず無事に家まで着くといいなと
思いながらのレッスンでした。


この雨も、あがる時には
あるいはどこかで虹を生むのだろうか、
などと、ふと思います。



 虹の橋この世のいづこにも触れず
                       和田知子




・・・
・・・
・・・


というわけで、(何が?と問い詰めないでください)

では皆様、今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-07-11 00:32 | ブーケ | Comments(3)
ブーケ クラッチ 夜明け前の空
a0042928_0214350.jpg


昨日、お届けした淡い淡いラベンダーカラーのブーケ。
ピンクのバラはセントセシリア、紫のバラはフォルムとリトルシルバー。
フォルムのこのくすんだなんともいえない紫は、
自分には「夜明け前の空の色」です。
「花時間」さんにはじめて掲載していただいたとき、4つのブーケを作らせて
いただきました。そのうちのひとつがこのフォルムというバラ。
このブーケだけは、自分の好きに作ろうと思って作ったブーケ。
思いで深いバラのひとつです。

平日の鎌倉でのウエディング。
実は去年の母の日に、
ふたつものアレンジを頼んでくださった方でした。

そのブーケが、今日、3Dブーケとなるためにまた一会に戻ってきました。
祈るような思いで箱につめたときと同じように、
無傷のきれいな状態でした。

そして新婦様からいただいたメールは
まだ許可を得ていないので全文の転載できないのですが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 もう一度するとしても
 やっぱり一会さんにお願いすることは間違いないでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


という一言だけあえて先に御紹介させていただいて
いかに自分の胸が打たれたかを皆様にお伝えできればと思います。

おしらせ
・4月の14日15日28日の、ウエディングのお申し込みは
本日にて新規の御注文を受け付け終了とさせていただきます。



3Dブーケについては別途記事を立てる予定です、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2007-02-23 23:29 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ  紫の赤 紫の青
a0042928_9125097.jpg



今日のブーケです。
ランとバラとリシアンサス、深く鮮烈な色の花を集めて
ヴィヴィアン・リーのイメージでというオーダー。


控え室にお持ちしたときに喜んでくださった新婦様の
笑顔が印象的でした。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-09-18 23:10 | ブーケ | Comments(8)
ラウンド ブルーパープルのドレスに
a0042928_0521221.jpg


お色直しのドレスの写真を拝見すると、
青のような紫のような、光によって色が違ってくるような
ニュアンスカラーのドレス。
どういうブーケがよいでしょう、と花嫁さまに聞かれて
ご提案させていただいたのがこの色合い。
新婦様よりメールをいただき、とても喜んでくださいました。
by ichiecd | 2006-05-25 23:50 | ブーケ | Comments(0)
セミキャスケードブーケ シンビジューム

a0042928_0163565.jpg


しばらくバラのブーケが続いていたので、
今日はラン、シンビジュームのセミキャスケードを。

右方向からアクセントにいれている
淡いイエローのシンビジュームの名前は
「ワールドピース」、羽衣洋蘭園さんのランです。
名前の詳細は11月21日付のブログ記事にてご紹介されています。

シンピならではのぽってりとした存在感の上に
光にとけるような淡い黄色がきれいなシンビジュームです。

シンビジュームも最近
オレンジや茶色などたくさんの色があって、
なにしろ存在感と持ちのよさ、高級感があって
でも市場では1本や2本から買えたりするので、
オーダーメイドで作る宅配ギフトにもよく利用します。


今日、久しく無沙汰をしている友人から
「ブログ見たよ」というメール。
「ちょっと見るだけのつもりだったけどなんか良かったよー。
カレル・チャペックの話がみつからなかったけど。」
・・・そうでした、その続きもほうりっぱなしでした。

書きたい話はいろいろやまほどあるのですけれど、
とりあえず今日も、これにて!
このひっちゃかめっちゃかの状態が
ニュートラルに戻るまで、
見捨てずにおつきあいくださいましたら幸いです。
by ichiecd | 2006-02-01 23:04 | ブーケ | Comments(2)
ライラックとヒヤシンスのブーケ
a0042928_042715.jpg



ライラックとヒヤシンス、そしたスカビオサをアクセントに加えて
ざっくり束ねたブーケ。
3つとも全部、好きな花、よく使う花です。

ライラックは八重のピンク、ちょっと珍しい色ですが、
ヒヤシンスとともに香りのよい花の代表種のひとつ。
持っている間中、春のふくいくとした香りを楽しんでいただけるように。


お知らせ
3月1日水曜日、19時から単発プリザーブドレッスンをまた開催します。
ブーケが基本ですが、アレンジやコサージュでもOKです。
いずれもプリザ代の実費プラス講習料2000円です。
お申し込みはタイトルを「3月1日プリザーブドレッスン」として、
氏名と連絡先を記入の上
info@flowers-ichie.comまでお願いします。
・・・
・・・
うーん、働きますなーという感じです。
しかし働かざるもの食うべからず。
指先のあちこちがひび割れてきて
もうすぐ寝不足&温泉警報が鳴りそうな昨今。

今日は一会スクールは、アレンジコースで
レッスンは「花瓶に活ける春の花」。
様子はまた明日くらいにアップします。
花材のひとつに河津桜を利用しましたが、
その近くにある蓮台寺温泉の話題で盛り上がり
「温泉モード」の高まる今日この頃です。
by ichiecd | 2006-01-23 23:29 | ブーケ | Comments(7)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。