ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:紅茶 ( 49 ) タグの人気記事
7シェアブーケ 紅茶色のバラ  紅茶色の装花
a0042928_2383675.jpg


以前御紹介したこのブーケの方です。
そのときの記事にもしましたが、最初は私自身が伺うには
難しいスケジュールでした。
でもその時間に予定していた別のお仕事が予想外に早く終わったこともあり
それでもアトリエの仕事は山積みのまま。
さんざん悩んで、でもどうしても間に合わないので
花とスタッフは車で先に行ってもらって、
とうとう電車で私一人が追いかけることにしました。

「できればお会いしたいので」と新婦様から伺いながら、すれ違ってしまって
お会いできなくて、新郎様にだけ御挨拶して、
名刺の裏に走り書きをして、もう失礼しなければならないタイムリミット、
その瞬間に新婦様が現れた一瞬のことを、忘れられないと思います。
私を見たとたんに、涙ぐんでくださって、
その一瞬を思い出すたびに胸がつまります。


丁寧なお手紙をいただいてお写真はCDにまで焼いてくださって
お送りくださいました。
あけた瞬間に、そのCDの表面にこのブーケの写真が
印刷されていて、思わず声をあげてスタッフに見せてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あれから1ヶ月以上もたっていることが未だに信じられなくて、でも今写真を見るとブーケを持っているのは私のようで他の人のようなとても不思議な気持ちです。
でもあの日感じた口では言い表せない位の幸せな気持ちやブーケを手にすることができた喜びは私の中にずっと残り続けていくのだと思います。本当にありがとうございました。

ブーケも装花もみんなからすごくほめて頂き持ち帰って頂いたそれぞれのお家で幸せの余波がじわじわと広がっていたようです。
シェアされたブーケを見て恋人と将来について話したのだと嬉しそうに話してくれた年上の友人、
赤ちゃんが産まれたばかりでどうしても列席できなかった先輩の奥さまなど皆さんとても喜んでくれたようです。
皆さんのエピソードを聞きながらさらにこちらも幸せな気持ちを分けて頂いたようでそんなふうにじわじわとあたたかい気持ちを与えられる一会のお花は本当にすばらしいなぁなんてあらためて嬉しくなりました。

あの日あんな風に一会のブログに出会わなかったらこんなに幸せな気分は味わえなかったかもと思うと一会に巡り合わせてくれた神様にもお礼を言わなくてはなりませんね。

最初はお花は高いから、、、としか考えられなかった私がこんなにも毎日花や木々の移り変わりを楽しめるようになったのも岩橋さんやスタッフの皆様のおかげです。

また、主人からお花をもらえるなんておもってもみなかったのであのトワカップのことは一生覚えていると思います。どんな大きなダイヤよりも私にとっては嬉しいプレゼントでした。
ケンカをした時にはこのことを思い出して仲直りしようと思います(笑)

とりとめのない文で失礼しました。
余談ですが写真の中でハート型の坊主頭をしているのは私の8コ下の弟です。皆様にお渡ししたお菓子は彼の働いているお店の物で引き菓子にも使いました。姉バカなもので、つい写真を入れてしまいました。スミマセン。

では 皆様のご活躍を心よりお祈りしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文中にトワカップとありますのは、
その当日の折、ご新郎様にお会いしたときに、
「ホワイトデーに彼女に花を送りたいんです」、
とことづかったトワカップを使ったアレンジメントのギフトのことです。
おふたりの仲のよさが羨ましいばかりで。

a0042928_2322543.jpg


このブーケは、7シェアできるようになっていて、


a0042928_23114210.jpg


こんなふうになりました。
(貴重なお写真、本当にありがとうございました。)
ちょっと見えにくいですが後ろにアンブリッジローズが入っています。
7シェアの場合、3リンから4りんくらいでこのくらいのブーケになります。


この日は装花も担当させていただきました。
そのお話は、また後日。



今日、新婦様からお電話をいただきました。

 母の日のメール、届いていますか?

はい、届いています!
ごめんなさい!
明日の夜にはアシスタントポチ(N)より、
母の日受領の旨、皆様へお返事をさしあげます。
あと一日お待ちください。


今日は、少しですが、『花時間』さんの撮影の日。
7月号で新種の花の御紹介を担当させていただきました。
御世話になりました関係者の皆様には心より厚く!
あつく、御礼申し上げます。


明日は平日ながらブーケがあります。
今週末も忙しく、アシスタントの皆様、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ではお疲れ様でした!
by ichiecd | 2007-04-24 23:28 | ブーケ | Comments(2)
ブーケ ラウンド 春 あさ緑
a0042928_0174740.jpg


こちらも試作品です。
早く御紹介したい新郎新婦様からのメールはたまっているのですが
それはやはりちゃんと書けるときに書きたい。
などと思っているとあっというまに月日がたってしまう・・・。
本当に、恐縮です。
でもこんなあわただしい日ではなく、できればちゃんと
腰をすえてと思うので・・・

たまっているメールも明日にはお返事します。


春の浅い淡い緑、先日パリのマルモッタンで、
身を染めるようにただぼーっと見ていた、絵のような色で。





 あはれなり わが身のはてや あさ緑 
 つひには野べの 霞と思へば
                        小町




この時期になると毎年、思い出す歌です。



 野べの霞とは、死んで火葬されるとき、その煙がたなびくさまを
 言ったと解されているが、この歌の生み出す広がりをもった映像と、
 それが与える感銘は、そんな解釈に限定されないところがある。
 春愁と、生の無常迅速と。
                    (大岡信『折々のうた』岩波新書1980年)


しばらくずっと書いていないような気がしたので、
今日は「やまとうた」の御紹介を。

コメントもとっても嬉しいです。
逆に以前書いてくださっていた方で、今は御無沙汰・・・という方は、
もう最近はつまらなくなってしまわれたのだろうか。と、
申し訳なく思ったり。


去年のこの時期は、メラスファエルラという珍しい花を
あの美術館に飾ったのだった、そう思い出していた矢先に
地球の反対側でまたシンクロして、メールをいただけたことに
感謝しています。

おってお返事しますね!

今日も、今日というある一日。
みなさま、本当におつかれさまでした。
by ichiecd | 2007-03-09 23:16 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ティアドロップ ジュリア ミラコスタ様
a0042928_049379.jpg



お台場はディズニーランド、
ホテルミラコスタ様のオリジナルドレスにあわせて制作した
紅茶色のティアドロップブーケ。

ジュリアというバラの色がどうしても気に入って、ということで
いただいたオーダー。

メールで何度もやりとりさせていただいて、
私自身もぜひお会いしたかったのですが、
結果時間などの問題でそれもかなわぬまま
メールでオーダーされたブーケ。

でもとても気に入ってくださって、今日長いメールを
いただきました。
嬉しくて、今日も一日あわただしい最中に、
もう一度最初から読みかえしました。




今週はこんな話ばかりで恐縮ですが
こうして新婦様からの言葉を頂いてはじめて
自分の仕事になるのだと思います。

どんなに自分の思い入れが深くても、
たった一言の御礼、それ以外には意味がない仕事です。

途中どこかの段取りひとつがかけただけで、
それまでのやりとりも、せっかく仕入れた良い花も
私の熱意も誠意も、
全部がゼロどころかマイナスになってしまう。
それを今日またしみじみと実感しました。
それを支えてくれるアシスタントの皆さんに、
感謝しなくては、そう思いました。



今日は昼はマンツーマンレッスン、夜は単発アレンジレッスンの日。
昼の方は、これまでの遠方記録を更新、
九州・大分からしかも一会のレッスンのためだけに
日帰りで来てくださって、
嬉しいとか有難いとかいうよりもう申し訳ない・・・。
「すっすみませんこんなところで!」とさんざん謝ってしまいました。

夜のレッスンもはじめてお会いできた方も多く、
忙しくも楽しい一日でした。

では皆様おつかれさまでした。
by ichiecd | 2007-02-27 23:47 | ブーケ | Comments(0)
7シェアブーケ 紅茶色のバラで
a0042928_13125797.jpg


お花にはどうしてもこだわりたかった。
そうおっしゃってくださった、新婦様。

紅茶色の、7シェアブーケをお届けしました。
ひとつのブーケのように見えますが、7つの小さなミニブーケから
成り立っていて、皆様にシェアすることができます。

スタッフがブーケ納品した時に
あいたがってくださっていたという話。

会場装花を納品した際に、ご挨拶できるだろうか・・・と
少しだけお伺いしてみたものの、すれ違いで、
やはり諦めようとした矢先。

新婦様が現れて、そして私の顔を見たとたんに
声をつまらせてくださるので、つられて一瞬、
声が出なくなってしまいました。

さきほど、長いメールもいただきました。
今日はもうブログパス1の日になりかけていたのですが、
このお写真一枚だけ掲載させていただきます。

本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2007-02-24 23:10 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ ラウンド アンブリッジローズとジュリアとハロウィン 冬
a0042928_1648548.jpg


セレス高田馬場様へお届けしたブーケ。
光沢のあるシルバーの中に、
色味を抑えた本当に淡い淡いピンクのような
ニュアンスカラーのドレスでした。

アンブリッジローズは昨日の通りまんなかのアプリコットです。
そのほかのバラの名前はこちらを・・・

a0042928_16575831.jpg

by ichiecd | 2007-01-13 16:42 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ラウンド アンブリッジローズとジュリア 冬
a0042928_22204682.jpg


先日10日にお届けさせていただいた、
アンブリッジローズとジュリアとイブミオラのブーケ。
冬らしく、というリクエスト。
今日新婦様から、皆に素敵といわれました、と
御礼のメールをいただきました。
本当にありがとうございました。


私のPCは岬の光景だったりするのですが、
一会の公式PCの壁紙はちゃんと、一応、一会のブーケです。
打ち合わせの最中、その壁紙を見ての御注文でした。

紅茶色のバラで作るニュアンスカラーのブーケ。
一会で人気の色あわせのひとつです。

先週は以前一緒にやってくれた春さん
(『花時間』さん密着取材で一緒に出てくれた人です)まで
呼び出して、大人数での製作でした。
昨日のメモリアルテーブルのように
ひとつひとつアイディアを練ってのコーディネイトをするので、
余裕があればあるだけ、完成度をあげられる気がします。


今日はブーケコースのレッスン日。
生徒さんから質問が出たのですが、
近々また求人を行う予定です。
去年に比べ倍増している仕事量、
登録アシスタントさんもかなり増やしているのですが
まにあわないことも多く、
じゃあ来年もほんとにこの量が続くのか?という懸念もあるのですが、
また2007年に向けて、できるだけの補強をしておこうと思います。
今回はおそらく定期アシスタントさんも募集します。
また詳細決まりましたら御案内します。
by ichiecd | 2006-12-12 22:45 | ブーケ | Comments(3)
クラッチブーケ 紅茶と、カフェと、アプリコットのバラ
a0042928_2027239.jpg



今日お届けしたブーケ。
「アフリカ」ブーゲンビリアシリーズにわりこんでしまう形ですが、
ごめんなさい。

こんなブログではありますが「記念になった」と喜んでくださる声も
最近時折、聞くようになって、
写真の加工がその日に間に合う場合には、
なるべく掲載しようとしています。
・・・できないことも多いですけれど。

お届けしたブーケや装花がたくさんあると、ひとつを選ぶのは迷いますが、
ブーケや花そのものというよりも、

写真の出来具合(早朝に一会を出発する場合、
特に冬、光が弱いとなかなか色が写せないので)、とか

最近あまり掲載されていない色とか、
なんだか同じタイプのブーケが並んでしまうとか、

そういうこちらの都合や要素に左右されることもありますので
その点どうぞ、ご容赦くださいね。

上の写真のブーケは、クラッチまたはナチュラルステムといって
花を茎のまま束ねる形で作っています。
ざっくりとした花束風、
ナチュラルな雰囲気をかもし出せるのが魅力です。
まんなかのバラは「アンブリッジローズ」。
淡いアプリコットのころんとした丸いバラです。

「ジュリア」は、紅茶色と称されるその絶妙な
色加減も薄い花びらが特徴、
よりしっかりした感じのバラは「カフェラテ」。

茶系のバラをあつめて、
今、旬のブラックベリーなどの実もあしらってお届けしました。
by ichiecd | 2006-07-01 20:35 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ラウンド 紅茶色のバラとアールグレイ
a0042928_23161682.jpg


中央、ベージュのバラは「ジュリア」。
左に流れる淡い紫の穂状の花が
ラクスパーといいます。品種名は「アールグレイ」。
くすんだ紫で独特の存在感があります。

西武の花ウエディング展に出そうかなと
考えた、ブーケの色あわせ、これをもっと淡くして・・・と
思ったりしたのですけれど
結局アールグレイがそろわず断念しました。

今日は・・・ここまで!
短いですが皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-03-31 23:19 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール と、アネモネ
a0042928_23381465.jpg


日曜日は、ありがとうございましたo(^-^)o
ブーケもとっても可愛くて今飾ってま~す!
贈呈用の花もすっごく可愛くて母も、喜んでいました心残りは、
会場装花を先生にお願いできなかったことです。それだけが残念で…。

という携帯からの早速のメールをいただきました。
本当にありがとうございました。
ちょっと遠い会場まで運んでくれたNさんお疲れ様でした。


下のふたつはブライズメイド用のミニミニブーケとして
一種の花を束ねたもの。
ちょっとかわいかったので写真に撮って見ました。


a0042928_2349866.jpg



a0042928_23492349.jpg


 アネモネや 夢二のような 恋をして
                        吉野夏子


この歌に詠まれるアネモネは、どちらかというと「モナリザ」と呼ばれる品種の
ミックスカラーのほうが、イメージに近い気がしますが、
アネモネと夢二、そのとりあわせの美しさに酔いそうな歌。

しかし、同時に、いつも思い出すのは、

 花のお江戸ぢゃ夢二と呼ばれ
 郷里(くに)にかへれば へのへの茂次郎

という夢二自身の歌。このほうが、より好きです。
(先日の美味の話に引き続き、
所詮ロマンティストにはなりきれない自分が悲しいような。)

竹久夢二の故郷は、岡山の牛窓、海に面した小さな町です。
数年前に行った時の写真ですが
どうも保存を間違えたのかどうか、見てみたらなんだか
ぎざぎざに・・・。

a0042928_0171673.jpg

by ichiecd | 2005-11-13 23:56 | ブーケ | Comments(8)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。