ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:新郎新婦様からのメール ( 824 ) タグの人気記事
セミキャスケードブーケ 軽井沢石の教会の花嫁様へ 台風の中、東京駅でブーケの受け渡しを
a0042928_21504467.jpg

本日軽井沢石の教会さまへの、生花のブーケ。
花嫁様は、昨日、東京駅でこのブーケを受け取って、
自ら新幹線で運んでくださいました。

この時期、この暑さでは
生花の宅急便のお届けは難しい。

では自分で電車で運びます、と、
おっしゃってくださいました。
一会さんのブーケを持ちたいから、と。

なのに、まさかの台風。
そして、実は花嫁様は関西の方なのです。

この日関西から東海道新幹線と上越新幹線を乗り継いで、
その乗り継ぎの東京駅で
ブーケをお渡しする約束でした。

市場で仕入れしながら、

大阪の電車は全部とまってる、というニュース。
山陽新幹線ももう動かなくなってる、というニュース。

7時に事務所に戻って、
そこから1時間おきに、
新幹線の運転状況をネットで確認しながら、
ブーケを作りました。

もしかしたら東京まで来れないんじゃないかって、
何度も思いました。

気持ちがわたわたして、落ち着かない。

今自分にできることは、
心配することじゃなくって
当然、自分以上にずっと不安な、花嫁様のチカラになること。

「最善&全力を尽くします!」と、

メールを送ったらすぐにお返事が来て、

「メール、励まされました!」。


軽井沢での挙式は、本当にご家族とご親族のみ、
少人数の結婚式。

なのにわざわざ東京の花屋のブーケを持ち込みたいって
おっしゃってくださった。
まさか台風になるなんて、
そこに余計なお手数を増やしてしまって、
申し訳ない。

ブーケを、少しでも良いものに仕上げること。
それが今、自分にできることの全部。
あの地震のときに長野まで行った日のこと、
思い出しました。



さきほど、花嫁様から
メールが届きました。

一枚、軽井沢の美しい新緑の中にたたずむ
清楚な花嫁さまご自身のお写真をいただきました。
a0042928_17314549.jpg

(許可をいただいたので翌日に追加ご紹介!)

・・・・・・・・・・・・
おかげさまで、ブーケもブートニアもとても綺麗な状態で、
式に臨むことができました。
参列したみんなからも綺麗なブーケと褒めてもらい、
岩橋さんにお願いして、本当に良かったです。
・・・・・・・・・・・


ブーケもブートニアも無事にきれいで、
皆様に褒められたと。


わー膝のチカラが抜けた。
そして何度もその写真を、みています。
あんまりきれいで、ちょっと涙がにじむよな。

ほんとうに、本当にありがとうございました。
心からのお祝いと、御礼をこめて。

翌々日、50時間後のブーケのお写真は、こちらです。



では皆様今日もほんとうにおつかれさまでした!



1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回7月14日15日および8月15日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-07-07 23:17 | ブーケ | Comments(0)
卒花嫁様 帝国ホテル東京へ、スモーキーピンクとユーカリのブーケ
a0042928_17140764.jpg

先日お届けしたブーケ、帝国ホテルの花嫁様より、

a0042928_23143813.jpg


二次会で持ってくださっているお写真をいただきました。
・・・・・・・・・・・・・
特に打ち合わせをしていなかったにも関わらず、
ドレスのサッシュベルト、会場の雰囲気にもピッタリ合っているブーケでした。
私もビックリです。
改めましてありがとうございました。

バタバタしており、ブーケ単独でのお写真は撮っていなかったので
お写真の共有嬉しいです。
ありがとうございます。

すっかり結婚式ロスな2人ですが、
気持ちを切り替え仕事に精を出していこうかと思います。
今後も何かお花のリクエストがある場合にはお力になって頂きますと幸いです。

一会様の益々のご繁栄御祈り申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・
という嬉しいメール、

a0042928_23141577.jpg


実は、髪飾りの花とブートニアとは、アーティフィシャルでの
花嫁様の手作りなのです。
お写真だけいただいて、
それにあわせて生花のブーケを作りました。

a0042928_23143082.jpg

受付の花は、柏葉あじさい。

そして、そのほかにご両親様贈呈の花束もお届けしたのですが、
これはまた、こちらの花嫁様のすてきなお話になりますので
後日、別記事でご紹介します。

(ブログ迷子になってる間に
山ほど記事が溜まってしまった!!
お写真OKをいただいている花嫁様、
順番が前後してしまって申し訳ありません)

a0042928_23152092.jpg

そしてさらに実は、
この2月のエネコ東京のブーケの花嫁様の、
ご友人の方でした。
深い、感謝を申し上げます。

では皆様本当におつかれさまでした。

ありがとうございました。


by ichiecd | 2018-07-06 23:28 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール ルアール東郷の花嫁様より こんな贅沢を
a0042928_18140036.jpg

ルアール東郷様へのクラッチブーケ、一会風。
もうこの日はいっぱいで、ちゃんと写真が撮れなかったなーと
しょんぼりしていましたが、
花嫁様がかわいいかわいい写真を送ってくださいました。


a0042928_18202338.jpg

素敵なお花をありがとうございました。

ブーケはグリーンと小花の奥にも
大輪のバラが見え隠れしてどの角度からも見ても美しく、
こんな贅沢を味わっていいのかしら、と思うほどでした。
密かにスズランが入っているのも、花言葉がぴったりて嬉しかったです。

披露宴中は自分がじっくり眺める時間がないこと、
ずっと持っていられないことが本当に残念で・・
家に持ち帰ってからもほどくのがもったいなく、
しばらくブーケのまま水切りをして飾っていました。
流れるような様子を見たくて家でも水からあげて鏡で映して見たり(笑)。
ブーケとして手に持った角度で、
どこから見ても一番美しく見えるように
作ってくださっているのだなと感じ入りました。

名残惜しかったのですが、いまは花瓶にうつして楽しんでいます。

a0042928_18203714.jpg


ヘッドドレスのお花も好評で、打掛にもぴったりでした。
たくさん入れて下さり、ありがとうございます。

お色直しのときに余裕があれば、
もっとたくさんつけてお花だらけにしてもらえばよかったと思うくらいです。
夫もお花にはそこまでこだわりのない人ですが、
今回ばかりは、うまく言えないけどブートニアが可愛かった、
と喜んでおりました。

a0042928_18225568.jpg


a0042928_18234093.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご新郎様の一言も、嬉しい。
色打掛のヘッドドレスにいれたトルコキキョウは、
一週間後も咲いてくれているそうです。

こんなに花を大切にしてくださる花嫁様の手元で、
咲くことができた花たちは、シアワセですたい。なぜ博多弁。


では皆様今日もほんとうにおつかれさまでした!



1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回6月2日10日7月14日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

by ichiecd | 2018-05-26 18:13 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 八芳園の花嫁様より リバーシブルブーケ、二次会にも使えるように
a0042928_21000425.jpg

にっこりの花嫁さんの笑顔にひきこまれそう、
八芳園さまでの4月のご結婚式でした。
a0042928_21000488.jpg

結婚式の翌々日、お二人からメールとお写真をいただいて、
許可を得てご紹介を。


a0042928_21000395.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・
当日、素敵なブーケをお届け頂き、
本当にありがとうございました。
イメージ以上に素敵に仕上げて頂き、
思わず涙が出ました。
a0042928_20595389.jpg

披露宴、二次会と向きを変えて、
との素敵な提案通りに、イメージを変えることができ、
素晴らしいブーケに、心踊りました。

・・・・・・・・・・・・・・・


このブーケは、
挙式の白いドレスと、
二次会用の淡いブルーのドレス、
それぞれに裏表で、
さし色を変えてお作りしたリバーシブル仕立て。


二次会にも一会風のブーケをそのまま持ちたいけど、
ブルーのドレスにあうかどうか。
と悩まれていたので、このような形でご提案。

a0042928_20595262.jpg


リボンもつけかえられるようにして、
一つのブーケを、挙式、そして二次会にも使えるように。

とはいえ、
挙式から、二次会までは途中披露宴をはさんで
だいぶ時間があきます。

花嫁様とのご相談時も、
会場様へのお届け時にも、
「できれば、水につけておいてもらえると安心です」、と
お伝えはするものの、
こんなに完璧にケアしてくださる会場様はあまりありません。


花嫁様からのメールの続きには、
「二次会はあまりわかりやすい写真がないのですが、
少しですがお送りします。
ドレスのイメージと、リボンもぴったりでした。
主人もすごく気に入っていました!

当日、披露宴でも二次会でも、
私がブーケを手にしていない時間は
ずっとお水にさして頂いていましたので、すごく綺麗でした。」

さすがの八芳園様でした。


翌日に、押し花になるために戻ってきたブーケも、

a0042928_12403994.jpg

とても、きれいなままでした。

a0042928_22092172.jpg

ブートニアまでもこんなかんじに。

以前、とある花嫁様に
「結婚式が終わるころにはブーケがダメになった、と
先輩花嫁さんたちの噂で聞いていたので、
一週間たっても一会さんのブーケがきれいなままで
びっくりしました」というようなことを言われて、
むしろびっくりしたことがあります。


白いブートニアは、挙式用に。
青いブートニアは、二次会用に。
a0042928_20595318.jpg


24時間後、
結婚式の一日の大役を果たし、戻ってきたブートニアは
ちょっとだけ、押されたような跡があって、
花婿さんのご友人に、ぎゅぎゅっとハグされたのかなあ。

と思うと、
その花弁の折れた跡も、勲章。


では皆様今日もおつかれさまでした。


1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回5月3日6月2日ともキャンセル待ちです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-04-27 13:30 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール リストランテASOの花嫁様より 秋の装花、バラと実り最終編
a0042928_18190638.jpg

リストランテASOの花嫁様。
ブーケを手に鏡でにっこりしてる姿…、
ずきゅーんと胸を撃ち抜かれました。

a0042928_18105793.jpg

実は、2015年10月の花嫁様でした。
a0042928_18113724.jpg

秋、10月のご結婚式のテーマは、「バラと実り」。

ご出産後に、
「はじめてだけど、生花を習ってみたくて」と、
今度は、一会の定期レッスンの生徒さんとして、
しばらくお花を習いにきてくださっておりました。

a0042928_18113817.jpg

そして、来年、妹様がご結婚なさるそう。

そのためのお写真を探していたら、
ご自分の結婚式のカメラマンさんの写真を、
まだ一会に送っていなかった!と、
今回、お送りくださったのでした。
a0042928_18113962.jpg

レッスンしてる時もそうだったのですけど、
この笑顔が、

a0042928_18331682.jpg

この仕草が、
ひとつひとつ、かわいい!

a0042928_18364872.jpg

ブーケプルズの様子、
実はこの白いブーケの中には、


a0042928_18105994.jpg

8個の小さな生花のバラのリングが隠されていて、

a0042928_18113970.jpg

プルズしてくれたお友達に、
お揃いのリングをお配りできる仕組みでした。

a0042928_18113887.jpg

このお色直しのブーケは後日、なんとお母様が、
それはそれは見事な、
ドライフラワーのトピアリーとリースに
仕立て直してくださったのでした。



「お花をドライフラワーにすると決めたとき、
まだ綺麗に咲いている花をほどいていいものか、
と心の中でかなり葛藤もありました。
でも、こうして手元に戻ってきたお花を眺めるたび、
私にとって大切な1日にこのお花が寄り添ってくれたことを、
繰り返し繰り返し幸せに思うことができています。」
そう書いてくださったメールを、今また読み返して
じーんとしています。

当日の装花の写真はこちら。


そして、花嫁様は、来年の妹様の結婚式のために、
先日の1dayプリザーブドレッスンでは、
リングピローを手作りにいらっしゃいました。

こうして、ご結婚式が終わってからも、
ふしめ節目に思い出してくださって、ずっとご縁が続くこと。

これこそが、一会のほんとの財産だ、っていつも思います。


先日、久々に連絡をくださった別の卒花さまは、
ご注文のメールの末尾に
「来年はとうとう結婚20周年です、
お花を頼みたいなと思ってます」って、ぽつり。

に、にじゅっしゅうねん。て。すごい。

私自身が、一会の設立より前に、
ブーケをお届けさせていただいた方でした。

結婚式っていう大きな打ち上げ花火のあと、
はじまる長い日常、

昼も夜も、夏も冬も、雨も雪も晴れの日も、
ずっと、
お二人に、ご家族に、よりそうことができますように。
と、願って、やみません。

20年たっても、きっとますます
笑顔も仕草もかわいくなっているだろう
バラと実りの花嫁様へ、
心からの御礼と愛情をこめて。

ありがとうございました。


では皆様今日もおつかれさまでした。
といいつつ、これから4月最後のレッスンです。
わーもう4月終わりか・・・はや・・・



https://ichiecarpe.exblog.jp/21778475/
1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回3月31日、4月15日、5月3日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-04-24 18:59 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール Q.E.D. Clubの花嫁様より きっと、これからも
a0042928_2322313.jpg

Q.E.D. Clubでご結婚式の花嫁様。
いい笑顔!

ああ、なんていい笑顔~!って、
思わず、深呼吸してしまう。

a0042928_23223757.jpg

お色直しのブーケは生花で、
お揃いのリストレットはプリザーブドフラワーでした。

a0042928_23225124.jpg

許可をいただいて、お写真とメールをご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・
昨年は結婚に際しまして、前撮りの小物から式当日のブーケに至るまで
さまざまにお世話になりまして
誠にありがとうございました。

a0042928_23224738.jpg

年始にもブログにアップして頂いて
大変嬉しく、パソコンを見ながら半年前の情景を思い出しておりました。

結婚という人生の節目を思い出す度に
あの素敵なブーケたちが思い起こされて
とても幸せな気持ちになります。
きっと、これからも。

岩橋様には感謝でいっぱいです。

本当に素敵な思い出をありがとうございました。

これからもまたレッスンなどに参加したく、
今後ともよろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・
a0042928_23225674.jpg


きっと、これからも。

という言葉に、
花嫁様がこめた気持ちを、つまり、
「覚悟」って呼ぶんだろうなあ。

きっとこれからも、何度も、何年後も、
結婚式の写真をみかえして幸せになろう。
という、覚悟。

ここから、大きな大きなエールをお送りしています。
何年か後に、何十年か後に、
花嫁様がいつかこの場所を振り返ったら、
ここで大きく手をふっております。

この日の花と一緒に、ずっと手を振り続けております。



では、皆様今日も本当におつかれさまでした。

昨日から、みなさまからの母の日のお申込みに、
感謝の言葉もございません!
生花6480円は、完売御礼とさせていただきました。

あんなしょうもない記事なのに、
見捨てないでくださってありがとうございます・・・。

週明け、メールを差し上げます、
今しばらくお待ちくださいませ。



1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回3月31日、4月15日、5月3日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

by ichiecd | 2018-04-20 23:35 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール ホテル椿山荘東京の花嫁様花婿様より プリザーブドのブーケ
a0042928_12563870.jpg


ホテル椿山荘東京様の花嫁花婿さまより、お届けしたプリザーブドブーケと一緒に、
笑顔のキュートなお写真たちをいただきました。
かわいーーーー!

a0042928_12565390.jpg


許可をいただいて、メールとお写真とを
ご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・
この度は素敵なブーケ・ブートニア、ヘッドドレス、
贈呈用のお花をありがとうございました。

届いたブーケを初めて目にしたとき、
思っていた以上のものだったので本当に嬉しく、
ワクワクしました。

特にブーケは、ゲストの皆様からも「かわいい!」と大変評判でした。
結婚式の1日は驚くほどあっという間でしたが、
今もブーケを見ると当日のことを思い出して嬉しくなります。
a0042928_12564598.jpg

岩橋様にお願いして、
納得のいくブーケが手元に来てくれて、
本当によかったです。
a0042928_12565807.jpg

お礼のご連絡が遅くなりまして、大変申し訳ありません。
また、直接お礼を言いたいところ、メールにて失礼しました。
・・・・・・・・・・・・・・
a0042928_12570385.jpg


お写真とメールをご紹介してもいいですかと
お伺いしたところ、

・・・・・・・・・・・
一会様には大変お世話になりましたので、
写真と文章は使っていただいて構いません。
(大した文章じゃないのですが…大丈夫でしょうか?)
・・・・・・・・・・・・
と照れながらOKをいただいて、
なんだかその照れてらっしゃるご様子がメール越しに想像できて、
それも嬉しいことでした。

何よりの笑顔、何よりも嬉しい。
何度も書いてるけど、何度でも嬉しい。
もう18年やってるんだけど、毎週、嬉しい。

うれしいんだーーーー!!!と
お伝えするために、本日もブログを書いてます。

「ブーケはものがいいため、未だにきれいです。
今も見るたびに当日のことを思い出して嬉しくなります。」
そう、書いてくださった、花嫁様へ、
万感の感謝をこめて。

本当にありがとうございました。
プリザーブドブーケがこれからも、お二人のそばできれいに咲き続けくれますように、
これからの長い道のりに、足元を照らす灯になりますように。

ではおつかれさまでした。



ちなみに・・・・
4月30日5月1日あたりで新潟で
ブーケとかお花とかレッスンとか、
お必要な方いらっしゃいませんでしょうか?

1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回4月15日5月3日は満席になりました。6月2日13時から開催決定しました。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-04-11 12:54 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 春の装花、ホテルニューオータニ様へ 愛情も情熱も
a0042928_21212173.jpg

ホテルニューオータニ、ラピスL様への高砂装花、
翌日に花嫁花婿さまから嬉しいメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・
昨日は素敵なブーケ、ブートニア、
会場装花、花束をありがとうございました!
今も、まだまだ生き生きしている
ブーケの香りを噛みしめております。
a0042928_21283764.jpg

本当にドンピシャ!!のタイプのブーケでした。
白のブーケもピンクのブーケも捨てがたいと悩んでいて、
岩橋様にもうお任せしよう!と決めていたのですが、
どちらの雰囲気も感じることができる、
芍薬もパンダもライラックも
ピリッとした感じもすべて取り入れてくださり、
感動のブーケでした。
a0042928_21274531.jpg

素敵なお花たちがずっしりと惜しげもなく
詰まっていてるのには、
本当にびっくりしました。
贅沢すぎるブーケです!
ドレスの雰囲気ともピッッタリでした!
a0042928_2128962.jpg

一日を共にし更に愛着が沸き、今は自宅で大切に飾っています。
パンダの花びらが披露宴後はクタッっとしてしまったのですが
今は元気になり、芍薬もまだまだ花開くのが楽しみです。

会場装花も全体の雰囲気がパッと明るくなるような、
会場に入った瞬間想像を超えていたのでびっくりしました。
a0042928_2127296.jpg

和食とお伝えしていなかったのにも関わらず、
和食の雰囲気にもピッタリでした。
a0042928_21503829.jpg


主に明るいグリーンな感じを取り入れてくださったので
ナフキンの色ともマッチしてました!
私の好きなお花がちりばめられていて
見れば見るほどに好きになってしまう装花でした。

贈呈用花束も今まで見たことない繊細で華やかな花束で!
新郎のお母さんは小柄で若々しくいつも笑顔で、
これまた彼女のイメージにピッタリでした。
a0042928_21291856.jpg

どんなお花が使われているのか
まじまじと見れなかったのが少し心残りですが、、笑
a0042928_21261536.jpg

何気なく私が言った好きなお花のことも把握し、
取り入れ、希望以上のものをつくる、
私たちの希望を100%以上に叶えようとしてくださる
気持ちが伝わり本当に嬉しく、
素敵なお花たちから岩橋様のお花に対する愛情も情熱も
感じることができました。

感動したことを伝えずにはいられなく、
長々と書いてしまいました。

一会様にお願いしてよかったです!
本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
わーん、嬉しい!
泣けちゃう。
泣いちゃえーーー!


ほんとうに不思議、

全力をつくして仕事をしたことが
なぜかこんなにも伝わる瞬間があって。

ブーケの重みで、そうと分かってくださるお二人。

ほんとは、どんな人にも
実際に見てもらえたらもっと伝わるんだろうけど、
結婚式で生のお花という時点で、
なかなか一般には伝えるのが難しい。

このいただいたメールをご紹介してよろしいですかと
お伺いしたら、ご快諾くださって、
そうして
・・・・・・・・・・・・
伝え忘れてしまいましたが、ブートニアもとても可愛かったです。
まだまだピンピンしてます!
・・・・・・・・・・・・
とおっしゃってくださいました。

ご紹介くださったdapandaさんに感謝感謝を
山ほど!チョモランマくらいほど!
https://ameblo.jp/dapanda45
では皆様今日も本当におつかれさまでした。



1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回、5月3日6月2日それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

by ichiecd | 2018-04-10 21:47 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 東京女子大学の花嫁様より 白い百合のブーケ、人生の糧
a0042928_21523382.jpg


先日の雪の日の東京女子大学の花嫁様から、
翌日にいただいたメール。
許可をいただいて、ご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の挙式では大変お世話になりました。

a0042928_21541979.jpg


岩橋様にコーディネイトいただいた

百合の装花は、東京女子大学のチャペルに映え

写真では伝わらない神々しさ、

そしていい香りがチャペル中にただよう

幸せな空間でした。



また、昨夜ブログを拝見致しました。

岩橋様の温かさが伝わる、素敵な文章で

感激致しました。


直前まで、変更にご対応いただき、

誠にありがとうございました。

岩橋様をはじめとする、一会さんのサポートがなければ

あれほど素敵な挙式にはなりませんでした。

感謝いたします。

a0042928_22045373.jpg


東京女子大学での4年間は、

私にとって特別なものでした。

四季を感じられる美しいキャンパス、

爽やかな緑の窓枠、

心の静けさを取り戻せるチャペル。

どの風景も、私の心を豊かにしてくれた様に思います。



そこで出会った、学友たちとの間で

それぞれの人生に磨きをかけ、

ここまで歩んでまいりました。



思い入れのある東京女子大学の

さらに神々しさを増したチャペルにて挙式を執り行えたこと、

とても感謝しております。

また、昨日は、温かい皆様に囲まれ、

本当に幸せなひとときを過ごせました。



私の人生の大切な思い出として、

これからの人生を豊かなものにするための

糧をいただけました。

a0042928_22053151.jpg


私たちをお見守りくださり、ありがとうございました。

昨日から今日と、急な天候の変化もございますので

体調を崩されません様、ご自愛くださいませ。



本当に、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_21571289.jpg

丁寧で美しい言葉で綴られたメール、
それは嬉しい、かけがえのない宝物です。

楽しい、
忘れがたい、一日でした。

あっという間に4月になり、
でもふと寒い今日、
あの夢みたいな雪の、春の一日を思い出します。

たった一日はあっというまに
過去になり、記憶になって、

でもこれからの花嫁様と花婿様の、
長い人生の糧となる。


いや、自分の手で、それを糧にする。

そういう花嫁様の決意を、

あの日、雪の日に、
教会にたちこめたその香りとともに、
一緒にその日、咲いていたたくさんの百合の花が、

この先ずっと、その気持ちを励まして、たちどまるたびに、
すぐそばで香り続けることができるように。


一会の小さな車に山ほどの百合を詰め込んで、
吉祥寺の東京女子まで往復した翌朝、

いつものように車に乗り込むと
ほんのりと良い香りがしました。



では皆様今日も本当におつかれさまでした。


by ichiecd | 2018-04-05 22:03 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 目黒雅叙園の花嫁様花婿様より 折鶴と手作りブーケ
a0042928_21443837.jpg

昨年秋、目黒雅叙園の花嫁様花婿様がくださった、18枚の結婚式の写真。
最後の一枚の写真、それがこの写真です。
その写真には、
「心からの感謝を込めて」
と書かれています。

a0042928_21443931.jpg

職人冥利につきる、その一言に、心を打たれて、

a0042928_21443997.jpg

という気持ちを、
どう書いたらいいんだろう。

っ書いたところで
答えは見つからないのでとりあえずブログを書く。


/
おふたりに許可をいただいて、ご紹介させていただきます。
a0042928_21443567.jpg


・・・・・・・・・・・・・
10月○日に目黒雅叙園での結婚披露宴にてお花を飾って頂きました、
○○と申します。

式場から写真が届いておりますので、そのご連絡になります。
1か月前には届いていたのですが、
ご連絡が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
ずっと気にかけてはいたのですが、
新生活に慣れるのにバタバタしてしており、
自宅でパソコンに向かうのが久しぶりになってしまいました。。
a0042928_21443683.jpg

式場からの写真の中で、
一会さんのお花・手作りのブーケ・母の手作り髪飾り、
それぞれいくつか写真をお送りさせて頂きますね。
(データ重たいですが、問題なく開けましたでしょうか?)
a0042928_21443771.jpg

(中略)
(一会が送った写真について)
いろいろな角度から撮影して下さり、ありがとうございました。
また「披露宴がはじまる前のわくわく感」が沸いてきて、
当日の感動が思い出され、自然とあったかい気持ちになっていきますね。

写真を見返して思うのは、ゲストテーブルのお花もメインテーブルのお花も、
どの写真にもちらっと映り込んでいて、本当に可愛らしいんです。

きっと、そのお花の表情を見たみんなが、
その愛らしさとほっとするあたたかさを感じたから、
あんなにも笑顔の溢れる時間を過ごせたのだなぁと思います。
a0042928_21443985.jpg

会場全体の空気をつくりだしてくれるだけでなく、
私たちやゲストの表情を引き立たせてくれるなんて、
お花のパワーは本当にすごいですね。

さらには、私からすると、
そうやってお花を愛でる心を持ってるみんなの優しさまでもが、
本当に愛おしく思います。

岩橋様が咲かせて下さったそんなすばらしいお花たちは、
私たちはもちろん、ゲストにとっても、
私たちの結婚式の象徴的なものとなって心に刻まれています。
a0042928_21443356.jpg

a0042928_21443258.jpg

実際、友人と話をしても、
お花をすごく覚えてくれているので、いつも自慢させて頂いてます♪
a0042928_21443790.jpg

こんなにもすべてのことに「ありがとう」って、心から思う日を経験できて、
本当にしあわせです。

そんなしあわせを感じられたのも、
微妙なニュアンスを汲み取って下さり、
直前のトラブルにもご丁寧にご対応下さった、
すてきなお人柄の岩橋様に出会えたからこそです。

本当にご縁だなと感じています。
岩橋様と出会えたことに、本当に本当に感謝しています。

岩橋様の手で彩られたお花によって、
これからも、たくさんの花嫁・花婿さん、そしてそのご家族、ゲストの方々が、
笑顔でしあわせな時間を過ごせることを心から祈っております。
そしてそのしあわせを、一会さんのブログから勝手ながら分けて頂いて、
日々のパワーにさせて頂きますね^^
a0042928_21444211.jpg

今年も残りわずかですが、
このタイミングでまた結婚式の気持ちを思い出すことができて、
しゃんとした姿勢で、今年を締めくくらねば、と思えました。

また1年以内にでも、お伺いさせて頂ければなと思っております。
本当に、ありがとうございました。


<ちょっとした小話>
ブーケの写真の中で、折り鶴がのっかったものがあるのですが、
a0042928_2144368.jpg

フラワーシャワーならぬ折り鶴シャワーをした時のものが、
ずっと乗っかっているんです。
お気に入りの1枚です♪
a0042928_21443680.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・
文中にありますように、
このお写真をいただいたのは年末なんですが、
相変わらず仕事のとろい自分は今こうしてようやく、
このお写真をブログに書いてます。

どう書いて良いかわからなかっただもん。
公式に「だもん」と書くことが許されるのは20代までなんじゃないか?
という一人突っ込みはおいといて、


お二人は、これから3年後どんなふうに過ごしてらっしゃるかなあ。
と漠然と想像してみます。

これから5年後は?
これから10年後は?
2027年、2037年、2047年、2057年。


10年後も20年後も30年後も
あの日と同じように、
折鶴がお二人の手のひらに、心の上に、
舞い降りてきて、そうしてお二人の心を励ましてくれますように。

って、毎回かいておりますけれども、
それは私の作る花は、別に自分の分身ではない。

自分の作る花は、
自分が作りたい花じゃなくて、

それは、お二人に請われて
はじめてこの世に生まれた花。


つまりそれは、花嫁さんと花婿さんが願って

初めてこの世に命を得た、
わずか半日のための
花なのであって、


これから咲かせるのも枯れさせるのも、
水をやるのも放置するのも、
それは、二人の自由。

自分は対価をもらって、その種になるような花を、
土を掘って、植えるだけ。

もちろん元肥はしとくけど、
なるたけ土をふかふかにしとくけど、

お二人の心に、たった半日植えるだけ。

あとは二人がどうするかそれ次第だよ!

そんな花を、売りたいんだよ!!!


そっかだから自分は
個展をしようとか作品集だそうとかは全然思えなくて、
本番のブーケを作ることにだけ、

結婚式という一生に一度の機会に
ガチで頼んでもらえる時にだけ、

情熱が燃えるのか!

そっかー・・・

18年目にしてはじめてわかったよ!(←遅い)

今このブログを書きながらこの瞬間、納得、腹落ちした。
a0042928_21443950.jpg




というので
今日

この日、咲いた花を、
たった一日の花を、
来年も再来年も10年後も50年後も、

お二人が水をやって肥料をやって、ってバトンタッチ。

そんな仕事を仕事としてさせてもらったことって、すごくないか。
とあらためて手を見る自分でございます。

かわいい、とてもかわいい花嫁さんの手作りのブーケ。
おめでとうございました、という言葉で、
いっぱいの気持ち。


では皆様今日もおつかれさまでした。
ありがとうございました。

1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回4月15日は満席となり締め切りました、5月3日は13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

by ichiecd | 2018-04-04 22:39 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。