ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:キャスケード ( 74 ) タグの人気記事
キャスケードブーケ フィオナとたっぷりのグリーン
a0042928_0551262.jpg



横浜のレストランでのパーティ。
白のドレス一着をお花で飾りを変える
「お花直し」をなさりたいというご要望でした。
グリーンがたっぷりめの雰囲気が好きということで、
こちらは白のブーケ。

お式後いただいた新婦様からのメールを転載させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご連絡遅くなってしまいました。
昨日、無事結婚式が終了致しました。

まずは、ステキなブーケたち、ありがとうございました!!
白ブーケのイングリッシュローズ(?)の美しさ、優しい香りにすっかり
ノックアウトされ、花嫁として身が引き締まる思いでした。
お色直しブーケの色あいや小物たち、ウェルカムボード、リングピロー
まで全てカワイくて、堂々と振舞う事が出来ました。

リングピローなんですが、想像以上に大きくて(笑)、3歳のリングガールが
持った瞬間に「重~い」と腕を下ろしてしまい(爆笑)、バージンロードを
先導するのではなく急遽、挙式内でリングを渡すまで椅子に座って持つことに
なりました。
デザートビュッフェで黙々とケーキ食べていた子なのできっとリングピローも
気に入ってくれたことでしょう。

ウェルカムボードはレストランの入り口でものすごい存在感でした。
手書きの字がまた私たちのアットホームなパーティーの雰囲気に合っていて
家に帰ってからもしゃがみ込んで隅々まで長い間眺めていました。
そういえば、頼んでないのに二次会の会場入り口にいつの間にか置かれて
いました(笑)誰かが気を利かせてくれたようで、二次会参加者からも
感嘆の声が上がっていました。
個人的にはアジサイの周囲のグリーンネックレスと苔の縁取りのセンスが
もう最高!と思ってます。

ブーケ。アイビーやグリーンネックレスたっぷり使っていただいてありがとう
ございました。
花の形って本当に芸術的に美しいですね。結婚すると決めたときにはアレンジ
メントなどにほとんど興味がないというか、知識もなく、どうしたら良いかも
わからないままでした。水揚げの方法も知らないくらいだったのに。
ブーケを残そうかどうか迷いました。でも、花は水揚げをしながら最後まで
咲いて、記憶と写真に残ればいいと思いました。
なので、帰ってきて、分解。(ごめんなさい)
ブーケがどのように作られているのか、初めて知りました。
アイビーとグリーンネックレスは外して根が生えるまで育てます。
いつか、また誰かにおすそ分け出来るように。
お花の部分は、2つの四角いアレンジメントを作って、今日、母と祖母が
広島へ帰る際に渡しました。
明後日から新婚旅行で1週間いないので、
全部のお花たちの最後まで世話出来ないのが残念で残念で。

さて、ブログ拝見致しました。私のが載ってる!!(→早速壁紙に)
同じのが今ここにあるんだ~と思うと感慨もひとしおでした。
いつの間にか、岩橋様のブログに自分のが載る事が夢になっていました。
しっかり保存しなきゃ(笑)
この「森のカフェラテ」ブーケ(勝手に命名)をはじめ、千日紅ってここまで
いろいろ使えるんだって不思議な気分でした。
このブーケは全部ドライフラワーに出来そうですね。
これはクラッチなので水揚げして、一部だけ抜いて干してみました。
残りは彼の実家のほうへ差し上げようと思います。
リングピローやウェルカムボードもアレンジ家庭用にアレンジしなおして。

友人にあげたリストレットもとても好評でした。
リボンの結び方まで丁寧にメモいただきありがとうございました。
ドレス飾りのほうはウエストにピンで留めました。
いま手元にある写真がゲストテーブルで撮った写真しかないのできちんと
お見せ出来ないのが残念なのですが。。
また改めてプロの方に美しく撮って頂いたものをお送りします!

長くなってしまいましたのでこのあたりで。
お花を届けて頂いたスタッフの方、メイク中で頭が固定されていてお礼も
お見送りも出来ませんでした(涙)
よろしくお伝えください。

では、また写真が出来たときに改めてご挨拶させていただきます。
岩橋様も、お体にはくれぐれもお気をつけて。

ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


花でお色直しなさったときのお写真も
まだ許可を得ていないのでここに掲載できないのが残念!
でもぜひぜひいずれ・・・とたくらんでいます。
本当に、素敵なのです!

お打ち合わせの折から、にこにこと笑顔の印象的なお二人、
帰られたあとでアシスタントさんが
「すっごく雰囲気のいいお二人でしたね~」と思わず言うほど。
メールもいつもいつもとても丁寧にいただいて、
今回掲載許可を頂くメールにも、
新婚旅行から戻られてからすぐお返事くださって、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブーケから抜いたアイビーとグリーンネックレスが生き残っていて
ほっとしました。
グリーンネックレスは水につけるだけでは根が出そうになく、
土を用意するかどうか考え中です。

ウェルカムボードは黒っぽいお花とグリーンネックレス以外は
そのまま見事にドライに。
当分はウチに飾ることにしました。

ラグラスはいつドライになったのかよくわかりません(笑)
色ブーケのほうと一緒にして、ドレス用に使って頂いたエアープランツを
巻いて窓辺にぶら下がっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、「って、なぜ私はこんなに詳細に
その後のお花たちの報告をしているのでしょうか(苦笑)」と
書き添えつつ送ってくださいました。

お花のその後がどうなったかをこんなに詳細に教えてくださるなんて
作り手としてはどれほど嬉しかったか、
伝えたくても伝えられません。

そしてリングピローの件、「し、しまった~!」と平謝りする私に、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いえいえお気になさらないでください。
もともとリングガールは割と内気なタイプの子で、当日リングガールが
出来るかどうかすらギリギリまで微妙なほどでしたので、問題ではないです。
挙式プランナーの方が、機転を利かせてくれて、ちゃんとリングピローを
持つチャンスを作って下さったので、それで満足でしょう♪
リングピローはバラだけ先にしおれたので、白ブーケの中の小さいバラに
差し替えて旅行前に彼の実家に持っていきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、本当に優しいお言葉で、救われてしまいました。




掲載の許可をいただきながら
すっかり遅くなりまして申し訳ありません。

本当にほんとうに、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-06-17 23:53 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ キャスケード ミスカンサス
a0042928_11474479.jpg

昨日のメールのお話、その続きです。頂いたメールをこちらに転載してもよいですかと
お伺いしたそのお返事。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩橋様

こんばんは。

メールありがとうございました。
ブーケ、装花は当日の一番の楽しみでしたので、
素敵なお花いっぱいに飾っていただけたこと、
本当に嬉しく思っております。

一会さんに依頼した皆さんがおっしゃっていますが、
私も一会さんにお任せして本当に良かったと思っております。

式後仕事をお休みしていて、今日から職場復帰だったのですが、
列席者からお花がキレイだったよ、と何度も言われ、
すごく嬉しかったです。

贈呈用花束もすばらしく、つぼみが沢山ついていて長い間楽しめそうで、
嬉しいです。
先日実家に帰ったら、家中が花の香りで満ち溢れていました。

式の準備で忙しく、寝不足気味の日々でしたが、
そんな中でも岩橋さんのブログを毎晩拝見し、
癒されていました。
ブログは仕事が終わられてから書かれている、とのことだったので、
ブログが更新されていない夜には、
岩橋さんもまだお仕事しているんだから、
私もがんばって式の準備をしよう、
なんて、勝手にエネルギーをもらっていました。

先ほどブログを見たら、
私のブーケが載っていてすごくうれしかったです。
早速、PCの壁紙にしました。

感謝の気持ちは言葉では伝え切れませんが、
それでもかまわなければ、ブログ等への掲載の件、
OKです。

今日も、今頃週末の挙式に向けて、
ブーケの製作に励んでいらっしゃる頃でしょうか?
これから、ジューンブライドの6月をむかえ、
ますますお忙しくなるかと思いますが、
お体に気をつけてください。
これから、岩橋さんのブーケを持つチャンスのある
沢山の花嫁さん達が羨ましいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前ついにこのブログでも告知してしまうほど
今週は集中してたてこんでしまい、
いったい何件のお客様をとうとう断ってしまったか
数えてみるとたぶん今日注文してくださった方と同じ数ほど。

そのピークの昨日、このメールをいただき、
返信する時間もブログを更新する余力もとうになく、
でも夜中、2度、3度と読み返してまた仕事に戻りました。


結婚式の中でも、装花というのは土台となる要因に左右されやすく
たとえば列席者数による卓数の増減からはじまり、
ヘアメイク、演出、どのくらいの間カーテンを閉めているか、
様々な因子で、直前まで変更のある場合も多いのです。

特に私のように、お客様と直接やり取りしているデザイナーの場合、
ぎりぎりまで粘ることもできない話ではない。
迷いながらやりとりを重ね、すべてが決まることが数日前ということも。
その分、新郎新婦様のお大変さをつぶさに伺えてしまったります。

 ウエルカムボードがまだなんです。

 プロフィールを作るのに徹夜しました。

 入場の音楽を決めなくてはならなくて大変です。

 こんな時期なのに、風邪をひいてしまって。

 睡眠不足です、クマひどい花嫁さんにならないようにしないと!



結婚式というひとつの一日にむけて
どこか伴走してるような気持ちに、
勝手に、なっています。
なので今回いただけたメールは、また嬉しかったです。

ほんとうにありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-27 22:03 | ブーケ | Comments(0)
印象 春の日に2 西武池袋花ウエディング展のブーケ
a0042928_23374919.jpg


再び西武池袋でのブーケの話に戻ります。
こちらが出展したもうひとつのブーケ。
ソフィア、ルナロッサ、アンブリッジローズ、そしてイエローアンブリッジローズ。
このイエローアンブリッジローズというのが
卵型でころんとしてて、
そりゃもうかわいいのなんのというか、

「あなた方、ほんとに花?
本当に、花なのか?
いや、ひよこだろう!」と、

詰問したくなるくらいのかわいさです。
いまひとつ意味不明2ですが、
えーと、なんとなくわかっていただければ。


a0042928_23375825.jpg


・・・長すぎて画面に収まりません。

この展示会ではスポットライトに加え、
人いきれと熱気で、
ワイヤリングではとても持たない、と
最初にアドバイスがありましたので、
下のガーランド(花の細い部分)には
吸水性スポンジの小さなものを使用しています。
ノッポさんモード再びです。

明日もまだまだこの続きです。
by ichiecd | 2006-03-27 23:36 | ブーケ | Comments(12)
『花時間』2月号 ユリのブーケ 
a0042928_0192410.jpg
a0042928_0193832.jpg


『花時間』(角川書店)2006年2月号 46・47ページの記事です。
「白×ピンクの花ウェディング.2
1着のドレス。大好きなこの花の白とピンクでお色直し。」
撮影・熊澤透氏 スタイリング・伴弥希子氏(CAB) ヘア&メイク・永塚克美氏(HEADS)
モデル・レナ、内田ナナ 
構成と文・田渕佳英氏 協力・プロップス ナウ、バックグラウンズ ファクトリー


1着のドレスを、同じ花でお色直しをするという企画。
一会はユリを担当させていただいたのは昨日のブログに書いたとおりです。

ながらく接続できなかったスキャナを、
例によって力技と根性で復活させました。


ユリのブーケ。昨今はたしかに
多少、オールドローズなどの人気におされて
いるかもしれません。
会場がレストランやゲストハウスなど
ホテルにくらべ狭くなったことや、
それに伴いドレスが細身になっているトレンドの影響、
など花以外の要因もあると思います。

でも今回、この企画でユリを担当させていただいて
あらためてその良さをしみじみと実感しました。
鉄砲ユリの真珠のような美しさ、光沢感、
ピンクのユリの種類の豊かさ、
香り、質感、花もちのよさ、
ほかの花では絶対に代用できないその存在感。

テッポウユリや、あるいは、かすみそうなど、
一時期あまりに人気で、使われすぎたために、
今その使い方で使うとちょっと古い印象をあたえる花たちもあります。
でもそれは、けしてその花そのものが古いわけではなく、
花自体の美しさは変わりなく、
もちの良さとか、通年安定して入手できることとか、
たくさんのメリットがあります。

ですので、昔と同じ使い方ではなく、
また別の切り口で、
今のスタイルで、新しいやり方で
受け手となる花嫁さまや、生徒さんや、一般のお客様に
それらの花の魅力をご紹介することも
花のデザイナーの役割、
デザインのチカラというものなのかも・・・・と思ったりします。
おこがましいかもしれませんが。


明日はまたこの続きを。
今日も一日、みなさまお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-01-07 23:58 | ブーケ | Comments(3)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。