ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お悔みの花 菊どき
a0042928_15443840.jpg

数年前の卒花嫁様のお母様からご依頼の
お悔みの花でした。

a0042928_15444603.jpg


 あるほどの菊投げ入れよ棺の中 漱石

 菊どきは菊の香ばかり仏の間  角川照子


*今、手元にアンチョコがなくて
漢字かなが自信ありません、申し訳ありません。



ミニ胡蝶蘭
デンファレ
ピンポンマム
スプレーマム
リシアンサス
コスモス黄色 ほか


1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回10月14日(日)11月18日(日)12月16日(日)それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

# by ichiecd | 2018-10-06 15:43 | ブーケ | Comments(0)
3年目の結婚記念日に コスモスと小さなお手てと、井戸をほること 鳳鳴館の卒花様より
a0042928_17452423.jpg

3年前の代官山鳳鳴館の花嫁様と、花婿様。
今回、一会側で花の写真を撮れなくて
ごめんなさい!とお伝えしたからかもしれません、
お届けした2日後お写真を撮って送ってくださいました。

3度目のご結婚記念日には、
a0042928_17452145.jpg

小さなお手てで、いっしょうけんめい、
花を触ろうとするお嬢様と一緒に。


そう、一年前の臨月の時の、
お花はこちらでした。


・・・・・・・・・・・・・
(あのお花も本当に素敵でした・・・
自作のカレンダーの今月の写真はあのお花です。)
あのとき、私は臨月を迎えてどうしようもなく不安で、
すがるような思いでお花をお願いしたのでした。

ブログに載せていただいたメールを読み返してみても、
あの頃の気持ちがまざまざと思い出されます。
しかし、私はこの一年、本当に、幸せでした。
あの不安でいっぱいだったときから一年経って、
また素敵なお花を届けていただいて、
それを今度はこんな気持ちで受け取ることができたということを、
とても嬉しく思います。

娘も隙あらばお花に手を伸ばしておりました。
ものすごい笑顔で。
お花好きになりそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・
a0042928_17453532.jpg


カレンダーにしたお写真も、お送りくださいました。

a0042928_17453164.jpg


2年前の、ご結婚式記念日のお写真と、


3年前のご結婚式の当日の写真。


それから、

a0042928_17454374.jpg

前撮りの時のお写真も

こんなふうに額にいれ、
今もかざってくださっているそうです。

・・・・・・・・・・・・
去年分から作り始めたのですが、
年末にその一年を振り返って写真を選ぶ作業がとても楽しく、
また、忘れた頃に眺めるのも気に入り、今年分も作ってみました。

リビングに家族の写真、
お手洗いにお花の写真を組み込んだものをかけています。
写真の通り、今月はダブルで
去年の結婚記念日に届けていただいたお花です^^

もちろん今回のお花も来年9月の枠に内定です!

去年は一会レッスンで作ったお花も入れていたので
一会率ほぼ100%でした。
またレッスンに伺えるのを心待ちにしております。
(*花嫁様はご結婚式後ずっとレッスンに通ってくださっていました)

それから、ついでにもう一つ
ご覧いただいてもよろしいでしょうか。
結婚式場での前撮りの後に、
普通のデジカメで弟(全くの素人)に撮ってもらった写真ですが、
可愛いブーケのおかげで大変気に入っており、
こんな風にしてリビングの一番よい位置にずっと飾ってあります。

私がいかに一会ファンか伝われば嬉しいです。
・・・・・・・・・・・・
ってそんな!

泣けるじゃないですか!!!


前撮りのときは、こんなおふたりでした。




と、リンクを貼りながら、
だんだんと、一緒にタイムトラベルをしているきもち。

昨日のブログにも書きましたが、
結婚式のブーケは、特別な花です。
一生に一度の花です。

一会はウェディング専業の花屋なので、
一つのブーケのためだけに
やまほどの花を仕入れて、いいところを選んで
きれいに咲かせて作ります。

そう思って作ってはいるけど、
それが特別な理由ではない。
一会の花が、特別なわけじゃない。

結婚式を特別にしようとする
お二人の気持ち、

花を大事にしようとする卒花さまである奥様の心と
その気持ちを大事にしようとするご主人さまの心と、

二人して、力をあわせて、
愛情という井戸の水をくみ上げ続ける。

という、以前、別の花嫁様から
いただいたメールをまた思い出します。
https://ichiecarpe.exblog.jp/13483442/

念のため、このリンクの先は、更に倍です。長いです。


では、皆様今日も本当におつかれさまでした。




1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回10月14日(日)11月18日(日)12月16日(日)それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

# by ichiecd | 2018-10-04 18:41 | ブーケ | Comments(0)
卒花嫁様アルバム ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの花嫁様より 特別な日にするということ
a0042928_14570245.jpg

ヨコハマグランドインターコンチネンタル様へのブーケ。
今年5月の花嫁様でした。

a0042928_14574686.jpg

ある日、郵便受けに一通の茶封筒が届いていて、
a0042928_15491952.jpg

そこには心のこもった美しいカードと
1冊のフォトブックが入っていて、

a0042928_14585090.jpg

そして最後の裏表紙にこんな言葉が。

うるるる、
としてしまう。

職業冥利に、つきる。

お写真とメールの一部とをご紹介させていただきます。

a0042928_14054527.jpg

・・・・・・・・・・・・
色とりどりの素敵な
クラッチブーケをありがとうございました!
a0042928_14054595.jpeg

支度室でブーケを受け取り、
本当に文字通りあまりの理想通りのブーケに嬉しくて身震いしました。
色合いや動きのある形など、
どこから見てもリクエストを汲んで完璧に作って下さり、
さすが一会さん!と嬉しくなりました。

最初に包装のカバーを外した瞬間の、
きらめくお花と華やぐ香りを一生忘れません。
a0042928_14054518.jpg

ゲストやスタッフにもすごく好評で、
皆さん近くで見ていただいては「いい香り!」「色合いが素敵!」など
たくさんのお褒めの言葉を頂きました!

a0042928_14054597.jpeg

それから、具体的にリクエストしていなかったと思うのですが、
スズランのお花を加えて下さった事がすごく嬉しかったです。
実は結婚式決まってすぐ、白ブーケで
スズランブーケを検討したのですが色々あり見送りにしました。

お色直しブーケでも使いたいなと考えていたのですが、
すっかり伝えそびれてしまい半ば諦めていたので、
スズラン見つけたときにはびっくりしてしまいました。
勝手に運命のようなものを感じ、
本番前で緊張と不安でいっぱいだった心が解けた瞬間です。

a0042928_14054573.jpg


式中、疲れや花嫁の手紙への緊張など
ふと下を向く事が多い場面があっても、
手元で華やぐブーケに元気をもらい支えられました。
お花の力ってすごいですね。
本当に感謝してもしきれません。

このブーケで結婚式を終えることができて、本当に幸せです。

岩橋さんには本当にお世話になりました。
ステキな一日のご協力、感謝しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_14564732.jpg


ブーケで使われたお花一つ一つが
私にとって特別なお花です。

と、書き添えてくださいました。
a0042928_14564721.jpg


結婚式の花は、特別な花。

って、思います。

たった半日、
たった数時間、
それだけのための花で、

かけがえのない、花。

だから、すごくすごく大事に思えるんじゃないかなあ。

一会は、結婚式の花を専業にしておりまして、
もう18年になります。

インスタに、過去のブーケを載せると、
数年前の花嫁様から、
「あっ!これ、私のブーケです!」と
メッセージをいただくことが、かなりあります。
今も見続けてくださってるんだなあ。
と、びっくりする。


あるいは、
ブーケをお届けしたお二人の、その数年後に
記念日の花束を頼まれることも、またかなりあります。

結婚式の花って、特別なんだ。

というよりも、
それは、
特別な花として、大事にし続けようという
お二人の気持ちそのものなのかもしれません。

「特別な一日を彩ったこの花たちは私の人生の新しい励みです。
嬉しい時辛い時、花屋でこの花を買い、また一歩踏み出す勇気を
貰いたいと思います。」

フォトブックの最後に、そう書いてくださった
花嫁様の気持ちに、
覚悟に、

ここから深い御礼と、そして最大のエールを。
a0042928_14574686.jpg


今はもうここにはないけど、
でもあの日、手元に咲いて花嫁様を励ましていた花。

これからずっと、その長い道のりの傍らで咲き続けて、
お二人を励ませる花に、なれますように。

それができたら、
本当に作り手冥利。

ありがとうございました。

では皆様今日もおつかれさまでした。


明日は、
そうして結婚式の日を特別にし続けている、
数年後のお二人からいただいた写真をご紹介します。
(きゅ。
無駄に予告して自分の首をしめているところ。)


1DAY単発レッスンのご案内プリザーブド次回10月14日(日)11月18日(日)12月16日(日)それぞれ13時からです。みなさまのご参加をお待ちしています。

単発プリザーブドレッスンは、ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。

# by ichiecd | 2018-10-03 15:55 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。