ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
卒花さまアルバム 第一ホテルシーフォートの花嫁様へ 心が動く2019
a0042928_15400870.jpg


お花、どれも全て最高に素敵でした…!!
よく言われていることかもしれないですけれど、本当に期待以上でした!

私のリクエストと季節感がすごく融合されていて、本当に感激です(><)
リクエストのサーモン色と、
紫や青のお花が曇り空と会場のカーテンの色ともマッチしていて…
いったいどこまで考えられているんだろう、と先生のお心深さに感動しました。

梅雨の湿度と、夏手前のみどりのフレッシュさが
見事に束ねられてて…こんなに季節感って再現できるんだぁ、と
もはやちょっと驚いてます!素敵すぎてため息ものです!


司会者の方にも、今まで見たことないくらい
素敵だと言っていただけました(^^)

出席者の方々からとても評判がよく、
会場装花もみんな持ち帰ってもらいました。


そして、とてもサービスしていただきましたよね??
ナフキンフラワーは実物だと思っていたら、
お花でしたし、装花も器ごとつけていただいて…
ありがとうございます(><)

本当に素敵な空間をありがとうございました!


感激しすぎてよく分からない文章にってしまい、申し訳ないです。

また改めてご挨拶させて下さい!
そしてまたお花のレッスンも再開したいと思います(^^)

・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_16195456.jpeg


先日のシーフォートの装花の花嫁様から、
そう送ってくださった、お写真と、
それからまた頂いたメールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

裏テーマが廃墟であることにも、妙に納得でした!
明るいだけじゃない、奥行きのある花使いがさすなだなぁと思いました。


重い器じゃなく、軽いものを使って下さったご配慮も、
ブログに書かれてましたよね。

実は旦那さんの実家の静岡のあたりから来られているゲストも多くて、
おかげでその方々にお花も持って帰ってもらえました!

その中でご夫婦で参加予定だった親戚が、
体調不良で奥様だけ来られなかった方がいらっしゃいました。
旦那様がお花を持ち帰ったところ、とても喜ばれたそうです。

私の考えの及ばないところまでご配慮いただき、本当に感謝です。


ナフキンフラワーも、お願いして良かったなぁと、
改めて思いました。

可愛いけど、必要なのか分からない…と悩んでいた私に、
ケーキ装花やるよりもナフキンフラワーを選んだ方がいいと思う
と先生はアドバイスして下さいました。

本当にその通りでした!
女性ゲストはもちろん喜んで下さいましたし、
男性ゲストも胸ポケットに入れて下さる方が多くて、
見ていて嬉しくなりました(^^)
姉は着物の帯にさしてました(^^)

a0042928_16194576.jpg

結婚式を終えてみて、岩橋先生の仕事は本当に丁寧で、
なんて行き届いた仕事なんだろうと改めて実感しました。

私が一会に通い始めたのは、
岩橋先生の作るお花のデザインに惹かれたからです。

でも結婚式1日を作るということは、
デザインの美しさだけが重要なのではなく、
納品からゲストがお花を持って帰ることまで
配慮に入れて作ることだと分かりました。

デザインの美しさと、
心のこもった配慮を兼ね備えたお花屋さんが、
世の中にどれくらいあるのだろうと考えると、
岩橋先生に出会えた私は本当に幸せものだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_16261413.jpg

前回のブログに書きそびれてしまいましたが、
ナフキンフラワーは、できれば、
お子様には可愛い色を、
男性にはかっこいい花を、置くようにしたい。
作ってくれるアシスタントさんにも
現場で置いてくれるアシスタントさんにも
そう頼んで、仕事をしてもらう。

もちろん一つのテーブルで隣り合う人同士は
別々の花にして、お互い見せ合うようにしたいので、
そううまく配置ができないときもありますけど、

a0042928_16242675.jpg

この装花の最後、急いで写真を撮ってたら、
さくらちゃんの席札に、桜色のバラのナフキンフラワーを
置いてくれてました。

アシスタントデキルさんたら、相変わらずグッジョブー!と
褒めたところ、
「さくらちゃんだけは桜色にしたくって取りに行った」んだそうです。
「まさか気づいてもらえるとは思わなかった!」そうです。

もちろん、この日はたまたま、
装花の写真をぱぱっとでも撮る時間があったから、
私は気づけたのですけど、
納品最後はもう全然、時間がない!という時のほうが多い。

そしたらたぶん、気づかなったと思う。

でも私がわからなくてもたぶん、
さくらちゃんのご両親は、分かってくれたかも。

よしんば、分かってくれなくても、
もしかしたら、ふと、見ていた誰かは気づいてくれるかも。

で、気付いた人は、その時ちょっと、
「心が動く」と思うんです。



と、古い記事を発掘。

心が動く、つまり感動するということ。

おおげさじゃなくて、少しだけ、
あって思ってもらえるような。

あって思って、わーって笑顔になってもらえるような。


a0042928_16245052.jpg

受付のアレンジは、
生徒さんでこの日インターンに来てくれた方の花を、
私が、実はその後かなり手をいれて仕上げました。

一会のレッスンは、いつも見本もデモもないです。
花嫁さんは一会のレッスンにきて数年のプロの花屋さん。

だから、こういうときにくらい、
ひとつだけ生徒さん作品の手直しを徹底的にして
作り込んだものを、置いてみようと思って。

講師である自分の考える、ひとつの最適解はこんな感じだよー、と
伝えたくって。


ついでに言えば、ご両家の札のところには
赤いりんごと青いりんごを、それぞれにころがして、
中央のアレンジ部分で
赤と青とが両方が使われた形にしています。

あんまり時間無かったから、
現場では、このくらいしかできなかった。
でも、その場でできること、全部。
(ね? へぇ、て、ちょっと思ったでしょ?←どや)

今日もアシスタントデキルさんがきてくれて
桜色のナフキンフラワー、いつ気づいたんですかー?というので、
忘れないうちにブログに書いておこう、と思いました。


伝えたい思いを、
しっかり受け取ってくれた花嫁さんに、ハイタッチ。
お二人の未来に、たくさんの幸せがたわわに実りますように!
お祈りしています。

では、今日もおつかれさまでした。
ほんとにおつかれさまでしたー。
(しかしデキルさん本人はコードネームが不満らしいです。
もっとかわいいのがいいって。そう?)





1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回 7月15日、28日、8月13日です。
そのほかの日程はリクエストをお待ちしています!

# by ichiecd | 2019-07-06 17:02 | ブーケ | Comments(0)
夏の装花 第一ホテルシーフォート様の花嫁様へ、コーラルピンクのバラと実と廃墟
a0042928_18462625.jpg

6月最後の一日に、第一ホテルシーフォート様への会場装花でした。

a0042928_18480837.jpg

花嫁様が好きとおっしゃった、
芍薬のコーラルピンクはもう終わりの時期なので
かわりにバラを、

a0042928_19021617.jpg

ティー・アモとか

a0042928_18494503.jpg

ジプシーキュリオーサとか

a0042928_18522983.jpg

ロマンティックアンティークとか

a0042928_18530457.jpg

ヴィクトリアンシークレットとか
a0042928_18572793.jpg

ベビーロマンティカとか

a0042928_18574899.jpg

実は花嫁さんは、プロのお花屋さんで、一会のレッスン生徒さん。


会場の抜け感にあわせて、6月だし、ガラスの器を使おうかな
と思ってましたが、予報は雨。

予定してた円筒ガラスだと重くなるから
ゲストが持って帰るのが大変かも。と、思い始めて
→急遽3軒をハシゴしてプラスティックの器に変更する
→四角なので、下の皿も変えたくなる
→下の皿をスクエアのブリキに代える
→抜け感を維持しつつどう固定するか試行錯誤する

a0042928_18485877.jpg


花嫁さんが好きと言ってた赤いフサスグリが、落ちてもなるべく目立たないように、
でもちらっと見えるように
(最初はガラスの中にいれるつもりだった)
同じく好きと言ってたブラックベリーも、
利休草も羽衣ジャスミンもアジサイもベル鉄線もいれこんで、
当日の朝、搬入担当のアシスタントさんが来る頃にぎりぎり完成。

a0042928_18452572.jpg

受付の装花は、
同じレッスン生徒さんのインターンさんが作ってくれたのを
私が仕上げました。
その生徒さんに「せんせ最近ブログさぼりすぎですよ継続は力なりですよ」と
怒られたいや激励されたので、せっせと書いてます。うう返す言葉がないよう。

a0042928_19061036.jpg

ちなみに自分の中では、こういうアレンジは、
廃墟風、と名付けています。

ハイキョ?と聞かれて、えーと、廃墟!
つまりこういう感じのことです。


「人工物の廃墟と、植物の生命力との拮抗」
というのは自分の長年のテーマのひとつ。
がれきの中から立ち上がる、緑。
a0042928_18464583.jpg


a0042928_18542218.jpg

ナフキンフラワーも、ひとつずつ。
a0042928_19162533.jpg


a0042928_19160710.jpg


a0042928_19164018.jpg


当日一緒に走り回って汗だくになってくれたWさんもありがとうございました。
気に入っていただけるといいなと思います。

そして自分は最後、エレベーターが混んでいたので遠慮して
28階から階段を小走りに下りてきたら、筋肉痛で今立てないです。
では今日もおつかれさまでした。



1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回7月16日、28日、8月13日です。
そのほかの日程はリクエストをお待ちしています!

# by ichiecd | 2019-07-01 19:21 | 会場装花 | Comments(0)
卒花様で今アシスタントの方より、結婚式12年後の、今のお話 7つの花
a0042928_19272992.jpg


a0042928_18370216.jpg


先日、アシスタントに来てくれたKさんに、

ねえねえ、ちょっと今日、
動画撮りたいんだけどー
ひとことインタビューしたいんだけどー
卒花嫁さんがアシスタントさんにきてくれてる感じとか、
ちょこっとしゃべってくれたら
なんかいいかなーと思ってーーー
いいかなあー?

と、
チャラチャラとへらへらと頼んだところ、


「えっうーん今日はこんな普段着ですし・・・」
と、いたく困惑させてしまいました。(それはそうだ。)

で、
「じゃあ、帰ってから後で、メールで書いて送りますね。」

と帰ってから数時間後。

長いメールがとどきました。

アシスタントの帰りがけ、おまけで渡したバラの花は「ウェディングドレス」。
ブーケに使ったバラです。

「やんちゃぼうずなので、じっとしてなくて
こんな写真でいいでしょうか」と
送ってくれたのが、冒頭の一枚です。

以下、長いメールですがこのままでお送りします。

・・・・・・・・・・・・・


一会に装花とブーケを依頼した経緯

12年前、シェ松尾 青山サロンさんでのウエディングだったのですが、
数社の指定業者から装花を依頼するように言われて、
一会の参考写真とホームページとブログを紹介されました。

当時、ホームページはあっても、
ブログをきちんと更新している業者さんは少なかったように思います。
先生のブログを拝見したところ、
ほぼ毎日、素敵なブーケや装花がたくさん紹介されていたのと、
お花は花嫁さんに対する熱い思いがひしひしと伝わってきて、
この先生にお願いしたいと思いました。


ウエディングの装花

同じ会場で挙式も披露宴も行い、
挙式・披露宴の会場装花、ブーケブートニアの儀式、
白ブーケ、カラーブーケ、ウエディングケーキ装花、
ウェルカムリース、などなど、まるっとすべて先生に装花を依頼しました。

祖母や母がバラが好きだった影響もあり、
私もバラが好きなので、バラ中心の装花でお願いしました。
実家で一重咲きのバラなどを母が育てていたことを伝えると、
ブーケにウエディングドレスという一重咲きのバラを使っていただいたり、
ウェイティングスペースに名前に由来した数々の無茶ぶりをお願いしたところ、
見事かなえてくださったりしました。

https://ichiecarpe.exblog.jp/6439426/

どんな些細なことでも、希望を先生に伝えると
可能な限り実現してくださるので、
プレ花嫁さんはできる限りダメ元で希望はお伝えしておくとよいと思います。

当日は忙しすぎて、実物をじっくり見て回れなかったことが残念でしたが、
カメラマンさんに装花を
たくさん写真に撮っておくようお願いしておいてよかったです。


本当に本当にたくさんのお花を使ってくださり、
ゲストにも配ったり、二次会に使ってもなお余るほどあったので、
義母は富山に戻ってからご近所さんにも配ってくれたそうです。


その後

自分の結婚式が終わってからも、
先生のブログやFacebookをフォローして、
毎日素敵なお花を見ては癒されていました。

先生のお花には見ただけで
何かフェロモン的なものがぶわーって出てくるパワーがあると思います。

結婚式後すぐに夫がイギリス赴任になったので、
私も渡英してフラワーアレンジメントを習い始めると、
いかに先生の技術が素晴らしいか、お花選びのセンスが良いか、
当日美しい花を使うにはどれほどの努力が必要か
ということがわかるようになりました。

また、何かでふと見かけた写真でも、
それが先生の作品だと見分けられるほど大ファンになりました。

イギリス在住中に先生が
Pinterestのバイト募集をかけられたときには、
すぐに手を上げさせていただきました。

その後、帰国した際にはあたためておいたバイト代で
単発プリザーブドレッスンを受けさせていただきました。

約二年半前に先生が超繁忙期に
新規アシスタントさんの募集をかけられたときに、
力不足は重々承知でしたが、
先生のお仕事や作品を近くで見てお手伝いできたら幸せなことだと思い、
応募させていただきました。

まだ、下の子が幼稚園なので、
土日中心でしか勤務できないにも関わらず、
採用してくださり、
微力ながら先生のお手伝いをさせて頂けること、
大変幸せに感じています。
---
・・・・・・・・・・・・・・・・
a0042928_19265027.jpg

それは12年前、
2007年の11月10日の花でした。

a0042928_19292567.jpg


それはあのときの一つの花。

メールをいただいてはじめて知った、
いろんな思い。
12年間、ずっと咲いてくれてたんだなあと思った。

今は新しい二つの花がお二人の間に咲いていて、

やんちゃぼうず君たちが、
めっちゃ、花だ。

とかとか、取り留めないことが浮かんでは消えて
まとまらないのでまとまらないまま今日はこれにて。

では今日もおつかれさまでした。

そうそう、今日久々にlineがきて
アシスタントこよいちゃんも、ブログ書いてくれるってー!
うれしーーー!!
ほんとに皆様に支えられて、なんとか毎日営業してるなあ。
ありがとう。
感謝。


1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回6月23日満席、7月28日および8月13日です!そのほかの日程はリクエストをお待ちしています!


# by ichiecd | 2019-06-18 19:36 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。