ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
『花時間』「ウエディングブーケ&花飾りVOL.12 」
a0042928_21274975.jpg


『花時間』「特別編集 ウエディングブーケ&花飾りVOL.12」(角川書店)
「10色で魅せる、ローズブーケコレクション50」
撮影・山本正樹氏、構成と文・中矢真奈美氏、撮影協力・アートグレイスクラブ、フィオーナ FOUR SIS &CO、ベリッシマ、ホワイト ドア

このページの右手にある雑誌、上のほうです。
その32,33ページの見開きを写真に撮ってみました。
(・・・いっこうにスキャナが治せなくて、やむを得ず。相変わらず力技を。)

今日、ドレスショップから紹介された、遠方にお住まいの
ご新婦様と、電話でブーケ相談を詰めていた時のことです。

「『花時間』に載っているブーケのこんな感じがいいと思って。」

と、おっしゃるブーケがこの、右側のブルゴーニュのブーケ。
「ありがとうございます、それは一会のブーケなんです。」と
御礼をいってさらに話を進めるうち、
「それで、花束はこういうイメージがいいんですが」
とおっしゃるブーケは今度は、
a0042928_21581644.jpg

「わー、それもうちのなんです、ありがとうございます。」
「あ、そうでしたか!」

すでに、一会サイトも、このブログも
見てくださっているはずだったのですが、
うーん、これは、宣伝が足りないのかも。
ということで、緊急に大宣伝です。

「10色で作るローズブーケコレクション50」、という
さまざまな色のバラのブーケを集めた企画。
この時には4つのブーケを作らせていただきました。


その企画の扉ページ、見開きに
このふたつのブーケが掲載されているのを見た瞬間、
思わずそのまま、『花時間』を両手に開いたまま、
ちょっと立ち尽くしてしまいました。

感動した。
嬉しかった。
胸が詰まった。

この時の気持ちをなんと書けば伝わるのか
今も、言葉が捜せないまま、
今も、このブログを書きながら、
また、同じ気持ちになっています。

自分が、はじめて花の世界に足を踏み入れた
学生のアルバイトの頃からずっと、
『花時間』は折にふれ買い求め、熟読し、
掲載されるお花屋さんの名前と住所をチェックしては
休日に出かけてまわる、指南書のような存在でした。

ウエディングの打ち合わせをするようになってから
この、年に一度出る別冊「ウエディングブーケ&花飾り」は
お客様との相談のたびに何冊も持ち歩き、
ぼろぼろになったのをテープでとめ、
VOl.7くらいからは
どこにどんな企画が載っているか
だいたい頭に入っているほどです。
(いえ、あの、全部じゃないです。だいたいです。念のため)

自分には、本当に、特別な雑誌でした。

いつかこうして見開きで自分のブーケを見る日が来るなんて、
思いもしなかった。
まして、ウエディングの仕事の特集で
密着取材
を載せてもらえるなんて、本当に、
想像もできなかったです。ほんとに。
数年前の写真で、この記事のリンクを張るのは
ちょっと気恥ずかしいものがありますが・・・
ご容赦ください。←なぜか謝りたくなりました。小心者だ。

(ちなみにこの時の写真、目は一重なのですが
眼瞼下垂症という病気の手術をして今は二重です。
残念ながら「ぱっちりと」とはいかないのですが。
うーん、残念だ。
この話も、いずれ機会があれば書こうと思います。
とりあえず肩こりと腰痛は、かなりラクになったような気がします。)


この企画の時に製作させていただいた4つのブーケ、
最後のひとつも、おってアップしたいと思います。
なお、無論のことながら、これらのブーケ写真の
版権は『花時間』さんにありますので、
転載は、ご遠慮くださいね。
ひとつの写真を撮影し、記事となり、こうして手元に届くまで、
とてもたくさんの手間がかけられています。
一見華やかな花の雑誌の裏側で、ずっと続けられている
丁寧で緻密な作業の連続に、いつも頭のさがる思いです。
これからも一読者として毎号を楽しみにしています。

って、途中で何の宣伝になったのか?という感じですが・・・笑
今日はひとまずこれにて。
# by ichiecd | 2005-12-05 23:01 | carpe diem | Comments(4)
とりかごモチーフ
a0042928_22501880.jpg

先日、銀座のフレンチレストランに納品した
会場装花の写真。
当日は納品時間がタイトで写真はとても無理、と
事前にわかっていたので、製作時にアトリエにて
撮影しました。力技。

a0042928_22502691.jpg

この写真はメインテーブルの中央にアクセントにおいたもの。

ご提案したときは、「鳥かごの中に花をいれておいていく」
イメージだったのですが
会場様から指定されたサイズにぴったりの鳥かごがなくて、
リースと組み合わせてみました。
写真ではちょっと見えにくいですが、
リースの上に花と鳥かごを載せ、アイビーや
ワイヤープランツなどのつるものをあしらっています。

a0042928_22503788.jpg


印象的な大輪のバラは、「ハロウィン」。
その深いピンクの色み、
去年そのハロウィンをメインにすえた装花をやはり銀座の
レストランさんに納品して以来、
私自身にも特別な花になりましたが
それをさしひいても
やっぱり本当に、魅力的なバラのひとつです。



この日は一日忙しく、夜になってやっと落ちついて
お茶をしているところへ、新婦様から御礼の電話。
なによりも嬉しい、ご馳走でした。
ありがとうございました。





ちなみに、今日も銀座近くに納品があり、
有楽町駅前、宝くじ売り場の前を通ると大行列。

・・・はっ!
今回は私が宝くじ当番だ!
と思い出し、
行列していない売り場の前を通りかかったすきに
ノルマ分を買いました。

夏と冬、師匠・鈴木ひろ子先生と共同購入しております。
今回の年末ジャンボは、私が購入担当です。
忘年会でクレソン入りのすき焼き鍋をつつきつつ、
「宝くじがあたったらやることリスト30」
を作成するのが、毎年の恒例行事。
何やってるんだか。

最初の5個くらいはお互い、簡単に出るのですけれど
15をすぎるあたりから、
考えてはひとつ書くようなペースに落ちてくる。
次第に自分の深層下の欲求があぶりだされます。
なかなか興味深く、結構、楽しいです。
みなさんも、ぜひに。
# by ichiecd | 2005-12-04 23:11 | 会場装花 | Comments(2)
なぜ毎日ブログを書いているのか
今日はまた写真がアップできないようです・・・?

なのでまた、寄り道してタイトル通り、
花とはまったく関係のない、言い訳。
かつ、長文ですので、
この土日の隙を狙ってアップすることにします。

こちらに・・・
# by ichiecd | 2005-12-03 23:40 | carpe diem | Comments(3)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。