ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
一会からのお知らせ
a0042928_2334389.jpg


白の八重、チューリップのブーケ。
チューリップについては、2月のフェアの時期にあわせて
また数日間いろいろとエピソードを書くつもりですので
今は書きたいことがてんこもりながら、我慢している状態です。
自分が花の仕事をはじめたきっかけの花であり、
自分のために買う数少ない花のひとつであり、そしてまた・・・・(以下略)

*2月3・4・5日 表参道チューリップフェスタに出展。
ブーケを中心にウェディングの花;メインテーブルなどをご紹介します。
デモンストレーションでは、ブーケ&ブートニアの儀式をはじめ、プルズブーケやシェアできるブーケなどをご紹介予定です。

今日はお知らせをいろいろ。

サイトのリニューアルを1月末に予定しておりましたが、
業務過多につき若干延期させていただくことに苦渋ながら決断しました。
店舗を持たない一会にとり、サイトは生命線に等しいもので、今回ずいぶんと
あれこれ悩みましたが、ここはやはり、拙速をさけて石橋をたたくことにしました。
恐縮ながらしばらくお待ちいただければと思います。

というわけで(?)壁紙をこっそり追加しました。

なぜかというと、先日、ブログで御礼を申し上げたP社さま。その後お会いしてみたら「読んでますよ!壁紙、一会さんとこのピンポンマムですよー」という嬉しいお返事。
なので、ちょっと更新してみようかと・・・。われながらお手軽な性格です。

一会は、この春から新しく提携先となる会場さまが増えることになりました。
この件に関してもまたいろいろいずれご紹介します。
ひとまず当面、チューリップフェスタをはじめ、ウエディングもイベントもいろいろあり、
これもさんざん迷いましたがやはり少し一会スタッフを、
さらに増強しようかと思います。
この件はリクルートにて。


今日はあれこれお知らせでした。
なんだか珍しく「いかにもブログ」という感じです。
いつも書きたいことを書き散らしているので
業務連絡ばかりだと、なんだか書き足りないような気もしますが、
今日はこれにて失礼します。
# by ichiecd | 2006-01-22 23:48 | carpe diem | Comments(4)
胡蝶蘭のウエディングブーケ
a0042928_21351218.jpg



胡蝶蘭のみで作った白とグリーンのブーケ。
でも本当の葉っぱは、一枚も使っていません。

結婚式の花嫁様の花として
ながらく人気を博している胡蝶蘭ですが、
また2006年、今らしい雰囲気をかもし出せるよう
製作してみました。
淡いグリーンの胡蝶蘭は、
その透明感が目新しく、でも胡蝶蘭ならではの気品があります。
最近は淡いオレンジや黄色などのきれいめカラーも多く、
一方で、花もちもしっかりしていて、
いろいろと工夫しがいのある花材だと思います。

実はこのブーケはある企画のためにお作りしたものですが
一会側で撮影したものであれば掲載可能ということで
許可を得て掲載させていただきました。

今日は東京は大雪。
夜間には活けこみ先から花を撤収する予定があって、
しかし車はさすがにちょっと出せなさそうな気配。
ここ一会のある建物は白金でもやや高台にあり、
どの道を通っても坂道になります。
数年前の大雪の日、
代官山の坂で雪に埋もれて動かなくなった車を放棄して
タクシーで納品したことがあり、いまだトラウマ。
仕方ないので、電車でいくかと
すべての打ち合わせが終わった先ほど、
黒スーツをジーンズに着替えていたら
お客様から「こっちでやるから大丈夫」というお電話。
きゃー。申し訳ありませんでした・・・。

このブログもいつもより早いですが
私も今日はこれにて。
皆様お疲れ様でした。
# by ichiecd | 2006-01-21 21:53 | ブーケ | Comments(0)
冬季フランス出張と臨時クローズのお知らせ
a0042928_23215495.jpg


一会よりのお知らせ

2月7日(火曜)~12日(日曜)まで
岩橋が出張のためアトリエを臨時クローズさせていただきます。
当該期間はご予約のみの準営業となります。
皆様にはご不便ご迷惑をおかけしますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

各お取引先様、関係者様には
おって準営業中の連絡先等、詳細決定次第ご連絡をさしあげます。



本当にたまたまなのですが
このバレンタイン前の一週間の時期、ここ3年連続でパリに行くことに。
今回は途中で南仏に移動し、ミモザの花を見てこられればと思っています。


忘れもしない、私の花の師匠とはじめて会った
風庵(現在青山にある和花の著名店:当時は銀座にありました)での
面接のときのこと。

「一番好きな花は何?」と、今は師匠である鈴木ひろ子氏に尋ねられ、
たくさんあります、今すぐどれかとは・・・と迷いました。
「じゃあ、今の時期なら?」と重ねて聞かれて
「ミモザです」と即答したことを、記憶しています。


「じゃあ、そのミモザをお客さんに、あなたにお任せでいいから
花束にしてほしいと言われたら何の花をあわせる?」

・・・そうですね、まずはお客様にお好みの傾向をうかがってみます。

「いやあなたに完全におまかせって言われたら?」

・・・・
そしたら、じゃあミモザだけで作ります。


「なるほど、で、ラッピングは?ペーパーの色は?」


・・・・・・・・うーん。きれいめの水色でしょうか?
海みたいな感じで。リボンはラフィアとか自然なイメージで・・・・。

そう答えたら、師匠は軽くうなずいて、
椅子の背もたれに体を預けるように重心を移し、
「なるほどね、」と呟いたことを、今もよく、記憶しています。


とかなんとか思い入れを語る一方で、今年の異常気象、
果たしてミモザがちゃんと咲いているのかどうかは不明ですが
岩橋はとりあえず、フランス行かせていただきます。
不在中は、たいへんご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解ご海容くださいますようお願い申し上げます。


時に。その期間、このブログをどうするか。
ということで、
「あなたにとっての『一会』」というタイトルで、
この6日間どこかで一日、記事を書いてくださる方、ぜひご応募ください。
一言でもかまいませんし長文でもかまいません。
一会にも花にも関係なくても、OKです。
(ちなみに、もしこのアトリエの一会と関係ある場合、
「一会に出会えたことが一会です」というベタネタ不可。
かつ、あまり一会をけなしすぎるものは掲載できませんが
謙虚な気持ちで熟読、反省させていただきます。
また褒めすぎるのも同様です。赤面しますので。)
ご応募はタイトルを「ブログピンチヒッター」として
info@flowers-ichie.comまでお願いします。

二つの写真は去年、7月に行ったパリ&南仏ツアーの折、
ラベンダー畑で作ったリース。
なお今回のミモザもいずれレッスンツアーにできるといいなあ
という下心ありです。
ラベンダーツアーのほうは・・・どうでしょうか、今年もできるとよいのですが。

下の一枚は、2006年の一会の年賀状に採用した写真です。
ドアノブにかけたリースを撮っていたら子猫がふらりと顔をのぞかせました。
思わずパチリと切り取った瞬間は、こんな光景になりました。

a0042928_23224543.jpg

# by ichiecd | 2006-01-20 23:16 | carpe diem | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。