ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
全国へ プリザーブドフラワーのブーケ  
a0042928_013436.jpg



北海道までお送りした、プリザーブドローズのブーケ。
このプリザーブドが流通してからここ数年、
遠方でも宅急便を使ってお送りできるようになって
「今の一会にできること」が一つ増えて、嬉しいです。

せっかくのお問い合わせを
無下に断らずにすむというのは有難いです。



・・・でも今日は、ここまで!
たまっているメールは無論ですが
このブログへのコメント、本当にありがとうございます。
とても力になります。嬉しいです。
明日、ゆっくりお返事書かせてください。


てゆーかそんなそこまでして今日ブログ書かなくてもと
言う声もあるのですが、えっと、一応・・・


かつ、最近はどうも習慣づいてしまった感もあり、
そういえば以前は寝る前にあれこれ考えて
仕事から頭が切り替わらずモーターが高回転のまま
寝付けなかったりしたのに、
最近は、ブログ記事を書いてるそこで
言いたいことを好きに書き捨てて
それでひとまず仕事終了、
というふうに区切りができるので
それはそれで有難かったりします。


そろそろ、春の花から初夏の花へ。
いつのまにかコートがいらないくらいになって、
季節もそろりと移っていくんだなあと思う、
今日もそんな花あわせになりました。


ではでは皆様、今日もお疲れ様でした・・・
# by ichiecd | 2006-04-07 23:59 | ブーケ | Comments(1)
歩く道の幅 なげいれ
a0042928_2059287.jpg


先日、師匠である鈴木ひろ子先生にお会いしたところ
西武の花展、見に行ったよ。よかったよ」。
という感想を。


わー・・・・・・・。
よかった。
本当に見に行ってもらえるとも思っていなかったのに
お褒めの言葉を頂けるとは予想外で、
なんだかこれで本当に西武の花ウエディング展が終わった気持ちになりました。

「色あいも、あなたらしかった。
ブーケがちゃんと、手跡(て;技術)に支えられてる感じだった」

わーい。(笑)


最初にお会いしたのは、かれこれ10年前。
「10年後までに、この花の仕事で
一人で食べていけるようになりたいと思います」、
そのとき、そう言ったことはとても鮮明な記憶ながら
あれから10年も経とうとしているとはちょっと信じがたいというか
いえ、信じたくないキモチです。


それ以来ずっと、和の花の投げ入れを教わっていますが
それはちっとはうまくなったか?というと
それはちっとはうまくなっただろう、とは
思うのですけれど、
こ れ が ねー ・・・やればやるほど難しい。

2時間も3時間も、ひとつの花を見て
ただ息をつめるように見続けて、しまいには吐き気がするほど。
それなのに結局ひとつの花も仕上げることができない、
という日もよくあります。
そんな日はこんなに忙しい中をやりくりしてるのに、
何やってんだ私という深い後悔と情けなさと自分への失望、
これは、ゼッタイ、趣味ではないです。
修行に近いです。

かつ、私が今やっているウェディングの花の仕事に
何か役にたつかというか、これは金輪際、
これっぽっちも役にたたない。(そこまで言うか)

でも、こういう花が在る、ということを知っていて、
こういう花のあしらいを教わっている、
ちゃんと花代と授業料を支払って学んでいる、
何年も続けている、
どんなに忙しかろうと毎月この時間だけは削らずに、
必死にやりくりして
勉強している。

その事実が、
結局、自分の今の仕事を側面から支えているような気がします。

直接はなんの役にもたたなくても、
自分が学ぶことに時間とお金とエネルギーという
代償を支払っている、
その事実が、目に見えないところで自分の仕事を裏打ちしている。


以前なにかのネット記事で読んだことですが、
一見無駄に思える知識が両脇に多くあることが
結局、歩く道の幅を広げている。
細ければ一歩ずつが危ういが、
道幅が広ければ安心して歩くことができる。

と、信じているというか、言い聞かせています。・・・はい。


a0042928_20591133.jpg


あけび、二輪草、苧環(おだまき)。
同じ組み合わせで生けた別の花。



a0042928_20591629.jpg


こちらは去年の花で、雪柳、それにバイモユリ。
バイモユリのほうは、エミール・ガレの器が頭に浮かんで、
今まさに咲こうとする花、そして開ききって終わっていく花、
その両方を生けたかったんです。

なげいれとしてはやや、しゃれすぎなのかもしれません、
でも師匠いわく、
「100人見て100人がそうとは思わないかもしれないけど
101人目が、あ、ガレみたい、と思うかもしれない。
その101人目に会うために生けているのかもしれないね」。


今回の苧環の花を生けながら浮かんだのは、

しづやしづ 賎(しづ)のおだまき 繰り返し
         昔を今に なすよしもがな
              静御前

より詳細におだまきを知りたい方は、こちらへ


うーん。でもこうしたなげいれと
今の仕事の花はまったくの別物ではあるのですけれど、
でも単純に和の花は、個人的に大好きです。
おだまきも、くちなしも、桜も、なにもかも、
和の花はとても好きです。
やっぱり日本に生まれてデザイナーでよかった、と思う。
(てか、そういいきるとアホっぽいですが)

一度、和花のウエディング、やってみたいです。

そんな新婦様がいらっしゃったら、是非一会にご紹介ください。(笑)
# by ichiecd | 2006-04-06 21:37 | carpe diem | Comments(8)
春のスカビオサ 代官山マダムトキ様の装花
a0042928_0414371.jpg
a0042928_0414991.jpg


3月12日にアップした装花事例の新婦様。
お写真をいただいて、許可を得て掲載させていただきました。
に、しても。
なんてキュートな新婦様&凛々しい新郎様で
ほんとうに素敵ですね。ちょっとため息。いいなあ。(←本音・・・)

当日はとっても楽しかったんですよ、というメールが添えてあって
本当に楽しいご様子のよくわかる写真ばかりでした。

お花の内容も一会に完全におまかせ!で
すべて一任してくださったので、当日までどきどきでしたが、
気に入ってくださって本当に嬉しく、ほっとしました。
ほんとうにありがとうございました。

a0042928_048753.jpg
a0042928_0481782.jpg


出た「スカビオサ」マニア。

スカビオサ、この白い品種はまたぽんぽん咲きと違って
透ける花弁が、華奢で薄紙のようで、茎も細くすんなりとのびて、
うむ、よござんす。と、一人うなづいてしまうかわいさです。

a0042928_0482797.jpg

# by ichiecd | 2006-04-05 23:39 | 会場装花 | Comments(4)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。