ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
プルズブーケ パレスホテル様へ 雪の日
a0042928_831332.jpg


小さめのプルズブーケでした。
実際持ったブーケをプルズにすることもありますが
それ用に小さなブーケを別に作ることも多いです。

最初からリボンを人数分つけてお届けもできますので
その場合には人数をお知らせください。


では皆様今日もお疲れ様でした。



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-17 08:02 | ブーケ | Comments(0)
クラッチブーケ パレスホテル様へ シフォンドレスと雪の日
a0042928_19281212.jpg


中央のバラはシフォンドレスといいます。
今日、皇居前のパレスホテル様へお届けした
お色直しのブーケ。

念の為タイヤチェーンも買い
念の為タクシーをあたるもことごとく満車と言われ
念の為電車で行くルートも時間の余裕も人的手配も、
自分で帰り道、実際に車が下る難関の坂道を歩いてチェックして、
打てるだけの手を打ちましたが、
不安は山ほど。

オールドローズのような丸いお花がお好きだけれども
開いてくると見えるくしゃくしゃとした花弁はちょっと苦手かも、
というこだわりの花嫁様、打ち合わせでたくさん話した内容を
書き留めた写真を何度も覗き込みながら作りました。
この寒さと室内の暖かさの気温差に
どのくらい開くだろう・・・

一方、今日は午後から単発レッスンの日。
みなさまが無事たどりつけるだろうかとヤキモキ。

昨日今日と、実は山ほど打合せをいれていて
靴をぬらしながらいらしてくださる新郎新婦様に
申し訳なく、タオルを差し出したけど
ああ一会に予備の靴下があればよかったと
ずれてるところを反省中。


今回、駐車場の雪かきは
見習いアシスタントさんがせっせとしてくれたけれども
出先の打ち合わせに遅れそうになって
渋谷の坂の雪道を走ったせいで
結局今週もまた筋肉痛です。


ハラハラしてたフラワーバレンタインも
最後のおひとりがやっと届きましたと
連絡をいただき、喜んでくださって
よ、よかった・・・ほーっと膝をついています。



と、とりあえず、なんとか無事に終わってよかった。
ぎゅーっと胸をつかまれるような2日間でございました。


ふーと深いため息をつくと、
自分の頭から首ががちがちに固まってて肩甲骨がごりごりで、
今日はもう、お風呂に南紀白浜から取り寄せた湯の花をいれて
寝るですよ。


ぐー。



みなさまお疲れ様でした。

でも明日もお足下にお気を付けて。






一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo


by ichiecd | 2014-02-16 19:43 | ブーケ | Comments(1)
花冠たっぷりめ 白金積雪状況
a0042928_9412828.jpg


どっさりめの花冠でした。


フラワーバレンタイン、無事に届いたというお声をいただき
ほっとしています。きっと心配してるだろうからと
暖かなお言葉、恐縮の極みです。

一方でヤマトさんも難しい場所があるらしく
まだ到着確認が追跡でも反映されていない画面を
何度も確認してみています。
反映されてないだけなのかもしれませんが
花の状態ふくめ、何かありましたらどうぞご一報ください。


なお白金の一会近辺は、近所の方の除雪作業のおかげで
普通に通れるようになっております。
プラチナ通りからショコラティエエリカとアダムエロペの角を
曲がってくださいましたら
一番よさそうです。ほかの坂道はまだ少し雪がありそうです。
でも本日レッスンにご参加の皆様は、どうぞ暖かくして
いらしてくださいね。




一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-15 19:40 | アクセサリ | Comments(0)
2014フラワーバレンタイン 春の小さな花束 とチューリップの話
a0042928_2073324.jpg


ホワイトバレンタインとなった雪の一日。
とはいえ皆様、足元お気を付けて、
とメールの最後につい付け加えてしまう今日でした。

本日到着で
小さな花のギフトをお届けしております。
お互いに送りあってしまった方も、
今年の花嫁様も
去年の花嫁様も
数年前の花嫁様も、

そして未来の花嫁様も
またこのブログを読んでくださっているという方も

本当にありがとうございました。

ちなみにですね、
受け取った方の幾人かは怪訝に思われるかもしれない
ラッピングの紙について釈明しておきますと、この週末、
東京はじめ各所で雪という予報。
うーん今からでも少しでも防寒になればと
内側には和紙(以前、旅先の大分豊後あたりで買いこんだ)
+外側には壁紙(同じく、旅先のロンドンで買いこんだ)。

少しでも寒気を防ぎたいという
気持ちの表れであります。

ロンドンで買い込んだ壁紙のほうは2種ありましたので
この写真とは違う柄の方もいらっしゃるかもしれません。



ていうかさ、
ああ大分のとり天、美味しかったなあ。



仕入れに行く花の市場には、
いろんな産地の生産者の方がそこにいらっしゃいます。


たとえば大分のスイートピーのPRをされているとつい
「わー実は、ずっと前ですけど、
わたし豊後竹田の岡城行きましたよ」とか
とかとかつい、話しかけたくなるところを
ぐっとこらえ、
平静を装って花の話を伺ってます。

たとえば(以下自主規制)


・・・・
・・・・
・・・・

なんだっけ。

本日のブログの趣旨は
「皆様お手元に無事届きましたでしょうか、
万一、この寒気や雪によりなにか問題が発生しましたら
遠慮なくお知らせくださいませ。」
というご案内でした。
失礼しました。こほん。


えっと、
2014年フラワーバレンタインの今日にたてる目標は
「ブログを書いてるうちに脱線しない」。でございます。
(「特に旅ばなしに注意」)

花の話のブログですからね。

Facebookでもアシスタントさんが書いておりますが
チューリップは、活けてから茎がまた伸びます。
光に向かって伸びていきます。
生物学的には「徒長」(とちょう)、というそうです。

ただ、徒(いたずら)に、長くなる。


自分はチューリップのそういう必死で
間抜けなところが
かなり好きです。

それははたから見たら
ただの徒労なんですけど、
伸びても結局枯れるしかないんですけど、
だからさ、伸びても無駄なんですけど、

つい、うっかり伸びてしまう。

だって、伸びたいじゃないですか。

もし自分がチューリップだったら、伸びたいじゃないですか。

無駄だとわかってても、
馬鹿だとわかってても
光に向かってついもう動いてしまう、伸びてってしまう、
そういう「生きてる」、ていう感じが
とても好きです。

チューリップもスイートピーもラナンキュラスも
結構今はいろんな花が
一年中出回るようになった花の市場であっても
やっぱり春にしか出ません。

そういう旬という花にも、ちょっと弱い。


チューリップの和名は、鬱金香(うこんこう)。
自分が学生の時、生物の科目でそう習いました。
今もその折のノートだけは捨てられずにとっています。

そのころ自分はすでにホテルの花屋さんで
週に1日か2日アルバイトをしていて、
このブログに何度か記事を書いたけいこさん
その時の先輩です。

また別の先輩は、北海道で花のレッスンをなさってたり
また別の先輩は、今も時々お菓子を送ってくださったりします。
今はもう何年も会えない方ばかりですが、
それが自分の花の、原点だった。と今は思います。

自分以外は全員正社員でした。

右左もわからない大学生のアルバイトに
笑いながら花のことを教えてくれた方々、
お酒の飲み方も
ゴルフの打ちっぱなしも教えてくれた皆様へ、
せめてここで花の仕事をしていくことが、
その方々への恩返しかと思います。

その学生のころ、
ある友人がとても精神的に参っていて
「チューリップのこの生命力がすごい!」と
感動してた当時の自分は、
その玄関にチューリップの花束を置いてくる、
などという、かっこつけたことをしたこともあるのだった。

そうだったそうだった。

書きながら思い出しました。

あの日、ワンルームのマンションで
ただ泣いてしまう友人の前、
どうしていいかわからなくて
遠く東北から心配して駆けつけたお母様が作ってくださった
心づくしのステーキにも、もう胸がいっぱいで
何もできなくて、
ただそこにいただけの自分を、
ふと思い出しました。

あの後どうしたんだっけ?と記憶をたどるも思い出せません。

でもその後たくさんの岐路を経て、
年賀状だけのやりとりとなったその友人からは
笑顔のお子様に囲まれた写真があります。


とはいっても、
今もたぶん私が知らないところで
たくさんの大変なことがあるのでしょう。

ホワイトバレンタインと言っても
足元は寒いしすべるし大変です。

でもその刹那だけは美しい。
その刹那だけで、十分かもしれない。

チューリップは、自分には
そんな花です。


えっと。

年よりの昔ばなしは長くなるものですとも。





では皆様今日もお疲れ様でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク貼り担当:山田花子商店の食べたら甘い味かしら?
チョコレートコスモスを使ったブーケの紹介です。

ホワイトチョコ     ミルクチョコ   イチゴチョコ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-14 20:23 | ギフト | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 都ホテルさまへ ロマンティックアンティークというバラ
a0042928_2014494.jpg


とびきりキュートなお写真をいただきました。
去年の5月に、ブーケを持ってくださった方です。
フラワーバレンタインを申し込んでくださいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ご出産を経てお忙しくなり)
以前は毎日拝見していたブログも、
最近ではなかなか毎日は難しいのが現状です。

ですが、時間を見つけて訪問し、
美しいお花や花嫁さんの幸せなお手紙の文面にとても癒されています。
一会さんのお花は可愛らしいだけでなく、
すごくメッセージ性というか、
細やかなプロのこだわりみたいなものを感じるので、
見ているだけで気持ち良い、
清々しい気持ちになります。

結婚式のお写真をちゃんとお送りできていなく、
申し訳なく思っております。
手元にある、一番お気に入りのモノだけですが、
写真を添付させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かわいくってかわいくって、
昨日やさぐれてたのが吹き飛んで大変癒されました。
これからの花嫁様にご参考になればと
ブログご紹介を快諾してくださいました。

なお、
「お写真がなかなか送れなくて」
と恐縮してくださる方も多数ですが
一枚だけでも大歓迎です。

(ちなみに1枚だとあれこれ迷わずさくっと載せられる、
つまりは自分の仕事の遅さから
順番前後してしまいまして、申し訳ありません。
いまだにお写真を掲載できていない花嫁さまへ
ごめんなさい、もうまもなく!)



バレンタイン、ほんとはもっと花を使いたかったけど
市場の相場が高く!
あんまりたくさんは入れられず、それは心残りではありますが
春の花で小さなブーケをお届けしています。

しかし明日はまた大雪予報。どうしよう。
皆様もどうぞお気を付けて。


では今日もお疲れ様でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク貼り担当:アシスタント山田花子のこちらもどうぞ♪

素敵な花嫁様のお式のお写真はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-13 20:24 | ブーケ | Comments(0)
デザートビュッフェテーブルの小さな花 シェ松尾青山サロン様へ
a0042928_2281415.jpg


ご披露宴のお食事が終わって
デザートビュッフェとなる時間。


a0042928_2282814.jpg


小さな、でも確かな新郎新婦様の心づくしの花を。




今日はいろいろあってやさぐれてるのでもう寝ます。
さっきまで書きかけてた記事が
エキサイトブログで何度もエラーになったので
諦めてふて寝。
この忙しいのに一会のプリンターがぴーんと
壊れてしまったこととか。
しかしもっとも大きなダメージは
今朝の市場で
「こないだフランス行ってきました、
一会さんは行かないの~?」と
またしても果たし状を受け取ったことでしょうか。

皆さん私が旅オタクと知って
メールのやりとりでも「○○温泉いいですよ」と
まるでこちらを見透かしたような、むごい仕打ちを。
自家源泉で足元湧出の温泉にとっぷんとつかって
何も考えずにただの輪郭線の抜け殻と化したい自分です。



どーこーか遠くへ♪と
うっかり魂が抜け出そうになるのを
じっとこらえている今日このごろなので
あまり焚き付けないでいただければと。

a0042928_22202590.jpg

数年前のフィレンツェ


でもスタッフの食い扶持もありますしね涙
働かざるもの食うべからず。

では皆様今日もおつかれさまでした。




一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-12 22:24 | 会場装花 | Comments(0)
2月11日単発プリザーブドレッスン 作成報告1 
a0042928_11213740.jpg

2月11日
単発のプリザーブドレッスンのご報告です。
枚数が多いので記事を分けまして
まずは圧巻のセミキャスケードブーケから。手作りで、すごい!

a0042928_1122426.jpg

こちらも花嫁様手作りの花のネックレス。
スズランの花です。かわいい~

a0042928_1122175.jpg

そしてちびっ子たちの
花冠とミニブートニアたち。
a0042928_11223397.jpg

こちらは姪っ子ちゃんのための、新郎様の手作りです。
喜んでもらえるといいですね。

a0042928_1123476.jpg


和婚のための受付装花と

a0042928_11231957.jpg

リングピロー。

a0042928_11252236.jpg

お母さまのコサージュ。


暖房をいれてたものの追いつかず
事務所が寒くてごめんなさい。。。

後編に続きます。




一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-12 11:38 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
2月11日単発プリザーブドレッスン 作成報告2 
a0042928_11483457.jpg

前篇に引き続き、2月11日の
単発プリザーブドレッスンの作成レポートです。
こちらは花嫁様お母様による手作りの装花、
テラスに飾るアレンジなのだそうです。
春らしくてちょっと和の感じでかわいい。

a0042928_11481723.jpg

こちらもまた別の花嫁様のお母さまのアレンジ。プルメリアがキュートです。
横のピンクのリストブーケは花嫁さまご自身の手作りです。

a0042928_1149843.jpg

こちらは、ご両親贈呈用の花時計。
御二人でそれぞれ花選び、
大きな白い花のガーデニアがおそろいです。


a0042928_1149227.jpg

こちらも花時計です。最近人気です。
ご新郎様とご新婦様、
色使いが対照的、でもそれぞれおしゃれな仕上がりに。


a0042928_11493777.jpg


こちらは、花嫁様がふたつ作ったフォトフレームアレンジです。
白とおさえたグリーンが素敵。

a0042928_11495089.jpg

同じく、花婿さまがふたつ作ったフォトフレーム。
青のバラがかっこいいとほかの方からも評判でした。

a0042928_11521494.jpg

最後は、海外に帰国する御友人へのプレゼント。
持ち帰りやすくふた付きの箱いりで。


皆様お疲れ様でした!


一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-11 18:48 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
セミキャスケードブーケ 帝国ホテル様へ 牡丹雪 一会の花は何故安いのか
a0042928_21223648.jpg




帝国ホテル様にお届けしたブーケ、
白バラだけのブーケです。

白金界隈の雪はほぼ溶けました、
駐車場をせっせと雪かきした筋肉痛が
今頃きてますが
明日の単発レッスンは
どちらさまも皆様お待ちしております。


単発プリザーブドレッスン

2月16日、3月2日、3月9日とも
現在満席となっています。
4月の平日および土日でまた開催予定です。


ご結婚式のブーケの初夏のお問い合わせも
増えてまいりました。
ちなみに秋は11月がたてこみそうです。
お問い合わせはお早めに。



一会では、仮予約や内金という制度をとっておりません。

ブライダルフェアもありません。

「ブーケふたつ頼んでくれたら○%オフ!」とか、
「ブーケと贈呈用でしめて○万円!!!」とかの
お得なパッケージもありません。

過去何度もこのブログに書いたことですが、
そもそも、販売価格に割引できるほどの上乗せをしていないのです。
いやマジで。

割引できてなお商売が続くならば、それは
その分が何かしら上乗せされてるのです。
あるいは薄利多売。
でも一会の場合ブーケは全部自分が作るので、
せいいっぱい丁寧に作るので、多売は自ずからできません。

仮に一会のアシスタント、
あるいは私の個人的な友人であっても、
割引は見積もりの10%です。
それが限界です。

で、その10%は私の人的労力です。
それを超える分はもうプレゼントしかない。
むしろそのほうが割り切れていい。


一会における花の価格は、ざっくり
原価と人件費です。
この場合人件費には、私の技術料も含みます。
(あと、営々と培ってきたブライダル専門の花屋としての
経験値も含みます。これが一番価値が高いかもなあ。)


そこには無駄な費用、
お客様にとってもっとも無駄な費用である
地代家賃と広告宣伝費、これが
ほぼほぼ、ゼロであると思っております。

たとえば
一等地に路面店を構えるなら、地代家賃ははねあがります。
なので、マイナーだけどどこに行くにも
実は便利なこの白金で、
築40年のマンションの一室での必要最低限のスペース。
(しかしもうちょっとインテリアに金かけろよ!
というご指摘はもっともです。
そゆとこ我ながらセンスゼロだよねえ。
でもこじゃれた机も舶来の椅子も、私がブランドに身を固めても、
結局それを払うのはお客様ですからね)


そして広告宣伝費にいたっては
「とりあえず話を聞いてから決めたい」
というもっともなお問い合わせに、
「直接対面してのお打合せは、お申込み決定済みの場合で
お願いします」と返事するというこの傍若無人っぷり。


でも今週も、
たいていどの週も、
一会にと花を頼んでくださっている花嫁様がいらっしゃいます。

たとえば今週土曜日、9時までのブーケ納品。
この日曜日、12時までの装花セッティング。

一会に花を頼むと決めたその花嫁様と何か月もメールをやりとりして
ついに今週末その日、というお客様の結婚式の今週。

なのに、その前日あたりに
「一会に頼むかどうかまだわかんないけど、
いろんな花屋さんを比較検討したいので
まずは話を聞きたい」、
という方に1時間2時間を費やすのが、その時間を割くのが、
だんだん、今週末の花嫁様に申し訳なくなってきたのです。

それは、結局「営業」だな、と思いました。

一会に頼むかどうかわからないお客様の相手をして
頼んでもらえるようにご提案する。
頼んでもらえないかもしれない。その場合も笑顔で手を振り、
受注できたら無論うれしい。1時間費やした甲斐があった。

でも、それは営業です。

ならば、営業はもうしない。

と心に決めました。

ブライダルフェアもキャンペーンもしない、
その企画に費やす労力を、今週末の製作に向ける。

受注未定の場合には、対面しての打ち合わせはできないけど
代わりにまずはメールでご提案のみにさせていただいて、
その分を今週末に集中する。

あくまでも受注は先着順で、内金はもららない。
お客様のお気持ち次第。

ただ唯一営業として、このブログだけ毎日書く。

このブログが一会の、たったひとつの営業。
ここならどうやっても自由なので
ここで最大限、自分の気持ちをお伝えする。

と腹をくくったのは
それでもようやく、ここ数年のことです。

大手でも、一等地の店舗でもない、
こんな自分に、一生に一度の花を頼んでくださる方へ
今できる、最大限を差し出したいと
試行錯誤してたどりついた形態でございます。

いやー長かったっす、ここまで。
今、設立14年めです。
干支一周+2年です。



たくさんの花嫁様がお見積りを出すと
「思ってたより安いですね」とびっくりされます。
えへへ、そうでしょうと思いつつ、
それでも、たった半日という比率に対する
結婚式の花は、とても高い。と
真情は思っています。

でも自分の信じる、絶対、という適正な価格で。

絶対、というものは世の中にないけど、しかし
これが絶対、と自分すら信じることができないものを、
人様に高値で売るのは恥ずべきことかと思うので。

一会の花は安いですし、また自分でそう信じます。
なぜならお客様にとっての不必要な経費が
何も、乗っかっていないから。
そこはガチです。


しかし次回、逆に「一会の花は何故高いのか」、
というテーマでもう一本、演説いきたいと思います。
「ブーケ1万円て花屋さんも世の中にはあるのに
なんで一会さんとこは1万じゃないのよ!?」という
もっともな疑問に
とりあえず、またあらためてぶいぶいと演説。




えーと、書き始めは何の話でしたか。
そう、雪で筋肉痛だったんだよパトラッシュ
ていうか今も筋肉痛なんだよパトラッシュ。
くう。



では今日もお疲れ様でした。






一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-10 22:17 | ブーケ | Comments(0)
4シェアブーケ プリザーブドで
a0042928_1333010.jpg


シェアできるブーケです。
御友人に一つずつというリクエストでした。

プリザーブドブーケなら保存が簡単です。
フレーム加工も承ります。

一会フラワーバレンタインギフトは受注終了いたしました、
ありがとうございました。
全てのお客様にメールを差し上げておりますが、
万一届いていないという方は恐れ入りますがご一報ください。

最近おもに携帯で、メールの不着が頻発中です。

Tさま、レッスンの件昨日お電話&メール差し上げましたが
届きましたでしょうか???

では今日もお疲れ様でした。



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-09 18:27 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。