ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
<   2012年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧
新郎新婦様からのメール 大阪へ3
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_17335623.jpg


夏の盛りに大阪まで、装花とブーケをお届けした、その最終回です。

後日、新婦様からいただいた6枚の大判の便箋にはぎっしりと、
しかし誤字ひとつなくて、どんなにか丁寧に書きつづってくださったんだろうと、
胸がつまります。

だいぶ割愛しながらそれでも長い長いお手紙を、
ご紹介させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_17221224.jpg


本当に、私たちの中であの日の主役はお花(とねびる)でした!!
「どこを見ても花や緑が眼に入る空間」、本当にそうだったと思います。
グリーンメインの装花は大人っぽく、でも可愛らしく、
実もののナフキンフラワーは特に女性の出席者にとても喜ばれ、
お写真にはないのですが、お化粧室のお花に感激した、
とおっしゃっていた男性もいらっしゃいました。


一方で、チャペルの装花はとにかく可愛らしかったです!
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_17285283.jpg

白いお花が‘たちのぼる‘ような祭壇は私たちのお気に入りです。
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_17291313.jpg



そして、やはりブーケやヘッドドレスの美しさが一番の思い出です!
まさか真夏にあんなに素敵なブーケを持つことができるなんて…!
挙式で持ったピンクのクラッチブーケ、
友人たちは式の短い間しか目にしなかったのに、とても好評で、
「可愛かった!」「もっと写真に撮っておけば良かった!」「かわうそとおソロ~♡」と
後々になってからもお褒めの言葉の雨あられでした。
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_20372726.jpg

私自身も、あの頃ブログであの釣り鐘型のお花を見るたびに
「かわい~!」と思っていたので、
ブーケの中に入れていただいて本当に嬉しかったですし、
小さなお花や猫じゃらしのようなもふもふや…
本当にどの角度から眺めても見飽きない可愛らしさで、
にやにやがとまりませんでした。
トルコキキョウも、あんなに大輪で美しいとは思いませんでした!
お花を見ていて「うっとり」ということはよくありますが、
あの日のブーケには「ワクワク」という言葉の方が似合う気がします。
いえ、「キュンキュン」でしょうか。
心弾む、昂揚感をもたらしてくれる魔法のブーケでした。
お写真を見ると、まるでお花そのものが
内側から光を放っているように見えるのです。

それから、グリーンのバックブーケ!
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_17393087.jpg

新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_1733028.jpg

恥ずかしながら、「森の妖精みたい」という、
分不相応な賛辞を頂戴してしまいました…。
式後は家に飾っていましたが、
当たり前のことながら実はだんだん熟すんですね。
日ごとに色が変わっていく様子は不思議でした。
式の日に一番美しい状態であるように作っていただいている、
すごいことですね。
すっかり萎びてしまってついにお別れすることを決めたときは
泣いてしまいまして。活花に関する文章か何かで、
「衰えを人目にさらすのは情なし」とあったのを思い出し、
泣く泣くお別れしたのでした。

新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_17241632.jpg

ところで、このブーケに合わせて髪に編み込んでいただいた
お花やグリーンは、夫の一番のお気に入りだそうです。
夫の中の「花嫁」のイメージにぴったり合ったそうで、
あまり一般的なイメージではないなと思うのですが(笑)、
その一般的でないイメージに見事合わせていただいたことに
ただただ感謝するばかりです。

そして、このバックブーケのことで、
恐らくこれからも忘れることはないだろうと思うのが、
2012年9月11日のブログの記事「これから困難に立ち向かうご自分のために」
で紹介されていた方のお話です。

この時のお花もとても可愛らしかったのですが、
それ以上に記事の内容が心に残りました。
大げさなことを言うようですが、この方はきっと未来の私自身なのだと、
そう思ったのです。これまで、一会さんのお花の写真を見ては
励まされたり元気づけられたりしてきた私が、
ご縁あって自分だけのブーケを作っていただき、
その私のブーケの写真が見知らぬ誰かのエネルギーになることがある。
そして、私自身この先また、他の花嫁さんのブーケを見て
心動かされることがあるのだろうと思います。
結婚式の日は幸せいっぱい、元気いっぱいですが、
もちろん人生には色んな局面があり、悩み、苦しみ、もがくことが
この先幾多もあるのでしょう。自分が励ます日もあり、
自分が励まされる日もあり、そうやって生きていくのだなと思いました。
そして一会の皆さんや岩橋先生は、
お仕事をされながら日常的にそうやって立ちすくんでいる人の背中を
ちょっと押していかれる。すごいですね。

そもそも、真夏の大阪という悪条件しかない私が
「やっぱりお願いしてみよう」と決心したきっかけは、
2012年4月27日のブログの記事「4年目、笑顔という黄金の報酬」でした。
その中で岩橋先生は書かれています。
「結婚式のブーケを売りたいわけじゃない。
花そのものとか、デザインとか、技術とかではなくて、
結婚式というたった一日のための、でもいつまでもお二人の記憶に残る花を、
売りたい。それはたまたま花の形をしてるけど、花じゃないんです。」

どうしても、この方にお願いしたい。
無理かもしれないけど、お願いしなかったら一生後悔が残る。
そう強く思いました。(それでもなかなか勇気が出ず、
結局問い合わせメールを差し上げたのはさらに半月ほど後だったと思いますが。)
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_17395992.jpg

 ずっと、一会さんのお花のファンでした。
それは確かに「デザインとか技術とか」の
素晴らしさがあったからに違いありません。
でもそれだけではなくて、いえ、たぶんそれ以上に、
一会の花を美しく見せているのは岩橋先生のこの姿勢ではないかと、
ずっと心の中にぼんやりあった思いがこの記事を読んで形を得た気がしました。
「姿勢」と言ったのは心意気でカバーするとかそういう意味ではなく、
「人の手で作るものにはその人の心が現れる」ということなのだと思います。
先生のお仕事に対する妥協のない姿勢、花に対する愛情、
新郎新婦に寄せる真摯な思いが、お花をひときわ美しく、優しく見せるのですね。
すばらしいお花、そしてすばらしいお仕事を見せていただいて、
本当に本当にありがとうございました。
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_17214522.jpg


実は結婚式に積極的だったのははじめは夫の方で、
私はどちらかというと消極的でした。
決して嫌だったわけではないのですが、気が乗らなかった理由の一つは
「がっかりするのが恐い」ということです。

お花が大好きな私の理想はもちろん一会さんのブーケ、
一会さんの装花ですが、特に装花については当然無理だと
はなから諦めてし合っておりました。
初めにお伝えしていたように、花という当日にならなければ
見ることもできないもののイメージを、
完全に他人に伝えることなどできるのかという不安で、
準備を心から楽しむこともできていませんでした。

私が結婚式に抱いていた夢もあこがれも、
すべて一会さんのお花だったのです。
新郎新婦様からのメール 大阪へ3_a0042928_1741872.jpg


一会さんのお花を持って式を挙げる、という夢を叶えることができ幸せです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最初は、ブーケひとつを大阪まで届けてもらえないか、という
お問い合わせのメールでした。

この暑さでは宅急便も使えない、
スタッフが直接手で持っていくしかない、
いっそ、その日なら会場装花もできなくはないですよ
とわりあい気軽に書いたところ、即座にお電話がかかってきて、
びっくりしました。

その背景に、こんなにたくさんの想いがこめられていたことを
今はじめて知って、あらためて、
この日、花を届けさせてもらえて、
そうして喜んでいただけて、

本当によかった。


一会という名前で仕事をしてきて、本当によかった。
こんなお客様にめぐりあえて、お仕事をさせていただけて、
本当に、よかった。

こんな花嫁様に出会うために
今まで仕事をしてきたんだなと思います。
続けてこれてよかったな、そう思います。

ありがとうございました。



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-12-22 21:36 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 大阪へ2
新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_1617043.jpg


2012年8月。
暑さの厳しい夏でした。

新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16175058.jpg

大阪、リストランテサリーレ様にお届けした
装花とブーケのお話は、昨日の続きです。

新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16182228.jpg

ブーケと髪飾りの花は生花で

新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16171085.jpg


リストレットはプリザーブドで作っています。
新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16172084.jpg


新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16203951.jpg

実はおふたりは、かわうそを飼っていらして
(そしてかわうそはきゅう!となくのだそうです。
き、聞きたい)


新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_1620043.jpg


その、かわうそ「ねびるくん」(代理)がリングボーイとして
一日出席する趣向。

新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16303339.jpg

新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16205490.jpg

プリザーブドのリストレットは、リングを
ねびるくんに留めるための大役も果たし


新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16211497.jpg
新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16212712.jpg

最後に、親しいご友人へのプレゼントになりました。

新郎新婦様からのメール 大阪へ2_a0042928_16214866.jpg

プリザーブドフラワーでいろんなアレンジを作って
写真と一緒に飾られたメモリアルテーブルは
その後、皆様への引き出物となりました。

そのときの記事はこちらです。
http://ichiecarpe.exblog.jp/16020474/

2012年。
たくさんの心に残るお仕事をさせていただいた中でも
確かに自分にとっての金字塔である
この大阪へのお花の話は、
もう一度だけ続きます。
by ichiecd | 2012-12-21 22:16 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 大阪へ
新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_18275972.jpg


この8月、大阪までお届けした装花とブーケ。
新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_1843497.jpg

便箋6枚ぎっしりに書いてくださったお手紙と
CDでのお写真をいただいて、
この秋の修羅場モード時に何回見返したことでしょう。
新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_18282138.jpg


今日は、ダイジェストだけで。

新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_18293355.jpg

新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_1833222.jpg

新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_18354394.jpg
新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_18361534.jpg
新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_18365256.jpg

新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_1841979.jpg
新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_18413548.jpg


新郎新婦様からのメール 大阪へ_a0042928_18374018.jpg


最後の一枚、謎の黒いおしりの秘密は、また明日。


では皆様今日もお疲れさまでした。
by ichiecd | 2012-12-20 22:27 | ブーケ | Comments(0)
『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内
『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_17574994.jpg

先日発売になりました『花時間』2013年冬号で、
クリスマスからお正月へ続けて飾ることができる
2wayアレンジを担当させていただきました。

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_17584611.jpg


そして12月16日の単発プリザーブドレッスンで、
これをやってみたいとおっしゃってくださった方がいらして

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_18122680.jpg

お正月の重箱アレンジ、でも実は

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_18123491.jpg

クリスマスではこんなふうに飾れます。
思わず写真激写するほど素敵でした!

単発プリザーブドレッスンは
新郎新婦様のご参加が多いのですが
無論ながら、このようにご自宅の花でも大歓迎です。
『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_18124469.jpg

こちらはお仏壇の花瓶に生ける用の
プリザーブドのミニ花束です。

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_18125579.jpg

こちらは、この春の花嫁様の作品です。
リスのウエルカムリースとうさぎのリングピロー。

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_1813267.jpg

こちらも、花嫁様おひとりで参加して
ご両家へのお母様への花かご、お父様へのコサージュ、
おばあさまへの髪飾り。
お一人ずつのテーマカラーを考えて一生懸命、丁寧に製作。
きっとそのお気持ちが伝わることと思います。

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_18131294.jpg

こちらは2度目参加のお二人。
プルメリアの花のリングピローと

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_18132029.jpg

ウエルカムリースと、
リスの待合テーブル用のミニアレンジでした。

そして再び話は『花時間』に戻り

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_17583097.jpg

こちらは、トピアリーからお正月のボール飾りに変身という
アレンジでした。

そして、一会定期レッスンの1月は
この下のほうのイメージで、
ボールブーケ(手まりブーケ)を予定しています。
しかし、生花のボールブーケはなかなか難しいので
アレンジコースおよび、初心者!という方は、
まずはボール型のテーブルアレンジを作ってみましょう。

中級者ならボールブーケ、あるいは扇ブーケ。

そんなんじゃ物足りないぜ、という上級者の皆さんは、
まずはボールブーケを1時間で作って、(さらっと書くな)残りの1時間で

『花時間』2013年冬号と12月16日単発プリザーブドレッスンのご報告 と1月定期レッスンのご案内_a0042928_18181068.jpg


こんな感じ。
竹ひごを使うか水引を使うかは検討中です。


生徒の皆様へ、
*扇希望の場合には12月末日までに
専用掲示板に書いてくれると嬉しゅうございます。

*例によってボールブーケも扇もイヤ!
私はナチュラル好きなの!という人は
クラッチでOKです。てきとうだなあ。いえフリーダムなだけです。



ちなみに、2月は
「春の花いっぱいのミックスカラーシャワーブーケまたは
春の草花庭園アレンジを作ろう!」を予定しております。
ラナンやチューリップを触り足りないぜ!という方は
ここで堪能してくだされば。


1月6日の単発プリザレッスンは10時からと13時からの2回転なのですが
既にやや満席気味になってきております。
1月下旬から2月にかけて、またご希望により開催いたします。


それから、(おいおい記事が長いよ。ていうか長短が極端なんだよ!)
以前10月に単発プリザーブドレッスンに来てくださった方、
なんとやっぱり札幌からはるばる
レッスンを受けに、東京にきてくださったのだそうです。
花と香りのルーチェ
http://ameblo.jp/luce-f/entry-11418707171.html

ありがたやありがたや。
そのうちぜひ札幌に出張レッスンへ。
8人くらい集まればなんとか、
そしたら行きかえりは丸駒温泉か銀婚湯・・・(逃避中)


では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-12-19 23:57 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
セミキャスケードブーケ アジサイだけで
セミキャスケードブーケ アジサイだけで_a0042928_2121142.jpg



あじさいの、白だけで。


そして、今日はこれだけで。


ではお疲れ様でした!!

明日のモミリースレッスンにご参加希望の方、
ありがとうございました。
お返事を出しておりますので、
万一届いていなかったらご連絡くださいませ。
by ichiecd | 2012-12-18 21:23 | ブーケ | Comments(0)
カンガルーのリングピロー とコブタの庭園受付セット と12月19日リースレッスンのお知らせ
カンガルーのリングピロー とコブタの庭園受付セット と12月19日リースレッスンのお知らせ_a0042928_19543169.jpg


リングピローです。
カンガルーは、オーストラリア在住の
ご友人が送ってくださったものなのだそうです。
リングを置く場所もワイルドフラワー(オセアニア系の花)を使ってみたりしています。
先日、軽井沢へお届けした花嫁様から
みなさまに好評だったとうかがってほっとして掲載を。

カンガルーのリングピロー とコブタの庭園受付セット と12月19日リースレッスンのお知らせ_a0042928_19551326.jpg


こちらは受付装花、こぶた@お花畑。
コブタさんは新婦様の手作りです。かっかわゆすぎ・・・。
フォーシーズンズホテル様にお届けしましたが、
ホテルの場合受付が大きいのであまり花が小さいとさびしいかも、
ということで

カンガルーのリングピロー とコブタの庭園受付セット と12月19日リースレッスンのお知らせ_a0042928_19552340.jpg

ご友人へのギフトをかねていろいろな形で、
色調だけコーディネイトすることに。

カンガルーのリングピロー とコブタの庭園受付セット と12月19日リースレッスンのお知らせ_a0042928_1956289.jpg


「ね、コーディネイトしたんですよー」、と
言いたいがために撮った写真のようですが
我ながらどうなんだこの出来は。
でもせっかくなので載せてみる。

身の回りの85%くらいの出来事を
「せっかくなので」という一言で片づけている昨今です。


で、19日水曜日19時から、どなたか
モミリースレッスンに参加なさいませんか?

今回、クリスマスリースレッスンにおいて
生徒さんに「モミリースでも生花でもプリザでもいいですよ」とか
言い放ったものの、人数のカウントを間違って
仕入れすぎていることにさきほど気付きました。
レッスン料と花代で、10500円です。

あ、でもどうしても生花がいいとかプリザのリースがいいんだけど、
という場合もご相談ください。・・・せっかくなので。

お申込みはお電話番号を添えて、
info@flowers-ichie.comまで。
(結構メールの不着が多いのです、お電話番号があるとかけられますので!)

それから、次回単発プリザーブドレッスンは1月6日予定です。
Mさまお問い合わせをいただきありがとうございました、
また明日か明後日ちゃんとメールしますが
お言葉に甘えてブログでご伝言を!



では皆様、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-12-17 20:10 | 会場装花 | Comments(0)
フリースタイルブーケ アマリリスロイヤルベルベット ホテルグランドハイアット様へ
フリースタイルブーケ アマリリスロイヤルベルベット ホテルグランドハイアット様へ_a0042928_1935085.jpg


アシンメトリーな、フリースタイルのブーケ。
深いグリーンのドレスにあわせ、
ホテルグランドハイアット様へお届けしました。

昨日ご紹介したヘアメイクの植木さまからのご紹介でした。

花嫁様はとても喜んでくださったと語るアシスタントさんにふと、

「念のため聞くけど、リボンの向きのタグ、
 ちゃんとつけたよね?」

「・・・あ。」

おい。



できることから、一歩ずつです。くすん。
・・・ぐれてやるー!

では皆様今日もお疲れ様でした。
今日は早めに店じまいして投票に行ってまいります。


マニフェストマッチでは見事にばらばらでしたけれども。
by ichiecd | 2012-12-16 19:10 | ブーケ | Comments(0)
クラッチブーケ リバーシブル ラベンダーを挿し色に
クラッチブーケ リバーシブル ラベンダーを挿し色に_a0042928_15125129.jpg

ラベンダー、淡い紫をアクセントにというブーケ。

クラッチブーケ リバーシブル ラベンダーを挿し色に_a0042928_15124117.jpg

リバーシブルです。
こういう、役にたちそうでたたなそうな
無駄な細工が結構好きです。

花屋さんによって
リボンが前なのか後ろなのかわかりにくい!という
dapandaさんのつぶやきをきっかけに、
一会では「このブーケはリボンが正面です」「リボンが自分側です」
タグを最近、一律でつけています。
できることを、一歩ずつ。

昨日はヘアメイクの植木さんをお招きして
どんなふうに髪飾りを作ったらつけやすいかなどなど伺いました。
http://www.moanablue-mihoko.com/news/
毎日微々たるものではありますが
ほんとに、できることを少しずつ。
てきぱきとした植木さんは、当日、花嫁様の傍らで
写真撮られるときは背筋を伸ばして!とか
ドレスに万一少しハプニングがあってもちょっとつくろったりとか、
いろんなフォローもしてくださるのだそうです。
はじめての結婚式はわからないことだらけ、
こういう方がいてくださると心強いかも。


dapandaさんにも植木さんにも
たくさんのお客様をご紹介いただき
ほんとうにありがとうございました。
おかげさまでなんとか年が越せます。ごほごほ←演出。

一会では目下、
来春のお打合せがピークになってまいりました。
基本的にお打合せは2~3か月前くらいが多いのですが
お引越しなどのご事情で、5月、6月の方もいます。
こうしてあっというまにまた一年が・・・。(遠い目)





では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-12-15 19:30 | ブーケ | Comments(0)
11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内
11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11211960.jpg


11月はグリーンたくさんのブーケ。
最優秀賞はミニブーケ+カチューシャ、わずか2時間でここまで。


11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11225632.jpg

バラのブラウンスカーフをあえて脇役におさえ、
今年初入荷のアネモネをメインにして。

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11274155.jpg

中央の不思議な花は菊の一種、ソンブレージャです。
(レッスンのとき名前を忘れてたので
さりげなく書いてるあたり姑息)
こちらもバラは脇役で、色を添えるだけ。

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_1123536.jpg

繊細な世界、いいですね!

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11285813.jpg

しかしグリーンだけではやっぱり
という方もいるかと思って
お花も用意しておきました。

主役はジニア。こういう華やかさもあるんだというブーケでした。

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11201537.jpg

この空気感!
すばらしい。

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_1123776.jpg

ベージュの色味の織り成す柔らかさも

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11254353.jpg

ピンクとグリーンを束ねるナチュラルな雰囲気も

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11293993.jpg

みんなうまいなあ。

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11254943.jpg

と自分の生徒さんながらつくづく思います。

11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11241588.jpg

毎月毎月こつこつと、じりじりと上手になる人も
ある日とつぜん新境地に達する人も
花を触るだけでストレス解消、という人も。

まったく初めての方も、プロの方も、
数名で同じレッスンコースです。
花の組み合わせは自分で考えるので、出来上がる花はひとそれぞれです。

目下、とくに夜のコースに空席があり、生徒さん募集中です。
http://www.flowers-ichie.com/schoolinfo.html
昼のコースと、そのほかアレンジコースもあります。

こちらはアレンジコース。代表でおひとりだけのご紹介で恐縮です、
でも皆様かわいかったです。
11月一会定期スクールと12月リースレッスンと 生徒さん募集中のご案内_a0042928_11204764.jpg


掲示板にて、ピカサにて皆様の写真を
全員分アップしてあります。・・・ありますよね?>アシスタントさん。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-12-14 21:16 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
新郎新婦様からのメール クラッチブーケ 如水会館さまへ
新郎新婦様からのメール クラッチブーケ 如水会館さまへ_a0042928_180274.jpg

10月に、如水会館様でこのブーケを持ってくださった
ご様子が、お二人をご紹介くださった
「ウェディングカメラマンの裏話」dapandaさんのブログで掲載されています。
テニスコートのウエディングケーキも必見です。
http://ameblo.jp/dapanda45/entry-11389001711.html

実際に花嫁様にもっていただいてこそのブーケ、
とつくづく思います。
美しく撮ってくださったdapandaさまにも深いお礼を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらこそ、メール共々ぜひ紹介して頂けると嬉しいです。
私にできるのはこうして感謝の言葉を通して、
皆様に一会様のお仕事がどれだけ素晴らしいかをお伝えする他ないので…。

装花のお写真、とても嬉しいです!
何度見てもクラシックなお部屋の内装と見事に調和していて、惚れ惚れです。
やはり心行くまで一人で眺めたかった…(何度もすみません 笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログでご紹介してもよいですか?という私からのメールのお返事に
花嫁様はそう書いてくださいました。
本当にありがとうございました。

新郎新婦様からのメール クラッチブーケ 如水会館さまへ_a0042928_1801536.jpg


このウィンブルドンの装花のときのお二人でした。

http://ichiecarpe.exblog.jp/16630891/

http://ichiecarpe.exblog.jp/16668439/

心に残るお仕事をさせていただいて、
本当にありがとうございました!


お二人の、末永いご多幸を心からお祈りしています。
by ichiecd | 2012-12-13 18:01 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。