ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
<   2012年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧
シェ松尾天王洲倶楽部様の装花 スカビオサアルバとスズランのチェアフラワー
a0042928_1634392.jpg

パステルミックスカラーの会場装花、
最後の仕上げにいれたのは
白いスカビオサのアルバ、という品種です。

a0042928_16345445.jpg

シェ松尾天王洲倶楽部様の装花でした。

a0042928_1635495.jpg

祭壇装花はスズランと白の花。

a0042928_16351297.jpg


あたかも、花にふと、蝶がとまるように・・・

と気取ってブログを書いてたら、
磨かれたフックの表面にしっかり自分が写りこんでいて、
がっくり膝をついています。
詰めが甘い。
バカバカ自分。

a0042928_1635318.jpg



では皆様今日もお疲れ様でした!
by ichiecd | 2012-05-12 23:34 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様のお写真:会場別
ここしばらく、
アシスタントさんがこつこつ編集してくれていた
会場ごとの花嫁様のお写真集を。


・新郎新婦様のお写真:会場別あ~さ行
・新郎新婦様のお写真:会場別た~な行
・新郎新婦様のお写真:会場別は~
・遠方のブーケ発送・会場装花
・新郎新婦様のお写真:ヘアドレス


まだ作業途中で、順不同・敬称略な点は
どうぞご容赦ください。
この一覧にはないけれど、
この会場にブーケのお届けをしたことはありますか?
というご質問はご遠慮なくこちらまで。
http://form1.fc2.com/form/?id=520999



///////////////////////////////////////////////
by ichiecd | 2012-05-12 15:42 | ブーケ | Comments(0)
ヒヤシンスのリストレット 
a0042928_21444258.jpg


昨日のスズランのリストレットが
少し好評だったので
続編で、ヒヤシンスのリストレット。


では皆様今日もたいへんにおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-11 21:46 | アクセサリ | Comments(0)
スズランのリストレット と フェアビアンカのセミキャスケードブーケ
a0042928_22203481.jpg

スズランで作るリストレットと

a0042928_22204445.jpg


お揃いの、フェアビアンカというバラのブーケです。
スズランをレースみたいに仕立てて
クリスマスローズも一緒にあしらって、
好きな花で作るブーケはいつまでもあれこれ挿し続けたい、
ずーっと作ってたい気持ちになります。
これが毎週なもんだから大変です。
きりがなくて。


2012年母の日ギフトは、本日、生花分も
出荷いたしました。

今頃は海を渡ってそちらへ向かっているはずです。
ざぶざぶざぶ。(←演出)

a0042928_22244837.jpg

こちらはプリザーブドフラワーのウサギ部隊。
昨日今日のとんだ悪天候で濡れてないか、
胃がきゅーっとなっております。
万一何かありましたら遠慮なくお知らせください。

ざぶざぶ。

a0042928_22245645.jpg

ていうか、いっぱいいてると、なんか怖いんですけど。
ざぶざぶざぶ。

なんだっけこういうの。なんかなかったっけ。
なんとゆーか「ハーメルンの笛吹き男」的な・・・?
きゃー。

と、自分の妄想に自分で首を絞めつつ、
では皆様今日もお疲れ様でした。



追伸、
一会から黒の傘を借りていったという方へ、
お心当たりの方は岩橋までお知らせくださいましたら
幸いです。
by ichiecd | 2012-05-10 22:32 | アクセサリ | Comments(1)
ラナンキュラスのブーケ と ある新婦様のブログのご紹介
a0042928_23405419.jpg


2012年春、その終わりのころに作った
ラナンキュラスのブーケでした。

と、とりあえずきれいそうなブーケの写真を載せて、
脈略もなく続きます。
・・・今日も、また長いですよ?



過去に一会のブーケを持ってくださったある新婦様が
闘病ブログをはじめたので、とご連絡をくださったので、
許可をいただいて、ご紹介を。

annco SLE da dooon
http://annco.cocolog-nifty.com/blog/

管理人の、あんこさんに
私はこの場所から手をふるくらいしかできないのですが
手でも旗でもリボンでも、
もてるものは総動員してふりまくっています。

メールのやりとりでぽつりとおっしゃってくださった言葉、

 あの結婚式は運命の一日だった、
 今なら挙げられていない、
 たくさんの出会いに支えられたと
 あらためて感謝の気持ちが込みあがってくる、

 「これこそが宝物。素敵な思い出です。」

その言葉を、その万感の思いを、
自分は、自分のこの小さなブログででも、
読んでくださっているこれからの花嫁様へ、
たくされたバトンを渡すように
お伝えしたい、そう思いました。
お伝えしなくては、と思わずにはいられませんでした。



結婚式の花と、いう仕事。
それは晴れやかで夢のような嬉しい一日の花です。
そして、結婚後何年もたってからも、昔の新郎新婦様から
またメールをいただくことはたくさんあります。
ご結婚記念日に、
奥様の誕生日に、
ご出産のお祝いに。

(一会では通常、一般のギフトはお請けできておりませんが、
過去の新郎新婦様あるいはご紹介に限って
お花をお届けさせていただいています)


でも、当然ながら、幸せなこと嬉しいことばかりの
毎日ではない。
あたりまえなのですが、
しかし、時に、
涙をぼろぼろ流しながら読むような、そんなメールを
いただくこともあります。

たとえばこのときの方もそうでした。
http://ichiecarpe.exblog.jp/7202398/

ここのところ、たまたまそういうお便りが重なって
喜びと悲しみはつづれ織りであるという言葉を
何度となく思い出します。

たとえなにもかもが順調で幸せ、そう傍からは見えても
そうでないときもあるかもしれません。

結婚式の時に花を作った花屋、というだけの自分に
送って下さる、過去の新婦様のふともらした
吐息のようなお言葉を
自分はただ受け止めることしかできません。

けれどもそんな言葉をふと書いてよこしてくださること
それ自体が、
たった一日の花、しかし一生に残る花をという
自分の目指している道は
確かに自分がもっとも目指したかった道だ、
そう何度となく認識させられます。


私がイチエッタ倶楽部をやろうと強く思った
ひとつの契機となった、
別のあるご夫婦お二人のお話は、
まだ許可をいただいていないので、
また後日あらためて。


もうおひとり、また別の方で
先日、イチエッタ倶楽部として花をお送りした
元新婦様からいただいたメールをご紹介して
今日はここまでにします。

・・・・・・・・・・・・・・
どんなに幸せと思っていても、
人生には思いもかけない
深い悲しみの訪れることがあるもので
落ち込んでいた気持ちを
優しい花たちが一時忘れさせてくれました。
本当は岩橋さんにお聞かせすることではないのですが、、
ごめんなさい。

(その後のメールで)

あの日、あのお花が届かなければ

私は今も深い悲しみにくれたままであったと思います。
孤独な気持ちのままただ涙を流す日々が続いていたと思います。

「一時忘れさせてくれた」と書きましたが、
そればかりではなかったのです。
愛らしいお花たちにどんなに癒され励まされたことか。
お花たちと触れ、一時悲しみを忘れたことで、
あまりの悲しみに失いかけていた
自分を取戻し、その間にも愛くるしいお花たちに元気をもらいながら
もとの穏やかな心を少しずつ取り戻すことができました。
今はまた最愛の家族と微笑み合い、
労り合いながら暮らすことができるようになりました。
日々、感謝しながら日常を送っております。

これだけですと、何のことやら??だと思いますが、
詳しく書いてしまうと
あまりに長くご迷惑になってしまうので、、
詳細は控えることといたしますね。

ただとにかく
岩橋さまの謂わんとされるお花の力というのを、
今回身を以て知りました。
そのことを感謝の気持ちとともにお伝えしたいと思いました。

誰に相談していたとしても、どんな言葉をかけてもらっていたとしても、
悲しみは悲しみのままであったと思います。
お花にはそんな深い悲しみをも包み込んでしまう
優しさと強さがあるのだと知りました。
本当に不思議なことですが、お花にはそんな力があるのですね。

あの日、あのお花が届かなければ、
今日の私は今日の私でなかったと思います。
誰かを愛する気持ちと感謝の気持ち、
明るい心を取り戻させてくださった
岩橋さんに、お礼申し上げたいと存じます。
本当にありがとうございました。お花たちにも、ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらが、励まされました。
本当に、ありがとうございました。





先に紹介した「井戸の水をくむ」、という記事の中で
結婚式当日に、
お父様が伝えてくださったお言葉をまた思い出します。


・・・・・・・・・・・・・・
『本当の幸せは哀しみや苦しみの結果
生まれる』ということです。
そして哀しみや苦しみを経て得た幸せこそが、
ひときわ鮮やかな輝きを放つものだということです。
・・・・・・・・・・・・・・


では皆様、今日も本当におつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-10 00:27 | ブーケ | Comments(1)
5月定期レッスンのご案内 振袖に似合うブーケあるいは卓上装花
a0042928_2083535.jpg



で、5月のレッスンテーマは何ですかー?


と昨日生徒さんから尋ねられて
しまった、
告知してなかった、
いまさらだけど
いつものことだし、
まあいいよねっ!?
(キャラを変えてもごまかせません)

http://ichiecarpe.exblog.jp/5873834/

こんな感じで、振袖に似合う和風のブーケを作ろうかと。
追記:ゲストテーブル装花でもOKです。
と先月語っていたことをすっかり忘れておりました。
どちらか2択になりますのでどちらでも好きな方で!


初夏の和の花、
それは芍薬であり鉄線であり
乙女ユリであり山百合でもある。

ホタルブクロなんか、たとえ
「え、こんなん売るの?てか売れるの?
うちの実家のまわりにぼーぼー
生えてるよ!とってきたげようか?!」と
あっけなくつっこまれようと(実話)、
いいんです。

チームジミーズとしては
ここは風にそよぐ野の花を
楚々とした風情で振袖にあわせてまとめてほしい。

色内掛けでもなく、白無垢でもない、
初夏の和の花のブーケ@振袖ですよみなさん。
そこんところ、とくと肝に銘じて作るように。

5月15日火曜日19時、
16日水曜日19時に空席があります。
レッスン料2100円、花代8400円です。
昼は満席です、ごめんなさい。
お申し込みはこちらから。


http://form1.fc2.com/form/?id=547372


しかし毎回行き当たりばったりにテーマを決めているようですが、
そのとおりです。

通常お花のレッスンというのは年間を通じてカリキュラムが
組まれているもののはずなのですが、
一会の場合は免状や資格も出さないし、
初級コースも上級コースもありません。

「てきとーちょーてきとー」、とは申せ、

何年も通っている生徒さんもまったく初めての方も、
同じように花を選んで、2時間で魅力的なブーケひとつを
作って帰ります。


その日の花と
その日の自分、

それが全て。

それでおしまい、完結。

というレッスンが
世の中にはひとつくらいあってもいいのではないかと。


あんまり大きな声では書けないけど
だってそれで
うちの生徒さんは、みんなすっごく上手だよーーーと
自慢したい。

上手という言い方が悪かったら
魅力的と言っていい。

それは、その人の花ですから。
魅力的でないはずがないではないですか。

二重否定が多すぎて
かえって話をややこしくしておりますが

花という、生きていて
しかも無駄なもの、
すこし触っているとぐったりするような面倒なもの、
なくてもかまわない割になんだか高価なものに、
わざわざ遠回りをするよなこんな場所に通ってきては
時間とお金を費やして、
「楽しい!」「でも疲れた!」
「そう疲れるのよね!楽しいけど!」と
言い合って帰る、
生徒さんのみなさんを
なんだか、不思議な気持ちで見ています。


頑固にて蛍見ぬ顔してゐたり 加藤楸邨



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-05-08 23:08 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 梅雨明けのころ 真珠と翡翠 パークハイアット東京さまへのブーケ
a0042928_19332263.jpg


昨日のお二人の続きです。
昨年の7月、パークハイアット東京様へお届けしたブーケ。

梅雨明けのころ。
使ったのは白のバラ、シャインホワイトという品種です。

ドレスは、お母様とドレスデザイナーさんがご相談を重ね
作られた、というこだわりのもの。素敵です。


頂いたメールを写真とともにご紹介させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の結婚式、披露宴はもう遠い昔のような気もします。
が、まだ1年たっていないのですよね。
昨年の今頃は準備にとりかかっていたとは思うのに
なかなか思い出せないものです…
特に式も披露宴もこだわりはありませんでした。
主人の方が一生懸命であったと思います。
ドレスも昔から母がそれなりのポリシーを持っているのを感じていたので
主導権は母に渡してしまいました。

a0042928_19333326.jpg


そんな私でしたが、お花だけは
自分で納得したものを持ちたかったのです。
特に結婚願望のない私でしたが、
なぜか花時間のブーケ特集は学生の時から
時々買っていました。
実は岩橋様のところに伺った時もバックに忍ばせていました。
(十数年前の岩橋様の写真付きでした。)


ドレスの型が徐々に決まってきたときからブーケをどうしよう、
と毎日悩んでいたのですが
目につく気に入ったブーケの多くは岩橋様ので、
もうこれはお願いするしかない!と思ったのです。
あの不思議なグリーンのドレスと
ある意味クラシカルなウエディングドレスの両方に
全く違うニュアンスのブーケを作って、
母が想いを込めてつくってくれたドレスを
完成させたい一心でもあったと思います。

a0042928_19334876.jpg


訪問させていただいて、打合せをした時、
どういったように気持を伝えてよいかわからず…
でも少し話をしただけで岩橋様が
「あ、こういったお花は?」を見せて下さったときに
「持ってきた雑誌は見せなくても大丈夫だわ。もう安心。」
と一会さんに出会えたことを感謝したいと思いました。

そして当日に私の前に届けられた花々の美しいこと!!
シャインホワイトは私の好みのぷっくりとしたバラで、
白一色のバラとリクエストした通りで
可愛くて梅雨明け宣言の日にぴったりのブーケでした。
香りもきつくなくほんのり薫って肩に力が入りがちな
私に安心感を与えてくれました。


a0042928_1934151.jpg


当日は本当に素晴らしいブーケを2つもありがとうございました。
彼のブートニアもリクエスト通り一輪でバッチリでしたし、
本当に本当に一会さんにお願いして
よかった!と今でも心の底から思っております。
そして毎朝の日課により全国の花嫁さん方の
幸せを感じられる「窓」をつくってくださっている
岩橋様に感謝の気持ちで一杯です。


a0042928_19341038.jpg


もうブーケを持つことが出来ないのが残念ですが、
それだからあの日が特別でとても大事で、
真剣にブーケをお願いする先を
考えたことに意味があったのだと思います。

a0042928_19342283.jpg

私も多くの先輩花嫁様達の姿を拝見して、
ドレスのバランスやブーケの型を
参考にさせていただいたので、少しでも恩返しといいますか、
バトンをだれかに渡す行為を出来れば嬉しいな、と思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に書いてくださった一行に、心をゆさぶられます。
とてもとても微妙な、素敵な色のドレス。
まるで湖水をのぞきこむような
美しさが写真からも伝わります。
三日月のように弧を描く形は
クレッセントブーケといいます。


実は、お式のあと2日後に、メールをくださったのですけれども
「カラードレス用のブーケは、
もう本当にIwahashi Magicでした!(敬称略)」
と書いてくださったその最後の
敬称略という一言に、花嫁様のお人柄を感じてしまう、
いつもいただくメールの最後に季節のことが一言。
とても丁寧で、品のある方。
そんな印象にぴったりのドレス姿と、
a0042928_193529.jpg


その心がうつされているような
お二人の笑顔に、
とてもいいご夫婦でいらっしゃるんだなと
画面越しにうっとりしています。

a0042928_19345159.jpg


ブーケはもうもてないけれど、
だからこそあの一日は特別で、
ブーケの依頼先を吟味する意味があった、
そう書いてくださった一文。

自分自身の、糧にします。


本当にありがとうございました。


では今日もおつかれさまでした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2012-05-07 19:54 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 真珠と翡翠 パークハイアット 
a0042928_1695253.jpg

いただいたお写真はどれも思わず
ためいきが出そうな、あたたかさに満ちた光景で
ああ、いいなあとつぶやいてしまうすべて。
中でもこの一枚は
お二人のお人柄を全部伝えてくれるような
そんな写真だと思いました。

長い、お手紙をいただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結婚をして約1.5時間になってしまった
通勤時間をなぐさめてくれるのは
毎朝満員電車ででもチェックできる一会のブログです。

「あ、幸せな時間を素敵なお花と共過ごせた方がいたんだ!」
と思える時間が楽しみでならないのです。

自分が写真を送っていないことも毎回思い出すので、
少々バツが悪い時間でもあったのですが…
それにもかかわらず毎回楽しくて楽しくて。
更新いつもありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_168178.jpg

a0042928_1693285.jpg


そんな出だしから始まるお手紙と
たくさんのお写真と、


けれども、続きはまた明日。


では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-06 22:30 | ブーケ | Comments(0)
シャワーブーケ 春の水面 山の上ホテルさまへ
a0042928_15431553.jpg


今日山の上ホテル様へお届けした
パステルミックスカラーのブーケ。
春の水面のようにいろんな色をちょっとずつ、
さざ波みたいに。

実はこの下の記事、3日の単発レッスンにいらして
ご両親の贈呈用アレンジなどなどを
作りにいらしたお二人です。

お母様やおばあさまに喜んでいただけているといいですね・・・
いやきっと喜ばれるに違いない!


では皆様、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-05-05 22:38 | ブーケ | Comments(0)
5月3日単発プリザーブドレッスン 作成リポートと6月開催について
a0042928_16303031.jpg


引き続き、今度は
5月3日の単発プリザーブドレッスンのご報告です。

花嫁様が自分でブーケを手作りするところ。

a0042928_16303861.jpg

実は、4月28日のプリザーブドレッスンで、
ご新郎様と一緒に参加して、ご両親への贈呈花を
作られた方です。
まったくはじめて、でもできるだけ結婚式の花を手作りしたい!
という方は、可能であれば2日にわけていらっしゃると、
最初の日にギフトを作って慣れたところでブーケ、
という2段階レッスンができて、おすすめです。

a0042928_16304645.jpg

ころんとしたピンクのラウンドブーケ、ご新郎様に
自慢しなくっちゃ!
司会者さんに3回くらい花嫁さんの手作りブーケですよって
紹介してもらわなくっちゃ!!!
という鼻高々な講師であります。

a0042928_1631526.jpg

カメラをお持ちになって、作成途中も撮ると
証拠写真・・・いえ、素敵な記念写真になります。
でも、とりわけご新郎さまのお母様にとっては、
「息子さんが手作りしたお花」を結婚式でもらうなんて、
びっくり&大感激でしょうから、ぜひ、
証拠写真も一緒にお渡しを!

a0042928_16311191.jpg

だってこんなにかわいいアレンジが

a0042928_16311951.jpg

こんなにたくさん出来上がってしまいました。
今回は、午前中に納品があったので
14時からという変則のスタートで正味3時間でおふたりで
アレンジ6個と受付のお友達へ差し上げるリストレット3つ。
なかなか壮観です。

a0042928_1631308.jpg

14時からという遅いスタートだったため、
今回は5名様のみで締め切りました。
なので若干余裕がありまして珍しく写真をたくさん撮っております。

こちらのお二人は、ご両親への贈呈花をリースで。
お花を選んでからお二人それぞれ、没頭なさっていました。

a0042928_16313779.jpg

ニュアンスカラーのあじさいたくさんで。

「紫陽花には、家族の絆という花言葉があるそうですね。」
と開催前にいただいた新婦様からのメール。

「リースの輪は永遠の象徴とされるので、
大切な人達との絆がいつまでも続くように
願いを込めて作りたい」

とのお言葉におお・・・と感動です。

a0042928_16314552.jpg


箱につめて

a0042928_16315144.jpg


出来上がり!



本当にお疲れ様でした!

次回は6月10日あたりでという
リクエストがきております。
どなたか一口のりませんか?




では皆様今日もありがとうございました、
お疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-05-04 20:00 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。