ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
セミキャスケードブーケ プリザーブド 白紙に向かう
セミキャスケードブーケ プリザーブド 白紙に向かう_a0042928_23403028.jpg


この白のブーケも
お色直しのブーケも
 。
 どちらのブーケもとても美しく、
 軽くて本当に素晴らしかったです。


というお言葉をいただいたのは挙式日の翌日。



プリザーブドフラワーで作った
白とグリーンのブーケ。

結婚式においてやはり白はダントツで人気の色であります。

新しい色に染まる覚悟、という説もあるように
白は、どんな色もその上に乗せられます。



ひるがえって、この日常も同じこと。
と時々思います。


今日はどんなことがあっても大変でもへこたれても
明日はまた新しい、白紙の一日。

どんな絵筆をとってどんな色をもって
どんな絵を描くか、ただ自分の気持ちだけです。


では皆様今日もお疲れ様でした。

 何か適当な俳句か短歌を書きたかったが
 いまいち思いつかなかったのでお茶を濁す図。



 
by ichiecd | 2011-11-10 00:03 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ(試作品) イブピアッチェとシャラパール と単発クリスマスリースレッスンのお知らせ
ブーケ(試作品) イブピアッチェとシャラパール と単発クリスマスリースレッスンのお知らせ_a0042928_052542.jpg



濃い色はイブピアッチェ、
薄い色はシャラパール。

息が詰まるほどの芳香。


アリアローズプランニング様のバラで
試作品として作ったブーケでした。

いつの話だ。
ええと2週間くらい前だったかと。
え、もう12月?うそでしょ?
誰かうそだと言ってほしい。



11月20日日曜日13時、
単発のプリザーブドフラワーレッスン、

11月30日水曜日13時
単発のモミのクリスマスリースレッスン、

それぞれ開講決定です。

このグリーンのモミのリースはフィトンチッド満載、
君も白金で森林浴!というのがキャッチコピーでして

ばっさばっさと大きくつくるのでストレス解消。
かつ、クリスマスまで十分もちます。
私も作ろうっと。


今日、リリメリアのレッスンにてもくもくとワイヤリング中、

「で、先生は、どこの温泉行きたいんですか?」
「・・・どこでもいい!」(低い声で真顔)。

「せんせ、声がマジで怖いです」。
「今、なんか目が遠くにいってましたよね」
口々に慰められて、ちょっと逃避したい気持ちでおります。



では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-08 23:08 | ブーケ | Comments(0)
シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく
シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく_a0042928_18554895.jpg


紅葉どっさり。

シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく_a0042928_1856103.jpg
シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく_a0042928_18562259.jpg

シェ松尾青山サロン様の装花でした。

シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく_a0042928_18571210.jpg

鏡越し、ご親族様の姿も紅葉のかげに見えます。

シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく_a0042928_18563735.jpg

色づいた葉のあいだにアクセントでいれたのは
姫リンゴの枝です。

シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく_a0042928_18572881.jpg

お食事をする場所は赤をとりいれてかわいく、
というリクエストでした。
メモリアルテーブルとどこかでつなげられたらいいな、と
なんとなく思いついて

シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく_a0042928_18573566.jpg


グラスの中にひとつずついれてみました。

シェ松尾青山サロン様の装花 紅葉と、赤でかわいく_a0042928_18574330.jpg


伸び上がってぱちっと咲くのはチョコレートコスモス。
足がはやいけど、かわいい花です。


では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2011-11-07 22:54 | 会場装花 | Comments(0)
ナチュラルクラッチブーケ 一会風 オーベルジュ・ド・リル・トーキョー様へ
ナチュラルクラッチブーケ 一会風 オーベルジュ・ド・リル・トーキョー様へ_a0042928_6502069.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ピンクのかわいらしいブーケは
 今私のすぐ後ろで変わらずいい香りを放っています。
 やさしい香りに今日はとても励まされました。

 たくさんの種類のお花がぜいたくにぎゅっと使われていると思ったら
 コロンとした実物や小花が動きをだしていて、ふわっと空気を感じさせている、
 一会風ブーケは本当に他にない、素敵な魅力がありますね♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


というメールを挙式後の先ほどに
いただきました。

メール掲載の許可をいただいてはいないのですが
たぶんOKとおっしゃってくださると思うので掲載を。

というかこのメールもらっちゃいました自慢は
自粛しようと言ってる矢先に我ながら根性なしです。
負けてしまいました・・・


この日にはフラワーケーキもお届けさせていただいて
そちらもまた後日ご紹介を。



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-06 21:49 | ブーケ | Comments(0)
11月20日単発プリザーブドレッスンのお知らせ
11月20日単発プリザーブドレッスンのお知らせ_a0042928_21434567.jpg



こちらは、私が作ったブーケではなく
一会のある生徒さんが、大切なご友人のために
精一杯の思いをつめこんで作った
プリザーブドフラワーのセミキャスケードブーケ。


きれいです。


花は、花ではない。

気持ちを形にするだけだ、
といつも思うことをまた思います。

おめでとう、という言葉と
それ以外の言葉にならない言葉とを
バラの一輪ずつに変えて重ねていくブーケ。

美しいと思います。
これ以上の花はない。


11月20日日曜日、13時30分ごろから単発プリザーブドレッスンを
開催します。
レッスン料2100円、花代8400円以上であればあとは
何を作ってもよござんす。
ただ、本番用のブーケやアクセサリという場合には
一会が責任をもって梱包までお手伝いしますので
そのサポート込でレッスン料が5250円になります。

お申込みはこちらまで。
なお30分程度の開始時間の前後も可能です、
ご相談ください。

http://form1.fc2.com/form/?id=558218


では、皆様今日もほんとうにお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-05 21:48 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
セミキャスケードブーケ リッツカールトン大阪様へ 老人と海のあらすじ
セミキャスケードブーケ リッツカールトン大阪様へ 老人と海のあらすじ_a0042928_1411025.jpg


  箱を開けたとたんによい香りがして
  幸せな気持ちになりました、


というお言葉を、
花嫁様と、
義理のお母様と、
お二人からいただきました。

大阪まで、生花のブーケ。

紆余曲折をへて結局、
前日に東京にいらした義理のご両親さまへ
東京駅の新幹線ホームでお受渡しをして、
ブートニアもヘッドドレスも生花でおつくりすることに。

そのご新郎様のご両親が丁寧に東京から大阪まで
新幹線で運んでくださった、
お二人の手で運んでくださった、ブーケ。

それを思うだけで、なんだか胸がじんとします。

とても愛らしいご新婦様と優しそうなお義母さま、
おふたりともに
喜んでいただけて、ほんとうによかった。
ほんとうにありがとうございました。



で、今日って月曜日ですよね?
金曜日?だったっけ?ゴミの日って明日?
祝日が入ると曜日感覚が狂う。

連休だの祝日だのハッピーマンデーだの、
世間様にはお休みが多すぎるのではないか、と主張したい
「貧乏暇なし」な自分です。
ああ温泉行きたいよう。
しかしこのご時世お仕事をこうしていただけることは
嬉しいことです。



そのお気持ちに感謝でこたえるべく
早朝の生花市場では、
挨拶をしたりされたりしながらめっちゃハンティング。

市場はアフリカのサバンナであり、
タイミングひとつで仕入の成果が左右されるので
寝ぼけ眼ながら、
両眼から「いい花サーチビーム」が出てます。

7時くらいになると、そんな
けばだった羽もやや落ち着き
ふうとひと段落しておおっぴらにあくびをしてたら
「今の一会さんのあくび、次に俺にうつるっす。
なんでかアクビってうつりますよねえ」と
しっかり見られて突っ込まれたりします。
油断大敵っす。




ちなみに今日の一会としては
たまたまヘミングウェイ「老人と海」の話になりまして、
「読んだことある?」とアシスタントバームちゃんに尋ねたところ
「いえ途中で挫折しました。」というので
ざっとあらすじを説明。

「えーと、年老いた漁師のおじいさんがいてさ、
ある日遠出をして、
そこで大きなカジキが釣り針にひっかかって、
格闘してね」

バームちゃん「ふんふん」


自分
「おじいさんはその大カジキをね、
3日がかりでとうとう釣り上げたんだけどさ」
「港に帰ってくる前に、
サメの大群に襲われて」
「すごく戦ったんだけど、とうとう最後は食べられて
骨だけになっちゃうの」


ばーむちゃん
「え、おじいさんがですか?」


ち が い ま す。



骨だけになったのはカジキであって、
おじいさんがサメに食べられたわけでは、

と、続きを説明する気力を失った自分を、
誰も責められない。
と思うのですが、いかがでしょう。


どうでもいいんだけど
アシスタントさんネタをもうひとつ。


先日一会近くにこじゃれたカフェができまして
おお白金っぽいぜ、じゃあテイクアウトをしてみようと
「グレープフルーツと穀物とアボガドのサラダ」@350円也、
買ってきたよ、食べてみたら?と
新人アシスタントさんに勧めたら

「おお・・・シャレオツ」

・・・
・・・・
・・・・・

「え、ごめん、今なんて言った?

シャレオツ?

も・・・もしかしておしゃれってこと?

え、ほんと?

ほんとにシャレオツって言った?

いやごめん肉声で聞いたのは初めてかも」



ちなみに一会では不用意な言動をすると
そのまんまアシスタントさんのコードネームにされてしまう。
ということがしばしばあります。

アシスタント「シャレオツ」さんでいいのかどうか
明日、もう一度本人に一対一で、
よくよく確認してみようと思います。


ちなみにサラダはおいしかったですが、
ソーセージパイはいまひとつ。

白金界隈はヒキガエルとコウモリしかいないとはいえ
パン屋の充実っぷりに関しては悪くないです。
この値段なら金麦かラビラントのほうが。


えーと、何の話だったんでしたっけ?
そう大阪のブーケの話でした。
脱線が著しくなった場合には
修羅場モードMAXです。



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-04 23:31 | ブーケ | Comments(0)
深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ
深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_2245993.jpg


秋らしく、ニュアンスカラーでというリクエスト。

本当は、ブラックティという深いワイン色のバラを
使いたかった。

でも仕入日の昨日は、高いわりに色のりがいまいちで
数をそろえたらそれで予算をかなり食ってしまう。
そこで代わりにいれたバラは、ショコラやハロウィン、
そしてこの紅茶色のノーブル。

深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_2251246.jpg


スズメウリと秋色アジサイは
クロカンブッシュの装花です。

深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_2253691.jpg


代官山にあるパッション様へお届けしました。

奇しくもこの日のご担当者様は
以前、別の場所でご一緒したことがあって
それも嬉しいご縁でした。

時々、こういうことがあります。
一会は提携外の会場装花のお持込という比率が高く
いろいろな会場様に出入りさせていただきます。
そのたった一度しかお仕事をしたことがない会場様の
プランナーさまやコーディネーター様が
一会の名前を憶えていてくださって、
あの時ご一緒しましたよね、と暖かい声をかけていただく。

本来は装花の持ち込みということ自体
担当者の方にとっては迷惑な話であるのに、
一会の名前を覚えてくださっていて
今回もよろしく、とおっしゃっていただけることは、
これもまた本当に嬉しいことです。

深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_225436.jpg



ゲストテーブルの卓上装花と一緒に

深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_225534.jpg

花嫁様の心尽くしで
お一人ずつにナフキンフラワーを。

深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_2261516.jpg


花を置いていくアシスタントさんに
「このパッションさんのお皿にバラの模様が書いてあるでしょ、
それを折り返すように並べるべし」
と言うと
「折り返す?」ときょとんとするので

深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_226226.jpg


そうです、折り返して、花で模様をつづるのです。

この一輪の花は、今日この日に、
花嫁様の気持ちを代弁すべく、
ゲストの方をおもてなしすべく、
市場から運ばれて水揚げされて
ひとつずつにリボンをかけられた花です。

ただ花を置いていくのではない、
花嫁様の「ご出席ありがとう」という気持ちを
形にするのです。
このプレートに描かれたバラにあわせてコーディネイトされている
ということを、重々、
各自、念頭においてだな、
内角をえぐるように!
置くべし!置くべし!置くべし!


私たちは、ただ花を飾ってるんじゃありません。
花というもので、結婚式でゲストの方をおもてなししようという
お二人の気持ちを形にしているのです。

そこんとこ、しっかと肝に銘じるべし!
過去の反省も踏まえて私自身が思うことです。

深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_2263167.jpg


受付においてあったぬいぐるみが座っている椅子は
夏の単発プリザレッスンで花嫁様ご自身が一会にきてくださって
作った作品。
この日の、イリオモテヤマネコ。

その夏の日、レッスンが終わって梱包したときに
色うつりがしないように花と花の間にはさんだ
小さな付箋がそのままだったので、
そっと外して
そうしてバラの花びらをどっさりまいて、
写真をぱちりと撮りました。



深い秋、翠と紅の装花  代官山パッション様へ_a0042928_2264026.jpg


深い秋の一日、今日という一日の装花でした。


では皆様今日も一日、本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-03 22:30 | 会場装花 | Comments(1)
ラウンドブーケ 秋の木陰 ANAインターコンチネンタルホテル様へ
ラウンドブーケ 秋の木陰 ANAインターコンチネンタルホテル様へ_a0042928_22325284.jpg


六本木通りにある
ANAインターコンチネンタルホテル様へ
お届けしたブーケです。

若草色のドレスに。



こちらの新婦様からも、
という言葉は以下、割愛&自粛をして

では皆様今日も本当にお疲れ様でした。




 行く秋や手をひろげたる栗のいが
                芭蕉


 老い二人互いに空気となり会ひて有るには忘れ亡きを思わず
                              空穂




昨日のブログで書き過ぎてしまい
はじめてくる生徒さんからご心配の声をいただきましたが
すみません、気楽にいらしてください。

白金の花の事務所というだけで
立派なこじゃれたアトリエを想像してしまうお気持ちは
推察いたしますが、
一会は古いマンションの一室で、かつ本人も地味なもので、
ほとんどの方が「びっくり」&「がっかり」されます。

白金、というセレブでハイソなイメージからは程遠く、
しかし実際のところ、そもそも生息分布図として
犬とコウモリと人間の比率が、1:1:2くらい。


一会のほぼお隣にある
東大医科研の森の中には、
夏のこの時間にはお約束のように
外灯めがけてコウモリが乱舞しています。

巨大なヒキガエルもいます。(寄せられた情報多数)

何の話をしてたのだかわからなくなりましたが
ええとつまり、気楽にいらしてください、ということでした。

そのたとえで出すにしても
ヒキガエルとかコウモリはあまりに代償が大きいのではないか、
という突っ込みは膝を折りまして甘受します。

でも最初見たときは、びっくりしたなあ。

鹿児島の空港そばに妙見温泉という素晴らしい温泉地があって
そこの「おりはし旅館」にいたのと同じくらいの大きさでした。

と、マニアックな情報を普通に述べられてもわかりませんでしょうが
つまり鹿児島と同じように一部自然豊かで
静かなとこが、白金の一番の取り柄です。

妙見温泉に、今、すっごく行きたいです。



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-02 23:39 | ブーケ | Comments(0)
一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス ラウンドかラウンド崩し編
一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス ラウンドかラウンド崩し編_a0042928_2146594.jpg


この配色の絶妙なこと。
中央でぱちり、とこちらを見つめるコスモス。
左手にのびのびしている
小さなオレンジのバラと、
そして気品の紫。
こちらの記事、ラウンドブーケもしくはラウンド崩しの
最優秀賞に。

一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス ラウンドかラウンド崩し編_a0042928_21452076.jpg


今月は、ブーケボルダーを使って作る
ということだけが規定で、
形は自由だったので先の記事のように
フリースタイルの人もキャスケードの人も、
こういうふうにラウンドを基本にして遊びを出す人も。
こちらの記事はそのラウンドっぽいものを集めました。
つまり、絞りきれなくて2つの記事にわけております。

このブーケも相当上の最優秀賞と悩みました。
このキュートさ加減ときたら。


一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス ラウンドかラウンド崩し編_a0042928_21462398.jpg


この、チョコレートコスモスの上向き加減、
ぐいーんと伸びるそのつぼみの伸びやかさときたら。

一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス ラウンドかラウンド崩し編_a0042928_21464275.jpg


この、ダイヤモンドリリーの咲き具合の配置、と
紫のデルフィニウムトリックの散らし具合ときたら。


一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス ラウンドかラウンド崩し編_a0042928_21465592.jpg

この、中央のコスモスの白の横顔の見せ方と、
その奥に見える二つ並んだバラのバレンシアオールドの
のぞかせ方が、ニクい!
うまい!

なんか力が適度に抜けていて
楽しそうで、みんないいなあ。


一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス ラウンドかラウンド崩し編_a0042928_21473100.jpg


オオトリは同じくコスモスどっさり。
私のつたない写真でも
この素敵さ加減が、どうか皆様に伝わりますように。


次回、一会の定期レッスンはリリメリア。
リリメリアとはなんぞや。
一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス ラウンドかラウンド崩し編_a0042928_22201545.jpg

こちらです。
(『花時間』2006年2月号に掲載していただいたブーケです。)

みなさん、心してくるように。
ちなみに、リリメリアはこの記事が出た直後のレッスンで
一度やっていましてそのころ在籍していて
やったことがあるよという古株の生徒さんや
出来ればユリ以外という場合にそなえ、
ダリアのクラッチブーケを代替案で用意しています。

ただしこの場合、仕入の都合上
前週の水曜日までに掲示板でお申し出いただくことが
条件です。

登録あるいは単発で参加なさりたいというかた、

今回15日火曜日の夜に比較的空席が多いですが
今月は結構まんべんなく1-2名はあいていて
どこでも入れる感じです。

8日火曜日13時、19時
9日水曜日19時、
15日火曜日13時、19時の
開催になります。

http://form1.fc2.com/form/?id=547372


では今日も一日本当に、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-01 22:08 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス キャスケードに近い編
一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス キャスケードに近い編_a0042928_21233310.jpg


10月の一会定期レッスンは
バラのブーケ、秋のブーケ、コスモスいろいろ。

冒頭は最優秀賞の一枚から。

完成度、という意味ではもう一声かもですが
中からほとばしるような勢いが一番よかった。
紅葉の濃淡もちらちらと見える秋の黄の山野草も
バラの開き加減も、見ていてひきこまれます。

一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス キャスケードに近い編_a0042928_21235792.jpg


こちらは完成度という点で文句なしです。
右の実のたわわさと、下にのびる実のこまやかさ
ひとつのブーケに強弱があって生まれるリズム。

一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス キャスケードに近い編_a0042928_21242424.jpg


絞り込んだ数色の中、
バラとコスモスの表情。
和と洋、白と赤、対比するふたつを
直径25センチの世界で融合させるその手腕に
脱帽と拍手。

今月は本当に甲乙つけがたく
この3点は本当に迷いました。

一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス キャスケードに近い編_a0042928_2124458.jpg

この紅葉ヒペリカムの影から
ちらっと見える、オレンジ色のバラのクレメンティンの
咲き具合とか。

一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス キャスケードに近い編_a0042928_21245212.jpg

このこっくりした色あいのなかに、
はらりと入っている白の利かせ具合とか

一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス キャスケードに近い編_a0042928_21251061.jpg


次点だらけでした。
みんなほんとに上手です。
上手、というか、なんていうんだろう、魅力的です。

小さな束を自分で9束ほど選んで、
あんまり私があれこれ言わないうちに
2時間あまりでひとつブーケを作って行きます。
これはレッスンが初めての方も
ブーケそのものを初めてつくる方もほぼ同じです。

最初の一輪目はすごく時間がかかりますが、
2輪目、3輪目、だんだんとボートが漕ぎ出していくように
自分でどんどん挿していきはじめます。

一会定期スクール10月 バラと紅葉とコスモス キャスケードに近い編_a0042928_21263610.jpg


最後の一枚はこちら。

このブーケ、コスモスがわーっとふわーっと入っていて
本当に本当に素晴らしかったのですが、
私の写真の腕では写し切れず・・・涙
ごめんなさい。
右左から何度も撮って努力していることだけは
picasaを見ていただければ
お判りくださるかと。

https://picasaweb.google.com/ichiecd/1003?authuser=0&authkey=Gv1sRgCPKR2p7w5fHsLQ&feat=directlink

https://picasaweb.google.com/ichiecd/1002?authuser=0&authkey=Gv1sRgCKKU_K2H2tmz6AE&feat=directlink


ではラウンド崩し編に続きます。
by ichiecd | 2011-11-01 21:43 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。