ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ドアの装花 窓の装花  レストランFEU様へ
ドアの装花 窓の装花  レストランFEU様へ_a0042928_22395893.jpg


よく晴れた秋の日、

雲ひとつない青空と、
はためく三色旗の力を借りて撮る
ドアに飾った装花です。

ドアの装花 窓の装花  レストランFEU様へ_a0042928_22401267.jpg

よいお天気でした。
磨かれたガラスに映る並木と
乃木坂の地下鉄の入口。

ドアの装花 窓の装花  レストランFEU様へ_a0042928_22402132.jpg


レストランFEU様への装花でした。


久々にお伺いしましたが
やっぱり素敵なレストラン様のひとつです。


では皆さま今日もお疲れさまでした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-10-11 22:46 | 会場装花 | Comments(1)
バラとカスミソウのラウンドブーケ 定番の花合わせ@2010年
バラとカスミソウのラウンドブーケ 定番の花合わせ@2010年_a0042928_2144521.jpg


バラとカスミソウ、
白に淡いピンクをいれて。

定番の組み合わせですが
お花自体はおまかせいただいたので、
一会風にしたててお届けしました。


「ブーケ、かわいいです!」
と喜んでくださった花嫁様は
かすみそうがよく似合う
それはかわいらしい、笑顔でした。

バラとカスミソウのラウンドブーケ 定番の花合わせ@2010年_a0042928_21452382.jpg


いつも思うけど、ブーケは持たれてこその花です。
持ってもらったときにやっとブーケはブーケになれる。

ありがとうございました。


上のブーケ写真はアシスタントバームちゃん、
下の隠し撮り写真はアシスタントちゅうによります。
ふたりともグッジョブです。




今日は日曜日。
いつもなら全部納品が終わって
バケツを洗う日なのだけど3連休で、まだまだ
仕事は終わりません。
でも自分はどうも濁った水があるのが苦手で、
汚い水をざっぱーと流して、ごしごしバケツを洗って
「わーーーやっぱバケツを洗うのが一番楽しい!」と
わしわしと楽しくゆすいでおりましたら
アシスタントさんが
「じゃあ二番目の楽しみはなんですか?」と聞きます。
えーなんだろ。
メイン作ってるときもブーケ作ってるときも
それはもちろん楽しいけどなあ。
「ああ、なるほど。
つまりバケツ洗いは、仕事の中で、一番楽しい。
ということですね」

・・・そうです。
さすがに
「バケツ洗うのが、我が人生における最高の楽しみだ!」
と言える域には、まだ到達できておりません。
未熟者で恐縮ですというか
でもその域にはあまり到達したくないというか
ていうかさ、それはさ、
「仕事とアタシとどっちが大事なのよ?」的な
問いなんでは。

バケツ洗うのも温泉つかるのも好きですが
同列にはできませんが。
でもむしろ、実は楽しさの根っこは一緒です。
楽しさが形として現れる次元が互いに交わらないだけで。

バケツを洗うのも旅に出るのも、
ブーケを作るのも好きな人とごはんを食べるのも
それぞれが、それぞれに楽しいことです。(総括)


では皆さま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-10-10 21:50 | ブーケ | Comments(0)
カラーのブーケ 東郷記念館様へ
カラーのブーケ 東郷記念館様へ_a0042928_210211.jpg


原宿にある東郷記念館様にお届けしたブーケでした。


3連休を迎え、10月、オンシーズン到来です。
どちらさまも本当にお疲れ様でございました。


終わり。

終わりですかい。


昨日の猟奇記事とどっちがマシなのか
迷いが生じてもここは強引に力技的に、

では皆さま、お疲れ様でした。

今日は久しぶりにアシスタントEYEちゃんが
手伝いにきてくれました。

秋になったなあと思うのは
金木犀の香りでもなく
長雨でも、高くなる空と雲でもなく、
夏の間御無沙汰していた
登録アシスタントさんが三々五々と手伝いにきてくれる
こんなときかも。

今の一会の仕事は
私一人ではできないので、
ありがたいなあと思います。

思ってます。

思ってますとも!

形にしてくれと詰め寄られたら
じゃあ忘年会は焼肉かなあ・・・


おつかれさまでした。
by ichiecd | 2010-10-09 22:31 | ブーケ | Comments(0)
猟奇的な彼女たち 花冠への供物


猟奇的な彼女たち 花冠への供物_a0042928_2242610.jpg



、ツイッターに助手席写真で乗せたところ
「きゃははー!」とフォロワーさんに笑われましたが
本当は「きゃー!」と驚いてほしかった。

それはある秋の日のこと。
ジェニーちゃんの後継者を必死で探している自分を
ある同業者の方がそっと見ていて、
「目の前の美容室さんでたくさん頭が捨てられてます!
要りますか!?」と
お電話をくださったのでした。

ぜひに。

いくつ要りますか?と聞かれて
じゃあふたつお願いします、
では市場で落ちあいましょう。
そう約束して、落ち合った早朝。

車のドアを開けていただくと、
そこには10個も頭がごろんごろんしてました。
で、謹んで、5個だけいただくことにしました。

10個の頭をビニール袋にいれて
持ってきて下さったF様には、深い感謝を。
お礼のチョコレートを持って市場をうろついていますので
お声をおかけください。

5このうちひとつは、アシスタントうりちゃんが
おすそわけで持っていったので、残り4個が
ここにあります。


目下、一会が直面する最大の問題は
mi1003様のコメントにより2代目はジェシカちゃんだったので
(いつもコメントありがとうございます!)
それを踏まえてJからはじまる名前を
やつらにそれぞれつけねばならないということです。

ジェニファーとか純子とかみんな
めいめいに勝手なことを言う。



せっかくなので、今月末のIFEXという大規模な展示会で、
デザインを担当させていただく機会に、
プリザメーカーの南原農園さんのブースにて
それぞれ花冠をつけてずらりと出品できたら
楽しかろう。

とつぶやくと、

 「きっと南原さんも断りたいのに断れなくて
 困りそうですよね」

そうアシスタントさんが
ぽつりとかえす本音に
この計画は断念しました。

残念です。




毎日まじめに仕事をしているふりをして
日々真剣な記事を書きつぐと
ときどきネジがはずれるというか
自分で自分にぼけたくなるというか

もっと書くべきことはたくさんあるのですが。




では皆さま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-10-08 22:42 | carpe diem | Comments(1)
新郎新婦様からのメール アプリコットピンクのブーケ 一会風 エメヴィヴェール様へ
新郎新婦様からのメール アプリコットピンクのブーケ 一会風 エメヴィヴェール様へ_a0042928_21112396.jpg


お二人が手にしているのは、
ブーケブートニアの交換する儀式、
で新郎様が列席者の皆さまから集めて束ねた
65本のバラです。

一会オリジナル;ワンタッチの
ブートニアが仕込まれておりまして、
花嫁様が花婿様の胸へ、
簡単にブートニアをつけられるようにしています。


新郎新婦様からのメール アプリコットピンクのブーケ 一会風 エメヴィヴェール様へ_a0042928_21113021.jpg


プリザーブドで作った白のブーケは、
遠方に住む妹様へ。

新郎新婦様からのメール アプリコットピンクのブーケ 一会風 エメヴィヴェール様へ_a0042928_21113822.jpg


そしてお色直しの
アプリコットピンクのブーケと、花冠。


一日をウェディングドレスだけで通された花嫁様。
2枚の写真で、髪と花でとても印象が違って見えます。
一着の白のドレスを、花で雰囲気を変えることを
お色直しではなく「お花直し」、といいますが
おおーーー大成功!!ていうか新婦様、かわいい!!!
と、ここでこっそり、一人盛り上がっている秋の夜長です。
お花直しでこんなに変わるんですよ、と
これからのご新郎ご新婦に得意げに紹介してしまうことは
間違いなしです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ピンクのブーケはボリュームがあって
イメージチェンジにぴったりでした♪
使ってあるお花も色も素敵過ぎました。

二次会にも持っていって、
今は窓の所に吊るして何とかドライフラワーになるように
頑張ってみるつもりです。

セレモニーのバラたちも
ちょうど良い大きさのブーケになって
色も、白に所々ピンクがあってかなり可愛くなりました♪
これもさっき窓に吊るしました。

今となれば、お花をお願いする花屋さんを
ネットで探していた頃が懐かしいです。
あの時はすごく焦っていて、
本やHPに載っていた先生の”一会風”のふんわりしたブーケが
好きだからという理由で、
ただ何となく一会さんを選んだのでした。

(中略)

ヘアメイクリハ一回目を終えた時は
この2ヶ月でも一番焦った時でしたが、
あの時の先生や美容師さんの迅速な対応は
ものすごく励ましになりました。
おかげで再メイクリハを無事済ませて
当日を楽しみにして迎えることが出来ました。
本当にありがとうございました。

結婚式を通じて、たくさんの人のご協力を頂き
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
準備が大変でも、みんなが頑張ってくれているんだと思うと
自分もやるしかないと思えて頑張れました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花嫁様はいろんな準備をしなければならず、
途中で焦ったりへこんでしまったり、
でも最後に結婚式、よかった、いい一日だった!
というご結婚式になるように。
そのお手伝いをできたことが一会にも
なによりの励ましです。

本当にありがとうございました。


では皆さま、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-10-07 21:28 | ブーケ | Comments(0)
一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ
一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_20262246.jpg


といいつつもう10月になってしまいましたが
9月は、秋の草花のブーケでした。

ここの記事に掲載できなかったブーケはこちらへ。
http://picasaweb.google.co.jp/ichiecd/9?feat=directlink

一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_20255156.jpg

横顔もかわいいブーケが多くて
つい横から盗み撮りすることしばし。

一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_20264054.jpg

中央はキバナコスモス。
秋になるとコスモスを買い込みたくなる衝動は
何年たっても治りません。

一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_2027251.jpg



一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_20304695.jpg
一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_203109.jpg
一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_203112100.jpg


上級者の方はちょっと下に流してみたり

一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_20313813.jpg

崩してみたり。

一会定期レッスン9月 コスモスと実ものと秋の草花のクラッチブーケ_a0042928_20314950.jpg

こっちはバーゲンレッスンでユリのブーケ。
先着2名様だけユリが選べました。

小さい教室なのでなるべく融通を利かせております。
10月はバラと紅葉のブーケもしくはダリアのブーケ。
11月はアマリリスのキャスケードブーケもしくは
アマリリスの装花を予定しています。

水曜は満席ですが火曜の昼夜は若干空席ができました。
花代は8400円、レッスン料は2100円で合計10500円/回です。
お問い合わせは
info@flowers-ichie.com
まで。


12月18日のカメラ&花のリースレッスンについて、
お申込みくださった皆様には
本日メールをお送りしますので、のちほどご確認ください。
午前中に若干、残席ありますのでこちらもぜひどうぞ!


では皆さま今日もお疲れ様でした!
by ichiecd | 2010-10-06 20:34 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 花のように癒しを与えられる存在に お台場CARESS様へ
新郎新婦様からのメール 花のように癒しを与えられる存在に お台場CARESS様へ_a0042928_22443865.jpg


 今思えば、あの素敵でかわいいお花達に囲まれた時間は
 本当に満ち足り、幸せすぎて、あっという間に感じました。

という言葉からはじまる
長いメールをいただきました。

先日お届けした、お台場にあるCARESSというレストラン様へ、
親しいご友人を招いてのウェディングパーティ。

本当は全文をと思うのですが
泣く泣く断念して
いただいたメールの一部を掲載させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・
ドアフラワーは入場の際の緊張をほぐしてくれ、
メインテーブルでは多くの方の目を楽しませ、
そしてなんと言ってもブーケは常に手元にあって私を励まし、
花嫁であることを自覚させてくれました。

お花の力は偉大ですね。
あの日、私のためだけに咲いてくれた花達に感謝です。
そしてその尊い花達に息を吹き込み、
愛らしい形にして、手元に咲かせてくださった
岩橋様・アシスタントの皆さまに、感謝です。
本当に一会さんにお願いして良かったです。
ありがとうございました。
この日の風景は絶対に忘れません。


新郎新婦様からのメール 花のように癒しを与えられる存在に お台場CARESS様へ_a0042928_22441265.jpg


色々書きましたが、結局は幸せな思い出にすることが出来ました。
頑張ってくださった皆さまや友人のおかげです。
この日の感動を忘れることなく、
花達のように癒しを与えられるような奥さんになり、
幸せな家庭を築いていきたいと思います。
喧嘩した時は、ブーケの写真を見て、仲直りしたいと思います(笑)
本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

といただいた、最後の一文には思わず、しびれました。
じーん。


新郎新婦様からのメール 花のように癒しを与えられる存在に お台場CARESS様へ_a0042928_22442271.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さまがお花を通してくださったエネルギー
(幸せパワー)をこのメールで
全てお返しすることはなかなかできませんが、
皆さまのプロらしいお仕事に、これだけ感動し、
一生忘れない思い出とし、
元気をもらっている人がいるんだということを今、
心からお伝えしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ありがとうございました。
いただいた余りあるお言葉に、見合う仕事がまた続けられるように。

心を引き締めます。
そしてもう一度深い感謝を、申しあげます。

ありがとうございました。


では皆さま今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-10-05 22:51 | ブーケ | Comments(0)
カメラレッスン 自分の花を自分で撮る秘密の練習中 10月
カメラレッスン 自分の花を自分で撮る秘密の練習中 10月_a0042928_23505621.jpg


不思議な色の花は、ジニアといいます。
野趣あふれすぎている感もあり、
あんまりウェディングでは使わないけど
結構好きな花のひとつです。

12月18日「一会のクリスマスリース&カメラレッスン」の前に
姑息にもひそかに特訓しております、花の写真。
山本先生が開催されている定期講座のひとつ、
花をテーマとするレッスンで、
今回の半年分は、私が花をお持ちしております。

その関係で、なんというか、写真もちょっと撮らないとね。
だって、ほら、私の場合、あれですよ。
ブログが唯一の宣伝手段なので、
花の写真が少しはまともにならないと。
そもそもこんな、後に残らない生ものを売るのだから
それを後に残すツールが必要なわけで、
あわよくば実物以上に美しく皆さんに見ていただいて、
アッピールをしなくては次の仕事が入ってこない、と。

ある意味生活かかってる、と。

切実なのだ、と。


自らのコソ練習を正当化したいようです。
実物より写真がよかったらそれはそれで
過大広告なんじゃ?ジャロってなんじゃろ?とは
突っ込まないでください。


カメラレッスン 自分の花を自分で撮る秘密の練習中 10月_a0042928_2351104.jpg


ダリアのミニブーケ。
今日は手早く作る必要があったので
こういうときにもダリアは仕事が早い。
と思ってたら結構苦戦しました。
ダリアの師匠にまだまだですと懺悔したいです。


それでもなお、やっぱり新しいことがひとつずつ解ってくる、
というのはとても楽しいものである。
と実感。


今日、私はRAWという単語をやっと覚えました。
このモードで撮っておけば、
あとから暗さも調整がきくのだそうです。
そういえば説明書に書いてあったような気がするけど
やっぱりこうしてひとつずつ手と目で覚えていかないと
わかんないものだなあ・・・・



と自分話に終始しておりますが

12月18日のカメラレッスンにお申し込みくださったみなさまへ、
お返事は、明日には!
毎回遅くなりまして本当に、申し訳ありません。。

では今日もお疲れ様でした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-10-04 22:11 | ブーケ&装花スクール | Comments(4)
セミキャスケードブーケ 軽井沢へ 花は、お任せで
セミキャスケードブーケ 軽井沢へ 花は、お任せで_a0042928_2112128.jpg



今日、軽井沢へお届けしたブーケです。

仕入れの時にも製作の時にも
不安になって
何度もお打ち合わせ時の紙を見直し
お見積もりの備考欄を見直しても、
そこにあるのは空白だけ。

おいらの汚い字で
たった一言、
 花は一会におまかせで。


使ったバラは、
白いのが「スペンドアライフタイム」、
ベージュの丸いバラは「フェアビアンカ」
いつものスイートオールドとブルゴーニュ。

スペンドアライフタイムの白さと、
フェアビアンカのオフホワイト。
うまくあうかな?と慎重にひとつずつの花をいれていきます。


ドレスのレースにあわせていれた
フランネルフラワー。
「いいものがあれば!でいいから、いれてください」と
市場のひとに頼んでおいたセルリア。


アジサイの「スターバースト」の柔らかな緑と、
市場に行って最初につかんだもうひとつのアジサイの
柔らかな青みのある緑と、

実ものはこれも
「いいものがあれば!でいいから、いれてください」と
頼んだら極上のものがやってきた野葡萄。

たくさんの方の手を経て
今日、一会に集まってきた
花たちを、ひとつのブーケに。


お手伝いにきてくれた生徒さんが
「疲れてても、ブーケ作るのは楽しかったりするんですか?」
「もちろんです!」(0.5秒)

おうともさ、楽しいですとも!
疲れてるから余計に花触って元気になることも
結構あります。
お金をもらってかつこっそり楽しんでいることが
たまに、恐縮です。
懺悔なう。



では皆さま、今日も本当にお疲れ様でした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-10-02 21:27 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 日比谷パレス様へ
新郎新婦様からのメール 日比谷パレス様へ_a0042928_21575231.jpg


今年の5月、日比谷公園の中にある
ヴィラデマリアージュ、日比谷パレス様へ
お届けしたブーケと装花。

実は、
最初に新婦様にお会いしたのは1月の新宿伊勢丹の
プリザ展のときでした。

新郎新婦様からのメール 日比谷パレス様へ_a0042928_2159274.jpg

リスの庭園セットを気に入ってくださったので、
よっしゃ、今買ってくださったら
これをリングピローに仕立てなおしますよ!
と調子のいいセールストークを繰り広げたのが
つい先日のことのようです。繰り広げるな。

新郎新婦様からのメール 日比谷パレス様へ_a0042928_21581396.jpg


お二人から、お写真をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その節は、大変素晴らしいブーケや装花をありがとうございました。
本当なら、終わってすぐお礼のメールを差し上げるべきだったのに、
写真が来てから~とか、落ち着いたら~とかでのびのびになってしまい
気づけば4ヶ月も経ってしまっていました。
なにはなくても文章だけでも送れば良かったと後悔しております。



新郎新婦様からのメール 日比谷パレス様へ_a0042928_21582826.jpg
披露宴当日は大雨で、ゲストのことが心配だったり、
外でやるはずだったことが出来なかったりで
少し気持ちはおちていたのですが、一会さんのお花をはじめ
雨を上回る素晴らしい出来事の連続で、天気なんかどうでも良くなる
ような、たいしたことないさー!なんとかなるさー!という
前向きな気持ちになれました。

オーダーした紫陽花も雨にマッチしていましたしね。

新郎新婦様からのメール 日比谷パレス様へ_a0042928_21584137.jpg

紫陽花もマーガレットも、特別な場所に行かないとないような特殊な
花ではなく、日常にあるようなものなのに、一会さんのアレンジで
こんなに素敵なものになるんだなあと感動しました。
新郎新婦様からのメール 日比谷パレス様へ_a0042928_21591780.jpg

ナチュラルな花たちはゲストにも大好評でした、花の冠も真似したい!
という友達が続出しました。
そして伊勢丹での運命の出会いをしたリスのリングピロー。
もともとピローではなかったのに凄く可愛くアレンジされていて、
今でも毎日指輪置きに使ってます。

月並みな言葉ですが、一会さんにお願いして本当によかったです。
あのとき、あの時間に伊勢丹に行かなければこうはならなかったですね。
まさに一期一会。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新郎新婦様からのメール 日比谷パレス様へ_a0042928_21595927.jpg


私があの日、伊勢丹にいたのはわずか1時間ほど。
たったそれだけの時間で
お会いできて、そうして今
お二人のお写真をいただけることには、
感謝としか申し上げようがありません。


「特殊な花じゃないけれど、よかった」
という一言は、嬉しかったです。

月並みなこと、
毎回のことではありますが、
でもお二人のお花をお届けする役目を
たまたま一会がひきあてたこと、
そうして喜んでくださったこと。

ありがとうございました。

では皆さま今日も本当に、お疲れさまでした。
by ichiecd | 2010-10-01 22:08 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。