ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ブーケ ラウンド トワカップとジュリアとJアイマール
ブーケ ラウンド トワカップとジュリアとJアイマール_a0042928_22443783.jpg



オフホワイトと、ほのかなピンクと、紅茶色のバラのラウンドブーケ。


今日、一会のブーケを持ってくださった
新婦様で、
よくこのブログにコメントをくださる
「一会に通い詰めている人」であり、
かつまた現在一会のスクールの生徒さんになってくださった方と、
電話でお話。

 ネットでお花の名前をこう、線で引っ張って書いてみたら
 解りやすいのではないでしょうか?

という御意見に、
なるほど、と、やってみました。

ブーケ ラウンド トワカップとジュリアとJアイマール_a0042928_23145137.jpg


・・・かなり微妙ではないでしょうか。
確かに、解りやすいですが・・・。



以前アシスタントさんに
「ブログに おいら と書くのはイメージを損ねるので
止めたほうが」と
制されたことを思い出してしまうような出来です。

もう少し検討もしくは努力してみます。


一会の年末年始は、おそらく30日まで営業、
年始は3日に準営業、4日より本営業という線で固まりそうです。

また1月に5日ほど岩橋が出張で不在の期間があります。
詳細確定次第、またこちらで御案内します。


では、今日も一日おつかれさまでした。
by ichiecd | 2006-12-21 23:20 | ブーケ | Comments(8)
空と海の景色  国府津
空と海の景色  国府津_a0042928_020869.jpg


東海道線沿いにある、
「国府津」という駅で降りた海の景色。
こうず、と読みます。
小田原の近くです。


頂いているお写真もメールも、掲載する写真も
たくさんあるのですが
今日はちょっとひとやすみです、すみません。

今日打ち合わせにいらした新婦様は、
大手旅行会社にお勤めだそうで、1時間ほどブーケの打ち合わせをして、
最後にお茶を飲みながらひとこと
「旅はお好きですか?」

ってそんな。
「今の私にそんな質問を・・・?」と思わず素が出ると
後ろでアシスタントNさん爆笑。
笑いすぎです。
失敬な。

そこからえんえん旅についてすっかり長話になりまして
夜分に申し訳ありませんでした・・・。


すでに何度も書いた気がしますが
こういう、ただとりあえず、広い景色が好きです。
なので特に岬は好きで、空と海とか一望できるただ眺めの良い場所、
たいていは電車やバスをのりついで、朝一に家や宿を出たとしても
着くのはたいてい昼過ぎ、
そこから夜まで大概は、ずっとその海べにいます。

そこで何してるの?と聞かれると困るのですが、
何もしないで、ただぼーっとその広い景色を見ているだけです。
なにか深遠なことを考えているかというとまるでそうでもなく、
帰ったらあの見積もりを出さなくちゃとか、
スタッフのみんなにこのルールを徹底してもらわないとまずいよなとか、
じゃあ掲示板に書いたらいいのかあるいは一人ひとりに話をすべき?とか、
そういう、もんのすごく、現実的な、普通のことです。

たぶんいつも都内で、
エブリィを運転しながら考えているのと同じレベルのこと。


でも旅先だと、
それがちょっと地に足が着いていない状態になります。
足元が5センチ、浮く感じになります。

少し客観的になって、
少し気が楽です。

そうして仕事のことを考えながら、ふと前を見ると海があり、
また仕事のことを考えながら、またちょっと目をあげると空があって、
そういう繰り返しのうちに、自我というものがただの輪郭になり
自分を構成する粒子がまわりの空気に溶けだして、
かわりにそこへ、その見ている景色の因子が満ちるような気がします。
漱石の「行人」の中に出てくる「あの百合は僕の所有だ」*というのにも
少し似ているような。
空と海の景色  国府津_a0042928_155461.jpg


それは、時計でいう「オーバーホール」みたいなものかもしれません。
しばらく経つとどこか故障というわけではないけれど、
なんとなく以前ほど快適には動かなくなってくるので、
で、ひとつひとつの部品を全部分解して、
古い油をぼろ雑巾できれいにぬぐって、
またきれいな油をさして組み立てなおすような、そんな感じです。


わけわからん、と思われた方には申し訳ありません。
岬が好きなのでというと必ず聞かれる「何故、岬・・・?」という疑問に
長年自分でもよく分からなくて「なんででしょうねえ」と
マヌケな答えを返していたので、
近年やっと回答を見つけた嬉しさとともに、以上、お返事まで。

今日も一日、お疲れ様でした。


*
兄さんは時々立ち留まって茂みの中に咲いている百合《ゆり》を眺めました。一度などは白い花片《はなびら》をとくに指して、「あれは僕の所有だ」と断りました。
 (「行人」三十六 夏目漱石  参照青空文庫 )
by ichiecd | 2006-12-20 23:58 | carpe diem | Comments(2)
冬のリース 芙葉亭様の装花
冬のリース 芙葉亭様の装花_a0042928_074068.jpg


吉祥寺、井の頭公園近くにあるレストラン芙葉亭、
その門柱に一対で飾ったリースです。

今日新婦様からメールをいただいて、
あのリースが雑誌の表紙みたいに美しくて
今はお母様が大事に飾ってくださっている、
という嬉しいお話を伺って、今日掲載してみました。

テーマカラーはピンクとボルドー、
芙葉亭様のクロスのピンクにぴったりあわせて作り出す
ピンクという色。
ピンクと赤だとグラデーションにもなるので
かえって難しいような。
そのふたつのあいだの中間色をどこまで足すか、で
印象がかわるので、
こういう色あわせは単純なようで
実は結構、目をこらし続けて痛くなります。


今日の一会スクール、装花コースも生花のリース。
ブーケコースと同じく、
基本花材に好きな花をプラスして作ることで、
それぞれ独自の色合いが生まれます。
この写真は、今日はパスさせていただいて、また次回。。。

今日のアシスタント、ナウシカさんとIさん。
「来年一会がやるべきこと」を
汚くなったスリッパを買い換える、とか
やっぱりPCをもう一台買う?とか
岩橋は受注表をもっと丁寧に書いてください、とか
いろいろミーティングしていると、
「でも来年は、月一日は休みをとるっていうのも入れないと!」

・・・ありがとう。
二人がもうちょっとだけ助けてくれたら、ちゃんと休めるかも。
気持ちはとっても嬉しいのですが、
そこで責任を押し付けあう二人がほほえましくて素敵でした。
でも来年はもうちょっとゆとりある生活を目指します。たぶん。
by ichiecd | 2006-12-19 23:58 | 会場装花 | Comments(2)
扇のブーケ 和装に持つプリザーブドフラワーの舞扇
扇のブーケ 和装に持つプリザーブドフラワーの舞扇_a0042928_2345883.jpg



今日、ある新婦様から
「和装用扇ブーケ」というのが気になっていて、
これをプリザーブドで作ることは出来ますか?
というお問い合わせがありまして、
とてもタイムリーなので掲載します。

こちらはつい先日、和装にあわせておつくりしたブーケです。
舞扇に、着物の柄にあわせた色の花をあしらっています。
御姉様に差し上げて記念にしたいので・・・という
お優しいお心遣いで、いろいろ御相談した結果、
プリザーブドで作ることになりました。

実は私も舞扇のブーケをプリザで作るのははじめてでしたが、
わーなるほどーこうなるのねーなどと
自分で自分につっこみ&相槌をいれつつ進める作業。
勝手に自己完結できてお手軽と
アシスタントさんにささやかれているような気がします。

使ったのは、ピンポンマムとミニサイズの開いたバラ「マリアンヌ」、
中央の大きな八重の花は、くちなしです。
最近はプリザーブドもいろいろな種類が出てきて
表現の幅がひろがり、作るのも楽しいです。

もちろん生の花の魅力は魅力でまた格別ですが、
でもとくに和装の時はお着物自体や髪も重かったりしますので
プリザの「軽さ」という利点は大きいかもしれません。

ではみなさま今日もお疲れ様でした。

・1月8日、単発プリザーブドレッスンは締め切りました。
・2月17日18日のウエディングの新規受付は終了させていただきました。
 24日前後もそろそろ終了です。あとは4月が忙しそうです。

なんだか毎週を確実にとせっせとやっているだけで12月半ば、
まったく年末という実感がわきません。
来年も相変わらず働いて終わる一年になりそうで怖いです。
by ichiecd | 2006-12-18 23:30 | ブーケ | Comments(0)
東京女子大 チャペルの装花 ユリ シベリア
東京女子大 チャペルの装花 ユリ シベリア_a0042928_22191574.jpg


吉祥寺、善福寺公園近くにある東京女子大学のチャペル。
ステンドグラスが印象的な天井高のある空間、
ユリだけを使ってシンプルに。

東京女子大 チャペルの装花 ユリ シベリア_a0042928_22193347.jpg


先日から新しく一会スタッフとなってくれた
アシスタントZさん。(←このイニシャルかっこいいなあ)
祭壇にある溶けたロウソクを見上げて、
「これは取り替えるんですか?」と聞きます。

いやいやいやいや。
ホテルやゲストハウスなら、こうしたキャンドルは
取り替えなくてはならないことも多いのです。
いかにも前の人の残りっぽいなら、なおそうです。

でも、こういう本当の教会であれば、そのロウソクはいつもは
ミサなど本来の教会の備品として使われているもの。
こういうキャンドルを、今日は、結婚式に使うっていうところが
本物としての証となりえていいのではないかと。演説。


東京女子大 チャペルの装花 ユリ シベリア_a0042928_2230527.jpg


実はまったくの偶然ながら、自分も母校です。
といえるほどにはマジメに通学しなかったのですが、
あのころ自分がまた仕事でここにくるとは、
思いませんでした。

折から東京は例年より遅い紅葉。
この庭は好きだなあ、と歩きながら
いつも思っていたことを、今日、思い出しました。
by ichiecd | 2006-12-17 22:34 | 会場装花 | Comments(1)
花時間2007年1月号
花時間2007年1月号_a0042928_20472219.jpg


先日発売になりました、『花時間』(角川書店)さん1月号の記事です。

「水晶玉子さんが四柱推命で占うハッピー花色アレンジ」
(占い監修・水晶玉子氏//文・鈴木清子氏
一会のアレンジの撮影・中野博安氏)で、
合計7点のアレンジを担当させていただきました。

市場で仮眠(でも熟睡)してそのまま
撮影に行ったのはこの日のことです。
毎年一月号の恒例、花のカレンダーに加え、
壁紙のCDまでついて豪華版です。
お買い得。となぜか宣伝。


写真のアレンジは、ややマイブームのレースボックスに、
白の、レースの感触の花を
たくさんつめています。
好きな花ばかりですけれど。

「占いのラッキーカラーにあわせて花をアレンジする」
だったのですが、
自分自身の占い結果の花を担当するのかというと
別にそんなことはないです。
何人かに尋ねられたので、一応先にお返事しておきます。

ちなみに「灯」でした。
「ひとりで何かに打ち込むこと」!だそうです。
「損得勘定に無頓着になりがちな年だから、
財布の紐はゆるめずに」とあります。
どちらもいつものことといえばそんなような・・・

この続きはまた次回。

皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-12-16 21:40 | carpe diem | Comments(0)
メッセージ お手製スイーツのプチギフト
メッセージ お手製スイーツのプチギフト_a0042928_0202995.jpg


ブーケの納品に伺ったスタッフが
これをいただきました、と差し出した袋の中にはいっていた
お手製のお菓子。

添えられたメッセージが嬉しくて写真を撮ってしまいました。
(ちなみに、写真の上で
クリックすると拡大できます。ねんのため)

実はあの真珠のブーケを御注文くださった
この秋の新婦様、
でも配送時間が早かったのと、もう陽がのぼるのが遅くなり
写真を撮るにも朝はまっくらで、
ブーケのお写真は一枚もとれずじまいだったのでした。
致し方なくとはいえ申し訳なくて、
今日はこのお写真を。

水色のリボンとか、
チョウチョの淡いピンクのカードとか、
包まれていたレースペーパーとか、
入っていた袋まで、
全部がかわいくて、
きっとひとつひとつ吟味して選ばれて、
ひとつひとつにリボンをかけながら
この日のために準備していらしたんだろうなと思うと、
なんだかちょっとじーんとしてしまいました。


そしてまた「夢がかなって」、とまで言ってくださって、
本当に嬉しいお言葉でした。

本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-12-15 23:47 | carpe diem | Comments(0)
新郎新婦様からのメール リースブーケ  ルージュ・マジック ホテルニューオータニ様へ
新郎新婦様からのメール リースブーケ  ルージュ・マジック ホテルニューオータニ様へ_a0042928_2155221.jpg


あのリースのブーケを持ってくださった新婦様。
・・・お姫さまみたいです。
・・・モデルさんみたいです。
なんだかかわいらしすぎるのですけれど。。。

以前このメールをいただいた方です。
それは、このリースブーケは関係無しに、
道行く皆様も振り返られるのではと思います・・・。

ご新郎様はお写真は不許可が出てしまいましたので、
一会側でいただいた写真をトリミングさせていただきました。
(御無理申し上げてごめんなさい)

すでに御紹介させていただいた折に
品種名を入れ忘れてしまったので、もう一度、
中央のボルドーのシンビジュームは、
羽衣洋蘭園さんの「ルージュ・マジック」という品種です。
(「ルージュ」と「マジック」の間に「・」が要るかどうか、
後で調べてからと思っていたらすっかり忘れてしまいました。
ごめんなさい。こういうの、しょっちゅうなのです:白状)

新郎新婦様からのメール リースブーケ  ルージュ・マジック ホテルニューオータニ様へ_a0042928_2241586.jpg


こちらは白の挙式用のブーケ。
・・・お姫様みたいです。・・・以下繰り返しです。

「白いドレスにとても優しくかわいいまるいブーケ。
このブーケを持てて本当に幸せでした。
心もまるく優しい気持ちになりました。」
と書いてくださいました。


新郎新婦様からのメール リースブーケ  ルージュ・マジック ホテルニューオータニ様へ_a0042928_2272326.jpg


こちらは単発プリザーブドレッスン
お二人で作られた、お手製のリングピロー。

小さなレースのボックスの中に、あの日の数時間、
お二人で迷われながら作っていったひと時が
こうして形になってあるんだ、と
写真を見てまたしみじみ思いました。

本当にありがとうございました。

また、まったくの偶然なのですが、
新婦様と、この日ブーケをお届けしたアシスタントNとが、
以前別のお花のスクールで同じ教室だったということが、
今になってわかって、みんなでびっくりです。
こういうご縁もあるのですね。。。

実はなかなかタイミングがうまくあわなくて
書ききれないのですが、
先週の新婦さまは弟のお友達、とか
先日のブログの方は友達のお姉さんだった、とか
世の中本当にせまいんだなあという感じです。
悪いことができません・・・。


今日は花時間さんの、来年12月号の撮影でした。
自分ではなんとかできたと思っても、
まだまだ精進がたりないなあとまた反省する一日。
がんばります。
by ichiecd | 2006-12-14 22:13 | ブーケ | Comments(6)
ブーケ クラッチ アネモネの白
ブーケ クラッチ アネモネの白_a0042928_237536.jpg



今年一会でははじめての入荷のアネモネ。
春の花ですが、もう今時期から少しずつ出回ります。
「チューリップかアネモネかマーガレット」のような、
その3択で最初にアネモネを選びました。
チューリップは大好きですが会場はホテルニューオータニさま。
かなり開いてしまうのは覚悟のうえだし、
さりとてマーガレットでは力が弱い気がします。

アネモネという名前の響きで思い出す歌、


アネモネや 夢二のような 恋をして
                        吉野夏子

以前このブログでも御紹介したことがあります。
でもやっぱり好きだなあ、この歌・・・。
この時コメントを書いてくださっている幾人かは今日もいらしていて、
そのコメントに出てくる人もまた今は一会にきてくださっています。

明日は一年後を想定しての撮影。

一年後の今、何をしているのだろうという思いだけは大きなままで、
みなさま今日もお疲れ様でした。




 はかなくて木にも草にもいはれぬは心の底の思ひなりけり
                                 
                                   香川景樹


まったくのところなにごとも
瞬間風速なのだなー。
などと思う昨今でした。
by ichiecd | 2006-12-13 23:25 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ ラウンド アンブリッジローズとジュリア 冬
ブーケ ラウンド アンブリッジローズとジュリア 冬_a0042928_22204682.jpg


先日10日にお届けさせていただいた、
アンブリッジローズとジュリアとイブミオラのブーケ。
冬らしく、というリクエスト。
今日新婦様から、皆に素敵といわれました、と
御礼のメールをいただきました。
本当にありがとうございました。


私のPCは岬の光景だったりするのですが、
一会の公式PCの壁紙はちゃんと、一応、一会のブーケです。
打ち合わせの最中、その壁紙を見ての御注文でした。

紅茶色のバラで作るニュアンスカラーのブーケ。
一会で人気の色あわせのひとつです。

先週は以前一緒にやってくれた春さん
(『花時間』さん密着取材で一緒に出てくれた人です)まで
呼び出して、大人数での製作でした。
昨日のメモリアルテーブルのように
ひとつひとつアイディアを練ってのコーディネイトをするので、
余裕があればあるだけ、完成度をあげられる気がします。


今日はブーケコースのレッスン日。
生徒さんから質問が出たのですが、
近々また求人を行う予定です。
去年に比べ倍増している仕事量、
登録アシスタントさんもかなり増やしているのですが
まにあわないことも多く、
じゃあ来年もほんとにこの量が続くのか?という懸念もあるのですが、
また2007年に向けて、できるだけの補強をしておこうと思います。
今回はおそらく定期アシスタントさんも募集します。
また詳細決まりましたら御案内します。
by ichiecd | 2006-12-12 22:45 | ブーケ | Comments(3)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。