ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
カテゴリ:carpe diem( 612 )
心が動く 
a0042928_1581449.jpg


今日はちょっと遠方まで、春の挙式会場の下見に伺いました。
写真は、その新婦様が「この花すてきですね」とおっしゃってくださった
おととしくらいの春の装花の事例写真です。



少し前に、たまたまある方に
「花を生けるときにどんなことからアイディアを得ますか?」と
尋ねられたことがありました。
私の場合は、美術館で絵を見ることがまずひとつ、
美術にはあまり詳しくはないですが
絵からヒントをもらうようなことはよくあります。
そしてもうひとつ、旅先の光景というのも、
とても大きな要素でよくあります。

「それがどんなふうに、花になるんですか?」と重ねて聞かれて、
そこではじめてちゃんと説明しようと試みたのですけれど、
うまく言葉では、言い表せません。

ちゃんと答えられなくて、そのことが、
なんだかずっと気になっていたのです。



今日、その帰り道の高速で、都心に入るころ、
目の前に夕景が広がって
ほんの一瞬の印象でしたけれど、
「あ、そう、こんな感じ。」と思わず声に出してしまいました。
運転しているアシスタントYさんが
「え?こんな感じって?どんな感じですか?」と言います。

a0042928_2134647.jpg


「それって、この空の色ですか?・・・
それとも広い感じですか?
このぼんやりした感じなんですか?」

えーっと、・・・うーん。
あ、そういうの全部。
ぜんぶひっくるめた、「印象」?・・・こういうイメージ?
そうだな、なんて言ったらいいのかわからないけど、
こういう景色を見ることが、
私にとって、花をずっと生け続けてくのに必要なことなの。

そう言ったとたんに、突然、明快に解りました。


こういう色や景色を、花で再現しようなんて
だいそれたことを思うわけでは決してなくて、
こういう景色を見たときに、単純に「わーきれいだなー」と思う。
きれいだ、と思う時、心が動く。
その「心の動き」というものが、
花を見て「ああこの花、きれいだな」と思うために必要なんです。
たぶん。

最初に花を見て、「うっわー!なんてきれい!」と思うことが、
私には花を生けるなによりの推進力なので、
「花をきれいだ」と思えることが、とてもとても大事なんです。

たぶんこれもスクワットみたいなものです
ちゃんと時々鍛えてないと、
いざという時には動かない。

心が動く、ということを時々、深く体験しておかないと、
心の感覚が少しずつ、磨耗してしまう。
磨耗したココロで花を生けるのは単なる作業になってしまう。
「あといくつやれば帰れる」というような業務になってしまう。

そんな気がします。

だから、絵でも景色でも、骨董でもなんでもよいのですけど
何かいいものを見て、「あーもー、つくづく、きれい」と思うことが
自分には必要なんだなと。

わかってよかった。
今日の大きな収穫でした。
by ichiecd | 2006-01-18 23:57 | carpe diem | Comments(8)
東京ビッグサイト 「花を添える」仕事
a0042928_0184166.jpg


これはいったい・・・・?

今日はウエディング装花コースレッスンの日。
本来はそちらの写真をアップすべきなのですが
写真のレタッチがたいへんなので(笑)
とりあえず携帯で撮った今日という一日のヒトコマを載せて
お茶を濁そう、という魂胆。

(なぜかというと、1月なのになんだかぜんぜん暇ではないからです。
いえこんなにお仕事があることに感謝しなければ。ありがたいです。
しかし温泉行けないどころか
メールのお返事が一部とどこっておりますが、明日には必ず!)

そのレッスン、昼と夜の授業のあいまをぬって、
東京ビッグサイトにて明日から行われる大きな展示会、
その出展者であるあるブースへ、
毎年恒例の活け込みのお仕事です。
昼に白金のアトリエで花束のレッスンをし、
活け込みに行き、またマッハ(死語)で戻ってきて
夜はおしとやかに又レッスン。二重人格かもです。
生徒さん;「お、おしとやかに・・・ですか?」


しかし、たった数日の展示会のために、
ちゃんと水道のついたキッチンまで完備されたブースには
毎年のことながら感心してしまいます。
そして、行くたびに、そうしたブースを、
短期間であっというまに仕上げてしまう
職人さんたちに山ほど出会えて
「ゼロからものを作るという仕事をしている人のかっこよさ」に
本当に、ほれぼれしてしまうのです。

腰に工具をぶらさげて、パネルをはめ、クロスを張り、
ライトを取り付け、化粧板をふいてチェックする
たくさんの職人さん。
ハケとかヘラとか金槌とかネジとか電動ドリルとか、
みんな、手の延長みたいに扱って、
何もないところに
何かを作り出していくさま、
勤勉で実直で着実なその空気が、大好きです。

「白金のフラワーデザイナー」なんちゃって、
おいら根っこは職人だ、と毎回つくづく思うあたり、
やっぱ、「白金マダムヤン」はメッキやけんねー。(←福岡出身)

その職人さんたちが作り出したブースに、
最後に花を持っていって飾る、文字通り花を添える仕事。
ウエディングの仕事は無論のこと、
レッスンの先生の仕事も、
毎回かならず感動があり、
毎回かならず勉強するものがあり、
どちらもとても、自分の性にあっていると思います。
でもこうした一職人としての仕事もやっぱりかなり好きです。


しかし、寝不足でなんだかテンションが高いでしょうか?
明日はもう少しまじめに書きます。
by ichiecd | 2006-01-17 23:46 | carpe diem | Comments(0)
『花時間』2月号 ユリ「ゆきのひかり」
今日、手元に明日発売の『花時間』2月号が届きました。
明日の発売なので画像は発売後にアップすることにして、
今日はこの撮影に関するエピソードのひとつをご紹介します。

今回参加させていただいた企画は、1着のドレスを、
同じ花の白とピンク、それぞれの色のブーケで
お色直しするというもの。
人気のある三つの花、バラ、ユリ、ランの中で
一会はユリの担当でした。

ユリのブーケ。
そう最初に話を伺った時に、ひとつ
ぜひ使ってみたいユリがあったのです。
その名前が「ゆきのひかり」。

学生時代に、花屋さんでアルバイトをしていた頃、
たった一度見た、白く香りの高いユリでした。

市場の方に聞いてみても入荷は難しいようで、でも、
諦められなくて、ネットで検索してみたところ、
新潟にある「滝沢種苗」様のサイトにたどりつきました。

掲示板があったので、お問い合わせをしてみたところ、
恐縮するほど丁寧なメールを頂戴しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一会様

お問合せいただきましたが、今の時期
残念ながらゆきのひかりはありません。

この品種は今から遥か昔に父が交配したユリ
ですが、覚えていてくれた方があるとは
とてもうれしいことです。

以前は日本のユリの品種も少なかったので、
うちでも交配、育種に力を入れいろいろと発表
してきましたが、最近のオランダ産ユリには
とうてい敵わず、現在ではほとんど育種も中止しています。

品種の保存は多少しているので夏のユリの季節7月頃に
少しだけ咲かせて見ます。
出荷するほどはなく、これも何時まで続くのか・・・と言うところです。

掲示板に今年の夏の画像をのせてみます。
一年中ユリだけをつくっていますので、また機会がありましたら
宜しくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(岩橋からのお返事のメール)

こんにちは

丁寧なお返事をありがとうございました。
とても嬉しく、お礼もうしあげます。

やはり難しいのですね、丁寧なお話を
ありがとうございました。
この11月に『花時間』さんの撮影で2点だけですが
ユリのブーケを作らせていただくことになり、
それでずっと以前に一度みた限りのゆきのひかりを
使ってみたいと思ったのです。

私がそのユリに出会ったのは
もう10年以上前、まだ学生のころ、
アルバイトで勤めていたホテルの花屋さんに
本当に数本だけ
入荷してきたのです。
たった一輪で店中の空気を変える香り、
その美しい花弁に、ためいきをつくほど感動したことを
今も鮮明に、覚えています。

「花はこれほどきれいなものなのか」と
心が打ち震えるような、そう言っては大仰かもしれませんが
でも本当にそのくらいの衝撃でした。

今回入手がかなわないと知って残念でしたが
画像をアップしていただいて嬉しく、本当にありがとうございました。

またなにか機会がありましたら
こちらこそ、どうぞよろしくお願い申し上げます。
寒くなります折、お体どうぞご自愛ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このメールにさらにお返事をいただき、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お役にたてなくてすみませんでした。

父(主人の)に話しましたところやはり大変喜んで
いました。父にとってもあのユリは初めて交配に
成功した思い出の多いユリでした・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということでした。
今回、ブログに掲載するにあたり
許可を頂きたくメールをさしあげたところ、
今は殆ど作っていない品種ですが、それでよろしければと
ご快諾を頂戴しましたので、
御礼とともに転載させていただきました。

「ゆきのひかり」のブーケはかないませんでしたが、
こうしてお話が伺えただけでも、
あの時の自分の感動が、ひとつ、形になったようで
とても嬉しいことでした。
本当にありがとうございました。
この「ゆきのひかり」については、
滝沢種苗様のサイトに、一連のやり取りの中で
掲示板にアップしてくださった画像がありますので
どうぞごらんになってみてくださいね。

有限会社 滝沢種苗 
http://www.takiyuri.com


蛇足ながら、私のメールはどうも文章が硬いというか、
エモーショナルというか、あるいはバカまじめなのか、
時々「文章からしてもっと年配の方だと思いました!」
と、驚かれます。
いえ、無論、そんなに若くはないのですが
今日も初めてお伺いした方から
「声がもっと低いのかとなんとなく想像していました」と・・・。

うーん。
顔文字でも使ってみようかな。(^^)
ちょっと無理があるかなあ・・・(笑)

最近花の写真が少ないですね、
今日までどうぞご容赦ください。
by ichiecd | 2006-01-06 23:27 | carpe diem | Comments(8)
今があることの御礼 武藤工業様
「お店を持たない花屋さんって、
 どんなところから仕事がくるの?」

一会が店舗ではなく、アトリエ;事務所としての営業であることを
説明すると、時折そんな疑問を投げかけられます。


現在、特に大きな比率を占めるのは、
ウェブサイトや雑誌『花時間』などから
一会を知ってくださるお客様です。
以前出展した銀座三越での展示を見て、という方もいます。

お店ではないので、確かに一見の、
通りすがりで、というお客様はいらっしゃいません。

なので、そうした公の接点ではない場合、
殆どの方が、他のどなたかからのご紹介です。

そしてさらに、上のいずれにも属さないお客様、
ご紹介でもなく、雑誌を見たのでもなく、しかし
今も、一会に花を頼んでくださる。
そんなお客様も、ごく少数ながらいらして、
それらはいずれもやや不思議なご縁だったりします。



東京・渋谷から地下鉄でわずか一駅、
池尻大橋という駅があります。
三宿(みしゅく)という地名のほうが分かりやすいでしょうか?

独立してまもないころ、
以前も書きましたが何の資金も後ろ盾もない中で
花の仕事を一人ではじめた当初、私には、
どうやったらこれで食べていけるのか、皆目解りませんでした。

そんな折、たまたま自由が丘で露店を開いている
花屋さんのことを見て聞いて、
「そうか、露店という方法もあるんだ」と思いました。
そこで、露店を開けそうなところがないか、
都内のあちこちに探しにいきました。
ほかにどうしたらいいか、ほんとに解らなかったので。

そのひとつが、池尻大橋の駅だったのです。
人通りも多くかつ若い世代も多く、
でもさまざまな年齢層が暮らしていて、
そこそこのスペースがあって。

でも、それでも地下鉄の駅員さんに
「このロータリーで花を売ってもいいですか?」
と、聞くのには、結構な勇気が必要でした。
以前、たしかに私は営業の仕事をしていました。
でも仮にも一部上場している会社の名前を背負っていくのと、
自分の名前ひとつをパソコンで出した
ぺらぺらの名刺に刷っていくのは、また少し違います。
声をかけるまでにたっぷり1日くらいは迷ったように思います。

かえってきた駅員さんの答えはこうでした。

 そのスペースは、駅のじゃないんだよ。
 この駅の真上に建っているビルがあるでしょ、
 その会社の持ち物だから、そっちに聞いてみたら?

駅員さんのいうほうを見上げてみると
実に立派、というほかないような・・・立派なビル。
実際に、お伺いするまで、
そこからゆうに一週間はかかったように思います。

 私はこういう者なのですが、
 このスペースが
 御社の所有とお伺いしまして、
 もし可能であれば、こちらで花の露店をさせて
 いただきたいのですが。

突然やってきた
こんな訳のわからない問い合わせに対し、
応対してくださった
A部長様は、追い返しもせず、耳を傾けてくださいました。

 ここは、でも、結構風が強いんじゃないですか?
 ここで露店って、うーん・・・大変だと思うよ?

そう、笑っておっしゃいました。

結局そのスペースの使用は難しくて、
でも、ほかにいい場所も見つからないまま
月日が過ぎて、
しばらく経ったころ。

A部長から突然お電話がありました。

「演壇の横に、花を活けてくれないかな?」


武藤工業株式会社、という大きな会社様の、
行事のごとに、店舗も持たない私が
花を抱えていって壷活けをさせていただけるように
なったのは、そのお電話以来のことです。

今年でもう何年目でしょうか?
一会のお正月は、こうしてはじまります。
あの時、暖かいお声をかけてくださった
A部長様には、感謝の言葉もなくて、
ただ花を活けることだけで
御礼を申し上げるほかないと思っております。


今回、ブログ掲載の許可をいただき
この場より改めて、
深く御礼申し上げます。
本当に、ありがとうございました。

一度、御礼を、ちゃんと申し上げたかった方々。
そのお一人に、今このブログというような
簡便な形からですけれども
こうして御礼を申し上げることができて
なんだか、妙にほっとしています。
無論この先どうなるかはまた別のこととしても、
ずっとどこかで、御礼を言いたかったのです。

今、一会がこうして継続していられるのは、
あの時のあのお言葉のおかげです。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-01-04 23:15 | carpe diem | Comments(8)
2006年1月1日
a0042928_23193374.jpg


新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2006年、一会の仕事をいくつかご紹介します。


*1月7日発売の
「花時間」2月号(角川書店)で
ユリのブーケを担当させていただいています。
モデルさんもめちゃかわいいので
どうぞごらんくださいね。


*2月3日~5日
表参道のネスパスで行われるチューリップフェア
TULIP KISSにてデモンストレーションと展示を
行います。

http://www.newniigata.or.jp/prefectural/tulip/index.html

デモンストレーションは4日土曜日です。
チューリップをメインにした
ウエディングブーケは無論のこと、
このブログで記載してきた、
ブライダルの花の演出をご紹介したいと
思っています。

・・・アガリ症なので、
はっきりいってこれを書きながら既にどきどきです。
こんなことでは当日まで
神経がもたないような気がします。
岩橋の個人的な知人友人の方へ、
いらしてくださる場合には、かならず、
事前にご一報をお願いします。
当日いきなり客席に座っていないでください。
緊張します。声裏返っちゃうかも。目が泳いじゃうかも。

ですがチューリップも新潟も大好きなので
とても嬉しい機会です。
新潟は佐渡だけでもう3回は行っています。
ムーンライトえちごで。(←旅おたく。誰も聞いてないぞそんなこと)


ひとまず、今年もどうぞよろしくお願いもうしあげます。
by ichiecd | 2006-01-01 23:53 | carpe diem | Comments(4)
去年今年
去年(こぞ)今年 貫く棒の 如きもの      虚子


そして2005年というこの一年もやがて過ぎて、
またひとつ、ある時間が流れていきます。

日頃、なかなかテレビをゆっくり見る機会もなく
久々にのんびり眺める画面に映る紅白には、
今年いろいろな局面でお仕事をさせていただいた
方々もいらして、
こんなところから応援しながら見ています。

今年できたいろいろな仕事。
今年させていただいたいろいろな仕事。
自分の手を確実に触れて
そして渡される人に渡されていった
たくさんの花。

たくさんの出会いと
たくさんの思いに
言葉にならない感謝をこめて、
あらためて、ありがとうございました。


此うへの夢は覚えず去年ことし  鳳 朗
by ichiecd | 2005-12-31 23:18 | carpe diem | Comments(0)
年の瀬、という日々
a0042928_015216.jpg



年内は明日31日18時まで営業します。
2006年、年始営業は以下の通りです。

1日 休
2日 休
3日 準営業:ご予約のみ
4日 午前7時より通常営業に戻ります。



今日は朝から活け込み先のメンテナンスにまわり、
年明けのウエディングの打ち合わせ。

残す日もわずかとなって、
都内は少し、静かな気配です。

と、油断していたら新宿付近で大渋滞。
カーナビ(愛称ナビイちゃん。高速好き。やや天然。)で
迂回ルートをたどって約束の時間にすべりこみましたが
最後までいろいろと気を抜いてはいけません。
という神様のお言葉でしょうか。

その後アトリエに戻り、
終わらない事務仕事に埋没しかけている私を
とうとう見かねて
強力な助っ人がやってきてくれました。
数時間で半年分の伝票をばりばりと
片付けてくれたAさん、本当にありがとう。(涙)
「あ、だんだん調子、あがってきた」と
PCのキイを叩く姿にうっとり。
事務仕事ができるって、素敵すぎです・・・。


私のような店を持たない花屋にとっても
クリスマスまではひとつの修羅場モードです。
それが過ぎて、お正月のディスプレイに交換が終わって、
そしてやってくるこの年末の数日間というのは
一年でもっとも、ほっとできる時期。
急な仕事が入ることも少なく、(でも入るときは入りますが)
電話もメールもぐっと減ります。(でも来る時は来ますが)

たいてい東京は天気がよく、
少し風が強かったりします。
日中は暖かくても
夜は冷えて星がきれいだったり、
いつもは必ずどこか明かりがついている
オフィスビルが、夜8時に真っ暗だったりします。

街を歩く人は少しまばらで、早足で、
皆、お正月に向けてとても急がしそうで、
でももうどこか手持ち無沙汰なようで。。

このからりとした明るい寂しさ、
地面に足がついてないような
中途半端なこの数日間が、
実は私は、一年で一番好きです。
クリスマスでもなく、お正月でもなく。


一年間、酷使したホコリまみれの
軽のエブリィにも感謝をこめてざっと掃除。
玄関にも小さなお飾りをつけて、
一会もやっとお正月を迎えることができそうです。
by ichiecd | 2005-12-30 23:58 | carpe diem | Comments(0)
『花時間』1月号 お正月の花のお飾り
a0042928_2283273.jpg

『花時間』(角川書店)2006年1月号
「花のお飾り手作りブック」107ページに
掲載されたお飾りです。

ただ、何種類かの豆を買ってきて、
きれいなグラスにいれて並べて、
花をぽんと上に乗せただけ。
・・・それだけです。
あまりに手順が簡単すぎて
メイキングページの撮影が逆に難航、
「どう撮ります?」。

a0042928_2284848.jpg

(同112ぺージより一部抜粋)

ここに写っている白魚のような手は
私ではなく、当日アシスタントを務めてくれた
生徒のSさん。
「手タレ」デビューでしょうか?
昼からずっと、ゆっくり座る暇もない忙しさでしたが
くるくると一生懸命働いてくれました。
遠方なのに、ほんとうにお疲れ様でした。

この写真の豆セットをはじめ、
なるべく、手元にあるもので
簡単に・・・とこころがけました。
この写真の隣に載っている
「フレキシグラスで作る手毬」も、
一見?という構造のように見えて、実は
テレビを見ながらお子様と一緒にできるくらいな
手軽さだと思います。

今年も残すところあと少しですね。
今日ようやくすべての年賀状を出し終わりましたが
一筆添えることもできなくて
申し訳ないです・・・とここでまた懺悔します。
そして昨日の痛恨の空白は
後日こっそり以下繰り返し・・・。
by ichiecd | 2005-12-29 23:27 | carpe diem | Comments(0)
お持込の装花 エピソード2
最近のウエディングでびっくりしたエピソードのひとつです。

お伺いしてみたら、ブライダルコーディネーター様のお一人が
「以前、ご一緒しましたよね?」と、
にこやかに、声をかけてくださるのです。
驚いて顔をあげると、確かにお顔には見覚えがあるのですが、
とっさのことで言葉が続きません。

「あの時、あの会場の、ウエディングプランナーをしていた・・・」と
続けてくださって、一気に記憶がよみがえりました。
その会場様のやはり持ち込みの装花の時に、
お世話になったコーディネーター様でした。

奇遇ですね、わあ、ご縁ですね、とびっくりしながら、
こうして、また持ち込みをしている別の会場様でも
暖かくお声をかけてくださったことに
じーんと感動してしまいました。

ただでさえ、装花のお持込は会場様にとっては
手数の多い、大変なことだと思います。
納品時間、撤収時間、搬入はどこからするか、
どこで待機していればよいか、
契約している花屋さんなら当然知っているべきことを、
いちいち教えてあげなければなりません。
当日もってくるまで、どんな花かわかりませんし、
途中で花が落ちたり壊れたりせず、
最後まで無事に終わるかどうか、
どんなにご心配なことでしょう。

それでも、新郎新婦様のご希望をくんで、
かなうかぎりお二人の要望に応えるべく
装花のお持込にOKを出してくださる会場の方へ、
少しでもご負担のないよう、
少しでも安心していただけるように、
こころがけているつもりです。

今回こうして、たった一度、
持込をした花の業者でしかない私へ、
ちょっと懐かしそうにさえ話してくださる。

その、コーディネーター様の笑顔を思い出す今、
一会としての小さな、でも継続する努力を、
少しだけでも評価していただけたような気がして
嬉しく、またありがたくて、
この場からこっそりと、御礼を書いてみることにしました。
by ichiecd | 2005-12-22 22:34 | carpe diem | Comments(0)
シンクロ
a0042928_1593042.jpg


岐阜、濁河温泉付近での一枚。
にごりごおんせん、と読みます。
訪れたのは東京ではまだ
シャツ一枚ですみそうな穏やかな秋のころでしたが、
すでに視界はうっすらと雪景色でした。

春夏秋冬それぞれよいと思いますが
この空気が冷たく澄んで、
静かな気配の冬、
私自身はかなり好きです。

昨日、現在ヨーロッパにお住まいの、
あるお客様へのメールで、
「東京は冷え込むようになりました。
でも冬は冬で好きです」、と
何気なくその末文に書いたところ、
私もそうなんです、
ちょうどそんなことをブログに書いたところです、と
お返事が来て
ただそれだけのことなのですが、
なんだか地球の反対側で
シンクロしているようで
嬉しかったのでした。

同じく昨日、
師匠:鈴木ひろ子先生と話をしていたら
「才能なんて言葉、ただの言い訳。」と
ひょいと言い切られて、
まったく同じことを
考えている最中だったので、
まるでココロを読まれたようで、
なんだか可笑しくて楽しい気持ちでした。


東京はすっかり冬になりました。
空気がしんとして、光が冴えて、よい季節です。

昨日通りかかった青山のエイベックスのイルミネーション。

a0042928_1594392.jpg

by ichiecd | 2005-12-15 23:59 | carpe diem | Comments(2)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。