ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:carpe diem( 630 )
花時間さんの妹! 「花時間プチ バラを楽しむ本」
以下、あまりに自分がブログを放置しているのを見るに見かねて、
アシスタント奥沢マダムさんが記事を書いてくれました。感謝感謝感謝・・・
・・・・・・・・・・・・
先日発売になりました
岩橋の作品が表紙を飾らせて頂きました!


パチパチパチ!!!


失礼いたしました。
アシスタント奥沢マダムが宣伝させて頂いております。

先日、アトリエにて横目で見ていた花時間さんのムック本。
岩橋より「表紙になったのー」の一言で思わず、
手に取り、かわいい!宣伝させてください!と
名乗りを上げた次第です。



a0042928_21454343.jpg


バラは沢山の種類があって、それだけ顔の表情の違いがあって、
同じ色のカテゴリーでも絶妙にそれぞれ違いますね。
もちろん香りもそれぞれ・・・もちろん一輪のバラ、スプレーのバラ。


だからこそ!
花時間さんの本の題名通り、色々と"楽しむ"ことが出来るんですよね♪


a0042928_21562070.jpg

本の写真が上手く撮れてなくてごめんない!なのですが、

テーブルいっぱいのこぼれてくるような
甘色のバラのグラデーションは、最高にかわいい!

私事ですが、好きなライラックも!!
小花たちが、咲き誇るバラがさらに映えさせますね。



この本はバラの「飾る・育てる・作る」の3つの楽しみが載っています。
ぜひ皆さんも手に取って見てください!




1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回7月28日・日曜の13時から予定です。
そのほかの日程はリクエストをお待ちしています!

by ichiecd | 2019-06-05 18:55 | carpe diem | Comments(0)
芍薬なイチエッタ 2014年パレスホテルの花嫁様より
a0042928_12370350.jpg


インスタで募集していた芍薬イチエッタに申し込んでくださったのは、
2014年の卒花さまでした。

ご自宅用としては高すぎるかも。というお値段で、
生花という贅沢な嗜好品であるものを、
内容も見ずに、
一会おまかせでお買い上げくださる。

a0042928_12332259.jpg

こちらもOKですと、
芍薬な王子さまのお写真をお送りくださったので
喜んで一緒にご紹介を。
・・・・・・・・・・・
先程は沢山のお花をありがとうございました!

素晴らしいおまけまでつけていただいて(おまけのレベルじゃない!)本当に大満足です。
久々にお会いしたのにバタバタしてしまって本当にすみません…
お花は早速飾らせていただきましたが、
花瓶が一個しかないことを忘れており、
実家や友人のお母様たちと分けさせていただきました。
みんなにすごく喜んでもらえました!


長くなりますが、1つだけお伝えしたくて…
結婚式後もずっとブログやインスタを拝見させていただき、
岩橋さんの作られた素敵なブーケにうっとりしていました。
素敵なブーケを見るたびに、『あっ、これが良かった!』と
一瞬後悔するのですが、自分のブーケを見返すと
『やっぱり私のブーケはこれだ!!』って思うんです。

だから岩橋さんが作るブーケは全部、
花嫁さんそれぞれに合ったものなんだなーと勝手に思ってます♪

結婚後何年経っても素敵と思えるブーケを作っていただいて
本当にありがとうございました!!

どうしてもそれを伝えたくて書かせていただきました。
またイチエッタ参加させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・

自分は、
「満足」を売ることができたんだな。
と、まるで、形にしてもらったよう。

本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
皆様の健やかな一年をお祈りしています!



1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回6月23日午前午後とも満席になりました、その次は7月28日13時予定。
そのほかの日程はリクエストをお待ちしています!

by ichiecd | 2019-06-04 12:16 | carpe diem | Comments(0)
2019年一会 母の日ギフトのお知らせ
a0042928_21324924.jpg


写真は、昨年のASO様へのブーケの写真です。イメージです。
この写真もブログに~と思いながら、遅くなったままで…うつむく。

しかしそんなこんなで母の日ギフト、
生花は、送料税込み10800円、同6480円
プリザーブドは同7560円、5400円。
限定6~8個くらいずつ。

a0042928_21315392.jpg


今年は一会断捨離につき、1万円のはこの大きなガラス器を

a0042928_21315648.jpg

6000円のはこの青色器を使用予定。完売しました!
→完売ですが、一会の生徒さん花嫁さんはどうぞお知らせください。
器が別のでよければ&完全お任せであればお請けできます。

なお申し上げるまでもありませんが、今写真でささってる花は、
とりあえず挿してみただけです。ちゃんとアレンジします。

どちらも、新品ではないですが、その分ぐぐっとお安くして
お出しします。
(新品ご希望の場合は、ご相談ください。)
a0042928_21320223.jpg


プリ7560円はこんな感じの
a0042928_21320678.jpg

写真も上蓋につけられるタイプ。
お花は敷き詰めまではいかないかもですが
それなりに頑張ります。

a0042928_21315903.jpg

プリ5400円は、こんな感じで
手つき器に、ワンポイントちょこっとお花な感じ。

プリはどっちにしようか決めかねたので、どっちも出します。

以下概要です。


一会からのお届けは、基本的にすべて宅急便となります。
送料・消費税込みの金額です。
※四国・九州・北海道への発送はプラス700円となります。
※九州・北海道への発送は、プリザーブドのみです。
・お届け日 5月8日~12日

プリザーブドに限りお届け日指定可能です。

生花の場合、お届け日の指定ができません。
*どうしてもという指定日時がある場合、プラス540円です。
すみません!

*たてこむ時期ですので、
お届け日には一定の幅をいただいております、ご了解ください。

*お届け時間は、基本的に午前中となります。
ご希望のある場合にはおよそ
2時間単位でご指定が可能です。(12~14時以外です)

・送料 
本州の場合、送料は品代に含まれております。
四国へお届けの場合
700円(税込)のプラス料金をいただいています。

年々暑さが気になるようになってきまして、
2日かかってしまう九州・四国・北海道への
生花ギフトお届けは休止させていただきます。
もしも是非という場合には、タイムサービス便の
プラス料金+1200円(高!ごめんなさい・・・)にて承ります。


・輸送中の破損その他、
一会に責を負う不都合が万一、発生しました場合には
代替品の発送を持ってかえさせていただきます。

商品の特質上、3日以上お届け先がご不在の場合、
また転居等で、お届けが不可能な場合には
再発送または返金等の対応ができませんので、
あらかじめご了承ください。


・個人情報の取り扱いについて
一会プライバシーポリシーに基づき責任をもって管理し
今回の発送に関する業務以外には使用いたしません。


上記をご了承の上お申し込みくださいますようお願いします。


・お申し込み方法

以下をメールにコピー&ペーストし、
タイトルを「母の日 (お申込みの方のお名前)」として
送信してください。

info@flowers-ichie.comまで、
こちらから受領の御連絡をさしあげます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1生花10800円・生花6480円・プリ7560円・プリ5400円のご希望

2送り先様の郵便番号・御住所・お名前・お電話番号

3送り主様の郵便番号・御住所・お名前・お電話番号

4メッセージカード (ご希望なさる場合) 
手書きもしくはPCにてプリントアウトしたものをお届けします。
(特にメッセージが必要ではない場合には、
既成の小さな母の日カードを添えてお届けします。)

・・・・・・・・・・・・・

こんな状態で何ぬかすと言われそうですが
みなさまのご注文を、伏してお待ちしております。

あと、今回のスペシャルイチエッタも
やっとご連絡出しております!


もう全般に、私の事務作業が間に合わなくって、とうとう
昔いたアシスタントポチを、一会サテライトオフィスにする計画、
ひそかに進行中。
ポチ!あとはまかせた!


1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回6月2日です。*5月4日は満席になりました、そのほかの日程はリクエストをお待ちしています!

by ichiecd | 2019-04-21 21:39 | carpe diem | Comments(0)
コップ一杯の仕事
a0042928_19361226.jpg

2014年の花嫁様から頂いた写真です。

今日は、

長くなるよ。
予告したよ!

それは昨年夏、連日35度続きの、猛暑日のことです。
昨年の夏は、ほんと暑かったですよね。

結婚式ではなくて、ある法事の折の出来事でした。
自分は、主催の側でした。

参列者が到着して、
会場のスタッフさんは、さっそく
熱い緑茶を出してくれました。

熱い緑茶…
ちょっと待って!?


80代のご夫婦。
年寄りの足では、ホームから会場まで10分はかかる。
しかも夏服とはいえ、喪服。
飛行機の距離をきてくれてました。

自分は、会場の目の前まで車でしたが、
降りて歩いた数メートルで、もう汗がふきだすほど。

そんな猛暑日に、熱い緑茶?

「冷たいお茶はないんですか?」
「ないんですよ」。

ちゃぶ台ひっくり返しました。

そこから3分とかからない入口には、
冷たいお茶がポットで置いてあり、
それどころか、今時のしゃれた無料のドリンクサーバーも設置されてる。
緑茶どころかコーヒーも紅茶も、何種類も飲み放題。
人手が足りなかったわけでもない。
数人が準備のために待機してくれてました。

ただ、今までそうしてたから、そうしただけ。

客には、熱い緑茶を出すように言われてたから。

自分たちは、冷房の効いた室内で別に暑くはなかったから。

だから、35度の気温の中、
10分以上を喪服で歩いてきた老人たちへ、
熱い緑茶を、お盆でさし出す。
にこにこと。
笑顔で。


もともとその法事の会場は、
位牌を直接、そのまま紙袋に入れて渡したり、
焼香の順番を間違えたり、花の札の名前を間違えたりと
ポカが多かった。(これポカっていうレベルなのか?)

ええ、その場でちゃぶ台ひっくりかえしましたとも。
しばらくして
「冷たいお茶がご用意できましたから!」。
って、当ったり前だーーーー!

建物は、本当に立派なのです。
今時の、都心のマンション式の納骨堂。
で、悪気はないんです。皆さんいつも親切そうな接客なのです。
言われた通り仕事をしてるだけで、
何も、悪い人たちではないんです。


話はかわって、それから数か月後のこと。
自分は、母を連れて久々に温泉に行きました。

食後、母が薬を飲むと言ったので、
スタッフの女の子を呼び止めて、
「お水をください」と頼みました。

彼女は、母をちらっと見て、
「お薬ですか?」と言います。

「そうです。あ、私もお水ください。」

今度は私を見てにっこりと、
「はい、では常温のお水と、お客様には冷たいお水ですね?」

すっ・・・
すごい!!!!

なぜならこの時点ではまだ、母は
薬をテーブルの上には出してませんでした。

たった一言で、相手が必要としているのは何かを、
想像して、
推し量って、
正解を笑顔で差し出す。

これぞ  O・MO・TE・NA・SI !!!

私は、自分がサービス業で、
似たような年の女の子にアシスタントにきてもらってて、
かつ筋金入りの旅好きなので、
サービスの基準は、相当に厳しいほうだと思う。

でもこの対応には、心底、感動しました。

ついでに言えば、彼女はアジア系の名札に「研修中」と
書かれておりました。
つまり、経験でも言葉でもない。

たった一杯の水でも、
良い仕事はできる。

こちらは名前を書いてもいいと思うので、これは
四万温泉の、たむら、という旅館です。
温泉も、食事も、驚くほどよかったです。

けれども、昨年良かったからといって
今度もよいとは限らない。

それだけ、いい仕事をいつもする、ということ、
そして
いい仕事を、毎年、毎日続けていくことは、

難しい。

だって。毎年毎日何かがあるんですよ。
やれ○○が故障した、××が遅れた、△△が風邪を引いた。
自分もまた人間で、
365日あれば、コンディションが極めて悪い日は数日はある。

毎年毎月毎日、すべてのお客様に、いい仕事を差し出すということは、
難しいというよりも、もう不可能だと思う。

ってわかってても、いや、だからこそ。

今度も油断せずに
いい仕事を差し出そうと思って、努力すること。

365日、せめて自分のコンディションをよく保つように努め、
故障した遅れたうまくいかなかった場合に備え、都度、手をうつ。
それが仕事というものだと思う。


だからね、
アシスタントさんへ、
たとえ自分がよかれと思っても、
相手が必要じゃないものを
差し出しちゃ、ダメなんだよ。

それはつまり、猛暑日の熱いお茶なんだよ。

私たちは、コップ一杯の水でも、いい仕事ができるんだよ。

毎週のようにお客様からいただく
深い深い満足は、その小さな仕事の積み重ねです。

ワイヤーひとつ、掃除ひとつ、運転ひとつ、
ひとつずつ相手の気持ちを考えて差し出せば、
その仕事には深く、感動される。


アシスタント奥沢マダムさんにこの話をすると、
その例えはわかりやすいからブログに書け!
と、激励された。
ので、時系列で、自分のことを書くの下手だけど頑張ってみた。

a0042928_19162391.jpg

もう一つ別の話、
これは、元アシスタントさんが、先日持ってきてくれた
ダンディゾンのうまくいくクッキー。

「二度と、一会の名前を口にするなあっ!!」と
大げんかしましたが、
その後4年間、別のところで修行して、
その仕事をやめるときは、
一会に挨拶に行こうと思っててくれたらしいです。

修行してる間に、だんだん人を教える立場になってきて、
「一会にいたとき、いろいろ先生にうるさく言われてたことは
こういうことだったんだなって、何度も思った」
んだそうです。

「わたしは、アシスタントになれてなかった。
アシスト、できてなかったって思う」
と、ぽつりと言います。

自分は、本気で人より花のほうが大事って思ってたし、
そうじゃないんだなと分かった今も、
やっぱりちょっとそう思ってると思う。

だから、こんなに大事な花を、
それはつまり
こんな自分の花嫁さんへの情熱を、
小さな油断でポカにされることが我慢できなくて、

・・・あの頃ほんとに怒ってばっかりで、ごめん!

と、謝る機会をくれて、ありがとう。

自分のやりたいことが分かってきて、それに向かってやってみたい、
と話してくれる彼女は、
一会にいたときとは別人のようにしっかりしてて、
厳しいことばかりだろうけど、きっとできそう。

心から、応援しております。

冒頭のブーケの写真は、
a0042928_19385826.jpg

その元アシスタントの彼女が装花を手伝ってくれたときの
花嫁さん。

a0042928_19383438.jpg

可愛い花嫁さんだったなあ。


では今日もおつかれさまでした。


肩こった!長くなったー!

なお、最初の都心の法事会場のほうは、先日行ったら
色々な面が、劇的に改善されておりました。
「こいつはうるさい」認定されたせいも大きいでしょうが、
でもだからこそ、やっとブログに書けました。


1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回4月14日5月4日満席になりました、6月2日開催決定です。そのほかの日程はリクエストをお待ちしています!


by ichiecd | 2019-04-10 17:26 | carpe diem | Comments(0)
クロッカスと夕日
a0042928_21164778.jpg


迷ったけど、やっぱりちょこっとだけ書いておこうかと思います。

写真は、結婚式のお花ではなくて
お父様への一周忌のお花でした。
お好きだったピンクの花で、というご依頼でした。

実は、ご注文くださった花嫁様は
2004年のご結婚式の方です。
それはかれこれ15年前、白金台に事務所を移転した、最初の年でした。

ご結婚式後も何度かギフトを頼んでくださったりしたのですが、
すっかりご無沙汰してしまっていた先月のこと。

市場で、クロッカスの球根の花を見つけたときに、
この花嫁様のことを、突然ありありと思い出した。

「新郎が、留学先のイギリスで
クロッカスの花が一面に咲いていた光景のすばらしさを
よく話してくれたので、
岩橋さん、クロッカスが手に入りませんか?」

でも質問をうけた当時は、クロッカスの切り花は出回っていなかった。
で、ないんですと言ったきり、すっかり忘れてました。

そしたら、先月、市場に、あるじゃん!クロッカス!

(もしかして、出荷してたのかもしれなかったけど
私が気づかなかったのですよね…)

よほどその場で仕入れて帰ろうか、と思いましたが、
最後にギフトのやりとりをしてから、すでに10年近く経過している。

今どちらにお住まいかもわからないし、
果たしてメールさえ、通じるかどうか。
いやそもそも、えっと、
クロッカスだったっけ?サフランだったっけ?(おい)

戻って昔のメールをひっくりかえして確認しましたら、
やはりクロッカスで、そうしてご連絡もついて、
今も変わらず、以前と同じご住所でした。

一会が定期的に行くエリアのすぐ近く。

しかし、連絡がついた翌週にはもう
クロッカスの出荷がなくなってしまい、
やむなく、せめて、とミニミニチューリップをお届けしたのでした。

普通そこまではしない。
でも私にとって、このお二人はとりわけ
忘れられないご結婚式だったのでした。

a0042928_21130769.jpg

手伝いにきてくれた、先輩の
けいこさんに笑われながら
ものすごい量の蘭のワイヤリングのブーケ、
a0042928_21124904.jpg

メリアと呼ばれる、バラの花びらのブーケ。

ご結婚式の日、会場でお会いした新郎様の
「花、いいね!すごくいいよ!」とほめてくださった
笑顔と柔らかな声を、今も、覚えています。

その時すでに、新郎様は重い病と闘ってらして、
実は結婚式も、2度の延期の末でした。

結婚式後、しばらくたって、
花嫁様から
「結婚式にかかわってくださった皆様へ」と
丁寧なお手紙をいただきました。

ご結婚後の闘病のご様子、

お二人で海を見にいったこと、

「海に落ちる夕日が、
その光の筋を、浜までとぎれずに伸ばしたら、
願いが叶う」
と聞いて、心底に願ったこと、

細くやせた彼の背中を、お風呂で流してあげたこと、

願いはかなわなかったこと。

(何分古い記憶なので、詳細が違ってるかもしれません)


今回、その元花嫁様と
「クロッカスは、お墓に植えたら根付いてくれるでしょうか?」
といったやりとりをしたんだよと話したところ、
アシスタントさんが自宅近くで売っていた
クロッカスの鉢を、一鉢だけ買ってきてくれて(!)
それも、お届けにいってもらいました。

ほんとは、春のオンシーズン。

今も山ほどためている仕事があって、メールもあって、
そゆことしてる場合じゃまったくないのだけれども、
届けない、という選択肢は、自分にはなかった。

そうして、10年ぶりに復活したやり取りで、
冒頭のお花をご依頼くださったのでした。

結婚式の花は、たった一日の花で、
たった一度の花だけど、

一生、記憶に残る花を。

と、また、自分に言い聞かせるために、
今日ブログに書いておきたかったのでした。

a0042928_21133616.jpg


では皆様、今日もおつかれさまでした。


1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回4月14日日曜5月4日追加開催決定、13時~です。14日は満席気味です。みなさまのご参加をお待ちしています。そのほかの日程はリクエストにより開催します


by ichiecd | 2019-03-26 21:52 | carpe diem | Comments(0)
花時間さんカレンダーイチエッタをお申込みのみなさまへ
a0042928_18442155.jpg


花時間スペシャルイチエッタおよびイチエッタを
お申し込みくださったみなさまへ、

聞いておいてたいへん申し訳ないのですが
到着が1日になります。
発送時に、アドレスにヤマトから通知がいきますので
ご確認くださいませ。

急なブーケが入りまして、宅急便だしに間に合わなかった!
ごめんなさい!

いちえったん で いちえってぃーぬ な

皆様ならお許しくださるのではと。

甘えてますね。甘えすぎてますね。

しかしみなさまからの、温かくも優しいメールは
インスタのストーリーに載せておりますが
昨日夜22時、励まされて、泣きそうでした。
本当にありがとうございました。

なお28日夜18時と指定のあったYさまのみ、
本日ぎりぎり発送しております。

イチエッタとは、岩橋が仕入れすぎる花を、
一会ファンでいてくださる皆様へ叩き売るバーゲンセール。

とげもとってないし、
開かせたりしてやや咲過ぎの花も多いですが
そのかわり梱包技術を駆使し
パズルのように花を詰めてます。

箱は基本、横が全部あくようになってます。
ここ開けてね、という箇所はテープが折り返しされてます。

球根付きの花が入っていた場合は、球根は水に沈めずに、
白い根っこだけ水につけてくださいね。

冒頭の色気のない写真は、アプローズ。
サントリーのあの有名な青いバラです。

既に、今日の撮影時にかなり開かせて使ってしまったため、
今回、イチエッタの御礼に、皆様に数本ずつおいれします。

すでに、外側の花弁が茶色くなりはじめのものもありますが、
すばらしい香りだけでも、楽しんでいただけたら。

久々の記事がこんなんで本当に申し訳ございません・・・




こちらは前回撮影時のインスタの記事。

このときにやはりイチエッタでひきとってくださった皆様が、
どんな風に楽しんでくださっているか、教えてくれます。

いちえったんな皆様へ、ここから心からの愛と感謝を。

そいでこれから自分の花の稽古なんだよー

よく、

えっ今も花を勉強してるの?
とびっくりされますが

えっなんも勉強しないで続けられませんよ?
と、びっくりしかえす。

今日くらい休んでいいんじゃないのという悪魔のささやきを封印し、

ではいってまいります。
たまにブログ書くと無駄に長い。

今日もおつかれさまでした。



1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回3月2日13時~です。4月は日程最終調整中です、ご参加希望の方はぜひ今どうぞ!!!
お知らせくださいませ。


by ichiecd | 2019-02-27 19:10 | carpe diem | Comments(0)
卒花嫁様からのご依頼 家族葬へのお花 大宮へ
a0042928_10242639.jpg

ドアに飾ったのは、かすみそうとスターチスのブルーファンタジー。
a0042928_10242738.jpg

実は結婚式の装花ではなくて、

a0042928_10482811.jpg


ご家族葬のお花でした。

昔、10年以上前でしょうか、
一会で装花をお手伝いさせていただいた
卒花嫁様から、お正月に突然メールをいただいてのご依頼。

結婚式後に一会のお手伝いにもきてくださって、
またご自身のご家族や、
ご友人たくさんをご紹介くださった方で、

親しい方だけのお別れ会とご家族葬に、
おしゃれなお母様らしいお花を、ぜひに、と。
a0042928_10243332.jpg


お写真の許可をいただいたので、
(「家族みなOKと言っています」、と
心配性の私のために書き添えてくださいました)
すこしだけお写真を。

「一会は結婚式のお花屋さんなのに、
ご葬儀のお花を載せたら
プレ花嫁様がひいてしまうんじゃないですか、
むしろ大丈夫ですか」、と
笑って、おっしゃってくださいましたが

自分はこういうときのために、自分で仕事してるのだ。
と思います。
a0042928_10242848.jpg

お正月明け、鉢の初市も開かれる前のことで、
なんとか入手したムスカリの鉢と、水仙を入口の目印に。

a0042928_10243845.jpg

・・・・・・・・・・
お陰様で大変和やかで(賑やかで?)皆さんゆっくり
母とのお別れをしてくださり、良い時間を持てました。
見るほどに、先生のお花は素敵で、そんな花に囲まれてお友達に
見送ってもらえて母は幸せです。お友達に全部差し上げてしまうのが
惜しくなっていまいます。。。
昨日は咄嗟のことで言えませんでしたが、先生のブーケはそれだけで
花嫁さんを幸せな気持ちにしてくれるの で、親しい友人には是非持って
欲しくてつい紹介してしまうのでした。なんならブーケだけじゃなくて
装花もあった方が絶対いい!ということで、会場が決まっていない場合は
花の持ち込みが可能なところにすると良いよ。とまで言ったりしてました。
我ながら、推しすぎですね。。。
(中略)
遺影の下にあんな風にさりげなくカゴとリンゴをあしらってくださるなんて
そんなところまで考えてくださって感激です。
・・・・・・・・・・・
こういう出張装飾の仕事の要素で必要な
花と時間と人手とかいろんな要素がぜんぶ足りない中で、
せめてご結婚式の思い出になるような、飾りを。

そして相変わらずお仕事のできる卒花嫁様に、脱帽。

また今回会場になったウィルさいたまの皆様には、大変お世話になりました。
遅くまでお付き合いさせてしまいましたご担当者様にも深い感謝を。
ありがとうございました。


1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回1月20日29日 2月3日28日 いずれも追加開催決定、みなさまのご参加をお待ちしています。


by ichiecd | 2019-01-16 09:58 | carpe diem | Comments(2)
2018年今年もありがとうございました
a0042928_23500353.jpg


写真は数年前のアイスランド、ブラックサンドビーチ。
岬好き海好き狂喜乱舞。
あー楽しかったなーって19周年企画スペシャルブーケの話は
どこにいったんだ。
もうインスタで演説いたら力尽きたので
また改めてちゃんと書きます。

最初に言いだしっぺでモニターになってくれたGさんも
一会監修っていうのはどうでしょうねーとうまいネーミングをつけてくれた
Oさんにも感謝です。

まいにちいろいろあるけれど、
なんにもしないで歳は暮れ行く・・・

いざや寐ん元日はまた翌(明日)のこと  蕪村



1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回1月6日満席 2月28日13時~です。みなさまのご参加をお待ちしています。

by ichiecd | 2018-12-31 23:03 | carpe diem | Comments(0)
スペシャルイチエッタのお知らせ 来年の花時間さんカレンダー作品をお買い上げくださる方募集
a0042928_16545840.jpeg


朝いちばんに、
「お正月飾り、着きました!」と頂いたお写真。

お約束のように輪飾りをかぶってくれてありがとう!

お写真載せていいですか?と伺ったら、
もうちょっと真面目なものも一応、
と、七五三のお写真もお送りくださいました。

a0042928_16565864.jpeg


かれこれ10年以上前に、
一会のブーケで結婚式をあげてくださって、
それからずっと、お母様ともども
一会が何かを販売するたびに、真っ先に買ってくださる。
そんなご家族です。

一会として、
花という儲からない仕事を、
しかも自分で良しと思えない手法は、
その一切を拒絶して、
なんとか赤字を出さずに細々と18年。

続けてこれたのは、
こういうタニマチのような皆様が、
一会を支えてくださったからだなあ。
と、つくづく思う。

a0042928_17121988.jpg

こちらはプリザーブドの水引飾り。

予定数を作ったら、ビミョーに材料が余る。というあるある。
インスタで売ろうかなとストーリーズにアップしたとたん、
ものの数分でやはり元花嫁様が、
「わあ欲しい!」と、そのままご購入くださいました。

一会という花屋は、もはや
自分のものだけじゃないんだろう、と思う。

こういう、大事な、大切なお客様がすでに
一会という花屋を構成する一要素になってしまってる、
という気がします。


来年秋、発売される花時間さんの
付録カレンダーを、12か月担当することになりました。
「一会さんのカレンダーないの?」「写真集が欲しい…」という
有難い声を常々いただいておりましたので、
是非この機会に、と三つ指をついています。

で、本題なのですが
もうこのカレンダーの作品を作る時点で、
花を仕入れすぎるだろう。
と十分予想がつく。

そこで、今回は、あらかじめ
イチエッタを募集することにしました。
・・・かしこさが1あがった。気がします。


撮影した作品本体をお買い上げくださる
スペシャルイチエッタ12000円くらい?と、
仕入れ過ぎた花をたたき売る、
いつものイチエッタ5000円との
両方を、募集します。

ともに送料税別です。
もしもしもし、まとめて買うよ!という嬉しいお話があれば
そちらもぜひ、お待ちしております。

撮影日もしくは翌日に発送することになるので、
お届け日は未定です。
1月のみ、撮影日が27日に決まりました。
1年分を、2~6月にかけて撮影していくことになりそうです。

撮影日近くになったら、
あらかじめご応募いただいた方へ連絡し、
受け取れる方へ順次発送させていただく、という形にします。
ご入金はその後で大丈夫です。

スペシャルイチエッタをお買い上げくださった方には、
お礼に仕上がったカレンダーを
お送りさせていただきます。

なお、お送りした作品本体については、
カレンダー発売までSNSなどへの掲載はご遠慮くださいませ。
発売後であれば、掲載OKです。
ここらへんはまた、お申込み時に詳細をお知らせします。

では皆様今日もおつかれさまでした。
もうちょっと仕事しておりますが。働くなあ。
都内はとても静かです。
この時期は一年で一番好きだなあ。


1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回1月6日満席 2月28日13時~です。みなさまのご参加をお待ちしています。

by ichiecd | 2018-12-30 17:41 | carpe diem | Comments(0)
いちえったん
最近こればっかりですが
今日か明日、引き取りか発送で!
メールでお願いいたします。
→完売しました!



1DAY単発 プリザーブドレッスンのご案内

次回 1月6日13時~です。みなさまのご参加をお待ちしています。

by ichiecd | 2018-12-16 09:38 | carpe diem | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
> こずえさん ありが..
by ichiecd at 19:14
初めて書き込みます! ..
by こずえ at 03:11
はじめまして。 あまり..
by merryrin at 22:14
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。