ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
カテゴリ:ギフト( 216 )
秋のギフト ご結婚祝い
a0042928_472154.jpg


しばらくウェディングブーケや会場の装花など、
ブライダルモードの写真が続きそうなので、
ギフトの写真を一枚。

一会では、一般の方の個人ギフトはまだおうけできる体制ではないのですが、
それは店舗ではなく、事務所で少量を受注生産しているため、
色の指定や花の指定をうけにくいためです。
自動的に、おまかせスタイルのみになります。

写真は大阪までお送りした、ご結婚祝いのアレンジメント。



・・・にしても我ながら単調な記事タイトルです。

昨日も、このタイトル欄を、ぼーっと記入していて
翌朝、見直したら、

 「シェアできるブーケ 7シェアできました」。

なぜそんな「甘栗むいちゃいました」的なノリになったのか、
自分でもよくわかりません。
とりあえず書き直しました。
by ichiecd | 2006-10-13 23:34 | ギフト | Comments(2)
衝撃写真  ゆりかごの花 番外編

今日は一会夏季集中レッスン最終日。
本日の2レッスン目のゲストテーブル装花は、
ゆりかごの装花のゲストテーブル。
こちらも、いずれ写真をご紹介しますね。
今日のタイトルはその装花のお話とはまったく関係がないのですが・・・

現在一会での、最遠方の会場装花のコーディネイト事例は、
神戸
その折の新婦様が男の子をご出産という嬉しいニュースと一緒に、
お母様よりお祝いにと、お花のご依頼がありました。

(なお一会では、一般のギフトは承っておりませんが
過去ブライダルの花をご注文くださったかたからのオーダーは
お受けさせていただいています。)

もともと新婦様もお母様も、お花は大好きなご家族、
退院するまでの2週間、病室にずっとお花があるように、
2度、届けてほしいとのこと。

その後退院なさった新婦様が、
わざわざ赤ちゃんとお花のお写真を
送ってくださり、許可を得て掲載します。

a0042928_23422441.jpg


・・・きゃーかわいいですね!


a0042928_23384494.jpg


これはその前の週、一回目にお届けしたお花の横ですやすや。
上の写真の二つ目の花は、男の子ということで
元気でナチュラルなイメージで。
こちらの最初の花は、
「おめでとうございます」という気持ちで、優しい色みで作ったのでした。

一緒に撮ってくださったんだなあとしみじみ眺めてまためくると、
次の写真に小さな付箋がはってあります。
赤ちゃんのゆりかごに矢印がひっぱってあって、
「むむ、このカゴは・・・!」

a0042928_23425412.jpg


・・・こっ
このカゴはっ!

ひとつめのアレンジに使っていた白のアイアンのバスケット。

すっぽり、なんですね。

すやすや、なんですねー・・・。

仰天でした。


 Hくん おめでとうございます。
 ようこそ、この世界(&ゆりかご)へ。



・・・にしても気づけば土曜から納品のあいまをぬって
4日連続レッスン。

暑い最中の4日間、
この秋ご結婚後予定の新婦様、
ブログを見て申し込んでくださったOLさん、
花を触るのははじめてという方から
花屋さん、花屋さんお勤めの方、フリーランスの方などなど、
たくさんの方の花を実際に見ることができ、
いろんなお話ができて、楽しく濃密な時間でした。

またおってご紹介したいと思っています。

ひとまず、みなさま忙しい中、遠い白金までレッスンにきてくださって、
本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-08-30 00:07 | ギフト | Comments(3)
伝える  セルリアのアレンジ
a0042928_0341786.jpg


カテゴリは悩んだ末に「そのほかのお仕事 花を贈る」に
いれてしまいましたが
厳密にはお仕事ではなく私自身の個人的なギフトでした。


なんだか最近立て続けにいろいろあって、
ずっと遠くから見ていても
すこし、大変そうだったので
カードもつけずに花を送り付けてしまいました。



 文もなく 口上もなし 粽五把

  ふみもなくこうじょうもなしちまきごは   服部嵐雪


解説には、端午の節句に友人からちまきを贈られた時の句とあります。

 手紙も口上もなく、無造作にちまき五把だけが届いたのだ。
 後代の蕪村にも似通った句がある。
 「鮎くれてよらで過ぎ行く夜半の門 蕪村」

 (「新折々の歌2」大岡信著 岩波書店1995年)


花だけを贈ってしまうときにはいつもこの句を思い出します。
言葉ではない何かが、伝わるといいなと思う時に
言葉を添えることは、難しく、
ある種、言い訳のようにあるいは呪文のように
この句を反芻しつつ梱包しています。

言葉では伝えられないことを伝えられるといいなと
思うのは、でも過剰な期待かもしれません。


いつも時間がたりない。
この春からのピークにくらべれば
今はぜんぜんましなスケジュールなのに
なかなか仕事ははかどらなくて
ちゃんとゆっくり書きたいメールもただそのまま
毎日があっというまに過ぎていきます。

そんななかで、一瞬流れに棹をさして
出来る範囲ででも、伝えたいことが伝わるように。

そんな花の贈り物でした。

昨日のラマージュさんの続きも
もう少し書きたいと思います。

でも今日はこれまで。
みなさまお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-08-02 23:33 | ギフト | Comments(6)
人を優しくする花を
a0042928_0362162.jpg


落ち込んでいるお友達を元気づけるために
というオーダーで作った、アレンジメント。

元気が出るように。
ほっと、和むように。

ありがとう、とか
がんばってね、とか

あるいは言葉にはならないまま
気持ちはそばにいることを伝えるだけとか、

そういう感情の受け渡しの中間地点に
自分がいて、
自分の手を介して、
誰かから誰かへの気持ちを
リレーのように伝えられる、それが嬉しいです。

花屋になりたてのころ、もうずーっと以前のこと、
たまたま職場の先輩にそんな話をしたところ
「そういう気持ちで仕事するんだったら、
ずっと花屋でいられるかもしれないね、
長続きするかもしれないね」
とちょっとびっくりされたことを思い出しました。
by ichiecd | 2006-07-13 01:16 | ギフト | Comments(2)
ギフト ファレノ「マリンサンセット」
a0042928_22193229.jpg


ギフト続きでもうひとつ。
有名な役者の方の楽屋へ、蘭の鉢のお届けでした。
オレンジとも茶色ともつかぬ不思議なリップ(この部分をこう呼びます)
を持つコチョウラン、「マリンサンセット」という品種。

九州、湯布院近くの日田という小さな村、
そこで一目ぼれして飛行機でお持ち帰りしてきた
手漉きの和紙を、鉢カバー代わりにしました。
でもリボンはフランス製で、透ける素材を2重にして。
カードはプリントアウトですけど、イギリスの
よいカードを使って印刷しています。
このアンバランスな感じもいいかなーなどとこっそり思いつつ、
しかし、気に入っていただけなかったら意味がないので、
お客様からの反応を待つ数時間~数日は、
いつもながらにスリリングです。


翌日に、ご注文主の方からいただいた長い御礼のメール。
花が気に入ったこと、ラッピングもよかったこと、カードまで
ちゃんと気づいて褒めてくださって、
その末文に、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お金を儲けたいお花屋さんと、
綺麗なお花を作りたいお花屋さんと、
相手の気持ちを想うお花屋さん。
世の中の人はみんな最後のお花屋さんに
出会いたいんだと思います。有難うございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という一文に、思わず、うっと胸が詰まり、
今日のブログ記事にしてしまいました。


ちなみにもうひとつ、
昨日のギフトの記事にアシスタントのキヨハラさんから
メールが来まして

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もう!コンニャロ!! セルリアめ!!
かわいいったらありゃしないぞ!!

って感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですか。
それはよかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それにしても、私ってスゴイバカ。
栗使ってるの!!??? 隠れアイテムに栗を使うとは!
それにしてもどこに栗が隠れてるんだ?と
近づいて写真見てみたけど、見当たらない・・・
って思ってたら、粟だった・・・。 

それにしても、もうヒマワリの時期ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういう場合、講師としてまた上司としてどう返事をしろと?

最後の強引な話題転換にもしびれました。


なお、「キヨハラ」さんはコードネームです。
ひとえにあの清原選手の押しの強さに感じが似てることから
きています。
アシヤマ(ちなみにこれもコードネームです)いわく
「どうやったらあんな強いキャラになるんでしょうか」。
しみじみつぶやきたくなるその気持ちはわからないでもない。

リボンを選べばすぐゴールドとか紫とか持ってくるし、
なんでそんなに派手な色を選ぶのだ。
一会の床が汚いと一人でさっさか掃除しちゃうし、
私の予算超過には鋭くチェックが入るし、
一会の「影の番長」はこの人です・・・。

でもそんな清原番長の話をしたところ
ある新婦様には「そんな楽しい話を聞くと
一会さんにお伺いするのがますます楽しみです」と
うけたので、これも一興かとご紹介してみます。

夏、ヒマになるころには一会のアシスタント紹介でもしましょうか。。。
by ichiecd | 2006-07-07 22:43 | ギフト | Comments(0)
ギフト 季節の花の詰め合わせ
a0042928_233986.jpg


事務所のご移転の御祝。

とってのついた存在感のあるアイアンバスケット、
以前雪うさぎのギフトにも使ったことがあります。
(念のため、「雪うさぎ」は一会が勝手につけた
バラのあだ名です。ほんとは「トワカップ」といいます。)



赤い実はビバーナムのコンパクタ、
スモークツリーと粟を埋めに使いつつ
2色のひまわり、それにいい色のバラをあれこれ。
ロマンティックキュリオッサ、ハロウィン、ミスティックとベンデラ。

季節の花の詰め合わせ、・・・AJINOMOTO、
とか続けたくなるフレーズながら
好きな花をてんこもりでつかえて楽しい製作でした。
お届けしたスタッフがいうには、こちょうらんだのなんだの
山ほどお花が届いていたそうで、
ちょっと地味だったかな、大丈夫かなあと心配していたところ、
さっそくお届け先から送り主さまへ、
大喜びのお電話があったそうで、よかったよかった。


a0042928_23391481.jpg


セルリア
かわいい。

このなんとゆーか怪獣っぽいかわいさときたら、そりゃもう。
好っきやねんと呟きたくなる、というと
アシスタントさん
「か、怪獣?っぽい?のが、かわいいんですか?」

・・・いいんです。
共感されないのは慣れてるもん・・・
by ichiecd | 2006-07-06 23:58 | ギフト | Comments(4)
母の日ギフト2006年
a0042928_21461651.jpg


母の日のギフト、7000円(送料税込)のギフトです。


a0042928_21463490.jpg


左の写真、座布団の上に(!)載せて、携帯で撮影してくださった方は、
当時、ご披露宴を控えていた新婦様。
『花時間』のユリのブーケを見て一会のサイトを見てくださったとのこと、
遠方にお住まいでブーケなどはオーダーできないものの、

「実は13日が結婚披露宴なのです。

気恥ずかしくて「親への手紙」なんて絶対やらない!
と決めているのですが、
その前に母の日の花束が届けられるのであれば、こっそり、
今までありがとう、これからもよろしくお願いします、
と伝えようと思います。
一会さんの素敵な花束にきっと母も喜んで、
これまでかけた苦労の5分の1くらいは
水に流してくれるのではないかと(笑)
甘い考えでおります。なーんて。」

というオーダーのメール。これでさえちょっと、胸にきそうなのに、
後日メールを頂戴して、これも嬉しい内容で、
許可をいただいて掲載させていただくことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


すっかりお返事が遅くなりましたが、母の日のお花、
無事に届きました。
本当にとっても素敵でした!ありがとうございます。

家の玄関を入ったところに、
届いたばかりだったらしい一会さんからのお花が飾ってありました。
淡いピンク色が目に飛び込んできて、すぐに、
あ!これは一会さんのお花だ!!って思いました。
母も喜んで、すぐに箱から取り出して、
いつも大きめの花瓶を置いている場所に飾っていました。
すごく変わった色合いなのね、素敵ね、と絶賛しておりました!
カードも手書きでつけてくださり、ありがとうございます。
披露宴でやらなかった”母への手紙”の代わりになりました。
このまま披露宴会場に飾りたいくらいだわ、と、
本当に持って行きそうな勢いの母でした(笑。

あこがれの一会さんのお花、充分楽しませていただきました。
写真ももっといっぱい撮れば良かった……
あまり上手ではありませんが、
携帯で撮った写真を一枚送ります。
嬉しくて、友人に見せて廻っています(笑。

自分の披露宴も無事に終わって、
ブーケや装花のことであれこれ悩み巡らせていたことが
もうずっと前のことのようです。
でも、一会さんのブログを拝見すると、素敵なブーケが沢山あって、
いいなぁいいなぁいいなぁ!!とうっとりしてしまいます。
本当に素敵なお仕事ですね。
これからもそのお仕事のご様子を垣間見れることを楽しみにしております。

長くなりましたがこのへんで。
素敵な母の日を、ありがとうございました。
また何かご縁がありましたら幸いに思います。
これからのご活躍をお祈り申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嬉しいご縁のメールでした。
何度も読み返してしまいました。
本当にありがとうございました。


そして、中央のお写真も、
同じくお届けした方からいただいたお写真です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日お昼頃お花が届きました。
私の実家の母にも届いたようです。
どちらも、こどもが沢山いるので、毎日色々なお花等の
贈り物が届いて、まるで花園にいるようだと喜んでいます。

思い切って?頼んで良かったなと思っています。
優しく、素敵な色合いですね。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの方も遠方で、気を使ってくださって
少し多めにお振込みをいただいてしまって、
なので少しだけバラを多めにしています。
今回、ブログに掲載してもよいですか?というメールの
お返事に、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


母の日のお花はほんとに素敵な雰囲気で我が家を
飾ってくれました。
こんな活け方もあるんだな~って、じ~と見つめたり
そこにお花があるその雰囲気を楽しみました。
実家の母はさらに私より田舎者なので、都会的な?やさしい
感じのお花に感動していたようです。
いつもはユリのお花だけだったので・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもはユリの花、と書いてあるのは、
ユリの生産者さんでいらっしゃるからです。

実は、滝沢種苗の滝沢様からのご注文でした。
あの「ゆきのひかり」でのやりとりからこうしてご縁をいただいて
なんだかなんと書いていいか。

http://www.takiyuri.com


ユリのブーケを見てご注文くださった新婦様と、
ユリを作っていらっしゃる生産者様。
なんだか不思議な符号のようで、並べて掲載させていただきました。

たくさんのご注文を、本当にありがとうございました。

なお、商品の発送には万全を尽くしておりますが、発送には
万一なにか不具合があったらとどきどきします。
実は今回、お一人よりバラに小さな虫がいたというご連絡を
いただきました。すぐに代品を発送させていただきましたが、
こういうお話が、もしもありましたら
お手数で本当に恐縮なのですが、どうぞご一報ください。
お日にちがたっていても、ご遠慮なくおっしゃってくださること
のほうが、ずっと有難いことですので・・・。



最後の一枚はプリザーブドフラワーのボックスギフト。

しかしわずか1ヶ月前だなんて、とうてい信じがたい気がして
今カレンダーを2回数えてみて、手帳もボールペンでつつきながら
見直してみて、ただ呆然とします、半年は前、という気がする!

しかしそれより恐ろしいのは、
2006年が半分終わりつつあるという事実でしょうか。・・・
by ichiecd | 2006-06-18 22:17 | ギフト | Comments(0)
母の日ギフト発送のお知らせ
一会母の日ギフト生花およびプリザーブドは
本日発送しました。

昨日発送分の第一弾は、本日お届け予定です。
プリザーブドはほぼすべて、明日到着予定です。

東京が昨日おととい、お天気が悪かったので、
プリザーブドは今日お天気が回復してから発送としました。
ご注文を本当にありがとうございました。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2006-05-12 20:47 | ギフト | Comments(0)
母の日ギフトおよび27日受注締切のご案内
母の日ギフト受注締切のご案内

すでにブログ上ではご案内しておりますが、
2006年一会母の日ギフトはご好評をいただき完売しております。
お申し込みを、本当にありがとうございました。



27日の装花・ブーケ ご注文受付終了のご案内

5月27日土曜日の、ウエディング装花、
およびブーケのお申し込みにつきましては、すでに
ご予約でいっぱいの状況で、
受付を終了させていただいております。

慶事ですので、一会では原則、ウエディングのお申し込みを
こちらからお断りすることはないよう努力しております。
が、この日は非常にたてこんでしまい、
かつ現在も、お申し込みのお問い合わせが絶えないため、
ひとまずご案内さしあげます。
大変恐縮ではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2006-05-09 23:58 | ギフト | Comments(0)
2006母の日ギフト 受注締切のお知らせ
母の日ギフトは好評を頂きまして 本日24時までのお申し込みまでで
販売終了とさせていただきます。
おもうしこみの詳細はこちらの記事を・・
(なお5000円の生花ギフトは完売しました。)
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2006-04-27 10:18 | ギフト | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。