ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
2009年 05月 13日 ( 1 )
ブーケ プリザーブドラウンド クランベリーと切り返し
ブーケ プリザーブドラウンド クランベリーと切り返し_a0042928_2336040.jpg


赤のブーケ、これはプリザーブドで

色の表記は
クランベリー、チェリーブロッサム、セピアピンク。
挿し色にする
ヘイゼルナッツの茶とラベンダー紫のカーネーション。
札幌まで宅急便でお届けしたものです。


きりかえす、
という単語を最近よく思い出します。

それはもう思い出せないほど遠い昔、
運転免許の教習所で、ベテランらしい年配の講師が
ビデオを見ながら解説していた中に出てきた一言。

いわく、車をこする時はたいてい法則がある。

危ないかな、と思った時に
まあいいやと考えてあるいは何も考えないで
アクセルを踏むから、こすってしまう。


危ないかな、と思った時に、
まあいいやと思わずに、ブレーキを踏んで
切り返しをすれば、こすらない。

それだけのこと。


でも今も、その言葉をときどき思い出します。
自分自身もアシスタントさんも、
なにか小さなくだらないミスをする時は
たいていまあいいやと思ってそのまま踏み込んでしまうときです。
結果、より傷が深くなってしまう。

なんかあんまり良くないな、やばいかな、
これで大丈夫かなと思ったときに
一度ブレーキを踏んで、
どうせやり直すのならきちんとやり直さないと、
余計に後から困ります。


という、自分の中の黄金ルールを踏まえて
作ったブーケでした。

万全でことにのぞめることなどはありません。
いつも寝不足だったり風邪をひいていたり、なにか
いらいらしていたり、仕入れがうまくいかなかったり、
道が混んでいたり、誰かとけんかしたり

いろんな不具合がある中で、
それでも粘って、少しでも、よいと思う形に
近づけていくこと。



私の作るブーケは、ただ単に丁寧なだけです。
同じように丁寧な作業を積み重ねさえすれば
どんな人でも作れます。センスは要求されません。
昔の人の工芸品でよくあるように、
名工の細工ではないけど、何度も手を重ねた
その作業でできる花なんです。



今月の一会のレッスンもそうでした。
昨日のレッスンでは上手に花束ができるばっかりに
かえって難しくなり、それでも粘って粘って、
そうして完成させた生徒さんがいました。
今日のレッスンでは、きた時はへとへとに疲れていたのに
手がけるうちに少しずつ集中できてきて、
最後はとても元気になってくれた、生徒さんもいました。

きりかえす、ということ。

たとえば野球でミスをする選手に、
このミスを引きずらないで
気持ちを切り替えて、と簡単に解説者が言います。
でも、それに似ています。



はい、地味ですとも。

地味で何が悪い。(ひらきなおり)



では、皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-05-13 23:55 | ブーケ


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
その他のジャンル
最新の記事
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。