ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
2006年 02月 14日 ( 1 )
南フランス ミモザと海
南フランス ミモザと海_a0042928_148970.jpg
南フランス ミモザと海_a0042928_1481951.jpg
南フランス ミモザと海_a0042928_1482691.jpg


ミモザは6分から7分咲きでした。
一週間後にきっと満開だから、明日東京に帰って
また来週こなくちゃ、と笑いながら言ってくださる言葉を聞きつつ、
それでも私は、自分にとっては、
ちょっと言葉でいえないくらいの思いでした。

以前書いたように、ミモザは好きな花のひとつでした。
いつも漠然と思うのは
ミモザごしに春の日の海を
ながめている光景。

ただなんとなく、というイメージに過ぎなくて、
そういうイメージを抱いていたことさえ忘れていたのですが
今回こうして、ミモザの花と、春の光の海を
本当に、目の当たりにして
こういうこともあるんだな、と
なんだかしみじみ思ってしまったのでした。

ミモザを、まだ浅い春の日、
南仏の海を背景に
実際に見る日がくるなんて、思いませんでした。

そのとき自分が花の仕事を、
自分の名前でやっていて、そして
年に二回もフランスに行くなんて、思いませんでした。

来年の今頃、再来年の今頃、
3年後、5年後、10年後はどうしているだろうと
それでも毎日、思います。本当に。
2人の先輩には笑われて
そして元気付けられてしまいましたが
やっぱりどうしても、いつもそう思います。

だから今やれることを、ちゃんと丁寧にやろうという
毎度の結論でまとめてしまいますが、
でもそうして毎日を積み重ねていく先に、
またどこかでいつか
南仏のミモザを見ることができるような日が
本当にくるのかもしれません。


一番上の写真は、Oご夫妻、その奥様に抱えてもらったミモザの束。
華奢な身体に抱えられた束がきらきらと光って、きれいでした。
2番目の写真は有名なサントロペ近くの海岸でのミモザ。
そして3番目はサントロペのある邸宅前の写真です。


にしても、今日はブーケコースのレッスン日で
あらためて皆さんとつくづく話しましたが
ブログピンチヒッター、ほんとに面白かったですね。
おってコメント書きますが(とさりげなく明日に延期をにおわせつつ)
またゼヒゼヒやりましょうね。
・・・ね?
by ichiecd | 2006-02-14 23:47 | carpe diem


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
その他のジャンル
最新の記事
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。