ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
2005年 12月 25日 ( 1 )
バラのリースの手土産

バラのリースの手土産_a0042928_0182238.jpg

バラをたくさんあわせて作った、生花のリース。
先日のレッスン以来、私もちょっとマイブーム気味・・・。

夕方までにせっせと仕事を片付けて、
ひさびさに夜はオフにして、郊外にある友人の家へ。
その手土産として作りました。

ちょうど、ブライズの渡辺さんから
「うちは今年はもう終わりだからさ、
花、あるから、とりにおいでよ!」という
有難くて嬉しいお誘いがあり、
どっさりと花をいただいたところ。
花の世界で大先輩にあたる
ブライズさんには、
グルーガンのスティックを借りたり
市場からついでに花をとってきたり、
あたかもミソとショーユの物々交換状態、
ご近所づきあいをさせていただいています。

渡辺さんのお花は、本当に繊細でかわいくて、
私自身もファンの一人です。
またご自身もとても優しい方です。
いつもお世話になりありがとうございます・・・。
(と、こんなところで御礼を書いてみる。)

そこで、このリースはいただいたバラも
多くまぜて製作しました。



さて、クリスマスにうちで夕飯でも、と誘ってくれた
Cさんは学生時代からの友人。
毎日仕事しかしていない私を気遣って
時々、こうしてひっぱりだしてくれます。

一会として独立したのは2000年の夏。
何の後ろ盾も貯金もないまま、なんとかここまで
フラワーデザイナーとしてやってこれたのは、
こうした有形無形の、たくさんの、あまりある支援が
あったからこそ。と、ココロから、思います。

今、一会として、頭があがらないなあという人は
多くいますが、Cさんもまごうかたなきその一人。


とても美味しい手料理を前に、
ブログに載せていい?とカメラを片手に聞いたら

「え、衝撃の全世界デビュー?」

という答えに、思わず笑ってしまいました。
そう、ネットを通じて全世界に初の大公開デス。

バラのリースの手土産_a0042928_0183590.jpg

バラのリースの手土産_a0042928_0182857.jpg


でも、美味しそうでしょう?
美味しかったのです。
それ以上に、あたたかい気遣いが
ただ嬉しくて、帰りの電車の中でも
今日の食卓を、郊外の駅の空気を、窓からの景色を
ただぼんやりと反芻するばかりでした。

なぜ毎日ブログを書くのか、は、面白かったよ」。
そう言ってくれたのですが、
それに書き忘れた理由がもうひとつ。
日ごろ、つい後回しにしてしまう
友人へのメール、電話、御礼の気持ちを
どこかで書けたらいいな、と思ったからでした。

Cさん楽しかった。ありがとう。
by ichiecd | 2005-12-25 23:46 | ギフト


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
その他のジャンル
最新の記事
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。