ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flower-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
装花コース ゲストテーブル ベルと手のひらサイズで
装花コース ゲストテーブル ベルと手のひらサイズで_a0042928_0582823.jpg



今月のウエディング装花コース。
今回のレッスンは、ゲストテーブル装花です。
会場装花の中でも要となる部分、
2段式のスタンドに、
ベルかトリカゴか鈴かを選んで吊り下げるスタイルで製作。


装花コース ゲストテーブル ベルと手のひらサイズで_a0042928_141161.jpg


左がベルの人、右が鈴の人です。
鈴の中には、コリンゴが。かわいいです。

これでコリンゴが赤ければカンペキだねー、って
確かレッスン中に3回くらいしつこく言ったような気がします。
すみません。年寄りなものですから。


装花コース ゲストテーブル ベルと手のひらサイズで_a0042928_1104793.jpg


さらにこの装花のほかにもうひとつ、
手のひらサイズのミニゲストテーブル装花を
自由なアイディアで作ってもらいます。

見本を作って花を用意してさあ長さは何センチで、というのではなく、

「花は、自分で加減と配分してくださいね」
「かっこよければそれでいいので」
「土台もどうするか自分で考えて工夫して」
「できればなんかありきたりじゃないもので」



相変わらず講師、言いたい放題です。

でもそのほうがうまくなれると思うのだけど・・・。

たまに、スクールの問い合わせに
「お免状はありますか」と聞かれるのですが、
一会では、ご用意しておりません。
一時期はそうしたご質問に答えるべきかどうか
悩みましたが、今は当面このままでいこうと思っています。


スクールの生徒さんもすでに
開講以来数年目という方もたくさんいて、その場合
同じ「ゲストテーブル」、同じ「キャスケードブーケ」を
すでに3度目だったりするのですが、
もちろんベテランの方には別のメニューを用意していたりもしますが、
でもたとえ同じ季節で、同じバラでも、
それは同じ花ではありえません。


ショートカットは存在しない、と思うのです。
言葉で説明できないこと、伝えられないことは、
ただ手を積み重ねてはじめてある日、
自らの手の平の中で
氷解する一瞬を待つほかない、そう思います。



装花コース ゲストテーブル ベルと手のひらサイズで_a0042928_16141.jpg



ピンポンマムを生かしての作品。
やるなおぬしというべきか、かわいいですね。
最後に隣のグラスを加えて、ちょこっと手助けしました。

「なんでそんなにアイディアが出てくるんですか」という
賞賛の声はもっと頂くとして
アシスタントRさん
「あ、すぐに忘れるから新しいアイディアが浮かぶんですね」というのはどうか。
アシスタントNさん
「センセイの場合、記憶力がないのは寝てないからですね」というのは
いかがなものか。

砦のラーメンかえしてください。と書きかけて
そうだ、この日はワリカンだったんだと気づきました。なんかくやしいです。
by ichiecd | 2006-09-22 01:27 | ブーケ&装花スクール
<< 捨てるような花 なげいれ 初秋 タデと杜鵑 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンお問い合わせ
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d55fb714a498dd2



*
宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。