ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:花 ( 642 ) タグの人気記事
おばあさまへ 扇の花のギフト
a0042928_20201440.jpg



一会で定番にしている、
プリザーブドフラワーの扇ブーケのようですが、
実はブーケではなくて、
花嫁様からおばあさまへのプレゼントの花。

大好きなおばあさまのために
奮発したいからとメールをいただいて、
特別におつくりしました。

優しいお気持ちの花嫁さま。
素敵な方のまわりには素敵な方が集まるのだ。。。と
納得してしまいます。
このときの花嫁様からも素晴らしい
お写真をたくさんいただいたので、
おってご紹介できれば、と思います。




4月に入りました。
市場の動向が読めなくて、今朝は珍しく早々と市場に出向き
わしわしと花を買い集めていたら、
ある顔見知りの花屋さんが
おもむろにそこにあった新聞を折りたたみ、
「喝!」とかなんとか書いてある広告面を
私に差しだして一言、

「一会さん、これ車に貼っとかなきゃ。
めっちゃ気合い入れて花買ってるじゃないですか!」

・・・
むきーーーーーっ!

久々に、多めの仕入の日で、
テンションがあがってたところを
見られてたらしいです。

まあそのとおりです。

何度か書きましたが
たいした物欲はないけど、花は欲しいのです。

「この棚のピー全部いただくわ」とか、
「リップ、そこからここまで全部包んでくださる?」とか、
ぱちんとバッグを開いて、言い放ちたいわけです。
言い放てないので、
市場を歩くこと、毎回軽く一万歩。
自分の場合、本当に必要ぎりぎりの花しか発注しないで
すべて目で見て選んで仕入れるので
ますます時間がかかります。
その分、少しでも安くて少しでも良い花を
相当に、吟味している所存です。
(ちなみにピーとはスイートピー、
リップとはチューリップの略称です。)


しかし、やっぱり花はいいなあ。
と、思う。


東京は、桜があちこちで咲き始めました。
早く東北にも春が来ますように、
そうして今年ばかりはどうか花冷えの日が
あまり多くありませんように。


では皆様今日も、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-04-01 20:42 | ギフト | Comments(0)
春 フィレンツェ4 
a0042928_16565014.jpg


今回、なんでフィレンツェにいったかというと。

a0042928_1657380.jpg

随分前に読んだこの本*で、
ボッティチェルリの「春」には
何百種類もの花が描きこまれていて、
かつその多くが、実際にフィレンツェの春に咲く花だ、
と知って以来、ずっと長い間、
一度本物を見てみたかったのでした。

本当は、4月に行けば本当に花が咲いている光景も
見られたのでしょうが、そういうことを言っていると
いつまでたっても行けないので、えいやと行く。

描かれた植物の中には、
実際には花と葉が一致しないものも
多く、摘んできた花を写生しつつ、
想像や手近にある葉を組み合わせたのだろうと
いうことです。

なんというか時々緻密で時々雑。
しかし、花という名の花はない、ということと、
どこか通じるような気がします。

描かれているのは春、
描かれているのは花。

a0042928_16571233.jpg


2月、まだ芽吹く季節前のフィレンツェで
陽の当たるこの斜面だけが、
一足早く春でした。


東京も今日は良いお天気です。



*朝日新聞日曜版「世界 名画の旅3」イタリア編
by ichiecd | 2011-03-30 17:06 | carpe diem | Comments(1)
新郎新婦様からのメール つながる夢
a0042928_15225953.jpg


 「はい」という小さな声が聞こえてきそうな一枚。


昨日ミニブーケを買いにいらしてくださった
去年の新婦様が、自分の一番気に入った写真ですと、
送ってくださいました。

姪っ子さんはすごく人見知りで、
なかなかなついてくれなくて、
それがこの日やっとうちとけてくれて
ご新郎さんは、とてもうれしかったのだそうです。

a0042928_1523876.jpg


集めたブーケを、花嫁様にお渡しする
笑顔も本当に嬉しそうで、と新婦様が話してくださいます。

実は、このお二人は
数年前に一会のブーケをもってくださった
新郎新婦様のご兄弟でした。

それは、このときのカラーの方です。
http://ichiecarpe.exblog.jp/6960110/



a0042928_15231627.jpg


この写真は、挙式後に
その最初に数年前に一会のブーケをもってくださった
お姉さまからいただいたお写真です。


本数が増えたカラーの花が、
同じ場所同じ器なのでしょうか、
そこに飾られていることに
胸がつまりそうです。


ではみなさま今日もおつかれさまでした。。。
ってむろんまだ仕事しますが、
このあとは外出してしまうので早め更新を。
by ichiecd | 2011-03-24 15:34 | 会場装花 | Comments(0)
ミニセルリア カルメン 生花のリングピロー 
a0042928_1433218.jpg



花で作るリングピロー。

中央の赤い不思議な花は、小さなセルリア。

・・・
・・・
・・・
っくーーー


かわいーーーーー!

このミニセルリアのわっか部分にリングをかけられるように
仕立ててあります。
通常セルリアという花はもう少し大きく、
ほのかにピンク味を帯びる程度の白い色でそれはセルリア フロリダ、
こちらはカルメンという品種。

私があまりにもプリザーブドフラワーのセルリアについて
語っているので、まれにこのブログを読んでくださった花嫁様から
「セルリアって生花でもあるんですか?」と聞かれますが
生花のほうがむろん、メジャーです。

元来セルリア好きなもので、そのプリザーブドフラワー加工を
南原農園さんにお願いしたのが
セルリアのプリザーブド誕生のきっかけです。
そしたらプリザーブドに変身したセルリアがこれがまた
まったく別のかわいさが生まれておりまして
なんていうかさーと語り始めると
夜があけるので、
とりあえず昨日の穴を埋めてしまえという姑息な翌日更新、
本日分はまたのちほど。



原産地のケープ岬@南アフリカに行くのは
長年の野望ではあります。
by ichiecd | 2011-02-13 19:31 | 会場装花 | Comments(0)
素敵なブーケの作り方 春の花のレッスン
a0042928_0392896.jpg


2月の一会定期スクールの題目は
チューリップ、あるいはラナンキュラス、あるいは春の花の
セミキャスケードブーケです。

来週15日13時からのレッスンに、空席があります。
花材は8400円、レッスン料は2100円です。
お申込みはこちらまで
http://form1.fc2.com/form/?id=547372
なお夜19時からのレッスンも若干名空席があります。



写真は、昨日今日のレッスンに参加してくださった方の一枚。
「自分で言うのもなんですけど、素敵な色!」と
とてもとても楽しそうに作ってくださいました。

自分で花を選んで、自分で考えて作るセミキャスケードブーケを
みなさんわずか2時間足らずで完成させて帰っていきます。
素敵なブーケの作り方は、
とどのつまりは、
自分が今日、いいと思う花を
自分で、いいと思いながら作ることではないかと思います。



基本的にその月のすべてのレッスンが終わるまで
このブログでは紹介するのを控えているのですが
今回は、ちょっと例外で。


春の花は、やっぱり格別です。

春の色は、やはり特別だと思う。





ずっと以前、仕事にあまりに根を詰めすぎたころ、
自分は一度心棒をぱっきりと折ってしまったことがありました。

そのころは、花を見ても心が動かなくて、
市場でふたつの花を手にとっても選べない、
選べなくて途方にくれる。
花を見ても心が動かない。

一会という花屋を開いたのは別に自分の夢だったわけではなく
やむを得ず独立したもので、それなりに覚悟は決めていたものの
当然、いろんなことにでくわします。
泣くほど悔しいことなんかそらもう山ほど。

しかしこんなにすべてを注ぎ込んできたはずの花を見て
自分の心がまったく動かないということは、
そうしたあれこれ起こる日常の問題、「これがうまくいかない」と
いうような次元の話とはまったく違う、
とにかく、とほうもなく、根源的に辛いものだ
ということを、その折に身をもって知りました。


だから今、こうして春の花を見て、
わあきれい、わあかわいーと思うことが
どんなにか嬉しくて有難い、ことなのか
つくづくと思います。
好きなものがあるというのは、ありがたいことだ。


そういうわけで年に一度、この季節は、
春の花でレッスンを。


つまりはこれも
冬来たりならば春遠からじ。
ということなのかもしれません。
「明けない夜はない」、

そんなどこかで聞いたような言葉を
まるで今一度、指でなぞるかのように、
すっかり開ききったチューリップの透き通る花弁を、
今日ここでまた、見ています。




では皆さま今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-02-09 22:56 | ブーケ&装花スクール | Comments(2)
梅とパトラッシュ
a0042928_1383822.jpg


先日申し述べました通り、
一会のメインパソコンが不調でして
・・・ ねぇ? と同意を求めてごまかしつつ

とりあえず

 梅一輪 一輪ほどの 暖かさ
                   


(・・・誰だっけ?
かつあとでちゃんと仮名遣いなど
調べてなおします!)

 ↑ 調べました。
作者は服部嵐雪(はっとりらんせつ)でした。

ちなみにこの梅は、パトラッシュ。
という名前だそうです。

・・・ネーミングって難しいですねー。
by ichiecd | 2011-01-04 22:38 | carpe diem | Comments(0)
薔薇に棘
a0042928_23492738.jpg


きれいなバラにはトゲがある♪
と、この写真を加工しながらあらためて
納得しました。

現実逃避中です。

(なぜ文末が♪なのか
解らない方は気になさらないでください。
解ったかたは続きを歌ってください。)


ということで、
適当なおフランスのバラ写真を掲載して
ごまかせ修羅場モード!
今日もおつかれさまでした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-08-28 23:52 | carpe diem | Comments(0)
草花の花束
a0042928_1004053.jpg



ひとやすみ中です。。。
by ichiecd | 2009-11-27 23:59 | ギフト | Comments(0)
ブーケ 砂漠の水 ラビュットボワゼ様へ
a0042928_22231477.jpg


それは、まるで古城のような
言い表しがたい色のドレスでした。
ベージュとか紅茶とか一言ではいえない。
どんな色のブーケがいいか、
迷いながら新婦様が選んだのは、
デザートというバラ。
花の中央が砂漠の砂のような、不思議な色をしています。


たぶん同じドレスでも、これが
ホテルだったらまた違うブーケを作ったと思うのです。
でもあのラビュットボワゼ様へのブーケで、
このドレスで、この秋の深い日に、
この色のブーケで・・・と
迷って、自分の中では決断をして、お届して、
でもあまりに微妙な色ではあったので
やっぱり不安でした。
気に入っていただけたかどうか。

新婦様から嬉しいメールをいただいて、
とてもとても安心しています。



それは、この夏にいったモロッコの、
砂漠の上の空、砂漠の中の水の色です。

(「ね、そういう経験も生かされてるでしょう?」、
などと声高に主張しているわけではありません)
(「で、だからこの冬もどっか行かないとダメなんで」、
とか姑息な根回しなどは、ましてや、けして。)

砂の上につけた自分の足跡は
ぼかしも消しもできない事実で、
でもまたこの先、広がる砂丘の上をどう歩いてもいい
というのも、たぶん、本当にそれもそうです。


では皆様今日もお疲れ様でした。
ありがとうございました。

装花写真はこちらです
http://ichiecarpe.exblog.jp/9241369/
by ichiecd | 2009-11-12 22:34 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ 青いあじさいを束ねる
a0042928_19464366.jpg



もうすぐ6月、
もうすぐあじさいの季節、
もうすぐ、2009年の半分です。



アジサイのブルー、
アジサイの青、
天空の青、
アジサイの水の光、
紫陽花という光、
紫陽花という色。



それは、金色のドレスにあわせたブーケでした。

(どうでもいいけどこのばあい
こんじき、と読んでほしいのです。
どうでもいいですか。
そうですよね。
おつかれさまです)






 代官山を逍遥して探したパスタ、
 クリスマスのリース、
 これから夏なのにテーブルに取り散らかす
 ドライナッツやシナモンや金銀の天使。






あっというまに半年が経ち、

またあっというまに半年が経って、

でも今年もまた今日は今日だけの一日。



えーっと・・・


目の中がぐるぐるです。


トリアタマっす。



では皆様今日はもうこれにて、
お疲れ様でした。


カメラレッスン、
早速のお申し込みとお問い合わせを
本当にありがとうございます!
詳細はまたおって!(そればっかり)



で、どうでもいいですけれど、
先日レッスンにいらした生徒さんが
折れた花首を一輪手の平にのせて、
 これはセンセのバラ風呂に~♪
と、笑顔で渡されました、
むきーーーーっ!

今日はバラじゃなくてバブをいれて
で、寝よう、と思います・・・
by ichiecd | 2009-05-26 20:03 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。