ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:花 ( 614 ) タグの人気記事
風船かずら  今日、いろいろ
a0042928_0281073.jpg


小さな宇宙をとじこめたみたいな
不思議な緑。
ふうせんかずら。


今日は一会スクールの日で、
生徒さんに「で、結局どこに旅行に行くんですか」と
言われて答えにつまります。
あの、実は、まだ七転八倒中なんです。

今日の定期スクールのテーマは、
プリザーブドのアクセサリとアレンジメント。
フラワーガール用のリストレットと、ヴェールと、
バックコサージュ兼リングボーイ用のミニブートニア、
そして自分で選ぶアレンジ・・・
なんかいろいろお伝えしたくて
欲張りすぎなメニューかも。。。

しかし、皆さまそれぞれかわいかったです。
時間がかかる、という方は丁寧な仕上がりだし、
雑だけど、とはにかむ方は手が早い証拠です。
ご自分の得意なところを伸ばせたら
いいのだ、と思います。
何度でも伝えたいのですが、私は皆様お一人ずつの花は
それぞれの方だけの花だと思いますし、
それはやっぱりかけがえのない花です。

しかし、生徒さんに事務ほんとにキライなんですねと
笑われてしまった・・・・!
そうなんです。
でも、少しでも興味をしめしてくださる方の、
その「まあ困ってるみたいだからちっと助けてやるか」
という、そのお気持ちに救われたり
励まされたりするものなのです。
結局そういうものなのかもしれません。



a0042928_0283919.jpg



先日、ある新婦様の姿に見とれて横から撮っていたら
こちらに気づいてにっこり笑ってくださいました。

毎日いろんなことがありますが、でも
困ることも悩むことも、
その笑顔で全部がけしとんでしまいます。

だから花の仕事を今日もしているのかも。


いろいろ、まとまらなくて恐縮ですが
というにはあまりにいつものことですが、
ではみなさま、今日もほんとうに・・・・
お疲れ様でした!!!
by ichiecd | 2008-07-09 00:41 | carpe diem | Comments(0)
シェ松尾松濤レストラン様の装花 6月に 結婚式の花
a0042928_2145988.jpg


6月、最後の日曜日の結婚式、
今日は雨の中でした。
ジューンブライド、という言葉と一緒に
せっせと撮る写真。

装花のお仕事の場合には、たいてい
何時から何時まで、と時間がしっかり決まっています。

装花も最終の手をいれたい。
雨なら写真撮影の場所も変わるので、
その雨の中の構図、花の効果を少しでもよくしたい。
美しすぎる新婦様に見とれたり、
これも記念になればと、隠し撮りしてみたり。
あいまに、ウェディングプランナーさんへの相談、
カメラマンさんへの問い合わせ、
サービスの方へお伝えすべき情報、
アシスタントさんへ頼んだ仕事のチェック、
あれもこれもやりたい。
掃除も!気遣いも!急いで!きちんと!
もっともっと!

a0042928_292117.jpg


時間に追われる中、撮った写真は
ちょっとぼけてしまってたりします。


a0042928_2152158.jpg



こちらは再びトップの写真、祭壇装花の30分後。
一枚目となにが違うかというと
背景を片付けています。
それで再度撮り直してみた写真。
この30分の間に、
そんな瑣末ないろんな努力を
繰り返していたりするのです。



しかし、実は、昨日の記事を書きながらも
ふと思ったのですが、
「特にそこまでは、求められていないんじゃないか、」と
迷ったりもするのです。

もちろん、最初から花も写真も
一発で決められればいいのですが
そこはまだまだ修行が足りず、
毎回、七転八倒します。


でも、この一会ブログを読んでいて、

 別にそこまでしなくていいから、
 もっと安かったらいいのに。

という場合も、きっと、あるんだろうなあ。と。



ずっと昔には、格安で、
メールオーダーのブーケを販売していたことがあります。

ミニラウンドブーケとミニブートニアのセットで
18900円也。

ただし、直接の打ち合わせは無しです。
メールのみ。
花の指定、無し。
色と雰囲気のみで、私におまかせいただけることで
打ち合わせの手間を省いて安くできるのではないか、
という試みでした。
どちらにしろいつも余るほど花を仕入れるわけだし、
少しその予備を増やせばいい、
そしたら「低予算でブーケを」というご注文にも応えられる。



実は、このブログにも、
いくつもそのメールオーダーブーケが載っています。


なんどもなんども、「安すぎる」と
スタッフにあきれられつつ、そのプランを続けていました。、
その格安ブーケの注文も、また楽しかったから。


最初は、「予算がないし、花なんてなんでもいい」と
申し込まれたお二人が
結婚準備中にこの記事を見て、
いろんな花嫁さんの笑顔を見て
こだわりが出てきて、花っていいねと感じてくださって、

「結婚準備は大変だけど、記事を見て癒されます」
と和んでもらえたりします。

「やっぱりどうしてもこのブーケが持ちたいから」
「自分のお小遣いから出すことにしますから」
と、最後に、思い切って、
予算をあげてくださったりします。

「こうして結婚記念日を迎えたので」と、
現在のお二人の写真が届きます。



そういうことが、ただ嬉しかった。
自分にとってこの仕事の快感の
ひとつでさえありました。

でもすべてのブーケを私が作り
すべての新婦様のやりとりを私がする一会では
当然ながら、限界があり、
ある日、とうとう、増え続ける注文に
これでは、満足に対応しきれないと、
その格安のブーケ販売を、諦めることにしました。



でも今、まだ雨の残るアトリエで一人、
そんなことも考えます。



・・・、日記?
途中から日記になってしまいました。


明日には、ていよくまとめなおしてしまうかもしれませんが、
今日はこれにて。

おつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-06-29 23:10 | 会場装花 | Comments(1)
ブーケ ティアドロップ 6月の花嫁

a0042928_23324320.jpg


先日お届けしたブーケの写真。


ブーケの写真は、なるべく一会でも撮るようにしています。
可能なら会場装花も、
そしてもし可能なら、おふたりのお写真も。

でもタイミングがあわなくて、撮れないときも
やっぱり、あります。

なので花のお写真を御希望される方は
どうぞ打ち合わせ時に、お申し出ください。そしてかつ、
お式後に、念の為リクエストメールをいただければ
お送りしております。本当に傲慢でごめんなさい。
(つまり、一会から自動的にはお送りしておりません。
申し訳ないですが、リクエストくださった場合のみ写真を
お送りしております)



7月10日の単発レッスンは、昼夜とも、
受付を終了しました。
ご参加表明、ありがとうございました!
おってメールをお送りします。



今日は一会定期スクールの、
アレンジコースのレッスン日。
しかし、懺悔します。
カウントを、誤りまして
今日は、狭くて、
本当に本当にごめんなさい・・・!
申し訳ありません。

皆様が帰られた後、
反省のような愚痴のようなことを
えんえん、アシスタント「ちゅう」に
言いまくり聞かせまくり。


でも、それでも皆さま、
花に夢中になってくださって
楽しんでくださったようで。。。ふう。



月に一度しか開催しないアレンジコースは
一会の「元・新婦さま」も多く、
そのうちのお一人の方が今日、いらしてくださって
「一会さんの写真を見て、私はこんなに
幸せそうに笑っていたんだって思いました」
そうおっしゃってくださいました。
うれしかったです。


別の方は、「ブログに写真が出ると
やっぱり、ちょっと照れちゃいますね」
そうおっしゃいます。
そう言われて、私の返す、
「でも、素敵でしたよね。」という言葉に
ちょっと照れながらうなづいてくださいます。





一年前の新婦様も、来週の新婦様も
雨のあがった今宵はゆっくりお休みになれますように。。。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-06-23 23:27 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ 縁     
a0042928_21313249.jpg


 不思議なご縁ですね。

そうおっしゃってくださったのは、
新婦様の、お姉さまです。
実は数年前に、一会のブーケを
持ってくださった方です。
今日、その妹様のご結婚式でした。

静かな雨の舞う、6月の一日。
外に出て、雫に光る葉を眺めて
いい季節だなと深呼吸してしまう、
この時期も、1年の中で結構好きです。



お届けしたのは一会アシスタント「うさぎ」さん。
偶然ながら、今日の新婦様と知り合いだそうで。



本当に不思議なご縁でした。

ありがとうございました。



今日は、もう一本別の話題で
続きがあります。
昨日は予告倒れでしたが、
今日はこれから書きます!
by ichiecd | 2008-06-21 21:42 | ブーケ | Comments(0)
ジューンベリー 
a0042928_1955033.jpg


うっかり、今日が過ぎてしまいそうな一日は
とりあえずきれいそうな花の写真を一枚載せて
また時間があればあとでいじろう。
という魂胆で。

赤い実はジューンベリー。
その名の通り、
この実もこの時期だけしか出ません。


 「食べられるんですか?」

 「ええと、これはたぶん農薬がかかっているので
 どうでしょうか?」

という会話をこの時期、
実ものがたくさん出回る時節、
ブルーベリーとかブラックベリーとかフサスグリとか、
姫りんごでもブドウでもイタリアンベリーでもスズメウリも
いったい何度、繰り返すでしょうか。

だ か ら、食べられません!てば!
食うな!ゆうとるやんけ!

・・・あ、しまった、地が。

フラワーデザイナーとしてはここはひとつ
無難な返事をしなければなりません。
あの、あんまり、
お勧めはできませんよ。(金メッキ中)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 諸君は僕を、「ほがらか」でないといふ。
 しかし、そんな定規みたいな「ほがらか」なんぞは
 おやめなさい。

 ほがらかとは、恐らくは、
 悲しい時には悲しいだけ
 悲しんでられることでせう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    中原中也「酒場にて」


先日のサントワマミーの新婦様、
その御父様のおっしゃるように
幸せであるという状態にはほんの少しの
哀しみが含まれていて
そうであって、つくづくとやっと、
幸せだということが分るんだろうなと思います。
この記事を書いている今この瞬間だけは、実は
結構シアワセです。
明日はきっとまた、すごく大変でしょうが。


昨日いただいた新婦様のメールにも
まだお返事をしていないのですが、
読みながらちょっと涙目でした。

ありがとうございました。
本当に。

いつものこの言葉を
どんなに本気で言っているか、
伝えられたら、いいのですが。
伝わるでしょうか?
自分の書いたいつものその一言を
不安と一緒に見ています。
伝えられたら、いいのに。



昨日は今日になって、今日はもう明日になります。
珠玉みたいに大事にしたくても、
思うほど大事にはできなかったりします。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-06-19 20:34 | 会場装花 | Comments(0)
パス3です マムとモネとお菓子の話
a0042928_028961.jpg


毎日、花の写真ばかりでは
飽きてしまわれるかもしれないので、
たまには、と、
今日は、花の絵の写真にしてみました。

(・・・あの、白状すると私が今日はやや飽きたので。
というかしかし、今週まともに花の記事を
書いていないような気がします。
「寝たい時にはざっくり寝よう。」、と
実践して開き直ってみたら、
そのつけを、ただいま山ほど払っております。
はい。払っておりますとも。

・・・ほどほど、というのは難しい。

と、改めて骨身にしみました。 
くー。)


この絵は、
a0042928_0342533.jpg

だそうです。モネですか。
クリセンサマム(略してマム)ですか。
・・・はあ。かっこいいなあ。

昨年、2007年12月、たぶんルーブルか
オルセー美術館か、どっちかです。
という程度のいい加減さで、
絵のこともよく分かりませんが
でも見るのは、結構好きです。

本当は、ルオーとかモディリアニとか
フェルメールとかエミリー・ウングワレーとか
日本に来る各種展示会も、
いいなあ、行きたいなあと毎回思いながら
人ごみが大の苦手で、結局そのまま。


でもこの昨年のパリの時には珍しく、人ごみの中、
公園の端っこでひたすらお菓子をあげ続ける
屋台の様子が、ものめずらしくて楽しくて
たぶん1時間くらい見ていたような気がします。

a0042928_0424734.jpg


上のステンレスの銀色の筒から
うにうに~っとお菓子の種みたいなのを出しては、
はさみでちょんぎり、

a0042928_0425710.jpg

からっと揚げて、すくいだして
ばばっと砂糖をまぶして、紙の袋にざくっといれて、
行列する客に次々と手渡していきます。
汗だくで。

ただ、それだけです。
私自身は、甘い揚げ菓子が苦手なので、
ただ傍からそれを見ていたのですが、
でも見ていてとても楽しかったことを、
今もつい先刻のことのように、思い出します。


2008年というこの1年がもう半ばを過ぎて6月。
今日は、月がとてもきれいでした。
運転しながら何度も見上げていたら、
いつのまにか雲が晴れ、
ひとつの輝く光点でした。

きれいでした。


誰か、今このブログを読みにきてくださった方で、
誰かが同じ月を見あげているのかな、
などと思います。


では皆様、今日もおつかれさまでした。

今日という一日は、いかがでしたでしょうか。
ちょっとそうお伺いしてみたい気持ちで、
アシスタント姉さんのお土産のおせんべいを
いただきつつこの記事を書いてみました。
しかし相変わらず長い。
by ichiecd | 2008-06-18 23:10 | carpe diem | Comments(1)
ブーケ プリザーブド ジャスミンとハボタン
a0042928_2321383.jpg



写真は、先日お届けしたプリザーブドのブーケのひとつ。

左上に入っているオレンジのジャスミンは、
鹿児島にある南原農園様のもの。


中央下にあるバラのような不思議な花は、
実は、ハボタンです。
こちらはシステムアドバンス
(富士山麓プリフローラ)さんのもの。

・・・ハボタンですよハボタン!
すごい。かわいい。
ひゃー。びっくり。

ちなみに、私自身がこの歌を知ってから
ハボタンっていい花だなあと思った歌、

  美しき日々巻き込んで葉牡丹は
                     広島美恵子


渦の中に巻き込まれていく一枚一枚の
薄く削られたような一片の日々は、
いったいどんな日だったのでしょう。



このジャスミンも、ハボタンも、
先日、発売された
『花時間』さん7月号に
プリザーブドブーケの花材として
使わせていただきました。

お世話になりました皆様、
本当にありがとうございました。


本当は今日ちゃんと記事を書く予定でしたが
いややっぱりこんなへろへろな状態で
失礼があっては、と思い
一日延ばしにして、また後日!
(これを「明日」、といわないところが
いろいろと学習済み!)



ではみなさま今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-06-12 23:50 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ミニクラッチ サントワマミー
a0042928_3321147.jpg


今日、青山にあるカチナというレストラン様へ
お届けしたブーケ。
宝石のローズクオーツのような淡いピンクのバラは、
サントワマミーといいます。
小さな実ものをいれてというリクエスト。

お届けにあがったアシスタントうさぎさんがいうことには
新婦さまはもう飛び跳ねたいくらいに
めちゃめちゃ喜んでくださって、
そしてまた傍らの新郎様が、
(ほんとにほんとに可愛い子だなあ)という様子で
しみじみと新婦様を見つめていて、
そのお二人の様子が、
とても印象的だったそうです。


今日はこれにて、
では皆様、今日もお疲れ様でした。

明日は、如水会館様へお届けした
ナフキンフラワーをご紹介します。
と、予告して自ら首をしめる。きゅっと。
おつかれさまでした・・・。

このブーケには、後日3つの記事があります。
まずブーケを持ってくださった花嫁様のお写真はこちら
http://ichiecarpe.exblog.jp/7343396/

そして花嫁様からいただいたお手紙のメールはこちら、
http://ichiecarpe.exblog.jp/7202398/

そして3つめの
胸をうつエピソードはこちらです。
http://ichiecarpe.exblog.jp/13483442/


順をおって読んでいただくと嬉しいです。



この記事のタイトルは当初ローズクオーツでしたが
すてきなコメントをいただいたので
バラの名前である「サントワマミー」に
変更しました。
by ichiecd | 2008-05-31 23:23 | ブーケ | Comments(1)
今日は
a0042928_2102418.jpg


これだけで!!!

ほんとにこれだけ?
これだけです!


おつかれさまでした!















スクロールしてくださっても長文はありません・・・

・・・ちょっと安心しましたか?
なんか毎日書き散らかしているので
むしろそんな気もします。。。
by ichiecd | 2008-05-29 21:07 | carpe diem | Comments(0)
幸せをもたらすと言われている シェ松尾天王洲倶楽部様の装花
a0042928_22243666.jpg

「どこかでひっそり咲いている」、
そんなフレーズに心当たりのある人は
岩橋と同世代・・・以下略です。

以前、ブログで少し触れた
「花の子ルンルンになった気分で!?
残業します」とおっしゃってくださった新婦様。

昨日、製作が進むにつれ、仕上がってきた
花を眺めては
「ね?ね?花の子ルンルンて感じじゃない?」と
肯定の応えを強要する岩橋に、
「・・・・???」
と困り果てて微笑んでごまかそうとする
アシヤマはじめアシスタント一同。
「すみません、花の子ルンルンがわかりません」。

あ、そうですか。

えーと、それは昔はやった
少女アニメなんです。
すみませんねー古くて。

盛り上がるメールやりとりの最後にはついに
花嫁様とふたりで、「痛いですよね。。。」と
言い合う始末。

しかし、どんな話だったか思い出そうとすると
よく覚えていません。確か、主人公が変身して・・・
同じ頃にはやったクリーミーマミあたりと
どうもストーリーを混同しているような気もします。
とりあえず、
「どこかの街に幸せをもたらすといわれている
花を探しに行く」という女の子の話です。
ということで無理やり納得してください。


今日の記事のタイトルは、その主題歌の出だしです。
こちらも一応、どんな歌だったっけ?と
思わずユーチューブをチェック済み。
すると、金曜日の仕入れの段階からそのテーマ曲が
脳内エンドレスで、困りました。

a0042928_22244955.jpg

フェザーをいれて、というリクエスト。
花の子ルンルンっぽいのでは、と思われたマーガレットを
つい多用して、階段と、空中にふわりと浮かせてみました。
a0042928_22245712.jpg


階段には欲張ってモッコウバラも飾ったので、
時間ぎりぎりで、汗だくで仕上げ。

結果、写真が撮りきれなかったのですが
チャペル装花に飾ったのはスズラン。
これも新婦様のリクエストでした。

ちなみに、
スズランの花言葉は、
「幸せをつれてくる」です。


花の子ルンルンのテーマ曲の最後は

「いつかはあなたの住む町へ
行くかもしれません」。

今、幸せを届けられますように。


本当にありがとうございました。

お二人のご多幸を、心からお祈りします。
by ichiecd | 2008-05-17 22:51 | 会場装花 | Comments(5)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。