ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:花 ( 718 ) タグの人気記事
セミキャスケードブーケ アニヴェルセル豊洲様へ オレンジのバラ、柔らかに
a0042928_11511469.jpg

アニヴェルセル豊洲様へのキャスケードブーケでした。

ウエディングカメラマンdapandaさんからの
ご紹介の花嫁様でした!ありがとうございました。


ひゃー寒いですね!
お風邪に気を付けてお過ごしください。


ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-17 19:48 | ブーケ | Comments(0)
3年前の花嫁様から、お母様への誕生日の花
a0042928_1234670.jpg


ある日突然、数年前の元花嫁様から
メールが届いて、
お母様への誕生日プレゼントとして花束を贈ってくれますか?
というリクエスト。

さきほど、その元花嫁様からお礼のメールをいただきました。
届いたときにこっそり花を確認したら思った以上で感動したこと、
誰かに言いたかったけどサプライズだったので
誰にもいえなくて苦しかったこと、
結婚式のときのブーケを思い出していたら、
花を見たお母様に最初にそういわれてびっくりしたこと、
おうちに戻ってから写真をたくさん撮りまくって、
呆れられたこと。

ひとつひとつ丁寧に書いてくださった
たくさんの褒め言葉が嬉しくて、
身に沁みます。


ああ、そういう花を作りたいよねえ?

と自分に問いかける今日。


2016年、フラワーバレンタインの募集を、
この話に続けて書くよ!書かなくちゃ!と
思って書き始めた今日ですが、
今日は眠気に負けて寝るですよ。



なんかね、バレンタインは今チョコじゃなくて
お花なんだそうですよ!

それも女子が男の子に送るというのではなくて、
男性が女性にお花を贈るんだそうですよ?!

という、
花業界の下心満載のキャンペーンではありますが、
殿方は大変で申し訳ないですなあと思う次第ですが、






率直なところ、
男の人にもっと花を買ってほしいよー
そして、大事な人にさらっと渡してほしいよー
そいで、日常の中に花がある、
そういう幸せ。
どうでしょう。



自分は花が好きなので、
そしてそれを生業にまでしているわけなので、
ちょっとでも花を普及できたら、
結構シアワセ。
a0042928_1412113.jpg



こんな贅沢、

この儚い感じ、

このけなげな感じ、



そこまでして咲くか!
という不思議。





と、画像を探していたら
出てきたのでついでにもうひとつ、
たいへん申し遅れておりましたが、
いつぞやの100円で器の洪水募金
着服とかしないでちゃんと募金しました。

a0042928_1423621.jpg


(振込先口座名が長すぎて大変だった。)
(そこんとこもうちょっとハシモトさんは考えてもいいと思う。)


皆様ありがとうございました。

じゃあ今日もお疲れ様!!(なんか無意味にフレンドリー)

ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-15 21:57 | ギフト | Comments(0)
初心者向!花やお菓子、もっときれいに撮りたい!花とカメラの1dayレッスン 2月20日
a0042928_15155080.jpg

こちらは満席キャンセル待ちとなりました、
ありがとうございました!
ご参加予定の皆様にはメールをお送りしておりますので
ご確認ください。


 写真、もうちょっときれいに撮れたら・・・

そう、思っていませんか?

Facebookやインスタ、ブログに載せる
美味しいものやお花の写真。

昨日より、一歩上手に撮るためのワンポイントアドバイス、
1日のみの単発レッスンを開催します。


日常で見つけた素敵なシーン。
テンションあがって撮ったものの、
a0042928_1543988.jpg

なんか怖いものになっちゃった。

つまり、暗いとすぐぶれちゃうとか、
a0042928_15345946.jpg

オサレな場所なのに黄色とか赤っぽく写っちゃうとか、
逆に緑色っぽい帯が入っちゃうとか

a0042928_1642283.jpg

なんか、いまいち真っ黒なんですけどとか、

a0042928_16482431.jpg

構図がいまいちよくわからないとか。

以上、2007年~2012年ごろ、
私岩橋の失敗写真の数々です。
a0042928_1518011.jpg


「カメラにたくさんあるボタン、
これってどうしたらいいの?」
というところから、一緒にやってみましょう。

初心者、超初心者対象、少人数制の一日だけのレッスンです。
コンデジでももちろんOK。

今年、ちょっと変わりたいあなたへ。(←キャッチコピー)

暗いところでは?蛍光灯の下では?
日常に陥りがちな罠的状況をいくつかご用意して、
こういう場合はどうしたら?というコツを、お教えします。

レッスン後は、
撮影で使用した美味しいスイーツ&パンを
どうぞつまんでみてください。

a0042928_15185117.jpg

一会のある白金界隈に点在するお菓子やパンの名店。
しかしただでさえ不便な白金台駅からさらに歩くという
普段はなかなか行きにくいとこが多いのです。
ア・コテ、メゾンダーニ、エリカ、マルイチベーグル、ラトリエコッコや
セイジアサクラなど、可能な限り一堂に集めてまいります!

そしてさらに、今回のみの大特典!

一会初回のこのカメラレッスンに、
あのフォトグラファー山本正樹先生が、
特別に最初の一回だけ、
レッスンをサポートしてくださいます!

つまり大事なことや難しいことは、きっとあわあわした岩橋の代わりに
すかさず山本先生が直々にしっかりと教えてくださり、

「こんなつまんないこと聞いてもいいの?
ちょっと恥ずかしいなー」という場合は
こそっと一会の岩橋に耳打ちできるよ、
という
一粒で二度、おいしいレッスンでございます!!

レッスン時間は全体で2時間30分から3時間程度、
前半は自分で花を作るフラワーレッスン、
後半はカメラレッスンとなりますが
カメラレッスンのみのご参加も可能です。

2月20日土曜日、
午前と午後それぞれ開催予定です。

・時間

午前10時から11時 フラワーレッスン
午前11時から12時30分 カメラレッスン
その後13時までティータイム

または

午後13時30分から14時30分フラワーレッスン
午後14時30分から16時 カメラレッスン
その後16時30分までティータイム

・参加料金
生花レッスン7560円(花代5400円レッスン料2160円)
カメラレッスン5400円
スタイリングに使える白金スイーツ・パンのおつまみ付。

*ご自身で撮りたいものをお持込しての、
「カメラレッスンのみの参加」も可能です。

*フラワーレッスンのみの参加はできません。
花レッスンに参加なさった上で、
そのほか撮りたいものをお持込、はもちろん可能です。

*フラワーレッスンは、ブーケか卓上アレンジです。
お花が初めてという方は、
スタイリングしやすい卓上アレンジをおすすめします。

*フラワーレッスンに参加しないけど
花は欲しい、撮りたいという場合は
一会側にて5400円のアレンジメントまたはブーケを
ご用意いたします。

・場所
白金の一会事務所
地図はこちらになります。
http://ichiecarpe.exblog.jp/2333674/

・カメラについて
一眼レフでもコンデジでもOKです。
当日は、カメラの説明書をご持参ください。
今回は特殊レッスンにつき、カメラレッスンについては
一会定期レッスンの生徒さん振替対象外です。
(生花レッスンの場合は振替可能です)


お申込みはメールにて
info@flowers-ichie.comまで。
タイトルを
「2月20日カメラレッスン 午前または午後希望」として
お送りください。

1 お名前
2 お電話番号
3 花とカメラもしくはカメラレッスンのみの区別
4 お手持ちのカメラの種類
5 困ってることなどなど
6 今撮っている写真を参考までに何枚か、
  あるいはFacebookやインスタグラム、ブログのURL


この一会ブログの長年の読者の、あるお花屋さん、
遠く大阪から来てくださると、早速お申込みがありました!
わーありがとうございます!
もしも遠方からいらっしゃる場合は、
連続受講や梱包レッスンなど、ご予定にあわせての
アレンジも可能ですのでご相談ください。

皆さまのご参加をお待ちしています!

では今日もお疲れ様でした!



ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-14 16:40 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 2016年賀状 幸せに暮らしています
a0042928_1233614.jpg

2016年、お客様からいただいた年賀状。

a0042928_123572.jpg

たった一日の花、でも一生記憶に残る花を。
それが目的という自分に届く
有難い、言葉の数々。

だんだん慣れてきて、
むしろこれが当然だと思ってる瞬間もある。


a0042928_1242050.jpg

でも、どんなに慣れたつもりでも、
当然じゃないです。

そりゃそうだ、
あたりまえじゃない、
こんなにたくさんの言葉を、花嫁様からいただくこと。

a0042928_1243810.jpg

渾身をこめたブーケが評判よかったこと、

a0042928_1304120.jpg

10年後も、花嫁様から手書きの言葉をいただけること。


a0042928_1253045.jpg


a0042928_131326.jpg



先日、一会の卒花会、
元花嫁様の会合でずっと気になっていたことを
思い切って聞いてみました。

「なぜ、ブーケでそんなに感動したんでしょうか?」

それはね、

長らく紆余曲折した、散々迷った、
その花を、最後に、えいやと
イワハシさんにまかせて、
当日、その花が、本当に自分の手元に来たから。

と、ある花嫁さんが答えてくれました。

「その瞬間、岩橋さんがどんなにこのブーケを、
自分のことを、一生懸命考えてくれたか
びしばしと伝わったから」。

a0042928_1274241.jpg



幸せに生活しています。


それはある花嫁様からの年賀状に添えられた
たった一言でした。


読んだ瞬間、思わずぼろっと涙があふれた。

そうなんだよ、
その一言が、一番自分が欲しかったもの。

幸せに暮らしています。という言葉。


すごくすごく、嬉しかった。

私は、結婚式という大きなステージのほんの一部を担う
黒子にすぎない。

でも目指してるのはいつもそこだ、
自分が作ったブーケを持った花嫁様には
幸せになってほしい。

きれいごとだとは思うのですが、

ぶっちゃけそれがどんな形でもいい。

でも、ああこれでよかったんだと、
深く息を吐いて、ちょっと笑っていてほしい。

ていうのが大それた望み。


では皆様今日も本当にお疲れ様でした。

ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-13 23:32 | carpe diem | Comments(2)
2月20日カメラレッスンのお知らせ 及び1~2月のレッスン開催情報
a0042928_22573959.jpg


フォトグラファー山本正樹先生のレッスンに通う事数年、
インストラクターの資格をいただき、
自分としては初のカメラレッスンをする運びとなりました。
当日は、山本先生もお越しくださる予定です。

・・・え、山本先生のカメラレッスンじゃないの?と
がっかりされた方、申し訳ありません!
しかし当日は、山本先生が私の至らぬところ、水も漏らさず
万全にサポートしてくださると思われます。

レッスンの詳細を追加しました。
http://ichiecarpe.exblog.jp/22176564/

2月20日土曜日、午前と午後の二部制です。

・時間

午前10時から11時 ブーケレッスン
午前11時から12時30分 カメラレッスン

または

午後13時30分から14時30分生花レッスン
午後14時30分から16時 カメラレッスン

・参加料金
生花レッスン7350円(花代5400円レッスン料2160円)
カメラレッスン5400円
ちょっとした白金スイーツORパンのおつまみ付。

ご自身で撮りたいものをお持込しての、
「カメラレッスンのみの参加」も可能です。

注;しかし、花のレッスンのみの参加はできません。
花レッスンに参加なさった上で、
そのほか撮りたいものをお持込、はもちろん可能です。

・場所
白金の一会事務所予定

・備考
一眼レフでもコンデジでもOKです。
当日は、カメラの説明書をご持参ください。
今回は特殊レッスンにつき、カメラレッスンについては
一会定期レッスンの生徒さん振替対象外です。
(生花レッスンの場合は振替可能です)

お申込みはメールにて
info@flowers-ichie.comまで。
タイトルを
「2月20日カメラレッスン 午前または午後希望」として
お送りください。

1 お名前
2 お電話番号
3 花とカメラもしくはカメラレッスンのみの区別
4 お手持ちのカメラの種類
5 困ってることなどなど
6 今撮っている写真を参考までに何枚か、
  あるいはFacebookやインスタグラム、ブログのURL

皆様のご参加をお待ちしています!


そのほか、1月2月の単発プリザーブドレッスンのご案内は
下記のとおりです。
単発プリザーブドの詳細についてはこちらです。
http://ichiecarpe.exblog.jp/15150822/


1月17日日曜13時から17時

1月31日日曜14時から18時に空席が2名できました

2月14日日曜13時から17時予定

お申込みはこちらまで!
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


レッスンがいつあるのかわかりにくい!という声にお応えして、
このブログ左上に
レッスン開催情報としてまとめていくことにいたします。
貴重なご意見ありがとうございました!

では今日もおつかれさまでした!

ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-12 23:20 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
セミキャスケードブーケ アニヴェルセル柏さまへ と 一会の卒花会おつかれさま
a0042928_2211715.jpg


アニヴェルセル柏様へのブーケ、最初にご相談くださったのは
ご新郎様からでした。
彼女がここのブログのブーケを気に入っているので、
と、てきぱきと、お話を進めてくださったことを覚えております。
きっとすっごく頼りになるんだろうなあというご新郎様と、
優しくてはかなげで、でもあったかい感じの花嫁様。
気に入ってくださっていたら嬉しい限りです。


今日は一会の卒花会でした。
卒花とは何ぞや?と自分も最初に思いましたが
つまり、卒業花嫁さんのことなのだそうです。

忙しい毎日をやりくりしてきてくださった皆様に感謝!
そのご様子は、またおって。
体調崩してこられなかったという花嫁様にも
同じように感謝を!!!


一会のキャッチフレーズは、
「たった一日の花、けれど一生記憶に残る花を」
なのですが、

ほんとに今日もそう思います。

結婚式の花は、たった一日の花。
たった一日の花、という贅沢。

でもこの先の長い一生、
何年後も何十年後も、
お二人が、たった二人でいる日、ふと振り返って
あるいは勇気を振り絞って、

「そういえばさ、結婚式のさ、
あの日の、あの花、ほら、良かったよねえ?」

と、
照れるので言いにくいけど、
それをなんとか言い出すような、

そんな小さなきっかけになれたらいいなあ。

そう思う。

結婚式の一日、

手の中で、花嫁さんを励ますような花を。
と思いながらブーケを作る。

そして長く長く、
お二人を、またちょっと、思わぬところで。
励ますことができるような花を。

なんか、それ本望じゃん。
と思うわけです。
時々無意味に若者言葉。

では、今日も皆様本当におつかれさまでした。


人を、しあわせにする花を。

以上、このブログを書いております
一会主宰の岩橋でした。

今日の卒花会のお話の中で、
当初、「一会」っていうのと、「岩橋」っていう人の相関関係がよくわからなかった
というご意見がありましたので、最後にちょっとつけたし。
「つまり一会(いちえ)、二アリーイコール岩橋」なのか?と。

う。確かにあまり考えたことはなかったですが、そんな感じです。
例えるなら小さなレストランのオーナーシェフみたいな
感じなんでしょうか。
自分で築地に仕入れにいって自分で魚をさばいて
目の前のお客さんがはむはむとおいしそうにしてたら
すんごい幸せ、という感じではないかと思います。

このへんまたあらためてまとめます。
つまるところ、「案内が悪いんだよ!わかりにくいんだよ!」という声、
多かったです。
まったくです・・・・

岩橋美佳花事務所と、改名すべきだろうか。
じっと手をみたり。
(と言うだけで、絶対しないけど)
(だって華やかなのは性分として無理だもん)
(だもんとか言うなその年で)


ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-11 22:28 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール フェリーチェガーデン日比谷の花嫁様から 春の儚きものたち
a0042928_5332898.jpg

a0042928_533536.jpg

春、桜のころ。日比谷公園、フェリーチェガーデン様で挙式の
花嫁様と花婿様です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カメラマンさんが「ご新郎様、花嫁様の肩抱いてみましょうか!」と
言ってくださったのは良いものの、
「僕でお花潰れちゃわないかな?」と下ばかり向いている新郎です。
ついには握らされたグローブも構わず左手を出す始末。
カメラマンさんはさぞ歯痒かったでしょう(笑) 
やっとこっち見た!という写真も肩を抱く手がなんともぎこちないです(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_5392741.jpg

ティアドロップとよばれる涙のしずく型のブーケと、
一会で武器セットと呼んでいる、二の腕からつける花を
身にまとった花嫁様、
a0042928_5464281.jpg

結婚式の花のテーマは
スプリングエフェメラル、「春の儚きもの」。
a0042928_5465956.jpg

えっとね、今日の記事も、長いですよ?
a0042928_5494722.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
披露宴入場前のスタンバイ。
裏手でキララポップのピアスとすずらんのネックレスを
身につけている所です。その間に旦那さんは預けたブーケをご堪能中。
a0042928_551694.jpg

武器セット綺麗!身につけられた!わーい!の様子が丸々撮られています(笑)
a0042928_5514651.jpg

預けていた間、ずっと旦那さんは「本当にブーケ綺麗だね」
「すごい良い香りがする」「こんなに色んなお花が入っているんだね」と、
終止、私ではなくブーケを褒め続けていました。
ご覧の通りちっとも私を見ていません(笑)

a0042928_5523592.jpg

入場の直前。
スタンバイの時は今日のこの日までの色々を思い出しながら
二人でたわいのないことを話してばかりでした。
私たちの式の写真にキメ顔☆みたいな写真は
本当にほとんどありません。くっしゃりした顔ばかりです。
この時も一体なに話してたんでしょうね(笑)

a0042928_5531961.jpg

これは覚えています。
「ブートニアも良い香りがするんじゃないの!?」
「あ!やっぱり良い香り!」
「僕のブートニア、僕もっとちゃんと見たいよー」と言っています(笑)

a0042928_555983.jpg

入場のシーン。母にベールダウンをしてもらってから、
a0042928_5562265.jpg

ここでサプライズのバッグブーケをプレゼントした所です。

(岩橋注:このサプライズのバッグブーケは花嫁様の手作り。
中のわんこは、お母様がかわいがっていらした愛犬、
こちらも花嫁様の手作りです。)

a0042928_559457.jpg


どんなシーンでも私について花を添えてくれていました。
この指先の桜がはっきり写真に残っていてくれて本当によかったです。
この写真を見た瞬間「桜だ!」と二人で顔を見合わせたほど
嬉しかったんです。
「桜、写ってて良かったね。きれいだね」と
先に旦那さんに言われてしまいました。
a0042928_631087.jpg

ブートニアと武器セット。
指輪はこの先長くお供できるので写らなくたって良いのです。
a0042928_634330.jpg

今日の一瞬しか私の傍に居ることが出来ない
お花たちを写してと思うことばかりでした。
a0042928_6135756.jpg

お花直しをして入場する前。
私が描いたお花畑柄の生地をバックに撮影しました。
一会さんのお花をじーと見ては一つ一つ描いたお花たちです。
(岩橋注:花鎖と呼んでいるこの髪飾りも、腕のワンポイントの花も、お二人の手作りです
a0042928_6201335.jpg

「バックコサージュはご新郎様の手作りで。。。」と
アナウンスがあった瞬間に会場が一斉にどよめきました(笑)
 おかげ様で皆さん頑張って後ろ姿を
写真に収めようとしてくださいまして、
いただいた写真の数多くにバックショットが収めらていました。

a0042928_6211445.jpg

両親への手紙を手渡した時です。
母が突然、私の手を取り小さな子と手遊びするように
『ヨイヨイ』と手を動かしながら「お姉ちゃん、きれいきれい」と
何度も何度も言い聞かせるように私に呼びかけている所です。

式の最中、目紛しいスケジュールに翻弄され
当事者の感覚が無いまま夢のように終わろうとしていた時、
花嫁として結婚式をして本当に良かったと実感出来た瞬間でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0042928_6244212.jpg

最後の数行は、読み返すたびに
自分まで涙が出ます。

a0042928_6221480.jpg

アフターブーケを抱いて喜んでくださっている写真。

a0042928_623227.jpg

こんな仕事をさせていただいて、
本当に嬉しかった。
そうだ、こんな仕事をしたかったんだよな自分。

a0042928_6434013.jpg

ありがとうございました。

お二人の未来に、たくさんの幸せな光が
この日のようにこれからもずっと降り注ぎますように。


では、皆様今日もおつかれさまでした。




ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-08 05:29 | ブーケ | Comments(0)
ムーミンのリングピローとカメラレッスンと一会の2016年について
a0042928_238597.jpg


昨年、ご友人が作ったというムーミンを配して
リングピローを作らせていただいた時の写真です。

a0042928_23143992.jpg

相変わらず万事にうとい自分はムーミンもよく知らなかったので
ネットで調べたり
本屋に出かけて絵本を紐解いたりして

a0042928_2315334.jpg


なるべくご予算にみあうように、
出来れば少しでもご意向に沿えるようにと
作らせていただきました。

ちなみに下に敷いているのは
ギリシャで買ってきたオリーブの柄のテーブルクロス。
このころは旅先でひとつ布を買ってくるのが
マイブームだったんだよなーと遠い目。


で、「センセー今年の冬はどこいくの」と
生徒さんに聞かれますが、
今年の冬はあれこれあって自粛中。


1月31日の単発プリザーブド、ウェディングDIYレッスンは
午前午後の二回転となりましたが
ほぼ午後は埋まりかけております。
うーんどうしよう。
午前ならあいているのですが
もしご都合悪かったら
1月17日日曜に追加レッスンをしようか迷ってるところです。
あ、そこ参加してやってもいいぜという方は
どうぞご一報くださいませ。
あなたの意向が一会のレッスンをきめる!
スリリングでエキサイティングな毎日!
いやそれ別に要らないけど?と冷たく言われることも
織り込み済みです。

覚悟って強いよね。

そして
お問い合わせの多かったカメラレッスンは、
2月20日土曜日の予定となりました。
午前午後と二回転になります。
詳細また後日!
暫しお待ちを!(ひっぱる)


昨年の一会15周年記念キャンペーンの中で、
押し花立体保存15%オフについては
意外に評判よかったので、
これは今年も継続してやってみようかと思います。

同じくぼちぼち好評だった
18000円ミニブーケ&ミニブートニアについては、
直前バーゲンセールみたいなかんじで、
一か月前になって余裕があればやる、
とい感じでこれも選択肢のひとつとして残してみようかと。


それから、
今年はフラワーヴァレンタインもしくは
フラワーホワイトデー、
どっちかは絶対やろう!と燃えております。

おまけに仕上げに、昨年できなかったリベンジで
母の日、既に気合い入っております。
これは超絶やるぜ!(炎)

以上、2016年、
一会の年始表明でした。

途中から寝た方も、そのままで、ひとつよしなに。
書きかけた本人も寝てますのでまあぼちぼち。
それでも皆様のご参加表明をつとにお待ちしております!


では今日もお疲れ様でした。

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218

ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-06 23:37 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)
新郎新婦様からのメール 八芳園の花嫁様より 手作りのつまみ細工と
a0042928_4395598.jpg

昨秋、八芳園の花嫁様。
実は、この日の鳳鳴館の花嫁様とは長年のご親友で、
一緒に単発レッスンに来て和装ブーケを手作り、
そして挙式後の今は、
月一度の定期レッスンにも通ってくださるようになりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
改めまして、昨年の結婚式では、大変お世話になりました。
9年間付き合ってきた彼と、ついに結婚式を挙げる日に、
素敵なブーケで彩りを添えてくださいました事、感謝の念に絶えません。

a0042928_4401268.jpg


ご紹介くださったNさんとは、小学校からのお付き合いですので、
さらに長い20年以上の友人でございます。
この二人は、私にとって自分の人生を捧げて悔いなしという
大切な存在です。彼と、そして一会さんのブーケを通して
Nさんとの縁も深めることができ、
周囲の皆様に祝っていただいたこの日は、
間違えなく人生で一番幸福でした。
a0042928_443824.jpg


レッスンで作った白無垢のときに持つ竹の小物(?)は、
今も新居に飾っております。

プリザーブドフラワーとつまみ細工を組み合わせて、
個性的な作品ができたかなと自負しております。
(もし一会さんのプレ花嫁様でつまみ細工に興味あるかたには、
是非お声かけいただきたいと思ってます^^
代わりに作っても、作り方を教えるのでも!)
容量オーバーでお送りできませんでしたが、
90個以上自作したつまみ細工の席札立てと、
a0042928_4441651.jpg

鶴の髪飾りと統一感が出たかなと…

でも一会さんのブーケに比べると、
なんて見劣りしてしまうものでしょう!笑
一会さんの単発プリザレッスンのおかげもあって、
ウェディングプランナーさんも驚きの
手作り品の多さだったのですが
(前述の二つの他、ネックレスとイヤリング、
両親贈呈用リース写真立て、フォトプロップス、
二次会のプチギフトなどなど…)、
何よりも一会さんのブーケを「見てみて」とアピールしておりました。
a0042928_45793.jpg

こうして改めて振り返ると、昨年は結婚式準備に
追われて忙しく、だからこそ幸せな日々を過ごすことができました。
その真ん中には一会様があり、
一会様と出会えました事、大変意義深いものと感じております。
今年以降もその先も、長らくお付き合いさせていただければ幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つまみ細工の出来栄えのすばらしさにびっくり!
していると、

a0042928_4572586.jpg

ブーケを自分で押し花になさったり、

a0042928_4582576.jpg

花をレジン加工してイヤリングになさったり、
DIY手腕がすごすぎる!


a0042928_4583960.jpg

月イチの定期レッスンの花も
a0042928_4585139.jpg

この花嫁様の手にかかるとこんな感じに。
すご技です。

レッスンでも何かと一会に協力してくださり、
お心配りに感謝です!

また今月も、Nさまとご一緒に
レッスン、お待ちしています!!

では皆様、今日も本当におつかれさまでした。

なお次回単発レッスンは1月31日日曜日です。
満席となりました!
次回2月予定です。
お申し込みはこちらまで
http://form1.fc2.com/form/?id=558218

ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-05 04:38 | ブーケ | Comments(0)
一会定期スクール 漫画グラゼニとストライクゾーンと花のレッスンの話
a0042928_039357.jpg

真面目な話ばかりが続くと自分が飽きるので、
(え、ていうか今日1月4日じゃん!3日坊主とはこのことかと)

a0042928_040155.jpg

一会の定期レッスンは月に一度のマンスリーレッスンなのですが、
花の仕事をしているプロの方から、
元花嫁様というまったく花が初めてという方まで、
多彩な生徒さんが一堂に会してひとつところで一所懸命に
その日の花を活けましょう、というレッスンでございます。

a0042928_0403149.jpg

進級とか無し。
上手い下手でクラス分けも無し。
長年通ってる生徒さんの中には、
5年物7年物もごろごろいますが、
何年通ったところで、資格のひとつもとれませんよー。

a0042928_0463442.jpg

というか、見本すらなし。
黒板に買いて図説もなし。

だって、
私が見本を作ってそれがベストだったらつまんないでしょー。

むしろそっちのほうが私は、楽でいいんだけど、
ただ定規とコンパスをもって、
生徒さんの花にびしっと定規をあてて、
「見本と何センチ違うでしょ」、「何度違うでしょ」
と言うだけですむ。

もちろんそういうやり方で、上手になるアプローチ
というのは厳然としてあります。

模写することが一番の近道というのは確かにそうなのです、

それはわかってるのですが、

a0042928_0384924.jpg

でもできれば今日、この月に一度の2時間を
一会のレッスンに費やす
(文字通り、費やす、だと思う)
こんな一会に通う奇特な皆様一人一人に、
今日の自分は、こんな感じだったんだな、と
いうその日の気持ちを花という形にして、
持って帰ってほしい。

上手くいく日も行かない日もあります。
そもそもどうしたらうまくいく日だろう、
どうなったらダメな日だろう。
それを決めるのも自分次第です。

そういうのも今日という一日、
今日の自分そのもの、という今日の花を、
面倒なんだけど、ちょっと大切にしながら、
新聞紙に包み込んで
持ち帰ってほしいよう。


a0042928_0412034.jpg


なので基本的に、その人の活ける花について
私の立場からどうこうしろというまでの直截の話はしないのが
常なのですが、ときどき例外があります。

それは、その生徒さんが、近々、お友達のブーケを作るので
練習をしたいという時。

a0042928_0592751.jpg

そりゃ中途半端じゃいかんでしょ。
人様の、一生のうちの一度の花を届けるにあたり、
なまはんかな気持ちじゃダメでしょ!

なので、そういう場合は忌憚ない意見を
述べさせていただくことにしております。
ていうか、そういう場合は例外的に
ダメ出しの嵐。

グラゼニという漫画の中に、
ストライクゾーンのきわを狙って10発10中投げていく、
という話があるんですが、
ものすごく、共感いたしました。
http://onimanga.blog.fc2.com/blog-entry-472.html

それは、自分が毎週末やっている
ブーケを作る作業に、とても似ている。

いろんな要因があって、もちろん緊張もあって、
力みもあって、
思うところには投げきれない。
投げきれないけど、それを踏ん張って投げる。
そして投げ続ける。

というのが、すごく身に染みて分かる気がします。

a0042928_121789.jpg


おお振りもジャイキリも
それぞれ面白いと思うのですが
先日の漫画話に調子づいてもうひとつ書いてみました。

・・・職業、フラワーデザイナーという自称は
モドキですよ、と公言しておりましたが
そろそろ全面的に返上すべきころかと
我ながら思わなくもないです。

では皆様今日もおつかれさまでした。
こんな一会の定期レッスンですが
内容は結構まじめにやっていますので
(ふざけてるのはおまえだけだ)
よろしければぜひおいでくださいませ。
http://form1.fc2.com/form/?id=547372
レッスン料2000円、
花代は5000円か8000円の2択です。

とってつけたように思われるかもしれませんが、
とってつけておくと、
生徒さんは、みんな本当に
花に対して真摯です。

それは、まるで深呼吸するのにとても似ていると思う。

ヨガとか水泳とか散歩とか、そういうのでもなんでもいいけど
一応花屋なので、花を生けるという事を通して
月に一度、自分に向かい合う場所になれたらいい。

ではおつかれさまでした。
このグラゼニの話、ずっと書きたいよな気持ちだったので、
書いて、すんごいすっきりしました。
・・・すいませんでした(とりあえず謝る)。






一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-04 22:46 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。