ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:花時間 ( 43 ) タグの人気記事
花時間プ・リ・ザVol.10発売になりました
a0042928_19455028.jpg

花時間プ・リ・ザVol10が発売になりました!
http://hanajikan.jp/

「カラーキュレーターが提案する
今、いちばん新しい配色のルール」という企画で、
4つ作品を掲載していただいています。

カラー監修の七江亜紀先生の配色指定にそって
プリのアレンジを作る企画でしたが、
普段何気なくしている色あわせ、
厳密に求めるとほんとにちょっとの違いが難しい~

a0042928_1956467.jpg

これはロマンティックというテーマで作った
マカロンピンク色のブーケ。
このブーケにあわせるリボンを
木馬のショールームまで出かけて隅から隅まで探しましたが、
ぴったりだったのは、たったこの一種類のシルクリボンだけでした。

このブーケ、少し手を加えて、現在事務所にあります。
一会の結婚式の花の打ち合わせの最後にいつもしてる
花嫁様への「ブーケの持ち方ワンポイントレッスン」で、
今後、めちゃ活用する予定也。

ちょうど新発売のこのマカロンピンクのバラが
かわいかったので、
今年の一会の母の日ギフトはこんな感じでと思ってます。

a0042928_19561814.jpg

こちらはエレガントのテーマで作った
桜のプリザーブドのアレンジ。

そのほか2つ、作品が掲載されています。
オレンジのはバナナスタンドなのですよねー

先日ブログに急な欠員で明日来てくれる方!と
記事を書いたとき、
花時間さんがその記事を
Facebookでシェアしてくださいました。

自分が今こうして花の仕事をしていられるのは
こんな
思いもかけない方からの、
思いもかけない救いが、
折に触れ存在したからだ、と身に染みて思います。

ありがとうございました。

では皆様今日もお疲れ様でした!



ホワイトデーギフト
http://ichiecarpe.exblog.jp/22447361/

3月4日金曜夜 単発男気生花レッスン(&ちょっとおしゃべり会:希望者)
http://ichiecarpe.exblog.jp/22474723/

3月21日祝日午後
および
4月2日土曜午後
単発のプリザーブドレッスン開催
ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。
単発レッスンお問い合わせ



ブーケ、装花のお問い合わせ


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-03-01 20:06 | ブーケ | Comments(1)
花時間夏号  一会15周年御礼と、夏季臨時休業のお知らせ
a0042928_14473237.jpg


やっとながら、記事を書いています。
花時間さん夏号のご紹介。
http://hanajikan.jp/index.html

「季節の花で綴るウエディング演出」の、
秋を担当させていただきました。

写真は、オレンジのダリアをどっさり使っての、
ゲストテーブル装花です。
真ん中のケーキスタンドはじめ、キャンドルグラスや
金の器の数々、赤いクロスは、数年前に行った
モロッコのスーク(市場)で買い集めてきたものです。

a0042928_14475512.jpg

ちなみにダリアのブーケは、
アシスタントさんにドレスを着てもらって撮影。
(この日ほとんど詐欺のように
ドレスを着せられてしまったOさんごめん!)

a0042928_14474487.jpg


一会はこの8月に、設立15年目になりました。

コネも貯金もないところから
一人で花の仕事をはじめたのは、2000年の夏でした。

花時間という雑誌に紹介していただいてはじめて
なんとか軌道にのり、たくさんの人に助けられて
続いてきた、と思います。

その駆け出しのころ、花時間さんに
一日密着取材をしてもらったことがありました。
その時は、なんと築50年くらいの
アパートの六畳一間(当然自宅兼)だったのだった。

カメラマンさんに
「最後にこの和室を撮りたいよね」と
笑われたことを覚えています。
アパートは私が退去した直後、取り壊しになりました。

そしていまだに、
その10年以上前の密着取材の記事を覚えていて
そうと声をかけてくれる方もちらほらといて、
こんなに人に愛されている雑誌は、
そうないんじゃないか。
いつもそう思います。

これからも、ずっとファンであり、読者でいます。

a0042928_1448861.jpg


中庭の芝生に組み上げた、
実ものとダリアのアーチは好評でした。



そして、これほどのボリュームではないのですが、
このミニバージョン&夏バージョンのアーチを
東京堂7階にて9月末まで、展示中です。

これも花時間さん主催の
三越はなばな祭の、グリーンどっさり装飾が好評だったので、
壁面も、少しそんな感じに仕上げてあります。

スリランカやカンボジアで見た、
ツタのはう壁面を思い出しながら
実は昨日、せっせと壁にツタ貼ってました。

小さいスペースながら、手前から奥にむかって、
晩夏から初秋への移り変わりを表現しています。



と、こそこそとそこかしこで
「ほら、旅が仕事に役立ってるんですよ?」と
伏線をはっているかのようですが、
その通りです。

13日から20日までブラジルです。
この期間、一会は臨時休業とさせていただきます。
スタッフは不定期ながら出勤しますので
ご不便をおかけしますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。






一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-08-06 22:45 | carpe diem | Comments(0)
水色のクラッチブーケ ブルースター ホテルニューグランド様へ
a0042928_2222918.jpg


先日に引き続き同じニューグランドホテル様へのブーケですが、
別の結婚式、別の花嫁様のクラッチブーケです。

こういう場合、つねづね
あーあと一日ずれてたら同じ会場様にお届けがあるのにとか、
あと1時間遅かったらその方面にお届けがあるのにとか、
とかとかとか、
くー!惜しい!
というパターンがもっぱらなのですが、

今回はどんぴしゃりで同じ会場様へ、
同じ時間帯へのおとどけで
お請けした自分もちょっと驚きました。

この仕事14年やっててもはじめてかもしれません。


それぞれの花嫁様に事情をお話して
配送料を少しシェアさせていただいて、
そうしてそれぞれに、渾身の想いで、
作らせていただいたブーケです。


では今日もお疲れ様でした。


a0042928_2213232.jpg


今日は、雑誌花時間さんの撮影日でした。
このカラスウリという実ものの実体は、
1年後の秋に発売のウエディング号にて。

最後は時間制限のせまる中、
老化のすすむ腰と膝と肘がよろよろですが
なんとか無事に終わってほっとしています。
お世話になりました関係者皆様はじめ、
強制的に協力させてしまった
生徒のOさんほんとにありがとう。



明日からは、いよいよ今年後半の一会のピークが最終章に。
ここから先は大波小波
12月までノンストップですが、
少しでも、いい仕事ができますように。
皆様に、喜んでもらえますように。
と、一心に願いつつ、

ではほんとにお疲れ様でした。





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-10-28 22:20 | ブーケ | Comments(0)
雑誌「花時間」さんカレンダーのお知らせ
a0042928_2321360.jpg


花好きの皆様に長く、深く愛されている花の雑誌
花時間さんの来年のカレンダー

「バラあしらいカレンダー2015」
定価:本体833円+税

「12の花あしらいカレンダー2015」
定価:本体833円+税

「Rose! Rose! Rose! Calendar2015」
定価:本体880+税

a0042928_2341319.jpg

に、それぞれ過去のブーケをとりあげていただきました。

特に手前の黄色のブーケは、
一会が、はじめて花時間さんにご紹介いただいた時の
4つのブーケのうちのひとつです。
この撮影のときはもう当然のように徹夜したのを
昨日のことのように覚えています。

そしてその号が世に発売されてまもないころ、
東京、四谷にある東京堂という花専門の資材屋さんで
ある日、資材の仕入れをしていたら、
「こんなブーケがいいって言ってたんでしょ?」という
二人の会話が聞こえてなんとなくそちらを見たところ、
このブーケの写真の切り抜きを手に話をしていて、

すんでのところで「そ、それ私が作ったブーケです」
と言う寸前、我に返って
危うく変態になるところを免れた、

という微妙に思い出深いブーケです。
あぶなかった。


「花時間」さんの読者さんは本当に花が好きで
花時間という雑誌も好きで、
そんな何年も前の記事を元に今一会にきてくださったんですね、
と驚いたことが何度もあります。

無論ながら自分もその一人ではあります。
カレンダー、嬉しいなあ。
自分の自宅用に一つ欲しい。と葛藤している今日でした。


ではみなさま今日もおつかれさまでした。



一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo



by ichiecd | 2014-09-29 23:13 | carpe diem | Comments(0)
花時間夏号 「夏色の花あしらいレッスン」
a0042928_22432354.jpg


青いクラゲとかではなくて、
夏の花を、夏、それぞれの色でどう飾るか、
というご提案の一例です。

6月7日発売の
花時間さん夏号に掲載いただいた作品です。

a0042928_22435719.jpg

(昨日の撤収から帰ってきたチェアフラワーのひまわりを添えて
一緒に撮ってみるあたりが我ながらウザい)

冒頭の写真は、青、緑、黄色、赤というお題をいただいた中の
青の夏の花、というテーマです。

もし自分が、夏に青の花を自宅に飾るんだったら、
手軽にできて花代もあんまりかからなくて、
かつ暑さがちょっと忘れられるような・・・

とあれこれ考えて
「もともとあるアイビーの吊鉢とかを利用して、
そこに青い花をからませて、
ついでに風鈴をつるしたら、
わりに簡単でかつ楽しいんじゃないかなあ」、
と思いついたものの、
撮影時期はまだ春、時期外れのせいか
なかなか思うようなシンプルな青い風鈴が見つからず。

ついにネットで作家ものの琉球ガラスの
なんだか立派な風鈴を取り寄せました。
かついつもウエディングの仕事柄、
「ガラスを使うなら、万一に備え必ず予備をひとつ」
という習性で、この風鈴二つどうしよう。

そこへ、折よく立て続けにプリザーブドギフトのご注文があり
ギフトは通常「一会にお任せ」なので、
勝手に「地球風の風鈴仕立て」にして発送させていただきました。

a0042928_22473544.jpg

ひとつは、お孫さんのご出産のお祝いへ、
もうひとつは、一会が好きとおっしゃってくださる
お母様へ、お嬢様からのプレゼント。

梅雨があけると、じきに風鈴の季節ですね。
(つまりそしたら使ってくださいねーとここから強引に言っております)


a0042928_22434171.jpg

そのほか、グリーンのバスケット仕立て(上の作品です)など
緑や黄色や赤の作品も担当させていただきました。
写真は山本正樹先生、実物の誌面はこんな写真が申し訳ないくらい
ものすごく美しいです。
ぜひ実物をお手にとっていただければ。


ちなみに、
今日もその山本先生の元へカメラのレッスンに通いまして
つたない写真をせっせと量産しています。

オンシーズンまっただ中、ここでこの2時間を仕事できれば
その分仕事がはかどるのは百も承知ですが、
「お稽古というものは休むものではない」、と
以前、花の師匠にならいました。

真面目に地道に土着に、
月に一度、2時間、自分の手を磨く時間をもつこと。


何かを学ぶということは、
教えられたことを、ともかくもそのまま飲み込んで、
まずは言われた通りにやってみる、ということです。

なかなかうまくいかなくても、すぐに成果が出なくても、
よく意味がわからなくても、いまいち違和感があっても、
何度も、何年も、意味が分かるまで、地味に愚直にやってみる、
アタマじゃなくて、手のひらでわかるまで。

それではじめて稽古だと思います。

逆にそこまで腹をくくって稽古をするもんだと思う。
そこまで腹をくくって取り組めないのに、
結果を期待するのは人任せすぎる。

簡単に結果が得られるとは、最初から思わないくらいで
ちょうどいいと思う。
だって簡単に結果が得られるものは、
他の人も同じく簡単に得られるし、
また簡単に離れていくものですから。

いつものフレーズ、つまり、
「時間はかかるだけかかるもの」です。


(念の為に書き添えますけれども
上は私自身の「稽古」の話でして、
誰かに押し付けようとたくらんでのものではございません。
記事を書いた後になって
あ、明日一会のレッスンだと思い至り
あわてて書き足す次第です。)


しかし、それにつけても
もうちょっとは写真、
うまくなってもいいよねえ・・・と自分のこのブログを見ながら
思うことは100万回。


ウエディングの現場で
カメラ6Dなんですね、いいカメラですね」と
分不相応な高級機種を使っているところを
プロのカメラマンさんに見つかったときの恥かしさと言ったらば、
「わああTHE豚に真珠&猫に小判でごめんなさい!」

穴をほってブラジルまで逃げたいこと、
まさに100万回です。
くー。


では今日もおつかれさまでした。



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo


by ichiecd | 2014-06-09 23:13 | carpe diem | Comments(0)
ジャスミンとカスミソウのブーケ 天の川『花時間』ウエディング3 と1月のジャスミンレッスン
a0042928_12435096.jpg


『花時間』さんから出ているウエディングの特別号
ご紹介いただいたジャスミンのブーケ。

撮影は、一会のカメラレッスンでもお世話になっています
山本正樹先生です。
a0042928_1244688.jpg


昨日からなんでこんなにジャスミンジャスミンと騒いでいるかというと
1月の一会の定期レッスンが
ジャスミンのブーケだから。

生徒さんに上のブーケ写真を参考までと見せたら
このブーケ、ブログに載ってないのではと言われて
ざーっと血の気がひいております。
そ、そうだったかも!
自分では、一会の説明資料アルバムにいれたりして
何回も見ているのでとっくに載せた気になっていて失礼しました。。。

a0042928_1246171.jpg


鹿児島、南原農園さんのジャスミンはぷっくりしててかわいくて!
今回特別にジャスミンを仕入させていただいて
一人ひと箱、という大盤振る舞い中でございます。
本来一人ひと箱使ったら、ジャスミンだけでレッスンの花代がふっとぶような
お嬢様高級花なんですよ。
うに丼頼んだら箱ウニで来たよわーい!というよな贅沢レッスンでございます。
(なぜ食べ物に例えたがる・・・)


来週火曜日は満席ですが15日水曜日19時からのコースに空席あります。
今回は登録生徒さん限定ですが
お申込みはこちらまで。


では皆様今日もおつかれさまでした。


一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-01-08 13:05 | ブーケ | Comments(1)
『花時間』秋号のクリスマスリース
a0042928_18281552.jpg


雑誌『花時間』秋号で製作させていただいた
クリスマスリースです。
・・・って発売から随分たって、申し訳ありません!

この美しいページを自分がカメラで撮って掲載しようとすると
途端にイマイチになってしまい、
撮りなおしてから・・・と思ううちに
あっというまに修羅場時期にはいってしまい、(言い訳終了)

a0042928_1829914.jpg

でもリースは読者の方にも好評だったと伺いました、
ほっと安心、大喜びしております。
a0042928_18285217.jpg


「『花時間』さんで一会を知って」とブーケを申し込んでくださる
花嫁さんのお話を聞いていると、
その記事って5年以上前ですよね、という方がたくさん。
大事に持ってる、という方がたくさん。
みなさま本当に『花時間』さんを好きなんだなあ、と思わされます。

「『花時間』をめくってて、岩橋さんのブーケ、
もう名前見なくてもわかるようになりました」
と言われたりします。

無名だった自分を、文字通り、世に出してくれた雑誌でした。
というかそれまで食うや食わずだった自転車操業が
ご紹介くださったのを機に、やっと軌道にのったというかんじです。

a0042928_18293324.jpg


深い感謝をこめて・・・
(という割にほんとに仕事が遅い!!!大赤面です)

そして、上のリースの美しいお写真の数々は
山本正樹先生によるものです。
その山本先生を一会の狭い事務所にお招きしてのカメラ&花レッスン
11月26日。

って来週? え、マジ?? 
本日、生徒の皆様にメールをお出ししました。大赤面2。
もしかしてお手元に届いていないという方はご連絡ください。

なお今回あまりにも何もかもおせおせで、
当日現金清算でお願いしています。
できましたらぴったり12000円お持ちくださると嬉しい次第です。



では皆様今日もお疲れ様でした。



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2013-11-22 18:46 | carpe diem | Comments(0)
花時間さんの手帳 FlowerDiary2014
a0042928_215256.jpg


あの花時間さんから
手帳が発売されるそうです。

a0042928_2195088.jpg


その扉部分に、以前作らせていただいたブーケの写真を
使ってくださっています。

わー・・・うれしいなあ。
自分自身でも好きなブーケだったので、
こんなふうにまた別の場所に息づかせてくださって、
この日この時作った花は、当然ながらもう一輪もこの世にないけれども
こうして来年の手帳の最初のページになって
一年を手にした人と一緒にいさせてもらえるわけで、
・・・
すごいなあ。
ありがたやありがたやなむなむなむ。と拝みたい気持ちです。


花というものを扱って生計をたてているので
当然ながら、花を仕入れては切って挿して届けて捨てる、
毎日の繰り返し。

でもこの日のブーケに使うことができた花は、もうなくっても
別のいのちをもらっているわけで、
まさに、花屋冥利につきるなあと思います。



花時間さんは、中国語に翻訳されて
アジア各国で発売されたのだそうです。

秋号の発売は明日。



学生時代のアルバイトのころから
手に取って勉強していた花時間さんにこうして掲載してもらえるなんて
そのころは思いもしませんでした。
努力すればすべてがあがなわれるわけではない、でも
かなう夢もあります。



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-09-05 21:21 | ブーケ | Comments(1)
新郎新婦様からのメール バラのウエディング2 『花時間』ウエディングvolume2 
昨日の記事の続きです。

a0042928_1923725.jpg

結婚式に向けて、どんなふうにお打合せをして
どんなふうに準備をするか。

a0042928_19151845.jpg

その準備のひとつとして、
おふたりは一会の単発プリザーブドレッスンにきてくださって
お色直し用のブーケと、ご両親へのギフトフラワーを手作りされました。
写真は、ご新郎様がひとりでふたつ作ったご両親への花。

新婦様は、自分の色直しブーケを手作りしている様子を

a0042928_19153475.jpg

新郎様が激写。

a0042928_19154674.jpg

・・・激写しようとしている様子を、花時間のカメラマンさんが激写。
しようとしている様子を、自分が激写。
マトリョーシカ。


a0042928_19155279.jpg

最後にもいちど、5つのポイントのうち

a0042928_19232929.jpg


これはぜひというお話を明日にひっぱります。


では皆様今日もおつかれさまでした。

お世話になりました会田さまご夫婦には
心からの感謝を。
お二人のご多幸を心からお祈りしています。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2012-12-27 23:59 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール バラのウエディング 『花時間』ウエディングvolume2 
a0042928_19442678.jpg

それは、今年7月7日のご結婚式でした。
『花時間ウエディングvolume2』(株式会社エンターブレイン発行)
知っておきたい!「バラウエディング」成功への道
撮影・瀧岡健太郎氏 構成と文・中谷真奈美氏 取材協力・シェ松尾天王洲倶楽部様


お二人がどんなふうに花の準備をすすめたか、
ご両親へのギフトの花やブーケを手作りしていかれる様子、
そして当日まで、という密着取材、
その折の装花を担当させていただいています。

年の瀬も押し迫る今日になってやっと、
この記事をご紹介できるようになりました。
ていうか、この記事をご紹介せずに、まさか年を越すわけには!
(本当に遅くなって申し訳ありません!)

でもまずは、
a0042928_2024594.jpg

お式の翌日に、ご新郎様からいただいたメールを
ご紹介させていただきます。
そのメールに添えてくださったお写真で
花嫁様が手に持っているのは、受付の装花、うさぎ付。
宴後、お二人がお持ち帰りになったあとに
撮ってくださったお写真だと思います。

a0042928_19192670.jpg


昨日は、本当に、本当にお世話になりました!!
率直な思いとして、岩橋さんに
お花をお願いして本当によかった、と心から思います。
本当にありがとうございました。

a0042928_19193478.jpg


新婦のブーケ、そして会場にちりばめられたお花達。
特に会場のお花は、新郎新婦二人とも度肝を抜かれました(笑)
チャペル、

a0042928_19194161.jpg

テーブル装花グラス内に
季節感たっぷりのあしらいの青いお花、


a0042928_19191860.jpg


メインテーブルの素敵なお花…
思い返してもキリがないほどの素晴らしさでした!

何より私新郎が最高な気分になれたのは、やはり螺旋階段!
「秘密の花園じゃないか! !」
と勝手に一人猛烈なテンションになってしまいした。

a0042928_19194981.jpg

コンセプトに「秘密の花園」の要素が
入っていなかったならば、スミマセン(笑)
実は私は、バーネットの「秘密の花園」が、
好きな物語ベストスリーには入るほど大好きなのです。
人生の大舞台にて自分がディコンになれるとは…
本当にありがとうございました!

a0042928_19195692.jpg


そして受付には可愛い「ウサギ」が…
やっぱりあのウサギのお花は、本当に可愛いですね。

このメールを書いている時点で、お花の素晴らしさ、
もっと味わっていたかった…という思い等々、いろいろよみがえってきます。

メールや言葉では伝えきらないほどの嬉しさ、幸せ、感動、感謝 があります。
少しでも岩橋さん、
そして一会のスタッフの皆様に伝わるといいな、と思います。

本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0042928_19451354.jpg


お二人には撮影にあたりたくさんの作業を
お願いしていただいたにもかかわらず、お二人ともいつも
にこにことご快諾くださって、優しくまっすぐなお人柄。
ただただ、あらためて深い御礼を申し上げます。

そして撮影にご快諾ご協力くださった
シェ松尾プランナーKさま、天王洲倶楽部の皆様、
本当にありがとうございました。

明日はレッスンの折の裏話などを。

では今日もおつかれさまでした。

しかしほんとにほんとに今頃で・・・
これについてはいろいろと深いわけが(以下言い訳長文を省略)

あの初夏の七夕の一日。

お二人のお仕事をさせていただけたこと、
思い出して、今、本当に感謝しています。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2012-12-26 20:37 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。