ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:花を仕事にするということ ( 358 ) タグの人気記事
熊本花嫁さま支援 一会からブーケをプレゼント(下心込み)
a0042928_13552053.jpg

今回の震災により、結婚式の延期を余儀なくされた
被災地の花嫁様へ、一名に一会からブーケをプレゼントします。
こちらはお送り先が決定しました
ありがとうございました!


写真は2011年、花時間さんの企画で
銀座三越のブーケ展に出展した、
プリザーブドフラワーのブーケ。
このブーケの顛末はこちら

こういうプリザーブドブーケでも、

a0042928_23263438.jpg

こういうアーティフィシャル(造花)のブーケでもOKです。

こっちの写真は昨年の、ホテルウェスティン東京様へのブーケ、
花嫁さまが、お色直しで持ってくださっている写真は
こちらです。http://ichiecarpe.exblog.jp/21626725/

そして、日程ご相談になりますが生花ブーケでもOKです。
a0042928_23254891.jpg

こちらは2011年日比谷パレスへのブーケ。
花嫁さんの写真はこちらです。

夏は高温になりますので、生花ブーケの宅配は難しいのですが、
逆に夏ならオフシーズンだし
自分で持っていけるかもしれないなあ。
・・・日程さえあえば。
a0042928_23581945.jpg


なんならドレス飾りとかまでアテンドしちゃえるかも。
http://ichiecarpe.exblog.jp/21859127/
・・・日程さえあえば。

と、かように、
結婚式の花の仕事は
何よりも「日程第一」なものですから、
ご応募の際は、延期になりました日程と会場名を
お書き添えの上、info@flowers-ichie.comまでお願いします。

とはいえまだまだ余震が続くというニュースを、
今日も、東京で見ています。

きっと今はそれどころじゃなくて
でも準備して楽しみにしてらした結婚式、
でもそれどころじゃなくて、
でも、結婚式が、
でも・・・
と思う気持ちを、花嫁様のことを、
ちょっと想像すると胸がつまります。

別に実際に応募しなくても、
もしかしたら東京からブーケが宅急便でやってくるかもって
想像してもらったら、それだけでも、
一瞬、ちょっと楽しくなった。

そう思っていただけたらば、
ほんの少し、気持ちを明るくできたならば、
ブーケ屋としては本望でございます。

あわよくば宅急便じゃなくて岩橋付かもしれないし。
そしたら花冠でも花ドレスでもできるかもしれないし。


え、ダレデスカ?どうせ温泉目当てだろうとか言ってるひとは。
失敬な。

ええ、温泉狙いですとも。

(以下読み飛ばし推奨)
地獄温泉清風荘のニュースは、びっくりでした。
食いつきましたとも。
だってここは全国でも数少ない
自家源泉の足元湧出なんですよ!
そもそも足元湧出とは(以下自粛)。

で、そこから湯布院にまわってさー今度こそ玉の湯に泊まってさー
いや天草もいいなあ、
久々に長崎でちゃんぽん食べてうなぎ食べて
平戸大橋わたってひらめ食べて、
もういっそ五島列島とか!壱岐対馬とか!
ああでも飛行機高いんだよなあ。
とかとかとか。
下心、過積載中です。

今日はじめてこのブログを読んでしまった方には、
たいへん申し訳ないのですが、
書き手がちょっと旅オタクです。
本来は、結婚式の花のブログなんです。




自分が昔、熊本城にいった時は、夏の盛りでした。
お堀沿いには、見事な楠の大木。
うるさいくらいの蝉しぐれ、
まぶしい木洩れ日と、
生い茂る葉を見上げながら
固い樹皮に手を触れたら
とても、暖かったことをよく覚えています。

血が通っている感じがした。
樹皮一枚の下で、樹液が
とくんと流れている感じがしました。



ああ温泉いきたいよう。
って書かなきゃ美談で終わるのに。


プレゼント企画その2;震災寄付で一会のブーケをあげちゃうよ!
についてはまた別途記事にて。




では皆様今日もおつかれさまでした。




母の日は受注終了しました、
ありがとうございました。

単発のプリザーブドレッスン開催
5月1日日曜 13時~満席・キャンセル待ち不可です
5月15日日曜 13時~受付中です

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~

お申込み、お問い合わせはこちらから
単発レッスンお問い合わせ



ブーケ、装花のお問い合わせ


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-04-25 23:14 | carpe diem | Comments(0)
男気生花レッスン ご友人の手作りブーケと花飾りでライブ&ウェディングパーティ 
a0042928_13171863.jpg


3月4日の男気生花レッスンの言い出しっぺ、
ご友人の結婚パーティに「ブーケを作ってあげる!」と
二つ返事で引き受けた、生徒のCさんより
当日のお写真をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
友人曰く、ブーケはイメージどおりのミックスカラーで
とても可愛いと喜んでくれました。
特に、黒いドレスに合わせた黄色の蘭が可愛いと
お気に入りでした。
さすが岩橋先生!お花のセレクトがすばらしいです!!
花嫁のツボがわかってらっしゃるなぁと感動しました。

お店のスタッフさんや司会をお願いした
二次会業者さんの司会の方、
ヘアメイクの方、ゲストさまから、
こんなに生き生きしていてキレイなブーケ&ヘッドパーツ、
お花のアクセサリーは見たことがないと言われました。
a0042928_1319062.jpg

お店のスタッフさんは、
お花がみずみずしくてキレイすぎて、
フェイクかと思ったら本物でびっくりしたそうです。

二次会業者さんの司会の方は、
たくさん二次会の司会をしてきたそうですが、
こんなにいろいろなお花がミックスされた個性的で可愛いブーケは
見たことがない、と言って何枚も写真を撮ってました。
a0042928_13192156.jpg

ヘアメイクさんは、お花が大中小たくさん用意してあって、
使いやすくて助かりましたと仰ってました。
特に、小さいブルースターとミニバラが重宝したそうです。
さすが若手アシスタントさんです!
ありがとうございました!!

新婦のヘッドパーツは、前半はピンク色、
後半新婦お気に入りのオレンジの蘭を足しました。
お花もりもりでとっても華やかでした♪
新郎のブートニアも同様に、後半蘭を足すようにしました。
新郎もお花に感動していて、
「これどうなってるの?すごいね!すごいね」と
楽屋でずっと言ってました(笑)
a0042928_13254412.jpg

お花のアクセサリー、
当日朝、生花をリボンに縫い縫いして、可愛くできたと思います。
新婦も武器セットを気に入ってくれて安心しました。
ライブ中、手元に視線が集まるので、
アクセサリーがあってよかったと思います。

a0042928_13251170.jpg


当日の写真を何枚かお送りさせていただきます。
ライブはとてもカッコよくて、会場がわあっと盛り上がりました。
新婦はサックスソロパートがあり、カッコよかったです~~~!

本当にお世話になりました。
大切な友人の大事な時間に
花を添えることができました。
友人の幸せな姿に、私も幸せな気持ちでいっぱいになりました。
本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結婚式のお花って、
なくてもいい。
別に安い造花でもいい。

という考えが、たくさんあることを、
こういう職業の自分は、よく承知しています。

それも、もっともだと思う。

しかし実際結婚式というその場所において、
それが、生花であるということ、
心を込められたひと塊の花が、
花嫁と花婿のそばにその日咲くということ、

その日、二人のために
花が咲いているということが、
予想をはるかにうわまわる感動を生む。

そんな場面を、
こういう職業の自分は何度も立ち合います。

どんなに言葉をつくしても、
その場にいた人じゃないとわからないと思う。

ご友人だけのウェディングパーティ、
「ブーケはなくてもいいかな」と
つぶやいたご友人に、
即座にひとかかえの花を差し出した、
男気あふれるCさんの心意気に、
敬礼!

押忍!


では皆様今日もおつかれさまでした。



a0042928_13201287.jpg




単発のプリザーブドレッスン開催

4月2日土曜午後(満席・キャンセル待ち)

5月1日日曜午後(予約受付開始)

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。

生花レッスン
4月19日火曜日 13時~および19時~(2~3時間程度)
レッスン料2160円 花材は5400円または8640円どちらか選択制

お申込み、お問い合わせはこちらから
単発レッスンお問い合わせ



ブーケ、装花のお問い合わせ


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-03-29 19:54 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
還暦のお祝いのお花、アグネスホテルの花嫁様からお母様へ
a0042928_20375415.jpg

お母様へ、還暦のお祝いのお花。
一昨年の、アグネスホテルの花嫁様からのご注文でした。
還暦なので、赤いバラ、
そして結婚式のブーケに入っていたイブピアッチェ。
(これは自分の勝手でいれてみました)
緑色のベルみたいな花は、バイモユリといいます。
(これは自分の趣味でいれてみました)


母は一会のお花のファンなので、

そうおっしゃってくださってのご注文。

この花嫁様が、そのメールに書いてくださった

・・・・・・・・・・・・・・
何かで読んだのですが、
「買わない理由が値段ならそれは買うべきもの。
買う理由が値段ならその買い物は考え直すべき」ということ。
この日にしか手に出来ないお花、
よい買い物をしたと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・

という言葉は、
今も折につけ思い出され、励まされます。

結婚式のブーケを、おとどけした。
喜んでもらえた。

それからまた一年後、こうしてご縁が続くこと。



地味で地道な仕事だけど、
目指したかった着地点は確かにそこだと思う。

たった一日の花だけど、
いつまでも記憶に残るような花を。

実は昨年の12月、そのご結婚式記念日に
お母様から花嫁様へ、
フォトフレームのご注文をいただいておりました。

サプライズで驚かせたつもりでいたら、
今度は自分が、こんな還暦のお花をもらって
「びっくりぽん!でした」
と、お電話で話してくださったお母様、
キュートすぎでした。

お嬢様にも
お母様にも
ここから深く、御礼を。

ありがとうございました。
では今日もおつかれさまでした。




単発のプリザーブドレッスン開催
4月2日土曜午後(満席・キャンセル待ち)

5月1日日曜午後(予約受付開始)

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。

生花レッスン
4月19日火曜日 13時~および19時~(2~3時間程度)
レッスン料2160円 花材は5400円または8640円どちらか選択制

お申込み、お問い合わせはこちらから
単発レッスンお問い合わせ



ブーケ、装花のお問い合わせ


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-03-28 20:36 | ギフト | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 2011年3月12日に長野まで届けたブーケ
a0042928_12431115.jpg

5年前の今日、長野までお届けしたブーケ
花嫁様から、5年越しにお写真をいただきました。

許可をいただけたのでご紹介を。

花嫁様は実はお花屋さんでした。
そして当時、長野から一会まで、毎月
通ってくださる生徒さんでもありました。

この披露宴入場用のブーケや花のネックレス、肩飾りなどを
一会で作らせていただいたほかは、
他の挙式用、お色直し用ブーケやウエルカムフラワーなど
沢山の花を、ご自分で手作りされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご無沙汰しております。
震災から何年何ヶ月とニュースで報道されるたび、
あぁ、結婚して何年何ヶ月たったんだなぁと思います。
きっとこれから先、節目の年には報道があり、
また同じように震災の日と結婚式の日を
思い出すのだろうと想像します。

以下のメールは、その年の9月に書いたものですが、
すみませんそのまま送らせて頂きます。
文章を書くのはものすごく下手なのに、
長々と自分の事を先生にお話したくて
書いてしまいました。

a0042928_1385234.jpg

何から書いていいか・・・

結婚式の日から、もう半年がたとうとしています。
先生には本当に、伝えきれない感謝の気持ちでいっぱいです。
私はもちろん、私の家族も、先生のおかげで家族揃って結婚式を挙げることが
できたこと。本当に感謝しております。

前日、店でリングピロー、ウエルカムフラワー、
ブーケなどを作っていた時に起こったあの地震。。。 
店にいたため、まったくあんな大きな地震とはわからず、
東北の方だけでなく、
東京もとてもゆれたのを知ったのは、
母が妹と連絡がつかなくなったと連絡をくれた時でした。
a0042928_1310273.jpg


母が私のところへ来て、妹とやっと連絡がつき東京の様子を知り
先生は大丈夫だろうかと、
何回かかけてやっと電話がつながった時に
こちらへ向かおうとしてくださるのを聞き、とてもびっくりしました。

残念ながら、中央道が止まっていると聞いていたのでお伝えしましたが
先生と連絡がつき、それだけで少し安心しました。
が、私のブーケのことより、
先生がこちらへ向かっているときにまた地震があったり
したらどうしよう・・・
事故にでもあってしまったらどうしよう・・・と心配で心配で。。。

そんなことがあったら、
今後の花嫁様は先生のブーケを持てなくなってしまう。

先生のお花を楽しみにしてくださっている方がたくさんいらっしゃるのに、
こんなときに長野に来ることで、
先生のこれからに何かあってはならないのにと
うまく伝えられず不安でぐるぐるなっている私に、
先生は大丈夫ですよと、
なんとかお届けしたいと思っているとおっしゃってくれて、
不安でしたが、少し心が落ち着きました。


彼からも連絡があり、式場から連絡があったと聞き、
私の方にもプランナーさんから連絡があり
とても心配してくださって、でも大丈夫です!と励ましていただきました。

ひとおおり連絡がつき、
それでも明日は結婚式を挙げるんだと
私はブーケを、花を作らなければならないのだ。
と動揺した気持ちをなんとか少し落ち着かせ、
予定では一人で余裕で作れるはずだったブーケなどの花は、
それでも動揺と緊張でどうしようもなくなってしまい、
スタッフの子や、近所でお世話になっている花やさんにも
応援していただき、
なんとか9時過ぎには予定分を作り終えることができました。
彼も心配して私の顔を見に来てくれました。

両親への手紙を、寂しくなってしまって
どうしても前日まで書く気になれず
でも、書かなければ。
伝えたいことがたくさんあるのだ、と
結局2時すぎまで起きていました。


当日。
起きてみると、とても静かでした。
a0042928_13113162.jpg


とにかく、朝、まだ作りたい、
作らなければならない花があったので
父が見ているテレビを横目に気にしながら、
だんだんとわかってくる地震の状況に
不安になりつつ朝食を済ませ、
出かけようとしたときに先生から連絡をいただいて。。。

妹の心配をしてくださって、連絡を取り乗せてきてくださると。
母とバタバタと慌て焦りながら妹と連絡を取り、
後は、先生と妹にまかせて
無事に来て下さる事を祈り、
花を作りに、結婚式に向かいました。


欲張って、色々と自分用の花を作ったのでとても大変でした。
せっかく花の仕事をしているのだから、
好きな花で好きなように作りたい。

花の仕事を始めて、最初の頃に読んだ
花時間での先生の仕事の記事。
ウエディングの花のお仕事の記事で、今でも覚えています。

それから花時間を毎月教科書のように読み、
やっぱりどの号を見ても気になる先生のお花。
ブログを毎日読むようになり、
いつかきっとかなわないだろうけど、先生のブーケを持ちたい。
先生のお花で結婚式がしたいと、
相手もいないうちからひそかに思っておりました。

彼と付き合うようになり、結婚をすると決めましたが、ひとつ条件が。
花の仕事をやめ、彼の両親がやっている会社、
彼が継ぐ会社に入ること。

その決心が出来た頃に、偶然レッスンの空席の記事を読みました。
花の仕事をやめるのなら、
悔いの残らないようにしよう。と、レッスンの申し込みをしました。
ちょうど、レッスンの日が私の休日と合っていたし、
このタイミングを逃したら、
絶対後悔するに決まっていると思いました。
最初のうち、花の仕事を辞めるのに、
なんでいまさら東京までレッスンに行くの?
と、口には出さないですが思っていた彼にも
事情を説明して納得してもらいました。

妹と、先生のお顔が見れたときには、
本当に安心してとてもとても嬉しかったです!

前日、朝のバタバタがうそのように、
鏡の前に座るとふっと落ち着き
でも、もう準備が整う時になっても彼と、
「まだ、実感わかないね(笑。」と言い合い、
プランナーさん、ヘアメイクの友達に
「いやいや、そろそろ実感もって下さい!!」とつっこまれ
母が、昨年の誕生日にプレゼントしてくれた
パールのネックレスを母に着けてもらうと
少し寂しくて、泣きそうになりました。
a0042928_1314810.jpg

式は、絶対に泣くだろうと思っていましたが、
案の定、チャペルのドアが開いた瞬間に泣きました。
もうそれからは、ずっと泣きっぱなしです。
教会から出る頃には、ちょっと嬉しさもまじり、楽しくなりましたが。
a0042928_13144027.jpg

式が終わり、控え室に戻った時です。
先生のブーケに出会えました!

ゆっくりじっくり眺めていたかったですが、そんな時間はなく・・・
ヘアメイクの友達と、先生に披露宴用にお色直し?してもらい、
色々してもらっている最中にもお花が気になって気になって
仕方ありませんでした。
a0042928_1316248.jpg

ブーケを持ったときの第一印象は、ずっしりしていて、
しっかりと花が使ってあるんだなぁー・・・と。
本当に大好きな花が一番きれいな状態で咲いていて
(当たり前なのでしょうが、本当に感激しました)、
嬉しくて嬉しくて!!
a0042928_12451078.jpg

肩のところのワイヤープランツも、
後ろのヒヤシンスも、さっき仕上げていただいたという
すずらんのネックレスも、カチューシャのようにつけてもらった
ワイヤープランツと、いおりとあじさいとライラック・・・
どれも素敵すぎです!こんな風にたくさん花を、
グリーンを身につけることができて幸せでした!
a0042928_12431115.jpg


披露宴の入場の前も、ずっとブーケを凝視。(笑)
始まってからもなるべく持っていたくて、友達や花の仕事をしている仲間に
見てみてっ!! かわいーでしょっ♪♪ すごい素敵でしょっ♪♪とアピール。
嬉しそうな顔でブーケを持っている写真ばかりになりました!

a0042928_12563459.jpg


お色直し後は、前日くじけそうになりながらワイヤリングをし、
朝、時間と戦いながら作った花冠と、ドレスパーツ。

せっかく花屋なんだから、変わったブーケをと思っていたのに、
思い切ることができず結局ラウンドになった(苦笑)、ブーケ。とともに過ごしました。
先生にお願いした雰囲気とは違う、はっきりした色のブーケ。
イヴピアッチェと、フリンジのパンジーを使って。
自分では、素敵に出来たと思っています。
a0042928_1257567.jpg

ダメなところ、いっぱいあるとは思うのですが(笑)
一目ぼれした不思議な色のドレスに合うように。。。と一生懸命作りましたので。
a0042928_12582492.jpg


頭につけているのも、腕に巻いているのも、
ベールの下になってしまっているけれど、腰についているのも
全部生花なんだよ~!と、アピールもしつつ。
a0042928_1315787.jpg

式や披露宴が始まってしまうと、地震の事を忘れてしまうくらい楽しくて、
もっともっとこの時間が続けばいいのに・・・と思いました。
a0042928_1312351.jpg


送らせていただいた写真ですが・・・
実はいまいち当日のカメラマンさんの写真が気に入らず・・・↓↓
当日撮ってほしいと思っていた所などが全く打ち合わせすることが
出来ず、なんだか全体的に残念な写真が多かったのです。

リング交換の後、ブーケの上で手を重ねて撮って欲しかったとか、
ウエルカムフラワー、受付のアレンジ、リングピロー。
花の写真がどれも少なくて。
やはり撮ってくれるだろう、という思い込みはダメですね。
キチンと伝えなくては。反省点です。
a0042928_1317234.jpg

夢だった先生のブーケを持つことができ、教室も通えて
本当に本当に嬉しかったです。
とても素敵で本当に夢のような時間でした。
ありがとうございました。
ブーケを、妹を届けてくださり、
教室での素敵な時間を、本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0042928_13174754.jpg

後日、「とても仲良し」という花嫁様のお母様からも、
恐縮するほど丁寧な御礼の言葉を頂戴しました。

a0042928_13185194.jpg

カメラを構えているのは当時東京在住の妹さん。

a0042928_13192351.jpg

こちらは妹さんの撮ったお写真。

あの日、高速の多くは通行止めになりました。
前日に高速バスで長野まで移動予定だった
妹様も足止めになったと聞いて、
エブリィで長野までご一緒したのでした。


「先生の私生活が謎すぎる」と、
生徒さんにささやかれる自分ですが
このときはやっぱりテンパってたのか、
初めて会った妹さんと道中、恋バナなどで盛り上がり、
それも楽しかったことでした。
初対面の人とガールズトーク、生涯でたぶん最初で最後・・・。


a0042928_13255880.jpg

こちらは前撮りの時の写真、
このバックコサージュも花嫁様が作られたもの、
さすがの出来栄えです。

a0042928_13284390.jpg

長野、伊那の超美味のリンゴジュースと、
畑に沢山咲いているというクローバー
一会が、あのころプリザーブドクローバー募金などもしてたのが
嬉しかったと書いてくださいました。

a0042928_13303548.jpg


あの日、花を届けることができてよかった、
と振り返るたびに思う。
御礼をいうべきは私です。

自分にもできることがあって、よかった。
そう心から思えた。

あの不安が続く日々に、
そう思えたことが、嬉しかった。

ありがとうございました。

今、お写真を見返すと、まるで昨日のことみたいに
まざまざと思い出します。

笑顔を、ありがとうございました。


では皆様今日もおつかれさまでした。

追記。
この「ふたつのアルプスが見える町の
完熟りんご果汁」!
ほんとに美味しい~~~!
昨年のふるさと納税を、
すべて果物枠につぎこんだ自分は、
小躍りしております。
長野、伊那までお越しの皆様はぜひご賞味を。



単発のプリザーブドレッスン開催
3月21日祝日(午前午後とも満席です)
および
4月2日土曜午後(空席アリマス)
ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。
単発レッスンお問い合わせ



ブーケ、装花のお問い合わせ


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-03-12 12:31 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール ブーケと涙と 山の上ホテル&神田教会の花嫁様より
a0042928_2223258.jpg

カトリック神田教会で挙式、山の上ホテルご披露宴の花嫁様。
ブーケを見た瞬間に号泣してくださった、
このお写真をついに載せる日が来ました。

今日こそと思い、何度もブログを書きだしながら、
あまりに、思いが多くて
どう書いたらいいか悩み引っ張りすぎてごめんなさい。

a0042928_2225066.jpg

このアルバムを一会に作ってくださった方です。

a0042928_2284029.jpg


a0042928_2295162.jpg


a0042928_22134072.jpg

5月、白バラと白い芍薬のキャスケードブーケ。

a0042928_22145151.jpg

新緑の中の、お二人が夢みたいにきれいです。

a0042928_22243433.jpg

お色直しのブーケはこちら、

a0042928_2224177.jpg

ピンクのドレスにあわせて、
一会風のナチュラルミックスカラーのブーケ。


a0042928_2225438.jpg

「ブーケを見た瞬間はあれほど泣いてしまったのに、
この写真のときはおもいきり笑顔で
号泣してしまってるお父様にちょっと申し訳なかった」、
そう後日に、こそっと教えてくださいました。

a0042928_22271882.jpg


そして今、この笑顔の花嫁様は
なんと一会の定期レッスンの生徒さんとして
毎月、通ってきてくださっています。

a0042928_2232769.jpg

どんなに載せてもまだ載せたりない気がします。

どんなに書いても書きつくせない。

ブーケを見て、
こんなにも、涙をこぼしてくださった花嫁様のこと。


明日、もうほんの少しだけ
このエピソードを。

a0042928_22405180.jpg

ヘアメイクmakkyさんからのご紹介でした。
http://www.happymakky.com/
http://maki421.exblog.jp/
a0042928_22433036.jpg

言葉に表せないほどのこんなに有難いご縁を
一会につないでくださったことに
ここから深い感謝を申し上げます。

当日のかっこいい一言にしびれました。


a0042928_22375955.jpg

またこの感動の連続を、
美しい写真で伝え、残してくださったのは
カメラマンのaccoさんです。
http://www.accophotography.com/


ではみなさま今日も本当に、お疲れ様でした。




ホワイトデーギフト
http://ichiecarpe.exblog.jp/22447361/

3月4日金曜夜 単発男気生花レッスン(&ちょっとおしゃべり会:希望者)
http://ichiecarpe.exblog.jp/22474723/

3月21日祝日午後
および
4月2日土曜午後
単発のプリザーブドレッスン開催
ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。
単発レッスンお問い合わせ



ブーケ、装花のお問い合わせ


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-03-02 22:44 | ブーケ | Comments(0)
イチエッタ 日常に花を飾る
a0042928_2234208.jpg

先日のイチエッタを受け取ってくださったのは
一会の元花嫁様。
こんなにかわいい写真を送ってくださったので、
許可を得てご紹介。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お花無事に届きました。
これでもか!というくらい入っていたので
びっくりしました(;^_^A

早速葉を落として花瓶にいけましたが、
あまり大きな花瓶がなくて無理やり入れています。

娘は花をむしりたくてしょうがないようなので、
手の届かないところに飾りました。

週末に一足先に初節句のお祝いをするつもりなので、
文字通り花を添えてもらおうと思います。

すごくどうでもいい話なのですが、
久しぶりにバラのトゲを見て、
子供の頃母の育てていたバラのトゲを取って、
唾をつけて鼻にくっつけ「トゲが生えた~」と
遊んでいたことを思い出してしまいました(;^_^A
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
想像しちゃってそれもかわいい。

a0042928_22345036.jpg

イチエッタは、今の花嫁様と過去の花嫁様を
つなぐ花です。

(でも花嫁様でなくてももちろんOKです。
ただただ早い者勝ちなのが
申し訳ないところですが)

結婚式、というのはほんとに非日常な一瞬。
私にとってそれは生業(なりわい)なわけですが、
もぐりとはいえ花屋なものですから、
みなさんに花を飾ってもらえたら嬉しいなー
というのは常日ごろ思っております。

日常に花がある生活。

結婚式の花は一瞬のもの。

でもこうして、結婚式が終わった今も
その時の結婚式の花屋のブログなんかまだ見てくださっていて、
送ってくださる写真の向こうに、
透けて見える、幸せな日常のかたち。

ちょっとじーんとしております。


では今日もお疲れ様でした。


ホワイトデーギフト
http://ichiecarpe.exblog.jp/22447361/

3月4日金曜夜 単発男気生花レッスン(&ちょっとおしゃべり会:希望者)
http://ichiecarpe.exblog.jp/22474723/

3月21日祝日午後(満席キャンセル待ち)
および
4月2日土曜午後
単発のプリザーブドレッスン開催
ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。
単発レッスンお問い合わせ



ブーケ、装花のお問い合わせ


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-02-25 22:41 | ギフト | Comments(0)
ラウンドブーケ アニヴェルセルみなとみらい様へ ある日ネットで見て一目ぼれしたブーケを持てて良かった
a0042928_2241159.jpg

本日アニヴェルセルみなとみらい様へ、
お届けした春色ミックスカラーのブーケでした。
花嫁様が大好きというブルースターの花をいれて。

先ほど花嫁様からメールが届き、
今日は朝からステキなステキなブーケをありがとうございました、
とあります。
*翌日許可をいただいて、メールとお写真を追加でご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんばんは!
本日お花を届けていただきました、○○です!
朝からステキなステキなブーケを届けていただき、
本当にありがとうございました!!!
私がこんなにステキなブーケを持っていいのかな…と
思うほどかわいくて、春っぽくて、いろんな色が入っていて。
とにかくステキでした!!

ブートニアも、ブーケと色があっていて、
新郎にも春色のお花をつけてあげられてとても良かったです。
リストレットのブルーは、ドレスとぴったりで!!
ゲストさんに、生花でしょ?と言われるほど素晴らしかったです!!
ヘッドドレスと合わせて作ってもらえて嬉しかったです。

ある日ネットで見て一目惚れした
一会の岩橋さんのブーケを持てて良かったです。
本当にありがとうございました。
これからもステキなブーケを花嫁さんに届けてあげてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わーーーいありがとうございます!!!
たくさんたくさん喜んでくださって、
嬉しい!これが花屋の醍醐味だ!とつくづく思います。

ありがとうございました。


本当は、予算の関係もあって、
色ドレスと白ドレスと共通のブーケを持とうというお話でした。
でも色ドレスは、とても華やかな青いドレス。

白ドレスにも色ドレスにも両方に似合うブーケは、
結局白に青をアクセントにいれるようなブーケしかない。

でもこの春色カラーのミックスブーケがとても好きで、
どうしても好きで。

そうおっしゃってくださって、
結局白ドレスにはこの春色ブーケを持ち、
青い色ドレスにはリストブーケをつけることに。

a0042928_22172840.jpg

ドレスとぴったりだったと、喜んでくださいました。

後ろのリボンは、いただいたドレスお写真を持って
リボンの木馬のショールームに出かけ、
ぷすぷす煙が出るくらいリボンをガン見しながら
探してきたものです。
うん、この色だ!というリボン。

a0042928_13463553.jpg

取り急ぎ、と花嫁さんが送ってくださった
写真の片隅に、
このふたつの花が写っています。
a0042928_13464432.jpg

それは花嫁様の葛藤、逡巡、迷い、節制。

そののちに選択する、
決断と岐路と、覚悟。

だから、いい花を作りたかった。

しかし、
いい花を作ろうと思っても
そうは簡単にできません。

いい花をそろえて、いい材料をそろえて、
毎日なにかと泡だつ日常の中、
心を平静にして
深呼吸して、
前日に2時間かけて作って、
朝もしつこいくらい手直しをして、粘る。

そしてようやく送り出す小さな花。


たくさんの葛藤を乗り越えて
今日一会に花を頼んでくださった、
一人の花嫁様に、出来る限りの、万雷の拍手を
お伝えできたらと思います。

どうかお二人の未来にたくさんの光が
降り注りますように。
結婚式の一業者である私からの
できること、

その最後のひとつは、

お二人の幸せを祈ること。

どうかお二人がシアワセにこの先長い長い人生を
たくさんの苦難を乗り越えられて、
光に満ち溢れる日々を過ごせますように。


では今日も本当にお疲れ様でした。




2月13日到着 フラワーバレンタインギフト 大好きな人に花を送ろう

2月14日バレンタイン当日
単発のプリザーブドレッスン開催
こちらはカップルさんでもお1人でも、
結婚式の花の手作りでもそうでなくても、ご参加可能です。
*1月31日の単発レッスンは、1月20日現在午前午後とも満席です。
2月14日 単発プリザーブドレッスン


2月20日 花とカメラのレッスン(カメラレッスンのみも参加OK)

ブーケ、装花のお問い合わせ

単発レッスンお問い合わせ



一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-02-07 22:24 | ブーケ | Comments(0)
梅、椿、冬、春、一切
a0042928_23413453.jpg


何も考えてないタイトルですが、
白梅と椿。

毎月一度、しつこく10年以上通ってる
和花の稽古です。
なんかいっこうにうまくなりませんが、
いいの。気休めなの。
せめて今日、自分にできることをしてるという
歩く道の幅みたいな感じです。

毎日寒いですね。

朝戸繰りどこも見ず只冬を見し 原 石鼎

過去に何度も書きましたが
自分は、花屋ではありますが、
冬が一番好きだー!

きいんとした夜明け前の朝の、あの、
光がパリパリと静電気みたいに感じられる、
なんだろう、この静かな感じが、大好きだー!


もう咲いてゐますと夜の梅の声 太田保子



待ちてさく梅の香よりもうれしきはあしたの窓にひらく一ひら
小中村清矩



一切をふりむかずくる春の濤(なみ) 太田保子


やがて春になるころは、
もうすぐ冬が終わるころ。

春になるのは嬉しいんだけど
冬も好きなので、
そのはざまでいつも葛藤。

毎年この季節に、
いつも、ちぇっと思いながらたどる、
かすかな逡巡。



では、今日もみなさまおつかれさまでした。
なんかしょうもない記事でほんとすいません。
と形ばかり謝って、今日も本当にお疲れ様でした!


2月13日到着 フラワーバレンタインギフト 大好きな人に花を送ろう

2月14日バレンタイン当日
単発のプリザーブドレッスン開催
こちらはカップルさんでもお1人でも、
結婚式の花の手作りでもそうでなくても、ご参加可能です。
*1月31日の単発レッスンは、1月20日現在午前午後とも満席です。
2月14日 単発プリザーブドレッスン


2月20日 花とカメラのレッスン(カメラレッスンのみも参加OK)

ブーケ、装花のお問い合わせ

単発レッスンお問い合わせ



一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-02-05 23:00 | carpe diem | Comments(0)
新郎新婦様からのメール もしブーケが10万円だとしたら  ホテルメトロポリタンエドモント様へ
a0042928_20382362.jpg

ホテルメトロポリタンエドモント様へ、
ウェディングドレスのブーケと色打掛用の花飾り、
そのほかたくさんをお届けしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日の結婚式では、心のこもったブーケ、
盛りだくさんのヘッドフラワー、
祖母へのお花、父のブートニアと、
たくさん届けて頂き、本当にありがとうございました。
(中略)
a0042928_20404990.jpg

色打掛のヘッドフラワーも、
ボリュームもりもりでかわいいお花ばかり。

ヘアメイクさんに「何輪頼んだの!?」と、
驚かれました。

どれも素敵で選べなかったので、
頭2/3くらいお花で埋まるという贅沢な使い方で、
ほとんど全部を使わせてもらい、みんなからも大好評でした!

そのお花たちも、式後数日間きれいに咲いていてくれました。
a0042928_20413399.jpg

届いたお花たちが、みんなきれいで全く傷ついておらず、
岩橋さんが大事に大事に作って下さったこと、
きっとアシスタントのHさんも、
すごく気を付けて届けてくださったこと、
しっかり伝わりました。

結婚式を通して、多くのプロの仕事を知りました。
そのほとんどが、
形には残らないものや、
一度しか、それもごく短い時間しか使われないもの。
どこまでお金をかけていいものか、たくさん悩みました。

でも、買う側がその仕事に価値を感じられるものであれば、
いくらであっても高くはないのだということも知りました。

たとえば岩橋さんのブーケが10万円であっても、
わたしはお願いしていたと思います。
私にとって、岩橋さんのお花は、そういうものたちでした。

a0042928_2042123.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの人にとっては、
この花嫁様が書いてくださった最後の一文、
仕事に価値が感じられれば10万でもいいというところ、
「え、ブーケに10万! わ、わからん・・・」
というほうが、普通なのかも。

と、このブログを書きながら思います。


正直に言えば、作り手の自分自身でさえ
わーそこまで言ってもらっていいのかな、
と思う気持ちはあります。

その一方で、とても腑に落ちる、
 
 ああ、きっと、キモチが届いたんだ。


たくさんの花を仕入れて
それを前に悩んだこと、
作りながら何度も組み替えたこと、
a0042928_1335975.jpg


ブーケは4シェアできる仕組み。

少しでも傷がつかないように慎重に梱包したこと、
アシスタントさんがそれを丁寧に車に積んで、
しっかり固定しろってうんざりするくらい
私に言われていることを思い出しながら
そっと、運んでくれたこと。

そういうのは形ではないけれど、
言葉ではないけれど、
なんか、伝わるんだろうなあ。


なぜかというと、
同じようなことを真面目に私に語ってくださる花嫁様は、
やはり過去に何人も、いらして、

そして少数ながらも、
このブログを今日読んでくださっている方のうち、
「わかる」とうなづいてくださるかたも
確実にいると思うので。

たぶんそれは、一会の元花嫁様です。

池になげこんだ小石の波紋がだんだん小さくなりながら、
笹の葉の小舟がほんの少し揺れる。
かすかに伝わる瞬間。

そういう瞬間が、確かにあります。

請け手の花嫁様と、作り手の自分が、
ただの花にしかすぎない、
ひと塊の花で、
共鳴する瞬間。

a0042928_20454658.jpg

おふたりが一会の単発プリザーブドレッスンに参加してくださったのは、
昨年の6月のことでした。

a0042928_22332813.jpg

ひさしぶりに写真を取り出してみる笑顔に、
今も心をわしづかみにされています。

丁寧にブーケを作ること、
心を込めて作ること、
それ以外には何もできない。

でもそれに共鳴してくださるような、
そんな花嫁様がいてくださる限り、
できるかぎり、ブーケを作れたらいいなと思います。

では皆様今日もおつかれさまでした。




2月13日到着 フラワーバレンタインギフト 大好きな人に花を送ろう

2月14日バレンタイン当日
単発のプリザーブドレッスン開催
こちらはカップルさんでもお1人でも、
結婚式の花の手作りでもそうでなくても、ご参加可能です。


2月14日 単発プリザーブドレッスン


2月20日 花とカメラのレッスン(カメラレッスンのみも参加OK)

ブーケ、装花のお問い合わせ

単発レッスンお問い合わせ



一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-02-02 22:40 | ブーケ | Comments(0)
イチエッタ今昔 結婚式の花の小さな後悔
a0042928_10584985.jpg

元祖イチエッタのお花をお届けしたときのお写真です。

一会には、うっかり市場で花を仕入れすぎてしまったとき、
花をたたき売る制度があります。
その名もイチエッタ。
ちなみに、「一会でブーケを持ちました!」の略です。

もともとの発端は、3年前、
http://ichiecarpe.exblog.jp/15000792/

このときの元花嫁様から、
先日バレンタインギフトのご注文をいただいて、
(つまり結婚式後も7年にわたって
このブログを読んでくださっている。涙)
過去のメールをふと見たところ、

当時、お写真の掲載の許可をもらったまま
載せてないことが発覚!ぎゃあ!またやらかしてる!
すでに3年が経過していますが
恥をしのびつつご紹介を。。。

その時にいただいたメールには、
結婚式の花の小さな後悔もつづられていて、
今も読み返すと胸がいっぱいになってしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当時の自分は結婚式にそれほどの思いもなく、
身内だけでささやかに出来ればと思って
式とお食事会がセットになった
ホテルのプランで結婚式を行いました。

打ち合わせの段階でブーケの話になり、
私はラウンドブーケでやりたかったのに
ホテルのお花屋さんの見本では
私のイメージにあうものがなく、
そのなかで一番シンプルなもので決定しかけたのですが、
値段が確か5~6万円して「気に入ってないのにこんなに払うのはいやだ!」と
後日事情を説明してキャンセルし、
ネットでいろいろ調べていたときに一会さんのHPに
たどり着いたんです。

でも、式まであまり日がなかったし、
こっちは新潟、一会さんは東京、
生花のブーケは無理だと判断して
新潟のお花屋さんに一会さんのブーケ画像を見せて
イメージに近いものをつくっていただきました。
(その後、どうしても我慢できずご連絡して
和装用のブーケ作ってもらいましたが。)

式当日、生花のブーケを見て
「これが岩橋さんが作ったものだったらどんなだったろう。」
と、心の中で思いました。
すごくかわいいブーケだったんです。
でもこんな風に思ってしまったんです。

一会さんのHP、岩橋さんのブログは
当時毎日眺めていたので
岩橋さんのブーケに対するあこがれはどんどんふくらみ、
こんなことならもっと早く準備を始めるんだったと
本当に後悔しました。
今でも同じ気持ちです。
出来ることなら4年前に戻ってもう一回結婚式をやり直したい!
・・・無理なんですけどね(^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなことを書いてくださったら
花屋冥利につきます。

そしてこの時、こちらの元花嫁様が頼んでくださった
「一会におまかせの自宅用の花」が、
今もイチエッタとなって
脈々と受け継がれてしまっております。



a0042928_1112484.jpg

先日のイチエッタの方から、お写真を頂戴しました。
ちょうどご主人さまが振替休日で、

・・・・・・・・・・・
「たくさんの花は、俺の休日を癒してくれるだろう」
と、意外にもファンタジーな事を申しておりました。笑
・・・・・・・・・・

・・・って、素敵ーーー!

a0042928_11143839.jpg

こちらはまた別のイチエッタの方が
送ってくださった写真です。

この花の写真のお二方は許可を頂いていないのですが
どちらも元花嫁様、きっとOKくださると思うので掲載を。

今日の花嫁様から、
過去の花嫁様へ、花のおすそ分け。

花で、手をつなごう

花の、手をつなごう

イチエッタ倶楽部。


↑キャッチコピー。


ではお疲れ様でした。。。


2月13日到着 フラワーバレンタインギフト 大好きな人に花を送ろう

2月14日バレンタイン当日
単発のプリザーブドレッスン開催
こちらはカップルさんでもお1人でも、
結婚式の花の手作りでもそうでなくても、ご参加可能です。
*1月31日の単発レッスンは、1月20日現在午前午後とも満席です。
2月14日 単発プリザーブドレッスン


2月20日 花とカメラのレッスン(カメラレッスンのみも参加OK)

ブーケ、装花のお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=520999

単発レッスンお問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=558218


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-01-28 11:17 | ギフト | Comments(2)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。