ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:花を仕事にするということ ( 392 ) タグの人気記事
単発レッスン  一度 会う
a0042928_23222061.jpg



今日は昼と夜、2回単発レッスンを行いました。
昼のレッスンは生花のラウンドブーケでした。

この写真はその生徒さんのものです。

「良いですね」、と一言そう申し上げて
写真を撮ろうとしたところ、
「あの、なにかアドバイスを」と、求められました。


そこで数分、このブーケを見つめて考え込んで、
でもいうべきことは何も無いことに気づいて
それを、そのときどう言葉に変換すればいいのか
わからなかったのです。


きっと細かい注意をあげれば、いくらでもある。

でも、このブーケ、この花は魅力的です。
(・・・と、皆様、思われませんか?)

この生徒のかたは、花のお仕事をされています。
そういう、仕事として花をなさっている方に対しては
また特別に、言葉が慎重になります。

その人の花は、その人だけのものなので、
その勢いをそがないように、
その魅力を最大限にできるように。
と気をつけてレッスンしています。



a0042928_23304483.jpg


ベージュ、アンティーク、紅茶。
このふたつのブーケは、それぞれのベージュ。
似て非なるようで、でもそれぞれの「絶対」です。
その人にとって、今日一度だけ会う花。

a0042928_23305768.jpg


左の方は、ブーケを作るのが今日はじめてという方。
右の方は、花を続けていらしてでもこれから
一会のレッスンに参加してくださる方。

どのブーケにも、それぞれの魅力があります。
そう私が今更書かなくてもいいだろう、というくらい。



夜は、花屋さん限定の花をいけるレッスン。
・・・こちらは気づくと写真を一枚も撮りませんでした。

今さら気づいて申し訳なかったですが、
でもそういう花も、あっていいですよね。

今日一度だけの花。

所詮、私のような素人の写真には撮りきれない。
こんな文章では伝えきれない。


にしても皆様が帰り支度しているのに、つい、
花について、演説してしまい、
思いのほか遅くなってしまって恐縮でした。
迷惑じゃなかったらいいのですけど。。。赤面。



(ついでに、もうひとつ書いていいですか。
「花の市場で姿を見かけましたが、
結構ぼーっとしていましたね」と
対面してしみじみ言うのはやめていただきたいです。
そこで、そうそうと横で同意するのもやめてほしい。

けっこう、よく言われます。

「市場で見かけたけど声かけませんでした」とか。
「ブログの印象よりぼーっとしてました」とか。
そういうときは、遠巻きに気の毒そうに見るのではなく、
一言、つっこんでもらえませんでしょうか。
ぼーとしてますとも。と開き直ります。
朝には弱いんです。・・・弱いんです、てば!)




ではみなさま、今日もお疲れ様でした。

昼から夜まで、一日、しゃべりたおしましたが
存分に演説できて私には楽しい一日でした。
ほんとに、迷惑なほどでした・・・



あ、最後にもうひとつ。まだいうか。
この写真のいずれも、生の花のほうが
何倍も素敵でした。
ほんとうに。たぶん、伝えきれない。




では今度こそ、おつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-08-12 23:42 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)
ブーケ 天使の   働くひとびと2
a0042928_2111249.jpg


以前に一度ご紹介した天使のときのブーケ。


7月20日、
この日が一会の2008年上半期、最後の仕事でした。

その直後に、私はミャンマーとそれに続く
北海道の旅行をいれていました。

どんなに休日をとっても
この最後の仕事まできちんとうちかえさないと
休日中にどこかひきずっていしまうだろう自分の
性分も、わかってました。


当日、会場のスタッフの方が、
「一会さんのブーケはいつもかわいいけど(太字で)
今日はまた、とりわけかわいいですね」、

そう、こそっとささやいてくれました。

またまたまたそんな、社交辞令を。
あの、周囲の方にも聞こえるようにもう一回大声で、
言ってもらえませんか?
社交辞令でいいですから。



「花嫁さんすごく喜んでましたよ」

そのひとことで、やっとお休みをいただくことができました。





そして、ミャンマーと北海道より戻って
一会夏季休業明けの今日は、夏冬の定例の大掃除。

今回はいつもより人数が少なめだったこともあって
打ち上げは麻布十番の寿司でした。
ていうか、私、北海道でこれが今年の食べ納めだと思って
魚を食べためてきたのですが。

皆さんのリクエストにより、仕方なく寿司。


しかし、やまほど働いたあとの、
ビールも穴子も、やっぱり格別です。
これは、やまほど働かなかったら食べられない味だと思う。

お金があっても買えないものがありますし、
逆にこんなビールのために働いているのかもしれません。

働く→
食べ物が美味しい
→食費を稼ぐためにまた働く

・・・エンドレスでは?
という疑問を横において

ではみなさま、今日もほんとにお疲れ様でした!
by ichiecd | 2008-08-10 21:26 | ブーケ | Comments(0)
一会アシスタント募集のお知らせ 
a0042928_23381193.jpg


北海道のオンネトーという湖。


こんにちは 一会主宰の岩橋です。
(ひさびさなので・・・つい自己紹介を。
いつもは毎日このブログを書いています。
ただ一会は8月7日まで夏季臨時休業をいただいています。
不定期でアシスタントが出勤してこのブログも代筆しておりますが、
とくに後半、明日から4~7日はご連絡がとりにくい状況です。
ご了承ください。申し訳ありません。。。)



一会ではこの秋にむけてスタッフを募集します。
全部で3種類あります。


A定期アシスタント

勤務内容  ウェディングフラワーデザイナー アシスタント
ブライダルの製作、セッティングなど
*一会ではブーケは基本的に岩橋が作っていますので
会場装花そのほかの製作となります

勤務時間 金曜土曜を含む週3~5日勤務で応相談 
土日は多少長時間になることがあります。
   
資格 1 都内を運転できること 
    2 一年以上の花の仕事の経験があること。

2008年8月から12月までの短期契約も相談に応じます。
ウェディングフラワー経験者は優遇します。
35歳くらいまで。



B登録アシスタント

仕事内容は上記と同じです。登録して土日を中心に
ご自分の都合のよいときに勤務できる制度です。
早朝手当、皆勤交通手当、技能チェックによる昇給などがあります。

未経験者でもかまいませんが運転は必須です。


C事務およびスクールアシスタント
こちらは以前の記事をご参照ください
週に2日程度でかまいません。

未経験者、運転のできない方も可能です。

一会の定期レッスンのある月4日、
第2第3火曜日および第2水曜日、第4月曜日
それぞれの夜22時ごろまで
勤務できる方だと助かります。


いずれも、一会HP 左下のリクルートの項目をご一読の上、
タイトルを「リクルート A定期」などとしてご応募くださいましたら幸いです。
なおAとCを同時にできる方でもかまいません。




一会は、この秋は、会場装花はついに一日に一組にまで
させていただこうかと考えています。

すでに何件もお断りしたりお返事を保留にしたりしています。
本当はたくさんお受けするほうが仕入れはしやすい。
でも、ていねいにやろうと思いました。

しかし、でもなお人手が足りないので
どなたかお手伝いくださる方がいれば、・・・

ちなみに、現在スタッフは登録まで含めて10名程度でしょうか。
アシスタントアシヤマは現在
以前より若干少ない勤務でお手伝いをお願いしており、
アシスタントポチは事情あって休業中、マツは退職、
うさぎや100金番長やナウシカさんはすでに何年目だっけと
指おり数えてしまいますが
相変わらずのほほんとしております。
登録の方の中には
いつも早朝現れてはぱきっと仕事を片付ける頼りになるUさんも
お子さんを育てつつご家族の理解を得て参加してくださる方も
最後まで元気で働いて喜んでお花を持って帰ってくれる方も
23歳の若さがまぶしくかわいいニューフェイスさんも。
書ききれなかった方はごめんなさい。
でもみなさまには本当に感謝しております。


以上お休み中ながら、北海道旭川からお伝えしました。
ちなみに今回、旅先が北海道になったのは、
それが最近ブログを肩代わりしてくれた
アシスタントちゅうの故郷であるというのも一因です。
北海道の人ってほんとにいい人だなーとつくづく思った。。。

たぶんこのあとは7日までネットがつながらないと思われます。


a0042928_5182877.jpg


写真は今日夕方の旭川、
雨の中のバス、山の端に突然
雲の隙間から太陽が橙に輝いて
劇的だったのでした。

息をのんでいる間に陽は沈んでしまいました。
ああ、沈んじゃいましたね、と感嘆してつぶやくと
同乗者の見知らぬおじさんが
「また昇ってきたらどうする?」。
そういう展開を望んだわけでは・・・


ではみなさま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-08-04 05:27 | carpe diem | Comments(1)
楽しむ花
a0042928_23415571.jpg

残念ながら・・
というのが本当に残念に思うくらい、
実はこれは私の作品ではなく
生徒さんの作品です。
このお写真も、ご自身の手によるものです。
あんまり素敵なので、
イヤになります。
心が狭い。
しかし、嬉しいです。

レッスン後に、生徒さんから
メールをいただきます。

おうちに帰って、また楽しくて
花を活け続けていたら
一緒に暮らしているインコに
「いい子にしてるのに遊んでくれない!」と猛抗議された、とか。

月に一度のレッスンの花を、携帯で撮って
お母様に送っているという方とか。
お母様もまたそれを楽しみにしてくださっているとか。

花の写真を葉書にして、お知り合いと私あてに
送ってくださるかたとか。

「今日作ったキャンドルアレンジに火をともして
これから夕食です、
でも、うどん、なんですけど」とか。


すべてのお返事は書けないのですが、
すべて、じーーーん!と
感動して拝読しています。


一会のようなへんぴなところへ通ってくださって
そうして花を数時間楽しんでくださって、
またそれをおうちでも楽しんでくださる。
こんなありがたいことがあるでしょうか。
いやないです。
講師として、ほんとに、こんなに、
ありがたいことはございません!!!
メガホンで申し上げたいくらいです。


a0042928_23422916.jpg
a0042928_23423686.jpg


こちらは、ご自分の大事にしているぬいぐるみに
余った花をつけて遊んでみました、というお写真。

私はそのとき、この送られてきた写真を見て
思わず大笑いしてしまいました。
すごく疲れてたのに疲労が瞬時に
ふきとびました。
嬉しかった。
すぐにお返事を書き、許可をいただいて
このブログに掲載しました。

しかし、言葉足らずでした。

その方がその日初めていらしてくださったこともあり、
かえって「あんな写真を送って、失礼だったのでは」と
恐縮されてしまったのです。

なので、いったん削除して、その方にもう一度許可を得て
あらためて掲載することにしました。

楽しんでくださって、嬉しかったです、
そうお伝えしたくて。


「花はこう生けるべき」「こう生けねばならない」
というルールみたいなものは、確かにあります。
でもそれは、こう生けたらよりよく見えやすいという
黄金率のようなものです。
あるいは基本を手で覚えるためのものです。

だから、楽しんでもらえるのが一番です。

インコやご主人やお母様や大事なフクロウのぬいぐるみ、
そうした、そのご自身の時間と一緒に、
その方のそばで、ひと時を生きて咲くことができるのなら
生きている花にとってこれ以上のことが、あるでしょうか。
いいえ、たぶんありません。

どう咲いても結局は捨てられていくわけだから
その時間を、皆さんの傍らで、楽しんでもらえるのなら、
ときどき眺めてその気持ちを和ませるのなら、
それ以上のことはない、と思うのです。





そしてもうひとつ、小声で、付け加えるならば、
私はこのブログで、遠まわしに誰かを批判したり
揶揄したりといったことはしない、と
決めております。

そう決めることである意味「規則」ができて、
それが結局自分を助けるからです。
言葉には言霊があるんじゃないかとかそんなあやしげなことを
どこかで信じているから、ということもあります。


(しかし愚痴は山ほど言っていますが。。。
それはあの、愚痴は言えば気が済むことなので・・・
誰かや何かを批判するということはございません。

誰かを不快にさせることはブログには書かない。
なので、ここに掲載することは
本当に好きで楽しかったからです。
しかしちゃんと伝えないと伝わらないかもしれない。
そうも思いました。勉強させられました。


私は、もう、今は自分で仕事をしているので
心が伴わない仕事はしたくないし、
好きではない人と一緒に仕事をしたくないし、
いくらお客様でも、その生徒さんのことを
影で笑うくらいなら、いっそ、お断りします。
そんな程度の仕事というなら、こんな思いをして自分で一会をするより
どこかに雇われてするほうがずーっと楽です。

だから、今きてくださっている
生徒さんのことは一人ずつ本当に大事ですし、
お一人お一人とゆっくりお話をする時間が
あまり多くはないですが、でもいただけるメールはとても嬉しく
拝読しています。

その方の毎日に、そこに花を添えられるのなら
こんなに嬉しいことはありません。

という、超・演説かつ年寄りモード。)


8月23日の13時からのブーケレッスンは満席になりました。
16時から追加レッスンをするか、お返事待ち中です。

12日のほうはまだがらがらです。
お盆だから・・・ですよねえ。


リクルートのお返事もまだまだ葛藤中です。
申し訳ありません。

では、みなさま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-07-14 23:16 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
1年後 ただ1度 きらきらの瞳で

a0042928_1210280.jpg


それは一年前、ブーケを
お届けさせていただいた方、
今は海外にいる新婦様新郎様おふたりから
メールで写真が届きました。

私の中でと一会の中ではそのときのブログ記事タイトル
「きらきらの瞳で、の新婦さん」で、どんな花だったか
思い出せるしその笑顔を思い出せる。
そんな忘れられない新婦様のおひとりです。

偶然なのですが、私のブログをすみずみまで
読んでくださり、たまたまお届けしたアシスタントの
名前と自分の名前が同じだということで、
そのことでも、とても喜んでくださいました。
じーん。


朝は震えるほどなのに
市場から戻るころは汗をかくこの気温差は、
けっこうこたえます。
(私だけかな?
ほかの花屋さんはどうなんだろ、
と、そういえば、いつも思う・・・
「極端な温度差は花に良くない」というのをまるで
身をもって知らされているような気がします)

へこたれるし、朝起きられないし、眠れないし、
毎日騒いで過ぎていく、そんな毎日が積み重なった
その一年後、数年後に
「引っ越しました」、「赤ちゃんが生まれました」
そういって以前ただ一度お手伝いしただけの
花屋へお便りをくださるあのときの新婦様へ
この言葉にならない声が、届きますように。
今日この日もまた力をいただきました。ということ、
ただ1度だけ、あの日に、花をお届けできて
幸せでした。


a0042928_2144514.jpg



ありがとうございました。



では、皆様今日もお疲れ様でした。

明日もどうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2008-07-04 22:28 | carpe diem | Comments(0)
ご両親様への贈呈用のお花 プリザーブドのレザーフレーム
a0042928_23281894.jpg


お届けしたのは、装花でもブーケでもなく
ご両親贈呈用のこのお花だけです。

ちょうど一会で母の日ギフトの販売をしたころ、

新婦様から最初にメールをいただいたときは
もう母の日のギフトも受付終了という時期。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
九州ですので一会さまに会場装花はもちろんのこと、
ブーケも生花では望めません。
ギフト用も以前にウェディングで
ご利用の方のみとのことで、
それならば母の日ギフトで、と思っていたのですが、
今年は先行予約のみとの記事を読んだ時は
「なぜ欲しいのなら確認のメールを
出さなかったのだろう」と自分の小心さを恨みました。

ですが、今年も母の日ギフトを
予約受付するということで、
思い切ってメールさせていただきました。
文章が下手で、思いは伝わらないかもしれませんが、
ほかの花嫁さま方と同じように、私も一会さま
のお花が大好きで、とても大切にしたいものです。
岩橋さんの作るお花を母や義母にも見せてあげたいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気持ちのあふれるような長いメールをいただいて
その末尾にあった携帯へ
読み終わるなり、いきなりお電話したのでした。

もし、今日か明日にご注文確定をいただけるのなら
製作する時間がある。
でもあさって以降は無理だというような
ぎりぎりのスケジュールだったので。
母の日ギフトではなく通常のギフトとして
お請けする形で、お届けさせていただきました。

やがて、御礼のメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつもブログで見ていた一会さんのお花が
目の前にあることがしばらく不思議でした。

贈呈の時、それまで泣きそうな顔をしていた母が、
アレンジを見て「わあっ」っと
顔をほころばせたのがとても印象に残っております。
一会さまのお花は皆を笑顔にする力があるんですね^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご自分で撮ってくださったこのお写真は、
モノクロにしてエンドロールで流してくださったそうです。

本当に、ありがとうございました。


この5月は、あっというまでした。

今日は、夜に私用があり、しかし
よほどキャンセルして寝てしまおうかと思ったのですが、
なんとか持ちこたえて、それまでの時間に
たまっているメールを少し、返しました。
仕事はけっこう好きなんですが、
労働はぜんぜん好きじゃない・・・
できることなら朝でも夜でもなんぼでも寝たい!

しかしそれを踏みとどまるのは、
それはやっぱりこんなふうにメールをいただけるから、
新婦様の笑顔に揺り動かされるから。
依頼してくださる編集者の方に応えたいから、
大事なお客様を一会へ紹介してくださる
プランナーさんに恩を返したいから、
アシスタントさんを少しでも早く家に帰したいから、
いろんな理由はそれぞれ確かに本当です。

でも一番の理由は、そうやって持ちこたえた後に
修羅場あけに飲む一杯の
ドトールのコーヒーが
どれほど美味か、もう涙が出るほど
どんなに美味しいか、
味わいたいからかもしれません。


絶え間なく続く緊張と、やってくる安堵。
どんな名店の料理ともまったく違う種類の美味。
どこかある種の中毒に似ています。

ふらふらになりながら飲む
市場のカップ入りのココアに、
涙がでそうな数分間。

ましてや○○の鴨や××の穴子にいたっては
なにをかいわんや、と。
はあ、もう、おいしゅうございます。身が溶けます。
(○○や××には適当な店名をいれてください。
私は別にグルメではないですが、
自分の好きな店をこんなところでうっかり書いて
予約がとりにくくなっては困る。
なんたる打算。)


だから結局は、せっせと働くのって
一番は自分のためなんだなあ。
などと分りきっているはずのことを、
あらためて思う5月の夜でした。


あーあの鴨を今、食べたい・・・

では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-05-27 23:32 | 会場装花 | Comments(1)
ブーケ オーバル みどりのしずく 横浜ガーデン様へ  
a0042928_22154988.jpg


淡いみどり、純白の一重のバラ。
シンプルなようでいてたくさん、たくさんの
花で作られています。

一重のバラは、お母様がお好きなので、
というリクエスト。

大きなほうがウェディングドレス、
小さなほうがオードリー。
そしてスズラン。
a0042928_22123331.jpg


グリーンの小さな小さな花はアルケミラモリス、
あじさいのようなのはビバーナムスノーボール、
サンキライの実、ワイヤープランツという細いつる、
アイビー、ラグラス。


ブーケをお届けに行ったアシスタントさんに
やっと落ち着いて話を聞いたところ、
本来はホテル様へお預けするようだったのに
新婦様が「ぜひ会いたいから」といってくださって、
直接受け取ってくださって、とても喜んでくださって、
少し涙ぐまれてさえいらしたそうで、


今、この記事を書きながら、本当は
今日はもうブログは早めに切り上げよう、
そう思っていたのに、次に
続ける言葉が浮かばなくて、
なんと書いたらいいのか
どう言えば伝わるのか、
空白のこの行を、
埋められないまま、


見つめるPCの画面の片隅で、
小さな時刻の数ばかりが増えていくだけです。

もしかしたら
これはどんなに考えても
一晩たっても数日たっても何年たっても
言葉は見つからないのかもしれません。

いつか思いはいろあせても
私がその話を聞いた瞬間は結晶みたいに
残っては降り積もっていく気がします。

新婦様からのメール、お電話、
母の日の御礼のメールもいただいて
ただ本当にありがとうございました。

おってまたご連絡差し上げます。
本当にありがとうございました。

*明日14日はエキサイトブログのメンテナンスだそうで
午後にこのブログが見られない時間があるかも
しれません。どうぞよろしくお願い申し上げます。

では皆様、今日もおつかれさまでした。


寝よう!
おやすみなさい。
by ichiecd | 2008-05-12 22:46 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ラウンド おとぎ話のような
a0042928_23241380.jpg


バレリーナという小さなピンクのバラ、
真ん中にあるのはロマンティックレース、
やや右下がクレームドパルファム、
深いアプリコットはトワサンセットカップ。
副材としてあしらう小花は、アストランティアや
桜小町やアスチルベです。相変わらず好きな花ばかりです。

「花には、物語が欲しい」。
などと思います。

それは、夢物語でも、おとぎばなしみたいでも
まあいいんじゃないか、と思うのです。
結婚式というのは、多くの新婦様がその後おっしゃるように
たぶん、夢みたいな、不思議な
一日ではないかと思うので。

ちょっと現実味がないくらい、きれいすぎる夢。
でもそんな一日が、やがて珠玉の思い出になるように、
そこに花を添えられたら、と思います。


先日、ご結婚一周年目のあるご主人様から
メールをいただきました。
あの日のブーケと同じ花を
結婚記念日に妻へ送ってほしいというご注文。
以前このブログに載せたブーケの写真までが
丁寧に添えられていました。

だんな様からのこうした御注文はなぜか一様に、
ちょっと硬いくらいの文章で、丁寧で、
恐縮するほどです。
1年ぶりに拝見する懐かしいお名前。
しみじみと嬉しく、花をお送りして、
そしてまた先に頂いてしまった御礼のメールを
何度も、読み返したりしています。
花というものの力を、思わされます。

「大変なお仕事でしょうが頑張ってくださいね」
いつもいつもたくさんの新郎新婦様に
かけていただく言葉。

大変な仕事なのは、たぶん本当です。
でも先日の、カラーのお話もそうなのですが、
夢物語のようなおとぎばなしのような、
美しい・・・と言葉にすると照れてしまいますが、
でもとても、美しい、そのひとときを
分けてもらえる稀有な仕事なのもたぶん本当です。


忙しくなってきて、街を歩きながら、ふと
「帰って、寝よう」と無意識に声に出てしまうほど
怪しいやつになりつつあります。
でも、へろへろとよろめきながら市場に行くと、
良い花がたくさんそこにあるのです。
あれも欲しいしこれも欲しいし、
それもかわいいし、くー。
悩む。
予算オーバー。
どうする?
買う?
葛藤。葛藤。
買う。
かわいーーーーーーーーーーーー。

ハッピーホルモンが山ほど出ていて、
まあやっぱりいい仕事だなあと思うのでした。


では、皆様今日もお疲れ様でした。

ちなみに今、一会のFAXがやや調子が悪いのです。
ええいこんな修羅場時に。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
早急に復旧を・・・
by ichiecd | 2008-04-30 23:48 | ブーケ | Comments(2)
卓上に置く花 ゲストテーブル装花
a0042928_21433861.jpg


ネタはいっぱいあるのですが
書くだけの余力がない
そんなときは、
とりあえず
花の写真でお茶をにごします。

a0042928_21435546.jpg

今日のタイトルとは裏腹に、
とりあえず置き場所がなくて
卓上に飾る花を、棚の上のスペースに
ひとまず置かせていただいているところ。
待ち時間に撮ってみただけです・・・。(小声になる)

a0042928_22121063.jpg


とりあえずな写真でも、花のおかげで
お茶をにごせそうな雰囲気になるので、
実は、便利な職業なのかも。


ずっと以前の話です。
普段は、占いなどまったく見ないのに
そのとき、一度だけ見てもらった手相観の方に
「あなたは、たった一人で仕事していたとしても、
花と話している、そんな仕事をしている手だ」と
いうようなことを、言われたことがあります。

きっと、
「手相を観てもらう」という普段自分がしないことを
思いつく時点で、既にひよっている時期なのでしょうが、
そして、だからこそなのかもしれませんが、
その言葉はずっと長く、大きな支えになりました。
「占い」というものにつきまとうような
ふわふわした観念ではなく、
現実として、ちゃんと私が一日仕事をする日を伸ばし、
それを支えてくれた、
そう思います。

今もときどき両手を見て、
その線が薄れてないかどうか
こっそりと確かめてみたりしています。

今も、ちゃんと花の声を聞けているだろうか?
そう思って。

 「いつかあなたが有名になったら、
 このエピソードを本に書いてね」

そのとき最後に、その手相観の方はそう言って
笑ってくださって、本ではなくこんなブログなのですが、
でも感謝をこめて。

日笠雅水さんのテソーミルーム http://www.1101.com/maaco/tesomi/index.html


ではみなさま、おつかれさまでした。
(ほんとにおつかれさまでした。復唱)
by ichiecd | 2008-04-17 22:05 | 会場装花 | Comments(0)
選別
a0042928_0432732.jpg


右上から、白が「ジーノ」、
淡いピンクベージュの「スイートローズベール」、
ラベンダー色の「リトルシルバー」
セピアピンクの「エスター」。

どれも、わずかながら花弁に傷がついていて
ブーケには使えなかったバラです。


選別された、こういう花たちは、
会場装花やギフトアレンジになります。
なりきれない時も、たまにあります。


少ない脳をとことん、ぎゅーっと絞って、
花のやりくりを考え、少しでも、
くまなく無駄なく使い切ろうと考えても
やっぱりロスはあります。
私の中のボーダーラインは
やはり厳としてどこかにあって、
これを下回ったらもうお客様には出せない。
そんな花は最後には
この一会のある小さなマンションの
前の路地に出されます。

 ご自由にお持ちください。

最近は、近隣の方にもその習慣が浸透されたのか、
道路に花を出しておくと、一瞬でなくなります。
秒殺。

でも嬉しいことです。

願わくば、お持ちになった方の時間を、
その花がひととき照らすことができますように。

などと偽善のようなことを思いつつ、
いやしかしそろそろ募金箱でも
置いていいんじゃない?などと
腹黒いことも考えつつ、
では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-04-07 23:41 | carpe diem | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。