ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:春の装花 ( 242 ) タグの人気記事
春の装花 マダムトキ様へ 花は花ではなく、心を形にする手段
a0042928_22115230.jpg

今日、代官山のマダムトキ様への装花です。

a0042928_2263042.jpg

一軒家のフレンチレストランでの結婚式。
このシチュエーションに心動かされる乙女多数と思われます。

a0042928_22114789.jpg

受付の装花。
お打合せ時、ご新郎様の鶴の一声で、追加されたお花です。
「やっぱりここにワンポイント、花を置こうよ。」

a0042928_2282536.jpg

それは今年、2014年の春のはじまりに


a0042928_2283226.jpg

ひとつの素敵な結婚式に花を添えた仕事でした。


a0042928_22113450.jpg

どこかに桜を使ってほしい、
というリクエストにお答えして

a0042928_22114268.jpg

お二人の後ろに桜の花を。
カメラマンさんが傍らで見ていて
「この桜ってふつうのより、ちょっとピンクが強いですね」とおっしゃってくださいます。

そうなんですよ。
春の強くなる日差しに映えるように、
市場でピンクの強い品種を自分の目で見て選んで、
仕入れています。

a0042928_22113798.jpg

席次として、
お二人の手書きの封筒が一枚ずつ、
客席に置かれています。

そこに一枚のアイビーの葉を添えて。

それは、今日来てくださったゲストの方へ
お二人のお礼の心の証左です。

御二人の気持ちが、一枚の葉。





自分が駆け出しのころ、
あるお客様に「花なんかどうだっていいんだよ、
名前を書いた札が大事なんだ!」と叱られたことを思い出します。

そう、花が好きな自分のエゴじゃなくて、
ただ花がきれいなだけじゃなくて、
名前の札こそ、きちんとしなくちゃダメなんだ。
このお客様の心を、形にしなくちゃ意味がないんだ。

痛切に思った。


花という形を借りて、心を届けるんだ、と今はようやくわかります。

「こころ」という臓器はないのだけど
たとえ有ってもその臓器は目に見えないのだけど、
確かに、厳密に、絶対に、人一人ずつにその臓器が有って、
そしてその心を深くくみ取った花を届けることができたらば
いつも必ず感動されます。

逆に粗雑な仕事をしたら、ずさんな仕事をしたら
それもたぶん、すぐに伝わってしまう。


花は花であって花ではなく、こころだと思う。


こころから心に物を思はせて
身を苦しむる我が身なりけり  西行 (←しつこい)


では今日もお疲れ様でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク貼り担当:アシスタント山田花子のプチ情報♪

こちらの花嫁様の素敵なカスミソウの贈呈用花束の記事はこちらです。
ずずずい~っとスクロールしてご覧ください♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo


by ichiecd | 2014-04-05 22:18 | 会場装花 | Comments(0)
春の装花 とりかごの高砂装花 シェ松尾青山サロンさまへ
a0042928_22135991.jpg


このままお持ち帰りができる、ちっちゃな鳥かごの卓上装花です。

a0042928_22144079.jpg

一瞬何かわかりませんが

a0042928_2214271.jpg

これもメインテーブル、いわゆるお二人が座る高砂の装花です。

春らしく、新緑のグリーンをいれて。
ひらひらしたアジアンタムという葉っぱが
マイブーム中。

a0042928_22144486.jpg

デザートビュッフェテーブルの装花は
ブーケと歩調をそろえてちょっとセピアピンクです。

a0042928_22144943.jpg


では皆様今日もおつかれさまでした。

ちょうどとりかごの花のお問い合わせがあったので
たまには真面目に装花のご紹介をしようと。

いやいや
たまにはじゃなくてちゃんと真面目に仕事してます。

と、ブログに
ひとりボケ突込みが多くなってきたら
いい感じにへたれてきた証拠です・・・



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo


by ichiecd | 2014-03-28 22:24 | 会場装花 | Comments(0)
ティア~セミキャスケードブーケ 八芳園さまへ 雪解け
a0042928_11303920.jpg


ブーケをお届けした花嫁さまからメールをいただいて、
ご紹介させていただきます。

一会から徒歩10分、桜の美しい八芳園の新婦さま。

この日のボールブーケを持ってくださった方です。
a0042928_12124398.jpg


ボールブーケでプルズをどうしましょうというご相談で
和装に似合う花のリングをご提案、
大成功だったようです。楽しそう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当日はとても素敵な
お花たちをどうもありがとうございました!
控え室に入ったとたん、
用意されていた和装ボールブーケを見て、
思わず「可愛い〜!!」と
声に出してしまいました。

梱包もとても丁寧で、
一会の皆様が大事に作って下さったんだなと思いました。

ブーケプルズも皆の驚いた顏はもちろんプルズが終わった後は
ピンポンマムの指輪を皆つけていてくれて、とても嬉しく思いました。
岩橋様に相談させて頂いて本当に良かったです。

セミキャスケードブーケも、とにかく色々可愛くて可愛くて…
ヘアードも本当にたくさん用意して頂きまして、
お花をいっぱいに髪に付ける事が出来ました。
贈呈用の花束も、お願いしていた通り、
春色でしかもたくさんの種類のお花を入れて下さり、
とっても素敵でした!!!

お花たちは今、自宅の玄関できれいに咲いています。
ブーケはお花の間から給水を何回か試みています。
きれいな状態を維持できるよう
とてもしっかり作られていることにまた驚きました。


本当に、大変お世話になりました。
昨年、一会さんのブログを拝見し、
勇気を出してメールして良かったと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当にありがとうございます。涙。


では皆様今日もお疲れ様でした。



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo


by ichiecd | 2014-03-18 11:28 | ブーケ | Comments(0)
定期スクール2月 春の花のブーケ ラナンキュラスとチューリップ
a0042928_2136785.jpg


みんな、かわいかったですよ!!!

と言いつつ明日また一会の定期レッスン日だから
駆け込みで記事を書いているわけではありません。
ていうか既に先週も3月のレッスンをしているわけですけれども。
毎々仕事が遅くて申し訳ありません。


2月は春の花のブーケ、
こぼれるようなこのブーケを最優秀賞に。
以下ずずいと写真のみでごめんなさい!

a0042928_21375941.jpg
a0042928_21373449.jpg
a0042928_21371018.jpg
a0042928_21364863.jpg
a0042928_2136217.jpg


すべてのブーケの一覧はこちら

https://www.dropbox.com/sh/r3rz8vsphjocf84/muO2GIQfxR

a0042928_21355073.jpg


今月、3月のテーマは、
春の花木の花瓶活けあるいは
「岩橋の過去に行ったところ自慢」大会。
ミャンマーとかベトナムとか
フィンランドとかモロッコとかで買い込んできた器に
みなさん花を活けてね、というお祭りです。祭りなのか。

来月はバラてんこもりのブーケ、もしくはハーブとグリーンと草花のブーケの
どっちかでいまだ迷い中です。
しばらくバラやってないしなあ。うーん。

あと来月から、生徒の皆様がブーケの持ち帰りに便利な
ワンタッチブーケスタンド(そのまんまのネーミング)を導入いたします。
欲しい人は105円だよ!←増税前に100均で買った。

あと(あとって言うな)
Facebookでアシスタントさんが紹介している
市場レッスン、次回は夏です。
またどうぞご検討ください。
(なお、こちらのレッスンは一会の定期生徒さん限定です。)

a0042928_21353824.jpg


定期スクールのお申込みはこちらから。
現在昼は満席です。夜のコースは空席あります。
あ、やべ!HPのスクールの値段も8%になおさなくちゃなんね。
ああこの忙しい最中にもう。


ではお疲れ様でした!

ちなみに文中の「△」は、
「ここにリンクはってね」という
無精者:岩橋からのアシスタントさんへの依頼マークなんですが、
実際にリンク貼り作業がされるまで
どうしても1~2日のタイムラグがあります。

なので、△のときは
後日もう一度読んでみてくださいませ。

めざせ!一粒で二度おいしいブログ。(ものはいいよう)

ではおつかれさまでした。


一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-03-17 21:54 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
春の装花 シェ松尾天王洲倶楽部さまへ
a0042928_93446.jpg


らせん階段の中空に浮かぶチューリップ、

a0042928_93239.jpg

いっぱいの春の花で。

a0042928_94351.jpg

シェ松尾天王洲倶楽部さまの装花でした。

a0042928_945354.jpg

ご列席のゲストにはお子様も多いので

a0042928_951358.jpg

楽しんでもらえるように、空に浮かぶ花で。

a0042928_953810.jpg

受付のウエルカムうさぎは同僚の方の手作りでした。

実は大変お世話になった方だったので
あれもこれもしたいと欲ばかりでしたが
2月の大ピーク時と重なって
a0042928_9341617.jpg

写真もあまり撮れずじまいでしたが

本当におめでとうございました。

では今日もおつかれさまでした。



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-02-22 09:01 | 会場装花 | Comments(0)
花冠の花嫁様 とある会場様へ 大人テイストのムーミンのような世界観
a0042928_16554175.jpg


クリックして、いただいた画像をひらいて思わず
わあーーと声をあげてしまいました。

かわいいよ、ちょっと来て~見てーとアシスタントさんを
呼びつけて見せたくなった、そんな写真をいただきました。

a0042928_16555375.jpg


生花の花冠。
大人テイストのムーミンの世界みたいに、と
持ってきてくださったその素敵なイラストを何度も何度も
見ながら作りました。
http://ichiecarpe.exblog.jp/17851822/

「イメージを伝える」というのはとても難しいことです。

花自体に詳しいわけじゃないけれどもこだわりがあって、
ムーミンといってもメルヘンじゃなくて、甘くなくて、
ナチュラルなんだけどナチュラルそのものというわけでもない、

そんな自分の中の世界観を伝えるために
いろいろと工夫してくださいました。


a0042928_1656363.jpg


アームレットはプリザーブドで。

a0042928_16561581.jpg

頂いたメールです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お花とっても楽しみにしていましたが期待通り!
いえ、期待以上でした!
周りからの評判もとても良くて皆さんに褒めてもらいました。
支度を手伝ってくれたスタッフさん達も、
「この花冠すっごく可愛いですね!」と言ってくれました。

打ち合わせの段階からとても丁寧に慎重に対応してくださり、
当日の仕上がりを見て「なんてかわいいのかしら!!」
と嬉しい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

繊細で心のこもった作品に囲まれて
本当に幸せな時間が過ごせました。

本当にありがとうございました!
一会さんへお願いしてよかったです。
夫も感謝の気持ちを伝えてほしいと申しておりました。

きっと今もまだお忙しいと思いますが、
お身体に気をつけて頑張ってください!
ずっと応援しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、会場装花は持ち込みNGの会場様でした。

こういう場合には、自分はむしろ慎重になります。
あまりに交渉が重なって花嫁様が疲れてしまっては申し訳ないので、
NGと解っている会場様へ、
自分から無理におすすめすることはありません。

でも花嫁様の世界観が、まず何よりも
はっきりあって、
それを実現したいというたくさんの紆余曲折の末、
お届けできて、こうして喜んでくださって、
本当にほっとしています。

一会に頼むということが決まるまでの間、決まってから当日まで、
花嫁様はいつも配慮にあふれたメールをくださいました。
人に配慮するということと、
本当の自分の気持ちを我慢する、ということはまた別のこと、
出てくる問題にきちんと向き合って、折り合いをつけていくこと。



冒頭の、花冠の写真。

また1枚が、一会の宝物になりました。

ありがとうございました。


a0042928_1656256.jpg



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-08-06 22:48 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 河津桜 シェ松尾松濤レストラン様へ
a0042928_20325550.jpg


それは、今年はじめて桜を入荷した春の日。
やっとながら、お二人のお写真をご紹介させていただきます。

a0042928_20331673.jpg

花嫁様はとてもセンスの良い方で、
一会の単発レッスンにいらして、花びらを重ねるメリアブーケを
自分で手作りされましたが
a0042928_20362075.jpg

どうでしょうかこの仕上がり、

a0042928_20365393.jpg

ブートニアも

a0042928_20371662.jpg

挙式時のヘッドドレスも、なんなく作られて
もうためいきをつくしかないような、
美しい仕上がりでした。

そしてご新郎様もとてもアーティスティックな方で、
その繊細に描かれたウエルカムボードに花を飾るときは
どきどきしました。

もう季節はすっかり春から夏へ変わってしまって
大変恐縮ですけれども、今日、やっと、
頂いたメールをご紹介させていただきます。

a0042928_20385990.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一会さん
遅くなりましたが、2/23の結婚式では、
愛おしい装花を施していただき、ありがとうございました。
a0042928_20394367.jpg

結婚式を振り返る時はいつも、当時の風景と一緒に、
門柱の河津桜と春のパステルミックスの花々が、
セットで目に浮かんできます。
たった一日のお花なのに、一生忘れることのない風景になりました。
a0042928_2035270.jpg


ブーケも階段の装花も全部素晴らしかったのですが、
a0042928_20415392.jpg

中でも、結婚式の朝、
シェ松尾さんの入口に飾られた門花を見た時の感動は忘れられません。
あの風景は、私たちの結婚式の象徴的なシーンとなりました。
a0042928_20401975.jpg

装花の写真を見るたびに感動が蘇るのは、
お花全てに一会さんの想いがこめられているからかもしれません。
これからも素晴らしいお仕事で感激を作っていって下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0042928_2040579.jpg
a0042928_20411336.jpg


たたずまいも使う言葉も美しい方、
こうしたら岩橋さんの負担が増えるのでは?と
いつもお気遣いいただいて恐縮するくらい。

挙式後間もなくのころにいただいたメール、

「私たちはもちろん、ゲストにとっても心に残るお祝いの宴にしたいという
私達の想いを、見事にお花という形で表現していただきました。」

そうおっしゃってくださって、
心底ほっとしております。

この方の描く、大切な一日の花を描いた通りに、
活けたかった、活けられてよかった。
そう改めて思いました。

ありがとうございました。


では、皆様今日も、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-06-27 20:46 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 空と花 と梱包技術 如水会館様へ
a0042928_22471845.jpg

3シェアブーケです。

 「このたびはたくさんのお願いを叶えてくださいまして、
ありがとうございました。」


そう、花嫁様からメールをいただきました。
3月の「空と花」の如水会館の花嫁様

ご新郎様がおっしゃっていたと伝え聞いた、
「花嫁様の一番のこだわりが花だったから」という言葉を
このメールを読み返しながら、反芻します。


頂いた写真のうち一枚だけ写真をご紹介させていただきます。
添えられた文章は、
ブログに乗せてもかまわないと優しい言葉をいただいて
結局ほぼ全文を。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大好きなお花に囲まれた一日の幸せだったこと、
嬉しかったこと…そして持ち帰ったブーケや装花を眺めては、
その余韻に浸ったこと、夢のような時間であったことを
今、思い返しても、ほんのりと身体が温まるような心地です。



もともとフラワーアレンジメントを習い、
ブーケ作りや受付装花などを自分で作ることも頭に置きながら
ブーケ選びや会場装花の計画を立てていて、
正直なところ、ギリギリまで岩橋さんにお願いするか、
自分で作るか迷っておりました。
しかし挙式当日の朝、仕度をする部屋でブーケやブートニア、
ヘアアクセサリーを受け取った時、
「すべてをお願いして作ってもらってよかった」と心から思いました。



そのお花の色合いなど表面的な部分での素晴らしさに
満足したのはもちろんなのですが、
私が一番、素晴らしいと思った点は、
お願いした花々のすべてが、とても丁寧な作業が施されていて、
ブーケやブートニアは常に安心して持ち歩けたこと、
扱いやすかったこと、
またゲストの方々に持ち帰っていただいた花たちについても
「長く楽しめますよ」という気持ちでお渡しできたこと、
そして私自身が持ち帰ったブーケなども、
きれいな状態を長く保たせることができ、挙式後、しばらく楽しめたことです。



また梱包もよくできていて、その様子に驚きつつ、
「勉強になるなぁ」と、その部分についても楽しませていただきました。



すべてはウエディングに関するお仕事を数多く行なってきた岩橋さん、
一会スタッフの皆様の経験の豊富さによるものだと思っています。
お花を扱う技術やセンスの素晴らしさだけでは
成しえないものがたくさんある会社(?)だと強く感じました。
機会があれば、もう少しお傍に置いてもらい
学ばせていただきたい…とも思っています。



本当に良いご縁をいただけました。
そして大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。



とてもとても忙しい毎日であると思います。
どうぞお体を大切にし、これからもたくさんの場所でご活躍されますこと、
心より願っております。ブログのこちら側から応援しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうしてそのあと届いた小包、

a0042928_2242366.jpg


お手紙に連ねられた丁寧な文字が美しくて、
ためいきをついてしまいます。

梱包技術をほめてくださったことも、うれしいことでした。

花をきれいに作ることと、
その花を無事に届けることは
まったくの別の話です。
といつも思う。

どんなに頑張って美々しく仕上げたはずのブーケも、
リボンのワイヤーが出て
花嫁さんの指を傷つけたら台無しです。

どんなにきれいに仕上げた花でも、
結婚式の時間に間に合わなかったら、意味がない。

「あなたの家族が、たとえばおばあちゃんが開けると思って梱包してね」と
アシスタントさんにはお願いします。

自分が一番大事な人に話すときも
自分が今やってる仕事を胸をはって誇れる、
仕事を。


という毎日を、まるで花嫁様が見ていたかのようにほめてくださったのが
嬉しくて、プリントアウトして皆に読んでもらった、
そんなメールでした。

クッキーは私のソウルフードなんですよと
おっしゃってくださいましたが
私には、何よりこれが一番の「ソウルフード」です。
へこたれてるときも、励まされます。
大好きな花嫁様に、よしと言っていただけたこと。



では皆様も今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2013-06-10 23:10 | 会場装花 | Comments(0)
シェ松尾青山サロン様の装花 森のように、ティモテのCMのように
a0042928_9425075.jpg

シェ松尾青山サロン様の装花です。


a0042928_9422543.jpg

最近入口近辺の写真ばかり撮っているのは、
カメラをCanon6Dにかえてから
かつて、まっくらだったここらへんの写真が
明るく撮れるのが嬉しいから。らしいです。我ながら。

a0042928_9405280.jpg


a0042928_9403748.jpg


森みたいに、りすとか鹿とかいそうな感じで。
えっと古いけど、ティモテのCMみたいな。
というリクエストでした。
a0042928_9414326.jpg


メインテーブル装花の向こうでは

a0042928_942645.jpg


ご新郎様がフランベサービスのリハーサル中。

a0042928_940547.jpg


(ティモテを知ってるか否かで
前日、製作中の一会はくっきり二分されておりました。
知ってる派の世代に「ティモテのCMって知ってる?」と聞いてみると
かなりの高確率であのマネをしてくれます。
場合によっては最後まで歌も歌ってくれたりするので、
どうぞ身近な人でお試しを。
ちなみにティモテ、つい最近再販になったそうです。)

a0042928_939508.jpg


では皆様今日もお疲れ様でした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2013-05-03 21:52 | 会場装花 | Comments(0)
クラッチブーケ おまかせで アンティークのドレスに 杉並会館様へ
a0042928_22252280.jpg


お打合せで最初に聞くのは
もうどんなブーケ、というイメージは既にありますか?
ということ。


いえ、おまかせで。


a0042928_22253824.jpg


という一言で作らせていただいた
旬の花の、クラッチブーケでした。
スズランとライラック、バラはふわりという名前。
きっと、このバラはお好きそうだと思ったので。




かわいかった、とメールをいただきました。

おまかせで、というのに
押し花にすることは最初から決めてくださっていて
だからよけいにほっとしました。


自慢みたいなこんな話を、ひとつブログで書くごとに、
ひとつ自分でハードルをあげてる、とも思います。
喜んでもらいました、と、ここに堂々と書くことで
これからの花嫁様の期待値をあげてしまうんじゃないか。

でも2013年の今年、この4月、今日という日の証に、
お客様に喜んでいただけた気持ちを
あらためて胸に刻むために。

自分の手だけではできない仕事。
いい花が手元にあって、はじめてできる仕事です。


では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-04-30 22:34 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。