ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:旅 ( 139 ) タグの人気記事
窓を開く
a0042928_23351718.jpg


写真は、去年の冬、フィレンツェの・・・・
どこだったっけ。ごめんなさい名前を忘れました。
どこに行こうと温泉地でも観光名所でも何日も泊まったホテルでも
帰ってきたらきれいさっぱり忘れている、
このトリアタマ!とののしって許してくださいましたら、と思います。


お打合せをしていると、突然
「そう、そうなんですよ!」
と深くうなづいて、そうして
「会場の花屋さんにそう話したのだけれど
なかなかぴんとこなくて」。
花嫁様が、そう、ぽつりと言います。

デザインって、難しいなあと
やっと最近、思います。
一会設立12年目。
気付くのが遅い。

しかしこういうのって、感覚の問題で、
どんなに言葉を尽くしてもなかなか解ることではない。

 伝わらないなあ、なんか不安だなあと思って、そうして
 ネットで探したら一会さんを見つけてしまって。

そう新婦様の語るぽつぽつとしたお話をじっと聞いて
それってこういうことですか?と確認しながら
核となるものを取り出して、踏み固め、
その核となる部分を今度は自分の絵筆である花を用いて、
ひとつの形にする。

そういう毎週、
しかしたとえ自分の手の中に、その核がつかめていても
絵具となる花がその日、そろわなかったら絵にならない。

なんかあとひとつ、何かわからないけれども
最後のパズルの一片を
市場でずーっと探し続けて、
端から端まで壁を全部たたく。
狂ったようにたたいていると
突然、その一角がくずれ
向こう側からどっと光があふれる。


「窓」は、いつもそんな感じです。


見つからなくて妥協するときもあります。


それでもやっぱり諦めなきれなくて、
最後までぐずぐず壁をたたいている、
そういうときもやっぱりあります。

必死にたたいているのが、窓なのか壁なのかは
その時にはわかりません。
かぱっと開いた瞬間にやっとはじめて窓だと解る。



いつか、窓が開くと思って、なんもない壁をたたくこと。

たたいて窓じゃなくっても、腐らずに、叩き続けること。


しいていえばそれだけが、
自分にできる唯一だろうと思います。
ひたすら壁をたたくことなら
いつでも、今でも、自分でもできる。



では皆様今日もお疲れ様でした。



今日最後にメールをくださった方へ、
頑張っているところへ頑張れとは言い難いですが
けれども、どうぞお体に気を付けて。

今日、東京は大雨。
皆様もお体ご自愛ください。
by ichiecd | 2012-05-03 00:12 | carpe diem | Comments(0)
明日また
a0042928_23155874.jpg



明日また、もう少しまともな記事を追加して書きます。
逃避代替のための旅写真:ウィーンのシュテファン寺院です。

今日のところは棚上げしてお茶を濁して先延ばしにして
ではこれにて、お疲れ様でした。


また今日と同じように明日があると
疑わないから、できることではあります。




 遅き日のつもりて遠きむかしかな
                    蕪村


 仕事のみ倦まずするより能のなきおのれがつまりしあはせなりき
                              高村豊周
by ichiecd | 2012-04-17 23:36 | carpe diem | Comments(0)
暗がりの向こう ウィーン
a0042928_20571431.jpg


暗がりの向こうに
カメラを構えてみても
ウィーン寒かったなあと思い出す今日は、
東京も雨です。



では皆様今日もお疲れ様でした。


 木犀にとほき潮のみちにけり  秀野
by ichiecd | 2012-03-23 21:08 | carpe diem | Comments(0)
ひとやすみ オーストリアにはカンガルーはいません。
a0042928_2338070.jpg

今日はブログパスでもう寝ます。


今月の一会の定期レッスンは
「春の花木と草花と♪ THE・花瓶活け」と題して、
大きなガラス器や壷をはじめ、
自分が旅先から買い集めてきた器に花を活けてもらっています。

 「えっとね、これがミャンマーで、こっちはモロッコで
 これはフィンランドでそれはベトナム、
 あれはおフランスのバラの村の宿で買ったカゴざんす!」

自慢したいだけです。
その通りです。

「ウィーンでは何か買ってこなかったんですか」と聞かれて
そういえばウィーンでは普通のキャンドルグラスくらいしか
買ってきませんでした。

街歩きの旅は、インテリアショップとか雑貨屋さんで
器になりそうなものを探すことも多いです。


a0042928_23395723.jpg


この帽子は仕入れていません。
ねんのため。

では皆様今日もお疲れ様でした。

メールをためております。明日にはお返事を。
by ichiecd | 2012-03-12 23:43 | carpe diem | Comments(0)
ウィーン4 スケートと職業意識
a0042928_23131024.jpg


ブログひとやすみバージョンで、
ウィーンの話。

ウィーンにいったら、帰る前に最後に
今回こそやろう!やってみよう!と固く心に決めていた

a0042928_23132077.jpg


「冬のヨーロッパで屋外スケート」。

実は長年の野望でありました。
パリでもロンドンでもヘルシンキでも、その光景を
「すっごい楽しそう~」と、指をくわえてみてました。


a0042928_23133382.jpg


しかし。
しかしだ。
万一、ここですべって手首ひねったり腰打ったりしたらな。
帰ってすぐ結婚式の仕事があるのにな。
「スケートで。てへ。」は
ありえんな。


a0042928_23134017.jpg


さぼりがちな心に
最後に踏ん切りをつけるのと同様、
羽の伸ばしすぎに、
最後に歯止めをかけるのは、
いつもなけなしの職業意識ではあります。
ぱたぱたぱた。(←なけなしの職業意識をはたいているところ)

a0042928_23134869.jpg


「やるんなら自己責任でね。」

ちっ!

解ってるってば!


腹いせに飲んでみたホットワインは、
案の定まずかったです。

というか、こういうスパイシー系の飲み物はもともと苦手で、
でもただ帰るのもしゃくなので、我慢してなめてたら、
あらま、だんだん、ぽかぽかしてきたじゃない?
冬のウィーンも、悪くないんじゃない?




ウィーンのパンをもう少し食べたかった、
というのが今回、最大の心残りですが
このお話はまた機会があれば後日。



では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-03-02 23:32 | carpe diem | Comments(0)
ウィーン3 パルメンハウスと氷雨と、水仙の花の美しさったら
a0042928_2314998.jpg

ウィーン郊外の世界遺産、
シェーンブルン宮殿の庭の一角には
ヨーロッパ有数と言われる
「パルメンハウス」=温室があります。

a0042928_23134825.jpg

・・・と、聞いていたので、
当然、宮殿のあとに立ち寄ろうと思っていたのですが
あいにくの雨。
というか、氷雨。

そして宮殿の庭は毎度ながら
途方も無くとりあえず広く、
この噴水で、やっと半分来たところ。

つまりですね、
よござんすか、
宮殿からパルメンハウスまで、
この倍の距離がありんす。

みぞれまじりの冬の朝、
例によって傘も帽子もなく、
こういう場面で進退の判断すべてを自らの手に握るのが、
良くも悪くも一人旅でありんす。

とここでこう書いている自分は
「一人旅極上主義」に組みしていて、
「一人旅の楽しさを知らないなんて
人生半分損してるぜ!」
と演説したいくらいの
異端な人間ではありますが、

ここにもし、連れがいて
「いやちょっとやめとこっか」と言われたら
パルメンハウスまで行くのは
やむなく、あきらめてたと思われる。

ていうか、帰りにはもっと雨がひどくなるかも。
どうする自分。

しかし最後にふんぎりをつけるのは
職業意識(BY佐々木倫子)なので、
氷雨の中、傘も無しに
必死に歩いて
とぼとぼとたどりついたその先に、

a0042928_23143062.jpg

ぱああっと水仙が咲いていて、癒されました。

というか
それを、庭園係のおじさんが
寡黙に世話してた様子に、
癒されました。

a0042928_23144246.jpg

外は冬の雨(ここらへんから「氷雨」がずっとBGM)というのに
土はふかふかで、
空気はしっとりと湿っていて、
ああもうここの片隅に植えてくんろ。

と、切に思いました。

傘が無ーいわけじゃないけれど、
帰りたくないー

というかんじで。

いや傘、いま無いし。

a0042928_23145716.jpg

などと一人突っ込みをしていたら
だんだんと明るくなり、帰りは雨にぬれずに済み、
その後、滞在3日間とも晴れました。
よかったよかった。

ちなみにホーフブルク王宮にも
パルメンハウスが併設されていて、
そちらの温室内にはカフェもあります。

しかし毎度ながら旅に出ると
私の中でグルメ優先順位は最下位に落ち、
もとより貧乏旅行でもあり、
名物も食べずカフェもよらず
3日間で使った食費は
総額5000円程度かと思われます。

でもウィーン名物という
カツレツくらい食べておけばよかったかなあ。

と、帰国後、都内のオーストリア料理専門店の
グルメガイドの値段などを見て、
やや後悔中ではあります。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-01-31 23:34 | carpe diem | Comments(0)
ウィーン2
a0042928_17145929.jpg


ウィーンより今朝ほど帰国しました。
ためこんだお仕事をせっせとお返事しております。
毎度ながらなのですが今回はとくに
不在中は、たいへんに、
ご不便ご迷惑をおかけしました!
ひざまづく。

そしてなんだこのトーシロー全開の
観光スナップは。

実は、今回、ついに宿願の・・・

a0042928_17152415.jpg


とった!

とらえたり!


a0042928_1715364.jpg


ついに!

ほらほらほら!

うざい。


しかし思い起こせば幾星霜、
こんなときもあったし
http://ichiecarpe.exblog.jp/7598548/
こんなときもあった。

http://ichiecarpe.exblog.jp/7820287/

実はこれだけじゃなくて
ロンドンとか北海道知床とかそらもう地球上各所で
とろい自分は見かけるリスをことごとく、
撮り逃がしていたですよ。

時は2012年、
氷雨のふるウィーンの森の小道。
動物園に向かう家族連れに
「なんでリスなんか撮ってんのかしらね」と
さらに冷たい視線を投げかけられたとしても、

いいんです。

悲願を果たして満足です。

逆に「今回もまた達成できなくて次回持ち越し」、
という宿願があるのですが
それはまた別の記事であらためて。


もしも今日、はじめて
このブログを読んだという方がいらっしゃいましたら
このブログは一応は、結婚式の花がテーマです。


しかし東京、雪が積もってる!というのにびっくりしました。
わー、寒かったんですね!
蹴り倒したい。という方は、一会まで。
今ならあのザッハーホテルの
元祖、ザッハートルテがありますよ。
木箱入りです。
2月10日までです。
  ↑
登録アシスタントさんを釣るための撒き餌。
ホイップクリームを添えたい、というわがままな場合には
各自持参のこと。
そして自分で泡立てること。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-01-28 23:11 | carpe diem | Comments(1)
ウィーン1
a0042928_21162724.jpg


東京も寒そうですが
ウィーンも寒いです。

手がかじかんでカメラをかまえても
8割くらいぶれます。
もともと下手なのにこの寒さじゃ仕方ないよね。
↑明日の朝にはもう東京に戻るというのに
いまさら更新している言い訳中です。

こちらは昼過ぎです。
そしてパンが美味しい・・・
by ichiecd | 2012-01-26 21:15 | carpe diem | Comments(0)
逃避中と春のご案内と来週のレッスンのご案内
a0042928_23131514.jpg


ぷかぷか浮いているのはメコン川のホテイアオイ。

一会は目下、
年始からどかんときている修羅場モードです。

なので、逃避中です。
こういうときのための旅写真です。
去年の夏のベトナムです。

眠いんだけどなんかもう眠るのさえ面倒な今、
ああいっそ、このホテイアオイになりたい。
そしてぷかぷかとメコン川に揺られたい。

で、逃避中です。←太字

a0042928_23132447.jpg


こんな感じ。


市場で会うみなさんと
「一会さん今年はどっか行くんですか?」
「いえ、そっちこそ」
と、じりじりと牽制の応酬が続いております。

なお、3月17日、18日、24日は装花の受付を終了しました。
一会登録のアシスタントさんへ、
ここらへん全般的に、また修羅場モードです。
みなさまのご助力をせつにお待ちしております。


あ、あと来週の火曜日17日、昼はいっぱいなんですが
夜19時のレッスンが
突然がらがらです。
ねらい目なう。

今月はチューリップ満載の春のブーケですよ!
もうかわいいったらありゃしないっすよ!?
という自分のあおり文句的予告を聞いたとたん、

「わーい!」と喜ぶのは素直な生徒さん。

「・・・。」と
黙り込むのは昨年一昨年と経験済みの
ベテランの生徒さん。

なんだそのスれた態度は!
かわいげないぞ!

生徒さんA「だって去年難しかったし・・・」
生徒さんB「ねー、大変だったですよね・・・」

くっ・・・。

知恵がついてきてやりづらいったら。



なにはともあれ、ご参加可能な方はぜひ。
17日火曜日19時から21時過ぎまで、
レッスン料込10500円です。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-01-12 23:31 | carpe diem | Comments(0)
ラウンドブーケ 「カイルアンの眺め」 
a0042928_2344818.jpg



パステルカラーだけど甘くない、

なんだったっけ・・・・
こういう感じの絵がなかったっけ、
と、このブーケの写真をここに載せるために加工しながら
パウル・クレーの本を見てたらあっというまに30分経過。

「カイルアンの眺め」というのは
チュニジアに旅した頃のクレーの、絵の題名でした。
などと書いてみることが、ど厚かましさ無限大
であることは、重々承知しております。


いいなあチュニジア行きたいなー。
今年のウエディングは先週で終了して、
あとはレッスンとイベントのお仕事を残すばかりになりました。
そろそろ道祖神にとり付かれるころ。
などと、うっかり本音を口走りそうになるところを取り繕い、
しかし内心ひそかにももひきの破れをつくろい*、

では皆様、今日も本当にお疲れ様でした。




そぞろ神の物につきて心をくるはせ、
道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず
もも引の破をつづり、笠の緒付かえて、
三里に灸すゆるより、松島の月先心にかかりて、
住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、
 草の戸も住替る代ぞひなの家
面八句を庵の柱に懸置。


奥の細道、冒頭です。
素敵っす。
by ichiecd | 2011-12-19 23:30 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。