ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:新郎新婦様からのメール ( 805 ) タグの人気記事
紅茶色のバラとぶどうの装花
a0042928_2118071.jpg
a0042928_21174254.jpg


青山の中心、そのビルのワンフロアにあるフレンチ。
新婦さまからは、紅茶色のバラを使ってほしい、というリクエストでした。
挙式の数日後にいただいた、長いメールを転載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は朝早くから、ありがとうございました。

実はメイクをしていただいている間、
いろいろなことをぐるぐる考えていて
かなり緊張していました。
会場選びでの決め手になった、テラスでの挙式が
できないかもしれない…
みんなの前でちゃんとした振る舞いができるかな…
お色直し中に計画していた新郎サプライズ、成功するかな…

そんな中、一会の皆さんが、ブーケを持ってご挨拶に来てくだ
さったのです。
「よろしくお願いします」と言いつつも、大変失礼ながら
私の目は持って来ていただいたブーケに釘付けでした。

実際目の前にしたブーケは、想像以上でした。
本当にたくさんのお花がぎっしりと使われていて、
しかも、包装をといたとたんに、とてもいい香りがして、
最初に打ち合わせをしたとき、私がさらっとお話ししたことを
ちゃんと覚えていてくださったんだと
あまりに嬉しくて、思わずほろりと涙が出て来てしまいました。

その後すぐにスタンドに立てていただいたのですが
あのブーケを持てるんだと思うと嬉しくて嬉しくて、
控え室に入ってくる人みんなに
「すごく奇麗でしょ」「いい香りがするんだ~」
と自慢しまくってしまいました。

メイクさんも、
「すこし色のついているお花が入っているから、
今日のドレスとよく合いますね、
今まで見て来た中でもすごくセンスがいいです」
とほめていらっしゃいました。

友人たちからも、
「テーブルフラワーが落ち着いてる色合いで、
会場とよく合ってて素敵だね」
「持って帰ったお花、家族が喜んでたよ」などなどの声を頂い
て、
そうでしょうそうでしょうと、我が事のように嬉しかったです!
(厚かましいですね)

フラワーチェアーに使ったお花は、
2次会から来ていただいた女性ゲストにお渡ししたところ、
2次会から出席してお花を貰えるなんて、と喜んでもらえました。

また、式の次の日には
彼のお父様のお墓参りに行く予定があったので、
頂いたお花をお供えして、結婚の報告をしてきました。
彼のおばあさんが
「お嫁さんと一緒にお墓参りにくる日がくるなんてねえ、
お式で使ったお花もあげる事ができたし、ほんとに良かった」
ととても嬉しそうに話していらっしゃって、
またもや涙が出そうになりました。

ぎりぎりまでブーケを悩んだり、
予算にシビアだったり
そのくせお金のことで最後までご迷惑をかけたりで
私は良い依頼人ではなかったと自覚しています。

けれども、最初にHPを拝見したとき、
岩橋さんの手がけるお花の雰囲気が素敵だったのはもちろん
そのお花に対する姿勢を感じ、
「絶対この人にお願いしたい!」と思ったのです。

そうしてこれだけ多くの方々に喜んでいただけて、
本当に本当に、お願いして良かったです。
メールでいくら書いても伝えきれませんが
本当にありがとうございました!

母の日ギフトは残念ながら乗り遅れてしまいましたが、
機会があればぜひ、またお世話になりたいと思います。

ブライダルシーズン、母の日とお忙しい時期が続くかと思いますが、
健康に気をつけてがんばってください。
HPをこっそり拝見したりして、陰ながら応援しています!
つたない文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぎりぎりまで悩んでしまったというブーケ。
でも、花を自分のためにこんな大金を払って、買い込むということは
文字通り一生に一度のことなのですから
ぜひ悩んで、そして納得するものを選んでいただきたいと思います。
結婚式までの準備はとてもたいへんで労力の要ることで、
でもせめて花を選ぶときくらい、
それは普段できないとても贅沢なことだと思うので、
ゆったりとした気持ちで考えていただきたいと思うのです。

そうして選んでくださったブーケ、
作りながらたとえ自分がかわいいと思っていても
やはり花嫁さまにかわいい、よかったと思ってもらえなければ
何の意味もないです。
こうしてメールをいただいて、
そこではじめてほーっと肩の荷が下りるようで、心から安心します。
そこではじめて仕事としてちゃんとできたな、と思うことができて。


ご予算も、とても大事なことだと思います。
一会のブーケは確かに「激安」ではない。
それは自覚しています。
キャスケードブーケで33000円~45000円くらい。
ラウンドブーケでは25000円~33000円くらい。
それでも仕入れる花材に比してほとんどデザイン料を
とっていないくらいのつもりなのですが、
今ネットでは、いくらでも安い花屋さんがあるので、
そうしたところと比べられると、確かにつらいものがあります。

花というのは、結婚式のアイテムの中でもとてもやっかいなもので、
実際に目にするまでどんなものが届くかわからない。
私自身は、カウンターでお客様の様子にあわせて
丁寧に、寿司を握っているつもりなのですが、
ぱっと見、スーパーのパックのお寿司と
そんなに違いがわからないものなのだろう、と思います。
食べてもらったら、きっと、はっきり解るのですけれど
食べてもらうためには、どうしたらいいのか。

どうお伝えしたらいいのか、いつも迷います。

結局、一会という名前で私が売りたいものは、
花、ではないのです。
花のデザイン、でもないのです。

どんなにため息がでるほどよい花を使っていても
どんなに自分が、よいデザインだと思っても、
お客様に満足をいただける仕事でないと。と思います。
一会が買っていただきたいものは、お二人の、
心からの、「満足」です。

月に一度くらいは、ブーケが時間に届かなかった!
という、悪夢を見ます。
納品予定の時間なのに、なぜか今、その花がアトリエにある!
そんな夢を見てとびおきます。
わーーー。怖い。そらもう怖すぎます。・・・
どんなによい花でよいブーケができても、届かなかったら意味がない。
花やデザインだけじゃなくて、そういうすべての因子を
クリアしてはじめていただける、嬉しいメール。

花嫁様は、「財務省の彼」(BY花嫁様)に交渉してくださって、
最終的に装花のご予算をひきあげてくださいました。
西武の展示会も見に行ってくださって、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雪ウサギのブーケ、見てきましたよ!
丸くて薄ーいピンクのお花がぎゅうぎゅうと集まっているのが
ほんとに可愛かったです~!
あまりに可愛かったので、ずっと中腰で見ていて、腰を戻した
時に
「痛っ!」ってなるくらい凝視してしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というとても嬉しいメールもいただきました。

こんなふうに今、ありがたいメールをいただけて、
本当によかったなとつくづくのように安心します。
一会にご注文くださって、大切なお花をまかせてくださったこと、
本当に本当に、ありがとうございました。

最後の写真は、リハーサルを行っているご様子。
窓越しにほんの一瞬、見えた光景を遠くからぱしゃりと撮ってみました。

a0042928_21175175.jpg

by ichiecd | 2006-06-11 22:27 | 会場装花 | Comments(0)
初夏の装花 バラ「オードリー」と「バニラ」と「マハ」
a0042928_22384277.jpg



先日ブーケリングピローとを掲載させていただいた、
新宿センチュリーサザンタワー様の装花写真です。
ひらひらとした一重の白いバラは「オードリー」、
一重の白の中ではもっともよく使わせてもらう品種です。
かわいいし、丈夫だし、茎は細く柔らかく、葉にいたるまで美しい。
思わず拍手したくなるバラです。


こちらの装花の新婦さまからさらにメールをいただいて、
こちらも嬉しいお便りで、さらに追加で掲載させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一会 岩橋美佳様

こんにちは お返事遅くなりました。
きょう、遅ればせながら「花時間」6月号を買いました。
当日お会いできなかった岩橋さんのお顔を
こちらで拝見でき、とても嬉しいです。
メール一部転載の件、喜んで!です。
式準備中癒してもらった一会さんのページにご一緒させてもらえたら
よい思い出になります!

式から少し時間が経ち、今は不思議な気持ちなんです。
あのひとときは楽し過ぎて嬉し過ぎて、まさに「夢のよう」でした。
夢よりハッキリと手に取れるようなのに、
どこか曖昧でぼんやりとしか覚えていない優しい夢を思い返すような
甘酸っぱくて切ないような、
ゆったりしていて心暖まるような・・・
今、そんな気持ちで一週間前のことを思い出してます。

あのひとときを迎えられるまでにお世話になった多くの方々と
あのひとときを一緒に過ごしてくださった方々との
素敵な思い出の真ん中に一会さんの優しいお花があり続け、
これから思い出すたび優しい気持ちにさせてくれるのだと思います。
本当にありがとうございました。

友達は
> 頂いたお花はこんな感じで日々の疲れを癒してくれてます
と、お家で可愛く飾ってくれている画像を送ってくれました。

添付しました写真は、
当日カメラマンに徹してくれた姉が撮ってくれたものです。
(素人カメラマンの腕は別として)本当にお花、素敵です。

(中略)

そしてさらに余談ですが・・・
私、フラワーアレンジメント習うことに決めました!
結婚準備中にお花に癒してもらったこの体験をきっかけに
普段の暮らしもお花と接して過ごしてみたいと思ったのです。

これからも一会さんのサイト・ブログ、楽しみにしています。
どうぞどうぞお身体お大事に!
本当に素敵なお花をありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうしてさらに、その後日頂いたメール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩橋美佳様 一会の皆様

ブログ拝見いたしました!
ちょっと照れくさい感じもしますが
このような形で改めてお花の優しさをかみしめられることができ
とても幸せに感じます。
大切な思い出がお花とともにあるって、とても素敵なことですね。

ブーケを手にしたとき
「これがトワカップ!ブログで何度も眺めたトワカップ!
西武池袋のウエディング展で会った雪うさぎちゃんだ!」
と思ったのですが、きっと似ているバラもあるでしょうから、
トワカップなのかどうか、ちょっと気になってました。
ブログでやっぱりトワカップだと分かりとっても嬉しいです!

リングピローは、そうなんです、
人前式ではホンの一瞬の登場しかなくて。
参列のみなさんに
「リングピロー素敵でしょ!見て見て!」て言いたかったです。
白いフカフカのリングピローは
ずっと私達のテーブルの目の前に置いておいたので
披露宴のあいだ一番近くにいてくれたお花でした。

当日、一会のみなさんにお礼できなかったことが
本当に心残りで仕方ありません。
でも ブログでみなさんの様子を少しでも知ることができて
それもまた、一会さんにお願いしてよかったなぁ、
ありがたいなぁと思うことのひとつです。
私たちの結婚式を作り上げてくださったのが
一会のみなさんなのだと実感できます。
本当にありがとうございました。

これからも一会さんのHP・ブログで楽しむことはできますが、
あぁ、これでもう私は一会さんのブーケを持つことはない と思ったら
ちょっと悲しいような、
これから一会さんのお花に囲まれる花嫁さんたちが
羨ましくてたまらないような・・・。
パソコンの前で一会さんのお花に片思いしつつ、
優しいお花を眺めて幸せ気分にさせてもらいます。

本当に本当にありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここに私がなにかの文章をつけたすよりも
ただこのメールを読んでいただければ、
もうそれで充分かなという気がします。

この手を触れて出ていった花たちが
その大切な日のひと時、わずか数時間、それでも
お二人の気持ちに触れることができて
こうして御礼のメールまでいただいて、
余りあること、というような気がします。


a0042928_22385358.jpg
a0042928_2239088.jpg


エキサイトブログでの写真容量がそろそろ限界に近く
設定しなおすのも時間がかかりそうで、
昨今、節約気味に写真をアップしていたところ、
ネームカードなんたらを設定すると
写真容量がなんと1GBに!というキャンペーン。
すばらしい。調子にのって写真ばんばんあげてます。
我ながら実に解り易いキャラです・・・。
by ichiecd | 2006-06-09 22:56 | 会場装花 | Comments(0)
ブーケ ラウンド トワカップとプリンセスオブウエールズ
a0042928_22514957.jpg


トワカップとプリンセスオブウエールズのブーケ、
これでかわいく出来なかったらデザイナー失格、という花材。だと思います。
本当に本当に、いいバラです。。。


一会では、週末に集中するウエディング業務を手伝ってもらう
ため、土日に来ていただくアシスタント登録制を併用しています。
人数が多いので、ネット上の掲示板を使って
様々な連絡事項や確認、告知をします。

このブーケと装花の納品を手伝ってくれたアシスタントNさん、
現地解散だったのですが、
その日のうちに掲示板に書き込みをしてくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解散後にサザンタワーで一会のブーケを持って
お友達と写真を撮られてる
新郎新婦様をお見かけしました。
新婦様ホントにブーケお似合いで素敵な笑顔でした!

黒服の集団が遠くからしばらくながめていたので
あやしかったかも?ですが
あの笑顔で今日一日の疲れを癒されましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お式後、ブーケのお写真をとりいそぎメールで送る際に
この部分を一緒にコピーしてお送りしたところ
新婦様より心のこもったお返事を頂戴し、
許可を頂いて紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩橋美佳様 一会の皆様

先日は やさしいやさしい素敵なお花を
ありがとうございました。
今は余韻に浸っているところです。

式前は落ち着かずバタバタしていて
岩橋さんにお会いできなくて残念でした。
また、父も母も新郎も皆、慌しかったので
一会の皆様にご挨拶できなかったのが
とってもとっても悔やまれます。

アシスタントさんのお言葉嬉しいです。
そうなんです、一階のフロアで写真撮影しているとき
もしかしたら一会の皆さんかしら 
という方たちをお見かけしたのですが
お礼もできず ごめんなさい。
とても楽しい披露宴だったのですが
それだけが心残りです。

リハーサルで会場装花を目にした時
うっとりしちゃうような、ニヤニヤ嬉しいような、で
リハーサルに身が入らなかったんです。
花びらがたくさん敷いてありキャンドルとしっとり合っていて
バラは華やかさもあって。
ブーケの まあるい まあるいバラは とっても愛らしく
友達は「花嫁とドレスとブーケとが、よ~く溶け合ってるよね」
と言ってくれました。すんごく嬉しかったです。
本当に やさし~い気分にさせてくれるお花たちでした。
イライラしたり悩んだり・・・の、式準備中に
ブーケ、お花のことを考えるとやさしい気持ちになれたことを
そのまま表してもらっているようなお花たちでした。

直前まで追加などあり、大変ご迷惑おかけしました。
急遽お願いした結婚間近の友達への花束、
友達は涙、涙で受け取ってくれ、
二次会中ずっと抱いていてくれました。
ブーケセレモニーで使用したお花でのブーケトスは
大親友がゲットしてくれました。
「セレモニーのお花だよね、責任重大だなぁ」
なんて言ってました。

家族・親族・会社の上司・友達、多くの方々が
「とても印象的で心に残る式だったよ」
「こちらも幸せな気分になりました」と言ってくださってます。
今までお世話になった皆様が私たちのために
一同にお集まりくださることは
そうそうあることではありません。
その感激や感謝のひとときに
一会さんのお花と共に過ごせたことをとても幸せに思います。

本当に素敵なお花と素敵な時間をありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このいただけたメールが、嬉しくて、でも
ブログに掲載するには少し時間がかかるだろうから
とりいそぎと掲示板に先にアップしました。そうしたら、
別のアシスタントさんもまた書き込みを。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サザンタワーの花嫁さまも、帰りにお見かけしたとき
とっても幸せそうで、ブーケもとってもお似合いでした。
私まで一緒に幸せな気分になってしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ウエディングの装花の仕事は、どんなにがんばってみても
自分一人ではできない。
こうして新婦様からいただける、暖かい、心のこもったメールを
読みながら、あらためて皆さんに感謝しています。


新婦様が、納品までのやりとりの最中に
何度も書いてくださった、長く丁寧であたたかなメール。
お人柄がにじみでていて、
読むたびに仕事をさせていただいている私のほうが
励まされ慰められるような、優しいメールばかりでした。


当日は、お会いできずじまいだったのが本当に
申し訳なく、でも私の代わりに
こうして一会のアシスタントさんが遠くから
新婦様を見かけて、そうして皆できっと見守りながら
「よかったなあ」と思ってくれて、
一緒に幸せに思ってくれて、
なんだかそれはそれで、別の嬉しさが、しみじみあります。


・・・長くなってしまいました。
いつものことなのですが。
続きはまた明日、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-06-06 23:12 | ブーケ | Comments(2)
ブーケ セミキャスケード 初夏のピンクとグリーンのブーケ
a0042928_22123229.jpg



先日のお式の花嫁さまから、長いメールをいただいて
許可をいただいて転載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日は,お世話になりました。
とてもかわいらしい、ピンクのブーケありがとうございました。
27日は雨で,外での挙式は中止、室内チャペルで挙式をあげました。
ガーデンにあうように、つくってください、とお願いしていたのですが、
ブルー調の室内チャペルにとても映えていました。
ブーケというものがあんなに幸せを与えてくれるとは、知りませんでした。
今,花瓶に差して,お部屋に飾っています。
それを見るたびに、あの時の気持ちが蘇り、とても幸せになります。
お花の命って本当に短いのですね…
押し花なんかでなく、このまま1週間くらい楽しみたいそう思っているのに、
ちょっとした振動で、花びらがバラっと・・・落ちてしまう。
でも、八重のようなバラでつくってもらった
ブーケの花ビラの落ちる様子はとても素敵。
一枚、二枚が散るのではなく、つぼみ全てが落ちる。
その花びらがきれいに床に広がるの。
なんだか、とてもぜいたくなブーケの終わり方だな。。。って
思わず、花びらを集めて、お風呂に浮かべて、
入ろうって旦那さんに言ってしまいました。
あっけなく、却下されてしまいましたが(笑)
新しいお花の魅力を教えてくださいまして,ありがとうございました。

その他、二次会のお花などどれも素敵でした。
しゃくやくは、本当にいい匂いで,
こちらも雨でブーケトスができなかったのですが、
あんなに美しいと、投げるのはとても可哀想で,
ブーケプルズで正解だったな,,,と思いました。
あんなお花を一時でも持つことが出来たこと、感謝しています。
また、ヘアードもとても好評だったんですよ

岩橋さんのブログで、花嫁さんが
お花をお客さんにあげてしまい、自分のは残らなかった…
というお手紙をよく見かけますが,
その気持ちが本当によくわかります。
岩橋さんの作品はどれも人に差し上げたい気持ちにしてくれるのです。
ホテルのお花屋さんにお願いせずに、
岩橋さんに依頼して本当によかったと思います。
ありがとうございました。

今我が家には、ブーケのほかに 
ブートニアとヘアードがお水に浮いた状態で飾って有ります。
どうか、長持ちしますように。


二次会の小さなあのミニブーケも、小さな小さな花束なんかではなく、
とても素敵なミニブーケでした。 ありがとうございました。

素敵なお花に囲まれて,幸せな一日を過ごせたこと
岩橋さまはじめ、スタッフのみなさまに感謝しています。
ありがとうございました。

お忙しいと思いますので,返信など結構ですので,(中略)

ではお体に気をつけて、
これからも素敵なお花で岩橋さんの魅力を
多くの花嫁さんに伝えてください。
益々のご繁栄、心よりお祈りいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

八重のバラは、アルンウィックキャッスル。
もう暑くなってきて、今はひときわ咲きが早く、
きっとこの記事のころにはもうお手元にはないはずです。
でもそうして床に広がった様子まで大切に見てくださったバラの
甘くくすんだピンクが、これからも時々花嫁様の記憶のひとつとして、
色を添えてくれるのなら、
お届けしたものとして、こんなに嬉しいことはない・・・そう思います。


芍薬のミニブーケも気に入ってくださってほっとしました!
これも本来は入荷したものがちょっと小さくて
さらに買い足して作ったもの。
作りながら、その純白の重なりあう花びらに
これを投げちゃうのはちょっともったいない気がして、
プルズでよかったかも・・・。
などと思ってしまうのはやや独善でしょうか。

このブーケをお届けしてくれたのはアシスタントNさん。
過密なスケジュールだった一日、
このブーケのお届けの時間が実はひとつのピーク時で
「今、お届け完了しました!」と元気な声で
電話がかかってきたときの安堵はちょっといいようがありません。


仕入れから製作、お届けまで
ひとつひとつを丁寧にすることで
はじめていただける花嫁さまからのメール、
それがなによりも嬉しい報酬です。

本当に、ありがとうございました。
                
by ichiecd | 2006-06-02 22:25 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ 白だけのブーケ
a0042928_0563246.jpg


先日のこのアイマロンの装花。
後日、またお写真撮影用のブーケを作らせていただきました。

メール転載の許可をいただいたので
掲載させていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんにちは。

先日、お陰様で無事に写真撮影が終わりました。
思い描いていたような真っ白で素敵なブーケ、本当にあ
りがとうございました。

思えば、式を含め、こんなに花に囲まれたのは生まれて
初めてで、花は、こんなに自分を幸せな気持ちにしてく
れるものなのだと感じたひとときでした。

式が終わって、幾度か参列者の方々とお話する機会があ
りましたが、皆一様に装花が素晴らしかったと口を揃え
ていました。
岩橋様にお願いをして本当に良かったと改めて実感しま
した。

(中略)

式から写真撮影まで、本当にお世話になり、ありがとう
ございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いただいたお写真を拝見して、
マリアヴェールのふちどりが印象的だったので、
それにあわせて周囲にピュアホワイトのデンファレの花を。
フランネルフラワーやライスフラワー、
さまざまな白を重ねて作っています。

お写真も見せていただいたのですが
こちらは掲載は不可です、ということで、
皆さまにお見せできないのです。ごめんなさい。
それが残念でならないほど、素敵なお二人でした。
ブーケもぴったりだった・・・といっては手前味噌でしょうか、
でもほんとうにお似合いで、拝見しながら思わず
頬がゆるんでしまいました。


お知らせ
25日の単発レッスンは定員を超え
募集を締め切りました!
お申し込みをありがとうございました。
by ichiecd | 2006-06-01 01:07 | ブーケ | Comments(2)
ブーケ クラッチ フランネルフラワーとラグラス
a0042928_23321698.jpg

a0042928_23315538.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ねこじゃらし?のふわふわしたのと
花びらの先がグリーンのお花…
あれはなんて言うのでしょう…が
アクセントになって
これまた初めて見る雰囲気のブーケで
とてもかわいらしかったです。

あの日のお天気は
ほんと、その後日々を思うと夢のような感じです。
外苑前の並木道は人もほとんどいなくて
すばらしい撮影日和。
木漏れ日がキレイで、
気持ちよかったです。

ブーケのサイズもイメージ通り。
片手でもキュッと持てる感じが
撮影場所の雰囲気とよく合って
とても素敵でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前ご紹介した、あじさいのブーケ
ラ・ビュット・ボワゼ様の装花 
あるいはブーケを覚えてくださっているでしょうか?
その新婦様のお写真用のブーケを
また作らせていただきました。
猫じゃらしのようなのは、ラグラスといいます。
先が緑になっている不思議な花は
「フランネルフラワー」。
その布のような質感そのものずばりで、
もし「好きな花TOP10」をあげろと言われたら、絶対入る、と思う。
(そんなこと誰も言ってないしというついでに書き添えると
このブーケのこういう雰囲気、
個人的にかなり好きです。)


手作りなさった招待状も、
一緒に頂いてしまった引き菓子の有平糖の細工の加減も、
オーガニックのローズベリーチョコレートも、
みんなどれもけして派手ではないのに
本当にため息がでるものばかり、
すっかり「趣味のよい方」という定義ができてしまっています。

お写真も、本当に素敵ですね。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-30 23:28 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ キャスケード ミスカンサス
a0042928_11474479.jpg

昨日のメールのお話、その続きです。頂いたメールをこちらに転載してもよいですかと
お伺いしたそのお返事。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩橋様

こんばんは。

メールありがとうございました。
ブーケ、装花は当日の一番の楽しみでしたので、
素敵なお花いっぱいに飾っていただけたこと、
本当に嬉しく思っております。

一会さんに依頼した皆さんがおっしゃっていますが、
私も一会さんにお任せして本当に良かったと思っております。

式後仕事をお休みしていて、今日から職場復帰だったのですが、
列席者からお花がキレイだったよ、と何度も言われ、
すごく嬉しかったです。

贈呈用花束もすばらしく、つぼみが沢山ついていて長い間楽しめそうで、
嬉しいです。
先日実家に帰ったら、家中が花の香りで満ち溢れていました。

式の準備で忙しく、寝不足気味の日々でしたが、
そんな中でも岩橋さんのブログを毎晩拝見し、
癒されていました。
ブログは仕事が終わられてから書かれている、とのことだったので、
ブログが更新されていない夜には、
岩橋さんもまだお仕事しているんだから、
私もがんばって式の準備をしよう、
なんて、勝手にエネルギーをもらっていました。

先ほどブログを見たら、
私のブーケが載っていてすごくうれしかったです。
早速、PCの壁紙にしました。

感謝の気持ちは言葉では伝え切れませんが、
それでもかまわなければ、ブログ等への掲載の件、
OKです。

今日も、今頃週末の挙式に向けて、
ブーケの製作に励んでいらっしゃる頃でしょうか?
これから、ジューンブライドの6月をむかえ、
ますますお忙しくなるかと思いますが、
お体に気をつけてください。
これから、岩橋さんのブーケを持つチャンスのある
沢山の花嫁さん達が羨ましいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前ついにこのブログでも告知してしまうほど
今週は集中してたてこんでしまい、
いったい何件のお客様をとうとう断ってしまったか
数えてみるとたぶん今日注文してくださった方と同じ数ほど。

そのピークの昨日、このメールをいただき、
返信する時間もブログを更新する余力もとうになく、
でも夜中、2度、3度と読み返してまた仕事に戻りました。


結婚式の中でも、装花というのは土台となる要因に左右されやすく
たとえば列席者数による卓数の増減からはじまり、
ヘアメイク、演出、どのくらいの間カーテンを閉めているか、
様々な因子で、直前まで変更のある場合も多いのです。

特に私のように、お客様と直接やり取りしているデザイナーの場合、
ぎりぎりまで粘ることもできない話ではない。
迷いながらやりとりを重ね、すべてが決まることが数日前ということも。
その分、新郎新婦様のお大変さをつぶさに伺えてしまったります。

 ウエルカムボードがまだなんです。

 プロフィールを作るのに徹夜しました。

 入場の音楽を決めなくてはならなくて大変です。

 こんな時期なのに、風邪をひいてしまって。

 睡眠不足です、クマひどい花嫁さんにならないようにしないと!



結婚式というひとつの一日にむけて
どこか伴走してるような気持ちに、
勝手に、なっています。
なので今回いただけたメールは、また嬉しかったです。

ほんとうにありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-27 22:03 | ブーケ | Comments(0)
初夏の装花 あじさい水色
a0042928_19261343.jpg


許可をいただけて、新婦様からのメールを転載します。
一通目は、携帯から、でもかなり長文のメール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


岩橋様

先日は会場装花、ブーケで大変お世話になりました。
お礼が遅くなり失礼しました。
優しく柔らかい色合いのブーケ、とても素敵でした。
列席者、ヘアメイクさん、カメラマンさんにも大変好評でした。

会場装花も爽やかな色合いで花一杯のアレンジをして頂き
すごく嬉しかったです。
ブーケは終わった後も部屋で色んな角度から
じっくり眺める事が出来たのですが、
装花はゆっくり間近で見る機会が無くてすごく残念です…。
本当はゲスト卓の装花を1つ自分達で持って帰るつもりにしていたのですが、
あまりにも好評で列席者があっという間に持って帰ってしまいました…(´Д`)

あんなに沢山の優しいお花をご用意下さって本当にありがとうございました。
特に色ブーケは、あのドレスにどういう色が合うのか、
私には全くわからずにいたのですが、
あんなにドレスにぴったりくる色合いのブーケを作って下さって
本当に嬉しかったです。それぞれ微妙な色合いの花達だけど、
お互いを邪魔せずに一つに調和していて…。

家に持って帰って花瓶にさそうと思い、ばらしてみたところ、
こんなに沢山のお花で作ってあったのかと驚きました。
花瓶では収まらず、結局洗面器いっぱいになりました。
今日、自分でドライフラワーと押し花にしてみました。
お花は良い香を放って、再び当日の幸せ気分がよみがえりました。

当日お会い出来ず直接お礼を申し上げられず残念ですが、
お忙しい中沢山の素敵なお花をご準備頂き本当にありがとうございました。
アシスタントの方々にも宜しくお伝えください。
岩橋さんの更なるご活躍を祈念しております。
まずはお礼まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場は、ホテルロイヤルパーク様。
過去何度かお伺いしたことがありますが、
スタッフの皆様がいつも感じよく対応してくださって素敵なホテルさまです。

頂いたこの嬉しいメールを、掲載してもよいでしょうかと
お伺いしたところ、
もうひとつまたPCからのメールをいただきました。
それは明日、27日に・・・
by ichiecd | 2006-05-26 23:31 | 会場装花 | Comments(0)
淡いピンク ゆりかごの装花
a0042928_0112366.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は素敵な会場装花とブーケを、ありがとうございました。
ゆりかごと伺っていたので、どんな仕上がりなんだろうと、
とっても楽しみにしていました。
実物を見て、本当にかわいらしく、淡い色合いで、
想像以上の素敵な仕上がりで、とても嬉しかったです。
本当に本当にありがとうございました。
ブーケも「○○らしいね。」と母から言ってもらえるくらい、
私のイメージとあっているようで
(私はそんなに優しくないのですが・・・)嬉しかったです。
香りも甘い優しい感じで、一会さんにお願いしてよかったです。

お花が少し散ってしまったので
ブーケとしてはとっておけなくなってしまったのですが、
ポプリにして大切にとっておきたいと思います。
ぎりぎりまで相談に乗っていただいた白いブーケも分けた友達から、
「一個じゃなくてたくさんの人に分けてもらえたから
うれしかったよ。」といわれました。
ブーケをもらうのが初めてという友達もいたので、
喜んでもらえました。本当にありがとうございました。

祖母も、二人の両親もとても喜んでくれていました。
お花をもらうのはなかなか機会がなくて
今まであまりお花に興味がなかったのですが、
これを機会にお花と触れ合える機会を
自分でも持ちたいなあと思えるようになりました。

もし機会がありましたら一会さんのお花教室にも是非通わせてください。
岩橋さんのブログの更新をこれからも楽しみにしております。
本当に本当に素敵なお花をありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日ブーケを掲載した花嫁さまから
丁寧なお手紙を頂いて、許可をいただけたので転載しました。


実際にこうして装花を納品させていただくまでにあった
大きな制約を、でも、どうしても、と、努力してくださって
そしてはじめて実現した装花、
こうして喜んでくださって、やっと心から安堵し、
そして本当に、ありがたいばかりです。

a0042928_0114634.jpg


「ゆりかご」は、ケーキスタンドのようなアイアンの器に
リボンで、ふわりととめています。
(この白いアイアンの器は目下マイブーム。
あれこれ組み合わせて楽しんでいて今週も使用予定です)

花びらとともにアクセントにおいたのは、ブルーベリーの実。
淡いピンクの重なりをちょっとだけひきしめるようにしてみました。

白いブーケというのは、6個の小さなミニブーケを
組み合わせた、お友達にシェアできる、シェアリングブーケです。

この日、東京は快晴。
白い建物と、青い空と、緑の芝生、
その中にカメラにむかって笑いながら顔を寄せるお二人は
本当に、絵みたいでした。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-24 23:12 | 会場装花 | Comments(0)
ジルとかすみ草のブーケと、花冠
a0042928_23125795.jpg
a0042928_23131672.jpg


お待たせしました、先日のジルとかすみ草のブーケの
花嫁さまのお写真です。

花冠にするか、あるいは、
頭の両側に小さなクラウンをふたつつけた
レイア姫の花飾りにするか、決めかねて、
とうとう両方とも!というオーダーでした。
作り手として、そこまでおっしゃっていただけて
これで気合が入らずにいられるだろうかいやいられまい(反語形)
という気持ちです。


・・・
・・・
・・・
わあ・・・かわいいです。
軽井沢の5月のこの光の雰囲気に、
よく似合っていらっしゃって、素敵です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この一年でいろいろな
お花を知り
何とも言葉には表すことが
できない思いでいっぱいです。
ほんとうにいろいろな方の手を通して
お花を手にできたことに
感謝いたします。

ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠方への出張は、やはり
万一途中で何かあったら、
先方で何か不足があったら、と
ひときわ緊張が大きく、毎回身を削るような思いです。

「一片の句を読むことはこの身から
一枚の鱗をはぐようなものだ」、といったのは
たぶん俳人の三橋鷹女だったと思います。(うろ覚え)

時々、鶴の恩返しの鶴のキモチが
わかるような気がします。
自分の羽根を抜いて機を織ってるというか、
「身を削る」ってこういうことなんだ、と
しみじみ思ったり。(笑)

いえ、そんなにかっこいいものではなく、
カツオブシのキモチ、が近いでしょうか。

でも、そんな緊張の連続が終わって
こうして花嫁様の一言だけで本当に
それを補ってありあまる報酬だと、・・・
常に思うのですが、今回はひときわでした。


私自身、一生忘れられない
花のお仕事をさせていただきました。
本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-19 23:27 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。