ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:新郎新婦様からのメール ( 785 ) タグの人気記事
リリメリア、そして春の白と緑の装花
a0042928_2211458.jpg


以前一度掲載しましたセントクリストファーガーデンの
新婦様
より、長く、丁寧なお手紙を頂戴しましたので
許可を得てこちらに転載させていただきます。

添えられていたさくら茶。
丁寧な手書きの文字。
つづられるたくさんの言葉。
お手紙を開封した時にいたアシスタントさんは
「なんだかもうその便箋を見ただけでそれだけでもう・・・」と
言うのですが、確かに、ほんとうに、読む前に見ただけでも


a0042928_2253276.jpg


思わずもう、手をあわせたくなるような気持ちでした。
すでに何度も書いていますが、
一会にとっては、これがなによりの、最大の、
かけがえのない報酬です。
なによりもありがたい勲章だと思います。
本当に、何度言葉をつくしても足りませんが、
ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
過日、会場装花&ブーケでは大変お世話になり、
まことにありがとうございました。

一目惚れしたリリメリア。
当日手にした実物は、写真とはひかくにならないほど、とっても素敵でした。
「まさに、これ!!」 私にとっての一期一会です。
ピンクという色合い、中央に散らしたネリネ&ヒヤシンスが
優しくかわいらしい雰囲気ではあるけれど、
基礎となるメリア部分はユリなので、シャープですっきりしていますよね。
このリリメリア、私がそうありたい、と思う女性像にぴったりなのです。
”優しくかわいらしい印象だけど、芯は強い。
逆に言えば、しっかり自立しているけれどかわいらしい部分も
もっていたい”だから、どうしても、このリリメリアがよかったのだと思います。

パーティ後、私を一番近くで知る妹から
「(リリメリアを持って入場した私を見て)これがやりたかったんだね。
お姉さんらしい。すごくよかった。髪飾りもとってもかわいい!」
と言葉をもらいました。
希望をかなえていただいて本当に幸せに思います。

また、控え室にいた女性陣(プランナーさん、メイクさん、司会者さん)は
全員、瞳がハート型になって、それはそれは絶賛の嵐。
司会者さんもご自身の挙式にはローズメリアをお持ちになったとのことですが、
リリメリアを見るのは初めてで、すごく感激し、
喜んでいらっしゃいました。カメラマンさん(男性)は
メリアブーケ自体を見るのが初めてで、
”すごい!かわいい!すごい!”を連発して、
何枚も何枚も写真を撮ってくださいました。

会場内のお花は、会場のアンティークな雰囲気を引き立てるように
シンプルで洗練されていて、その中にリリメリアが一点。
花嫁だけに許された色という感じで、よりいっそう、特別な気持ちになりました。
後にブログを拝見し、どんな気持ちで岩橋さんが
デザインしてくださったかを知ることができ、
感謝の気持ちでいっぱいです。

お花はすべてゲストの方にお持ち帰りいただきました。
急な申し出にもかかわらず、迅速に対応してくださった
スタッフの方々、ありがとうございました。
リリメリアは当日まで手元に残すかどうか悩みましたが、
ピンクが好きなお友達の元へ。私は十分すぎるくらい幸せいっぱいに
してもらえたので、次はお友達にパワーを与えてくれると思います。

岩橋さんや一会スタッフの皆さんをはじめ
多くの方にお手伝いいただき、当日は和やかに、
とっても楽しく過ごすことができました。
ただ、本当にあっという間に時間が過ぎて、
気がつけば一つ一つの装花をじっくり見る時間がなかったことが
少し心残りな気がします。

岩橋さんの新作を見ると、次から次へと浮気心が出てきて大変です(笑)。
この話をだんな様にしたら、「うちでパーティ開いてお花頼めば?」というのです。
パーティとまではいきませんが、記念日やらちょっとしたお祝いには、
岩橋さんのお花をおねだりしちゃおうかな~と目論んでいます。
その際にはどうぞよろしくお願いいたします。

これからブライダルシーズン本番で
大変お忙しくなることと思いますが、お身体どうぞご自愛くださいませ。
そして、岩橋さんの素敵なブーケ・装花で
一人でも多くの花嫁さんを輝かせてくださいね。

本当にどうもありがとうございました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらこそこんなお仕事をさせていただいて、
本当に、ありがとうございました。

このとき、ご希望くださったリリメリア
その作業風景も一枚添えてみます。

a0042928_22132937.jpg


実際に使用したのは、左下にあるトレイの中の花弁。
でも残りもこれだけ用意しての作業でした。
その日たった一輪のユリのメリア、そのためにたくさんの花が
側面で支えてくれています。
こんなに新婦様に喜んでいただけて、
ユリとしても、予備にまわってくれたユリとしても、
きっと嬉しいに違いないです!
(出た、花と話す手相を持つデザイナー。 ←メルヘンですね。)


ちなみに、昨日おとといの一会のブーケコースのレッスンは、
このリリメリアとローズメリアでした。
このレポートも、いずれご報告します!


それから、昨日の記事で発表した
25日の単発プリザーブドレッスンですが
ほっと安心したことに、さっそくお申し込みがありましたので、
もしかしたら昼も開講するかも。
昼の場合、13時からです。
ご参加希望の方、いらっしゃいましたら
どうぞご相談ください。


その一方で、最近ちっとも生花ブーケの
単発レッスンをしてないなあ・・・というもやもやした気持ちもあり。
できれば6月くらいに一度やりたいと思います。
そしてまた、この夏に、ブライダルの花の仕事を目指す方向けに、
短期集中講座を開こうかと検討中です。
もし、ご検討くださる方がいらしたら、
どうぞご相談ください。
せっかくですので、その意見をとりいれての構成にしたいと思います。
by ichiecd | 2006-04-13 22:09 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 雪うさぎ アーチ装花
a0042928_23111221.jpg


先日の雪うさぎの装花の方からのメール。
許可をいただけたので、転載させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日もお電話した時にお話しましたが、式場のスタッフの方から
「あんな素敵な装花、見たことなかったです。
見せてくれてありがとうございました。本当に嬉しかったです。」と
何人もの方に言われたのですよ。
美しいトワカップの装花を一つずつ持ち帰り用に分けてくださり、
出席した方からも
「嬉しくてあれから毎日オアシスに水をあげてはニヤニヤ見ています」
なんてメールも届きました。
引き出物のほかに、会場を飾ったお花をアレンジされたまま
持ち帰ってもらう事は、
私達の結婚式のイメージをそのまま持ち帰ってもらう事になり、
本当に素敵な事だと思いました。

昨日は彼の家に挨拶に行ったのですが、
義母が持って帰って来たテーブル装花のお花が
半分くらいになっていたんです。
聞けば式の翌日、遠方から出席してくださった親戚と共に、
既に他界した義父のお墓参りに行き、その時に思い出深い
バラの装花から数本とって墓前に手向け、無事に結婚しましたと
報告してくれたそうです。
そして小さなツブツブのお花(ごめんなさい、名前がわからなくて)は
押し花用に押してありました。
生花でアレンジされたものが岩橋さんの作品そのものなのですが、
そうやってバラしてお使いしたくなるほど、
一会の花が私達の結婚式そのものの印象になり、また感激の
主役だったのだろうと思います。

(中略)

リハーサルをしたのでチャペルの装花は
じっくり見ることができたのですが、本当に素敵でした!
チェアにかけられた小さな花かご、本当に可愛らしかったです。
こんな事自分で言うのもおかしいのですが、
まさにあの日の花たち、装花たちは4月1日、
春の晴れたあの日の為の爽やかで
優しくて柔らかくて若々しくて・・・そんなイメージにピッタリだと思いました。
またあのアーチの装飾も。。。本当に素敵でした!
ワイヤーの中からさかさまに飾られた花、とっても愛らしかったです。
「布をかける」ってイメージが付かなかったのですが、
あんな風にお洒落をさせて貰う事ができて、あのアーチも
とても誇らしそうに私には見えました。
そしてフラワーガールのクラウンもなんと可憐な・・・
岩橋さんは私のフラワーガール、ご覧になりましたか?
一会のトップページを飾っているフラワーガールちゃんは
その花嫁さんにピッタリな本当に美少女で知的な感じのお嬢さんですが、
贔屓目を差し引いても私のフラワーガールちゃんもまた
違った感じでとても愛らしく、まるで天使に見えました。
(式の時は大人の思い通りに動いてくれずに冷や汗ものだったのですが。苦笑)

披露宴会場の装花は会場が暗いか、私達に光がむけられていて眩しいかで、
そうでなくても前に座っていたので緊張もしており
キョロキョロ眺める事も出来ず、ゆっくり見ることができなかったのですが、
母が持ってきた、カゴに入ったアレンジだけでなく、
その足元(テーブルクロスの上)にも花が飾られていたのですねー。

a0042928_23212172.jpg

(中略)


なんだかまとまりのない文章になってしまい申し訳ありません。
しかし色々お伝えしたい感想がありすぎて、
きちんと簡潔にまとめて。。。と考えたら眠れなくなって
しまいそうなので大変読みにくいとは思いましたが思うがままに
述べさせていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


たくさんの言葉。
全文を掲載したいのですが、さすがにそれはかなわなくて
泣く泣く割愛させていただいたところも、本当は皆様に
読んでいただきたかったくらいです。(全文はこの倍くらいあります)
今回、メール掲載の許可をお願いしたところ、
私の文章ではとご謙遜なさりながら、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でもあの日の感激が少しでも皆さんに伝われば、
そして遠路はるばる九州からやってきて、
さらに埼玉の奥地まで来て私の周りを飾ってくれた
愛らしい花たちがもっとたくさんの方の
目に触れてもらえるようなら是非使って頂きたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とのお話でした。
全国トワカップ推進委員会の私としては
思わず涙目になりそうです。



ちなみに、お話の中に出てくる小さな粒の花は
ライスフラワー。

そしてアーチは、最初は実は造花の赤いバラだったのですが
よいしょ、と、布で覆って
a0042928_23272551.jpg


生花のベルを飾りました。
a0042928_2328651.jpg


すっごく、こまかい話ですけど、この記事の写真
一枚目のベルが表で、こちらが裏で、ベルの花のあしらいが違うんです。
わあこまかい。誰も気づかないんじゃと思われますので
この際、無理やり気づいていただこうかと。


本当に、春を描きだしたような
それは美しい一日だった、と、思います。
ちなみに、反響の多かった「心が動く」のエピソードも
こちらの会場の下見のときの話でした。

そのエピソードも、雪うさぎ(トワカップ)をたくさん使わせていただいたことも、
もちろん、いろんなことを含めて、私自身、忘れられない装花になりました。
本当にありがとうございました。

新婦様は、なんとご自分で一会の単発プリザーブドレッスンに
参加してくださって、贈呈用のアレンジメントとプリザーブドのブートニアを
ご自身でお作りになりました。
その翌日にきた、とても楽しかったです、というメール。
これこれを追加でお願いしますね、というメール。
業務の連絡のやりとりなのに、
毎回楽しそうに長いメールをくださって、
本当に親しみやすい雰囲気の、とてもすてきな方でした。


そして告知(まだ書くんかい!て感じですが)
母の日の単発プリザーブドレッスンは、
スクール生徒さんSさんのご希望により
4月25日火曜日19時予定となりました。

ほんとに大雑把な決め方。。。
しかし、一会のレッスンは毎回こんな感じですので
ご希望あれば融通きかせます。はい。
(でもSさんほんとは昼のほうがもっとよかったんですよね。
ごめんなさい。希望者多ければ昼も夜もでもよいのですが。
ちょっとギリなので集まらないかも。すみませんでした)
by ichiecd | 2006-04-11 23:29 | 会場装花 | Comments(4)
春のスカビオサ 代官山マダムトキ様の装花
a0042928_0414371.jpg
a0042928_0414991.jpg


3月12日にアップした装花事例の新婦様。
お写真をいただいて、許可を得て掲載させていただきました。
に、しても。
なんてキュートな新婦様&凛々しい新郎様で
ほんとうに素敵ですね。ちょっとため息。いいなあ。(←本音・・・)

当日はとっても楽しかったんですよ、というメールが添えてあって
本当に楽しいご様子のよくわかる写真ばかりでした。

お花の内容も一会に完全におまかせ!で
すべて一任してくださったので、当日までどきどきでしたが、
気に入ってくださって本当に嬉しく、ほっとしました。
ほんとうにありがとうございました。

a0042928_048753.jpg
a0042928_0481782.jpg


出た「スカビオサ」マニア。

スカビオサ、この白い品種はまたぽんぽん咲きと違って
透ける花弁が、華奢で薄紙のようで、茎も細くすんなりとのびて、
うむ、よござんす。と、一人うなづいてしまうかわいさです。

a0042928_0482797.jpg

by ichiecd | 2006-04-05 23:39 | 会場装花 | Comments(4)
春の印象 3 
a0042928_22385174.jpg
a0042928_22202913.jpg
a0042928_22195612.jpg


また予告と違うのですが、
あまりに嬉しいメールをいただいたので
予定変更して新郎新婦様からのメールをご紹介させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週は本当に本当にありがとうございました。
岩橋さんにお会いできなかったのが、とっても残念でした。
でもお電話をしたら、見かけたとおっしゃっていたので、
もっと探せばよかった!と後悔しております。

会場に飾っていただいたお花たちは
本当に全て可愛くて、満足満足♪という感じでした。
近くにある提携の美容室から控え室に入ると
すでにブーケ&ブートニアと母親のコサージュがありました。
ブーケを見た瞬間、ワクワクしてしまい
「そうそう!こういうブーケが良かったんだぁ!!」と
言葉に表していないのに、私が求めていたブーケが届いてビックリしました。
コロンコロンと可愛いお花で、微妙な色の違いで構成されているブーケは
感動せずにはいられませんでした。ブートニアもとっても可愛かったです。
先に新郎が控え室に美容師さんと到着していたのですが、
その美容師さんも「ブーケ素敵ですね♪」とおっしゃっていたそうです。

とてもいい香りのするブーケは
フラワーシャワーの姪っ子ちゃんもリングガールの女の子も興味深々で、
香りをかぎながら、「綺麗だね~。」と
挙式の本番でスタンバイしているときに言ってましたよ。
母親のコサージュも二人ともとっても喜んでいて、子供のようになってました。
お願いして本当に良かったです。

また、披露宴会場に入った途端、
お花たちがふんわりと優しく&可愛くて、嬉しくてウキウキしてしまいました。
ホント会場は春一色になってました!!白にピンクに黄色にオレンジに・・・
でも、雰囲気しかわからずゲストテーブルがどのようになっていたのかは
わからずじまいだったのですが・・・
二人とも気になって気になって、写真ができあがるまでお預け?と思っていたら、
ブログに載せていただいていて、しっかりこの目で拝見しました!!
こんなにこんなに可愛くなっていたなんて。
想像以上の可愛さに当日もっとゆっくり眺めればよかったと後悔しております。

母親から「お花がとっても変わっていて、
ピンク一つでもいろんな色のピンクだったりしたのよ。
持ち帰りのお花も普通はここから取って、と言われることが多いのに
籠(?)に入ったままだったのよ。本当にすごいわ。」と言ってました。
ウェディングボードのピンクのお花も
ちょうど刺繍のピンクとあっていて、驚きました。
本当に本当にありがとうございます。
何度「ありがとう」といっても足りないくらい、感謝しています。
(中略)

岩橋さんに初めてお会いした日は、大雪の日でしたね。
帰りの坂道を転ばないようにゆっくり歩いたのも今では懐かしい思い出です。
そして、心まで温かくなるゆず茶の味も忘れません。
あっ、そうそう!!
ラン!!!使っていただいて、ありがとうございます。
彼は持ち帰った花の中に香り豊なランがあるに気づいて、
(本番は緊張のあまり気づかなかったようです)
「おぉ~、ラン使ってあるよ!すげ~」とはしゃいでいました。
こっそりお願いしたんだよ♪と付け加えておきましたけど。

いろいろとわがままを言ったり、お忙しいスケジュールであるにも係わらず、
ご丁寧な対応をしていただき、感謝しております。
も~、なんて言っていいか、どう自分の言葉で表現していいのかわかりません。
「岩橋さんにお願いできたこと」が私の夢の結婚式が現実になった瞬間でした。
とにかく
満足、満足、大満足♪
本当に岩橋さんはすごい人です。

こんなに長く書いてしまいましたが、まだまだ書き足りない気分です。

人を優しい気持ちにすること。心地よくすること。満足をあたえること。
言葉では簡単ですが、とても難しいことだと思います。
(中略)

これからもとって~~~もお忙しい毎日が続くと思いますが、
お体には十分気をつけて、
一人でも多くの花嫁さんに感動を与えていただけたらと思います。

本当に本当にありがとうございました。
またビデオ&写真が出来あがるのを楽しみにして、感動させていただきますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日のラロシェル渋谷さまの装花。
あんまり褒めてくださって恥ずかしいくらいなので
ところどころ割愛させていただきました。

いつも、いつもではあるのですけど
新婦様からのメールには必ず胸が詰まりますが、
今回はほんとうにちょっと・・・・
・・・泣きそうでした。まいりました。


この文中にもあるとおり、ご新郎さまの好きなお花ということで
ベルの形のカゴ、その首元につけた、
小さなデンファレのランの花。
新婦さまからご新郎さまへのサプライズでした。

そうしてお式の数日後、もうひとつのサプライズが。

一会あてまで、直筆の感謝状とお菓子までが
宅配で届けられたのです。
小さな賞状に毛筆で書かれた丁寧な感謝状・・・
指でなぞって、ほんとうに全文直筆であることに
驚いてしまったりして。
そして実は、この小さな賞状は
当日、ゲストの皆さますべての席に
お一人ずつおいてありました。
でもそのすべてが直筆だとは、思いませんでした。
おもてなしに心を込められたそのお気持ち、
それを見つけられたゲストの皆様の驚きは
いかばかりかと思います。


そして一会にまで、お菓子とドラジェと小さなアメ、
添えられた丁寧なお手紙、小さな賞状。
・・・なんというか、どう御礼を伝えたらいいのか
途方にくれてしまいます。



ほんとうに、本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-03-29 22:32 | 会場装花 | Comments(2)
新郎新婦様からのメール 春の装花 海の装花 
a0042928_04134.jpg


もう3回連続になってしまうので
ちょっとどうしようかと考えたりもしたのですけれど
この装花にとても嬉しいメールを頂いたので、
みなさまに報告したくて、新婦様の許可を得て転載させていただきました。
2月26日海色ドレスの新婦様よりのメールです。


a0042928_041612.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結婚式では、大変お世話になりました。とても美しく
やわらかい雰囲気のお花に囲まれ、幸せな気分で
一日を過ごすことが出来ました。
当日は雨天でしたので、朝は少し悲しい気分でいたのですが、
お花で明るくなった会場ではそんなことを忘れていました。

岩橋さんにお会いしてからというもの、式までのほぼ毎日、
WEBや岩橋さんのブログを拝見していました。
最初は、お花の美しさや岩橋さんのお仕事ぶりに感動して
見入ってしまうのだと納得していたのですが、自分の中で、何だかそれだけ
が理由ではないような気がしていました。

そして、ある時ふと気付いた、というより思い出したのが、
私はお花が好きであったということなのです。母は庭いじりが好きで、
季節ごとに植え替えをしているのですが、社会人になってからの私
はそれに対して特別な感情を持つことは少なかったように思います。
ただ、今になって思い返してみると、学生時代までの私は、
友人に手紙を書くのが大好きで、そのために美しい花が描かれた
レターセットを集めていたのです。美しい花が描かれたレターセットは、
その当時は今ほど多くなかったので、見つけてはよく買い込んでいました。
もちろん生花の美しさとは比べ物にならないのですが、
その当時は学生の身分で花を生活に取り入れる余裕も知恵も少なかったので、
自分なりに思いついて身近に取り入れたのが
レターセットだったのかもしれません。

その後、社会人となり時間的に余裕が無くなって、
友人との連絡もメールが一般的となり、手紙を書かなくなってしまいました。
職業柄、無味乾燥な事務仕事も多く、美しいものを美しいと感動する
時間が無くなってしまっていたことに気付きました。
今回、岩橋さんとお会いしたことで、
自分の中で眠っていた(もしくは封印していた)
美しいものが大好きな気持ちが呼び起こされたようで、とても
イキイキとした気持ちになりました。

ここ最近は、ラベンダーの壁紙をWEBよりダウンロードさせていただき、
会社のデスクトップに設定しています。
本来の自分が持つ気持ちを大切にすることで、
仕事モードの自分とのバランスが良くなっているような気がします。

それから、本日ブログを拝見させていただきましたら、
あの青いブーケがトップにバーンと出ていて、とっても嬉しくなりました。
余りにも嬉しくて、一日に何度も拝見してしまいました。
使われているのは私の知らないお花ばかりなので、
もし差し支えなければ、教えていただけると嬉しいです。
それから、カラーの白ブーケも、本当に美しく素敵でした。
新郎と二人で、「すごいねぇ。すごいねぇ。」と
いろいろな方向から観察してしまうぐらい、素晴らしい仕上がりでした。

自分のために、あれほど多くの花を用意できる機会は
今後無いようにと思いますので、それだからこそ
とても思い出深いものとなりました。また、少し極端な表現かもしれませんが、
忘れそうになっていた自分を取り戻すきっかけを得ることができました。
今回の経験を、これからの生活に活かしていきたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


青のブーケのお花の名前です。
使ったお花の種類は、青の濃いものはデルフィニウム、
水色のやや小さめのものは同じデルフィニウムの「パールブルー」
装花にも使ったライラック色の星型の花がヒヤシンスをひとつずつ
ワイヤリングしたもの、
パープルと白の薄い花弁のものは「リューココリーネ」。
中央にグリーンのしべのようなものが見えるのは、「二ゲラ」といいます。

私は、仕事ですので、もちろんこのブーケや装花は、
対価を得てやっている作業です。
お金を頂いていることなので、
それに見合う等価のものを提供するのは当然のことです。
でも、その当然のことにたいして、こうして、こんなにも
長い長いメールをくださる、
結婚式の花を作ったというだけのことで
そうして何か別のことまでも得られましたとおっしゃってくださる、
・・・・こんなに有難いことは、他にないような気がします。

本当に、繰り返すばかりですが、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-03-02 23:03 | 会場装花 | Comments(2)
12月 ポインセチアの装花
a0042928_23112888.jpg
a0042928_23113973.jpg
a0042928_231350100.jpg


去年12月クリスマス直前のお式の写真です。
会場は法曹会館様、
クリスマスにちなんで会場装花はポインセチアの鉢でやりたいということ、
それが最初のご希望でした。
細かい点はぜんぶお任せくださったので、モス(苔)やキャンドルや
りんごやコットンやガラス製のサンタまであれこれとあしらって
私自身、楽しい装花のひとつでした。

ちょっと見えにくいですがりんごの写真の下に移っているクロス、
メインテーブルにモスがこぼれないよう敷いたペーパーですが
これもおフランスからスーツケースに詰めて帰ってきたもの。
こういうペーパーを今回もたくさん買い込んできたので、
きっとまた夏まで活躍してくれるはずです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私たちが想像していた以上にすてきな会場になりました。
ご出席頂いた方々にもとても好評でした。
ブーケや両親に贈ったお花もとてもすてきでした☆

短い準備期間でご無理を申し上げることになりましたが
私たちの一生に一度の大切な日を
一会さまにお任せして
本当に良かったと心から思っています。


これからもすてきな演出をされ続けることと思います。
ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

撤収の際にお伺いしたところ、
遠くからちらりと拝見できた送賓時のお姿、
皆様に暖かく囲まれているシーンが、印象的でした。
本当にありがとうございました。

メールをいただいたころは、
あれこれとアップする予定の記事が多く
その旨お伝えしてはおりましたが
やっと今日、写真もできて掲載できました。
遅くなりまして申し訳ありませんでした・・・。
by ichiecd | 2006-02-25 23:34 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール オールドローズのセミキャスケード
パリレポート、今日のリリメリアのレッスンと
書くべきことはたくさんあるのですが、
嬉しいメールを頂いて、思わずうるるとなってしまって、
今日はこちらを、新婦様のご許可の上、掲載させていただきます。
a0042928_022740.jpg
a0042928_0222178.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日、ヘアメイクのサロンへいったときのメイクさんの最初の一言が
「ブーケ、とってもかわいいのが届いているわよ~」でした。
その一言でもう、早く見たくてわくわくドキドキ・・・でした。

でも、すぐには見せてもらえず
(メイクさんは後でのお楽しみのつもりで隠していたので)
その後、メイクをしている最中にカメラマンさんが
ブーケの写真を撮らせてくださいといって、うっかり持ってきてしまったのが
私とブーケとのはじめてのご対面でした。

ブーケは真っ白で
コロンとしたオールドローズが本当にかわいくて上品で・・・
その場にいた母も
「あ~イメージしていた通りねぇ。かわいいわねぇ。」
と一緒になって喜んでいました。
カメラマンさんもメイクさんも
「正統派で、なお且つかわいくて。本当にすてきね。」といってくださいました。
あわせて作っていただいたヘアードもとてもすてきでした。

色ブーケとヘアアクセサリも
友達や親戚から「かわいい!」と大好評でした。
「この色わたしも好き~」と興奮気味にいっていた友達もいました。


この度は、提携の会場ではなかったため
いろいろとお気遣いいただいたり、ご心配をおかけした点も
多かったことと思います。
私のわがままなお願いにも快く応じてくださり
本当にありがとうございました。
ブーケも会場装花も贈呈用の花も
すべて岩橋さんにお願いして、本当によかったと思っています。

私は岩橋さんのファンです。(突然の告白?!)
それは、岩橋さんの作るブーケや装花が
温かく優しくて素敵・・・というのはもちろん、
岩橋さんのお花に対する姿勢、気持ちが本物だと感じるからです。
うまく言い表せないのですが
岩橋さんの知識や技術だけでなく、心が
皆を喜ばせたり、温かい気持ちにさせたりするお花を作り出すのだと感じています。

岩橋さんはいつかのブログで
ご自身の仕事は職人だと書いていらっしゃいましたが
職人という仕事は本当に素敵ですよね。
自分の体一つで、他の人にはできない、その人唯一のものを作り出すのですから・・・。

それがどの分野であっても、本当にすごいと思います。憧れます。
ある種、芸術と同じだなぁなどと思います。

・・・なんて、なまいきなことを書いてしまいましたが
本当に岩橋さんと出会い、
お花をお願いすることができてよかったです。

生涯忘れることのできない結婚式の
大切なお花を本当にありがとうございました。

これからも、ぜひみんなを優しい気持ちにするような
素敵なお花を作り続けてください。
私はこれからも岩橋さんのファンとして
時々HPやブログを訪問します!!

どうぞお体にお気をつけて・・・。


PS:ブーケは二つとも3D加工して保存し、
   一つは記念に母にプレゼントしようと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この白ブーケのほうのオールドローズ、実はこの時は発注したものの中に、
ややダメなものがありました。
それで更に予備を買い足して、充分な数の中から
いいところだけを取り出して使うことに。

ところが、アシスタントさんたちが、私が電話の最中に、
予備まで含めて、全部さくさくとワイヤリングしてくれたんです。
これは本番にはちょっと使えないかなという花まで
全部ワイヤリングしてくれて、うーん、
その熱心さと素早さは買うけれど、でもそれではダメです。
いい花とダメな花の見極めがつけられないと。
そのダメな花は、やっぱりブーケには使えないんです。
そのダメな花を、ブーケにして花嫁さんのとこに持っていくの?と、
そのとき私は、かなーりがっつり怒ってしまって
今となってはやや反省。

でもでもでも。
いつもすべてが順調にいくとは限らないんです。
今回のように、いまいちな花が入荷してくるときもやっぱりある。
見てみたらダメというときも必ずあります。
そういうときは、予算を超えてもちゃんと、よい花を買い足します。

私が「花ではなく、デザインではなく、「満足」を買っていただきたい」と
HP上にはっきりと書いてしまっているのは、
そういうのを全部ひっくるめた覚悟の上でのことです。
そうでなかったら、今回のメールはいただけなかったのではと思うのです。

だからアシスタントの皆さん、
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。・・・ね?

そしてこんなに長い文章を丁寧に書いてくださった新婦様には
御礼の言葉がちょっと見つからないくらいです。
本当にちょっと胸がつまってこみあげてきそうでした・・・

会場で待機の最中、影からちょっと会釈しましたら
とても嬉しそうに「ブーケとてもかわいいです!
すっごくいい香りで!」と
本当にとても嬉しそうにおっしゃってくださったこと、
思い出すとほんとに、じいんとするばかりです。

本当に、どんなに言葉をつくしてもですが、
ありがとうございました。
末筆ではありますがお二人の末永いご健康とご多幸とを
心よりお祈り申し上げます。
by ichiecd | 2006-02-21 23:16 | ブーケ | Comments(2)
新郎新婦様からのメール 自分で作るプリザーブドブーケ
a0042928_1242164.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真を添付します。
・・・中略・・・
アドバイスをもとに、
スッチーに頼んで行きはブーケだけファーストクラスに乗せてもらって、
無事に運べましたよ~☆
帰りは旦那がちょっとつぶしましたが、、、!(なんてこと!)
でも、一応無事です。
ヘッドピースもほめられました♪
ブートニアも好評で、良い嫁ポイントをかせげました(笑)

素敵なお花でウエディングができてとても良かったです♪
ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の単発プリザーブドレッスンで、
海外挙式のために
ブーケを自分でお作りになった新婦様。
はじめてとは思えないほどお上手でした!
嬉しいメールが届きましたので、
ちょっと差込でご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうそう、今思い出したのですが、
ブーケは神父さんにもほめられましたよ!
英語だったのでちゃんとあっているか微妙ですが、
「素敵なブーケですね。
あまり大きくなくて、色もシンプルで私は好きです。
あなたによく似合っていますよ。」
みたいな感じのことをおっしゃっていました。
うふふ~っと、心の中で得意でした(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということでした。

海外だとやはりちょっと心配なのですが
ほっと安心しました。
私も、新婦様によくお似合いのブーケだと思いました。

嬉しいメールを、本当にありがとうございました。


なお昨日の記事でも発表しましたが、
次の単発プリザーブドレッスンは3月1日19時からです。
(以下昨日の記事の引用です。)
ブーケが基本ですが、アレンジやコサージュでもOKです。
いずれもプリザ代の実費プラス講習料2000円です。
お申し込みはタイトルを「3月1日プリザーブドレッスン」として、
氏名と連絡先を記入の上
info@flowers-ichie.comまでお願いします。
by ichiecd | 2006-01-24 23:23 | ブーケ | Comments(2)
新郎新婦様からのメール シェアリングブーケ
a0042928_1512121.jpg
a0042928_151348.jpg


12月27日付記事でご紹介した
シェアできるブーケの方から、御礼のお言葉をいただきました。
「ちゃんと紹介したいので、お待ちくださいね!」と
推敲してくださった長文のメールを、許可を得て
お写真とともに掲載させていただきます。

本当にありがとうございました。

このブーケ、先日も書いたとおり、実は5つの
ミニブーケからなっていてお式後にシェアできるようになっています。
今回は新婦様のお心づくしで、全員にお花がいきわたるようにと
そのほかにさらにミニブーケを7個用意して、完璧な布陣。
ちなみにこのシェアリングブーケ、2月のチューリップフェア
実物をご用意する予定です。


挙式までのやり取りの中で、
ちょうどシーズンの折、
クリスマスモチーフになさりたいということは
伺っていたのですが、
白い文鳥をかわいがっていらっしゃることや
なるべくたくさん持ち帰っていただきたい・・・という
新婦様のたくさんの優しい思いを、
花という形にすべく、工夫を重ねてみました。

この装花を担当させていただいた後、
お式後もちょっとまた別の場面でお声をかけていただいたりして
またお会いできたり、嬉しいご縁でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

挙式用のブーケは、とても優しく温かい色合い!
12月の寒空の挙式も、温かい気持ちで望むことが出来ました。
また、ブーケの分割もありがとうございました。
独身時代、いつもブーケトスをキャッチすることが出来ず、
ちょっと寂しい思いを何度も経験しました。
なので、帰りに皆さんにお配りすることが出来て、本当に嬉しかったです。
ゲストの方にも、ビックリ喜んでいただけました!

お色直し後のブーケは、ガラっと雰囲気が変わって
クリスマスらしい、赤やグリーンの色合い!
ドレスの変更をしなかったのですが、充分なお色直しになりました。

そして、やはり一番感激したのは、会場装飾のお花です。
寒い時期だったので、温かみのある雰囲気にとお願いしました。
私は単純に赤を想像していたのですが、
温かい暖炉の火のようなオレンジ色のお花たちと鳥かご!!!
白文鳥を飼っている私にとって、鳥かごのオブジェは本当に嬉しかったです。
かごの中には、私の愛鳥と同じ白い羽の鳥さんが・・・・
何人ものゲストが「キミちゃん(文鳥)かと思った!」と覗きに来ていました(笑)

ゲストテーブルに用意していただいたミニツリーも
小さいのにとても存在感があり、
置くだけで温かくなりそうな色合いでとても素敵でした。
こちらも最後にゲストへお配りしましたが、自分も欲しいくらいでした!!(^^)
「実は、見たときから欲しいと思って狙ってた!」とか
「家にツリーがなかったので、今年は部屋が華やかになって嬉しい!」と
大変喜ばれました。

一会さんの温かいお花のおかげで、
とても和やかで、想像以上に楽しい結婚式をすることができました。
お花によって、その結婚式の雰囲気はとても変わると思います。
そのくらい、お花は重要だなと思いました。

今回ご縁があって、一会さんにお花関係をすべて願いしましたが、
ご依頼して本当に良かったと思っています。
岩橋さんには、本当に親身になっていろいろとしていただきまして、
本当にありがとうございました。

(このメールを載せてもらえると願って)
ブーケを探して、このページに来た方は、とてもラッキーだと思います。
一会さんにお願いするが、素敵な結婚式になること間違いないですよ!!

まだまだ書き足りないのですが、このへんで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たくさんの宣伝(!)と、
心が暖かくなるようなメールのお言葉、
本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-01-13 23:36 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール テッポウユリのブーケ
a0042928_129298.jpg

ここ数日シリーズ化していたユリのブーケ最終回は、
実際に、テッポウユリのみのラウンドブーケ
お持ちになった新婦様。会場はパークハイアット。
・・・あまりにおきれいすぎなのですが、
モデルさんではなく、本物の新婦様です。
ちょっと信じがたいような。

以下、手書きでとても長いお手紙を頂いて、
許可を得て、その一部を転載させていただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新婚旅行から帰ってきてほっと一息ついているところです。
改めて、ブーケありがとうございました。
もう理想どおり、いえ以上の代物で、岩橋さんに依頼して
本当によかったーと実感しました。
てっぽうユリ、ひとつひとつ花粉をとってワイヤリングして・・・
想像しただけでため息が出ます。
本当に自慢のブーケで、友達に「見て見て~」と
見せまくってしまいました。
アンブリッジローズのピンクブーケも本当にかわいい!
a0042928_1291660.jpg


(中略)

ガールクラウンも相当かわいかったです。
式の直前に、ヘアメイクのけんすけさんが
直接めいの頭につけてくださいました。
本人もとても気に入ったようで、
家までつけて帰って、
ドライフラワーにしてとっておくと言っていました。

私も、岩橋さんの指導のもと、2回ブーケを作りましたが、
本当に緊張して気の張り詰めるものですね。
でも花嫁の手に渡ったとたん、
ものすごい感動だったことを思い出します。
本当に本当に素敵なお仕事ですよね。

もちろん大変な面もわかっているつもりですが、
それを差し引いても本当にすばらしいと思います。

今回、自分の結婚式において、
「日常」と非日常」ということを深く考えました。
フラワーコーディネーターやホテルの人は
それが仕事であり、日常のこと。
でも私たちからしたら一生に一度の大切な一日。
究極の非日常です。
でも本人たちに自分たちは日常の仕事をこなしているだけ、
ということが伝わってはいけないと思うのです。

今回わたしたちが関わった人たちは皆
一瞬一瞬真剣で、その姿勢がびんびん伝わってくる
方たちばかりでした。
私たちの「非日常」に全力でこたえてくれている、
というのがわかりました。

岩橋さんのブーケは、その筆頭でした。
ひとつひとつが真剣勝負、魂がつまっていました。
それが伝わるから、一会の仕事は本当に
評価されているのだと思います。

パークの会場装花やケーキ装花も完璧でクールで
すばらしかったと思いますが、一会の花のような
「癒し」はありませんでした。
その中であのブーケをずっと離さずもっていたことで
ずいぶんと心が和みました。

本当にあのようなブーケを持つことができて幸せでした。


(後略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお手紙を掲載する前には、
この文章につなげてどうまとめるか、
すでにいくつか、多少は考えてありました。

ですが今、この文章を転載し終えて10分くらい、
コーヒーを片手にぼーっと考えていたのですけれど、
このあとには何か
書き加えることができないような気持ちです。
もう何も。

これで、全部です。

本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-01-10 23:19 | ブーケ | Comments(7)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。