ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:今日という一日 ( 406 ) タグの人気記事
クラッチブーケ ホテルオークラ様へ 今日20時過ぎに電話があって、
a0042928_2182571.jpg


ホテルオークラ様へ、8月にお届けしたブーケでした。
花嫁様の写真はこちら。
http://ichiecarpe.exblog.jp/21989568/


年も暮れる今日、事務所から帰る道すがらのことです。

携帯が鳴り、見ると
いつも花を活けているレストランからの電話。
時刻はかれこれ20時すぎ。

ぎゃー!!
今日持ってった花に、なんかあったんだーーー!

と、覚悟を決めて出たところ、

「いつもありがとう、いつも来てくれる、あの子、
ほんとにいい子よねえ」
「すごく素直で」
「あんないい子に来てもらえてうれしいわ」


・・・えっと、それだけですか?

つまり、それだけだ、ということのようです。

「社長がね、あの子の名前なんだっけ?って
聞くものだから、ついでに電話でお礼をねと思って」。

「来年もどうぞよろしくね」。

いえこちらこそ。
ちょっと脱力。


その、いい子と言われている若手アシスタントさんは
今日が最後の出勤日。
帰った後でそんなことを言われてるとは、知らないだろうが、
今日は、今年最後の面談日でした。

・・・で、どうでしたか、一か月ふりかえってみて?


という私の質問に、
暫し考えこみます。


「12月はレッスンがいっぱいあって
あっというまでした」。

確かに。


「・・・あっというまでしたが、
・・・しみじみ思うのは」

思うのは?

a0042928_2131345.jpg


「生徒さん、みんないい人だなあって」

うん。確かに。
a0042928_21322264.jpg


「なんか、裏表がないっていうか」
「駆け引きとか全然してないっていうか」

a0042928_21341046.jpg


うん、私もそう思う。
てかさ、そうなんだよ!
生徒さん、わりにみんなそんな感じだよね。
裏表なくって、おとなしいひとも朗らかなひとも
いい人ばっかなんだよ!
ただただ花が楽しいって感じで。

a0042928_21332462.jpg


そもそもさ、
一会のお客様もね、
もちろん結婚を控えて幸せオーラが出てて
当然それだけで、すごく恵まれてる仕事なんだけど、
でもそれを差し引いても、
ほんとにいい人が多いんだよ!!!

a0042928_2136935.jpg

ありがたいよねえ。
a0042928_21502129.jpg

あー、有難いなあとほんとに、しみじみ思ってるんですよ。
a0042928_21492774.jpg

てゆーか、どんなに嬉しいか、
もろ手をふって、
皆様に伝えたいですよ!
a0042928_21504752.jpg

一会にブーケを頼んでくれて、
そして喜んでくださって、ありがとう!と。
a0042928_21521522.jpg

万国旗をはためかせて、
a0042928_22364885.jpg


大漁旗をふって、
a0042928_22371342.jpg

大声でお礼を言いたい、
a0042928_21533647.jpg

一会にブーケを頼んでくださって、
a0042928_22375299.jpg

ありがとうございました!!!って。
a0042928_21542315.jpg

いい仕事をさせていただいて、
a0042928_22382358.jpg

ありがとうございましたって。
a0042928_2155122.jpg

私を花屋でいさせてくださって

a0042928_2239767.jpg

ありがとうございました。
a0042928_2155337.jpg

伝わりましたか?
a0042928_215556100.jpg

どうか、この気持ちが花嫁様に、
a0042928_22394371.jpg

ちょっとでも伝わりますように。
a0042928_21564720.jpg

そう願って、毎日しょうもないけど
せっせとブログを書いています。
a0042928_21584131.jpg



人を、幸せにする花を。
そう思ってます。

手の中で、花嫁様を励ます花を。

届けられたら、花屋冥利につきる。


a0042928_2240464.jpg

では、皆様今日もおつかれさまでした。
a0042928_22414823.jpg





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2015-12-27 20:57 | ブーケ | Comments(0)
砂漠の中の水 ブラジル レンソイス砂漠 せかいはたべきれないごちそう
a0042928_222524100.jpg



せかいはたべきれないごちそう

 かなしみすらいきるよろこびだと
 あったこともないてんしはいう
 おこったように



 「未熟な天使」谷川俊太郎『クレーの天使』より一部抜粋

http://ichiecarpe.exblog.jp/4247969/

ぐー。
寝てもいいですか。

暑苦しく語りたいことは山ほどあるのに

花嫁様からいただいたたくさんのメール、
そして
どんなに花嫁様のことが好きかとか
どんなに自分なりに丁寧な仕事を心がけてるかとか
未熟な自分の力は思い知ってるけど、
どんなに自分は花の仕事が好きなんだ、
とか、


言いたいけどちょっと言えない。
という日は、

ごまかせ今日の一会ブログ。
え、そのまんまやん。




昨日の、京都の花嫁様に
「ブログ載せました、メールくださってから4か月も
たってるなんてお恥ずかしい限り」と謝罪かたがた
ご報告したところ、


「毎日ブログを読んでいるので
実は見ていました」というお返事がきました。



く。

万感の思いを、
なんて伝えたらいいんでしょう。




冒頭の写真は、この夏のブラジルのレンソイス砂漠。
でも時々どうにも、必要なんです。

一人で、英語も何もかも、
全部おぼつかないままに、
でもどうしてもそうしたいので、
地球の反対側に出かけて
ただ砂漠の向こうの朝の光を見る事。


せかいはたべきれないごちそう、
だという
クレーの天使と谷川俊太郎さんに一票。



ではみなさまおつかれさまでした。
by ichiecd | 2015-12-11 22:39 | carpe diem | Comments(2)
シャワーブーケ ホテルニューオータニ様へ サーモンピンクのドレスに
a0042928_1924716.jpg

ホテルニューオータニ様へのブーケ、
「ドレスに似合っていてよかったです」と
花嫁様からメールをいただいて、
ほっとしています。




先日、一会からすぐの八芳園さまにお届けにいった
新人の登録アシスタントさんが
「袋を渡し忘れました!」と電話してきました。

一会では、ブーケやご両親贈呈用の花束に、
全部お持ち帰り用の袋をつけています。

八芳園までは車で数分、
往復してもらってもよかったのですが
その後の車のスケジュールは、既に数分単位で
ぎっしりつまっている状態。

そしてその日、新人アシスタントさんは午前中だけの勤務。

相談して、少し上がり時間を早めて
自分で袋を八芳園様にお届けにいってくれました。
GJでござんす。

私達は、いつもミスのない仕事を目指してはいるけど、
いつもミスがない、とは限らない。

でも自分で自発的に、自らのフォローをできるならば
それはもうミスではない。
それは「学び」。

だからもう彼女は袋を渡し忘れるというミスは
二度としないんじゃないかと思う。(かっこ、願望こみ)
自分が差し出した労力のとの引き換えに。

このアシスタントさん、一会設立以来随一というほど
「返事」がよいのです。
気持ちよく返事してもらえるってこんなに快感なんだーと
あらためて思う。

こちらは頼む側で、相手は一会に慣れないアシスタントさんだと、
どうしても頼めることは雑用ばかりとか、
お願いしたとしても
修正することとか、やり直してもらうこととか、
そういう注意よりの依頼ばかりになるわけですが、
頼んだら「ハイ喜んで!」というよな
お返事がいつも即座に返ってきまして
すっごく頼みやすいし、注意しやすい。
すばらしい。

一会という花屋をはじめて15年になり、
アシヤマさんとかポチとか、
いろんなスタッフに支えられてきました。

私一人ではできなかった仕事。

今も関係が続くアシスタントさんに
共通するのは、絶対的に、真面目だということです。

私自身が「くそ真面目」なので
こずるい、とか、
ちょっと盛ってこのくらいばれない、とか
小手先の嘘とか、
そういうのがどうにも苦手。

なぜならば、
生きている花は、小手先のごまかしがきかない。

いつも、いつもそう思う。

生きている花はごまかしがきかないので
対峙するには、誠意だけしかない。

しかしながら、5年選手10年選手と
彼女たちのライフステージも変わりまして、
新人アシスタントさんの働きも目覚ましいので
一会では登録アシスタントさんを
ひきつづき募集中です。



私がここで、
もし何かを差し上げられるとしたら
ひとつのことに全力を注ぐ、
という姿勢だけです。
花嫁さんに喜んでもらいたいという一心のための、
渾身の努力。

それは、かなわない時もありますが、
かなう時もあります。

そしたら、花嫁さんは涙を流すくらい感動してくれる。

「誠意」という愚にもつかない感情が、
こうして現実に、形をとることもできる。

と実感できる。

その仕事は悪くない。
いえ有難い仕事だと思います。



では皆様今日もお疲れ様でした。






一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-11-14 19:01 | ブーケ | Comments(0)
セミキャスケードブーケ 青山サロン様へ バラのロマンティックアンティーク 運 根 鈍
a0042928_21383617.jpg


シェ松尾青山サロン様へお届けしたブーケ、
レンガ色というような、不思議な色合いのバラは、
ロマンティックアンティークといいます。


では今日もおつかれさまでした!


・・・ねむー。
ねるですよ。
そうですよ。

a0042928_21565056.jpg

相変わらず、ちっとも上達しない和花の稽古を10年以上、
月に一度、ほにゃららと続けているものの、
師匠からは「鈍い人って、かわいそうねえ。」
とか、普通に言い放たれてしまうわけです。

師匠、
私は既に、10数年通わせていただいているので
そこに微塵も悪気がないことを、よくわかっております。
ただ本音なだけで。(←書いといて自分でぐっさり)

世の中には、
運 根 鈍、という言葉があるそうです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鈍ということは、一回でわかってしまうことを、
何回も何回もくりかえしやらないとわからない。

くりかえしやっていると、
一回で分かったものとは本質的に違ったものが
つかめてくる。


 (中略)


要は、失敗なんてないのだ。
そこを通るべくして通ったのだ。
道程だったのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


志村ふくみ 「色を奏でる」




とか、適当にお茶を濁して寝るですよ。
a0042928_1749473.jpg

(いそ菊 丸葉万作 ムベ)


それは2015年の秋の一日。
今日という一日もいろいろありましたが、


では今日も、みなさま本当におつかれさまでした。

a0042928_2153347.jpg





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-10-29 22:06 | ブーケ | Comments(0)
秋の装花 リストランテASO様へ 人を幸せにする花を
a0042928_2141019.jpg

本日、リストランテASO様へ、
装花とブーケをお届けしました。

花嫁様の写真撮影を遠くから、こっそり激写。
a0042928_12183598.jpg

a0042928_21431944.jpg

時間がなく、写真は数枚しか撮れなかったのですが

a0042928_21425015.jpg

撤収に行ったアシスタントさんからちょっと
上気ぎみに連絡がはいり、

「列に並ばせてもらって」

「写真撮らせてもらいました」

列?
て何???

よくよく聞き直すと、
お二人から、
最後に少し残ってほしいといわれて、
そうして列席者の皆様の末尾に、
なぜか一緒にふつうに並ばせてもらって、
そうして一緒にお菓子をいただいてしまい、

「お花、みんなかわいかったです」

と、言ってもらったそうです。
それも3回くらい、繰り返してもらったそうです。

そのブーケを持った写真まで
写メで撮らせてもらったのだそうですが
それはブログに載せていいかどうかまでは
聞きそびれてしまったそうで、

a0042928_21422735.jpg


だから遠くからの一枚を、
最大限の感謝と、
最大限の祈りをこめて。

a0042928_12175279.jpg

本当にありがとうございました。

そして、どうかお幸せに、
お二人の未来に、

まよってまよって、
お花どうしようとすごく悩まれて
結局ブーケもふたつにしてくださって、
暖炉の装花も追加してくださって、

今日の花をよしとしてくださった花嫁様と花婿様に、

どうか、未来永劫幸せな光が降り注ぎますように。

a0042928_12324160.jpg


結婚式、一業者にすぎない、
私にできることは、
そう祈ることだけです。


お二人の未来が、
どうか、幸せでありますように。



幸せというのは瞬間最大風速にすぎない
という信念は今も同じ。



でも今日、お二人を幸せにする一端のお手伝いができたなら
こんなにも幸せなことは、ありません。

ありがとうございました。
では皆様今日も、本当におつかれさまでした。

a0042928_12325467.jpg




ついでながら
こういうふうに、花嫁さんの幸せを
わかちあってくれるアシスタントさんがいることを
幸せに思います。

そのほかにも、今日、
午前中のブーケの配達にきてくれたのはアシスタントEYEちゃん
昨日ブログに載せてた、芍薬のブーケを届けてくれたアシさんです。
いただいたアルバムにもたくさん写っていて、
一緒に涙ぐんでいた様子まで。

午後にお手伝いにきてくれたのはアシスタントYちゃん、
ASOさんの時よく来てくれます。
過去にお手伝いした会場なら安心だからと
はにかみながら、手伝ってくれます。


会場装花は、人手がないと請けられない仕事です。

いつもいつも花代に結局費やしてしまうので
儲かる仕事とはいかないけど、
でもブーケも会場装花もフルでコーディネイトできるのは
すごく楽しい。


花屋としては、醍醐味を感じる仕事です。

本当にありがとうございました。

この日、花を頼んでくださったお二人にも、
可能にしてくれたアシスタントさんにも。


ありがとうございました。
では今度こそ、お疲れ様でした。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
後日いただいたお写真の記事はこちらです♪





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-10-11 21:51 | 会場装花 | Comments(0)
大変くだらなくてすみませんが ネットDEガレージセール 花の資材編
a0042928_22495830.jpg

何かというと、
知人の花屋さんが閉店するというので
引き受けた白いガラスの花器。
10個くらいあります。

a0042928_2251174.jpg

同上。
大きさがわかるように名刺を添えてみました。魚拓風。
こっちも10個くらいあります。
中古ですが定価は2000円くらい。

実はかなり場所をとっておりまして、
もしほしいという方がいらしたら
ひとつ100円でいかがでしょうか。
お値段応相談。

a0042928_22532076.jpg

こっちはなにかというと
アシスタントさんがご発注
じゃなくて誤発注したオアシストレイ。
今イヤミじゃなくて結構素で間違えてました。ごめんよ。
オアシスが横に2個入ります。
20個あります。
こっちもひとつ定価820円のとこひとつ100円で。
こちらは新品です。

先週の台風の折、レッスンをお休みにしたものの
なんかもう
生徒さんには迷惑かけるし花は無駄になるし、
なんだかなあ、と、やさぐれておりましたが、
その後ニュースを見て反省しました。

今日とにもかくにも15人の皆様の安否が無事と確認されて
なによりでございました。

というので一会ネットDEガレージセールに
もし買い手がつきましたら、
利益はそのまま今年のイチエッタ分とともに
茨城県に寄付させていただく所存です。

そのほか作り間違えちゃったリングピローとか
使わない器とか造花とか
結構たまってます。
一会に来てくれたら叩き売るよ!
発送の場合には、送料別でいただきますが
なにかおまけをつけますよー。
お申込みはinfo@flowers-ichie.comまで。



では皆様今日もおつかれさまでした。(逃避)

ためてる記事が山ほどなのにこんなしょうもない話で申し訳ない次第です。


10月24日、25日、11月8日は
プリザーブド、生花とも
すべての受注を終了しました。

どうしようかなあと迷っていて直前になったという
花嫁様のお話も時々聞きます。

前々からでも直前でも、
一会に声をかけてくださるのでしたら
精一杯、喜んで、可能な限り全力を尽くしたいと
いう所存であります。

今日、電話があって、
彼女が気に入ったようなので話を聞きたいという
おそらくその新郎様のお話。
来年と聞いて、ほっとしました。
来年もでも2月や4月は結構入ってきています。

お問い合わせは、どうぞお早めに

って、毎回書くのはちょっとためらわれます。
脅してるようだと申し訳ない。
でもこんなたった数時間に何万円もはらうのだから
納得したものを買っていただきたい。
そう、常々思っております。

できることなら、それが、数年たっても
数十年たっても、
ああこの人と一緒になってよかったな、幸せだな自分、
そう思うよすがのひとつになれたなら、
たかが結婚式のブーケを作る業者として、
こんな幸せなことはありません。

たった一日の花。
でもどうか、記憶に残るような花を。


では今度こそ、お疲れ様でした。



一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-09-15 23:02 | carpe diem | Comments(0)
神の足、 砂漠風
a0042928_1894695.jpg

相変わらずダメ出しを山ほどくらいつつの
和花のお稽古。
中央の緑のインゲンみたいなのは
イケマといって、アイヌ語で神様の足の意味だそうです。
右はオヤマボクチ(雄山火口)、

a0042928_1823258.jpg


砂漠風。
・・・なんとなく。

書くべきネタはたくさんたまっているのですが
追いつかず、ブログ記事をごまかし中です。


あっというまに夏休みも終わり、
一会はいつも通りの週末モードに入りました。

きれいな花、素敵な花、を目指したい、もちろん、
でも一番作りたいのは
「今日、この日をあなたと迎えられて幸せ!!!」って
花がお二人の代わりに大声で言ってるような
そんな花を作りたいものだ。
と思います。

元花嫁さんから、久々にメールがきて、あけてみたら
一会の定期レッスンに通いたい!と言うご要望。
うっく。泣いちゃいます。
ありがとうございます。


ではみなさま今日もおつかれさまでした。




一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-08-26 17:42 | carpe diem | Comments(0)
ブーケ ヨコハマグランドインターコンチネンタルさまへ 絆KIZUNA 花嫁様と、お母様と
a0042928_1314988.jpg


どう書いたものか、
このひとつの小さなブーケのことを。
それは横浜の、グランドインターコンチネンタル様へ
ある日お届けしたブーケでした。
a0042928_22482568.jpg


毎週毎週どこかへブーケをお届けするので
それは取り立ててどうこうということはない、

のかもしれません。

a0042928_216523.jpg

でも自分は毎週毎週
ブーケをお届けするすべてにドキドキしております。

この花の仕事をはじめて20年、
この仕事を自分の名前でするようになって15年、
なのに全然、いっこうに、まったくなれません。


翌日に、新婚旅行に行く直前の
花嫁さまからメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
岩橋様

昨日、ブーケをお願いしておりました○○です。
昨日は本当に本当に素敵なブーケをありがとうございました。

私たちは明日からハワイに行ってしまうので、
可愛がってもらえるだろう母のところへ手渡したところ、
今日母から
「26種類も花が使われてたよ」とラインが入りまして…


こんな見ず知らずの人間の結婚式のために、
26種類もお花を揃えてくださったんだな。
きっと沢山仕入れてくださったんだろうな。
あれだけ丁寧に作ってくださったんだから時間も沢山かかっただろうな。

なんてことを考えていたら、
ブーケやお花に対する岩橋様の深い深い愛情を感じて、
ファーストフード店内に居ながら涙が止まらなくなってしまいました

式の当日は慌ただしく過ぎていって、
また自分が主役なことに馴れなさすぎて、
全く泣かなかったし泣けなかったのですが、

式が終わった今、色んな方々の支えや協力があって
昨日一日があったんだなぁとしみじみ感じて、
式当日より泣いております(笑)


本当に幸せな一時を、そして素敵なお花を、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
添えられた数枚の写真に
ほわわんと幸福感をおすそ分けしてもらって
ひたっていたら、

そのすぐ後に
なんと花嫁様のお母様から、
じきじきのメールを頂戴しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩橋様
不躾にメール差し上げます失礼をお許し下さい。

土曜日、横浜グランドインターコンチネンタルホテルにて
挙式いたしました○○の母でございます。

当日は本当に素敵なシャワーブーケをお作り頂きまして、
娘も私どももうっとりと眺めておりました。

ドレスが柔らかいシフォン系のものでしたので、
揺れる小花達とグリーンの繊細さ、
コロンとした柔らかいバラの美しさに
スズランの香り立つブーケは本当に似合っておりました。

ゲストの方々からも沢山のおほめの言葉を頂いたブーケは、
挙式から二次会までの長時間を
娘の側で和ませ、励まし続けてくれました。


以外駄文ですのでさらりと読み飛ばして下さいね。

岩橋さまがブログでお書きになっているように、
花嫁には挙式にあたり両家の温度差や本人達の思いや考え方、
勿論経済的な事との折り合いをつけながら
色々な事を決めていかねばならないという苦しい作業があり、
娘もお色直しのブーケをお願いすることや
保存加工に出すことも諦めざるおえなかったようです。

人生にたった一度の事…親としては
出してあげると何度も喉元まででかかりましたが、
2人の人生の切り盛りは任せることが重要なのだと
甘くなる親心に蓋をいたしました。

お役目を果たしてくれたブーケを翌日引き取り
(本人達は旅行に出てしまいますので)、我が家で活け直しました

26種類ものお花の饗宴であったことに感激‼️

お花達はまだ頑張ってくれていますが、
さすがにこの暑さですので
段々元気が無くなってきております。
a0042928_1474099.jpg

幾つかはドライフラワーにならないか挑戦中ですが、
これからの陽気では厳しいですねぇ〜
甘い香りのバラはハラハラと零れ落ちてしまいましたので、
これもポプリにならないかしら…とトライ中!
楽しませていただいております

a0042928_224906.jpg


こんなメールを差し上げているのが分かったら
「お忙しい岩橋様になんたること!」
と叱られると思いますが、
御礼だけでもお伝えしたくメールいたしました。
素人がスマホで撮った写真ですが添付いたします。

まだまだピークが続きます。
どうぞご自愛いただき、益々未来の花嫁達を
笑顔にされるブーケや装花をお作り下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お母様がお嬢様を思う気持ちと、
お嬢様がお母様を思いやる気持ちとを


どこまでこのブログで伝えられるだろう。



その中間地点にたつ自分は
ただおどおどしながら
どうかお二人の気持ちがお二人に伝わりますように!
って
願うことしかできません。

でも願う前にきっとお二人ともに、伝わっているんだと思う。




心という臓器は、
目に見えません。

心は、見えないし触れられないし、
なかなか実感できません。

でも心を、形にすることは、できなくはない。

いくつかある方法のそのうちのひとつが
花だと思う。

命をその代償にして、
咲いて散る、ひとひらの花だと思う。




今日、タイムカードを押した後、アシスタントさんが
何度も何度も花束の練習をしています。

花束を作ってかわいくラッピングする、というだけの
作業を5度も6度も繰り返しています。

でも実際にそれが即座に
現場でできるかというと
そうではないかもしれないけど、

それでもその5度も6度も何度も練習した花を
お客様に差し出す瞬間は、

一度も練習しなかったときと比べたら
きっと何かが違うと思う。


それが努力ということ。

それが、希望ということ。

そうと信じて続けることが、才能ということ。


ただひとすじの光のために
自分の持てる何かを差し出すという事。


この日、ある花嫁さまと
あるそのお母様のために
私が差し出した一片の花は
ただの結婚式のブーケにすぎません。

でもそのブーケを作る過程を、翌日に思い返して
ファーストフード店で涙をためてくださった
ある花嫁様のことと、

その花嫁様のお母様が
そのブーケをほどいて26種類も入っていると、
教えてくださったメールを開いた瞬間のことを

自分は作り手として、
一生、


忘れないだろうと思う。



自分たちの為す作業のすべてが報われるわけじゃない、
自分の差し出すすべてが
わかりやすい形で報われるわけじゃない。
むしろ理不尽なことの方がずっと多い。

でも何もしないよりは、
伝わるかもしれないので、
そうと信じて差し出すこと。

それが伝わったという一瞬は、
かけがえのない、砂漠の中の砂金です。


ありがとうございました。

では皆様今日も本当にお疲れ様でした。






一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-07-03 01:25 | ブーケ | Comments(0)
クラッチブーケ 横浜ベイシェラトン様の結婚式へ ピンクのカップ咲きのバラたちで
a0042928_22325717.jpg

今日、横浜のベイシェラトンの結婚式まで届けた
ブーケでした。
アシスタントEYEちゃんありがとう!


今日、夜、レッスンが終わってから、
明日撮影に使うための
最後のブーケにリボンをつけながら
若手アシスタントさんが
昨日のブーケより重いですかねえと言います。


えっと昨日のブーケって・・・?




なんだっけ。

今日はついさっきまで、単発レッスンやってて

その前に打ち合わせいくつかあった、

今朝、ブーケもこの横浜や豊洲にお届けして、
お届けする直前までしつこく必死にあれこれ手をいれてた、




その前っていうと
昨日の夜は・・・・

そうだ花が足りないんじゃないかと
不安にかられて結局町の花屋さんで
花を買い足したんだった。


その前の昨日のブーケ・・・
ブーケ・・・!

アシスタントさん「昨日の横浜の・・・」

おお!昨日のブーケか!!


24時間の間にいろいろありすぎてもう
トリアタマの自分には、なんてゆーかもう
キャパシティが。



でも時間があっというまに過ぎるというのは
幸せな証拠だと、
つい先日、聞きました。

それはそうかもしれない。

それはきっとそうだ。

と、今日、ふと立ち止まったら思う。

もうガタのきはじめた肘と膝で
あといくつ、ブーケを作ることができるだろう。





虹自身 時間はありと 思ひけり 阿部青鞋





あっというまの一日が
やがていつかきっと懐かしくなる。


あっというまの一日ではありますが、
今日という一日に、ブーケをお届けした花嫁様皆様に、
どうかずっと大切に思い返す
極上の一日になりますように。


拙い自分にできることは
それだけだと思う。
そう願うだけかと。




では今日もお疲れ様でした。



一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-06-29 00:05 | ブーケ | Comments(0)
ササユリ 忘れ川をこえた子供たち
a0042928_163077.jpg


個人的に、月に一度、和花を習って
「で、何年目だよ?!」と数えたくない年月が経っているにもかかわらず
今日活けたこの花がイマイチなのは、重々承知していますが、
今日は、ブログパスです。


先日、突然チャイムがなって、5月の、
ある花嫁様のお母様から
一冊の本をいただきました。

a0042928_1125277.jpg

川瀬敏郎「一日一花」

ご自分の娘さんであるその日の花嫁様を、
応援したい気持ち、
支えたい気持ち、
お金を出して、好きにしていいよと言いたい気持ち、
でもそれをこらえて、二人の門出だからと見守る気持ち。


いろんな思いを、ほんの少しだけ、
メールで伝えてくださって、
おそらくはお嬢様にしてあげたい気持ちのように
一会あてに本を買って送ってくださいました。

花の仕事は、
ほんとにもうからないんですが(←余計だ)
こういう一瞬にたちあえる自分を、
とても幸せに思います。







先日、ある花嫁様から
KIZUNAの記事について感想をいただいて
その花の名前はとても素敵だと思っていたこと、
自分のブーケに入っていて嬉しかったこと、
これからブーケを思い出すたびにKIZUNAと震災のことを
思い出すだろうことが、

丁寧にていねいに、つづられておりました。


それはキレイゴト、
かもしれないと書きながら自分も思います。

きれいごとと、片付けられても仕方ないくらいの
きれいな心持ち。


でも今、実際にそうしたきれいな心の人が実在することを
今はよく知っていますし、

たとえキレイごとだったとしても、
「片目の大ガラス」みたいにきれいな事だけ見る。
と、いっそ決めてしまうこともできる。


・・・えっとね。
「片目の大ガラス」というのは
片目をなくしてしまった大きなカラスなんです。
一つの眼で悪を、ひとつの眼で善を見ていたそのカラスはある日
片目を失ってしまい、残った一つの目で見えるのは善きもの、美しいもの。
という片目のカラスのことです。

と、普通に解説されてもお困りかとは思うのですが、
それは童話「忘れ川をこえた子供たち」というお話の
登場人物(というかカラスだけど)です。


このブログを書いている自分は、
聖人ではないし
心清らかな人にもなれないと思うのですが、
やろうと思えば片目を閉じて、きれいなものだけ見ることもできる。

そういうふりをしてたら
それが時々、一瞬だけ、本当になることもあるかと。

それが希望ということ。



では皆様今日も本当におつかれさまでした。





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2015-06-24 01:25 | carpe diem | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。