ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:一会について ( 431 ) タグの人気記事
ご友人からのお誕生お祝い、この世に生まれてきたすみれちゃんへ
a0042928_2248325.jpg

とびきりかわいらしいベビーの名前は、すみれちゃん。

右側のお花は、お母さまのご友人で、
以前一会のブーケを持ってくださった元花嫁様で、
今は生徒さんになってくださった方からの、
お誕生お祝いのプレゼントです。


すみれちゃんが頭にかぶっているのは、
お母さまが一会レッスンで手作りしたレースの花冠。

その、ご友人に紹介されて、やはり一会のブーケを持ってくださいました。
そのあとやはり生徒さんになってくださいました。

つまり御二人とも、元花嫁様で、一会のレッスンにきてくださっていて、
命名を記したフォトフレームも、手作りなのです。

a0042928_2249087.jpg

その足ばたばたは、ずるいと思う。

胸キュン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
娘の名前にちなんで
菫の花を入れてくださり、他にもたくさんお花が…

上品かつ可愛らしい色味で、
寒い冬の日に、我が家に春が訪れました。
このアレンジメントのように、
上品で可愛らしく、優しく、愛に溢れた子に育ってほしいです。

以前単発レッスンで作らせて頂いたものと共に
写真も撮ってみました。(撮影技術がないのが悔やまれます。)
花冠、無事にかぶれましたよ!!

いつか娘が結婚する日に、一会さんのブーケか、
一会さんレッスンに通っている(友人の)○○さん作の
ブーケなんて持ってくれたら素敵…
だなんて妄想してます。

いずれにせよ、娘が大きくなった時に、
一会さんのアレンジメントを頂いた事、
プレゼントしてくれた友人がいた事を話したいなと思います。

改めて、本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すみれちゃんに、
ご友人の素敵なお二人に、
またご主人さまお二人にも、
あたたかな光が降り注ぎますように。

むらさきに菫の花はひらくなり人を思へば春はあけぼの
宮修二

もうすぐバレンタインなので、
大好きな人へ花を送ろうキャンペーン実施中。(PR)
(と言いつつ、すでに早速にお申込みくださった方々へ、
返事ができていなくてごめんなさい!
明日か明後日には!)

撮影技術がなあ、という方へ、
写真のレッスンもありますよ!(PRその2)

どちらも詳細は下記ご参照のほどを。

では皆様今日もおつかれさまでした。

バレンタインギフト販売中

1DAY単発レッスンのご案内 
1月28日土曜午後~夕方 生花 満席になりました
2月5日日曜午後 プリ
2月26日 フォトレッスン&ブーケレッスン
3月12日日曜午後 プリ
単発のプリザーブドレッスン
ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2017-01-18 23:15 | ギフト | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 八芳園の花嫁様より、ブーケをほどいて
a0042928_20261827.jpg


こちらは、昨年八芳園の花嫁様より、
挙式後にいただいたお写真とメールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実は挙式後、ブーケを冷蔵庫に保管していました。
涼しい時間帯のみダイニングに置いて、
お花を長く楽しむようにしておりました。

お花や茎の様子から限界を感じたので
先ほどブーケを一つ一つ解きましたが、
まだ楽しめるお花に関しては、自己流にアレンジを致しました。
a0042928_20301691.jpg


出来る限り長く楽しませて頂いている思いを岩橋様にお伝えしたく
写真をお送りさせて頂いた次第です。
a0042928_20303892.jpg

ブーケを解く際に気づいたのですが、
持ち手(花嫁)のことや
お花のことを考えた細かな細工が施されており、
技術面でも素晴らしいブーケであることに再度感動致しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_20305696.jpg


花嫁様は長くお花をたしなまれている方で、
だからこそ気づいてくださったことも、
きっとたくさんあるのだと思います。

わずか、直径20センチのブーケに、
毎年改良し続けている、
いろんな工夫、てんこ盛り。

こうしたら花嫁さんの手になじむだろうとか、
持ちやすいだろうとか、
こうすればリボンがほつれないとか、
ほどけないとか、
すごく地味で、別になくてもいいことだけど
あったほうがいいだろうこと。


結婚式のブーケは、
結婚式をあげる花嫁様にしか持ってもらえないので、
なかなかブログでは伝わりにくいけど、
いつも、
いろんなところで、
花嫁様のことを思ってます。
てへ。


ではみなさま、今日もおつかれさまでした。


1DAY単発レッスンのご案内 

1月28日土曜午後~夕方 生花
2月5日日曜午後 プリ
2月26日 生花&カメラレッスン
3月12日日曜午後 プリ
単発のプリザーブドレッスン
ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2017-01-12 20:22 | ブーケ | Comments(0)
ご両親への贈呈花、花束の価格の目安について
a0042928_18493631.jpg

ご両親への贈呈花としてのレイでした、
思い出の花としての贈り物。
ちょっと珍しく、素敵だと思いました。

a0042928_18522116.jpg

披露宴最後にお母様にプレゼントするお花、
贈呈花、贈呈用花束ともいいます。
a0042928_1973255.jpg

一会の場合、よく出る価格帯は
ホテルウェディングなら7000円から10000円くらい、
レストランの場合は5000円~8500円くらいでしょうか。

a0042928_1995563.jpg

贈呈用花束の価格は、
ひとつ5000円からを目安にしています。

といいつつ、
ブーケも装花も同じくなのですが、
これが絶対の下限、というわけではありません。

つまり「これ以下では絶対引き受けないぞ」、
と、いうわけでは、めっそうもございません。

a0042928_18511520.jpg

じゃあなぜ5000円かというと、
一応、自分なりの根拠がないわけではない。

一般的に、花屋さんで一番多い花束価格、
たとえば送別会やお誕生日での花束の予算は、
3000円、
次に多いのは5000円ではなかろうかと思われます。

a0042928_1914324.jpg

結婚式を控えた花嫁さんは、
これまで、いったいどれほどの数の花束を、
目の前で見たことがありますでしょうか。

コンサートで、お誕生日会で、送別会で、御祝いで、
目の前で誰かに特別に渡される花束。
手に持ってる大きさ、花の感じ、直接見たことがあるのは
今まで5回くらいでしょうか?
あるいは、10回くらいでしょうか?

そして今、お母様の社会年齢が
ざっくり花嫁様の倍近いとして、
お母様が実際に目にした花束の数は、
やはりざっくり、その倍はあるだろう、と思われます。

10回か20回か、
その、今まで見たことのある花束の平均値が、
3000円から5000円として。

お母さまとしては、これまで見てきた花束に比べて
ちょっとだけいい花だったら嬉しいんじゃないかと。


世間一般的な花束と、平均値、あるいは同等以上の花が、
やはり、結婚式では妥当なのではないか、
という気がするのです。

花屋としては。
結婚式専門の、花屋としては。


披露宴最後、
ゲストに見守られライトを浴びて、
花嫁様から、贈呈花を受け取る一瞬。

それは、留袖のお母様にとっても、
やはり特別な、晴れ舞台です。

そんなに人生に何度もあるわけじゃない。


職業的な矜持をもって申し上げるならば、
お母様にもゲストの方にも
ここお金を削ったね、と思われかねないリスクをかんがみて、
そんな危ない橋を渡るのか、

渡ろうとしてたら、とめるべきでは、
もしかしてお節介ながらも説明したほうがいいのでは、
と、最近思うことがあり、記事にしてみました。

というわけで、一会では、
花束価格目安は、
「推奨;世間の花束平均値よりちょっと多めの5000円~」
でございます。

そうは言っても、
もちろんご予算の問題もありますし、
他に品物を渡すので小さい花束で、
というご依頼もよくあります。

花をおまかせにしていただければ
見栄えよくなるよう尽力しますので、
ご相談くださいませ。

a0042928_190660.jpg

ちなみにこちらは3000円の花束です。
お二人は一会のプリザーブドレッスンで
フォトフレームを手作りしてそれを贈呈花にしました。
でもやっぱり花も欲しいから、遠方だから小さ目に、
というオーダーでした。

a0042928_1912885.jpg

こちらも同じ状況でおつくりしたミニブーケ、
4000円です。

なお、表記の商品価格は、
すべて税別でございます。

贈呈用花束は基本的に、
ブーケと一緒にお届けしますので、
お花がお任せであれば、ブーケの残りの花も自動投入。
勝手にイチエッタ状態になることが多いです。

*イチエッタとは、一会が花を仕入れすぎたときにやらかす
大バーゲンのことです。
・・・書きながらちょっとへこむ自分。この秋もたくさんやったなあ。
でもみんな喜んでくれたからいっか。涙目。


では皆様今日もお疲れ様でした。


1DAY単発レッスンのご案内 

1月7日土曜午後 プリ
1月28日土曜午後~夕方 生花
2月5日日曜午後 プリ 
2月26日 生花&カメラレッスン(まもなく募集開始)
3月12日日曜午後 プリ
単発のプリザーブドレッスン
ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2016-12-26 18:48 | ブーケ | Comments(0)
報酬
a0042928_21261838.jpg

装花を担当させていただいた花嫁花婿さまから、
宅配で届いた、かわいいクッキー。

緊張と寝不足が極限だった、その結婚式の朝、
花を見て、心が和らいだとメッセージが添えられて。

お礼を申し上げたら、そのメールのお返事に、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新郎が皆様のお仕事振りを見て、
自分も何かプロフェッショナルになりたい、
10年以内に絶対何か見つけたいと意気込んでいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


花嫁様はもとより、おそらく花にあまり縁のない
ご新郎様にも気にいっていただくことは、
また自分には極上の喜びで、花屋冥利のひとつです。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「打合せの時には
全く興味を示さなかった夫もリングピローを見て、
「想像を超えてる」と呟き、
自宅に持ち帰ったリングピローを眺めては、
「このままの形で残せないかな」と毎日言っております。」
・・・・・・・・・・・・・・・

http://ichiecarpe.exblog.jp/23477947/


・・・・・・・・・・・・・・・
主人にはブーケのイメージは内緒にしていたのですが、
当日目の当たりにして、
最初に私より先に視線を奪われたそうです(笑)

「作っている方の花嫁さんに対する
あたたかい気持ちが込められてるのがすごくわかるね。

職種はちがうけど、真摯に向き合う。
自分もそういう気持ちで仕事に臨まないとな。」

と言っておりました。

普段冗談ばかりの主人が
突然真面目なことを言ったので
少々吹き出してしまいましたが…
・・・・・・・・・・・・・・・
http://ichiecarpe.exblog.jp/23336367/


・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなにも人を笑顔で幸せな気持ちにできるなんて
素晴らしいお仕事だなと思います。
私も職種は違いますが、見習わなければならないなと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://ichiecarpe.exblog.jp/23096447/



なんでだろう、
そうか、そうなんだ、伝わるんだ。

花だけでも、見ただけでも、気持ちを込めたことが
伝わる人には伝わるんだな、
ということが、いつも、不思議に思う。

特に花には思い入れのなかったであろう、男性の皆様が、
一会の花を見て、これはいい仕事だ、と言ってくださること。


「一会の花は、何故かおじさま方にウケがいい」
と、以前、友人の
これも男子に冗談交じりに話したころ、
「それは、モノづくりをしてる人には、分かるんだよ」と、
大真面目に、返されたことを、思い出します。
それも、嬉しかったことでした。


そっか、
わかるんだ。

伝わるんだ。

必死に、精魂こめて、この花を作ったことが。
いずれ枯れてしまうだろう、たかが数日の花に、
全霊をこめて取り組んだことが。


伝わるんだ。
花だけで。

プロフェッショナルである、ということに、
憧れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼もまた、他の多くのプロフェッショナルと同様に、
仕事への賛辞をこの上なく喜んだ。
F・フォーサイス「ジャッカルの日」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(うろ覚えです。明日覚えてたら
もう一度読み直して修正します。
覚えてたらでいいでしょうか)


結局、
賛辞が、自分にとっては最大の報酬です。
お金も大事なんだけど、
それも大事な報酬なんだけど、一番ではない。

自分にとって最大の報酬は、
一番の勲章は、
喜んでもらえること。



では皆様、今日も本当におつかれさまでした。


単発のプリザーブドレッスン

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2016-12-22 22:30 | carpe diem | Comments(0)
ひとつのギフト たいせつな人からたいせつな人へ 嬉しい贈り物
a0042928_23102472.jpg


注文のフラワーギフトを
発送しました、と
連絡をしそびれたことを
あ!と気付いて、青ざめる夜半23時、

ブログに載せて、
明日またあらためてご連絡を。

では皆様今日もお疲れ様でした。

a0042928_2316085.jpg


東京は昨日も今日もことに、きんと冷え込んで、
そこに届く、
昔の花の先輩の、
けいこさんから。

「市場で仕入れの邪魔にならないマフラーを見つけたから」、と、
そのお気持ちも、
マフラーも、
びっくりするほどあったかくて、胸にしみました。

「マフラーなんていっぱい持ってるだろうけど」、
と書いてくださって、

いやいやここ数年、
自分のためにこんな贅沢してなかったこと、
思い出します。
防寒のために、ユニクロのフリースはチェックしても
こんなあったかなマフラーだなんて。

泣いていいですか。

きゅー。




では今日も本当にお疲れ様でした。


単発のプリザーブドレッスン

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2016-12-16 23:22 | ギフト | Comments(0)
花のクリスマスツリー 花時間 web garden
a0042928_13555788.jpg


http://hanajikan.jp/

雑誌「花時間」さんの現在のトップページは、
ずっと以前に作らせていただいた、
クリスマスツリーの写真です。


昨日までレッスン続きで、ためているメール、
今から書きます!
ごめんなさい!
もうしばらくお待ちくださいませ。

12月23日生花レッスンは満席となり受付終了しました。
次回の単発の生花レッスンは、
1月29日土曜午後予定。

こちら、昨年もありましたが
「友人のブーケは、私がプレゼントしてあげる!」という
男気あふれた生徒さんのためのレッスン開催につき、
ちょい飲み開催可能性あり。
参加者募集中です。
・・・いえあの、飲み会ではなくて、
レッスンの参加者を、募集中です。
レッスン料2000円花代5000円か8000円(税別)の二択になります。

ご参加は、下記メールフォームよりお願い申し上げます。

単発のプリザーブドレッスン

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2016-12-13 13:39 | carpe diem | Comments(0)
今日はブログパスで 照葉と白玉椿 到り着く辺

a0042928_21554777.jpg

全然うまくならないけれども、
どんなに忙しくても、一度休むとますます下手になるので
真面目に愚鈍に、10年くらい通っている、
和花のお稽古です。

今日はこれにて!ブログパス!

一会は修羅場モードに入りまして、
メールのお返事も、週明けに持ち越させていただければ
幸いです。

たかだかブーケひとつ、
結婚式の花ひとつ。


なんで、そんなに必死にやってんだよって、
はたから見てたら、バカみたいなんだろうなあ。
と言われるだろうことは、自覚がある。

生きている花は、わずか数日の命なので、
そうしてその数日にいかに美しく咲くか、
何度も何度も繰り返された生産者さんの
努力の、結晶だと思うので、
花が粗末に扱われることが、とても嫌。

その花を受け取って、花嫁さんに渡すまで、
万全を尽くしたいと、思う。
もうここらへん、
BGMは、中島みゆきのファイトなわけです。

必死で悪いかよ!

冷たい水の中を震えながら登っていく、

という、その必死に登ったその先に、
至り着くどこかが、ほんとにあるかというと
はなはだ疑問ではございます。



実は、そんなゴールはないのかもしれないけど
うすうすそんな気もするけど、
あると信じて、今日ひとつ小石を積むこと。


蟇(ひき)歩く到りつく辺のある如く 汀女

醜いガマガエルが、
のそりのそりと一生懸命歩いているけど、
その先には、いたり着く辺はあるのか?

あるのか?

あると信じて、今日もまた、小石を積もう。
だってそれしかできないしね。


というので、今月もまた真面目に、
月イチのお稽古に通っております。

花が足りないとあたふたし、
髪を振り乱して、必死ですとも。

アシスタントさんに花の扱いをうるさく言い、
市場の人には、花の包み方が甘い!と文句を言い、
とかなんとかやってると、
なんかさ、前髪切りすぎ!とか言われて、
ちょっと返す言葉がありません。

あの、その自覚もあるんですが
こ、これは自分の意思ではなくって・・・
以下長くなるので省略。




では皆様今日も本当にお疲れ様でした。












単発のプリザーブドレッスン次回12月4日と18日

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2016-11-18 22:40 | carpe diem | Comments(0)
7シェアブーケ 軽井沢へ プロフェッショナルであるということの条件3つ
a0042928_23154771.jpg

軽井沢までお届けした、シェアブーケです。
うーむこれも写真がイマイチなものの、

7つの小さな花束から成り立っていて、
リボンをほどくと、
その日、来てくれた、大切な方々へ、
ひとつずつおすそ分けできる仕組み。

a0042928_2320549.jpg


お打合せ当日、花嫁様が印刷してきてくださった
A4の紙は何枚にもおよび、
そして途中で紙がなくなってしまったのでと、
さらに印刷してくださった普通紙も何枚にもおよび、

それを見ながら、
ああ軽井沢まで生花のブーケを
届けに行って差し上げたいな、と思いました。

季節は9月。
宅急便で出すにはまだ残暑が厳しい季節。
なにより、挙式時間は朝10時、
ていうことは通常納品時間は朝8時。

ヤマトのタイムサービス便を使っても、
とても間に合わない。

しかし、平日のご結婚式でした。

この日のこの時間なら、
夕方に都内を出て
翌朝いちばんで帰ってきたら、
まにあうんじゃね?

あー直接、自分が車で届けて差し上げたいなあ、と
打ち合わせをしながら、
花嫁様のご意向をメモにしながら、

その何枚ものプリントアウト紙をめくりながら、

ふと思ったことを、よく覚えています。


いやいやいやいや。

と、即座に現実に戻る。



軽井沢まで往復する実費と手間代、
冷静に考えたら、とても利益が出る仕事にはならない。

それは、仕事ではない。


自分が思う、「仕事である」、
「プロフェッショナルである」、
という定義は、おおよそ3つ。

ひとつめ、
かけた労力にふさわしい対価を堂々と得られること。

かけた労力や時間に見合う対価が得られないなら、
それは「仕事」ではない。

これは何も
ぼったくる、というようなことを言っているのではありません。

でも利益が出ないという作業、
それは仕事ではない。


そしてまた、格安で請け負って、
感謝されるのは、当然。


だから、市場価格の標準程度の、
金額を、ちゃんと支払っていただけること。

正当な対価をいただいて、
それに見合う仕事を、差し出すこと。

いやむしろ、
ここまでやって不満ならもう知らん!
という程度まで、
ぎりぎりまで、
自分の差し出す花を磨き上げる事。

最後まで。

そうして磨き上げて差し出す仕事の対価として、
誇りを持って、安からぬ金銭を請求できること。



お金を要求する。

という生臭い行為のそのために、

誇りを持てるまで、
ぎりぎりまで、万全をつくして、
精根こめて、
仕事をする。




ふたつめは、そこまでやっても
金を払う顧客に満足してもらえなかったら
意味がないので、
少なくとも、ちゃんと満足してもらえること。

願わくば、「対価を支払った以上の価値があった」、と
心から深く、満足してもらえること。


みっつめは、それを、毎回つづける事。
生花には旬があり、結婚式は毎週あります。

春夏秋冬、毎年、毎月、毎週、
毎日、
「支払った甲斐があった」と、
お客様すべての人に思ってもらえること。


当然ながら、三番目がいちばん難しい。


毎年、毎月、毎週、毎日、
全ての人に、満足してもらえること。

それは無理ですよ。
いや、精一杯やってるけど、それは無理です。


って言いたい気持ちを、地中深く埋めて、
力が足りなくっても、
花が不足でも、
風邪ひいてても
その他いろいろ不測の不具合があっても、

渾身で、今日の一つの花を差し出そう。
という、その瞬間だけは、
自分はプロたり得る、のかもしれません。


結局のところ、
「プロである」

ということは、
「プロであろうと真摯に取り組む一瞬だけ、
プロであることが許される」。

っていうような・・・・

なんかすごく昔に、こういう話書かなかったっけ。
所詮、瞬間風速理論。


・・・
・・・・
・・・・・
って、
何の話しだったかというと、つまり
自分が軽井沢にブーケを直接届けに行くと、
完全にそれは仕事にはならない。
のですが、
しかしこの花嫁さまへ、生花のブーケを
届けて差し上げたい。


実は最初は、挙式も披露宴も
同じブーケひとつの御要望でした。

でも打ち合わせして、
しばらくしてメールが来て、
やっぱり、どうしても、それぞれで、
二つブーケをお願いしたいと
おっしゃってくださって、

うるうる。

そこで、口実が必要なわけです。

軽井沢までブーケを届けて差し上げたくって、
何か口実が・・・・


・・・温泉とか。



こほん。

うん、まあ、口実は温泉とかね
肌寒い季節になりましたね。

いや温泉じゃなくてもいいんですけど、
まあ、温泉とかね。
くどい。


お色直しのブーケはプリザーブドでした。




では皆様今日もお疲れ様でした。



単発のプリザーブドレッスン12月4日および18日参加募集中

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2016-11-16 23:44 | ブーケ | Comments(0)
一会定期スクール 9月、秋の花のブーケ 登録生徒さん募集のお知らせ
a0042928_2352159.jpg


9月の一会の定期レッスンは、秋の花。

コスモス、ワレモコウ、ダンギク、リンドウ、ホトトギス。

a0042928_239578.jpg



Facebookで新人アシスタントさんが書いていますが
ワレモコウは吾亦紅、吾木香という漢字があります。

「ワレモコウを近くの花屋で買って仏さまの
花にしました」
と話すので、
ちなみに漢字、知ってるよね?とふと念押ししたら、知らんと。

それは花屋としては知っているべきではないのかと。



昔々、
自分は当時銀座にあった和花のお店で働いていたころ、
ワレモコウの鉢が売れ残っておりまして、

われもまた紅(くれない)なりとついと出で
虚子

と書きそえてみたら、たたんと売れた記憶があります、


検索すると「ひそやかに」というのも出てきますが
ついと出で、のほうが吾亦紅な感じがする。



えっとそんな自慢話はほっといて

岐路(みちわかれ)して何れか是なるわれもかう 漱石

というのも好きだし

コスモスなど優しく咲けば死ねないよ

というのも好きです。



ちなみに花業界においては
ワレモコウはモッコ、
ホトトギスは、トギスと略されます。
トギス。
かわいい。


そういうどうでもいいうんちくはおいといてその2、

一会のレッスンは
プロ、セミプロ、中には有名どころの花屋さんもいますし

a0042928_23172148.jpg

元花嫁さんもきてくださって

a0042928_23272390.jpg

自分で花をつつんで帰るところまで、
自力でできるよになるレッスンです。


先日いらした方が、
定期のレッスンに通いたいけど
仕事の都合でその日にならないと
予定が分からないというので、

登録生徒さんという制度を設けてみることにしました。

定期生徒さんが急にお休みの日に
お声掛けしてOKだったらぜひレッスンにどうぞ。
という制度。

どうでしょうどなたか一枚かみませんか。

a0042928_23344326.jpg

しかしあんまり余裕が無いので、
今月最終日の生徒さんの写真のみから
ピックアップしております。

前半の生徒さんの写真も素敵だったんだけど・・・
申し訳ない。
このリベンジはいずれ必ず。




では皆様今日もお疲れ様でした。




秋の婚礼につきまして、
10月8日9日10日の装花および生花ブーケ
10月29日30日の装花および生花ブーケ、
11月19日20日の装花および生花ブーケ、
11月26日の装花および生花ブーケ、
11月27日の装花
については、受付終了しました。
そのほかの日も、
時間帯によってはもうお請けできない日時があります。

ひとつひとつを丁寧に、羽を抜いて織り込みつつ作っていますので
請けられる量に限りがあります。
お問い合わせは、下記フォームからえいやとお願い申し上げます。

単発のプリザーブドレッスン
10月16日午後開催決定!

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2016-09-22 23:37 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
ジャイアントフラワーとカスミソウのブーケ、ザ・ハウス白金様へ 
a0042928_18385962.jpg


本日、ザ・ハウス白金様の撮影にて、
ジャイアントフラワーに囲まれるお二人を
カメラマンさんの後ろから、こっそり激写。

a0042928_18393115.jpg

撮影のあいまに、
プランナーさんも一緒になってぱちり!

a0042928_1840224.jpg


一会から徒歩5分、
ザ・ハウス白金様では、今週末フェアもあるとのこと、
http://zexy.net/wedding/c_7770073913/


a0042928_18401878.jpg


豪華試食もつくとのこと!(お料理おいしいのです)



a0042928_18404965.jpg


みなさまぜひお立ち寄りくださいませ。


a0042928_184172.jpg



ジャイアントフラワーは、
スージーレモネードさん製作のものです。
http://ameblo.jp/suzys-lemonade/

https://www.instagram.com/suzylemonade/

本日、多大なるご協力をいただき、大感謝!
実は、一会の定期レッスンの生徒さんなのです。

a0042928_1842203.jpg


そして今日は撮影のあと、これから9月のレッスン日。

夏は多肉祭りとかやってたので、
久々に生花ブーケのレッスンです。

来月は、秋の実もののウエルカムボードだよー
みんなわかってる!?
一会に来てから
「えっと今日って何するんでしたっけ」
とか言うの、ナシだから!
a0042928_20142124.jpg


という感じで、ただいまレッスン中です。

レッスンのお問い合わせは、
下記メールフォームよりお願いします。

では皆様今日もおつかれさまでした。


単発のプリザーブドレッスン
9月19日月曜祝日 午前午後とも満席です
10月16日午後開催決定!

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも4時間で、
何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~
お申込み、お問い合わせはこちらから

by ichiecd | 2016-09-14 19:28 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。