ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:ヘッドドレス ( 5 ) タグの人気記事
はじめてでも簡単!花の髪飾りの作り方 ヘッドベースを使って 東京堂7階展示のウェディング展示2
a0042928_13492752.jpg

シルクフラワーの髪飾り、
ヘッドベースとよばれる土台を使って
超簡単に作れます。

a0042928_13494145.jpg

横から見るとこんな感じ。
シルクフラワーは東京堂さん7階にある
手の込んだ高級な花を使っていますので
すごくゴージャス感があります。

ヘッドベースと使ったシルクフラワー合計で8460円也。
慣れている方なら30分、
初めてでも1時間かからないんじゃないかなあ。

a0042928_13555125.jpg

最初に、櫛をヘッドベースにとりつけます。
縫いつければベターですが、面倒なので簡単なのでワイヤーで。
ここで櫛の裏表に注意。
とりつける際は、自分の頭にあててみると
すぐわかります。つまり取り付けやすそうなほう。

途中、何度か髪にとりつけつつ、鏡を見ながら
作業するのが、きれいに仕上げるコツです。

裏のワイヤーが見える部分は、
リボンとか布を、両面テープかグルーで張り付けて
きれいに仕上げます。

a0042928_14247.jpg

大きな花は念のためワイヤーの下をくぐらせると安心かも。
小さな花はグルーガンで十分つきます。
グルーはたっぷりめに。

a0042928_1444955.jpg

プリザーブドでもヘッドベース作ってみました。
作り方はほぼ一緒ですが、プリの場合は
花にワイヤーをかけてそれをベースにくくりつけると
より安心かと思います。


a0042928_13495365.jpg

できあがり。

a0042928_135043.jpg

簡単なのに豪華。

現物は、9月末まで東京堂7階に展示中です。


「初めてでも簡単!ウエディングの花の作り方ワンポイントレッスン」、
あといくつか続きます。
・・・予告倒れにならないよう頑張ります。


この作り方シリーズの、他の記事はこちらへ


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-08-11 23:49 | アクセサリ | Comments(0)
スズランの花冠 ライラックカラーで ホテルニューオータニ様へ
a0042928_13185537.jpg


昨日の淡い紫のブーケにあわせて
二次会用に作った花冠です。

秋のこの時期には生花のスズランは難しいので、
プリザーブドフラワーで。
お揃いっぽくなるように、ラベンダー色のあじさいを
ちょこっとあしらっております。

ではお疲れ様でした!










ふーもーあぶねーあぶねー
気を抜くとすぐ一日とばしちゃう。

書かねばならぬことが山ほどあるんですが。
・いただいている花嫁さまからのお写真のご紹介×たくさん
・『花時間』秋号のはなし
11月26日のカメラ&花レッスンのはなし
でもどれも時間をかけて書こうと思うと
ちょっと手をつけられず、
うっかりしてるとまた週末がきて
またブーケの写真をとりあえず載せようぜモードに。

てえへんだてえへんだ!秋だ!祭りだ!修羅場モードだ!
一週間が早すぎます。



素敵なウェルカムカーのお写真は一会フェイスブックにてご覧ください!
by ichiecd | 2013-10-01 13:17 | アクセサリ | Comments(0)
長い時間をかけて 都ホテルさまへ
a0042928_18203461.jpg

一昨日に、シェラトン都ホテル様へお届けした
花嫁様から、メールとお写真をたくさんいただきました。

「なお、メール・写真はご自由にブログ掲載してください!
花嫁ではなくなったけれど、
一会さんのブログ、毎朝楽しみにしています。」

という、文末の嬉しいお言葉に、
わーいわーい!そっこー載せちゃうぜ!

(修羅場超えでちょっとキャラが変わってますが
気にしないでください)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に、本当に、素敵なお花をお届けくださり、
ありがとうございました。

長い時間をかけて準備してきた結婚式当日が「今日」だという
実感のないまま控室でメークをしていただいていた私。

a0042928_1820413.jpg

控室に届いたお花達が放つ瑞々しさ、ほのかに香るいい匂いが
「あ、本当に今日なんだ」と思わせてくれ、
一気に緊張が増し、かつワクワクしてきました。
生花が持つ生命力や独特の臨場感が
私を「当日モード」にシフトさせてくれたように感じ ます。



a0042928_18205561.jpg



とにかくお花達は大好評でした。
白ブーケ、和装ヘッドドレス、二次会ブーケとヘッドドレス、
花嫁と同じくらい、
お花達も「可愛い」の言葉をゲストからもらっていました!
レッスンで作成したリースも、両家に非常に喜んでもらえました。

a0042928_1821238.jpg
a0042928_1821983.jpg
a0042928_18211997.jpg


打ち合わせの際にご相談した、親友へブーケをプレゼントする件も、
本日、ホテルからの帰りに自分の手で届けることが出来、
喜んでもらえました。
白ブーケ、手放すのは惜しかったけれど、
花嫁のブーケとしての役目を終えた跡に、
大切な友人への世界でたった一つのプレゼント
という大役もこなしてくれ、
ブーケの一生を考えれば幸せな役回りをしてくれたんじゃないかな?
と勝手ながら考えております。

後日、ちゃんとセレクトした
お写真をお送りしようと思っております。
取り急ぎ、とにかく一言お礼を申し上げたく、メール致しました。
岩橋美佳様、およびアシスタントの方々、
今回は、大変ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い時間をかけて、というお言葉通り
最初にお問い合わせをいただいたのは昨年の9月。
ブーケもヘッドドレスもたくさん調べて、
完璧な資料を作ってきてくださり、
そのご準備の入念さに、
ブーケを作る時は、緊張の極みでした。

嬉しかった・・・
喜んでくださって、本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。
ブーケのお写真も整理出来次第お送りしますね!
と、またメールの返事を書かずにブログで返事をする。

全体にお返事がかなり追いついておりません、
ごめんなさい!


では、皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-05-28 22:18 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール  機を織る  目黒雅叙園鷲の間さまへ
a0042928_035495.jpg
a0042928_0351393.jpg
a0042928_035207.jpg

a0042928_035295.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一昨日雅叙園でお花をお願いした○○です。
とっっっても素晴らしいお花さんたちをありがとうございました。

妻をはじめ、男の私でもどのお花も本当にキレイで、
かわいいと思ってしまうほどでした。
特にブーケに関しては言葉にならないほどの可愛さで、
嫁は気に入りすぎて結局ブーケトスをせず家に持って帰ってきてしまいました笑
お花もそうですが、私たちは岩橋さんの人柄に惹かれました。
心がとてもきれいなんだなと、会った回数も少ないながらに感じていました。

素晴らしいお花をありがとうございました。

スタッフの方にもお礼をお伝えください。
ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご披露宴の翌々日に、男性のご新郎さまからいただいたメールと
そのあとにいただいた、新婦様からの長い長いメールを
読み返して、写真を加工して、
さあ何て書こうと思ってこの数時間、
ずっと考えていたのですが
考えてるだけで全然進まず、せめてタイトルくらいつけようと、
何度もいただいたメールを読み返してたら
なんかもう、涙が出ました。


結婚式の仕事は、自分の羽を抜いてその羽で
ようやっと機を織る仕事。

少なくとも、そうあるべきだ、と思っています。

お二人の大事な一日に、自分の花を使ってもらうのだから、
「真摯である」、という最低限の対価は、差し出すべきだ。


自分には毎週のことです。

しかしお二人には一生に一度のこと。

しかし、それでもなお自分には、毎週毎週のこと。

山あり谷ありは当然で、
一会として独立して12年間、
こういうメールを頂くから、
こういう笑顔を頂いて、そしてありがとうとおっしゃってくださるから
なんとかやっと、続けてくることができた。
でも奇跡みたいだ、そう思います。
そもそもバックボーンも資金もコネもなかったしなー・・・。

才能なんて、あるのか?と問われたら言葉に詰まる。

でも仮に世間中の人から「才能がないから諦めな」、
そうとめられても、この仕事で食べていくしかないというくらいには
腹をくくっていた、とは思います。

世の中には、「花を仕事にしたい」などと思う人のほうが少ないのだから
花を仕事にしたいと思う時点で、実は自分は少し、
花屋に向いていたんだろうな、
今はそうなんとなく解ります。

毎日いろんなことがあって、やっと春のシーズンもひと段落して、
茹でられた青菜のようにくったりしてPCに向かうと、
今日、
昨年の新郎様から「結婚記念日に妻に花を送りたくて」と
思わぬメールが舞い込んでいたりします。

一昨年の新婦様からの、
「先日レッスンで作った花を
知人に送ってとても喜ばれました」
というメールが、まるで砂漠の湧水のように、心にしみとおります。

「自分は業界とは無縁の人間だけど、
このブログの花を見て癒されています」
というコメントをいただいたりします。


くう。
涙目です。



・・・と話が独演会になってきたので今日はこれにて。
これだから年寄は!と、どついていただければ幸いです。
昔話が長くって。




お二人からいただいた長いメールと
これもとびきり素敵な洋装のお写真はまた明日、続きを。

2012年、今年最初の装花。

目黒雅叙園、鷲の間さまへのお仕事でした。
http://ichiecarpe.exblog.jp/14384434/

本当にありがとうございました。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-03-28 21:11 | 会場装花 | Comments(0)
花をまとう花嫁  ANAインターコンチネンタルホテル様へ
a0042928_1949344.jpg


花嫁様の、右の手の甲を飾るのは
特別あつらえの花飾りです。

a0042928_19484749.jpg


左手にはプルメリアの指輪と
アームレットを、プリザーブドで作って
生花のつるでつないでいます。


a0042928_1949119.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・

  岩橋さんのブーケを手にした時、
 愛って目に見えるものだったんだ!
 と、閃きにも似た感動を覚えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お写真に添えられたかわいい便箋に
そう、書いてくださいました。
 
a0042928_19492169.jpg


そして、私がそのお写真をかわいーと
しみじみとつくづくと見ているとですね、
アシスタントさんが
「裏にスバラシーと書いてありますよ」と言います。
a0042928_20204523.jpg


a0042928_1949457.jpg


いろんな写真の裏側に

a0042928_19495346.jpg


a0042928_20203941.jpg


ちょっとずつ一言ずつ。


・・・
・・・
・・・

くーーーーーー。


こんな泣かせる演出をするのは、
卑怯です。



万感の思いをこめまして

本当にありがとうございました。


いただいた最初のメールから
なんてなんて丁寧なやりとりをさせていただいたんだろう、と
思います。
この日、私が花嫁様のまとう花を
担当させていただけたことを
ずっと、誇りに思います。


ではみなさま今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-02-01 20:23 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。