ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:プリザーブド ( 515 ) タグの人気記事
アクセサリ リストレット プリザーブドのピンク
a0042928_5291771.jpg

プリザーブドフラワーで作ったリストブーケ。
手首に飾る花は、片手だけにつける場合と
両手につける場合があります。
プリザーブドだと軽く作れるので、長くつけていても疲れない
という利点があります。
手首につける場合、ぐらぐらして安定しないことのないように
一会では工夫してお持ちしています。

a0042928_5293256.jpg


こちらは別の生花ブーケの写真ですがちょっと和んだので
一緒に。
では今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2007-06-08 23:24 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ プリザ オレンジの雫
a0042928_0553354.jpg

宅急便でお届けしたプリザーブドフラワーのブーケです。
気に入っていただけていると、よいのですが。
では皆様今日もお疲れ様でした!
(3行・・・)
by ichiecd | 2007-04-28 00:52 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ラウンド スカビオサのプリザーブドとスクールの登録について
a0042928_2334879.jpg


遠方へ、宅急便でおだししたプリザーブドフラワーのブーケ。
中央のお花はスカビオサ、
バラとはまた違って儚げな魅力があります。


一会では6月2日までのウエディングの新規受注を
すでに締め切っておりますが、
プリザーブドなら大丈夫です。
事前にゆっくり作れるのがよいところ。


以前少しお話していた、一会スクールの
登録制度について、一会HPへ掲載しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*登録制レッスン
 定期レッスンに空席がある場合のみレッスンに参加いただけます。
 レッスンの前週木曜日に空席状況をブログにてお知らせいたします。
 参加御希望の場合は日曜日12時までにご連絡ください。

 入会金:5250円  講習料:3150円  花材費:参加レッスンの花材費と同様

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初回の入会金のみで、それが登録費になります。
その後年会費などはかかりません。
とくにお申し込みも不要です。
空席が出た場合、レッスンの前週木曜日を目安に、
このブログに掲載しますので、
日曜の午後12時までを目安にお申し込みください。

この登録制度は、今後単発レッスンにも適用する予定です。


ではみなさま、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-04-08 23:43 | ブーケ | Comments(0)
プリザーブドのアクセサリ  ピンクスター
a0042928_23102925.jpg


バックコサージュをはじめ、
リストレットやチョーカーのような、ドレスや身に着けるものは
最近はプリザーブドで作ることも多くなりました。

これは比較的新しいプリザーブドフラワー、
ブルースターという花のそのピンクと、
補強を兼ねて少しだけ添えるアジサイ。


昨日は久々にブログのパス1。

3月14日、レッスンの生徒さんもお休みが多くて、
さすがホワイトデー?なのでしょうか???


アシスタントポチが、

「私もね、忙しかったんですけど
なんとか都合をつけて出勤しましたよ」

としつこく言うのでなるほどねーと学習し、
昨日のブログのお休みは、

 私もホワイトデーでちょっと。

と、少しでいいから見得をはってみたかったですが、
よしんばそう書いたところで
「ああ仕事がですよね、ギフト製作とかがですよね」
としか、うけとられないだろう、
そう賢明にも気付いて、徒労をやめました。
だいたい確定申告だなんてありえません。
当日夜中の3時まで弥生会計やってただなんて、
そんな、あるわけないですよー。
しかし毎年思う、この収入の少なさって、いったい・・・。

夕方たまたま所用で電話してきたアシスタントKに
くすんくすんと愚痴ったところ、
 そんなん日頃の利益の少なさで分かりきってるじゃないですか?
と切って捨てられました。

じっと手を見つつ、事務所に戻った後も
また身を削りながら仕事をしていたら、ポストに黄色い封筒が。
遠くから届けられた、音楽CDの差し入れで、
今もこれを書きながらずっとかけています。
ほんとうにありがとうございました。
そうしていただいた力を、明日の花嫁さんにも
(明日も平日ながらブーケがあるのです)
また伝えることができるように、まるでリレーするように、
渡せたらいいなと思います。



サクラの開花が予想と違って
遅れても、遅れなくても、
そんな事情など無縁に、
いずれ春はある日にこの場所に来る、

それは頭では分かっていても、
毎朝の空気の温度を推し量っては
私はいつも、今年も、この時期、
身のうちのどこかでずっと春を待っていたりします。





 春、早春は心なびかせ、
 それがまるで薄絹ででもあるやうに
 ハンケチででもあるやうに
 我等の心を引千切り
 きれぎれにして風に散らせる

 (中略)

 さうしてこの淋しい心を抱いて、
 今年もまた春を迎へるものであることを
 ゆるやかにも、茲(ここ)に春は立ち返つたのであることを
 土の上の日差しをみながらつめたい風に吹かれながら
 土手の上を歩きながら、遠くの空を見やりながら
 僕は思ふ、思ふことにも慣れきつて僕は思ふ・・・・

                中原中也 未刊詩篇「早春散歩」
by ichiecd | 2007-03-15 23:56 | アクセサリ | Comments(3)
プリザーブドを使った愛犬のウェルカムボード 
a0042928_2333973.jpg


シェ松尾天王洲倶楽部様にお届けした、
ウェルカムボード中央の写真は、お二人の愛犬。
このかわいい彼らが、お二人のご縁に大きく貢献してくれたという
あたたかなエピソードを添えての
オリジナルウェルカムボード製作のご依頼でした。
プリザーブドフラワーを使って、
長く記念に残せるように、とのリクエスト。

メールでデータをいただいて、一会でプリントアウトしデザインしました。
この日、会場のお花は、色もお花も一会に完全にお任せでしたので、
春らしく柔らかな色合いで作りました。
a0042928_2313068.jpg



その中のひとつの色、淡いきれいなグリーンをとりだして、
新婦様の白ブーケのメイン花材である
チューリップのプリザーブドフラワーをあしらうことにしました。

ちなみに製作はアシスタントN、本人も相当の犬好きなので
この愛らしい写真に大騒ぎ。
すっかり愛情こめて製作しておりました。


あっというまに1月も終わりです。


・岩橋のパリ出張は4日から8日までとなりました。
この期間一会は準営業となりますので、御了承下さい。
おって詳細をまた別記事としてアップいたします。
またお取引先様各位には、滞在先が決定次第、
詳細をFAXにてご連絡させていただきます。
御不便御迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


・リクルートについて、多くの御応募をいただき
本当にありがとうございます。一会からのご連絡については
もう少しお待ちくださいましたら幸いです。
なるべく、今週よりお電話をさしあげる予定です。


・メール受信の不具合について、
一通り確認したところ、hotmailをお使いの方に多く不具合が
発生してしまうようです。
このブログの非公開コメントを頂いた方も、結局何度もお手数をおかけし
大変恐縮でしたが、諦めずに送ってくださり
美しい写真を拝見して感無量でした。ありがとうございました。
一会のヤフーのアドレスよりお返事しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


では皆様、今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-01-28 23:22 | 会場装花 | Comments(4)
ブーケ プリザーブド 青と紫で
a0042928_23302215.jpg

プリザーブドフラワーで作ったブーケ。

最初は、生花のアネモネのような花を御希望でしたので、
プリザーブドになっても、なるべくバラではなくて
スカビオサやトルコキキョウなどで優しい野の花の風情を
再現できるように。
先日のこの会場装花の方のブーケでした。



今日の話です。

メインテーブルを挿すときには
必ず後ろに下がってバランスを見たいので
今、私の後ろに立って作業しないで!とアシスタントさんに要求します。

きつく言ったあと、悪かったかなーと思って

「ごめんね、今ゴルゴ13な気持ちなの」。
とフォローしたつもりなところ、
誰も通じず。

しーん。

「今、仕事で忙しいので邪魔しないでくれませんか?」という
アシスタント皆さんの声が聞こえた気がしました。


いえ私も別に原作を読んだわけではありませんが、
「俺の後ろに立つな(BYゴルゴ13)」というのは、
普遍的な常識の範囲内だと思っていた私が
間違いでしょうか。

結構年季の入った漫画読みですが、
そういったら「意外ー!」という声が多かったので、
この際白状します。


漱石も中也も好きですが
「ハンターハンター」も「動物のお医者さん」も「ガラスの仮面」も
川原泉も全巻あります。

アシスタントNさん、この12月、修羅場モードを頑張ってくれたら
「デスノ」も「ヒカ碁」もまとめて全部、貸しますよー。(にんじんつりさげ中。)
あ、ヒカ碁は今うちの経理担当が「犬夜叉」と一緒に
持ってってるんだった。



方法の違いであって優劣はない、と思うのですが。
しょうもない本もあるし、我を忘れる漫画もあるし、
つまらない絵画もあるし、
人生を変えたCMもあると思います。




      神様の落書として自分を全うしよう

                           海藤抱壺




みなさま、今日もお疲れ様でした。
また明日も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2006-11-30 23:56 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ ラウンド アンダルシアとピンク チョーカー
a0042928_22473278.jpg



今日のブーケとおそろいで作ったプリザーブドのチョーカー。
スワロフスキーのビーズをひとつぶと、
ペッパーベリーをそえて。
花嫁さまのお花のアクセサリ担当、アシスタントNの手によります。

しかし職人だよなあ。
赤のプリザはどうしても色がにじむので、
セロテープなどなどで独自の工夫を重ねつつ、
そうした裏方が見えないように、糸が首元にあたらないように、
バラの花びらがきれいに開くように。
いまやチョーカーは私よりうまいと思います。
名人の称号をさしあげましょう。

a0042928_22552813.jpg


そしてブーケ。
ブーケは生花で、上のチョーカーとリストレットはプリザーブドという
去年くらいから人気のパターンのひとつ。
生花で作る小物はもちろん、かわいいのですが
なかなか重いですし、二次会までつけていかれるような時には
なおさらプリザが大活躍です。

赤のひらひらのとてもキュートなドレスにあわせて、
仕入れたバラは「アンダルシア」。
こちらの実ものはたわわな「イタリアンベリー」です。

お届けしたら新婦様も喜んでくださったそうで
よかったとほっとしています。
ありがとうございました。


なお、来週29日の単発のもみで作るリースは
14時スタートから15時スタートに変更予定です。
(およそ2時間程度です)
先日のリースレッスンの予定もアップしなくちゃですね・・・すみません。



ではではみなさま、本日もお疲れ様でした!
by ichiecd | 2006-11-23 23:01 | アクセサリ | Comments(0)
ドレスコサージュ&オレンジの装花
a0042928_2347952.jpg



今日の会場装花のヒトコマ、
お支度が整ってこれから会場へ向かう笑顔の新婦様です。
いい笑顔で、今、写真を加工しながら思わずつられて
笑顔になってしまうような。
頭につけた花は生花、
チョーカーとドレス飾りはプリザーブドでお作りしています。
ヘアメイクはアンジェリークサロンのSHINさん。
http://www.angeliquesalon.jp/
*音楽が流れます。
さすがという腕なんですが、そのトップの写真はどうなのかと
毎回HPを見るたびに思います。
一会の写真のほうがまだいいんじゃないでしょうか。

しかし、予備で作ってあったヘッドドレスのお花を
お友達のお二人にもその場でささっとつけてあげて、
それもまたかわいかったのは否めないところ。




会場装花のモチーフは、フルーツのオレンジ。

カゴにいれて沢山持っていって、その場でカットして花にあしらいました。
オレンジの香りが店中に満ちて
実は結構オレンジ好きの私は嬉しかったです。

八百屋さんへ15個注文したら20個持ってきてくれたので、
一応20個とも買い取って、前日の製作テスト時にカットした一個は
ちゃんと、しっかり、いただきました。(懺悔)
でも残りの4個はサービスで会場装花にいれたんです。(弁解)

入口のアーチにも、花と一緒に実らせてみました。
by ichiecd | 2006-09-09 23:59 | アクセサリ | Comments(1)
アクセサリ ジャスミンのクラウン
a0042928_041076.jpg


ジャスミンで作った花冠。
実は、プリザーブドフラワーです。
ジャスミンのプリザは本当によくできていて、生花と見まごうばかり。
しかも軽く仕上げられて、長時間でも安心という利点があります。

本当は、スズランのネックレスをご覧下さって
スズランでのクラウンをご希望なさってのお問い合わせでした。
ですが5月のトップシーズン、
すでに一会の受注はその日、限界に達していて、
生花でのスズランのクラウンを作るだけの時間がどうしても捻出できず、
またホテルへお届けできる時間も、もう限られてしまっていました。

その事情にあわせて、
代案としてブーケは生花で、
クラウンは事前に製作が可能なプリザーブドでよろしければ、
というお話を率直にさせていただいたところ、
それでもぜひ一会にお願いしたいとおっしゃってくださった
新婦様には感謝の申し上げようもありません。

そして数日後、
涙が出そうなくらいの嬉しいメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


当日はご挨拶できずに失礼を致しました。
大変お世話になりましたのに、当日はきちんとしたご挨拶ができずに
心残りでしたので、恐縮ですがご連絡をさせていただいた次第です。

届けられたブーケ、ブートニア、花冠、ヘアードは
すべて私が想像していた以上に素晴らしいものでした。
一目みた瞬間に涙が出そうになるくらい、心に迫るモノがあり、
商品というよりも、岩橋様の作品に感動していました。

ゲストの方々からも、ブーケ、ヘアードに関しての
お褒めの言葉や質問など、ほんとうにたくさん頂いて、
改めて主人と二人、本当に岩橋様にお願いして良かった。
と話しておりました。そして着付けをして頂いた、
美容室でも評判になっていて、
反響の多さに二人で驚きました。

最初にお願いをするきっかけになった
ホームページを拝見した時の印象。
どんな小さなお花も生き生きと見えてくる。
岩橋様が一つ、一つのお花に愛情を注がれているからこそ、
人の心を打つような作品になるのだということを改めて感じました。

お時間の無い中、無理なお願いばかり申し上げたにも関わらず、
花冠の予備のジャスミンや、
すずらんのブートニアにいたっては2つも予備が入っていたりと・・・
端々に岩橋様の温かいお心遣い感じて、
守られているような気持ちで当日を過ごしました。

たくさんの感謝の気持ちの中、
自分たちらしい式が挙げられたような気がします。
そして沢山の方々に『二人らしい良い式だったね』
という感想をいただき感激しました。

たくさんの思いこもったブーケは、大切な友人にすべて手渡しました。
これは私にとって何よりも嬉しい事でした。
今回、お花には思いを伝える力があることを知りました。
そしてこれからも、大切な人に思いを込めた
お花を贈れたらという気持ちになりました。
ブーケの制作を通して、たくさんの事を教えて頂いた
岩橋様との出逢いに本当に感謝しています。
そしてお花に関して素人の私ですので、
これからもお世話になると思いますが、どうか宜しくお願いいたします(笑)

挙式、披露宴の準備は思っていたよりも大変でしたが、
準備する中で、友人の事、家族の事、
自分たちの事を真剣に考える良い機会になりました。
そして二人でそんな時間を持てたのは、
挙式、披露宴関わって献身的に動いてくださった、
沢山の方々のお力添えと温かいお心遣いがあったから
こそなのだと思い、心から感謝しました。

これからも沢山の方に感謝した、
この日の気持ちを忘れずに二人で人生を歩んで
行きたいと思っております。

ほんとうにありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プリザーブドをお勧めしたのも、
お届け時間を早くしていただいたのも
こちらの都合でのお願いでしたから、
いつも以上に、万全を期したいと思いました。

それで、プリザーブドのジャスミンが、
取り付けの途中にもしも、どこか折れてしまったりして
足りないことがないように、予備を何輪もいれました。

スズランのブートニアは、
万一途中でしおれても交換できるように、
保水した上、悩んだ末に結局予備をふたついれて、
合計3つでお持ちしました。

喜んでいただけてよかった、無事にお届けできてよかったと、
今またこの記事を書きながら、あのピークの日、
そしてその前日の夜を思いかえしては
しみじみと思います。

手伝ってくれたアシスタントさん、そして
当日無事にきっちり時間内にお届けしてくれた
アシスタントお二人もありがとうございました。

本当は、お二人のお写真もぜひ見ていただきたかったのですが
こちらはメールのお返事が間に合わず・・・ひとまず花の写真のみで。


(ちなみに、ですのでこの秋に一会の花を
ご検討くださっている皆様には
少しだけ、お早めにお問い合わせくださいますよう
またあらためてお願い申し上げます。)


本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-07-25 23:57 | アクセサリ | Comments(0)
母の日ギフト2006年
a0042928_21461651.jpg


母の日のギフト、7000円(送料税込)のギフトです。


a0042928_21463490.jpg


左の写真、座布団の上に(!)載せて、携帯で撮影してくださった方は、
当時、ご披露宴を控えていた新婦様。
『花時間』のユリのブーケを見て一会のサイトを見てくださったとのこと、
遠方にお住まいでブーケなどはオーダーできないものの、

「実は13日が結婚披露宴なのです。

気恥ずかしくて「親への手紙」なんて絶対やらない!
と決めているのですが、
その前に母の日の花束が届けられるのであれば、こっそり、
今までありがとう、これからもよろしくお願いします、
と伝えようと思います。
一会さんの素敵な花束にきっと母も喜んで、
これまでかけた苦労の5分の1くらいは
水に流してくれるのではないかと(笑)
甘い考えでおります。なーんて。」

というオーダーのメール。これでさえちょっと、胸にきそうなのに、
後日メールを頂戴して、これも嬉しい内容で、
許可をいただいて掲載させていただくことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


すっかりお返事が遅くなりましたが、母の日のお花、
無事に届きました。
本当にとっても素敵でした!ありがとうございます。

家の玄関を入ったところに、
届いたばかりだったらしい一会さんからのお花が飾ってありました。
淡いピンク色が目に飛び込んできて、すぐに、
あ!これは一会さんのお花だ!!って思いました。
母も喜んで、すぐに箱から取り出して、
いつも大きめの花瓶を置いている場所に飾っていました。
すごく変わった色合いなのね、素敵ね、と絶賛しておりました!
カードも手書きでつけてくださり、ありがとうございます。
披露宴でやらなかった”母への手紙”の代わりになりました。
このまま披露宴会場に飾りたいくらいだわ、と、
本当に持って行きそうな勢いの母でした(笑。

あこがれの一会さんのお花、充分楽しませていただきました。
写真ももっといっぱい撮れば良かった……
あまり上手ではありませんが、
携帯で撮った写真を一枚送ります。
嬉しくて、友人に見せて廻っています(笑。

自分の披露宴も無事に終わって、
ブーケや装花のことであれこれ悩み巡らせていたことが
もうずっと前のことのようです。
でも、一会さんのブログを拝見すると、素敵なブーケが沢山あって、
いいなぁいいなぁいいなぁ!!とうっとりしてしまいます。
本当に素敵なお仕事ですね。
これからもそのお仕事のご様子を垣間見れることを楽しみにしております。

長くなりましたがこのへんで。
素敵な母の日を、ありがとうございました。
また何かご縁がありましたら幸いに思います。
これからのご活躍をお祈り申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嬉しいご縁のメールでした。
何度も読み返してしまいました。
本当にありがとうございました。


そして、中央のお写真も、
同じくお届けした方からいただいたお写真です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日お昼頃お花が届きました。
私の実家の母にも届いたようです。
どちらも、こどもが沢山いるので、毎日色々なお花等の
贈り物が届いて、まるで花園にいるようだと喜んでいます。

思い切って?頼んで良かったなと思っています。
優しく、素敵な色合いですね。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの方も遠方で、気を使ってくださって
少し多めにお振込みをいただいてしまって、
なので少しだけバラを多めにしています。
今回、ブログに掲載してもよいですか?というメールの
お返事に、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


母の日のお花はほんとに素敵な雰囲気で我が家を
飾ってくれました。
こんな活け方もあるんだな~って、じ~と見つめたり
そこにお花があるその雰囲気を楽しみました。
実家の母はさらに私より田舎者なので、都会的な?やさしい
感じのお花に感動していたようです。
いつもはユリのお花だけだったので・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもはユリの花、と書いてあるのは、
ユリの生産者さんでいらっしゃるからです。

実は、滝沢種苗の滝沢様からのご注文でした。
あの「ゆきのひかり」でのやりとりからこうしてご縁をいただいて
なんだかなんと書いていいか。

http://www.takiyuri.com


ユリのブーケを見てご注文くださった新婦様と、
ユリを作っていらっしゃる生産者様。
なんだか不思議な符号のようで、並べて掲載させていただきました。

たくさんのご注文を、本当にありがとうございました。

なお、商品の発送には万全を尽くしておりますが、発送には
万一なにか不具合があったらとどきどきします。
実は今回、お一人よりバラに小さな虫がいたというご連絡を
いただきました。すぐに代品を発送させていただきましたが、
こういうお話が、もしもありましたら
お手数で本当に恐縮なのですが、どうぞご一報ください。
お日にちがたっていても、ご遠慮なくおっしゃってくださること
のほうが、ずっと有難いことですので・・・。



最後の一枚はプリザーブドフラワーのボックスギフト。

しかしわずか1ヶ月前だなんて、とうてい信じがたい気がして
今カレンダーを2回数えてみて、手帳もボールペンでつつきながら
見直してみて、ただ呆然とします、半年は前、という気がする!

しかしそれより恐ろしいのは、
2006年が半分終わりつつあるという事実でしょうか。・・・
by ichiecd | 2006-06-18 22:17 | ギフト | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。