ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:ピンク ( 533 ) タグの人気記事
2月、フェリチタの花嫁様2
a0042928_22294918.jpg


週末の続きです。
こちらはお色直しなさったブーケ。
・・・いいお写真ですね。
どんなにかよいウエディングだったのだろう、と思います。
というか、新婦様のウエストは細すぎです。
プリザーブドのチョーカーとリストレットを一緒にオーダーくださいました。

a0042928_22293257.jpg


先日と同じく、写真はスタジオショコラさんです。
とても美しいお写真なのですが、紙焼きの写真を
一会のへぼスキャナでスキャンするとどうしても質に限界があって、
ほんとに申し訳ない次第です。
みなさまどうぞ拡大してごらんいただければ・・・と思います。


a0042928_22295817.jpg


新婦様の許可をいただけたので、写真とともに頂いたお手紙を転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご無沙汰しております。お元気ですか。本当はもっと早くご連絡するつもりでしたのに、挙式からずいぶん時が経ってしまい、お恥ずかしい限りです。
でも、当日の感動と岩橋さんのブーケを持ちバラの香りに包まれたときの幸せな気持ちは、挙式から7ヶ月たった今でもはっきりと覚えています。そして、これからも決して忘れることはないと思います。

挙式・披露宴の準備はとても忙しく大変でした。ほとんどのものを外注、そして手作りでそろえようとしていた私は、今思えば本当に無我夢中で準備をしていたのです。だから、予算を抑えてほしいとか会場側からの厳しい条件を満たしてほしいなどと、こちらの都合ばかりのお願いをしたりして、本当に申し訳なかったと、今は反省しています。でも、岩橋さんはそんな私のわがままな要望にも、いやな顔ひとつせずに、一緒に考えてくださいました。ありがとうございました。

申し込み前にHPやブログを拝見していた時から、一会には他のお花屋さんとは違う「何か」を感じていましたが、打ち合わせでお会いし、何度かメールでお話しているうちに、岩橋さんのお仕事に対する誠実さ、お客様の満足のためには妥協を許さない真剣さ、温かさを感じました。そして、岩橋さんならすべてお任せしておけば間違いないという核心を得ていました。
当日は、白ブーケ、色ブーケ、ヘッドドレス、チョーカー、ブレスレット、会場装花、贈呈用花・・・とすべてお世話になりました。本当にどれも素敵で、幸せいっぱいの挙式・披露宴をさらに幸せ気分にしてくださり、本当にありがとうございました。特に2つのブーケとお色直し用の小物たちは、直接手にするもの、身につけるものでしたので、どんなふうに出来上がるのか当日のご対面までドキドキ・・・楽しみにしていましたが、本当にかわいらしくて、いい香りで・・・。お花に囲まれる幸せを全身で感じることができました。2つのブーケは、今は3D加工して、思い出とともに大切に飾ってあります。

以前にも申し上げたかもしれませんが、私は本当に岩橋さんのファンです。岩橋さんのブーケには心が表れていると思うのです。技術が一流なのはもちろんのこと、真心がこもっていると思うのです。本物の心・真心をもっていない人にあんな素敵なブーケを作れるはずがありません。真心を持って作られたブーケを持つことができた私は本当に幸せものです。だから、私は岩橋さんの大ファンです。

お仕事はますますお忙しくなることと思いますが、どうぞお体を大切にしながら、これからも素敵なお仕事を続けてください。陰ながら応援しております。
そして、本当に、本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最初にお会いしたときの、可憐な印象、
お二人の仲睦まじいご様子、
互いに顔を見合わせてご相談なさっている印象を
今もよく記憶しています。
こんなに嬉しい言葉をたくさんいただけて
全文掲載するのはもったいないというか、恐縮というか、
恥ずかしい程ですが、
・・・本当に、ありがとうございました。
今読み返して、またもう一度読み返しても
わあもったいないなあと思わず拝んでしまいたいくらい?です。

お二人の末長いご多幸とご健康を、
心よりお祈り申し上げます。
こうして挙式がおわり、今、一会にできることはそれだけなんだなと
書きながら思いました。
ほんとうにありがとうございました。



この秋に、断らざるを得ない新婦様のメール、
提携を打診くださる会場様からのお仕事を
思うたび、いまだに葛藤し、苦悶してしまいます。
オファーがあるにも関わらず、いまだ
そこまでの体制を整えきれていない自分の不手際だと反省しています。

量をこなす仕事はやはり出来ないのでは、そう思う一方で、
「最初は一会をまったく知らなくても話が進むうちに
花のことを考えるのが楽しくなった」、
そんな新婦様からのメールをいただくと
花の仕事の一端であるものとして、
無上の喜びであることにかわりはありません。

今月末、お断りしてしまった2件の新婦様より
丁寧なメールまでいただいて、
本当に申し訳なく、苦しいばかりです。
ごめんなさい・・・。
よいお式になりますように心よりお祈り申し上げております。
by ichiecd | 2006-10-02 22:44 | ブーケ | Comments(0)
ステンレススチール ロイヤルパークホテル様の装花とブーケ 
a0042928_2342392.jpg


この日の新郎新婦様は、実は以前
お二人で一会のプリザーブド単発レッスンにご参加してくださって、
ご両親への贈呈用のアレンジを手作りなさった方でした。
今日、それをお渡しになられたときはどんな感じだったのでしょうか。
とても柔らかで優しげな新婦様の雰囲気にあわせて
作らせていただいた、少しニュアンスのあるピンク、秋のブーケ。

ブーケ写真、中央の大輪、不思議なピンクのバラは
スイートアバランチェ。
白の大輪のバラの「アバランチェ」の色違いということでしょうか、
他にはない存在感があります。


a0042928_2335818.jpg

大きかったので、ブーケには2リンだけ使って
残りはメインテーブルの装花に使いました。
秋の照葉と、ボルドーのオランダセダム、
従来のイメージをくつがえすようなワイン色の菊、そして
沢山入っている紫の大輪のバラは
「ステンレススチール」。

つぼみのときは固く地味な灰色の塊で、
それが一晩のうちに、
曙の空の色をにじませて咲いていく、そのバラの不思議。
やわらかな花弁、
夜明け前の空の色と、
そしてなによりその劇的な変化に
いつもつい、手の出てしまうバラのひとつです。
たった一晩で、まるで昨日のなかったように咲きひらくその様に、
いつも、刹那という言葉が思い出されます。
あまりに硬いつぼみだったのでちょっと心配でしたが、
二度とない今日という日、その時間にまさに満開に
咲いてくれて、ほっとしました。


2日間にわたり真摯に実習に通ってくれたMさん、本当に
お疲れ様でした&ありがとうございました。

搬入はもちろんですが、
オアシスをセットしてくれた人、ガラスを洗ってくれた人、
伝票を書いてチェックしたり、車に積み込んだり、安全運転で運んだり、
それはとても地味なことばかりですが、
ひとつひとつの作業を丁寧に間違いなく積み重ねる、
いろんな人の手で今日という一日が成り立つのだと思います。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-01 23:23 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ シェアリングクラッチブーケ 7人へのプレゼント
a0042928_104167.jpg



一会得意の花あわせ、
淡い色みのころんとした丸いバラをたくさん。
セルリアも忘れずに。

実は、7つのミニブーケから成り立っている、
シェアリングブーケです。
リボンをほどくと、7人のお友達へ差し上げられる仕組みです。


新婦様は喜んでくださったそうで、
自ら伝票にサインを書いてくださったとか。


帰ってきて伝票をファイルに閉じようとした
アシスタントIさん。
「あ、伝票に、ありがとうございましたって書いてある・・・」

お名前とともに、小さく
「ありがとうございました」という一言が
走り書きされていたのでした。

嬉しかったです。
こちらこそ、本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-09-25 01:00 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのお写真 ティアドロップブーケ
a0042928_015044.jpg


どうです?
ねー、かわいいでしょう?

と、私までつい調子にのり自慢したくなってしまうような
そんなお二人のお写真です。
(ただこのエキサイトブログの特性なのか
多少縮小されて画像が荒くなってしまうようで。。。
クリックして拡大してご覧ください)

ブーケの写真は、こちらのティアドロップ
ピンクのオールドローズを集めたブーケ。


a0042928_015918.jpg


ね?
おそろいのへアードレスも新婦様の雰囲気にぴったりあって
かわいいです。と繰り返してしまうのは
ある意味、手前味噌すぎでしょうか。

a0042928_0289.jpg


・・・でも本当に、かわいいですよね。
どだ!とやっぱり、胸をはりたい気分。


明日はまたこの続きを。



なお、毎日毎日こんな長文ブログを書いていて
自分でもどこに何があるか探すのに一苦労になり、
一会ウェブサイト、トップページから
グーグルの検索窓でブログ内検索が
できるようにしてもらいました。
どうぞお役立てください。
親切なMさんありがとう。。。
by ichiecd | 2006-08-16 23:23 | ブーケ | Comments(0)
オーバルブーケ ゆきのひかり 滝沢さんのユリ
a0042928_16552877.jpg



すでに、この記事など
何度もご紹介している
新潟、滝沢種苗さんのユリ。

http://www.takiyuri.com/

そしてこのユリが
「ゆきのひかり」です。

品種保存の畑で
細々と育てているものが咲いたので少しだけ、と
7本をそっと贈ってくださったのです。

うつむくつぼみの姿、すらりとした立ち姿、
でもやはりもっとも印象的なのは、
華奢で透き通るような花弁。


やはり美しいユリでした。

咲き始めから見つめながら、
ブーケを作りながら、何度もため息をつきました。


手元にあった笹ユリとトルコキキョウとで
即席に作ってみたブーケ。
本当はもっともっといろいろ凝りたかったのですが、
その日はたてこんでいて、ひとつブーケを作って
写真を撮るのが精一杯でした。
そして「ゆきのひかり」の姿は
また全部、私の記憶の中になってしまいました。。。

10年以上前、はじめてこのユリに会ったときの
自分を透かして見るような
面映い気も少しします。



滝沢さま

後日写真をお送りしますね。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-08-11 17:03 | ブーケ | Comments(2)
シェアできるブーケ 3
a0042928_23401183.jpg


以前掲載したラマージュ様の装花、そのブーケ。
ひとつのようですが、実は2つにシェアできるように作っています。

かりんの句でご紹介した新郎新婦さまは、
去年、一会に花を頼んでくださった
ある新婦様からのご紹介でした。
(一会ウェブサイトに掲載していたページに
一部リンク切れがありまして申し訳ありません、
再掲載させていただきました)

そのアナベルの新婦さまも
かりんの新婦さまも
ひとつひとつの装花が私自身にとっても
きっと忘れられないだろうと思います。

また、今回装花を担当させていただいた
表参道、スパイラルビルの上にある
ラマージュ様のブライダルコーディネーターの皆様の
丁寧できめこまやかなお仕事も
前回と同じく、敬服するばかりでした。

今回もまた実は、以前別の会場で偶然お仕事を
させていただいた方。
私を覚えていてくださったことにも
そうして今回またこんなふうに別のご縁をいただけたことにも
ただありがたいと思います。


そんなコーディネーターの皆様に
お褒めの言葉をいただけたのも
一会としては、本当に、嬉しい限りでした。


紹介してくださったアナベルの新婦様。
「一会さんのお花は質もよくて
スタッフの皆さんも感じがよいですね」」と
褒めてくださったお言葉。
投げ入れた小石が波紋を描くのを見るような気持ちで
ひとつのことがまたつながる不思議を思います。

でもなによりも、
こんなに大切なお花をご注文くださった
新郎新婦様に、あらためて、
本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-08-04 23:38 | ブーケ | Comments(0)
セミキャスケード~さくら色のブーケで 3
a0042928_23204954.jpg


以前一度お写真をご紹介したことのある新婦様。
ブーケがちゃんと撮れた写真もできたので、と
あらためてわざわざ送ってくださいました。

先日、お父様のお誕生日というお花まで頼んでくださって
本当に嬉しくて、もう一度掲載してしまいます。


a0042928_23205728.jpg


この写真は、ブーケを3D加工したというものを
これも後日あらためて送ってくださいました。

(なお一会でもこの秋より3Dブーケの
取り扱いをはじめる予定です。
詳細はこのブログまたは一会HPにてお知らせします)


結婚式の花は、いつも何度も書いてしまいますけれど
たった一日、たった一度だけの花です。
でもこうして、みなさまの記憶の片隅として
かけらでもいいので、
残っていること。
ご縁をいただいて、それがそのとき限りでなく、また続くこと。

やはり、有難いことだよね、と
しみじみ思うばかりです。

完璧な条件でできることなど何一つなく
いつも何かしら大小の問題をなんとかクリアして
毎週毎週、花を届けている仕事。
そして私にとっては毎週の仕事だけれども
お二人にとってはたった一日のこと。
こんなにかわいらしい新婦様の笑顔を見ながら、
それを、いつも忘れずにいようと思います。

本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-07-30 23:38 | ブーケ | Comments(1)
FEU様の装花 花の記憶3

a0042928_2292184.jpg



レストランFEU様の装花、そのお色直しのブーケ。
数日に渡ってご紹介してきた長い長いお手紙は
いよいよ今日で最終章です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我が家に持ち帰ったお花たち(装花はナプキンフラワーとともに
列席者の方々が全員が持ち帰られました!あっという間に!)は
ドライフラワーとモイストポプリにしてみました。
白や淡い色合いが多いのでうまくできるかわかりませんが、
日に日に少しずつ生気をうしなっていくお花たちを
見るのが本当に切なかったです。
そして生花を贅沢にあれほどあふれんばかりに飾って手にする機会は
本当に一緒に一度だけ、結婚式の日だけなのだ
という岩橋さんのおっしゃる言葉の意味がよくわかりました。

そんな大切なお花を誰より岩橋さんに作っていただけて本当に幸せです。
いくらお礼の言葉をならべても気持ちの10分の1も
表せないのがもどかしいですが本当にありがとうございました。

岩橋さんのお花でなければ、
あの日一日は成り立たなかったとすら思えるのです。
本当に岩橋さんにお会いできてそして5月の大安の土曜日、
注文が殺到していたあの日に受けていただけたことを
感謝いたします。岩橋さんと出会えたことが人生の宝物だと思っています。
本当にありがとうございました。
これからも多くの花嫁さんたちの緊張をとぎほぐし、
やわらかく会場を包み込むような温かいお花たちを
たくさん作ってゆかれますことをお祈りいたします。
そしてどうか、お体を大切になさってくださいね。

(中略)

岩橋さんの「魔法の手」を支える右腕、
左腕のアシスタントの方々にもどうぞよろしくお伝えください。

本当に本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



a0042928_228267.jpg




モイストポプリの上にちょこんとかけられているピンクの花は
プリザーブドフラワーで作ったドレスコサージュ。
ラベルは、一会がブーケをお届けしているときに
いつもつけている名札のシール。
ここでもこんなに大事にしてくださっているんだという写真、
送られてきたファイルを最初にあけてみたときに、
思わずアシスタントさんを呼んで、そのまま一緒に眺めてしまいました。

a0042928_22125988.jpg


こんなに嬉しいお仕事をさせていただいて
私こそ、一生忘れられないだろう写真と、お言葉をたくさんいただいて
どんなにここで御礼を書いても足りないような気持ちです。
本当に、ありがとうございました。


そして、最後にもうひとつのエピソードを。

「一会に花を頼まなかった」ある別の新婦様から、
長いメールを頂戴しました。
掲載の許可をいただいたので、明日、ご紹介します。
by ichiecd | 2006-07-21 22:14 | ブーケ | Comments(0)
クラッチブーケ ニュアンスカラーのバラ
a0042928_142783.jpg


以前の葉山の装花の折に
ニュアンスカラー、セピアな色ということで作らせていただいた
バラのブーケ。
きゅっと茎を束ねてタイトにまとめています。

具体的な品種はお任せでしたので、
ひとつめのブーケは、ケリー;ふんわりと開いていくバラだったので
こちらはバラらしいしっかりした巻きのものを選んで、
ちょっとアンティークなイメージで作りました。


横から見るとこんなかんじです。
a0042928_17192.jpg

by ichiecd | 2006-07-05 23:03 | ブーケ | Comments(4)
ブーケ バッグ 一重八重の6月のバラ
a0042928_13294780.jpg


今日お届けしたブーケのひとつ。
デザートビュッフェに持ちやすいようにということで、
バッグスタイルでお作りしています。

使ったバラはパフ、ティータイム、スプレーホットや
Mヴィンテージシルク。

バラは周年出回る花の代表格ですが
6月の今、とりわけ、よいシーズンです。
by ichiecd | 2006-06-04 23:28 | ブーケ | Comments(2)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。