ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:シェ松尾様の装花 ( 243 ) タグの人気記事
冬の装花 シェ松尾松濤レストラン様へ ウエディングの仕事をするということ
a0042928_2223366.jpg


2014年今年最後の装花は、
シェ松尾松濤レストラン様へ。

a0042928_9412596.jpg

a0042928_22234721.jpg


昨日までの天気予報は朝から雨、

a0042928_22242540.jpg

せっかく門柱の装花をオーダーしてくださったのに、
せめて、
a0042928_22251359.jpg


どうか、お二人の写真撮影と、
ゲストの皆様の来店時間までなんとか、どうぞもちますように。

a0042928_22261341.jpg


時折ぱらぱらと降ってくる雨空を見上げて何度祈ったことか。


a0042928_22271992.jpg


清楚な花嫁様と優しそうなご新郎様。

a0042928_22281151.jpg

a0042928_9424773.jpg

ご親族だけの親密なご結婚式。
a0042928_22283411.jpg

キリスト教式なので、ユリの花でというリクエストに
お答えして、1週間かけて咲かせた鉄砲百合です。


a0042928_2229833.jpg

窓の向こうの紅葉があまりにきれいだったので、
思わず撮ってしまいました。

a0042928_2230472.jpg

階段の装花もちょっと雨の日サービス



a0042928_22313365.jpg

白とグリーンにボルドーを挿し色に。

a0042928_22265586.jpg

装花を飾っている時、
少しですが、青空も見えたので
それをお二人に伝えたくって、撮った一枚。



結婚式という一日は、とても特別な一日です。

それは一日で終わってしまって、
それからはじまる何十年という日々は、
きっと楽しいことより大変なことが多くって、
たぶん今日の天気みたいに、
曇り空で寒くて雨がぱらついて、嫌!って思うことのほうが
多いんじゃないかと思います。

でも一生懸命、やってたら、
心が折れるようなことがあっても
ふてくされずに、投げ出さずに
真面目にやってたら、
こうして青空が見える一瞬もある。


ウエディングの仕事もまた、
つまりそういうことだと思うのです。
自分どんなに大変な状況であっても、
この週末に人生の節目という大切な一日を迎える
花嫁様と花婿様がいる。


当然ながら自分にも毎週毎週いろんな出来事がありますが、
自分のことだけでいっぱいいっぱいになっちゃって、
うっかりその今週つい挙式を迎える
花嫁さんのことを忘れてしまったら、
それは、ウエディングの仕事失格だと思う。


もしそうでなかったら、
その人は自分の結婚式とか
自分が入院して手術とか、そうした、
人生を左右するような節目節目で
同じ目にあっても仕方がないと覚悟をすべきだと思います。

自分にとって大事な一日を作るのも、
同じ一人の人間で、
プランナーさんもお医者さんも看護婦さんも
同じようにたくさんの個人の問題を抱えている。
でもそこを踏ん張るのは職業意識。


a0042928_2240398.jpg


この日、何度も天に向かって祈ったことは、
「どうぞ、少しでいいから晴れますように」。


お二人のご多幸を心からお祈りしています。

では皆様今日も本当に、おつかれさまでした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブーケの記事はこちらです♪






一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-12-20 22:44 | 会場装花 | Comments(0)
秋の装花 シェ松尾青山サロン様へ ご新婦様手作りのウエルカムドールと、ご新郎様
a0042928_22173787.jpg


2014年今年最後の秋の装花、
シェ松尾青山サロン様のメモリアルテーブルと呼ばれる
大きな印象的なテーブルへ飾る、
花嫁様手作りのウエルカムドール。


a0042928_22192854.jpg


このウエルカムドッグを
「せっかくなので
あまり埋もれ過ぎずに少し目立つように飾りたいのですが」、と
ご新郎様から、何度もご相談をうけて、
高さが出るように工夫しました。

当日受け取って、繊細なレースも
タキシードの作りも
とても丁寧な仕上げに感心。

「彼女が一生懸命作っていたので、」
と、新郎様が、
嬉しそうに様子を話してくださいました。

その反対側には
a0042928_22241067.jpg

写真を飾ったボードも飾りたいとこれも相談を受けていて、
どこに飾るべきか最後まで迷われたものの

当日なるべく皆様に見てもらえる場所で、
暗すぎず、
皆様が覗きこめるだけの十分なスペースがあって、
といういろんな兼ね合いを考えて、
上記のウエルカムドッグの後ろに
配置を調整しました。

「なるほどこれならいいですね」と
ご新郎様にOKをいただいて、ほっとしました。



a0042928_22282183.jpg


おっとり優しげな花嫁様と
それを守るような穏やかなご新郎様、

a0042928_22283821.jpg


お二人の一日が、この先何年も
また思い出される大切な輝く一日になりますように、
お祈りしています。


では皆様今日も本当におつかれさまでした。





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-12-03 22:32 | 会場装花 | Comments(0)
秋の装花 親族だけのご結婚式 シェ松尾松濤レストラン様へ
a0042928_2016797.jpg


階段に小さな白い花、

a0042928_20165610.jpg

松濤にあるシェ松尾さまへ。

a0042928_20171662.jpg


秋の三連休、
本当に少ししか写真を撮れませんでしたが、


a0042928_20174667.jpg

花にはこだわりたかった、という花嫁様と
それをにこにこと見守っていらした穏やかなご新郎様と

a0042928_20181997.jpg


縁をつないでくださった、プランナー様へ
深い感謝をこめて。


結婚式が終わったら荒波のような現実の日常がはじまる、
そう、花嫁さまからの最後のメールに書いてありました。

お二人に、最大のエールを。



ではみなさま今日もおつかれさまでした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブーケの記事はこちらです♪





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-11-23 20:25 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール シェ松尾松濤レストラン様へ 5月の装花 葉陰
a0042928_22372611.jpg

届いた封筒の中には、
5月の光、木洩れ日の中での結婚式のお二人。

a0042928_2238888.jpg


丁寧に、ていねいに、
つづられたお手紙をいただきました。

文中にありますケーキのお花は、
一会というより松濤レストラン様
パティシエ様の手腕です。

許可をいただいて、お手紙とお写真とを
ブログにご紹介させていただきます。
a0042928_22374986.jpg


なんて可憐な花嫁様だろう。
単発レッスンで、ウエルカムボードを
一生懸命作っていかれました。

ご縁をいただけて本当に良かった、と思います。



一会のお客様の大半は、
このブログを見て直接お問い合わせてくださる方です。

でもこうして提携先のシェ松尾松濤レストランさまから
ご紹介いただいた、
それまで一会などまるで知らなかったお客様にも
喜んでいただけたこと、

挙式が終わって数か月たって、わざわざ
直筆のお手紙とお写真までお送りいただけることの
誇らしさ、嬉しさを、
なんと表現したら。

a0042928_22385070.jpg


お二人の笑顔に、
万感のお礼をこめて、

この日、一会の花を届けさせていただけて、
本当にありがとうございました。

では今日も本当におつかれさまでした。





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-09-24 22:56 | 会場装花 | Comments(0)
初夏の装花 青山サロン様へ 緑と実もので 9月単発レッスンのご案内
a0042928_2335075.jpg


5月の装花でした。
来年の5月の方からお問い合わせがあり、そういう装花を探していて
まだ掲載していなかったことに気づいてご紹介を。

a0042928_2344247.jpg


卓上装花も
a0042928_235455.jpg

ケーキの装花も
a0042928_2352252.jpg


写真を飾るメモリアルテーブルも

a0042928_2355479.jpg

入口のヒョウの飾りも

a0042928_2362653.jpg


緑と、実ものをたくさん飾る結婚式の花。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一会 岩橋様

日曜日は本当にありがとうございました。

友人からも、「とても素敵な装花だね」と
褒めて頂きました。

色々とワガママを聞いてくださり、
本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、二日後に、簡潔でしかし心のこもった短いメールを、
いただきました。

a0042928_2391220.jpg


この時のブーケです。

翌日追記:
facebookにお礼のコメントをいただきました・
本当にありがとうございました。
3ヵ月がたった今も一会ブログを見てくださっているとのこと、
感激でした。

では今日も本当にお疲れ様でした。

ご要望があり、
9月9日火曜16時30分から
単発レッスンを増発します。
お申込みはこちらから。


9月は14日午前午後、
20日午後、
23日午前午後、
27日午後
と単発レッスン三昧なのですが
これらの日程は現時点でお問い合わせの方に打診中含め
満席となっています。

日程を増やしたため、そちらに移動なさる方も
いらっしゃる可能性がありますので
キャンセル待ちの方はどうぞあわせてお問い合わせください。

当初の予定よりずいぶん増発しておりまして
「その日程だったらそっちに参加したのに!」という
お怒りの声が聞こえてきそうでドキドキなのですが
一会の仕事は結婚式の花がメインで、
当然ながら「結婚式」は動かせない日程ですので、
時期が近くならないと、いまひとつ
自分の好きなスケジュールがたてられない。
というのは逃れられない宿命です。
どうかご容赦くださいませ。


10月から11月は忙しく、おそらくそれほどは開催できないので
9月中になるたけやっておこうぜ、という魂胆です。
10月は19日が有望です。
こちらもお問い合わせはお早めにどうぞ!





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/



一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-09-04 23:17 | 会場装花 | Comments(0)
夏の装花 松濤レストラン様へ
a0042928_10452992.jpg

その日、花のセッティングが仕上がり
階段の装花の写真を撮り始めた矢先、

a0042928_10454284.jpg

花嫁様が階段をゆっくりと下りていらっしゃいました。

(思わずわーいと激写したものの
ピントがあっているのが奥の消火栓という図・・・
ウェディングのカメラマンさんはすごいなーと)

a0042928_1046086.jpg

テーブルの上の卓上装花は

a0042928_10461238.jpg

花嫁様の心遣いで皆様に楽しんでもらえるように
ちょっとずつ違う色合わせ。

a0042928_10462620.jpg

ご新郎様は外国の方。

ご親族はみなさま日本語も英語も話せないということだったので、
前日にその国の「こんにちは」だけ調べて
カタカナで納品書の裏に書いていって、
いらしたご親族の皆様にお声掛けしたら
どっと笑顔になってくれました。

「おめでとうございます」は難しくて覚えられなかったですが。

a0042928_10464166.jpg


エントランスも明るく鮮やかな色で、
夏の日差しに映えるように。

しかしここでもうっかりお二人の写真ばかり写していて
肝心の花の写真をほとんど撮っていない・・・。



では皆様今日もお疲れ様でした。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブーケを持たれたお写真はこちらです♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo


by ichiecd | 2014-07-12 20:43 | 会場装花 | Comments(0)
花のツリー、花の入口 青山サロン様へ 
a0042928_12435323.jpg


花のシンボルツリー。

a0042928_12442065.jpg

ウエルカムボードと

a0042928_12445184.jpg

エントランスの花。

a0042928_12492463.jpg

後ろから見るとこんな感じです。

a0042928_12495391.jpg

メインテーブルも甘い感じで

a0042928_12501310.jpg

おフランスの布の箱にバラをいれて。


ではお疲れ様でした!

ピン内職に、ご応募ありがとうございます!!
数年前の花嫁様から未来の花嫁様まで
有難い次第です。
また改めてメールしますね!(←相変わらずネタをふっておきながら返事が遅い)

ピンタレスト自体は、かなり簡単で楽しいので
これからやるという方もぜひご一緒に。

ではお疲れ様でした!







一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-07-09 19:40 | 会場装花 | Comments(0)
初夏のブーケ 一重のバラで オードリー一会風 松濤レストラン様へ 秋の婚礼について
a0042928_22475040.jpg


これって何の花?と
時折聞かれて、一重のバラですと答えると
びっくりされることがあります。
白の一重のバラの代表品種のひとつは、この「オードリー」です。

同じく有名な品種の「ウエディングドレス」と並べて
Facebookでアシスタントさんが大きさ比較をしておりましたが、
どちらを使うか直前まで悩みました。
初夏は、バラの季節。どちらも捨てがたく。

ではその二種を混ぜて使えるかというとそれはできず、
同じ一重のバラでも目指してる方向が全然違う。
同じ色、同じカテゴリなのに絶対同居できない、
という似たバラの二種は、結構よくあります。


a0042928_22455020.jpg

ちょっとこぼれるような風情は
一会風と適当に名付けていまして、
ナチュラル風が特徴のブーケです。


先日のマーガレットの階段の方のブーケ。

一般に、一重のバラが好きな方は
マーガレットも好きなことが多い。

そういう、その人の属してるカテゴリや
目指してる方向みたいな分類は結構あって、
好きな花を伺うと、つらつらとそこからいろんなことが
導き出されたりします。
好きな花は、似合っていて納得だったり、とても意外だったり、
それもまた面白い面があります。
でもずーっと話を聞いていくと、
なるほど、と、すとんと腑に落ちる瞬間がある。

なので、
一会では私自身がすべて打ち合わせをしていて
かつあまりに疲労困憊でへこたれていると
集中力が続かないので、
今は打ち合わせは一日3件まで、と決めています。
このオンシーズンの土日はほぼ埋まってしまっておりまして
打ち合わせやレッスンのご要望に添えないことも多く、
申し訳ない次第です。

お問い合わせはお早めにお願いできれば幸いです。
今年の秋はどうも11月がビッグウエーブ。
そういう今もオンシーズンで、
パラパラとくる受注に至っていないお問い合わせは
正式に受注するまでは
自分の受注カレンダーに書きこまないので、
なんかうっかり受けすぎていないか
最近どきどきしています。

結婚式の仕事はその性質上、絶対に期日が厳守なので、
そしてまた生花である以上、入荷してからできることは
厳密に時間に区切られているので、
キャパシティ、というのが、がんとして存在します。

それはおまえの仕事が遅いからだろう!と
いうつっこみは、ともかくとして
キャパを超えてできない仕事をお断りするのは
ほんとにものすごく葛藤しますので、
どうぞ、どうか、お早めに。




では今日もお疲れ様でしたl。






一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo




by ichiecd | 2014-06-10 23:07 | ブーケ | Comments(1)
春から初夏への装花 マーガレットの階段とアジサイのエントランス装花
a0042928_2143114.jpg

今週のシェ松尾松濤レストラン様の装花は

a0042928_2141543.jpg

マーガレット三昧、

a0042928_21412178.jpg

でももうマーガレットは終わりになる時期で

a0042928_21422088.jpg

代替案もご了承いただいた上で

a0042928_21424244.jpg



最後までできるかどうかドキドキしましたが

a0042928_21432725.jpg

入荷できてよかった。
上から下までおそらくほんの数分、
ほんのわずかな階段を花で山ほど飾る贅沢は
これでお金をいただいていいんだろうか、
と思ってしまうほどの至福の時間です。


a0042928_21483150.jpg


a0042928_21492693.jpg

真夏日の予想に、
せめて木陰になるように大きな枝を配置してみたのですが
効果はいまひとつ。
でもアーチっぽくていいねと支配人様から
フォローのお言葉をいただきました。


a0042928_21502187.jpg

そのエントランスは、アジサイの濃淡で。


では今日もお疲れ様でした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブーケのお写真はこちらです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo



by ichiecd | 2014-06-03 21:52 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 初夏の装花 松濤レストラン様へ ジャスミンの階段装花
a0042928_232242100.jpg


一会 岩橋美佳様

今日は素敵なお花をありがとうございました。
理想どおり、いえ!理想以上に素敵な
空間&ブーケ&コサージュでした!

ただ全く自分では写真を撮れず、
早く写真を送ってもらいたい気持ちでいっぱいです。
今はたくさんのお花をもって帰らせていただき
式の余韻に浸っております。
また明日もお忙しいと思いますので、
返信不要でございます。

改めて、今日はありがとうございました。

a0042928_23225729.jpg


そんな、感無量となるような、
嬉しいメールをいただいたのは
結婚式を終えられた、わずか数時間後。

a0042928_23231647.jpg

シェ松尾松濤レストラン様の階段は、
大人がすれ違うのがやっとというほどのわずかな空間、

a0042928_23232926.jpg

でも光が差し込んで劇的に美しい、
その小さな劇的な空間を、
ほんの数時間だけ、



a0042928_2323489.jpg

存分に、
花で飾る贅沢。

a0042928_23243553.jpg

そして、そのご注文主のお二人から
こうしてお礼の言葉を即日にいただけるなんて

a0042928_23241184.jpg

花屋としては、冥利に尽きる、仕事です。

a0042928_2325025.jpg



a0042928_23251585.jpg


門柱はユリの花で飾り、

a0042928_23253071.jpg

ゲストの皆様を香りでお迎えをします。


a0042928_23254866.jpg


5月、きらめくような美しい一日の
ある結婚式の装花でした。

私達のような業者にさえ
絶えず気遣かってその場を盛りあげてくださる新郎様と
優しいおっとりとした新婦様。

一生残る、記憶です。




今日は朝からレッスン三昧、
もともとは、ブーケを頼まれたから特訓したい
という、ある殊勝な生徒さんの頼みにより
朝から4回連続でレッスンしておりました。

終わってさすがにくったりですけど、
そういう熱意ある生徒さんに弱い自分。

そうだよ、私もあなたも
今持ってるものには限りがあるから、だからこそ、
もてる限りを、差し出そうじゃないか。

自分が費やした努力は、そのまま自信になって、
どきどきする自分を、ともすればひよりそうな不安な自分を、
根底から支えてくれます。

こつこつと重ねた努力は、誰もそれを奪えない。

要領よく簡単に手にいれたものは
同じく簡単に手から離れていきますが、
地道に努力を重ねて手に入れたものは、
誰かがマネをしようとしてもマネできない。


「ブーケを作るにあたって一番大切なものは、」
と、えらそうに、その生徒さんに演説しております。

ブーケを作るのに一番大事なものは、
自分自身のコンディションです。

いかに自分の気力を保ってピークをそこに持っていけるか。

でも、翻ってみると自分はこんなに卑小な人間なので、
毎回毎週いろんなことがあって、
いつもそれに振り回されたりひっかかったり
もやもやしたりイライラしたり、
でもそういう、つまらないダメダメな自分を支えてくれるのは、
これまでに、自分が賭けたもの全部。

そうして賭けたものがあまりにも大きいので、
うっかりとはそれを捨てられなくって、
やさぐれそうになるんだけど、
やさぐれきれなくて、
結局は、そうして過去の自分が、
今ひよりそうな自分を下支えしてるんだと思う。

この両方の手に持てるものはそんなに大きくはないので、
今の自分にできる精一杯を差し出したら、
たった一度だけ会った新郎新婦さんに、
たった一度だけのその日の花を、
ほめてもらえる。

と、やっと最近分かるようになりました。


私達は、いつも拙い。

だから、精一杯やろう。


つまりそれだけなのかもしれません。



では今日も本当にお疲れ様でした。




一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo




by ichiecd | 2014-05-27 23:54 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。