ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:ゲストテーブル ( 157 ) タグの人気記事
メインテーブル装花 ライラックとジューンベリー
a0042928_4421228.jpg


今日の装花です。
会場はとあるホテルさま、おそらく特例でお持込をOKしてくださったのだと
思いますので、お写真だけで。
赤い実はジューンベリー。
かわいい。

眩しいほどの一日でした。

a0042928_4432767.jpg

ライラックをあわせて、初夏の花で。


実は以前ブログに登場した友人Cさんが、同じホテルでの挙式でした。
やはりその日は仕事がたてこんでいて
どうしても出席はかなわなかったものの
ブーケをお届けしたその日のことを、
懐かしいように今日また思い出しました。


では、皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2007-05-26 23:03 | 会場装花 | Comments(0)
ラ・カーザ・ニキ様の装花
a0042928_1158525.jpg


昼夜の二部制で、一部はお庭を利用してのビュッフェパーティ。
二部へのパーティにも簡単に移動できるように、
そして皆様に持ち帰っていただけるようにというリクエストで、
メインテーブルも小さな花をいくつかならべています。

a0042928_11582056.jpg

5月の空のもと、次々に白いテーブルクロスがかけられると
どこかの外国みたいな
気持ちのよい空間になっていきました。

a0042928_11582910.jpg


実はもう、新規受注を受付終了したあとのお問い合わせ。
でもたまたま近くに納品があり
その同じ車でまわれるスケジュールで、
お受けすることができました。
小さなパーティで、メールだけのやりとりの御注文でしたが
先ほど感謝のメールをいただいて、ほっとしているところです。
ありがとうございました。


すでに一会では8月までの新規受注を終了させていただいていますが
もし「たまたま見つけたのが最近で、どうしても一会で」という場合には
なるべくお受けできるようにいたします。
その場合、お受けできるかどうかの判断には
会場様のお名前とスタート時間が必要になりますので、
あわせてお知らせください。



昨日はへこたれて寝てしまいました。
もういっかーと思ったのですが、
こうして新郎新婦様よりメールをいただけたことがやはり、
嬉しく、こんな時間にこっそり投稿を。
by ichiecd | 2007-05-22 12:04 | 会場装花 | Comments(0)
シェ松尾天王洲倶楽部さま レースの宝箱 持ち帰りについて
a0042928_2221232.jpg


今日の卓上の装花です。

蓋つきのレースボックスに小さなバラばかりを
たくさんつめこんでいます。

撤収梱包作業に行ったアシスタントさんの話によると
このお花はゲストのおじさま方に大人気だったとか。

「このお花、最後にくれるのかな?」
「一人一個ずつもらえるのかな?」
「てことは最後、早く外に出て並ばなきゃな!」


ですが、コーディネーター様に
「女性の方だけなんですよ・・・」
と言われてしょんぼりなさっていたとか。。。

また別の年配の男性は、
ご自分で自分の袋にいれて
すっかりお持ち帰り体制だったそうです。



a0042928_22231494.jpg


左から、白がグリーンアイス、J-アイマール、セピアピンクがジーノピンク、
その下の紅茶色はサンシルクというバラです。

そういえば、以前、モッコウバラをたくさん使ったときも
おじさまに興味津々にバラの名前を聞かれ、
ねだられて一枝さしあげてきた、という話でした。
この手の小さく華奢なバラには、
おじさまを引き寄せる魅力があるようです。
なぜなんだ。


一会の花は、基本的にすべてお持ち帰り可能です。

大枝や鉢の花は、御予算上レンタルにしたほうがよかったり
梱包時間が間に合わなかったりで、引き取ることもありますが、
もしお持ち帰りくださるのでしたら、ぜひどうぞ!と思います。

二部制のウェディングで一部二部と連続で飾ると、
熱気や送風の関係で、
へたってしまう花も出てきてしまいますが

a0042928_22224021.jpg


たとえばこのてっぺんの小さなピンク、「スプリングパル」とか。。。
この時期にしか出ないこともあり、
かわいいので、えいやといれてしまいました。


今日のおふたりは、
なるべくお持ち帰りしたいという御意向で
できるだけお包みできるようにしました。
優しい御新婦様はもとより、
ご新郎様もみずからそうおっしゃってくださって
ひときわ嬉しかったのです。



先日のこちらの新婦様は、持ちきれなかった会場装花を
ホテルからわざわざ宅急便で花を自宅に飾って、
最後までかわいがってくださったとか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
持ち帰った装花。
日々朽ち、枯れていき、どんどん減っています。
でも、何輪かは、咲きかけから、綺麗に咲いてくれました。
多弁の白いバラです。キャラメルアンティークも、まだ一輪。
ハロウィンも元気です。
傷んだところは、人間の瘡蓋のようになり、そこ以外は
どの花も、まっとうしようとしているようで、持ち帰り、
看取れて良かったな、と思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


花を扱うものとして、このメールの言葉を
何度も読み返さずにはいられませんでした。


花は命のあるもので、
あっというまに咲いてそして枯れます。

その残照だけがその人とともに生きて、
たまに思い返されたその刹那、少し心を楽にする。
それで、十分なような気がします。




では今日も一日、みなさまお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-05-13 23:00 | 会場装花 | Comments(0)
ラマージュ様の装花 クリスマスローズ 
a0042928_23434472.jpg

昨日御紹介した新婦さまの、会場装花です。
場所は青山スパイラルビルにあるフレンチレストラン、ラマージュ様。
挙式は高輪教会。
その白グリーンの装花とコーディネイトするために
両方でたくさん使ったのはクリスマスローズ。
a0042928_23442823.jpg

勝手にひそかに設定した裏テーマは、オーガンジー。

a0042928_23472679.jpg


フランス製のオーガンジーポーチは
ゲストテーブルに使いました。
このポーチ、
今発売中の『花時間』6月号のゲストテーブル装花でも
お持ち帰りアイディアのひとつとして使っています。
さすがおフランスというべきか、発色がよく、ぱりっと立体的。

a0042928_2344258.jpg

新婦様には何度もたくさんのお気遣いをいただきました。
最初に一会にきてくださったときに、
使いたいイメージの花がきれいなエクセル表にきちんと
まとめられていて、びっくりしました。
その表は最後の最後までずっと大活躍でした。


a0042928_2344138.jpg


本当に、おめでとうございました。
そして一会に花を頼んでくださって、
ほんとうに、ありがとうございました。
by ichiecd | 2007-05-11 23:54 | 会場装花 | Comments(0)
シェ松尾青山サロン様  エコロジー ハーブの装花
a0042928_0283217.jpg


御披露宴のテーマは、エコロジー。
装花も、花いっぱいではなくてグリーンをメインとしたい、そう伺って
ではハーブや実をたくさん使いましょうか、と御提案しました。

ブーケは本当に、ハーブとグリーンだけ。
会場装花のほうは、それだけでは、
青山サロンさまのシックなイメージにさすがに追いつかないので、
御相談の上ボルドーを挿し色にすることに。

写真はハーブのアップルミントとあわせた、タマンゴというバラ。
セッティングしていたら、スタッフの方から、
この赤いのはなんて名前ですか?と聞かれました。
なんだかこの雰囲気にあうバラですね、とお褒めの言葉をいただきました。

a0042928_032536.jpg


会場装花もなるべく花瓶を使って
ごみを出さないように。

a0042928_031426.jpg

アクセントに飾ったもうひとつの花は、クリスマスローズ、
内側から光るようなきれいなグリーンです。

a0042928_032181.jpg





では今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-03-24 23:25 | 会場装花 | Comments(0)
シェアできるゲストテーブル装花 アイマロン  
a0042928_2137158.jpg


ワックスポットというキャンドルの蝋でできたような小さな器に
花を少しずつ詰めて、皆様にお持ち帰りいただけるように
工夫したゲストテーブルの卓上装花です。
マニュキュアした小指のツメみたいな、小さな茶色の花は
トルコキキョウ「アイマロン」。
アシスタントTさんに「カタツムリのツノみたい!かわいい!」と大うけ。
気に入っていただけたようでなによりです。ぺこり。

a0042928_21372772.jpg

メインテーブルの装花もシェアできるスタイルで製作。
仕上げに満開のライラックの白を、よい花だなーと
ひとり褒めつつ挿していると、
「それはライラック指定の装花なんですか?」
「いや、私の趣味です・・・」

なんだかスタッフの視線がイタイです。見逃してください。
「またサービスしすぎてるんじゃないかコラ?」
って目で語らないで。

でもでもだって、ここにライラック入るとかわいいし・・・


納品もほぼ終わったころ、新郎新婦様にお会いできて
かわいいです、いいですね、というお褒めの言葉と一緒に
いただいたバラのチョコレート。

a0042928_2154524.jpg


なんだか今日の花のようで、
今日の初夏のような一日にもよく似合うようでした。
本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-04-30 21:56 | 会場装花 | Comments(0)
白とグリーンの装花 春のガーデン風
a0042928_2326286.jpg
a0042928_2326931.jpg


自由が丘にあるティーサロン
「セントクリストファーガーデン」の装花です。
1月にアップしたマノワールディノさんの装花を気に入ってくださった
新婦様。
グリーンと透明感のある白の花を貴重に、
春らしく、会場の雰囲気にあわせてコーディネイトしました。
会場様の雰囲気は、いかにも自由が丘のティールーム、といった
お庭の美しいとてもかわいらしいしつらい。

でも新婦様の持つブーケは『花時間』を見て
ひとめぼれしてくださったというリリメリア
あまり甘すぎないように、でも会場にあうように、
そのバランスをさぐりながら考えます。


器もかわいらしすぎず、かといってスタイリッシュすぎず、
大きさの制限も考慮しつつ、
花の色もはっきり決まっているのでそれにあわなければなりません。
でも白の陶器かグラスだなというのは最初から思っていて、
そのふたつの間で花を挿す前まで悩みました。
陶器にしてもまだ足りない気がして、最終的に
要所要所で、三日月ネックレスをアクセントにまいて、
アイビーの葉でとめてみました。
うむ。これでOK、これで完成です。
超自己満足。


私自身は明日からの西武池袋のブーケ展で
せっせとブーケを作っていて、撤収には伺えずじまい、でも
かわりに撤収に行ってくれたアシスタントさんが戻ってきて
「花嫁さんがすごく御礼をおっしゃっていて、
ほんとに胸いっぱいって感じで、
なんだかつられて私まで泣きそうになってしまいました」
と言います。


「一会が買っていただきたいものは
花ではなく、デザインでもなく、お客様の満足です」
その、一会のHPに自分で掲げた言葉を、また繰り返して思います。

数をこなすことやお金を稼ぐことだけでは
私の場合、どうしてもずっとは続けていけないようです。
お金のために我慢できる場合とできない場合があって、
自分は、仕事は、お金のためには我慢できないようだ。
と解りつつあります。

満足をいただけて、
はじめて私の花の存在価値がある。

もうとりあえず、それで充分かも・・・。



今日も明日の西武のブーケを作りながら、
こんな贅沢に好きな花を使って
趣味でだってなかなかここまでは花を揃えられない、
時間もとれないだろうと思うと
わーこれが仕事で申し訳ない!とつぶやいてしまいます。

明日から3日間、もし池袋近辺にお立ち寄りの際は
ぜひ池袋西武7階をのぞいてみてくださいね。
by ichiecd | 2006-03-18 23:46 | 会場装花 | Comments(2)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。