ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:クレッセント ( 6 ) タグの人気記事
夏のブーケ ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル様への、クレッセントブーケ
a0042928_1126986.jpg

ヨコハマグランドインターコンチネンタル様へのブーケ、
クレッセントと呼ばれる珍しいブーケの形です。

色鮮やかな夏の小花をたくさん使って。

a0042928_11242894.jpg

花嫁様のリクエストは、少し長めのクレッセント、

なかなか画面に入らないので悩んで、
右に30度まわしてみたところ。


a0042928_11254121.jpg

さらに90度まわしてみたところ。
クレッセントブーケは、その横顔がまたひとつの
キャスケードブーケになるように、仕上げます。

では皆様お疲れ様でした。


単発のプリザーブドレッスン開催
6月26日日曜 13時~満席・キャンセル待ちです
7月24日日曜開催決定 13時(仮)~受付中です

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~

お申込み、お問い合わせはこちらから
単発レッスンお問い合わせ

月一度の定期レッスンお問い合わせ

ブーケ、装花のお問い合わせ



一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-06-18 19:23 | ブーケ | Comments(0)
クレッセントブーケ お母様と同じブーケで ホテル京王プラザ様へ
a0042928_17164438.jpg


三日月型のブーケをクレッセントといいます。
お母様のブーケも同じだったので。
その時、お母様は自分でブーケを手作りなさったのだそうです。
そして途中で葉っぱが足りなくて、公園に探しにいったのだとか。

送ってくださった写真を見たら
黄色の花のブーケでした。

なので、黄色をアクセントに、パステルカラーミックスで。
お母様のドレスは膨らんだ袖にのど元まで詰まったデザイン。
でも花嫁様のビスチェタイプにあうように、少し華奢にして
カーブをシャープにして、
お母様のブーケに入っていたのはレザーファンという葉でしたが
今風の軽みがでるように、スマイラックスに変えて

そうしてお届けしました。




では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-12-04 22:45 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 梅雨明けのころ 真珠と翡翠 パークハイアット東京さまへのブーケ
a0042928_19332263.jpg


昨日のお二人の続きです。
昨年の7月、パークハイアット東京様へお届けしたブーケ。

梅雨明けのころ。
使ったのは白のバラ、シャインホワイトという品種です。

ドレスは、お母様とドレスデザイナーさんがご相談を重ね
作られた、というこだわりのもの。素敵です。


頂いたメールを写真とともにご紹介させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の結婚式、披露宴はもう遠い昔のような気もします。
が、まだ1年たっていないのですよね。
昨年の今頃は準備にとりかかっていたとは思うのに
なかなか思い出せないものです…
特に式も披露宴もこだわりはありませんでした。
主人の方が一生懸命であったと思います。
ドレスも昔から母がそれなりのポリシーを持っているのを感じていたので
主導権は母に渡してしまいました。

a0042928_19333326.jpg


そんな私でしたが、お花だけは
自分で納得したものを持ちたかったのです。
特に結婚願望のない私でしたが、
なぜか花時間のブーケ特集は学生の時から
時々買っていました。
実は岩橋様のところに伺った時もバックに忍ばせていました。
(十数年前の岩橋様の写真付きでした。)


ドレスの型が徐々に決まってきたときからブーケをどうしよう、
と毎日悩んでいたのですが
目につく気に入ったブーケの多くは岩橋様ので、
もうこれはお願いするしかない!と思ったのです。
あの不思議なグリーンのドレスと
ある意味クラシカルなウエディングドレスの両方に
全く違うニュアンスのブーケを作って、
母が想いを込めてつくってくれたドレスを
完成させたい一心でもあったと思います。

a0042928_19334876.jpg


訪問させていただいて、打合せをした時、
どういったように気持を伝えてよいかわからず…
でも少し話をしただけで岩橋様が
「あ、こういったお花は?」を見せて下さったときに
「持ってきた雑誌は見せなくても大丈夫だわ。もう安心。」
と一会さんに出会えたことを感謝したいと思いました。

そして当日に私の前に届けられた花々の美しいこと!!
シャインホワイトは私の好みのぷっくりとしたバラで、
白一色のバラとリクエストした通りで
可愛くて梅雨明け宣言の日にぴったりのブーケでした。
香りもきつくなくほんのり薫って肩に力が入りがちな
私に安心感を与えてくれました。


a0042928_1934151.jpg


当日は本当に素晴らしいブーケを2つもありがとうございました。
彼のブートニアもリクエスト通り一輪でバッチリでしたし、
本当に本当に一会さんにお願いして
よかった!と今でも心の底から思っております。
そして毎朝の日課により全国の花嫁さん方の
幸せを感じられる「窓」をつくってくださっている
岩橋様に感謝の気持ちで一杯です。


a0042928_19341038.jpg


もうブーケを持つことが出来ないのが残念ですが、
それだからあの日が特別でとても大事で、
真剣にブーケをお願いする先を
考えたことに意味があったのだと思います。

a0042928_19342283.jpg

私も多くの先輩花嫁様達の姿を拝見して、
ドレスのバランスやブーケの型を
参考にさせていただいたので、少しでも恩返しといいますか、
バトンをだれかに渡す行為を出来れば嬉しいな、と思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に書いてくださった一行に、心をゆさぶられます。
とてもとても微妙な、素敵な色のドレス。
まるで湖水をのぞきこむような
美しさが写真からも伝わります。
三日月のように弧を描く形は
クレッセントブーケといいます。


実は、お式のあと2日後に、メールをくださったのですけれども
「カラードレス用のブーケは、
もう本当にIwahashi Magicでした!(敬称略)」
と書いてくださったその最後の
敬称略という一言に、花嫁様のお人柄を感じてしまう、
いつもいただくメールの最後に季節のことが一言。
とても丁寧で、品のある方。
そんな印象にぴったりのドレス姿と、
a0042928_193529.jpg


その心がうつされているような
お二人の笑顔に、
とてもいいご夫婦でいらっしゃるんだなと
画面越しにうっとりしています。

a0042928_19345159.jpg


ブーケはもうもてないけれど、
だからこそあの一日は特別で、
ブーケの依頼先を吟味する意味があった、
そう書いてくださった一文。

自分自身の、糧にします。


本当にありがとうございました。


では今日もおつかれさまでした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2012-05-07 19:54 | ブーケ | Comments(0)
クレッセントブーケ 瑪瑙(めのう)と珊瑚(さんご)  パークハイアット様へ
a0042928_21322731.jpg


新宿、パークハイアットホテル様へ
お届けしたブーケです。

ドレスはなんというのでしょう、ちょっと言葉では表しにくい
青とも緑ともつかない、不思議な色。
お写真を見せてくださって、
でも写真と本物はずいぶん色が違うのでと
共生地をご持参くださって、
本当にずいぶん写真とは色が違ったので、
とても助かりました。

仕入れたたくさんの花を前に布をかざして
これかな、これじゃないかな、と少しずつ取捨選択をします。
香りの調合をするように。

メノウ色のドレスにあわせたのは、
ご自身で、大切にしていらしたという珊瑚のアクセサリ
であることも思い出して、加味しながら考えて作る
少し小ぶりめ、翠と紅茶色のクレッセントブーケ。

小さなバラは、いおりとテディベア、
大きなバラは、ジュリアとカフェラテ、
ベージュピンクのフェアビアンカ、
緑を帯びたデザート、
ほんの少し隠し味にいれた紫のバラはルシファーといいます。


客室にお届けしたところ、
とても喜んでくださったそうで、よかったよかった。

では皆様今日も本当に、お疲れ様でした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2011-07-09 21:40 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クレッセント  アプリコット
a0042928_21461920.jpg



クレッセント、三日月形のブーケ。


では皆さま今日もお疲れさまでした!
by ichiecd | 2010-07-15 21:47 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クレッセント 秋のダリア ジョエル・ロブション様へ
a0042928_20322070.jpg

恵比寿にあるジョエル・ロブション様へ
お届けした、ダリアのブーケ。
クレッセントと呼ばれる形、
三日月型に仕立てるブーケです。

秋らしく、というリクエスト。

a0042928_20324493.jpg


手元にもしっかり花をと特にご要望があったので
普段はなかなか撮りきれない横顔も
チェックを兼ねて撮りました。
ここらへんはセミキャスっぽくないと
だめなんですよね・・・
クレッセントという形自体、ラウンドやセミキャスに比べると
珍しく、やや久々だったので
楽しい製作でした。


ちなみに、恵比寿も六本木も
いまだ入ったことがないのですが
ロブションというと実は
パリのラトリエには行ったことがあるんです。
んまあなんてコ生意気な。
わたくし、基本的に旅先では粗食なのですが
このときはたまたまに。

で、料理は当然のように絶品でしたが、
そこで働く若いシェフの方々の働きっぷりが
なによりも深く鮮明な記憶です。

彼らは全員が、料理が好きで、働くことが楽しくて、
そこに立ってひとつずつ、料理を出すことに
完全に誇りを持っていた、
その様子をいまだによく覚えています。

それはずいぶん昔なので、また今は違うかもしれませんが、
でも好きなことを仕事にしているのなら
そうでありたい、と未だに思いかえす、映像のひとつ。




ところで、たとえるなら今ここに、
目の前に、

帽子と、
化粧品と、
ペアのワイングラスとか、
機能的なボールペンとか、
有名人のコンサートチケットとか、
美味しい食事とか、
そういうものが一同にあなたの前にとりそろえられていて、
そうして一律ひとつ「一万円」の価値のものである。
どれを選んでもいい。どれかひとつ、いかがですか?

と言われたら、どれを選びますか?

私は、迷わず最後の食事を選ぶと思うんです。
グルメではないくせに食い意地がはっている。
同じ1万円を使うのに、帽子を買うのには
ためらうけど、食べ物には躊躇なしです。

秋になりましたね。
何か美味しいものが食べたいですね。


最初は美しいダリアの話だったのに、
途中は美しい働く人の話だったのに、
最後はそれかよというご批判は
甘んじて以下略です。
一会としては、修羅場モード続行中です。


ではみなさま今日も本当に、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-10-25 21:03 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。