ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:クラッチ ( 465 ) タグの人気記事
北海道へ ナチュラルステム ころんとしたバラのブーケ
a0042928_2132728.jpg


ちょっと固めのつぼみなのは、
北海道へのブライダルブーケだったからです。


ときどき、遠方でもブーケを届けてもらえますか?という
お問い合わせをいただきます。

まずはプリザーブドのブーケをご紹介しますが
どうしても、といわれると、
リスクを織り込み済みでよろしければ、そういって
生花のブーケを発送させていただきます。
形はどうしても、
写真のようなナチュラルステム(クラッチ)スタイルとなりますし、
花の種類はバラなどある程度丈夫なものに限られます。
これまで、青森、名古屋、京都、軽井沢、などあちこちに発送しました。
そのたびに寿命を削るような思いですが、
でも北海道ははじめてでした。

箱にはウェディングブーケであることを書いて、
二重三重の梱包をして、
何度もヤマトに確認の電話をいれて、
万全を尽くしますが、でも
一度手を離れてしまうと
あとは道中の無事を祈るだけです。


このときも、無事に届くかどうか、
バラのフェアビアンカが咲きすぎてしまわないか、
ずーっと、どきどきでしたが、新婦様よりたいへん嬉しい
御礼のメールをいただいて、やっと心底、安堵しました。


本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-06 21:42 | ブーケ | Comments(2)
ブーケ クラッチ  白のバラと秋の実ものとフランネル
a0042928_154424.jpg


今日、・・・昨日になってしまいましたが、
表参道にある小さなレストラン、レ・クリスタリーヌ様にお届けしたブーケ。
個人的にこういうニュアンス、やはり好きです。

こじんまりとした清楚なウェディング、
新郎様にブートニアをつけて
新婦様のドレスの裾をちょっと持って差し上げたりして、
花屋のようなそうでないような。



ブーケ中央にほわんという風情で咲く不思議な花は
フランネルフラワー。
セルリアと同じくこういう怪獣っぽさに弱いです。

某「イケメン」といわれるフラワーデザイナーさんの言う
「キャワイイ」花、とはこういうことかと。
(しかし「キャワイイ」って・・・どうでしょうか。
今まで自分のボキャブラリーになかったので、新鮮です。
それで最近市場を逍遙しつつ
「なんかキャワイイ花」、と探してしまう自分もどうかと)


今日もあっというまの一日、
皆様お疲れ様でした。

ためてしまっているメールとコメントも明日には・・・。
by ichiecd | 2006-09-24 02:03 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ  紫の赤 紫の青
a0042928_9125097.jpg



今日のブーケです。
ランとバラとリシアンサス、深く鮮烈な色の花を集めて
ヴィヴィアン・リーのイメージでというオーダー。


控え室にお持ちしたときに喜んでくださった新婦様の
笑顔が印象的でした。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-09-18 23:10 | ブーケ | Comments(8)
ブーケ クラッチ ハーブ&ナチュラル
a0042928_0304542.jpg


ハーブとグリーンをたくさん集めたナチュラルなブーケ。
南仏風のレストランでのウェディングパーティへお届けしました。

以前のラビュットボワゼさんでのブーケが素敵なので、と
言ってくださった新婦様。
お打ち合わせ時、完璧に打ち出されたA4一枚で拝見した
「好きなお花のイメージ」、見るとグリーンがお好きなんだなということが
よく伝わってきました。

ミントやグリーンのマムやスカビオサ、そこへ
少し夏から秋へ移り変わる空気も加えたくて
ほんの少し色づいたサンキライや、のぶどうや
シンフォリカルポスの白の実をいれています。


私の、たくさんあるニガテなことのひとつに
記憶力が悪いという大欠点があります。
でも不思議と、仮に人の名前や顔が一致しなくても
その人の好きな花や作る花はよく覚えていたりします。


たぶんこのブーケが好きとおっしゃってくださる方は
ラビュットボワゼの装花の写真も
このブーケの写真も
『花時間』特別編集vol9のこのブーケも、
同じ感じで受け止めてくださるような気がします。

もちろん私自身も大好きなスタイルのひとつです。
by ichiecd | 2006-09-10 23:28 | ブーケ | Comments(2)
クラッチブーケ ニュアンスカラーのバラ
a0042928_142783.jpg


以前の葉山の装花の折に
ニュアンスカラー、セピアな色ということで作らせていただいた
バラのブーケ。
きゅっと茎を束ねてタイトにまとめています。

具体的な品種はお任せでしたので、
ひとつめのブーケは、ケリー;ふんわりと開いていくバラだったので
こちらはバラらしいしっかりした巻きのものを選んで、
ちょっとアンティークなイメージで作りました。


横から見るとこんなかんじです。
a0042928_17192.jpg

by ichiecd | 2006-07-05 23:03 | ブーケ | Comments(4)
ブーゲンビリアの花嫁さま
a0042928_2134680.jpg


そしてブーゲンビリアシリーズの花嫁様、
色ブーケはこちらです。
オレンジや黄色の明るい蘭の花で、というリクエスト。
光を集めるようなきれい色の花ばかりを、たわわに束ねて。

a0042928_2141680.jpg

会場内の暗さにも映えるように。

ミクシィ、というネット上のコミュニュティがあり、
初心者ながら私も「一会」という名前で登録しているのですが
花嫁様自ら、そちらに紹介文を書いてくださいました。

そればかりか、ご自身の日記にも、記事と写真で
あまりあるくらいの、たくさんのお褒めの言葉をいただいて、
許可を得てこちらにも転載させていただくことにしました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)装花とブーケの評判

結婚式に必要なアイテムのいくつかは、自分で準備しました。

会場の装花、ブーケ、ヘアーメイク、ビデオ&フォト撮影
これらは、ウエディングプランナーを通さず、自分でお店に依頼しました。

中でも、ブーケ&装花をお願いした一会さん(ブライダル専門花屋さん)は、
ゲスト&スタッフの方にめちゃくちゃ評判がよかったです。
お世辞も含まれる訳ですが、一番ほめてもらったのは、
きっとお花です。


ヘアーメイクさん:
「どこのお店のですか?
お花の鮮度がすごくいいですよ。
こんなに綺麗な胡蝶蘭使うの初めて。レベル高いですよ。」

プランナーさん
「このお花屋さんセンスいいですね。今度是非お願いしたい。
人気があるのわかります。」

お友達:
「本当に素敵なお花がいっぱいで、幸せな気分になるね」
「こんなにお洒落なブーケ見たことないよ」

父母&義母
「こんなに綺麗なお花みたことない。素敵!」
「お金かかったでしょう?これだけ花飾ったらかかるよね。
値段聞くの怖いわ笑」


2)出会い
私が、この一会さんと出会ったのは、
雑誌「花時間」のブーケ特集。

彼女の作ったブーケのセンスの良さと
思いやりを感じられるコメントに一目惚れ。

勇気を出して、雑誌に書かれている番号に電話し、
運良く、ちょうど4月22日を押さえることができました。


3)打ち合わせとアーチ
a0042928_214555.jpg


打ち合わせの時には、自分のイメージをうまく伝えたく、
何冊も雑誌と写真集を持参しました。

■「南国リゾート」というテーマだったので
一番イメージに近い三好和義氏の写真集。

■数冊のブーケ特集雑誌

■ブリトニースピアーズの花のアーチ


打ち合わせで一番嬉しかったことは、
花のアーチを作ってもらうことに快諾頂いたことです。

バックにアーチの花が咲き誇っているという式を
アメリカ映画(最後の恋のはじめ方だったかな?)や
ブリトニースピアーズの写真、
マーサスチュワートリビングなんかを見て、ずっと憧れていたことと、

当日の下見や、他の人の結婚式写真を見たとき、
どうしても背景の建物が気になってしまうし、
何かと不必要なモノが写り混んでくるのが心配なこと

その2つの理由から
是非、アーチをお願いしたいと思っていました。
それが実現するとわかり、本当に嬉しかったことを
憶えています。


4)お花を自分で依頼すること

初めは、装花とブーケ(特に装花)を、
プランナー会社を通さず依頼することに不安がありました。

不安要素
■会場、プランナー会社さん、お花屋さんお互いにやりにくくないか。

■花屋さんにとって初めて行う会場だと、段取りが難しくないか。

でも、実際お願いしてみると、この不安はなくなりました。
なんだー悩まなくてもよかったんだぁって、思ったくらいです。

一会さんのほうで、細かくプランナーさんと連絡を取ってくれたこと、
プランナーさんのほうも一会さんとの打ち合わせに
快く参加してくれたため、問題なく当日を迎えることができました。


4)当日のお花
当日は、中庭についた途端、
目に飛び込んできたブーゲンビリアのアーチに
涙が出そうなくらい嬉しかった記憶があります。

澄んだ朝の光と、咲き誇った花たちが、
人前式を行う中庭と同席してくれた人たちを
心地よい緊張感と幸せな空気で包んでくれていた気がします。


ブーケは、2タイプとも本当に気に入っていて、

本来、共同作業であるキャンドルサービス時も、
二人で持たなくてはいけないガストーチ(火種)を持たず、
私は、オレンジのブーケを両手で持っていました。


長々と書いてしまって、すいません。
書き残しておかないと、記憶が薄れそうだったので☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミクシィでの新婦様の日記は、
当日のお写真やブーケの写真もたくさんまじえながら
書いてくださっているのですが、すでに
ブーケとの写真ゲストアーチなど
この一連のシリーズで紹介しているものと重複する写真もあり、
テキストのみを掲載させていただくことにしました。
ミクシィ会員の方は、ぜひ本物の日記も見てくださいね。


ブーケだけでなく、装花を外注するというときに
きっと誰しも同じように不安に思われるのでは・・・そう思って、
この記事を紹介させてくださいとお願いしましたところ、

「私の日記に掲載した文章は、是非使ってください。
全く問題ありません!

岩橋さんのお仕事の一助になればという
思いも込めて書きましたので、
すこしでも参考にしていただける箇所があるのでしたら、
それは私にとっても嬉しいことです。

日本の披露宴のシステム上、
私のような一般人には、、装花、ブーケを外部にお願いする際、
きっと不安な気持ちを持ち合わせていると思いますので、
この内容を通して
その気持ちが和らげられればなんて、思っております♪」

と即座にお返事をくださって・・・

どんなに御礼を言っても
もうとても追いつかないような気持ちですけれど、
本当にほんとうに、ありがとうございました。

上の3枚は、いずれもまた頂いたプロの方のお写真です。

下の一枚は、花を撮るつもりが、
花嫁さんがあんまり素敵だったので、
遠くから花じゃなくてその姿ばかりを撮ってしまっていた
その中の一枚です。

a0042928_2143966.jpg

by ichiecd | 2006-07-02 21:18 | ブーケ | Comments(2)
クラッチブーケ 紅茶と、カフェと、アプリコットのバラ
a0042928_2027239.jpg



今日お届けしたブーケ。
「アフリカ」ブーゲンビリアシリーズにわりこんでしまう形ですが、
ごめんなさい。

こんなブログではありますが「記念になった」と喜んでくださる声も
最近時折、聞くようになって、
写真の加工がその日に間に合う場合には、
なるべく掲載しようとしています。
・・・できないことも多いですけれど。

お届けしたブーケや装花がたくさんあると、ひとつを選ぶのは迷いますが、
ブーケや花そのものというよりも、

写真の出来具合(早朝に一会を出発する場合、
特に冬、光が弱いとなかなか色が写せないので)、とか

最近あまり掲載されていない色とか、
なんだか同じタイプのブーケが並んでしまうとか、

そういうこちらの都合や要素に左右されることもありますので
その点どうぞ、ご容赦くださいね。

上の写真のブーケは、クラッチまたはナチュラルステムといって
花を茎のまま束ねる形で作っています。
ざっくりとした花束風、
ナチュラルな雰囲気をかもし出せるのが魅力です。
まんなかのバラは「アンブリッジローズ」。
淡いアプリコットのころんとした丸いバラです。

「ジュリア」は、紅茶色と称されるその絶妙な
色加減も薄い花びらが特徴、
よりしっかりした感じのバラは「カフェラテ」。

茶系のバラをあつめて、
今、旬のブラックベリーなどの実もあしらってお届けしました。
by ichiecd | 2006-07-01 20:35 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ 白だけのブーケ
a0042928_0563246.jpg


先日のこのアイマロンの装花。
後日、またお写真撮影用のブーケを作らせていただきました。

メール転載の許可をいただいたので
掲載させていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんにちは。

先日、お陰様で無事に写真撮影が終わりました。
思い描いていたような真っ白で素敵なブーケ、本当にあ
りがとうございました。

思えば、式を含め、こんなに花に囲まれたのは生まれて
初めてで、花は、こんなに自分を幸せな気持ちにしてく
れるものなのだと感じたひとときでした。

式が終わって、幾度か参列者の方々とお話する機会があ
りましたが、皆一様に装花が素晴らしかったと口を揃え
ていました。
岩橋様にお願いをして本当に良かったと改めて実感しま
した。

(中略)

式から写真撮影まで、本当にお世話になり、ありがとう
ございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いただいたお写真を拝見して、
マリアヴェールのふちどりが印象的だったので、
それにあわせて周囲にピュアホワイトのデンファレの花を。
フランネルフラワーやライスフラワー、
さまざまな白を重ねて作っています。

お写真も見せていただいたのですが
こちらは掲載は不可です、ということで、
皆さまにお見せできないのです。ごめんなさい。
それが残念でならないほど、素敵なお二人でした。
ブーケもぴったりだった・・・といっては手前味噌でしょうか、
でもほんとうにお似合いで、拝見しながら思わず
頬がゆるんでしまいました。


お知らせ
25日の単発レッスンは定員を超え
募集を締め切りました!
お申し込みをありがとうございました。
by ichiecd | 2006-06-01 01:07 | ブーケ | Comments(2)
ブーケ クラッチ フランネルフラワーとラグラス
a0042928_23321698.jpg

a0042928_23315538.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ねこじゃらし?のふわふわしたのと
花びらの先がグリーンのお花…
あれはなんて言うのでしょう…が
アクセントになって
これまた初めて見る雰囲気のブーケで
とてもかわいらしかったです。

あの日のお天気は
ほんと、その後日々を思うと夢のような感じです。
外苑前の並木道は人もほとんどいなくて
すばらしい撮影日和。
木漏れ日がキレイで、
気持ちよかったです。

ブーケのサイズもイメージ通り。
片手でもキュッと持てる感じが
撮影場所の雰囲気とよく合って
とても素敵でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前ご紹介した、あじさいのブーケ
ラ・ビュット・ボワゼ様の装花 
あるいはブーケを覚えてくださっているでしょうか?
その新婦様のお写真用のブーケを
また作らせていただきました。
猫じゃらしのようなのは、ラグラスといいます。
先が緑になっている不思議な花は
「フランネルフラワー」。
その布のような質感そのものずばりで、
もし「好きな花TOP10」をあげろと言われたら、絶対入る、と思う。
(そんなこと誰も言ってないしというついでに書き添えると
このブーケのこういう雰囲気、
個人的にかなり好きです。)


手作りなさった招待状も、
一緒に頂いてしまった引き菓子の有平糖の細工の加減も、
オーガニックのローズベリーチョコレートも、
みんなどれもけして派手ではないのに
本当にため息がでるものばかり、
すっかり「趣味のよい方」という定義ができてしまっています。

お写真も、本当に素敵ですね。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-30 23:28 | ブーケ | Comments(0)
クラッチブーケ 千日紅とカフェラテとユーカリ
a0042928_22592958.jpg



今日のたくさんの写真の中から
どれか一枚を選ぶ。
その作業に20分以上を費やしてしまいました。

千日紅をいれて、グリーンをたくさん使ってというリクエスト。
以前あったラ・ビュット・ボワゼさんみたいな装花、
大好きですとおっしゃってくださった新婦様、
でもニュアンスカラーのバラもいいですよねというお打ち合わせで、
最終的に選んだふたつのバラは、
まさしくその名の色がゆったりと開く「カフェラテ」と
やや浅い色味で、でもうすくピンクのかかる
不思議なニュアンスの、「マジックシルバー」。
ユーカリやアイビーの中にラグラスという猫じゃらしみたいな穂もいれて、
実はおそろいでネックレスもドレス飾りもリストレットも作ったのですが
ごめんなさい、さすがに早朝で写真までは撮影できませんでした。
残念です・・・。

今週、製作実習で来てくださった
一会スクールの生徒のみなさま、
本当にありがとうございました。
おかげさまで無事、納品と撤収まで終了しました。

母の日の写真やメールもいただいていて
お返事もまだで申し訳ありません、
おってお返事しますのでもう少しだけお待ちください・・・。
by ichiecd | 2006-05-21 23:16 | ブーケ | Comments(5)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。