ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:クラッチ ( 466 ) タグの人気記事
ブーケを遠方へ、宅急便でお送りする場合について
a0042928_11413635.jpg

先日、「遠くだったので一会にお花を頼むのを諦めてしまった」という
新婦様のこの記事を読んでくださって
ウェディングブーケの宅配の
お問い合わせをしてくださる方が増えています。

一会では、遠方のお式の場合には
まず一度は、プリザーブドで作るブーケを御紹介しています。
写真はお色直し用のプリザーブドフラワーのブーケ。
最近はプリザもチューリップやオールドローズなども開発され、
色はまだ少ないもののずいぶんと品種が増えました。

プリザなら数日前の到着が可能ですから安心です。

しかしどうしても生花を、という場合には、

もし可能なら、当日都内から御列席の方へ
お預けしてお持ちいただくことができれば、一番よいです。
この場合には、駅またはその方の御自宅が都内であれば
一会からの自社配送が可能です。
過去新潟などへ、この方法でお届けしたことがあります。

しかしそれも難しいという場合、
リスクを織り込み済みでの御発注であれば、
宅急便による発送でお受けしています。

原則として、当日の朝の到着になりますので、
万一途中で宅急便の事故が起こった場合には
対応する時間がありませんことを
御了解いただかなければなりません。
その場合の対応は、出来る限りいたしますが
遠方であるということのほか、
一会側も土日の午前中は都内の挙式を抱えていますので
できることは少ない、ということを、あらかじめ御了承ください。

(ただこれまで北海道、青森、軽井沢、名古屋、京都など
10箇所以上に生花ブーケを発送したことがありますが
今のところすべて無事にお届けできています。
発送に際しては製作はもちろんのこと梱包にも
一会独自の工夫を重ね、万全の体制でお出しします。)

また当日10時までに到着の
タイムサービス便を利用しますが、
挙式の前に写真撮影を行う場合、
間に合わない場合もありますので
まずはお時間を御確認ください。
また地域によりタイムサービス便がない場合もあります。

冬の東北以北、夏の四国以南への配送は、
花が凍ったり暑さで蒸れたりしますので、
お届けを見合わせています。


a0042928_11303426.jpg



ブーケの形は、写真のように茎を束ねた
ナチュラルステム(クラッチ)ブーケとなります。
宅急便に耐える程度には花が強いことも必要ですので
通常のバラであれば大丈夫ですが、
できれば色と雰囲気の御希望をいただき
副材はおまかせいただくほうが安心です。

一会のナチュラルステムブーケの場合、花によりますが
ネット限定価格で3万円から35000円くらいがよく出ます。
送料は関東2500円~です。

ブートニア、ヘアードレスは似た雰囲気のプリザーブドで
作ることをお勧めしています。

こちらの方は軽井沢での挙式で髪飾りのほか、
バックコサージュもプリザーブドです。


また、御両親用の花束をお必要な場合には
なるべくプリザーブドをお勧めしていますが、
こちらもどうしても生花でという場合には、
アレンジメント(かごに挿したお花)をお勧めします。
しかし、なお花束でという場合には、
上記と同じ条件を御了解いただければ
お出しすることが可能です。


というわけで、
まずはブーケの納品時間を御確認くださいね。
写真撮影、リハーサルの時間もありますので、
会場様へ御確認の上、時間を添えてお問い合わせください。


なお、生花のブーケを遠方へ宅急便でお送りすることは、
上記のようにかなり条件が難しいので、
「どうしても一会のブーケを生花でもちたい!」という
とてもありがたいお話の場合のみに御紹介する方法です、
と付け加えてしまう自分は、やはり小心者ではあります。
やっぱりどきどきするので・・・。

それだけに無事に届いたというお写真はまた格別です。

ではどうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2007-01-11 13:25 | ブーケ | Comments(0)
ブーケとリストレット 緑のクリスマスローズを赤のドレスに
a0042928_13179.jpg


新婦様よりいただいたお写真。

こっくりした深い赤のドレス。
a0042928_15274.jpg


昨日も書いたようにあれこれ迷って組みなおした末に、
紫のバラも足しました。
きっとブーケとしたら、グリーンと赤だけのほうがまとまるのですけれど
それだけだと、新婦様にはなんだかものたりない気がしました。
女性らしさ、優しい感じ、柔らかな何か、そういう要素も加えたく
思いました。

とてもお忙しい仕事をなさっている方。
頂くメールの端々から、仕事への姿勢をいつも考えさせられました。


一会の花を持ってくださった花嫁さんの
その後の情報交換掲示板を作りたい、という夢のような
空想もあります。
新婦様は、皆様とても本当によい方が多くて
それぞれお仕事の面でも人柄の面でも尊敬してしまうことも多く、
結婚式という一日でそれでおしまいではなく、
仕事のことや御家庭のことや育児のことなどで
お互いにちょっと言い合えるような場所になれたら、
いいのかなあとか・・・。


話がとりとめなくなってきたので(いつもですが)、続きはまたあした。




リストレットは、一会のアクセサリ担当アシスタントNの製作。
彼女もOLからの転身組です。
今日ドアをあけたら、この新年から新調する予定でいた
玄関マットと一組のスリッパが、きれいにそろえられていました。
年末、私が先に帰ってしまったあと、すでに時給も全部精算した後、
それでも居残って、終わらなかった仕事を
全部片付けてくれていました。
未経験でも無資格でもこういうことのほうが
どんなに力になるかと感謝しつつ思う、2007年仕事はじめでした。
by ichiecd | 2007-01-03 23:30 | ブーケ | Comments(0)
何度も
a0042928_038733.jpg


 赤のドレスにあわせるのに
 赤バラというのがなんだかしっくりこなくて、

そうその新婦様がおっしゃるのが
なんだかよく解るような気がしました。

シェ松尾青山サロンの新婦様。
コーディネーター様からのご紹介でお会いしたので
もとより一会をよく知っていらしたわけではなく
でもお会いして、このブログや一会のサイトを
とてもよく見てくださるようになり、
花をだんだんと楽しみに、
毎回とても長いメールをくださるようになりました。

そのメールはいつもとても深くて
仕事への姿勢やこれからの一会のあり方までを
考えさせられる事もしばしばでした。

前日、そのメールを思い出しながら
何度も組み直したブーケでした。
難しくて、目と手が痛くなるほど。
明日は、頂いたお写真のいくつかをご紹介します。


お正月は極楽でしたが
明日から一会は準営業に戻ります。
活けこみ先のレストラン様は
本当は今日から営業のところも多く
今年はメンテナンスを年末にやりくりすることで
3日からにしていただきました・・・。

また1月20日から25日まで、岩橋が出張のため、
一会は準営業期間とさせていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2007-01-02 23:56 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ アネモネの白
a0042928_237536.jpg



今年一会でははじめての入荷のアネモネ。
春の花ですが、もう今時期から少しずつ出回ります。
「チューリップかアネモネかマーガレット」のような、
その3択で最初にアネモネを選びました。
チューリップは大好きですが会場はホテルニューオータニさま。
かなり開いてしまうのは覚悟のうえだし、
さりとてマーガレットでは力が弱い気がします。

アネモネという名前の響きで思い出す歌、


アネモネや 夢二のような 恋をして
                        吉野夏子

以前このブログでも御紹介したことがあります。
でもやっぱり好きだなあ、この歌・・・。
この時コメントを書いてくださっている幾人かは今日もいらしていて、
そのコメントに出てくる人もまた今は一会にきてくださっています。

明日は一年後を想定しての撮影。

一年後の今、何をしているのだろうという思いだけは大きなままで、
みなさま今日もお疲れ様でした。




 はかなくて木にも草にもいはれぬは心の底の思ひなりけり
                                 
                                   香川景樹


まったくのところなにごとも
瞬間風速なのだなー。
などと思う昨今でした。
by ichiecd | 2006-12-13 23:25 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ プリザーブド 青と紫で
a0042928_23302215.jpg

プリザーブドフラワーで作ったブーケ。

最初は、生花のアネモネのような花を御希望でしたので、
プリザーブドになっても、なるべくバラではなくて
スカビオサやトルコキキョウなどで優しい野の花の風情を
再現できるように。
先日のこの会場装花の方のブーケでした。



今日の話です。

メインテーブルを挿すときには
必ず後ろに下がってバランスを見たいので
今、私の後ろに立って作業しないで!とアシスタントさんに要求します。

きつく言ったあと、悪かったかなーと思って

「ごめんね、今ゴルゴ13な気持ちなの」。
とフォローしたつもりなところ、
誰も通じず。

しーん。

「今、仕事で忙しいので邪魔しないでくれませんか?」という
アシスタント皆さんの声が聞こえた気がしました。


いえ私も別に原作を読んだわけではありませんが、
「俺の後ろに立つな(BYゴルゴ13)」というのは、
普遍的な常識の範囲内だと思っていた私が
間違いでしょうか。

結構年季の入った漫画読みですが、
そういったら「意外ー!」という声が多かったので、
この際白状します。


漱石も中也も好きですが
「ハンターハンター」も「動物のお医者さん」も「ガラスの仮面」も
川原泉も全巻あります。

アシスタントNさん、この12月、修羅場モードを頑張ってくれたら
「デスノ」も「ヒカ碁」もまとめて全部、貸しますよー。(にんじんつりさげ中。)
あ、ヒカ碁は今うちの経理担当が「犬夜叉」と一緒に
持ってってるんだった。



方法の違いであって優劣はない、と思うのですが。
しょうもない本もあるし、我を忘れる漫画もあるし、
つまらない絵画もあるし、
人生を変えたCMもあると思います。




      神様の落書として自分を全うしよう

                           海藤抱壺




みなさま、今日もお疲れ様でした。
また明日も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2006-11-30 23:56 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ フランネルフラワー 一会
a0042928_2124947.jpg


フランネルフラワー、という不思議な花。

かわいー!とぽんぽん思わずなでてしまいたくなるような、
そんな花です。
・・・実際、なでていたと思います。


本当に好きな花で自由に作っていいよ、そういわれたら
こんな花になるかなあ、というようなとりあわせ、
一会の名前で作らせてもらうことが嬉しい、そんなブーケでした。



表参道の小さなレストランで、
ご親族だけのあたたかなウエディング。

「ケーキカットもしないので、せめて花だけはいっぱいにしたくて」、
そう言ってくださって、本来は持ち込み不可の会場様に
ぜひ一会の花で、そうかけあってくださって、
その新婦様が相談時にもっていらしたA4の紙には
一会のこれまでのブーケや装花の写真が20点近く、
プリントアウトされていました。

見るだけでじんとするような。


今日の装花とブーケとを
作らせていただけて
こんなに嬉しいことはありません。

本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-11-03 21:47 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ 秋のピンク マダムトキ様のブーケ
a0042928_22422418.jpg


今週、マダムトキ様の新婦様へお届けした、
ナチュラルステムのブーケ。

新婦様のご要望で少し濃いピンクもまぜて・・・ということで、
秋らしく、春のそれとはまた少し違う一段深い色で仕上げています。

当日納品を担当した
アシスタントJから、その夜に届いたメールを、一部抜粋します。
なお転載の許可は、得ておりません。力技。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新婦様は本当におきれいで、ブーケの雰囲気もよく合っていて、
そして終始笑顔でシアワセそうでした。
ブーケのお届け時にしかご新郎ご新婦様とはお話できませんでしたが、
お花の袋詰めの時に、列席されていたご親族の方々とお話しする
機会があり、お花が会場の雰囲気と本当に合っていてすてきだったとの
お褒めのお言葉をいただきました。
更にうれしかったのが、それをおっしゃってくださったのが、女性の方ではなく
男性のご年配の方々で、本当に大絶賛でした!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一会アシスタントの皆様へ
かように「お花へのお褒めの言葉」を
岩橋への私信で頂いた場合には、
一会の喧伝に無断で利用される可能性があります。
あらかじめご承知くださいましたら幸いです。


新婦様も、喜んでくださっているとよいのですが・・・・
本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-22 22:50 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ オレンジという光のバラ  
a0042928_20383060.jpg



ひらひらとしたバラは濃いオレンジが「ルナロッサ」、
一段淡いのが「ソフィア」。
これもバラ?と聞かれそうな中央の大輪、
横から見たミルフィーユみたいなバラは
「ラ・カンパネラ」です。
黄色で挿し色にしたのは「トワリモーネカップ」。
茎のまま、ざっくり束ねて作るブーケをオレンジのグラデで。





なお、一会の年内の、
ウェディングブーケ、会場装花、
またご両親様用ギフトにつきましては
12月末までの新規受注は全て受付終了とさせていただきました。
と、書くことも申し訳ないのですが、・・・申し訳ありません。

どうぞよろしくお願い申し上げます。



たまっているメール関連は今からお返事を書きます!
コメント欄もほったらかしでごめんなさい、
とてもありがたく拝読しています。
by ichiecd | 2006-10-15 23:36 | ブーケ | Comments(2)
クラッチブーケ ココチーノ と11月単発レッスンのお知らせ
a0042928_23231271.jpg


不思議な赤そして白もはいった小さなバラはココチーノ。
なんというか、・・・他のバラにはない、独特の魅力があります。
かわいいバラです。
プリンセスオブウェールズというオフホワイトのバラと
あわせてお作りしました。
二次会用の、こぶりめのブーケです。



・単発プリザーブドレッスンのお知らせ・・・


ずーっと決めかねておりましたが、
先日ある新婦様との打ち合わせの折に話が出て、
11月5日13時より、決定しました。
約2時間です。何を作成されてもかまいません。
ご希望の方は下記をご参照ください。
(なお、すでにお申し込みをご希望されている方は、
ひとまず席を確保させていただいていますので
ご安心ください。もちろん日程としてご無理でしたら
ご無理なさらず!そうおっしゃってくださいね。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講習費は2000円。
花材費はご自身で選んだプリザーブドや資材の実費です。
(だいたい皆様8000円~12000円くらいのものが
多いようです。)

作るものもご自由に決めていただいてかまいません。
花嫁様で、自分でブーケを作る方、
御両親様用のアレンジを作る方、
ご新郎さまのブートニアと髪飾りを作る方、
余興や受付をしてもらうお友達への御礼、
トス用のブーケ、
結婚するお友達のために作るブーケの練習など
本当にさまざま。


自分が作りたいものを、好きなだけ、自由に選んで作る。
一会の×「放任主義」→○「自由主義」の極致のようなレッスンです。

ご参加のご希望は、
お名前とお電話を添えて
info@flowers-ichie.comまで。
皆様のご参加をぜひお待ちしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




11月の単発レッスンは、この日のみです、ごめんなさい。
12月に入ったら、リースの単発レッスンを・・・できるかなあ?
どうでしょうか。
ちょっと無理だろうか。。。やりたいですが・・・
1月にはたぶん、単発レッスンをできると思います。


(なお、一会の定期スクールは、全コースとも現在満席です。
秋になったせいか、お問い合わせが多く埋まってしまいました。
キャンセル待ちまでしていただいていて
申し訳ない次第ですが、なんとかしたいと思っています。
なるべく早く。
気持ちとしては。)



昨日のマッサージのお話、早速、情報をいただいて
びっくりしました!!!ありがとうございました!
うーん、書いてみるもんだなあ。。。(大喜び)

アシスタントNには
「ほんとにそんなシメでいいのか!?
と、思わずPCの前で突っ込んだ」
そう言われた記事でしたが。
結果がモノをいう世の中なのだよキミ。

虎視眈々と、行く機会をもくろんでおります。
本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-11 23:48 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ オードリーとジュリアとグリーン

a0042928_2357356.jpg

シェ松尾青山サロンさまの新婦様のブーケ。
今日、わざわざお礼のお電話を頂戴しました。
オードリーとジュリア、昨日と同じバラの組み合わせですが
違った風に見えるのでしたら、それはやっぱり副材の力です。

ラビュットボワゼの新婦様のブーケ以来、
このナチュラルなグリーンをたくさん重ねてのブーケは
一会の人気スタイルのひとつ、となりました。




今、一会として、たくさんのお仕事をいただくようになり
心底有難いことです。

でも一方で、経営についての自分の力不足を感じることも多く、
むしろもう規模を大きくせずにいたほうがいいのではないか、
という気持ちも少しあります。

「会場装花をお願いしたいので、
一会の花が持ち込める会場を教えて欲しい」
そういうありがたいメールを、時々頂くようになりました。
一会のスタイルや気持ちを、よく了解して依頼してくださる方に絞って、
自分ひとりでほとんどをできるような範囲で、
お受けするようにしたほうがいいのではないか。
そんなえらそうな葛藤もあります。


でも一方で、こうした会場様からのご紹介で、
そこではじめて一会を知ってくださった新婦様が、
最初はそれほどでなかったのに、
お話を進めるうちに一会のサイトやブログを見てくださって、
だんだんこんな感じがいいとか、このブーケが好きとか、
そうして「花のことを考えると楽しいです」、
そんなメールをいただいたりします。

花の仕事をしている身として、
こんなに、嬉しいことはありません。

今は、一会としてできることをただ尽力しようと思います。




・・・昨日、あまりに肩がこってマッサージに行きたかったのですが
いっぱいで予約がとれず、仕方なく別のお店にいったら
アルバイトさんだったようで、今日もずっと肩と腕が痛いです。。。。
白金近辺ではなくとも恵比寿か目黒か麻布あたりで
どこかいいマッサージさんをご存知の方、ぜひ教えてください!

ってこんな締めでいいのかと思いつつ、結構切実なので
思い切って書いてみました。
by ichiecd | 2006-10-10 23:22 | ブーケ | Comments(1)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。