ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:ウェルカムボード ( 43 ) タグの人気記事
新郎新婦様からのメール 2シェアブーケ ラビュットボワゼ様へ 鏡のウェルカムボード
a0042928_2122364.jpg


8月、ラビュットボワゼさまへ、装花をお届けしたの折の、2シェアブーケ。

ふわりと広がる緑の中、
ほんのり淡いベージュのバラをアクセントにしています。

シェアしたブーケは、ご両家のお母様におひとつずつ。

a0042928_2111274.jpg

当日に飾られた、鏡のウェルカムボードと一緒に、
ご主人さまのお母様のお手元に飾ってくださっている様子です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の結婚式では、大変お世話になりました。
ブーケ、ブートニアをはじめヘッドセットも
ウェルカムボードもリングピローも装花も
どれもこれも想像以上にほんとうに素敵で、
とても感動致しました。
お店の雰囲気にとってもマッチしていて、さすがだなぁと思いました。

まわりからの評判も驚くほど高くて
どこのお花屋さんに頼んだのかと、
いろんな方から聞かれたくらいです。

ウェルカムボードは、鏡の持ち主である主人の母が、
こんなに素敵になった!とほんとうに喜んでくれて
今主人の実家のリビングに飾ってあります。
(写真添付しますね。シェアブーケの片方も一緒に飾ってあります)
a0042928_1643497.jpg

リングピローは、樹々に囲まれた丘を見事に表現していただいて、
さすが!というか嬉しいかぎりです。
a0042928_1644076.jpg

ナプキンフラワー(というか木の実)はナプキンだけではなくて
テーブルのあちらこちらにあるリボンのついた木の実が可愛らしくて、
ヘッドセットもお花が素敵なことはもちろん
とてもセットしやすい形とヘアメイクさんに好評でした。

たくさんお褒めの言葉をいただいて、
伝え切れてないですが
また、カメラマンさんの写真ができましたら、
お送りさせて頂きますね。

取り急ぎですが、昨日のお花のお礼まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花嫁様は実は海外在住の方。
この翌日にはその外国へ戻られるというのに
丁寧な言葉で綴られたこんなうれしいメールを
わざわざ送ってくださいましたこと。

ひと手間もふた手間もかけて、頼んでくださって、
お花を担当させていただいて、
そうして喜んでいただけて本当によかったーーー泣。

ブーケを、花を、作らせてくださって
ありがとうございました。

お写真本当に楽しみです!と
雨のふる東京から、手をふっております。


先日、9月13日の八芳園の花嫁様からもお写真が届き、
こちらも記事に追加してご紹介させていただいています!
たくさん記事がたまっており・・・
しかしまだ5月の花嫁様ご紹介に入ったばかり。。。
なんてとろいんだ自分!ここから頑張ります。

秋の花嫁様も、冬の花嫁様も、お問い合わせは
どうぞお気軽あんど、お早目に

悩んでいる方を見ると、
ええいどうか、ワタクシめにそのブーケを作らせてー!
って、いつも言いたい!
けど営業になると言えないんだよねえ。気弱。


では今度こそおつかれさまでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラ・ビュット・ボワゼ様の会場装花


http://ichiecarpe.exblog.jp/7758767/

アロマ
http://ichiecarpe.exblog.jp/6036436/

砂漠の水
http://ichiecarpe.exblog.jp/9696087/


あじさいと朝摘みラベンダー
http://ichiecarpe.exblog.jp/21316334/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-09-16 21:20 | ブーケ | Comments(0)
はじめてでも簡単!welcomeボードの作り方 いろいろ 東京堂さんウェディング展示5
a0042928_16361384.jpg


今回の、東京堂さん7階の展示シリーズは、
「welcomeボードを手作りしたいけどどうしたらいい?という
一般のお客様の要望に応えられるものを」、
というのが、ご要望のひとつでした。

なので花を触るのがまったく初めての人でも
簡単に短時間でできるボードをいろいろ考えてみました。

この一番上のウエルカムボードは

1まず、木の枝を枠のようにおいて、ワイヤーで仮止めし、
ワイヤー丸見えなのはなんなので
麻ひもで巻きます。

枝はいろいろな太さ長さのものがあるので、
作りたい大きさで。

2次に文字にモスをグルーガンで貼っていきます。
はみ出たモスはカット。

3テグスでつりさげ。完成。

今回時間がなくて、
文字は300均一のものを使ってしまいましたが
東京堂さんにももちろんあります。
白なので、より応用がきくかもしれませんね。


a0042928_16352866.jpg

ふたつめは、コモドフレームという
小さ目のフレームを4つ使ったウエルカムボードです。

グルーガンでモスを貼って、
オレンジを貼る。
以上。

a0042928_16354076.jpg


結婚式後ウエルカムボードは4つにシェア!
受付の御礼に差し上げても、ご自宅に飾っても。

文字部分はこれも東京堂に売っている
レタリングシールで、終わったらはがせます。
うーん。便利。
日付などは黒マジックで
それらしく書き足すこともできるそうです。

a0042928_16362818.jpg


同じレタリングシールには金色バージョンもあり、
こっちはガラス器に貼ってみました。

今回はLEDキャンドルに葉を巻いてみましたが、
お手持ちのキャンドルとお手持ちのグラスでもいけると思います。


a0042928_16364543.jpg


最後は黒板イーゼル。
こういうのまで東京堂にあるって知らなかった・・・

文字を書くのが好きな方は、
黒板も周りの花もいっぺんに調達できてよさそうです。

東京堂ウエディングシリーズはこちら


一会は20日まで臨時休業をいただいています。
というこの記事は、
あと5時間でひこーき、という状況で
せっせとPCを叩いております。
まにあうのか自分。

「休みたかったらその前後は倍働け」(旅のルール第8条)


なお各資材についてのお問い合わせは
直接東京堂さんまでお願いします




一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-08-17 19:33 | 会場装花 | Comments(0)
秋の装花 FEU様へ 淡い色の草花で、お任せで
a0042928_19112193.jpg


東京乃木坂、レストランFEU様への装花。

a0042928_19115972.jpg


自分が駆け出しのころ、
ある懇意の司会者さんと電話で話していて

a0042928_19123389.jpg


「乃木坂にあるフウっていうフランスレストラン、
とっても素敵なところで、窓から緑も見えてね、
持ち込みも寛容で、
レストランウェディングの先駆けみたいなお店よ、
岩橋さん知らないの?」

a0042928_1910313.jpg


と尋ねられて、
赤面したことを、
いつも、今も思い出します。

a0042928_19125928.jpg


やはりとても素敵でした。

久しぶりにお伺いしたその空間は


a0042928_19132211.jpg

こんな鏡ごしの
ドヤ顔な写真を撮りたくなってしまう・・・。

a0042928_1913359.jpg


ちなみに私見ながら、
「東京都下で最も取り付けの難しいウェルカムボード」装花です。
ワイヤーもテープもきかないのよねえ。

取り付けたお花がよく落下してしまうらしいのですが、
「花屋さんはどこ?あ、一会さんなら大丈夫」と
レストラン様側が、お二人に
おっしゃってくださったのだそうです。


a0042928_1914066.jpg


撤収に行ったアシスタントさんが
送ってくれた写真。

花嫁さんはとてもとても喜んで
あふれるほどの笑顔で、
お礼をおっしゃってくださったそうです。

予算と装花との兼ね合いを考えて、
ひとつひとつ真剣に検討なさっていたお二人との
お打合せのことを思い出します。

でも最後には、結局全部頼んでくださいました。
嬉しかったなあ。
そんなお二人に選ばれたこと、
喜んでくださってよろしくと伝えてくださったということは
今日また、胸につける小さな勲章です。

お仕事をさせていただいて
本当にありがとうございました。


ではみなさま、今日もおつかれさまでした。



そのFEUさんで、自分が最初に装花をさせていただいた花嫁さん
からのお写真も
一緒にご紹介してよいでしょうか。

この時のおばあちゃまが杖にお花をつけて電車の中で
笑顔になってくださっている写真は、
今も変わらず自分の原点で、
また目指すところのひとつです。

いつか、一会がなくなっても、
私が花を作れなくなっても、
自分はきっとこの一枚を死ぬまで覚えているだろう、
という、写真です。

こういう花を作りたい、
て思っております。

たった一日の花、
けれども一生記憶に残る花を。


ではおつかれさまでした。




一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-10-12 19:34 | 会場装花 | Comments(0)
夏の装花 蘭と旬の花で シェ松尾青山サロンさまへ
a0042928_913178.jpg

ウエルカムボードは、クマヤナギというつると胡蝶蘭です。

a0042928_2148215.jpg

蘭を使って、でもナチュラルに。

a0042928_214447100.jpg


エントランスに飾ったのは
今が旬のミナヅキアジサイ。
(ちなみに左の黒ヒョウ、男の子の帽子については
facebookでコネタ紹介中です)

a0042928_2143228.jpg

メモリアルテーブルに持ち込まれたアイテムも
お二人の暖かな人柄がにじんでいて

a0042928_2144414.jpg

写真にはひとつずつ手書きのメッセージが
書き込まれていました。


a0042928_21463713.jpg


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-08-03 21:53 | 会場装花 | Comments(0)
初夏の装花 ユリの門柱 シェ松尾松濤レストラン様へ
a0042928_19343235.jpg

白のユリと、淡いピンクの小さなユリ、
香りでお客様を迎える門柱の装花。
a0042928_19345868.jpg

シェ松尾松濤レストラン様、
a0042928_1935874.jpg

しっとりした風情も素敵です。
a0042928_19353075.jpg



ウエルカムボードにはお二人の似顔絵がありました。



a0042928_19354523.jpg



a0042928_1936248.jpg
光差し込む階段も変わらずの空気感にうっとりしながら
写真を撮っております。



a0042928_19362231.jpg


出番待ちのテーブル装花。
これから並ぶところです。



a0042928_19363962.jpg

おまけの一枚の謎は
一会facebookにて本人が解説しております。
「100を達成したとたんおまえらは!」、と、
ののしられそなほど停滞しておりました一会facebookの復活なるか?
・・・なるといいんだけど。(希望的観測。いや楽観的希望と言うべき)


撤収に行ってくれたアシスタントシルキーちゃんも
奥沢マダムさんもありがとう。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-05-12 19:43 | 会場装花 | Comments(0)
ウエルカムボードと受付の花 グミとシュナーベル 杉並会館様へ
a0042928_2129759.jpg

今日、荻窪にある杉並会館様へお届けした装花です。

花嫁様は、目がくるりんと愛らしくて印象的な方。
一会の単発レッスンにいらして、素敵な贈呈用のプリザーブドギフトと
リングピローを手作りしていかれました。
そのときの色使いもこのウエルカムボードのデザインも
ただものではない、という気配だったのですけれども
今日、納品最中に流れたプロフィールビデオを小耳にはさんで
納得という経歴の方でした。


私が、納品時間途中からしかうかがえなかったので、
ウエルカムボードは、
アシスタントみずいろさんに制作取り付けしてもらいました。
まったくの未経験から1年、
一会のレッスンに通いながら一生懸命勉強しての
上達っぷりに手前味噌ながら拍手拍手。
真摯さは、どんな経験値より尊いと思います。

a0042928_21301792.jpg


おまけで受付の花。
会場内の花はまたのちほど。
RAW画像で撮ったら加工が必要で
その日載せるブログにはとても作業が追い付かない。
くう。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-04-27 21:39 | 会場装花 | Comments(0)
シェ松尾松濤レストラン様の装花 コットンとユーカリ 冬の暖かな花
a0042928_164538.jpg

白木のウエルカムボードのまわりを取り囲むように
ユーカリのシルバーとコットンの白い綿。

a0042928_16451390.jpg

冬だけど、暖かな感じの花で。
そう伺ってご提案したエントランス装花の組み合わせ。
しかし早朝7時台から作業をはじめるにあたっては
コートと手袋がないと手が進みません。
さむさむ!とつぶやきながら

a0042928_16451874.jpg

何度も後ろに下がって全体を確認していると、

わんこの散歩中のご近所の方が立ち止って
「その花は何?ていうか花?
え?これが綿花?これから綿をつむぐの?
わー、はじめて見た!」

ちなみに、風船唐綿とはまたちょっと別の花です。

a0042928_16452987.jpg

ブーケとブートニアの交換の儀式に選ばれた花は
一重のバラ。
なので、祭壇装花もお揃いで。

a0042928_16453847.jpg


ゲストテーブルにはフランネルフラワー。
相変わらず、差し込む光の美しい松濤レストランさんで

a0042928_1646128.jpg


カメラ小僧スイッチON。
なんかばしゃばしゃと撮っております。
大半はぼけるんですが。


撤収に伺ったアシスタントさんが
お二人からと、お土産をいただいて帰ってきました。

a0042928_16455367.jpg

TORAYA のスイーツ、サンタ付。
裏をめくると

a0042928_1646131.jpg



・・・・・!




では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-12-09 19:40 | 会場装花 | Comments(0)
シェ松尾松濤レストラン様の装花 冬と春
a0042928_18164085.jpg

平日、ご家族だけのウエディングでした。
a0042928_1816503.jpg

階段にはつるをからませて

a0042928_1817694.jpg

外はもうすっかり冬の寒さ、でも室内は暖かくなるように優しい色で。

a0042928_18171488.jpg

ブーケはユリだったので、
a0042928_18172142.jpg

門柱とウエルカムボードはピンクのユリで、


a0042928_18172866.jpg

祭壇の花はブーケとお揃いのカサブランカです。

a0042928_18173690.jpg


新郎新婦様をいれて、10名だけのご結婚式でした。




では皆様今日もお疲れ様でした。



昨日のブログ、非公開で書いていたままアップしてしまいまして
大変失礼しました。心優しい方の指摘で今朝ほど訂正しました。

このブログ、書きかけでうっかりキーを触ってしまって
全文をふっとばすことが年に数回あります。
そのときの脱力ったらもう、
聞いてくださいよおくさん!いえお嬢さん!
予防策でたまに非公開で書いて一気にアップするんですけれど
時々それも裏目にでます。
じっと手を見る。

ではみなさま今日もお疲れ様でした。(二回目)
by ichiecd | 2012-12-03 21:08 | 会場装花 | Comments(0)
ウエルカムリース 秋の緑 青い石を積む 明治記念館様へ
a0042928_17285148.jpg


ブーケとお揃いのウェルカムリース。
明治記念館様へお届けしました。

いろんな緑を少しずつたくさん重ねたスタイルは
自分の好きなデザインでこれまでもいくつか作りましたが、
秋のころ、青く光る半貴石みたいな
野ブドウの実をアクセントに。

数年前に一会のブーケを持ってくださった方からの
ご紹介でした。

あっというまに月日はすぎて
11月、毎年、この時期は
一年の速さにびっくりする時期になりました。

a0042928_17291472.jpg

そんな朝に
花の先輩の、けいこさんから届いたフィナンシェ。
フィナンシェ一つ分を
東北支援に寄付する詰め合わせなのだそうです。


お礼のメールには先ほど返事がきて

 季節の変わり目には、
 がむしゃらだった時が懐かしくなるんですよ。ハハハ。

と笑って返されました。


「けいこさん」は、私が学生のころ、
花の仕事をアルバイトではじめたときの先輩です。


あれからむしろ数えたくないくらいたくさんの月日がたってなお、
今も変わらず、見守って、励ましてくれる人です。

いつもいつもこの方に受けた御恩を、
ほんとに返せるの?と思うそばから
いや返せないだろ、と
秋の夜にひとりボケ突込み。


自分にできるのは、
毎日自分のできなさ加減にやさぐれても落ち込んでも
腐らず、諦めず、毎日、石を積みあげること。

今日という一日をひとつ積み上げては
それが今の対価と受け入れて、
感謝して受け取ること。


 あの人は自分の倍の石を積んでる、
 この人は金色の石を積んでる、
とかとか、つい思いそうになるところをこらえて、
とりあえず手元にまだ石があることにも、
その石を持ち上げるだけの腕の力が自分に残っていることにも
ともに謝して、
今日の石を自分で積んで、
今日は、これでよし。

 蕗(ふき)の薹(とう) 見つけしこれで 今日はよし

                          細見綾子
 
んだんだ。


応援していますよ、と書いてくださるけいこさんに
自分ができるたったひとつのこと、

あの頃けいこさんが教えてくれたことを
ときどき思い出しながら、
毎日、真面目に、石を積むこと。



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-11-11 20:27 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール ウエルカムボード装花 ウィンブルドンのテーマカラーで2 如水会館様へ
a0042928_8174775.jpg


からませた小さなスイカみたいな実は、スズメウリといいます。

前回、会場装花の記事の時に一緒に載せたかったのですが
どうトリミングしてもお顔が入ってしまうし、その時点では
お顔の掲載許可をいただいていなかったので、
断念していたのでした。

先日の、如水会館の新婦様からあらためて許可をいただいて、
またたくさんいただいた嬉しいお言葉もあわせてご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日、無事に挙式、披露宴が終わりました。
改めて素晴らしい装花、ブーケを届けて頂き、
本当にありがとうございました!

会場装花の素晴らしさ、想像以上でした。
自分でオーダーしておきながら
紫・緑・黄色がうまく調和するだろうか・・と不安もあったのですが、
一会さんにおまかせして本当に良かったです。

ゲストテーブルがまるでウィンブルドンのテニスコートのようで、
たくさんのお花で彩られていて。
披露宴中も何度も何度もテニスを強調した(笑)流れでしたので、
装花がその雰囲気をさらに盛り上げてくれて
とてもうれしかったです!

できることなら会場を心ゆくまで一人で眺めたかった…!(よくばり)
お花もすべてゲストに持ち帰っていただくことができ、皆喜んでくれました。

とりわけ心に残ったのが、ウェルカムボードです。
あんなに綺麗にして頂けるなんて…!
本当に素晴らしかった!言葉にならなかったです。
主人は「あのスイカみたいなのは何なの?」と
こどものように興味津津でした(笑)

また、和装のヘッドドレスがとても好評でした。
メイクの方も「こんなに美しい鮮やかなダリアは見た事がない」と
何度も感心されており、
友人たちも綺麗だ、見事だと繰り返し言ってくれました。
私の理想通り、凛とした和装花嫁になれたと思い、
心から嬉しく思います。

ブーケも、両親贈呈花も、淡いニュアンスの優しい色合いで、
気を張っていた宴中の心を和ませてくれました。
dapandaさんに、皇居をバックにした
ブーケとの写真を撮っていただいたので、
出来上がりが本当に楽しみです。

ゲストも、家族も、わたしたちも、
本当に楽しくあたたかい式、宴になりました。
式のつぼみのお花。美しく青く、自分でお願いしたのに、
お花を見て気持ちが新たになりました。
一日たち、百合たちは少しずつ開いてきていますが、
この先人生の長い道のりを主人とともに歩み、
大輪の花を咲かせていこうと思います。

人生の第二のスタートを、
素晴らしい花々で彩って下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。
末筆ながら一会様のますますのご繁栄と、
ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



こんなに喜んでくださって、
もうほんと、泣きそうです。

ありがとうございました。


・・・なんて書いたらいいんだろうと考えてたら
手がとまってしまうので、
もうあとは余白だけで。




では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-10-25 20:23 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。