ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
タグ:その他のギフト ( 14 ) タグの人気記事
草花の花束
a0042928_1004053.jpg



ひとやすみ中です。。。
by ichiecd | 2009-11-27 23:59 | ギフト | Comments(0)
2007 一会 母の日ギフト お客様からのメール
一会の母の日は、生花もプリザも一枚も写真が
撮れずじまいで終わってしまいました。
もとよりそんなにたくさんを御用意できたわけではなく
でも本当に少しだけですが、皆様に花という形でできた
気持ちを届けられたことに、感謝します。
ありがとうございました。

たくさんのメールをいただき、一部許可をいただけた方の
文章を転載させていただきます。
今日も長くなってしまうので、折りたたむことにしました。

ここから
by ichiecd | 2007-05-31 22:38 | ギフト | Comments(0)
秋のギフト ご結婚祝い
a0042928_472154.jpg


しばらくウェディングブーケや会場の装花など、
ブライダルモードの写真が続きそうなので、
ギフトの写真を一枚。

一会では、一般の方の個人ギフトはまだおうけできる体制ではないのですが、
それは店舗ではなく、事務所で少量を受注生産しているため、
色の指定や花の指定をうけにくいためです。
自動的に、おまかせスタイルのみになります。

写真は大阪までお送りした、ご結婚祝いのアレンジメント。



・・・にしても我ながら単調な記事タイトルです。

昨日も、このタイトル欄を、ぼーっと記入していて
翌朝、見直したら、

 「シェアできるブーケ 7シェアできました」。

なぜそんな「甘栗むいちゃいました」的なノリになったのか、
自分でもよくわかりません。
とりあえず書き直しました。
by ichiecd | 2006-10-13 23:34 | ギフト | Comments(2)
衝撃写真  ゆりかごの花 番外編

今日は一会夏季集中レッスン最終日。
本日の2レッスン目のゲストテーブル装花は、
ゆりかごの装花のゲストテーブル。
こちらも、いずれ写真をご紹介しますね。
今日のタイトルはその装花のお話とはまったく関係がないのですが・・・

現在一会での、最遠方の会場装花のコーディネイト事例は、
神戸
その折の新婦様が男の子をご出産という嬉しいニュースと一緒に、
お母様よりお祝いにと、お花のご依頼がありました。

(なお一会では、一般のギフトは承っておりませんが
過去ブライダルの花をご注文くださったかたからのオーダーは
お受けさせていただいています。)

もともと新婦様もお母様も、お花は大好きなご家族、
退院するまでの2週間、病室にずっとお花があるように、
2度、届けてほしいとのこと。

その後退院なさった新婦様が、
わざわざ赤ちゃんとお花のお写真を
送ってくださり、許可を得て掲載します。

a0042928_23422441.jpg


・・・きゃーかわいいですね!


a0042928_23384494.jpg


これはその前の週、一回目にお届けしたお花の横ですやすや。
上の写真の二つ目の花は、男の子ということで
元気でナチュラルなイメージで。
こちらの最初の花は、
「おめでとうございます」という気持ちで、優しい色みで作ったのでした。

一緒に撮ってくださったんだなあとしみじみ眺めてまためくると、
次の写真に小さな付箋がはってあります。
赤ちゃんのゆりかごに矢印がひっぱってあって、
「むむ、このカゴは・・・!」

a0042928_23425412.jpg


・・・こっ
このカゴはっ!

ひとつめのアレンジに使っていた白のアイアンのバスケット。

すっぽり、なんですね。

すやすや、なんですねー・・・。

仰天でした。


 Hくん おめでとうございます。
 ようこそ、この世界(&ゆりかご)へ。



・・・にしても気づけば土曜から納品のあいまをぬって
4日連続レッスン。

暑い最中の4日間、
この秋ご結婚後予定の新婦様、
ブログを見て申し込んでくださったOLさん、
花を触るのははじめてという方から
花屋さん、花屋さんお勤めの方、フリーランスの方などなど、
たくさんの方の花を実際に見ることができ、
いろんなお話ができて、楽しく濃密な時間でした。

またおってご紹介したいと思っています。

ひとまず、みなさま忙しい中、遠い白金までレッスンにきてくださって、
本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-08-30 00:07 | ギフト | Comments(3)
伝える  セルリアのアレンジ
a0042928_0341786.jpg


カテゴリは悩んだ末に「そのほかのお仕事 花を贈る」に
いれてしまいましたが
厳密にはお仕事ではなく私自身の個人的なギフトでした。


なんだか最近立て続けにいろいろあって、
ずっと遠くから見ていても
すこし、大変そうだったので
カードもつけずに花を送り付けてしまいました。



 文もなく 口上もなし 粽五把

  ふみもなくこうじょうもなしちまきごは   服部嵐雪


解説には、端午の節句に友人からちまきを贈られた時の句とあります。

 手紙も口上もなく、無造作にちまき五把だけが届いたのだ。
 後代の蕪村にも似通った句がある。
 「鮎くれてよらで過ぎ行く夜半の門 蕪村」

 (「新折々の歌2」大岡信著 岩波書店1995年)


花だけを贈ってしまうときにはいつもこの句を思い出します。
言葉ではない何かが、伝わるといいなと思う時に
言葉を添えることは、難しく、
ある種、言い訳のようにあるいは呪文のように
この句を反芻しつつ梱包しています。

言葉では伝えられないことを伝えられるといいなと
思うのは、でも過剰な期待かもしれません。


いつも時間がたりない。
この春からのピークにくらべれば
今はぜんぜんましなスケジュールなのに
なかなか仕事ははかどらなくて
ちゃんとゆっくり書きたいメールもただそのまま
毎日があっというまに過ぎていきます。

そんななかで、一瞬流れに棹をさして
出来る範囲ででも、伝えたいことが伝わるように。

そんな花の贈り物でした。

昨日のラマージュさんの続きも
もう少し書きたいと思います。

でも今日はこれまで。
みなさまお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-08-02 23:33 | ギフト | Comments(6)
人を優しくする花を
a0042928_0362162.jpg


落ち込んでいるお友達を元気づけるために
というオーダーで作った、アレンジメント。

元気が出るように。
ほっと、和むように。

ありがとう、とか
がんばってね、とか

あるいは言葉にはならないまま
気持ちはそばにいることを伝えるだけとか、

そういう感情の受け渡しの中間地点に
自分がいて、
自分の手を介して、
誰かから誰かへの気持ちを
リレーのように伝えられる、それが嬉しいです。

花屋になりたてのころ、もうずーっと以前のこと、
たまたま職場の先輩にそんな話をしたところ
「そういう気持ちで仕事するんだったら、
ずっと花屋でいられるかもしれないね、
長続きするかもしれないね」
とちょっとびっくりされたことを思い出しました。
by ichiecd | 2006-07-13 01:16 | ギフト | Comments(2)
ギフト ファレノ「マリンサンセット」
a0042928_22193229.jpg


ギフト続きでもうひとつ。
有名な役者の方の楽屋へ、蘭の鉢のお届けでした。
オレンジとも茶色ともつかぬ不思議なリップ(この部分をこう呼びます)
を持つコチョウラン、「マリンサンセット」という品種。

九州、湯布院近くの日田という小さな村、
そこで一目ぼれして飛行機でお持ち帰りしてきた
手漉きの和紙を、鉢カバー代わりにしました。
でもリボンはフランス製で、透ける素材を2重にして。
カードはプリントアウトですけど、イギリスの
よいカードを使って印刷しています。
このアンバランスな感じもいいかなーなどとこっそり思いつつ、
しかし、気に入っていただけなかったら意味がないので、
お客様からの反応を待つ数時間~数日は、
いつもながらにスリリングです。


翌日に、ご注文主の方からいただいた長い御礼のメール。
花が気に入ったこと、ラッピングもよかったこと、カードまで
ちゃんと気づいて褒めてくださって、
その末文に、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お金を儲けたいお花屋さんと、
綺麗なお花を作りたいお花屋さんと、
相手の気持ちを想うお花屋さん。
世の中の人はみんな最後のお花屋さんに
出会いたいんだと思います。有難うございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という一文に、思わず、うっと胸が詰まり、
今日のブログ記事にしてしまいました。


ちなみにもうひとつ、
昨日のギフトの記事にアシスタントのキヨハラさんから
メールが来まして

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もう!コンニャロ!! セルリアめ!!
かわいいったらありゃしないぞ!!

って感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですか。
それはよかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それにしても、私ってスゴイバカ。
栗使ってるの!!??? 隠れアイテムに栗を使うとは!
それにしてもどこに栗が隠れてるんだ?と
近づいて写真見てみたけど、見当たらない・・・
って思ってたら、粟だった・・・。 

それにしても、もうヒマワリの時期ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういう場合、講師としてまた上司としてどう返事をしろと?

最後の強引な話題転換にもしびれました。


なお、「キヨハラ」さんはコードネームです。
ひとえにあの清原選手の押しの強さに感じが似てることから
きています。
アシヤマ(ちなみにこれもコードネームです)いわく
「どうやったらあんな強いキャラになるんでしょうか」。
しみじみつぶやきたくなるその気持ちはわからないでもない。

リボンを選べばすぐゴールドとか紫とか持ってくるし、
なんでそんなに派手な色を選ぶのだ。
一会の床が汚いと一人でさっさか掃除しちゃうし、
私の予算超過には鋭くチェックが入るし、
一会の「影の番長」はこの人です・・・。

でもそんな清原番長の話をしたところ
ある新婦様には「そんな楽しい話を聞くと
一会さんにお伺いするのがますます楽しみです」と
うけたので、これも一興かとご紹介してみます。

夏、ヒマになるころには一会のアシスタント紹介でもしましょうか。。。
by ichiecd | 2006-07-07 22:43 | ギフト | Comments(0)
ギフト 季節の花の詰め合わせ
a0042928_233986.jpg


事務所のご移転の御祝。

とってのついた存在感のあるアイアンバスケット、
以前雪うさぎのギフトにも使ったことがあります。
(念のため、「雪うさぎ」は一会が勝手につけた
バラのあだ名です。ほんとは「トワカップ」といいます。)



赤い実はビバーナムのコンパクタ、
スモークツリーと粟を埋めに使いつつ
2色のひまわり、それにいい色のバラをあれこれ。
ロマンティックキュリオッサ、ハロウィン、ミスティックとベンデラ。

季節の花の詰め合わせ、・・・AJINOMOTO、
とか続けたくなるフレーズながら
好きな花をてんこもりでつかえて楽しい製作でした。
お届けしたスタッフがいうには、こちょうらんだのなんだの
山ほどお花が届いていたそうで、
ちょっと地味だったかな、大丈夫かなあと心配していたところ、
さっそくお届け先から送り主さまへ、
大喜びのお電話があったそうで、よかったよかった。


a0042928_23391481.jpg


セルリア
かわいい。

このなんとゆーか怪獣っぽいかわいさときたら、そりゃもう。
好っきやねんと呟きたくなる、というと
アシスタントさん
「か、怪獣?っぽい?のが、かわいいんですか?」

・・・いいんです。
共感されないのは慣れてるもん・・・
by ichiecd | 2006-07-06 23:58 | ギフト | Comments(4)
雪うさぎを贈る
a0042928_22341467.jpg


このブログであまりにトワカップというバラについて騒いでいたところ
ある方からギフトのご注文が。
花屋冥利につきるとはこのことかと・・・


以下、お届けしましたら御礼のメールが届き、
許可を得て転載させていただきました。
ほんとうに本当に、ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝、興奮気味に歓喜の電話をもらいました。

昨日アレンジの画像を拝見して、
私も「ひえええええ。かわいい!!!」と興奮しましたが、
彼女は自分でもアレンジを習ったり、家中から外までお花で囲まれている
暮らしをしているほどのお花大好きな人なのですので、
私のそれとはまったく比にならず、、
「これはすごいって、一目で思ったよ。
すごくいいお花でしょう?高かったでしょう?
ステキすぎて私なんかにはもったいない…」などなど、
ここには書ききれないほどの賛辞を。

トワカップ自体、初めて見たようでそれはそれは喜んでいました。

ほんと、思い切って先生にメールして頼んでよかったです。
その喜びの声を聞いたら私も興奮してしまいました(笑)。

本当に本当にありがとうございました。

あのアレンジ自体が私の好みにドンピシャで
また何か機会があれば先生にお願いしたいなぁと思いました。

しつこいようですが、本当にありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0042928_22342680.jpg



ブーケの写真でもないのに2枚も載せなくてもと、葛藤しつつ、
でもなんというか、やはりこのトワカップって別格です、私の中で。
今までのオールドローズ系がすっごく安く思えるくらいに
いいお値段ではあるのですけれど、
でもしみじみと写真を見て、またかわいいと思ってしまいます。

なお一会の場合、現在ウエディングがメインで
個人のギフトはご紹介の方、
もしくは一会で過去ブライダルの花を頼んでくださった
方のみにさせていただいております。
わー高飛車で本当に申し訳ありません。
ひとつずつ仕入れから私が見て作りますので
たくさんはなかなか・・・

でも、母の日は、一応数量限定(ナマイキに)ですが、ぜひに。
4月に入り、お問い合わせがそろそろ増えつつあるのですが、
この母の日のギフトについては、近日中に
こちらのブログおよびHPでご案内します。
もしよろしければ、みなさまどうぞご検討ください。

豊富なラインナップではけしてないですし、
生花は基本的に一会におまかせスタイルですが(ほんとナマイキな)
生花とプリザーブドと両方ご用意できればと思います。
またプリザーブドの単発レッスンも行います。
by ichiecd | 2006-04-04 22:44 | ギフト | Comments(5)
お見舞 春の花
a0042928_104763.jpg


先日作りました、お見舞いの花。

個室で、たくさんの花が届けられている方へのお花でしたので
どうあしらうか迷いましたが、
春の枝と花をいっぱいに挿してお届けしました。
どんなに有名な方でもえらい方でも、
病室の中では、優しい花や懐かしい花を見たいのでは・・・
などといろいろ思いをめぐらせました。


お見舞いの花なら
「元気になってくださいね」という気持ち。
「本当におめでとう」とか、
「いつもありがとう」とか、
「ずっと元気でいてね」とか。
人が誰かに花を送る時に込められる思いは
さまざまで、でもどれも
言葉では言い切れないことを、
花を贈るということで代弁する。
その時、その中間に、自分が立っているということが
嬉しいし、有難いことだと思います。
自分の手を介して
誰かの思いを伝えていけるという仕事は
そんなにはないこと、という気がします。

先日も、誰かと話していて驚かれましたが
私は自分のために花を飾ろうとは
あまり思わないのです。
仮にここで宝くじにあたるとかで(笑)
これからずっと、毎日、好きなだけ、好きな花を買って
自分の部屋に飾れるような身分になったとしても
それではきっとすごくつまらないだろうと思うのです。

花の仕事は、時給850円などざらで、
たちっぱなしで、指はぼろぼろで、
朝早かったり、寒い中暖房もなかったり、
ちゃんと座ってごはんを食べる暇も、
忙しければトイレにさえ行く暇もなかったり、
本当に過酷な職業のひとつです。
それを補うほどの何かがなければ、とても長く
続けていくのは難しいような仕事です。
でも、それを補ってあまりある代償があるから、
目指す人は絶えないのでしょう。
そして私もまたその一人なのだと思います。



一生を 田舎教師や 豆の花   
                     岡田如水
by ichiecd | 2006-01-11 23:29 | ギフト | Comments(2)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。