ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
リリメリア、そして春の白と緑の装花
a0042928_2211458.jpg


以前一度掲載しましたセントクリストファーガーデンの
新婦様
より、長く、丁寧なお手紙を頂戴しましたので
許可を得てこちらに転載させていただきます。

添えられていたさくら茶。
丁寧な手書きの文字。
つづられるたくさんの言葉。
お手紙を開封した時にいたアシスタントさんは
「なんだかもうその便箋を見ただけでそれだけでもう・・・」と
言うのですが、確かに、ほんとうに、読む前に見ただけでも


a0042928_2253276.jpg


思わずもう、手をあわせたくなるような気持ちでした。
すでに何度も書いていますが、
一会にとっては、これがなによりの、最大の、
かけがえのない報酬です。
なによりもありがたい勲章だと思います。
本当に、何度言葉をつくしても足りませんが、
ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
過日、会場装花&ブーケでは大変お世話になり、
まことにありがとうございました。

一目惚れしたリリメリア。
当日手にした実物は、写真とはひかくにならないほど、とっても素敵でした。
「まさに、これ!!」 私にとっての一期一会です。
ピンクという色合い、中央に散らしたネリネ&ヒヤシンスが
優しくかわいらしい雰囲気ではあるけれど、
基礎となるメリア部分はユリなので、シャープですっきりしていますよね。
このリリメリア、私がそうありたい、と思う女性像にぴったりなのです。
”優しくかわいらしい印象だけど、芯は強い。
逆に言えば、しっかり自立しているけれどかわいらしい部分も
もっていたい”だから、どうしても、このリリメリアがよかったのだと思います。

パーティ後、私を一番近くで知る妹から
「(リリメリアを持って入場した私を見て)これがやりたかったんだね。
お姉さんらしい。すごくよかった。髪飾りもとってもかわいい!」
と言葉をもらいました。
希望をかなえていただいて本当に幸せに思います。

また、控え室にいた女性陣(プランナーさん、メイクさん、司会者さん)は
全員、瞳がハート型になって、それはそれは絶賛の嵐。
司会者さんもご自身の挙式にはローズメリアをお持ちになったとのことですが、
リリメリアを見るのは初めてで、すごく感激し、
喜んでいらっしゃいました。カメラマンさん(男性)は
メリアブーケ自体を見るのが初めてで、
”すごい!かわいい!すごい!”を連発して、
何枚も何枚も写真を撮ってくださいました。

会場内のお花は、会場のアンティークな雰囲気を引き立てるように
シンプルで洗練されていて、その中にリリメリアが一点。
花嫁だけに許された色という感じで、よりいっそう、特別な気持ちになりました。
後にブログを拝見し、どんな気持ちで岩橋さんが
デザインしてくださったかを知ることができ、
感謝の気持ちでいっぱいです。

お花はすべてゲストの方にお持ち帰りいただきました。
急な申し出にもかかわらず、迅速に対応してくださった
スタッフの方々、ありがとうございました。
リリメリアは当日まで手元に残すかどうか悩みましたが、
ピンクが好きなお友達の元へ。私は十分すぎるくらい幸せいっぱいに
してもらえたので、次はお友達にパワーを与えてくれると思います。

岩橋さんや一会スタッフの皆さんをはじめ
多くの方にお手伝いいただき、当日は和やかに、
とっても楽しく過ごすことができました。
ただ、本当にあっという間に時間が過ぎて、
気がつけば一つ一つの装花をじっくり見る時間がなかったことが
少し心残りな気がします。

岩橋さんの新作を見ると、次から次へと浮気心が出てきて大変です(笑)。
この話をだんな様にしたら、「うちでパーティ開いてお花頼めば?」というのです。
パーティとまではいきませんが、記念日やらちょっとしたお祝いには、
岩橋さんのお花をおねだりしちゃおうかな~と目論んでいます。
その際にはどうぞよろしくお願いいたします。

これからブライダルシーズン本番で
大変お忙しくなることと思いますが、お身体どうぞご自愛くださいませ。
そして、岩橋さんの素敵なブーケ・装花で
一人でも多くの花嫁さんを輝かせてくださいね。

本当にどうもありがとうございました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらこそこんなお仕事をさせていただいて、
本当に、ありがとうございました。

このとき、ご希望くださったリリメリア
その作業風景も一枚添えてみます。

a0042928_22132937.jpg


実際に使用したのは、左下にあるトレイの中の花弁。
でも残りもこれだけ用意しての作業でした。
その日たった一輪のユリのメリア、そのためにたくさんの花が
側面で支えてくれています。
こんなに新婦様に喜んでいただけて、
ユリとしても、予備にまわってくれたユリとしても、
きっと嬉しいに違いないです!
(出た、花と話す手相を持つデザイナー。 ←メルヘンですね。)


ちなみに、昨日おとといの一会のブーケコースのレッスンは、
このリリメリアとローズメリアでした。
このレポートも、いずれご報告します!


それから、昨日の記事で発表した
25日の単発プリザーブドレッスンですが
ほっと安心したことに、さっそくお申し込みがありましたので、
もしかしたら昼も開講するかも。
昼の場合、13時からです。
ご参加希望の方、いらっしゃいましたら
どうぞご相談ください。


その一方で、最近ちっとも生花ブーケの
単発レッスンをしてないなあ・・・というもやもやした気持ちもあり。
できれば6月くらいに一度やりたいと思います。
そしてまた、この夏に、ブライダルの花の仕事を目指す方向けに、
短期集中講座を開こうかと検討中です。
もし、ご検討くださる方がいらしたら、
どうぞご相談ください。
せっかくですので、その意見をとりいれての構成にしたいと思います。
# by ichiecd | 2006-04-13 22:09 | 会場装花 | Comments(0)
単発レッスンのお知らせとスリムキャスブーケ

とりいそぎ、昨日の補足です。

4月25日単発プリザーブドレッスンのお知らせ

母の日のギフトを手作りしよう!企画、
プリザーブドで作るアレンジメントの単発レッスンを行います。

4月25日火曜日、19時~2時間程度、
講習料込みで7350円です。
内容はアレンジメントを予定していますが、
ご相談に応じます。
ブーケを作りたい方、新婦さまご自身で
贈呈用のアレンジを作りたい方、などなど
事前にご相談いただければ、なるべくご希望にそうようにします。
(その場合花材費は実費+講習料2100円です)

まったくの初心者でももちろん大丈夫です。
お申し込みは、info@flowers-ichie.comまで、
タイトルを「25日レッスン希望」として
携帯のお電話を添えてメールください。


・・・なんてざっくりした募集でしょうか。
こんな白金の僻地まで来ていただくというのに、
何か特典がないか、書きながら考えたのですが、
うーん。思いつかない。
たとえば、製作なさったアレンジを一会でお預かりして
母の日間近に発送というのは、もちろんOKです。

あとは、『花時間』さんの撮影で
カトレアやイングリッシュローズなどの最先端の
プリザーブドを使わせていただいたので、
その新登場の花々、
まだほとんど市場に出回ってないような
プリザーブドも見られます!
(ってそんな特典かい!?という感じでしょうか。
いやでもラナンキュラスなどは、必見です。
と、思います。すごいですよ。
ただみなさまに使っていただけるほどの量はないので
申し訳ないのですが)



こちらは3月のブーケコース、スリムキャスケード。
a0042928_123287.jpg
a0042928_124116.jpg
a0042928_125187.jpg

# by ichiecd | 2006-04-12 23:42 | ブーケ&装花スクール | Comments(2)
新郎新婦様からのメール 雪うさぎ アーチ装花
a0042928_23111221.jpg


先日の雪うさぎの装花の方からのメール。
許可をいただけたので、転載させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日もお電話した時にお話しましたが、式場のスタッフの方から
「あんな素敵な装花、見たことなかったです。
見せてくれてありがとうございました。本当に嬉しかったです。」と
何人もの方に言われたのですよ。
美しいトワカップの装花を一つずつ持ち帰り用に分けてくださり、
出席した方からも
「嬉しくてあれから毎日オアシスに水をあげてはニヤニヤ見ています」
なんてメールも届きました。
引き出物のほかに、会場を飾ったお花をアレンジされたまま
持ち帰ってもらう事は、
私達の結婚式のイメージをそのまま持ち帰ってもらう事になり、
本当に素敵な事だと思いました。

昨日は彼の家に挨拶に行ったのですが、
義母が持って帰って来たテーブル装花のお花が
半分くらいになっていたんです。
聞けば式の翌日、遠方から出席してくださった親戚と共に、
既に他界した義父のお墓参りに行き、その時に思い出深い
バラの装花から数本とって墓前に手向け、無事に結婚しましたと
報告してくれたそうです。
そして小さなツブツブのお花(ごめんなさい、名前がわからなくて)は
押し花用に押してありました。
生花でアレンジされたものが岩橋さんの作品そのものなのですが、
そうやってバラしてお使いしたくなるほど、
一会の花が私達の結婚式そのものの印象になり、また感激の
主役だったのだろうと思います。

(中略)

リハーサルをしたのでチャペルの装花は
じっくり見ることができたのですが、本当に素敵でした!
チェアにかけられた小さな花かご、本当に可愛らしかったです。
こんな事自分で言うのもおかしいのですが、
まさにあの日の花たち、装花たちは4月1日、
春の晴れたあの日の為の爽やかで
優しくて柔らかくて若々しくて・・・そんなイメージにピッタリだと思いました。
またあのアーチの装飾も。。。本当に素敵でした!
ワイヤーの中からさかさまに飾られた花、とっても愛らしかったです。
「布をかける」ってイメージが付かなかったのですが、
あんな風にお洒落をさせて貰う事ができて、あのアーチも
とても誇らしそうに私には見えました。
そしてフラワーガールのクラウンもなんと可憐な・・・
岩橋さんは私のフラワーガール、ご覧になりましたか?
一会のトップページを飾っているフラワーガールちゃんは
その花嫁さんにピッタリな本当に美少女で知的な感じのお嬢さんですが、
贔屓目を差し引いても私のフラワーガールちゃんもまた
違った感じでとても愛らしく、まるで天使に見えました。
(式の時は大人の思い通りに動いてくれずに冷や汗ものだったのですが。苦笑)

披露宴会場の装花は会場が暗いか、私達に光がむけられていて眩しいかで、
そうでなくても前に座っていたので緊張もしており
キョロキョロ眺める事も出来ず、ゆっくり見ることができなかったのですが、
母が持ってきた、カゴに入ったアレンジだけでなく、
その足元(テーブルクロスの上)にも花が飾られていたのですねー。

a0042928_23212172.jpg

(中略)


なんだかまとまりのない文章になってしまい申し訳ありません。
しかし色々お伝えしたい感想がありすぎて、
きちんと簡潔にまとめて。。。と考えたら眠れなくなって
しまいそうなので大変読みにくいとは思いましたが思うがままに
述べさせていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


たくさんの言葉。
全文を掲載したいのですが、さすがにそれはかなわなくて
泣く泣く割愛させていただいたところも、本当は皆様に
読んでいただきたかったくらいです。(全文はこの倍くらいあります)
今回、メール掲載の許可をお願いしたところ、
私の文章ではとご謙遜なさりながら、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でもあの日の感激が少しでも皆さんに伝われば、
そして遠路はるばる九州からやってきて、
さらに埼玉の奥地まで来て私の周りを飾ってくれた
愛らしい花たちがもっとたくさんの方の
目に触れてもらえるようなら是非使って頂きたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とのお話でした。
全国トワカップ推進委員会の私としては
思わず涙目になりそうです。



ちなみに、お話の中に出てくる小さな粒の花は
ライスフラワー。

そしてアーチは、最初は実は造花の赤いバラだったのですが
よいしょ、と、布で覆って
a0042928_23272551.jpg


生花のベルを飾りました。
a0042928_2328651.jpg


すっごく、こまかい話ですけど、この記事の写真
一枚目のベルが表で、こちらが裏で、ベルの花のあしらいが違うんです。
わあこまかい。誰も気づかないんじゃと思われますので
この際、無理やり気づいていただこうかと。


本当に、春を描きだしたような
それは美しい一日だった、と、思います。
ちなみに、反響の多かった「心が動く」のエピソードも
こちらの会場の下見のときの話でした。

そのエピソードも、雪うさぎ(トワカップ)をたくさん使わせていただいたことも、
もちろん、いろんなことを含めて、私自身、忘れられない装花になりました。
本当にありがとうございました。

新婦様は、なんとご自分で一会の単発プリザーブドレッスンに
参加してくださって、贈呈用のアレンジメントとプリザーブドのブートニアを
ご自身でお作りになりました。
その翌日にきた、とても楽しかったです、というメール。
これこれを追加でお願いしますね、というメール。
業務の連絡のやりとりなのに、
毎回楽しそうに長いメールをくださって、
本当に親しみやすい雰囲気の、とてもすてきな方でした。


そして告知(まだ書くんかい!て感じですが)
母の日の単発プリザーブドレッスンは、
スクール生徒さんSさんのご希望により
4月25日火曜日19時予定となりました。

ほんとに大雑把な決め方。。。
しかし、一会のレッスンは毎回こんな感じですので
ご希望あれば融通きかせます。はい。
(でもSさんほんとは昼のほうがもっとよかったんですよね。
ごめんなさい。希望者多ければ昼も夜もでもよいのですが。
ちょっとギリなので集まらないかも。すみませんでした)
# by ichiecd | 2006-04-11 23:29 | 会場装花 | Comments(4)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。