ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2013年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
クラッチブーケ アメジスト 淡い紫のアジサイだけのブーケ ホテルニューオータニ様へ
a0042928_18583619.jpg


ラベンダーカラー、ライラックカラーというような
淡い紫だけの、アジサイだけのブーケ。
ニューオータニ様へお届けしました。

色も花も、厳密な指定があるのですから
当然ながら、市場に発注していたのですが、
青も水色もたくさん出てたのに、思い描く、この淡い紫がない!


あちこち駆け回って、なんとか無事確保したものの、
これだけじゃ足りない気がしてきて(←仕入の毎回の習慣病)
5本束のうちの1本だけ、ほんのりとグリーンと紫に色づいている
アジサイの束を、予備として買い込みました。
1本だけでも使えればいいかと。
・・・
・・・
・・・
30分後、
それだけでも足りない気がしてきて(←もう帰ろ、というタイミングで毎回発病)
更に同じ束を5本買い込むという、
この小心者っぷりたるやいかに。

仲卸さんに「すみません何度も買いに来て」と、ぺこぺこ。

合計10本のグリーン紫ミックスのアジサイから、
ほんの2本、それもそのグリーン部分を一輪ずつ減らして
紫部分だけを残して、作った、贅沢なブーケではあります。

あほか!と自分に突っ込みたいですが
やっぱ、こういう時、目の前に花があってあえて買わないという選択は
無理。(そして儲からない)


「たとえばね、この1本の茎に3輪咲いてても、
3輪とも押されたりしてつぶれちゃうのでは意味がない。
2輪を捨てても、残りの1輪を生かすこと。
・・・だからさ、まぐろの大トロだってば。
こーんな大きいなかで、さらにスペシャルに美味しい部分、
その大トロだけで作ったらそりゃ美味しいに決まってる。
美しい花だけで作られたら、勝手に美しいブーケになる。
つまり、ひらめのエンガワだけだってば!」

と、レッスンでえらそうに言ってますが
はい、講師自ら、実践しております。

という証に、今日の記事を書いてみました。


残った大量のアジサイを眺めつつ
よほどイチエッタをやろうかと思いましたが
この日はもう梱包する余力がなく、力尽きて断念。
やはり一会に取りに来てくれる
「プラチナ・イチエッタ倶楽部」を別途作るべきだろうか。

(イチエッタ上級バージョンという訳ではなく
プラチナ=白金だから。
またくだらないネーミングを)


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-09-30 19:16 | ブーケ | Comments(0)
セミキャスケードブーケ スペンドアライフタイム 東京會舘様へ
a0042928_182913.jpg


東京會舘様へお届けしたセミキャスケードブーケ。
たくさんの花弁をもつ大輪のバラは
「スペンドアライフタイム」という名前です。

生涯をともに過ごす、という名のバラ。
a0042928_11521186.jpg


他のバラの名前は、
後日、アシスタント新人さんが
名前を一会Facebookに書いてくれる・・・かも。


では皆様今日もお疲れ様でした。
ぺこり。
by ichiecd | 2013-09-29 18:32 | ブーケ | Comments(0)
ミニキャスケードブーケ カスミソウの中に 日比谷パレス様へ
a0042928_1911474.jpg


カスミソウの中に、たくさんの花が潜んでいる、
というブーケもまた一会定番のひとつです。

ミニキャスケード仕立てで。

一重のバラがお好きと伺ったので、
中央にいれたのはウェディングドレスという品種。

昨日の時点の写真で
今朝手をいれて、その完成形を写真に撮れませんでしたのが
残念。
しかし気持ちだけ。

でも核となるのは気持ちだけだ、
とも思います。
無事に届けるまでではなく、ご披露宴も二次会も
全部終わって、お二人だけになった時、
「ああ結婚式、予想以上に楽しかったなあ。」という気持ちに加えて
「あ、一会さんのお花も良かったな」
と思っていただけたら。

と思いながら、丁寧に地道に
ブーケを作っています。

たった一日の花、しかしいつまでも心に残る花を。



では、皆様、今日も本当にお疲れ様でした。



一会フェイスブックはこちらです。
by ichiecd | 2013-09-28 19:07 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様、そのご友人様からのメール クラッチブーケ 白とデザート 滋賀まで
a0042928_21173233.jpg


白のバラの中に、デザートという名の不思議なバラを
少しだけさし色に。
砂漠の中の水、というのは今も変わらず
自分のひとつのテーマです。

宅急便で滋賀までお届けした
「虹のように」の花嫁様の、白の挙式ブーケです。

もともとなぜ一会を知ったのですかという問いに
「泊まりに来る時にいつも一会さんのブログを見ている友人が
紹介してくれたのです」
という、うれしいお返事でした。

その、ご友人の方から、数日前にメールをいただきました。
許可を得て結局ほぼ全文を掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は以前からお花が好きで、
少しだけお花屋さんで働いたことがあることから、
友人のプレゼントなどに簡単な花束やアレンジメントを作ることがあるため、
友人たちの中では「お花好き」が定着しています。
そのため、今回、滋賀の友人が結婚するということで
結婚式のお花で何かアドバイスとか、参考になるものはないかな?
という相談を受けました。
その際、迷うことなく一会様のブログを紹介させていただきました。
(一会様のブーケが掲載されている
花時間さんの雑誌も友人宅へ何冊も送りました(笑))

ブログを読んでいて、岩橋様のお花に対する姿勢とか、
新婦様からのお礼のメールやお手紙、
実際に新婦様の笑顔に寄り添うブーケを見ていて、
お花の種類や色合いが好きだなぁと思うだけでなく、
この方になら大切な日のお花を任せたい!
と思えることが出来たから、
大切な友人にも自信をもって紹介できたんだと思います。
(本当に写真の中の新婦様とドレスの色に
合っているブーケばかりだと思います!)

もちろん、友人は滋賀へ嫁ぐわけで
一会様のアトリエの東京からならば宅配便になってしまうわけですが、
「お式は9月下旬だし、
気温的にはギリギリ生花のブーケも大丈夫…かも???
プリザなら事前に宅配で届くから絶対大丈夫だよ!!」
という情報も事前に伝えていたおかげか、
始めは「ブログを参考にしよう!」ぐらいに思っていたはずの友人が
「ブーケ…一会さんに頼もうかなって思ってる」に早い段階で
変わった時には思わず笑顔になってしまいました。

結婚式の1ヶ月前に直接電話連絡する機会があり、
宿泊の件とか色々な連絡のために電話してきてくれたのですが、
その際、「ブーケ、2つとも一会さんに頼んじゃった♪」って言ってて、
「本当??」と驚きつつ喜んだことを今も覚えています。

友人が「お花、楽しみにしててね!」と言っていたとおり、
結婚式当日に見た生花のブーケもプリザのブーケも本当に綺麗で可愛くて、
なにより友人にとても似合っていました。
きっと、この日の友人をずっと笑顔にしてくれたものの1つだと思います!

私からも「友人に素敵なブーケや花鎖・ヘアセット等を
作ってくださって、ありがとうございます」とお礼を言わせてください。
本当に素敵なブーケ達です!!!!

そして、生花のブーケは友人が今も家に飾っていることと思いますが、
ブログに掲載していただいたプリザの虹色のブーケは
二次会で私にプレゼントしてくれました。
(中略)

ブーケを頼んだ段階で、そのことは決めていてくれたそうで、
実物を見た時には手放したくないと思った(笑)と笑いながら語っていました。

友人にとって、とても思い出深い結婚式になったことは
言うまでもありませんが、私にとっても特別なものになり、
その思い出が写真や記憶だけでなく、
ブーケという形に残るもので手元にあることは凄く嬉しいことです。

どうぞこれからもお花を介して、
たくさんの方々に笑顔や喜びや嬉しさを運んでくださることを祈っております。
そして、いつか、自分の結婚式の時には、
岩橋様が作るブーケを私自身が持てることを夢見ております。
(まずは、お相手を探すところからなので、しばらくは無理かもしれません…(笑))

追伸
プリザのブーケは、本当に友人と友人が着ていた
ドレスの色に似合い過ぎていましたし、
ウエルカムわんちゃんのブートニアとブーケも
サイズや仕様がマッチし過ぎていて、
「絶対、一会さんのスパイが全国にいて実物を見に来てるよね!!!!」と
友人と話しておりました(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お会いしたこともこれからもすることもないかもしれない
仲の良いお二人が、自分の知らない場所で
こんなふうにお話してくださっていて
そうして喜んでくださったこと。

かけがえのない大事な記憶になりました。

遠方で、直接のお打合せができないばあいには
いただいた写真を目を閉じても思い出せるぐらい
超・ガン見しながらブーケを作ります。

全国にスパイ網は配置できなくても
ガン見してるドレスの写真に突然
黒い焦げた点ができてあっというまに
ぷすぷすと煙が出てくるんじゃないか、
というくらいには。



自分は経理も英語もスポーツも料理も人付き合いも全部苦手、
「灯台守になりたかった」といまだに少しは思うほどに
非社交的で、実にとるにたりない人間ではありますが、
こんな、仲の良いご友人のお二人の間に流れた
ほんの一日、
そこに花をお届けできたことを
心からお礼申し上げます。


では皆様今日もお疲れ様でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際に新婦様がブーケをお持ちになられたお写真はこちらです。
by ichiecd | 2013-09-27 22:27 | ブーケ | Comments(1)
9月一会定期レッスン 秋の気配のブーケ
a0042928_1092616.jpg

今日も15分迷ったけど、こちらを最優秀賞で。
ひまわりとコスモスとバラ、
色も雰囲気も別々の3つの花を、
見事にひとつの景色に。

a0042928_10165279.jpg

一会の定期レッスンでは


a0042928_1095620.jpg

花屋さんにお勤めの方、プロやセミプロの方も

a0042928_1064384.jpg


全く初めての方も
同じ場所で同じ様に花を選んで作ります。


a0042928_10152168.jpg

このブーケを作られた方は、
妹さんの結婚式のためにブーケを練習にいらした
一会の元花嫁様です。


a0042928_1081973.jpg

9月のテーマは

「夏の名残、秋のはじめの気配を、

a0042928_1065629.jpg


直径20センチに仕立てるべし。」



・・・そんな無茶な!

と、みなさん絶句しつつ

a0042928_1085335.jpg


見事に仕上げていかれました。



a0042928_10101792.jpg

一会のfacebookに写真を公開中です。

現在レッスンは、
火曜日の昼13時からのクラスが、
第二週は満席ですが第三週は空いています。

また火曜日の夜19時は満席気味ですが
水曜日19時は空席があります。
男性もいらっしゃいますので花男子の方もぜひどうぞ。

定期レッスンについての詳細はこちら
Q&Aはこちら、お申込みはこちらまで。

では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2013-09-26 10:34 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
セミキャスケードブーケ とけあう白 アルテリーベ様へ
a0042928_18482997.jpg



白のたくさんの小花がとけあってひとつになっていく
これも一会の定番のブーケのひとつです。
少しずついろんな花を集めて。

アルテリーベ様でご披露宴、
山手ロイストン様で挙式の方でした。

11月26日予定の山本先生のカメラレッスン
お申込みくださった方にやっと今日、お返事を差し上げております。
仕事が遅くってほんとにほんとにほんとに申し訳ありません。



では、皆様今日もお疲れ様でした。




一会フェイスブックはこちらです。
by ichiecd | 2013-09-24 18:49 | ブーケ | Comments(0)
ティアドロップブーケと花のカチューシャとリストレット 虹のように 滋賀へ
a0042928_911718.jpg



虹のようにいろんな色を少しずつとりいれて
というリクエストでした。

a0042928_912791.jpg


ヘッドドレスはリボンのカチューシャと花。
後ろにもリボンを絡ませるようにしています。

宅急便で滋賀までお届けしました。


a0042928_913673.jpg


両手用のリストレット。
手首にも花をつけることで、ブーケを持っていなくても
華やかです。

ではおつかれさまでした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際に新婦様がブーケをお持ちになられたお写真はこちらです。
by ichiecd | 2013-09-23 09:05 | ブーケ | Comments(0)
セミキャスケードブーケ 椿山荘東京さまへ 細く流れるラインで
a0042928_10582885.jpg


ホテル椿山荘東京様へお届けしました
細く仕上げたセミキャスケードブーケです。
「華奢に、軽めに」というご要望でした。

8月のあまりの暑さに、バラの出来具合を心配し続けましたが
あっちこっちにかけあって前日には一通り揃えられて
ほっとしました。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-09-22 22:53 | ブーケ | Comments(0)
遊びラウンドブーケ 屋久島の森 シェ松尾青山サロンさまへ
a0042928_22292211.jpg


濃い紫や青で、甘くなく。
というリクエストで作ったブーケでした。
あとはお任せいただいたので、
ドレスのリボンにあわせて、ほんの少し薄い紅茶色のバラを
独断で、いれました。



以前、お二人が旅した、「屋久島の森」のような装花にしたい。


そんなお話もお打合せ時にちらりと混じって、
花嫁様からのメールで
「よかったらその時の屋久島写真も参考になるかどうかわかりませんが
メールでお送りしましょうか?」と
おっしゃったので、ぜひとお願いしたところ
何枚も何枚も、屋久島の大自然のその足元に咲く
小さな花がたくさん。

それはもちろんプロカメラマンのようには
完璧ではないかもしれませんが、
その小さな草花を写す一枚ずつ、

あ、ここにもこんな花が咲いてる、
見てみて、これこれ、
かわいーーー!


と、言いながら写真を撮るお二人の様子が
その写真の向こう側にかいま見えるような、
そんな、愛おしそうな、
優しくて柔らかい写真ばっかりだったのでした。


今日、その会場となったシェ松尾青山サロン様は
一部と二部がありました。
つまり同じ会場で二次会もという設定。
なのでブーケはホルダーで、髪飾りの花とブートニアはプリザーブドです。

その二次会のため、装花の再セッティングに伺って
いつもながら
「夜だからもっと紫をいれてシックにしつつ」
「でもリンゴも増やして、楽しそうな雰囲気にしよう」
とかとかとか、
汗だくで花を活けていたところ、
お二人がわざわざ、直接お礼を言いにいらしてくださいました。


「ブーケも装花も何もかもほんとに全部素敵でした。」

そうおっしゃってくださって
流れる汗が報われる気持ちです。




昨日、別の花嫁様からメールをいただいて
「ブーケはもう手元にないけど写真で見てうれしい」と
書き添えてくださっていました。


その言葉を胸に、修羅場モードに入った一会としては
昨日も今日も4時起き、
朝から出ずっぱりで都内を駆け回っておりましたが、
その早朝ほんの2枚だけ撮った、ブーケの写真を。

今日がお二人にとって、この先何年も思い返す
特別な日になったある日、

そこに花を添えることができて
嬉しかったです、
と、ここで小さく言いたいがために。


では皆様今日もお疲れ様でした。

お手伝いくださったアシスタントの皆様も
本当にありがとう涙。
このあと12月まで、いつでもウエルカムです。
来てね。(どんな勧誘だ)
by ichiecd | 2013-09-21 22:47 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 夢の無いという花嫁様へ、花という夢を 杉並会館様へ2
a0042928_21382191.jpg


昨日の花嫁様からいただいた、
このお写真もとても素敵でした。

a0042928_21403178.jpg

頂いたメールの続きです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実を言うと、写真撮るだけでいい!式はしたくない!
と、夢の無い花嫁だったので…
理想もあまり無くて、ふわふわした要望ばかりで、
岩橋さんには本当にご迷惑をおかけしたと思います。
ありがとうございました。

ブーケも、ブートニアも、装花も、花冠も、
ドレスコサージュも、ぜんぶせんぶすてきでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう、おっしゃっていただけたことは
花を生業にしている自分にとって、
最大の勲章で、報酬だと
いつも思います。

結婚式って大変だなあ、なんでこんな思いをして、
花なんてどうでもいいじゃない、
たった数時間なのにもったいない、
それなのにこんな金額なんてありえない。

日常感覚からしたら、そう思われても仕方がないよな
仕事だよなという、自覚はあります。

だから、結婚式に夢がなかった、という花嫁様が、こうして
何か月もたって、それでも送ろうと、
花、良かったよと伝えようとしてくださって、
忙しい中、わざわざこうして写真を送って下さること。

それ自体が最大のご褒美で、勲章です。

こんなに確かな証はない。

これ以上、望む勲章はない。

胸が熱くなります。

a0042928_21405429.jpg


結婚式に夢がなかったとおっしゃりながら

a0042928_2141237.jpg

何枚も

a0042928_2141940.jpg

何枚もの

a0042928_21414897.jpg

お二人が見つめ合い手をつなぐ、幸せという言葉を
写しとったようなお写真。

a0042928_21401699.jpg

この日、

a0042928_2142973.jpg

お花を担当させていただいたことに
深く深く、お礼を申し上げます。


a0042928_21421739.jpg

としみじみとお写真を見ていたら
飲んでたコーヒーを吹き出しかけた写真、

a0042928_21434243.jpg


少年、その右手にもってるエビを
可及的速やかに置きたまえ。
気持ちはわかる、わかるけれども。



・・・っていう、この写真、載せてもいいですか?と
花嫁様に伺いましたら
ご列席の方々のお顔があまりあらわにならないよう
即座に加工した写真を送ってくださいました。

幾重にもお礼を申し上げます。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-09-20 22:06 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。