ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2013年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
想い出の写真を飾るテーブル シェ松尾青山サロン様へ
a0042928_10545574.jpg



ベージュのバラ、紅茶のバラをたくさん飾って

a0042928_1056044.jpg


周囲には、お二人の思い出の写真を
素敵な額縁にいれて。


最初にメールをいただいたのは去年の6月でした。
ご結婚が決まる数年前から
一会のブログを見てくださっていて、
会場選びも迷われていたけれども
一会のブログ記事を見て、会場を
青山サロン様に、花を一会にやはり頼もうと
思ってくださったのだそうです。

昨年から3度にわたってロケフォト等で
ブーケをご注文くださったお二人、
その集大成のウエディングでした。

この時と
http://ichiecarpe.exblog.jp/17526459/

この軽井沢のブーケの方です。
http://ichiecarpe.exblog.jp/17893906/

当日、気合いのあまり、花にかまけすぎて
あんまり写真が撮れなくて、申し訳ない次第ですが
本当にありがとうございました。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-06-30 19:53 | 会場装花 | Comments(0)
リングガール、フラワーガール用の花冠 プリザーブドのアジサイで 椿山荘東京様へ
a0042928_21564680.jpg


フラワーガール用の花冠ふたつ、
双子の女の子へ、水色とピンクで。
アシスタントみずいろさんが作りました。

未経験から1年、一生懸命頑張っててえらいぞ。

a0042928_21572450.jpg

こちらは白のみで。

a0042928_220514.jpg

後ろはリボンで調整できるようにしています。

修羅場モード突入中です。
寝るですよ。
メール、かなーりためております、申し訳ありません!


では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-06-29 22:05 | アクセサリ | Comments(1)
ティアドロップブーケ 幸せの涙のしずく 翌日に押し花へ
a0042928_20293077.jpg


丸いラウンドブーケがほんの少し下がった形を
ティアドロップブーケと呼びます。
幸せの涙のしずく型。

翌日、事務所の留守電がぴかぴかと光り、
「このブーケを押し花にしたいのですが」
と花嫁様の伝言が入っていました。

(節約しようかとも思ったけれども)
幼いころから自然が好きだったので、
花は、存分に思う通りにすることに決めました、

と、最終発注の間際におっしゃっていらしたのを思い出して、
ああもうなお一層、ありがたいなあと
・・・なむなむ。拝んでいいですか。


では皆様今日もありがとうございました。
by ichiecd | 2013-06-28 20:34 | ブーケ | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 河津桜 シェ松尾松濤レストラン様へ
a0042928_20325550.jpg


それは、今年はじめて桜を入荷した春の日。
やっとながら、お二人のお写真をご紹介させていただきます。

a0042928_20331673.jpg

花嫁様はとてもセンスの良い方で、
一会の単発レッスンにいらして、花びらを重ねるメリアブーケを
自分で手作りされましたが
a0042928_20362075.jpg

どうでしょうかこの仕上がり、

a0042928_20365393.jpg

ブートニアも

a0042928_20371662.jpg

挙式時のヘッドドレスも、なんなく作られて
もうためいきをつくしかないような、
美しい仕上がりでした。

そしてご新郎様もとてもアーティスティックな方で、
その繊細に描かれたウエルカムボードに花を飾るときは
どきどきしました。

もう季節はすっかり春から夏へ変わってしまって
大変恐縮ですけれども、今日、やっと、
頂いたメールをご紹介させていただきます。

a0042928_20385990.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一会さん
遅くなりましたが、2/23の結婚式では、
愛おしい装花を施していただき、ありがとうございました。
a0042928_20394367.jpg

結婚式を振り返る時はいつも、当時の風景と一緒に、
門柱の河津桜と春のパステルミックスの花々が、
セットで目に浮かんできます。
たった一日のお花なのに、一生忘れることのない風景になりました。
a0042928_2035270.jpg


ブーケも階段の装花も全部素晴らしかったのですが、
a0042928_20415392.jpg

中でも、結婚式の朝、
シェ松尾さんの入口に飾られた門花を見た時の感動は忘れられません。
あの風景は、私たちの結婚式の象徴的なシーンとなりました。
a0042928_20401975.jpg

装花の写真を見るたびに感動が蘇るのは、
お花全てに一会さんの想いがこめられているからかもしれません。
これからも素晴らしいお仕事で感激を作っていって下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0042928_2040579.jpg
a0042928_20411336.jpg


たたずまいも使う言葉も美しい方、
こうしたら岩橋さんの負担が増えるのでは?と
いつもお気遣いいただいて恐縮するくらい。

挙式後間もなくのころにいただいたメール、

「私たちはもちろん、ゲストにとっても心に残るお祝いの宴にしたいという
私達の想いを、見事にお花という形で表現していただきました。」

そうおっしゃってくださって、
心底ほっとしております。

この方の描く、大切な一日の花を描いた通りに、
活けたかった、活けられてよかった。
そう改めて思いました。

ありがとうございました。


では、皆様今日も、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-06-27 20:46 | 会場装花 | Comments(0)
一会定期レッスン6月 アレンジコース 水に活けるリース
a0042928_22112634.jpg


一会の定期レッスン(ひと月に一度)の概要としては
アレンジコースとウエディングコースに分別されていて、
今日はそのアレンジコースのご紹介です。

a0042928_22111751.jpg


プロやセミプロも多いウェディングコースと異なり
アレンジコースは、お家で花を楽しむためのコツの伝授。

a0042928_2211144.jpg

しかし、元花嫁様も多数。

a0042928_22105490.jpg

Facebookでアシスタントさんがワイヤーを載せていましたが
土台はオアシス社のカラーワイヤーです。

a0042928_22103829.jpg


花がきれい、というのは当然の前提、かと思うのです。

a0042928_22101631.jpg

わあきれい、という以上の
「これってどうなってるのかな」
「なんだか不思議な感じだなあ」
「これってどんな仕組みなのかな」
「昔見た景色、昔読んだ本をなんか思い出すような」
そういう
心の動き、まで、こぎつけたい。


a0042928_2294136.jpg


自分の花の原点
心が動くことだと思うので。

a0042928_2293259.jpg



では皆様今日もお疲れ様でした。




今日最後の仕事は、ああなんとか食いつないで
一会をやってて良かったな、と心底思うお仕事でした。
このお話もまた追って。

では皆様今日もお疲れ様でした。
毎日いろいろありますが、砂をはむような一日も
砂金をひろうような一日も、
どれもおなじく等しい一日。

仕事にはあまり関係ないけど、
心配してブログをいつも読んでくれて
「この記事、リンクがちゃんと貼れてないだろ」と突っ込んでくれる
昔ながらの仲間にも深謝。ありがとーと手を振っております。
by ichiecd | 2013-06-26 22:25 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)
MISS ウエディング 2013年秋冬号 小泉孝太郎さんのブートニア
a0042928_214496.jpg


MISSウエディング(家庭画報)でのブーケをふたつ
担当させていただきました。

http://wedding.miss.jp/latest/wedding/2013_2/issue03.html
小泉孝太郎さんとアリサさんのペアコーディネイトの企画。

「花は全面的に岩橋さんにおまかせで」、と言われ
冒頭のマリアラブレースさんのドレスにあわせて作ったのは
「一会」のブーケ。2013年の一会は、なんとなく、こんな感じです。


a0042928_2151240.jpg

右はオルガンザさんのドレス、
髪につける花はシャクヤクを選びました。

左はVERA WANG、ハツコエンドウさんのドレス。
ライラックとスズランと、スイートオールドだけのブーケです。

a0042928_2153762.jpg



チームジミーズな自分ですが
たまにこういうお仕事もしています。


一会、という名前以外で
たまに花を生ける仕事もあって、
たとえば青山のマンションの一室、
知る人ぞ知るというよな宝石のアトリエに
花を持って行って活ける仕事なども
ここ何年か続けてさせていただいています。

行くたびにアクセサリをいただくのですが、
ジミーズな自分はいつもつけそびれていて
先日珍しく忘れずにいただいたネックレスをつけて行ったら、
先方がすっごく喜んでくださったので、
これからマメにつけようと思った次第です。

たくさんの人にお仕事をいただいて、支えられて、
なんとか食べてこれたなーと思う日々でした。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-06-25 21:21 | carpe diem | Comments(0)
セミキャスケードブーケ ベストのピンクを挿し色に カトリック山手教会、霧笛楼様へ
a0042928_12272515.jpg


白を基調にして、
「ご新郎様がお召しになるベストのセピアピンクを挿し色に」
というリクエストでした。
なんか、こういうリクエストっていいなあと思います。
花嫁様からご新郎様への優しい気持ち、
並んだときにもっと寄り添えるように、という想いが
そんな言葉になる気がして。

翌日に、花嫁様から御礼のメールをいただきました。

笑顔のお写真、その手元に花。

まだ掲載のご許可をいただいていないので
まずはブーケのお写真だけで。

追伸:
一会facebookに、コメントを書いてくださいました。
ありがとうございました。


ではおつかれさまでした。
by ichiecd | 2013-06-24 20:26 | ブーケ | Comments(0)
クラッチブーケ 軽井沢へ
a0042928_14522854.jpg

a0042928_2211881.jpg


恵比寿駅まで、お母様が、受取りに来て下さいました。
そして新幹線で軽井沢へ、手づから運んで下さいました。

どこでもドアがいっこだけ選べるのなら、この時期
ー会に取り付けたいのは軽井沢行きかも。
なんだかんだかなりの頻度で承ります。
気にいって下さっていたら、いいのですが。


では、皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-06-23 21:48 | ブーケ | Comments(0)
初夏の会場装花 階段を飾る いつもから特別へ 横浜霧笛楼様へ
a0042928_22385371.jpg


その印象的な、らせん階段に花を取り付けていると

a0042928_2239678.jpg

ランチを終えて入口で皆で並んだ写真を撮っていたご婦人のグループや
お誕生日を迎えてのランチだったらしいカップルのお二人や
とおりすがりのたくさんの人が

a0042928_22392843.jpg

「結婚式なんですか?わあ花きれいですね」、
と、ちょっと、足を止めて見てくれます。
いつもながら、嬉しいことです。

普段から、たくさんの人に親しまれている場所を
「結婚式」という特別な一日に変化させる、
その結構大きな要素のひとつが
花だ、と思うので。

「ふだん」を、「特別」にする。

それは花の力のひとつ。

こんなに自分のために花を買うことなんてない、
だからこそ、
非日常の空間に移行する大きな鍵です。



a0042928_22394886.jpg

・・・たとえ10回くらい階段を上り下りして何度も下がってバランスを見て、
折からの炎天下に、汗だくであっても。

a0042928_2240674.jpg

選んだ器は、格子状のもの。


a0042928_22403336.jpg

その窓にあうように。


a0042928_22432130.jpg

横浜、霧笛楼さまへの装花でした。
ウェディングカメラマンdapandaさんからのご紹介。
深い感謝を申し上げます。

a0042928_22405433.jpg

お二人は単発レッスンにもきてくださいました。

a0042928_22411082.jpg


本当にありがとうございました。

横浜まで2往復して
撤収までこなしてくれた新人アシスタントさんもお疲れ様でした。
トマトが好きでトマト食べ過ぎてアレルギーになったのに
メロンパン毎日食べてたらダメですよ。

新人アシスタントさん「私好きなものってつい毎日食べちゃうんです」

お医者さん「好きなものでも過剰に食べてたら
あなたの中のバケツがいっぱいになっちゃって
それでアレルギーが出るのよ、ほどほどに食べなさい」

岩橋「もっともだ、その通り。
これから修羅場に入るんだから
メロンパン食べ過ぎないように!」

アシスタントみずいろさん
「なんですかメロンパン食べ過ぎるなって、
そのかわいい注意!?」(大うけ)

アシスタントアシヤマさん
「なんだか毎度ながらいろいろ大変ですね」(ほっとけ)

アシスタントばーむちゃん
「わーい霧笛楼のロールケーキだー!」(←何も考えていない)
(後日、写真は本人が一会Facebookに紹介するはずです。たぶん)


こんな一会ですが秋に向けてスタッフを募集しております。
ご応募は一会HPのリクルート記事をご覧ください。

この秋冬は、9月から12月までぼちぼちと
まんべんなく埋まり始めております。
ブーケ、装花のお問い合わせはなにとぞどうぞお早めに。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-06-22 23:06 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 芍薬とライラックのブーケ、旬の花 Q.E.D.CLUB様へ
a0042928_1891315.jpg

まるで海外のウェディング雑誌のような写真。

先月、この日の芍薬とライラックのブーケ
お届けした花嫁様からいただきました。
いただいたメールをご紹介させていただきます。

(実はこちらより先にいただいている新郎新婦様のお写真は何組もあるのですが
今日は「旬の花」事情について、ちょうど時期的によく出る話で
お問い合わせも多いので、先にご紹介を。
順番が前後してしまいまして申し訳ありません)



a0042928_1892914.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このたびは、すてきなブーケや
お花達を作成いただき本当にありがとうございました。

実は、挙式の2日前に式場装花を担当するお花屋さんから
ライラックの入荷に目処が立たず、
準備できないとの連絡が入り
急遽ライラックの代わりに別のお花を一部使って
装花を仕上げていただくことになったのです。
ブーケに芍薬とライラックを指定していた私は、
一会様からも同様の連絡が入ることを
覚悟しておりました。当日まで、
ライラックを使用したブーケを届けて下さるのだろうかと
ずっと不安に思っていたのですが、
ヘアメイク中に届いたブーケを見た際に
あぁ、一会様にお願いして本当に良かったと思いました。

華やかで、でもナチュラルで・・・
思い描いていたブーケが目の前にきたとき、
なんだか緊張が解けたようにホッとし、
そして今日はきっと笑顔でいられると思いました。
花冠やブートニアは、子供たちも大喜び!
振袖のヘッドパーツは友人からもとても好評で
うれしかったです。母たちも鮮やかな花束、
喜んでおり、早速自宅に飾っておりました。
お見せするのはお恥ずかしいのですが、私たちの式の写真を数枚お送りします。
雰囲気が伝わっていると良いのですが…。


思い出に残る素敵な1日になりました。
本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お届けしたころはちょうどライラックの時期ではありましたが
その一週間前まで市場で潤沢に出回っていた
ライラックの花が、その週にかぎって
ぱたりと少なくなってしまったのです。

シャクヤクとライラックというご指定だったので、
もともと発注をかけていたものに加え、予備でこちらで10本、
あちらで10本と買い足して
30本以上の中から使ったのは一番いいところの、ほんの数本。
メールをいただいて、そうだったんだとびっくりしつつ合点しました。
ブーケだけだったのでなんとかなりましたが
会場装花だったら一会でも難しかったでしょう。

旬の花、はいつもこういうリスクがあります。
特に春から夏にかけてのこの時期、
いろんな花が瞬間風速的に出回ってはあっというまに
次の花にバトンを渡して消え去ります。
次に会うのは、また来年。
だからこそ飽きなくて楽しいのですが、
モッコウバラジューンベリーも、スイートメモリーオダマキ
みんなみんなあっというまに駆け足で
わーっと咲き誇っては、次々に交代。

旬の花を指定された時は
いつもこういうリスクを頭にいれて、
なるべく第二候補までいただきます。
そして万全を尽くします。
あとは、自然とお天気次第です。

と自分に言い聞かせるものの
諦めきれなくてもっかい納品前に市場に行ったり、
いつもと違う市場にまで鉄砲百合を分けてもらったり
絶対の自然を前に、ただ粘るしかできません。


a0042928_1893956.jpg

ああでも

a0042928_189479.jpg


この花嫁様の笑顔に、もう今日は、隅々まで充足。
なんて素敵なんでしょうか。

花嫁スキーの自分としては
ここのとこの修羅場で
花嫁様の笑顔成分がゼロにバロメーター振りきれてたので
たいへん満喫&堪能&充填いたしました。

さあ明日も頑張ろうっと。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-06-21 21:04 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。