ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ラウンドブーケ 春の川面 優しいパステルカラーと小花で
a0042928_23111096.jpg


丸いバラと、小花をたくさん。
二次会用のブーケを持つかどうか迷われていて、
ぜひ!
と勧めてしまった手前、
ついあれもこれもとてんこもりに。
よくあることではありますが。

a0042928_23112698.jpg


こちらは前日に撮った写真ですが
こっちのほうがよかったかなあ。



・・・
・・・・
・・・・・

考えていると頭から白い煙が出てくるので
明日から真面目にまたカメラも勉強します。

今日はこれにて。

皆様、おつかれさまでした。
by ichiecd | 2013-03-31 23:19 | ブーケ | Comments(0)
3月30日 単発プリザーブドレッスン ご報告
a0042928_1843168.jpg


今日の単発プリザーブドレッスンで
ご自分で作ったシャワーブーケ。

a0042928_1844124.jpg

こちらは別の花嫁様が作った、
お色直し用のリストブーケ、両手用。

a0042928_1844827.jpg

ご一緒にお母様がいらして、お母様は
白ドレス用のブーケをお手作りになりました。
シャクヤクとバラのプリザーブドブーケ。

a0042928_1851146.jpg


そのお母様への贈呈用のフォトフレーム。
色合わせが素敵です。

a0042928_186287.jpg

ウエルカムボードはご新婦様の、
受付のアレンジはご新郎様の制作です。

どちらもすごい完成度になってしまいました。
このうさぎはお持込で、
なんと「さくらさくら」にあわせて回るオルゴールなのです。
す、すごい。。。

自分がゲストだったら
もうこの瞬間、ハートわしづかみ。

a0042928_186119.jpg

こちらは、お二人で参加して
それぞれお母様に贈呈するリースと、コサージュを。

a0042928_1862134.jpg

最初のブーケを作られた方、
時間があまったので追加で作る、
お友達のリストレット12人分。

a0042928_1862961.jpg

ウサギオルゴールのお二人、
予算が余ったので追加で作るケーキの前の装花。


一会の単発プリザーブドレッスンは
何をいくつ作っても大丈夫、というぬるさが持ち味。
いばってゆーな。


では皆様、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-03-30 19:53 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
手習い 感覚を磨く方法
a0042928_0381414.jpg


今日アシスタントさんが当面の目標として
「ブートニアを上手に作れるようになること」と言います。

ブートニアとは、花嫁のもつブーケに対して必ず対となる
花婿の胸にさす小さなコサージュ。

小さいコサージュだから簡単かというとそうでもなく
ブーケの持っているいろんな要素を、本質をとりだして
手のひらにまとめる花。
その意味で、ブーケよりもずっと難しいと言えます。
「本質をつかむ」ことを要求されます。


「せんせはそれ、どんな勉強をしたんですか?」と問われて
あらためて数えると、
いろいろあるけどひとつはこの和花の手習いです。

貝母百合の、このくるりんとした葉、渋いけど軽みのある緑、
ちょっととぼけた形とか
持っている要素をよくよく見て、活け替えること。

しかし10年目にしてやっとわかることばかりです。
10年、毎月真面目に続けてたら、そら少しはましになりますよ。

でも10年もひとつのことをやるなんて
考えただけで、気が遠くなるとか
10年真面目にやったからって
うまくなれるとは限らないとか、
それは○○さんだからなれるんだろうけど、とか、
そんないろんな理由でやらないことも多いので
やってる場合には目立つだけです。たぶん。

一会のレッスンの生徒さんも
何年も続けている人がたくさんいます。
みんなまじめだなあ、よく飽きないなあと
講師としてあるまじき感想を結構
素で思ったりするんですが、
毎日毎日、砂を水で洗ってたら、
ふとある日、小さな砂金として
結晶する。

それをみな、そうと知っているのかもしれません。
愚鈍な自分よりずっと賢くて、
それがわかっていて取り組んでいるんじゃないかと。
自分は最初はわかりませんでした。
長年やってれば、感覚がこうして磨かれるというあてもなくて
ただ、やれることをやって少しでもいいから
上達して、お客様に喜ばれるように、なりたかった。


感覚を磨く、という大げさなことではなく、
自分のような凡人にとっては、
砂金があるかないかもわからないけど
毎日毎日、腰まで水につかって、砂を洗うことです。
途中で休んだら感覚はすぐ鈍る。

あくまで真面目に王道を行く。
それが遠回りのようにみえて結局は
一番の近道なんじゃと今はようやっと思います。



とかなんとか毎回重たい面倒なことを書いておりますが、
仕事ではない自由な花を活けるときは
いつも、なんというか、ひょうけた花、
ひょうきんな軽みのある花を活けたい。

と、地で思ってるらしいところが、我ながら不思議です。
ありのままの自分と、
目指したいこうありたい姿は割と違う。

そういうのもひっくるめて、今日という日の花。

カルペディエム、今日という花を摘みとれ
という適当なオチをつけつつ、
お茶を濁して(超得意)


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-03-29 21:06 | carpe diem | Comments(0)
新郎新婦様からのメール プリザーブドブーケ ロケフォトのために、そして大好きなおばあさまに
a0042928_20563342.jpg


去年の秋、
入籍日記念のロケーションフォトのためのブーケです。


a0042928_2057578.jpg


花嫁様が、一会のレッスンに参加した時に、少し照れながら
CDと丁寧なお手紙を渡してくださいました。

a0042928_20571743.jpg

お顔はちょっと恥ずかしいから花だけで、
そうおっしゃったCDには

a0042928_20572940.jpg

ここでご紹介できないのがとてもとても残念になるくらい
たくさんの笑顔であふれていて

a0042928_20573990.jpg

でも、それをこらえて花だけで。

a0042928_20574824.jpg

プリザーブドのブーケにしたのは
大好きなおばあさまに差し上げて

a0042928_2057568.jpg

ずっと飾っていただけるように、
というお二人の気持ちからでした。



くう。
おばあさまのしわくちゃの手に大事そうに持たれた
自分の作って届けた、花。

作り手としてこんなに光栄なことはない。
そう思います。


a0042928_2056010.jpg


では皆様今日も、お疲れ様でした。



しかし
「Facebook100記念アシスタントさんお疲れ様会」は、
どうも牛角では許されない気配。

言っとくけど、カンテサンスとかはダメだから!

と念押しすると、

アシスタントみずいろさん「あはははは!」
アシスタントばーむちゃん「えっなんですかそれ? カン…?」

・・・ちょろいぜ。
このまま知らんぷりして牛角でもいいんじゃね?
どーせカンテサンスのお肉が牛角にすり替わってても
区別がつかないんじゃないかと。

と、尖ったしっぽがぱたぱたと生えている昨今です。



補足*カンテサンスとは
ミシュランで三ツ星をとったフレンチレストラン。
実は一会から徒歩5分の距離。
もう最近は接待メインで予約などとれないらしく
ああたとえ牛角とたいして違いがわからなくっても
もっと早くに行っておけばよかったと、残念な気持ち。



後日さらに補足
記事当時はFacebook始めて、
ちょうど100いいね!の頃でした。
かつカンテサンスは、その後移転してしまいました。
でもその後にオープンしたティルプスも美味しいです。
どこまでも食い意地だけが最後に残る。
by ichiecd | 2013-03-28 21:11 | ブーケ | Comments(0)
「2way ウェディングドレス 挙式からパーティまで」森永幸徳さんの本のお話
a0042928_2272526.jpg


「2way ウェディングドレス 挙式からパーティまで」
という本で、その表紙のモデルさんがもってくださっているブーケは、
このときのブーケです。
a0042928_11455097.jpg


まったくの偶然ながら一会と同じマンションの一室に
ドレスショップ「1+1」さんがあって、
そこで生み出される森永幸徳さんの手になる美しいドレス、
見ているだけでもう溜息が。

a0042928_2271144.jpg

ていうかこの本全部が、
なぜかと言われたらよくわかりませんが
自分にはドストライク。

a0042928_22145448.jpg

す、素敵・・・・!
号泣。

意味もなく何度も何度も見てしまうほど。
透明で深い、海の底みたいな世界に、まるで酔うような気がします。



なんで自分がこんなに惹かれるのかよくよく考えてみたところ、
その手になるドレスは、
どこかセルリアっぽいんだと思います。

セルリアというのは

a0042928_11484539.jpg

右よりの不思議な花がそうです。


ブーケ記事はもとより


セルリアと朝日新聞とか

過去記事を探してみたらセルリアだらけ。

追伸:facebookでつっこまれて
この記事もリンクを。

http://ichiecarpe.exblog.jp/8124169/

最近、市場では少なくてたまにあるととんでもない値段だったりして
なかなか買えません。

a0042928_11553020.jpg

プリザーブドのセルリアも、かわゆす・・・涙

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-03-27 22:22 | carpe diem | Comments(0)
クラッチブーケ 春爛漫 京都までロケフォトに



a0042928_22301526.jpg


京都まで宅急便でお届けした
ブーケでした。

去年、ご結婚式で一会のブーケを持ってくださったお二人。

いろいろと大変なことがあったけれども
こういうときだからこそ、楽しい予定は大事にしよう、
というご主人さまの一言で、
今日、京都でロケーションフォトをなさったそうです。

そのためだけの生花のブーケ。
春爛漫という感じで、おまかせで。

というとてつもない贅沢なお仕事を
させていただきました。

ヤマト便でなかなか「配達完了」の表示が出なくて
アシスタントさんとやきもきしましたが、

花嫁様からお電話をいただいて
「無事到着しました、素敵です、
としか言えなくて申し訳ないけれども素敵です」
と。



たった一日だけの花。
そんな花に何万ものお金をかけることは
この上もない贅沢で、そんなにはないことです。


自分は、
そんなに花の技術があるわけじゃない、
そんなに天性のひらめきがあるわけじゃない、
でもたった一日の花にお金をかけてくださるその有難さを
大事に思うことについては
おそらく世界の中のどんな花屋さんよりも
真摯だ、と思います。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-03-26 22:40 | ブーケ | Comments(0)
春の装花 空と花 うさぎの受付庭園セット
a0042928_22193366.jpg


本来今日は別記事の予定でしたが
「Facebook連動強化月間」中としては
アシスタントみずいろさんが
リス記事を載せてくれたので
急遽、昨日の如水会館様の受付装花のご紹介を。

a0042928_22191959.jpg


Mさんが突っ込んでくださっている通り、
ウサギそのほかを蠱惑的に撮るにあたっては、自分、
相当に研鑽を重ねているつもりであります。

a0042928_22194856.jpg


「いいね」ついに100を超えて
わー・・・本当にありがとうございました。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-03-25 22:27 | 会場装花 | Comments(0)
春の装花 空と花 如水会館様へ
a0042928_20294774.jpg


ご新郎様が描いた木の板に
ご新婦様が自分で花をつけた、
合作のウエルカムボード。
レッスンにいらして、完成させたものをお預かりしたのは
一週間前のこと


a0042928_20295520.jpg


今日、如水会館様にお届けしました。

a0042928_20302941.jpg


会場装花はおまかせで、

a0042928_20305352.jpg


挿し色に水色の花をいれて、

a0042928_20311150.jpg


春の花で、
というリクエストでした。


a0042928_20312893.jpg

ゲストテーブル装花のあいまあいまに
ミニアレンジを飾って、
披露宴でも二次会でも
ゲストの皆様にそれぞれ持って帰っていただけるように、

という花嫁様のお心遣い。

a0042928_20322047.jpg

そのお心が花になるといいなと思います。
花になって、ゲストの方に伝わるといいなと。


撤収にいったアシスタントみずいろさんが
エレベーターでお二人にお会いして
喜んでくださっていたと伝えてくれました。

新郎様が、「花嫁の一番のこだわりが花だったので」と
お礼をおっしゃってくださったそうです。

とても優しいお二人でした。



では皆様今日もお疲れ様でした。



とかなんとか真面目な記事を書いていますが
一会Facebookではいろいろと小ネタが披露されつつあります。

「そんなこと言ってるとブログに書いちゃうからね!
いいんだな!?ほんとにいいんだな!?」
てのが
スタッフへの効果的な脅し文句だったのですが、
どうも油断ならなくなってきました。
く。
by ichiecd | 2013-03-24 20:44 | 会場装花 | Comments(0)
花を散らすとみる夢 ルヌガンガ
a0042928_22315989.jpg


今日はブログをパスして
これでお疲れ様でした。
a0042928_12224718.jpg

写真はスリランカの建築家のバワの私邸。
今はホテルとなっているその庭のはずれに置かれた
テーブルと椅子です。
このテーブルがある日こうして朝露にぬれ、
その木陰を作る枝から葉が舞い落ちる。

先週18日くらいからメールを山ほどためてしまっていて
少しだけこちらでおかけになってお待ちください。
申し訳ありません。

a0042928_22321635.jpg



a0042928_22324780.jpg

その夜は、空に浮かぶような
この不思議な部屋に泊まりました。
a0042928_12234319.jpg



a0042928_12243710.jpg

東京は例年より早い桜。

春風の花を散らすとみる夢はさめても胸の騒ぐなりけり

桜を見るたびに、西行のこの歌を思い出します。




では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-03-23 22:45 | carpe diem | Comments(0)
花時間 「バラあしらいをもっと素敵に!」
a0042928_22213995.jpg


先日発売になった
「超ビギナーのためのバラあしらいをもっと素敵に!」(株)エンターブレイン 発行

で、ずっと以前に作ったアレンジを再掲載していただきました。


な、懐かしい・・・と思わずつぶやいてしまった
バラのアレンジです。


この時の号で、アレンジしたうちのひとつの
ある花の生産者さんから
じきじきにお電話をいただいて、
「こんなふうにアレンジしてくれてありがとう」、と
お声をいただいたことを
突然、まるで昨日のことのように鮮明に
思い出しました。

その日電話を受けたとき少し曇り空だったことも、
この撮影の時のことも。


たくさんの記憶が今の一会を
支えていることを思わされます。


ありがとうございました。


a0042928_9454272.jpg




では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-03-22 22:31 | carpe diem | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。