ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2012年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧
プロフィールとして 好きとコストの放物曲線
a0042928_21581952.jpg


ブログに載せるべき写真も話もたくさんあるにもかかわらず
今日はパス。
というときのための、旅写真です。


少しずつこのブログも構成をいじってたりして、
自分のプロフィールも
すこしまじめに書き直さなくちゃなー
こういう場合やっぱ出身地とか趣味とか書くんだよなあ。

と、ぼんやりと考えております。

というか何度も書いてますが
出身地は、福岡です。
ラーメンはとんこつです。
誰も聞いてない。


趣味は、旅です。
一泊二日あれば、離島以外のすべての日本各地は
どこでもちょっとと出て帰るのに、
やぶさかではありません。
本州ならば一泊一日でも充分でござんす。


「好きな度合いと、かけるコストは放物曲線を描く」
というのが、
自分の「旅のルール」第七条です。

誰しも好きなことにはお金をかけます。
他のことには吝嗇であっても
好きなものには糸目をつけない、ということも
珍しくはない。

しかし、本当に好きでこだわるものについては
そこをぐるっと一週半して、今度は
コスト意識がめちゃめちゃ厳しくなります。

自分の場合には、それは温泉宿です。
1万円出すなら最低でも泉質はこうで、かけ流しでないと。
1万5千円以上出すならサービスはこれくらいで料理はこれくらい、
じゃなかったらフロントで暴れるなあ。
という厳然とした、
かつ人様には理解しがたい、
一定の線引きがあります。


食べることが好きな人には、それが
レストランに払う対価であったり、
作ることが好きな人には、それがその日の
食料品の買出しであったり、
外出好きな人にとっては、それが
メトロもバスも駆使した交通費であったり、

ほんとに本当に好きなことに対しては
かけるお金にもこだわりがある。


つまり、「好きなこと」
に使うお金のタガがはずれている、という段階を、
さらに煮詰めて極めると、今度は
それに対するコスト意識が、めっちゃシビアになる。

これが本日の演題、
「好きな度合いと、かけるコストは放物曲線」
です。

そういえばそうかも、と洗脳されてしまった素直な人も、
そんなもんかねえと思った懐疑的な人も、
途中で寝てしまった素直な方も、
では皆様今日もお疲れ様でした。


そして今日はじめてこのブログを見たかたへ、
ここはウエディングの花のブログです。

できましたら、もう数日見にきてくださいましたら
幸いです。


おつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-31 21:58 | carpe diem | Comments(1)
二次会用 4シェアブーケ オペラピンクからボルドーへ 原宿レガート様へ
a0042928_18511235.jpg



二次会用にお作りした深い濃いピンクのバラのブーケ。

二次会、とはいってもたくさんのゲストがいらしたようで、
当初プルズだったものを、
40名でプルズはちょっと難しいのでトスブーケにご変更。
投げると4シェアになります。

小さな花束を4つ組み合わせているわけですが、
それぞれでカーブの曲面を作るために、
普通のブーケより多めの花を仕入れるのに加え、
無論、手間もかかるので
シェアブーケはプラス5000円をいただいています。
シェア数は、2つから8シェアくらいまでが適正数かと。


「花の仕事をしていますが、
どうやったら一会さんみたいな仕事ができますか?」
という質問をメールでいただいたりしますが、
目下、お客様からのメールをお返事するのに精いっぱいで、
あの、
・・・
よかったらぜひ一会レッスンへ!(宣伝にしても直截すぎ)


で、お返事までは手がまわらないのですが、
この仕事については私のようなモグリじゃなくて(おい)
一流のフラワーアーティストの方々が
たくさんの本を出されていて、そこには
たくさんのヒントが書いてあると思います。
全部じゃなくて全然いいので、
好きな人のだけ一冊、何度も
繰り返し読み返したらいいんじゃないかなあ。
人がひいたトレースをなぞるほうが楽です。
その上に自分の線を作ったらいいのだ。


ちなみに、個人的に
「この能力は鍛えたぜ!」というのは、
目で見て、空間を測ること。
これはかなり意識して自分を訓練しました。

今はパッと見て、その花が目の前の箱に入るかどうか、
その箱が別の箱に入るかどうか、とか、
まず間違えない自信があります。

リボンの長さ、セロファンの長さ、オアシスの大きさ、
なるべく一発でぴったりカットできるように。
無駄の無い仕事は、美しい。
アシスタントさん一同「聞き飽きました」。
まあそうなんですけどね。
どうせ毎回同じことをやるんなら
修練を積んで習熟したほうがいいじゃんよー。


こういうシェアブーケみたいに測りながら作るブーケのとき、
結構、それが役立ちます。


でも一番は、

a0042928_1852816.jpg


市場で花を積み込むとき。

ぴっちし。


いえ、まだこれでも8分目です。
左の上部の隙間とか、
左の手前の隙間とか、
本気を出せばまだまだいけるぜ。



愛するエブリィは軽自動車、
どんな道でも入れるし、
どんなとこでもUターンできるし、
燃費はいいし、とろとろしててもちゃんと走ってくれて、
この先も買い換えるつもりはありません。
いいんです。
かわいがってるんです。
たとえ毎年、あちこちこすってって
かすり傷が増えようと。
それも勲章。(言い聞かせ)

長い一日が終わり、
なんとなくハンドルをぽんぽんたたいてから、
降りたりしてます。




では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-05-30 22:47 | ブーケ | Comments(0)
ラウンドブーケ ヴィンテージ・ロゼとワルツ 豊洲、アヴァンセ リアン様へ
a0042928_16133521.jpg



東京江東区の豊洲(とよす)に昨年できたばかりの
アヴァンセ リアン様へお届けしました。

赤とピンクの中間くらい、クランベリーピンクのドレスにあわせて
ピンクや淡い黄色で明るく!というリクエスト。

ちょっと濃いめのピンクは、
M-ヴィンテージ・ロゼといいます。
こういう色のドレスだったので
きっとなじむんじゃないかと。

中央、右手のバラはワルツといいます。
こういうフリルがふんだんにあしらわれたドレスだったので、
きっと似合うんじゃないかなと。



喜んでくださっているといいなーと。

とか毎回のように書いておりますが、
それだからなのか?
留守電に先週の新婦様から「お礼をいいたくて」と
伝言が入っていたり、
ポストに御礼はがきが舞い込んできたりします。
ありがたやありがたや。
なむなむなむ。と
手をあわせております。

9月から12月まで、
広範囲にお申込みが入ってきています。
例によって10月がピークです。
仮予約も、キャンセル料も、
早期申込割引も、スペシャルプランもありません。

先着順。

シンプルイズベストです。 ←私にとって、ですが。
だってだってトリアタマなんだもん。
ただでさえ計算弱いのに
この上、割引設定とかセットプランとか
絶対覚えられない自信アリ。

そもそも割引ができるというのは
割引ができる値幅がある、ということです。
一会の場合、レッスンに通っている
現生徒さんご本人であっても
ブーケ本体10%オフまでです。
そこらへんが限界です。
最初からそんなに、利益を乗っけていないのです。

ちなみにこのあと7月もまたやや忙しくなりつつあり、
アシスタントのみなさま、
お手伝いを、なにとぞひとつ。


今日は、これにて、
では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-05-29 22:11 | ブーケ | Comments(0)
長い時間をかけて 都ホテルさまへ
a0042928_18203461.jpg

一昨日に、シェラトン都ホテル様へお届けした
花嫁様から、メールとお写真をたくさんいただきました。

「なお、メール・写真はご自由にブログ掲載してください!
花嫁ではなくなったけれど、
一会さんのブログ、毎朝楽しみにしています。」

という、文末の嬉しいお言葉に、
わーいわーい!そっこー載せちゃうぜ!

(修羅場超えでちょっとキャラが変わってますが
気にしないでください)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に、本当に、素敵なお花をお届けくださり、
ありがとうございました。

長い時間をかけて準備してきた結婚式当日が「今日」だという
実感のないまま控室でメークをしていただいていた私。

a0042928_1820413.jpg

控室に届いたお花達が放つ瑞々しさ、ほのかに香るいい匂いが
「あ、本当に今日なんだ」と思わせてくれ、
一気に緊張が増し、かつワクワクしてきました。
生花が持つ生命力や独特の臨場感が
私を「当日モード」にシフトさせてくれたように感じ ます。



a0042928_18205561.jpg



とにかくお花達は大好評でした。
白ブーケ、和装ヘッドドレス、二次会ブーケとヘッドドレス、
花嫁と同じくらい、
お花達も「可愛い」の言葉をゲストからもらっていました!
レッスンで作成したリースも、両家に非常に喜んでもらえました。

a0042928_1821238.jpg
a0042928_1821983.jpg
a0042928_18211997.jpg


打ち合わせの際にご相談した、親友へブーケをプレゼントする件も、
本日、ホテルからの帰りに自分の手で届けることが出来、
喜んでもらえました。
白ブーケ、手放すのは惜しかったけれど、
花嫁のブーケとしての役目を終えた跡に、
大切な友人への世界でたった一つのプレゼント
という大役もこなしてくれ、
ブーケの一生を考えれば幸せな役回りをしてくれたんじゃないかな?
と勝手ながら考えております。

後日、ちゃんとセレクトした
お写真をお送りしようと思っております。
取り急ぎ、とにかく一言お礼を申し上げたく、メール致しました。
岩橋美佳様、およびアシスタントの方々、
今回は、大変ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い時間をかけて、というお言葉通り
最初にお問い合わせをいただいたのは昨年の9月。
ブーケもヘッドドレスもたくさん調べて、
完璧な資料を作ってきてくださり、
そのご準備の入念さに、
ブーケを作る時は、緊張の極みでした。

嬉しかった・・・
喜んでくださって、本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。
ブーケのお写真も整理出来次第お送りしますね!
と、またメールの返事を書かずにブログで返事をする。

全体にお返事がかなり追いついておりません、
ごめんなさい!


では、皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-05-28 22:18 | ブーケ | Comments(0)
高砂の花 和の花で
a0042928_1555034.jpg

高砂(たかさご)とは、新郎新婦様が座る
メインテーブルのことです。

といいつつ、本来は持ち込みNGの会場様だったので
今日は花のアップだけで。


a0042928_1555999.jpg

新婦様がお好きだというランの花。
胡蝶蘭を、たくさん。

会場装花、プリザーブドのブーケ、
サプライズのギフト、
二次会用のブーケブートニアの儀式、
ご友人のヘアメイクさんと
相談しながらのこだわりのヘッドドレス。

短い期間で、たくさんのことを煮詰めて迎えた今日、
白無垢で写真撮影にあらわれた新婦様にお会いできて
あんまりおきれいだったので思わず見とれました。


本来はお持込NGであるにも関わらず
「岩橋さんまたお会いしてしまいましたね」と
笑顔で出迎えてくださった会場の方にも深く感謝を。


では皆様今日もお疲れ様でした。
ありがとうございました。


ためているメールは、明日には・・・
by ichiecd | 2012-05-27 22:52 | 会場装花 | Comments(0)
初夏の紅茶とブルーの装花 アンカシェット様へ
a0042928_2214019.jpg


南青山にあるアンカシェット様へお届けした
ゲストテーブル装花です。

a0042928_2215047.jpg


作りながら、アシスタントばーむちゃんが
「こういう色久々ですね」と言います。
確かに春から夏にかけてのこの時期、珍しい色のリクエストは
「紅茶色の花と秋色アジサイのブルー、くすんだグリーンで」。

a0042928_22236.jpg


指定が厳しくなればなるほどどうしてもご予算が
あがりがちですが、少し小さ目にして、
市場を山ほど歩き回って、ご希望されていた花の種類も
お持ち帰りにできる個数もクリア。

a0042928_2221038.jpg

今日たくさんのご注文の中、
本来はアシスタントさんが一人で
セッティングするはずだったところを
前日夜7時に、自分で行くことに予定変更の決心をしました。


途中で迎えに来てもらった
アシスタントさんに手伝ってもらったとはいえ
久しぶりに一人で会場装花をセッティング。
楽しかったです。
しかしその後予定が詰まっていたので
あまり写真はたくさん撮れなくて申し訳ないです。


a0042928_2222655.jpg


喜んでくださっているといいなー。


では、皆様今日もおつかれさまでした。
今日の記事でご紹介できなかった、
たくさんの、装花やブーケは
後日またきちんとあらためて。ごめんなさい。

ではおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-26 22:14 | 会場装花 | Comments(0)
ライラックピンクのブーケ 夜明け前の闇が一番深い
a0042928_21511158.jpg


ライラックで作る、夜明けの紫のブーケ。

「夜明け前」、という言葉のロマンティックさ加減に
凡人の自分はくらくらするので
このブログでもつい多用してしまうのですが
別に「夕暮れ時」の紫でもかまいません。
そこはかとなくそんな雰囲気が出れば。

ブーケに付ける名前も最近ネタ切れ感が強く、
「もうちょっとさ、そんな仕事ばっかしてないで
ちゃんといろいろ世間様に風がとおるような窓をあけて、
毎日勉強しなくっちゃなー」
と思う自分は、結局おたく。うーんマンネリ。

さっき送受信したメールボックスに立て続けに3つ、
今週末の新婦様の「どうぞよろしくお願いします」というメールと
先週の新婦様の「本当にありがとうございました」というメールと、
この秋の新婦様からのはじめてのお問い合わせのメール。

「結婚式の1日」、
というちょっと風変わりな次元、
たくさんの人がたった一度通り過ぎるその時間軸に棲みついて
10年以上が過ぎ、この場所を通ろうとするお二人へ、
花を添えて、過ぎる週末。

まるで、その場所を盛り上げてそれで投げ銭をもらう、
ちんどん屋さんのような、この仕事は割と楽しいです。

向いているかどうかは別にして、
けれども今日という一日はどんな日だったか、
政治ではこうで、経済ではこんなことがあって
野球はこっちが勝ったし、天文学的にはいついつまであと何日、
そのいずれにも知識が深くない自分が、
自信をもっていえるのはただひとつ、
今日今手元にあるバラの開き具合だけです。




 詩歌などもはや救抜につながらぬからき地上をひとり行く我は

                       岡井 隆


かっこいいなあ。
というかんじの詩歌を適当に拾ってお茶を濁し、
では今日もほんとうに、おつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-25 23:58 | ブーケ | Comments(0)
セミキャスケードブーケ プリザーブドフラワーで 高知から北海道水の教会へ
a0042928_1919450.jpg

プリザーブドフラワーで作った、
白にほんのり淡いピンクのセミキャスケードブーケ。

高知、四万十川の近くまでお届けしました。

a0042928_19191763.jpg

お揃いのバックコサージュは、ちょっとピンク強めで。
リボンも2種類にして、上のオーガンジーはマグネットで
ワンタッチでつけられるようにしています。

a0042928_19192794.jpg

一度、高知でのご結婚式のあと、
今度は北海道水の教会までご自分でお持ちになるということで、
なるべく梱包がまた簡単にできるように
いたるところ、工夫の嵐。
いっそ、工夫の鬼と呼んでいただきたい。

a0042928_19193715.jpg


目で見て直観的に解るように、
少しでも簡単なように、でも動かないように、
考え考え梱包していたら、
ブーケを作るのと同じくらい時間がかかりました
(今回は久々に自分で梱包した)。

でも、こういうの、割と好きです。
めざせノッポさん。
越えろノッポさん!


本日、花嫁様から「一会さんに頼んで本当によかった」と
喜びのメールをいただいてほっと安心。

四国でも北海道でも、ブーケから愛ビームを発しております!
よいお式になりますように心からお祈りしております!
と、メールの返事を書かずにブログに書く。

お写真、ぜひぜひお待ちしていますね。と
手を振ってみたりして。


では、皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-05-24 23:17 | ブーケ | Comments(0)
ご出産お祝いを届けにきました ひよこ
a0042928_0334467.jpg



ご出産おめでとうございます。

というギフトでおつくりした
プリザーブドフラワーのギフト、
ひよこ@ガーデン。


ひよこって福岡のお土産だよね?、
いや東京土産だよ!
という論争に、福岡出身でしかし
東京にすでに長く住んでしまった自分は
なんとなく胸をひきさかれる思いです。
なんでもいいけど美味しいよね!


とかなんとか、ブログが支離滅裂になってきたら
修羅場モードに入った証拠です。


地味に展開していた父の日ギフト、締切ました。
あんなにじみーに書いてたのを
見つけて、欲しいと言ってくださって、
ありがとうございました。
しかし、お返事は週明けの気配です。
まっこつごめんなさい。

でもありがたいなあ。
こうして今日も誰かがブログを見てくださって、
メールをくださったり、ただふーんというだけでも。


このひよこも、長くこのブログを読んでくださっている方からの
ご注文でした。

一度もお会いしたことはなく
これからも最後まで、会うことはないかもしれません。
でも、ありがとうございました。

好きなことを仕事にしている、
それは本当にごくごく幸運なことだ、そう思っております。

食べられなくなったら諦める覚悟はしています。
スーパーのレジ打ちでもお掃除でも、募集の張り紙を見るたびに
これを何日何時間したら食べていけるなと
つい計算していた駆け出しのころのことを、
今も思い出します。


昨日の新婦さまからいただいたメールを読み返し
今日こうしてひよこ写真を掲載し、
メールを書いても書いても終わらないし、
来週の発注をしなくちゃ間に合わない、
人手が足りないとこを補わなくちゃ。
今年の秋のカレンダーにいくつものブーケを書き込んで、
早くも来年の春夏のお問い合わせにお返事をして、
こんなふうに今年も過ごせる5月の夜を、
心底、感謝しています。


今日、「ネットだけでそれだけ集客できるなんて
なかなかすごいですね」、
と、ある方に言われました。
社交辞令込なのは承知ですが、しかし、
言われて、確かにそうだなあと思いました。


自分がまだ花屋でいられることは
今日、ここを読んでくださった皆様のおかげです、
結構、ほんとに、そう思っております。
なんというか、ままおひとつ。
お代官様、こちら黄金色のお菓子でございます
とか自分で自分にボけたくなってきたら、
それは修羅場モードの証です。
以下冒頭に戻る。



ありがとうございました。
もう少し、花屋でいたいなあ。
いつかはきっと無理になることだから、
今、切実にそう思います。



では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-23 23:33 | ギフト | Comments(1)
新郎新婦様からのメール 灯と、残る花  マンダリンオリエンタル東京さまへ
a0042928_2351934.jpg

昨年の、ある新婦様から、押し花にしたお写真をいただきました。
マンダリンオリエンタル東京、灯という記事。
http://ichiecarpe.exblog.jp/13497651/
http://ichiecarpe.exblog.jp/13535963/

a0042928_0263274.jpg

a0042928_23525684.jpg


あれから何人の新婦様がこのときのお写真を
印刷して持ってきてくださったことでしょう。

あれこれと考えて
今日は許可を頂いてからしばらくずっと手元で温め続けた
このメールだけ掲載して、
今日という一日の、記事にしようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



掲載していただいたブログは、懐かしむように何度も拝見させていただいています。
恥ずかしいらや嬉しいやら・・・(笑)
岩橋さんが「いい」と思ってくださった写真は、
まさに結婚式の二次会最後の写真です。
岩橋さんの洞察力、さすがです。
ですが、私の大笑いっぷり・・・


実は私、昨年、ちょうど結婚した時、大学院の修士2年で、
修士論文に追われておりました。
そしてお写真をお送りした時は、結婚式準備で滞っていた修士論文を、
巻き返さなくては!とバタバタしており、
お送りするのならカメラマンさんの力で
素敵に写っているお写真をお送りすればよかった!と今頃後悔しております。

あの時は、作っていただいたお花が一番よく写っているものを!
こういう風にお花を使わせていただきました、
という様子がわかるものを!という視点で、
バタバタと選んでしまい・・・
あぁほうれい線が気になる、目じりの皺が気になる、
あぁドレスが苦しくて猫背になってる、
指輪がぶかぶか・・・と掲載していただいた
お写真を見返しております(笑)。

でも、本当に幸せな時間、一日でした。

新生活が始まり、結婚式をやってよかったと、何度も思います。
育った環境が違う2人が一緒に生活を始めると、
それはもう沢山!ぶつかり合うこともありますが、
いつも心の支えは結婚式の一日です。
新生活が始まったばかりの時、
主人が仕事で遅かったり、出張でいなかったりする時は、
実家暮らしが長かった私にとって
一人でいることはなんとなく寂しく、
結婚式の写真を眺めたりして心の支えにしていました。


今は、主人に「もう結婚式は終わったんだよ?」と
不思議がられながら、相変わらず岩橋さんのブログを
拝見させていただいて、
「こんなブーケもいいなぁ」「こういうのも素敵!」等、
もう結婚式はないのだけれども、色々空想しています。

押し花にしていただいたブーケもとっても素敵で、
我が家に来る人、皆に褒められます。
前日の夜まで悩んだ押し花でしたが、
残してよかったなぁと思っております。
でも欲を言えば、またあの岩橋さんの、
特別なお花を持ちたいと思ってしまうのです。

(中略)

随分長くなってしまいましたが、もう一点だけ。

私、以前、メールで
「初めは岩橋さんのブーケ、高いと思っていました」と
お送りしましたが、弁解?をさせてください。
前にも書きましたが、結婚式の際、私は学生だったため、
結婚式の費用は主人と私の父に出してもらいました。
お恥ずかしいことに、学生になる前は働いていたのですが、
まさか自分が学生に戻るとは思っていなかったため、
大して貯金もなく・・・
それで、なるべく、できる範囲は、
せめて自分にかかる費用は、
満足のいく中で節約したいと思っていました。

自分にかかる費用、それはドレスであったりブーケであったり。
ですので、ブーケも探せば
値段はいくらでも低価格であったので、
岩橋さんのブーケは
私の予定とする予算に対して高い、と思ってしまったのです。

でも、結婚式を境に、お金に対する感覚といいますか、
意識が変わりました。
言葉にするのは難しいのですが、
「沢山安いものを買うより一点価値あるものを買う」
「低価格でサイズ違いのものを買うより、
自分にピッタリのサイズのものを買う」
というものでしょうか。
なんだかどれもぴったりの言葉ではないのですが・・・

こういった思いを持たせてくださったのは、
すごく幸せな気持ちにして下さった岩橋さんのブーケや、
コンプレックスだらけの私を
結婚式当日はコンプレックスを0にして下さった
ヘアメイクさんのヘアメイクだったように思います。
岩橋さんのブーケがなかったら、
きっと私は結婚式をあんなにも幸せな気持ちで過ごすことは
できなかったと思うのです。

価値観が私の中で変わったように思います。

なんだかお金の話ばかりになってしまい申し訳ありません。。
でも、結局は自分が惚れこんで、
納得してお支払いすることが大切なんだなぁ、
と思うようになりました。

それと同時に、私も昨年度大学院を卒業し
今年度からまた働き始めたのですが、
頂くお給料以上のお仕事、
またそれなりの意識をもっていなくてはいけないな、
と思えるようになりました。
色々と意識を変えていただいたこと、感謝しております。

これから暖かくなり、結婚式シーズンとなり
お忙しいかと思いますが、
くれぐれもお体に気をつけて頑張ってください。
そして沢山の花嫁さんを幸せにしてあげて下さい。

一会ブーケは魔法の力があると思います。
その魔法は、岩橋さんの花嫁さんたちへの思いから
くるものだと思っております。
その思いがあるから、
私の思い描いていたブーケを作ってくださったんですものね。

そしてお忙しいかと思いますが、
ブログの更新も楽しみにております。
プロフェッショナルな岩橋さんのお仕事への取り組み方、
またアシスタントの方々の優しいお気持ちが、
私の仕事に対する意識を高めてくれます。


それでは、季節の変わり目、くれぐれもご自愛下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

このときの花嫁様からいただいたメールの記事に
「灯」とつけたタイトルは、間違いじゃなかった。

あれこれ重なってくたくたな今日、
でも明日から、また頑張ろうと思います。

いただいた言葉は、まさに今、
暗がりのその先を照らし出す自分の灯です。

花がどんなだったか伝えたくて自分がよく写っている写真は
二の次になってしまった、

そういうお言葉に、こちらの花嫁様がどんなに素敵な方だったか
全部集約されている気がします。


生の花は、写真や押し花にしか残りません。
この時の花は、今はもうありません。

でもお二人の思い出のひとつとして
こうして記憶に残していただけること、
それは作り手としてこれ以上はのぞむべくもない、
勲章です。

こんなに嬉しいことが、あるだろうか?という。

本当に、ありがとうございました。


ではみなさま、今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-22 23:48 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。