ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2012年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
『花時間』冬号 生徒さんの自慢と、刈り取られたブーケと、老人と海
a0042928_19345940.jpg


現在発売中の『花時間』冬号、
アレンジメント大賞のページです。

次のページをめくると・・・
a0042928_19381315.jpg


年間グランプリも!
このふたつの栄誉に輝いた
おざわりえこさん、
hanarie-storyというブログを書いていらっしゃいます。


http://hanariesto.exblog.jp/



実は、一会の生徒さんでいらっしゃいます。
と、こそこそとささやいてみていいでしょうか。
長年通われているベテランの方で、
毎回本当に完成度の高い花を作られます。
いつも丁寧で、いつも花に対して真摯で謙虚でいらっしゃる、
ひざまづいて見習わなくてはと思う方の一人。

毎月のレッスンで、またひとつ新しいことにチャレンジしよう、
今まで使わなかった色味をやってみよう、
と取り組まれている姿勢が、ほんとにすごい。

a0042928_19544012.jpg

『花時間』(株式会社エンターブレイン)
http://www.hanajikan.jp/
(音が流れます)

だからこそというべきか、
「あのーこの大賞のお話って、
一会ブログでご紹介してもかまいませんか?」と
再三にわたりしつこくご本人に確認してしまうあたり、
我ながら小心者ではあります。
一会スクールの宣伝みたいにならないように
気を付けなくては。

と言いつつ、この講評にある

「一挿しに手を抜かない」
は、いつもレッスンで思う事。

生徒さんみなさんにこのページを見せつけては
「ほらっ!だからひとつずつ丁寧に!
ひとつ丁寧にやることで、ひとつ、完成度をあげるのです!
その手のあとは、花に残るのです!」
とハッパをかけている次第。

まるで自分のことのように自慢しまくりでした。
すみません。

いやーしかし素晴らしかったですね。
嬉しい、ほんとに嬉しいお話でした。


で、あんたは何なのよ?と言われると
すっごく小さくなのですが
a0042928_19493751.jpg


プリザーブドのブーケを片隅に載せていただいています。
これは三越での展示会の時に作らせていただいたブーケで、
終了後に戻ってきたのが
ちょうどウエディングのオンシーズン時期で。ええ。

チャリティーに出すなり
日頃ご恩をいただいている提携先へプレゼントするなり
考えなくはなかったのですが、なにせオンシーズン時期で。

今週が終われば来週、来週が終われば再来週、
今や一会でも3割くらいがブーケはプリザーブドですので
せっせとその週末のブーケを作る毎日。

そこで片隅に放りっぱなしのこのブーケが目に入り、
ああこのブーケに使われている
アストランティア、花がすっごくきれいだなあ。
今作っているこのブーケに使ったら完璧なんだけど。
・・・ぱちり。

このジャスミンも・・・
このプルメリアも・・・
このクリスマスローズも・・・
とパチリパチリと
つい、今週のお客様のためにっ!と
切り取り続けてしまった挙句。
a0042928_19535178.jpg


こんな無残なことに。

まるで骨だけになってしまった魚みたいな有様に。

これってなんだっけ、
有名なあの「老人と海」に出てくるあれだよね、
サメに食べられて骨だけになった・・・

以前、このブログで紹介しました

老人と海
http://ichiecarpe.exblog.jp/13943829/
の話は、このときの会話です。

しかし、今こうして読み返してみても
「おじいちゃん」はないだろおじいちゃんは、
と思われる。


というわけで現在一会定期スクールは
昼のコースは2コースとも満席で
キャンセル待ち状態なんですが、
夜は第二週の火曜と水曜19時からが、
がらがらでねらい目です。

しかしこの記事を最後まで読んで、
果たして来る気になる人がいるのだろうか。
書きながら疑問ではあります。

それはともかく、
昼から夜に移るという生徒さんもいらしたら、ぜひどうぞ。



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-02-28 20:00 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)
日常を変えるための 小さなリストブーケ レストランハーモニック様へ
a0042928_20285292.jpg

ささやかだけれどパーティで、
自分の手首に小さな花と、
お友達にも小さな花をつけてあげたいので。

そうお問い合わせがありました。
送られてきた写真を見ると、ドレスではなくてワンピース。

 では、リストレットはもう少しこぶりでもいいかもですね、
 その分ご予算をご新郎様にもまわして
 ミニブートニアもおつくりしましょう。

と、お返事を書きました。


全体の総予算は変わらない、けどそのほうがいい。
手間は増えて利益は減る、解ってる、
けどそのほうがいい。
・・・えー。こほん。


 「なぜなら、そのほうが、
 より結婚式らしくなりますからね。」
 
 にっこり。

 ↑ 自己イメージ映像。脳内で美化5割増。


a0042928_2029389.jpg


ワンピースの花嫁様にリストブーケ、
ご新郎様に小さなブートニアと、
花嫁とお揃いのように、
お友達11名の手首につける
もうひとまわり小さな花。

会場は肩の凝らないレストラン。

日常でも使われる場所だから、
花で、特別な一日に。

いや、日常の場所を、特別な一日に変えることができる、
それこそが花の力と申せましょう。

たぶん繁忙期ではなかなか受けられない、
アクセサリだけのご注文でした。
あまり時間もなく、メールで数度のみのやりとり。


先ほど、ご新郎様とご新婦様との連名で、
お礼のメールをいただきました。


お二人の大切な一日に、花を添えることができたことを
心から感謝しています。


では皆様今日も本当に、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-02-27 20:45 | アクセサリ | Comments(0)
ラウンドブーケ 春の小花で 椿山荘様へ
a0042928_13275557.jpg


たくさんの、春の花で、白だけで。

a0042928_1328854.jpg


今朝、最後に加えたのは星形のヒヤシンスの花。


雨があがってよかったですね。



では皆様今日もお疲れ様でした。



・・・おとなしい。

たまには短くお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-02-25 22:27 | ブーケ | Comments(0)
ダウンスタイルの花のヘッドドレスとリストブーケ 目黒雅叙園様へ
a0042928_2393473.jpg

濃いピンクから紫へのグラデーションで、


そういうリクエストでした。


a0042928_2394944.jpg


ブーケの代わりに手首につける花の、
リストブーケ。

後日、
自分の好みのど真ん中、ストライクでした!と、
花嫁様にとても喜んでいただきました。

「岩橋さんには、どちらかというと
得手ではない色を頼んでしまったのではと思ったのですが、
どうしてこんなに好みが解ってしまったのでしょう!?」
と、とっても驚いてくださって、
へっへっへ。
と、やはりにんまりしております。

それは、あれですよ。
愛ですよ愛。

お客様のことを心から真剣に一心に考えつめれば
おのずと解る、そういうものなのでございます。
たぶん。





たまに、たかだか花の打ち合わせなのに、
まるで「コンサルティング」みたいになったなあ
と思うときがあります。

いや、いっそ目指せこの際「カウンセリング」。

その人が、自分でもまだ気づいていないような、
心の中にある折りたたまれている気持ちを、
引き出して、言葉にして、さらに、
形にできること。

そこまでできれば、パーフェクトだなあと。

・・・
・・・
・・・

それは、高い理想です。

まだまだ精進が必要です。

しかし、目指すところは遠いほうが、
歩く道のりは楽しい。

たぶん。

いやきっとそうだよ!
理想があれば頑張れるんだ!
そうだよねパトラッシュ!


と自分をカウンセリング、
あるいはコントロールしつつ、
(人はそれを欺瞞という。
いや鼓舞していると言っていただきたい。)

では皆様今日も本当に、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-02-24 23:24 | アクセサリ | Comments(0)
セミキャスケードブーケ ラナンキュラスと春の花 リッツカールトン大阪へ
a0042928_11511559.jpg


リッツカールトン大阪様へお届けしたブーケ。
前日、羽田から飛行機で向かう
お二人と品川駅で落ち合って、受渡し。

なので機内持ち込みサイズの箱に
ぴったりおさめて作らねばならないのに
調子にのって大きくしすぎて、きゃー入らない!というので
再調整したりてんやわんや。

実は、このときの逆プロポーズの方です。
http://ichiecarpe.exblog.jp/12620401/

「本番のブーケは一会にね♪」、
を、律儀に果たしてくださって、
わざわざ東京から大阪まで、ブーケを運ばれるのは
大変でしょうに、
なんとお花用に飛行機の座席まで確保してくださったのでした。
なむなむなむ。手をあわせてしまいます。


昨日、ご披露宴が終わったその夜に、
夢のようにかわいらしい笑顔のお写真をいただきました。
うわ、かわいい・・・

本当に、ありがとうございました。



追伸;
昨日募集しました3月8日のレッスンは、
満席となり受付終了となりました、
ご参加希望をありがとうございました!
22日までにメールをくださった方まで大丈夫です、
これからお返事を書きますのでしばしお待ちくださいませ。。。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-02-22 21:50 | ブーケ | Comments(0)
プリザーブドの花冠と、3月8日単発プリザーブドレッスンのお知らせ
a0042928_2361167.jpg


白と緑だけで作る花冠、プリザーブドフラワーで。


次回単発プリザーブドレッスンは
3月8日木曜日、19時からです。
満席となり受付終了しました!ありがとうございました。

何を作っても自由ですので、作りたいもの、
使いたい花や色があれば
事前にリクエストをお願いします。
レッスン料は2100円、花代は8400円以上で実費です。
本番のブーケを作るという場合のみ、
ワイヤリングからすべてサポートしますので
レッスン料が5250円になり、そのかわりリボンのとり付けや
梱包までがっちりお手伝いします。

お申込みはこちらから。
http://form1.fc2.com/form/?id=558218

・・・と、告知するのを、
昨日奥沢マダムさんの紹介に没頭していて
すっかり忘れました。

今日は古いアシスタントのポチが
帰省前に事務所に遊びにきてくれました。
(そしてワイヤリングレッスンまで手伝っていった)
いろんな方に支えられて続けてこれたことだなあと
しみじみありがたく思います。


では皆様今日も本当にお疲れ様でした。



ねむー。
今週は暇なようで意外とハードでござんす。
明日また市場なのか・・・
どちらさまもおやすみなさいませ。
by ichiecd | 2012-02-21 23:14 | ブーケ | Comments(1)
クラッチブーケ ユリのカサブランカで & 一会アシスタント紹介@奥沢マダムさんの場合
a0042928_2236335.jpg


大輪のユリ、カサブランカを束ねたブーケ。

今日は平日でしたがウェディングがあり、
しかし市場もレッスンもあって会場装花の写真までは
手が回らず申し訳ありません。。。

かろうじてブーケの写真だけなんとか撮った、
というレベルですので
細かい突っ込みどころは広い心で
見逃していただけますよう伏してお願い申し上げます。



a0042928_22391031.jpg


このブーケを作るのに
カサブランカをワイヤリングしてくれている
アシスタント、コードネームは「奥沢マダム」さん。

由来はその名の通り、奥沢のマダムだから。
そのまんますぎだ・・・
しかし、ここぞというときに「いいですよ!」と
なんとか都合をやりくりして助けてくれる、
一会には欠かせぬアシスタントさんの一人であります。


(唐突な紹介ではありますが、先日、ある方から
「花の写真は山ほどあるけど
どんな風にブーケを作ってるのかがよくわからん」
と突っ込みがありまして。

むぅ。
もっともだ。

で、これから少しずつ、どんなふうに製作してるかとか
納品してるかとか、もう少し書こうと思った次第です。

ていうか、主宰こそ最初にツラさらせコラ、
というお叱りは、御意。
しかし自分は己の分を熟知しており且つ根っこが非社交的ゆえ、
写真が極めて苦手。

そこで、アシスタントさんを生贄にすることにしました。

かくなる一連の腹黒計画のもと、
昨日、このワイヤリング作業に没頭している奥沢マダムさんに
「ねえねえ、顔出しOK?」
と突然投げかけましたところ、
「え?いいですけどいいんですか?」と狼狽しつつ快諾されたので)


a0042928_22543054.jpg


 こんな感じで、結婚式の準備が進みます。

(↑ ナレーション風にお読みください)

(↑ 実は超やらせ。余ったレンギョウの枝を
持ってっていいよーと差し上げて、それを自宅用に包んでるところ。)

(↑ ていうか、背景の段ボールは何事か、と。)



ちなみに本人は、

「マスカラしてない!
目を、もうひとまわり大きくしとけばよかった!」

と後悔してたので、

「じゃあ明日さ、納品の時にもっかい
黒スーツでびしっと決めたところを撮るよ」、

と甘言を弄して首尾よく撮影したものの、
今日納品間際になったらすっかり忘れた。
ごめん。撮り忘れました。
いや納品前はやっぱ
頭も手もいっぱいいっぱいなんですよ。
また次回。

そんなこんなですが、奥沢マダムさんは
以前一会の応募に落ちてから、花の仕事をするために
頑張って免許をとって再度応募してきてくれたという
根性あり、の貴重なアシスタントさんでございます。

いつか、あなたのもとへ、お花を届けに行くかもしれません。
(ここらへんは花の子ルンルン風に歌ってほしい)


これから徐々にいろいろと一会の作業風景なども
ご紹介できれば、と思う所存であります。





では皆様、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-02-20 23:03 | ブーケ | Comments(1)
2月18日単発プリザーブドフラワーレッスンのご報告
a0042928_2119848.jpg

ばぎゅん!

と、うさぎ好きの皆様の、
はーとを、打ち抜いていいですか。
こちらはご新婦様、

a0042928_21191927.jpg

こちらはご新郎様が
それぞれのお母様へ作られた、ご両親贈呈用の花の
プリザーブドフラワーアレンジメント一緒にうさぎバージョン。

a0042928_212041.jpg

お父様用コサージュもそれぞれこんな感じで
素晴らしい仕上がりです。

2月18日に開催しました単発プリザーブドレッスンのご報告です。

a0042928_21192615.jpg

こちらは、別のご新郎ご新婦様。
この春、4月に会場装花を担当させていただくお二人は
笑顔が素敵で、選ばれるお花も春らしく愛らしく

a0042928_21242878.jpg


そしてばぎゅん!
くーーーー。かわいい!

テンションあがってますね、と笑われる始末の
講師であります。

a0042928_21194023.jpg

こちらはブーケの練習に、といらした方。
はじめて作るセミキャスケードブーケですが
色合いは反対色なのに、きれいに溶け合って、
なんだか宝石みたいな色だと思いました。

a0042928_21195158.jpg

前回いらしたレッスンで
ご両親に送る花のリースを作られた新婦様。
今回は、お父様につけていただくコサージュと
リングピローを作られました。
前回もでしたが選ばれる色合いが微妙で素敵なのです。
この方の作ったリースをいったいこの一週間で何人の
お打合せにいらした新婦様に得意げに自慢したことか、というくらい。

a0042928_21202017.jpg

こちらは、和装に持つブーケ。
こちらもこの春の新婦様、もちろんブーケを作られるのははじめて。
でも白地のお着物の柄にぴったりに仕上がりました。
しかも難なくこのブーケを作られたので
もうひとつ挑戦ということで

a0042928_21203088.jpg

どうだ!素敵でしょう!

a0042928_2120399.jpg

小箱に入った小さなマムの花を敷き詰めた
リングピローです。
かわいーーー!

a0042928_21205097.jpg

その花嫁様のお友達もご一緒にいらしてくださって、
こちらの方はウエルカムリースを。
もくもくとワイヤリングの末、「なんだか楽しくなってきた!」と作られた
このシックな色合いのリースの出来栄えを
どうぞご覧くださいませ。と自慢したいわけです。

a0042928_21213524.jpg


最後にご紹介するのは、
この方もこの春の新婦様で、当然ながらブーケははじめて。
このブーケ、なんと6シェアでございます。
すごい。すごいっす!
最初はシェアブーケはなかなか難しいので・・・と
若干引き止めに入ってしまったのですが
出来上がり、素晴らしい!


エキサイトブログが容量超えても勝手に圧縮してくれるようになり、
昨日からのテンション高いまま、山ほど写真を載せてしまいました。

あー楽しかった。

単発プリザーブドレッスンは、
「みなさん好きなものを好きに作ってよござんす」、
という自由度ゆえに、その補佐に走り回る一日ではあるのですが
皆さんの真剣な表情が笑顔がかわっていくさまを
間近で見られるその楽しさはまた格別です。


3月上旬、リクエストにより、もう一回開催予定です。
ただ次回は平日夜になるかも。。。

明日明後日には日程が決まる予定ですので
またこちらでご案内を。


では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-02-19 21:43 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
ラウンドブーケ 拮抗  都ホテル様へ
a0042928_23302938.jpg



今日、都ホテル様へお届けした白いラウンドブーケ。
ほんの少し淡いグリーンをいれて、ころんと丸くというリクエスト。

ちなみに、昨日の昼に撮った写真です。
まだ完全ではない。

どんなブーケでも、基本、届ける直前に、
かなうかぎりの最終の微調整をします。咲き加減にあわせ、
最後の15分か30分でできるすべて。
心象風景的にはここで火打石を打ち鳴らしたい、
どきどきしながら送り出す前の儀式のようなもの。

もうこれ以上、できることは何もない!と思う自信と、
どこまでどんなにやってても、さあ
花嫁様は気に入ってくださるだろうかという不安との、
激しい拮抗。


一会という名前で、結婚式の花の仕事をはじめて
12年になるんだな、と最近気づいてしみじみしております。
12年間、毎週のようにブーケを作っても、
不安と自信との葛藤は、ますます深くなる一方です。

「これで文句言われるならもう知らん!」という気持ちと、
「どうだろう?大丈夫だろうか、喜んでもらえるだろうか」という気持ち。


帰ってきたアシスタントさんが「喜んでましたー!」と言ってくれる瞬間まで
あるいは花嫁様から「よかったですよー」というメールが届くまで、
ずっとどきどきです。

だって、怖くて、自分からは聞けないんだもん。
自分でブーケ運ぶの、ほんとに、嫌なんだもん。
だってもう緊張しすぎて神経もたないもん!
だもんて言うな。ど厚かましい。


今日はブーケをお届けした直後の10時から夜18時すぎまで
ずーーーーーーーっと単発レッスンの一日。
1日山ほど働いて、くたくただったろうアシスタントさんが、
「みんな、喜んでくださっててよかったですね」と朗らかに言います。
そう、喜んでくださってよかった。

喜んでもらえて初めてなんぼの仕事。

最近はますますそう思います。

そして、大切なたったひとつのブーケを
自分に作らせていただけることを
ほんとにほんとにありがたいなあと、ますます強く思います。


単発レッスンのご報告はまたあした。

今日最後に舞い込んだ、新婦様からの長い長いお礼のメールを
読み返して、今日はもう寝ます。


では皆様、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-02-18 23:49 | ブーケ | Comments(0)
ご両親へ、贈呈の花束 ホテルニューオータニ様へ  と 6月2日軽井沢で結婚式を挙げられる方へ
a0042928_2143680.jpg



この冬に、ホテルニューオータニ様へお届けした
結婚式の最後に、ご両親へ贈る花束。

通常、一会では、花束のみのオーダーはお請けできていないのですが
オフシーズンであれば、可能です。かててくわえて
「これこれこういう事情があってブーケも装花もお願いできないけれど
自分も花が好きで、せめて両親用の花だけは一会さんに・・・
という、もう涙が出そうなメールまでいただきました。

そしてわざわざお写真まで送ってくださって
花の写真のみならブログに掲載OKとお言葉を添えてくださったので、
早速、ご紹介を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真を見ていると披露宴の幸せな気持ちが再び思い出されます。

花束贈呈のシーンで初めてキャプテンから花束を受け取り、
初めて見る一会様の花束に、まず私がうっとり。
綺麗で、変わっている花たちで、色とりどりなのにどぎつくなく洒落ていて、
「この花束私が欲しい・・・」とかなり思いながら、両親の方に歩いていました。

両親と対面して。
うちの母もお義母さんも照れながらお花を見てほころんでましたね。
手渡したら、そのうちの母は花束のボリュームにちょっと驚いたようです。

贈呈用の花束だけでも作成していただけて本当に
嬉しかったです!どうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ああ、よかったでした。

花の写真だけではやや解りにくいのですが
一抱えくらいにはなっております。

本当にありがとうございました。





それからひとつ、もしかしてもしかすると
このブログ記事をご覧の方で
6月2日に軽井沢方面で挙式もしくはご披露宴などで
ブーケを探してるんだよね、
という方はいらっしゃいませんでしょうか。
今なら配送料が半額もしくは3分の1になる
共同購入のチャンス、でございます。
ダメ元で、書くだけ書いてみようかと。
お問い合わせはinfo@flowers-ichie.comまで。


では皆様、今日も本当にお疲れ様でした。

明日、雪が積もらないといいんですが。ほんとですね。と
行きずりのヤマトのお兄さんと慰めあって今日が終わります。

どなたさまも、足下にも風邪にもお気をつけて。
by ichiecd | 2012-02-17 22:11 | ギフト | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。