ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
新郎新婦様からのメール アンティークと花 しかし花などどうでもいい 日比谷パレス様へ
a0042928_03033100.jpg


これは自分のブログなのに
その写真にしばし見とれて更新したくなくなってしまう、
そんな日が、実際にときどきあります。

a0042928_0304978.jpg

昨日の、花冠の新婦さま。

a0042928_03836.jpg

挙式用のブーケは、セミキャスケード、
白い丸いバラと淡い緑。


a0042928_03126.jpg


挙式会場に飾ったリース。

a0042928_0311349.jpg

緑を存分に使った受付のアレンジ、

a0042928_0312638.jpg

新婦様のお持込のアンティークのとりかごに、
その場であしらった花。

a0042928_032793.jpg

アンティークは受け継がれてきたもので、
でも花はこの日一日だけの花で。

昨日、この装花のタイトルを書いたときは
そういう記事にするつもりでした。

a0042928_0325053.jpg

でもたくさんの、

a0042928_033016.jpg

お二人の笑顔を、作業しながら見ていたら、
a0042928_0331240.jpg


そんなことはどうでもよくなった。

花なんてどうでもいい。

a0042928_0333095.jpg


どうでもいいけれども、
しかしその写真のあちこちに当然のように写りこんでいる花が、
確かに自分の手を経たものであること、
それだけで、
それが、最大の勲章だ。
そう思います。


a0042928_0332130.jpg


何度も一会に手紙を書こうとしては
まとまらなかった、と書き始められていたお手紙。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
でも今日写真を見返して思ったことは
 私が岩橋さんはじめ一会の皆様にお伝えしたい
 一番の想いは、ただただ「有難う」ということです。
 どんな言葉を私がつたなく並べるよりも結局この一言につきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長いお手紙の中の、一言だけをご紹介させていただいて、

今日は、これで。
続きはこちらです。http://ichiecarpe.exblog.jp/14091077/

今日もまた今日という一日。
明日はもう12月。
あっというまの一年がすぎて
手のひらをただ見るばかりです。

明日は冷え込むから、風邪に気を付けてね、
そう言い合って一日も、一年も、同じように
またたくまに過ぎていきます。

そのわずかな隙に、自分のようなものに
どれほどのことができるだろう。
両のてのひらを見ながらそう思う。


 一句を書くことは 一片の鱗の剥脱である
 一片の鱗の剥脱は 生きていることの証だと思ふ

                        三橋鷹女



では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-30 22:49 | 会場装花 | Comments(0)
新郎新婦様からのメール アンティークと花 日比谷パレス様へ
a0042928_23222754.jpg


まるで雑誌の表紙みたいな一枚。

ある日届いた封筒に入ったUSBメモリと4枚の便箋。

今年4月、日比谷パレスで会場装花とブーケを担当させていただいた
花嫁様でした。

つづられるたくさんの言葉と、
USBメモリに入ったたくさんの写真。

a0042928_23223543.jpg


「これからも一会さんのファンでいさせてください」
という便箋の一言と

写真最後のほうの2枚だけを、ご紹介して、
今日はこれだけで。


たかが花屋に、
過分なお言葉だと思います。

けれど「たかが花屋」とは
思っていらっしゃらないからくださる、
そのたくさんの、心がこもったお言葉に
なんとお返ししていいか、わかりません。


自分にとっては毎週毎週の仕事。
日曜が終わるその即座に、次の週末へギアが切り替わって
いただいたお礼のメールにはなかなか返事ができず、
ひとまずアシスタントさんに写真だけ先に送ってもらうのが
通常になってしまっています。

自分でお返事を書き始めると例によって、
つい文章が長くなりとても一言では書ききれない。
それでは今週末のお客様の仕事に間に合わない。
だから、いつもいただくお礼へのお返事が手薄になってしまいますが

そういう言い訳をやまほどならべて、
でもこのお手紙を見ながら、今写真を加工しながら
なんかほんとに、涙が出ました。

毎年この時期はやっと秋のピークがひと段落して
でもまたすぐに12月最後のピークを迎えて、
という瞬間的な谷間。
一方で、来年春の婚礼のお打合せもはじまり
早々と秋のお問い合わせもあって、いろんなことでてんやわんや、
ちょっと気を抜くとうっかり疲れが出るので、
気を引き締めながら、仕事をする今日。


だからこうしていただくお言葉は、
毎度ながら、それはただ歩くしかない砂漠の中で
つと拾い上げる、一粒の砂金です。

それがあるからそれを握り締めてまた歩いていけるような。



本当にありがとうございました。

続きは、またあした。

では皆様今日も本当に、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-29 23:39 | 会場装花 | Comments(0)
赤いドレスのアクセサリ あこがれ  おばあさまからのプレゼント
a0042928_22564593.jpg


また、泣きそうなメールを
先週末にお届けした花嫁様からいただきました。

最初は結婚式にそれほど乗り気ではなくて、
なんでもいいと思ったいても、いざドレスを着てみたら
どれもいまひとつ気に入らなくて、やっとめぐりあった真紅のドレス。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔から宝塚にあこがれ、風と共に去りぬのスカーレットにあこがれ、
カルメンにあこがれ・・・
こんなに身長があるのになよなよした性格の自分がいやで、
凛としたかっこいい女性にすごく憧れていました。

土曜日の夜だけは、自分もそうなれたような気がして、本当に幸せでした。
大切な人たちにいっぱい囲まれて祝福されるだけでも幸せなのに、
こんな幸せまでいただいて、
もうこんなの一生に一度で十分です(そうするべきですけど。苦笑)
そう思える夜を、岩橋さんの思い入れとセンスが、彩ってくださいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



a0042928_22571475.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
打合せの印象と、おさめられたお花の状態、メールの文面など、
ただの商売ではない、金額ではない、真心を学ばせていただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実は、おばあさまからのプレゼントのブーケでした。
直接にお電話をいただいて、
「孫にね、ブーケをプレゼントしたいの」と
とつとつと語る、そのお声を聴くだけで
胸がちょっとつまりそうなくらい。

こういうシチュエーションにただでさえめっちゃ弱いのに、
その後にお打合せさせていただいた当の花嫁様が
本当にとてもとてもまっすぐな気性の、とても愛らしい方で、
なんかもう、今、できる限りの全部をしたい!
と、つい前のめりになりました。


今、新婦様からこうしていただいたメールと、携帯で撮ったお写真を
拝見して、あれこれを思い返して、
前に、PCに向かって手をあわせたくなります。
ていうか、あわせました実際。

この仕事はほんとにラッキーな仕事だ、と深く深く、感謝します。

お優しい新婦様と
お優しいおばあさまに
どうか、この先も、たくさんの幸いを。
そう願ってやみません。

では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-28 23:10 | アクセサリ | Comments(0)
クラッチブーケ フルーツカクテル ラナンキュラス
a0042928_23371688.jpg


色とりどりのフルーツみたいな、
ラナンキュラスはそういう透明感をもってかつキュートな花です。
く。かわいい。

以前はいまひとつ魅力がわからなかったのですが
ずっと前に『花時間』さんの企画で担当させていただいてから
ずいぶんと、好きな花のひとつになりました。

季節はまもなく冬に移ろうとしているころ、
花の市場は少しずつ春の花がではじめてきています。

冬来たりなば春遠からじとはこういうことかと。

なんか違う。
でもそれも意外に割に、真実、なんだなあと思います。

では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2011-11-27 23:42 | ブーケ | Comments(0)
秋の終わりと冬のはじめに 紅葉と白雪 青山レ・クリスタリーヌ様の装花
a0042928_22185866.jpg

青山表参道、骨董通りからほんの少し入る細い路地に
レ・クリスタリーヌというフレンチレストランがあります。

ドアにかけた、花のリース。
最初はドアの右手のフックに取り付ける予定でしたが
ちょっとバランスが悪く、こんなこともあろうかと
用意してきたリースハンガーをドアにかけなおして
高さを調整して、リースハンガーの無骨な感じが目立たないように
これも念のため持ってきていたスズメウリというつるを飾ります。

たった一日、わずか数時間だけれども
でもたった一日だけなので、
二重三重に備えて飾る、結婚式の装花。


a0042928_22192613.jpg


入り口のアーチに元から張り巡らされていたアイビーの葉は
少しずつ紅葉を深めていて、そこへ、ちょっと冬らしい
シルバーグレイのユーカリの枝を重ねて、花を飾りました。

a0042928_22194053.jpg

できれば香りもつけたくて、
市場でたまたま手頃価格で出ていた、ランのシャリーベイビー。
路地に面したアーチを飾っていると、通りすがりや近隣の方々が口々に
かわるがわる「わあかわいいね」「結婚式だね」「この花はなんていうの?」
使い込まれた三色旗が、良く晴れた秋の空に映えるなあと思いながら
写真を撮りました。

a0042928_2219586.jpg

立食のパーティ。
でも新婦様の心づくしで、ご友人に花を持って帰ってほしいからと
小さなアレンジをたくさん並べています。

a0042928_22201358.jpg

ブッフェテーブルの一角には、ガラスの器に少しずつ。


a0042928_22202628.jpg

ケーキの装花にも。

a0042928_22203493.jpg


受付に小さく入っているのはヤドリギの実。
「クリスマスを少し感じさせて、でもやりすぎずに、」というリクエスト。
晩秋から初冬へかけての花。
2011年11月最後の週末をむかえる今日は、
気温は冷え込んだけれど、でもよく晴れたいいお天気でした。

a0042928_22204911.jpg

タイミングがあって、
最後に、新婦様にご挨拶ができて
「お花、とてもよかったです」とたくさんの嬉しい言葉をいただきました。
ああよかった。
この方に気に入っていただけて本当によかった。

数か月前のご注文時、
「一会さんに頼むことができてよかった」といってくださった
花嫁さんに

「一会さんに頼んで、ああやっぱりよかった」という一言を
今日、現実として、いただけること。

ありがとうございました。


a0042928_22221310.jpg


実はこちらのレストラン様には
数年前に1,2度、納品させていただいたことがあります。
担当のマネージャー様は一会の名前を憶えていてくださって、
今日私が伺うなり
「ああ、お久しぶりですね、お元気ですか」と暖かに声をかけてくださいました。
スズキさんとかサトウさんとか言い訳をしてる自分としては
赤面はなはだしく、同じ接客業として爪の垢をせんじてのまなければ。
と痛烈に反省する今日でした。


では皆様、今日もほんとうにお疲れ様でした。

今日も、ありがとうございました。
by ichiecd | 2011-11-26 22:39 | 会場装花 | Comments(0)
ラウンドブーケ ミルクココア シュナーベルとトロワラス
a0042928_23334571.jpg


といいつつ、一部分だけ。
次号の「ミスウエディング」さんの撮影用のブーケです。

花材は基本おまかせでしたので好きな花で好きなように。
シュナーベルもトロワラスも、どちらもほんとに良いバラです。
なんか音楽家の名前が並んでいるみたいですが
シュナーベルのこのなんともいえない色の
ココアさ加減ったらもう。(なんとなく解っていただければ)



12月18日のカメラレッスンは受付を終了しました。
お申込みの皆様へ、メールをお送りしておりますので万一にも
お手元に届かないという場合には
恐縮ながらお知らせください。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-25 23:38 | ブーケ | Comments(0)
バンビのリングピロー 世界でただひとつの
a0042928_22414723.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リングピローは、会場にいた全ての方が、
可愛くてオシャレで素敵だと褒めてくださいました。
世界一のリングピローを
本当にどうもありがとうございました。

結婚式のお花アイテムに関して、
わたしの抱いていた夢を全て叶えてくださった岩橋様には、
本当に足を向けて眠れません!(大袈裟ですかね〜笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いただいたメールを許可を得ておりませんが
きっとOKしてくださると思うので、そのまま掲載。


バンビは、新婦様から事前に送っていただいたもの。
それをリングピローにというご要望でした。


結婚式という、たった数時間のために
世界でたったひとつ、自分のために作る花。
それが許される、結婚式という数時間は
たった数時間だけどかけがえがないもののように
自分は思います。

私はこの仕事、バンビにあわせてリングピローを作るという仕事、
「できればそのまま部屋に飾りたいので大きすぎず」、
「バンビの足元は花いっぱいに埋めて」、
「まわりは野の花が生えているようにナチュラルに」
スズランも素敵、ジャスミンが好きかなあ
という花嫁様のいろんな思いを、集約して、花という素材を組み合わせて、
ひとつの形にすべく、
それほどは安からぬお金をいただいて請け負いました。

その、充分な対価をいただいて
なお、こうして、喜んでいただける。
という結果を
あーありがたいっちゃねー(仙台弁)と、心底に思います。


仙台の話など思い出したので
今無性に、牛タンが食べたいです。
太助もいいけど、私としては、きすけ派です。
1年だけ住んでいたその時の思い出がらみで、
ここの牛タンが一番好きです。
そして通説ではありますが、
牛タンに麦飯って誰が思いついたのだかわかりませんが
ほんと、最強カードだと思います。

折しも、仙台にはフェルメールがきているんですよ。
うずうず。
目下、逃避中です。


では皆様今日もお疲れ様でした。


あ、コメントをくださったAさんへ
そうです、ご存じありませんでしたか?
世の中、特にこの21世紀ジャパントーキョーでは
油 断 大 敵 
です。肝に銘じましょう。
by ichiecd | 2011-11-24 22:59 | アクセサリ | Comments(0)
ご両親様への贈呈用の花 アレンジメントで
a0042928_0445683.jpg


ご披露宴の最後に、ご両親へ渡す花、
これは花束ではなくアレンジメントスタイルです。

かごに挿してあるのでお持ち帰りがしやすく、
当日はご宿泊なさるという場合でも大丈夫です。


こちらの花嫁様からもお礼のメールをいただいたので
万歳三唱して掲載。

しかし、一会のメインパソコンは目下絶不調です。
またかよ!
今年3度目のキーボード不調です。
けしてコーヒーをこぼしたりビールをこぼしたり
していません。
過去やったことはありますが今回は違います。
信じてください。




ミニパソコンでうっていたら首が痛くなったので
ひとまずまた明日・・・

おつかれさまでした。

くすん。
by ichiecd | 2011-11-23 23:30 | 会場装花 | Comments(1)
誤魔化
a0042928_11463081.jpg


うっかり更新を飛ばしてしまった翌日は
日付を巻き戻し
手元にあるあたりさわりのない写真を載せて

誤魔化し中。

誤魔化されてください。


あ、伝言で
Oさんへ、Aさんは連絡ほしいそうですよ。
以前携帯が壊れてアドレス全部なくしたそうです。
by ichiecd | 2011-11-22 16:38 | 会場装花 | Comments(2)
クラッチブーケ 灯火  深夜、軽井沢へ
a0042928_21355054.jpg


今日、とても深く嬉しいメールをいただきました。
先日の週末に、
深夜に軽井沢まで高速をとばして
お届けした、ふたつの生花のブーケ。
(といってお届けしたのは私ではなくアシスタントさんでした、
本当にお疲れ様でした。)


お届けしたのは深夜だったけれども
実際の挙式はその翌日の夕方5時、
15時間ありました。
事務所で作業をしながら、もうそろそろ手にとられるころ、
もう少しで色ブーケに持ち帰られるころ、
ゆりの開き具合はどうだったか
アジサイは水が落ちてないか、
何度も何度も時計を見上げていました。

喜んでくださって、とても喜んでくださって
よかったです。

ありがとうございました。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-11-21 21:53 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。